2018年10月17日水曜日

NY500ドル高。おそらくこれが最後の逃げ場。そして空売りの急所。

NYは好決算とかヘルスケアへの買いとかで大幅高。
ネットフリックスにしきんがむかうなどナスダックも急上昇となりました。


NYダウ日足。クリックで拡大。

おそらく、大天井、変則のダブルトップからの急落、そして買い戻しからの反発。
ギャンも書いてますが「空売りの急所」です。株持ってるんならここで売ってキャッシュポジションを作るところです。

何回かブログや掲示板にも書きました。「大天井を当てるのは楽しいけど、利益を追求するなら大天井を当てようと立ち回るより、大天井をつけたあとの(大天井に比べれば比較的)わかりやすい2番天井や3番天井を空売りすべきだ」

比較的わかりやすい。そしてギャンも書いてますが、ここを2番天井と考えて空売りするなら、この前の最高値を「ストップロス」に使えるのです。

高値更新するなら2番天井でもないし、大天井でも無いですからね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地にて、の見解としては今日新規に買いから入るのをとめておきます。

今日「買い戻す」というならとめませんが「500ドル高の可能性は十分わかってたでしょ」とだけ書いておきます。

下げの主役はPERが高い、理想買いされてきた銘柄だと思ってます。
アメリカのFANGとかFAANGとか言われる銘柄群です

グーグルとかアップルとかネットフリックスとか。
これらの銘柄は今まで小売などが担ってきたパート(役割)をネット回線を使って根こそぎ奪うことに成功しました。新しい形態です。それも世界から役割を奪ってきました。

があまりにも高くなりすぎた。低金利で余ったお金が少ない銘柄にリスクをとって集中したんですね。しかし金利上昇で「未来の成長」とお金のコストの見合いが取れなくなりつつある。

何ショックと名付けられるかはわからない。でもそういう下げがいよいよくると思っています。

この今日のブログはすごい価値があると思って書いています。
相場が強烈に下がる前に読んだ人には・・・。