2018年2月19日月曜日

225週足 ここまではわかりやすいんだ。23000円位まであと2,3週間かけて戻るかねえ。


225週足
新天地はわかりやすく下ヒゲ書いてくれ、と書きましたが、先々週、先週とわかりやすく下ヒゲになりました。

経験則から行けば2.3週間は戻りの時間。24000から21000円までオチたし、23000円位まで戻ってもいいよね、というのがこのしゅうあしチャートから見えてくる景色。

そこまではわかりやすい。

21000円のところは「買うべきだった」と書いたとおり。まだ何日かは戻り歩調であることはわかる。
で、まだ空売りするのは「何日かまたねばならない」こともわかる。

問題は。。。

この後何日かけてどこまで戻るのか。
そしてそれがリーマンショックのときのように「大きなトレンド転換になるのか」

新天地は、2,3週間戻ってくれて、新高値は更新しない、そして数年続く大きな下げトレンドの始まりじゃないか?

そんな風に勝手に予測しています。

当たるかどうか?

100%の確信は無いけれど、充分割の合う勝負と思っています。
駄目なら買い戻せばいいし(*^^*)

2018年2月16日金曜日

ムン大統領様。あえて言おう。カスであると。

ア・バオア・クーでギレン総統は言った。「あえて言おう。カスであると」


強風吹き荒れる競技会場。だんぼうさえ無い吹きっ晒のミックスゾーン。深夜に競技があるけど電車も来ない。完全にお金をケチった大会運営。

大統領はオリンピックを種に北にばっかりお金を使い、ご機嫌をとってる。
そのお金があれば、こんなに酷い大会にならずにすんだかも知れないのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まさか韓国の大統領はこんなところは読んでいないとは思う。

しかしあえてできるかぎ大声で言う


ムン大統領、あえて言おう、カスであると!!!

暖房のある貴賓室でふんぞり返ってないで、悲惨な現場見てこい!
今すぐにだw

いい建設会社。

自分の会社は、大手ゼネコンの孫請けでお仕事することが多い。

いろんな現場を見聞きすることも多いのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的には清水の現場が一番好き。(とくに土木)

もちろん、すべての現場がそうでは無いのだろうけれど、整理整頓が徹底してて一番安全に気を使っているようなきがする。下請けへの扱いもいいし、こっちの事情もわかってくれて作業を柔軟にやってくれる。


細かい話だけど、例えばゲートの近くに物が置いてないとか、カケば当たり前のことをできない現場多いんだ。
安全通路確保するって言いながらできてない現場もある。

そういうことについて細かくチェックできてるのが良い現場。

良い現場に行くと、例えば計器類のガラスが曇っていることは絶対ない。

悪い現場はメーター読めないよ、なんてボンベが普通においてある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数字には現れないけど、「格差」はかなりあります。

すべての現場を見たわけではないけど、個人的には清水が好き。
二番手には戸田かなあ

個人的感想ですけどね。完全に。

株くれるって言うならこの2社ですw

2018年2月15日木曜日

おもてなし、だいなし。

韓国のショートトラックは「お家芸」です。

昔から強い。今大会もメダルを期待されています。

ところが。女子500mで韓国の有力なメダル候補、チェ・ミンジョン選手がカナダのキムブタン選手とレース中に接触。(VTRを見るとチェ選手の手がキムブタン選手の膝を推している形に見える)たしかに微妙な判定ではありましたが審判団はチェ選手の反則と認定。結果として2位入選のチェ選手は失格。カナダのキムブタン選手が3位に繰り上がりになりました。

ショートトラックでは接触プレーはよくあることで、チェ選手も判定を潔く受け入れました。
ここまではよくある話です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。

ここからが「ネット先進国コリア」
キムブタン選手のSNSは一瞬にしてハングルで埋め尽くされました。
「追いかけて殺してやる」というのはまだマシな方。ここにはかけないような脅迫が溢れ、カナダ警察が捜査に乗り出しました。

キムブタン選手は表彰式に現れたものの終始怯えた表情。表彰式では温かい拍手で迎えられたものの終始怯えた表情。そして涙を流し、ノーコメントで去っていきました。


これが「開催国」のやることか?
強く憤りを覚えますね。

日本も2020年に同じようなことを起こさないように他山の石としたいですね
わざわざ立候補して、みんなにえらんでもらってはるばる遠くの国まで来てプレーする選手をこんな思いをさせて追い返すなんて。あってなならないことなんですね。

GM,韓国で工場強行閉鎖。自業自得ではあるんだが・・・。

GMは韓国国内に4つの工場を持っています。

今週、衝撃的な?ニュースが飛び込みました。
4つの工場のうちの一つ、群山市の工場を閉鎖すると言うのです。

GMにとっては韓国は主要な輸出向け製造拠点だったこともあります。
アメリカでは売れないけどアジアやヨーロッパでは売れる小型車の製造を担い、割合的にはピーク時に生産台数の20%を韓国で作っていたことさえありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかーし。
韓国GMは高賃金や強い労働組合のお陰でものすごく採算性が低く、このままではGMは韓国から撤退するという噂は数年前からありました。

しかし抜き打ち的に工場閉鎖発表となるとなかなかきついでしょうね。

この間、10年ほどGMは「てをこまねいてきました」

最近、税の減免などを求めてきましたが、韓国政府は相手にせず。
自助努力が足りない気はしますが、利益を生まないなら切り捨てる。アメリカ型経営ならしょうがないところですよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でも「GMは酷い」と喚くのが韓国の労働組合。
一回じっくり自分を省みたほうがいいでしょうね。

2018年2月13日火曜日

小野薬品、チャートだけ見ればもう一回相場がありそうな

小野薬品の先週までの週足チャートです


オプジーボでひと相場作りましたが、「薬が高すぎる」(ので薬価が引き下げられたりするんじゃないか)ということでまたずずーんと下がっていました。

しかしここに来て再評価する動きが出ているように思います。
欲目ですが、こっから1000円ぐらいあげてくれればなあ、なんてw

レンジをぬけつつあります。
気がかりは全体相場がどうか。そんなところですかね。

VIXについて今更。

今回の下げ相場の原因として名指しされているのがVIXです。

まあ原因というより、相場が「崖の上に立っていた」ところを突き飛ばした、という感じと僕は思っています。VIXが無くても結果として相場は下げたんじゃないかな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VIXはVolatility Index、ボラティリティインデックス、の略です。変動性指数とでも直訳できますかね。一般には「恐怖指数」と意訳されます。
世間に知られるようになったのは、先物市場であるシカゴ取引所がSP500について公表するようになってから。

VIXとSP500については逆の相関性があります

 
で、この歴史的低水準だったVIXが急上昇しました。VIXを売っていた人間は「ヘッジで元の指数」(例えばSP500)をうらないといけなくなったのです。ヘッジ売がさらにVIXを上昇させる皮肉な現象も起きたようですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VIX絡みのうりはそろそろ落ち着くと思います。
ただし相場にはかんぜんにけちがつきました。アメリカの長期金利が下げ止まらない以上、今後も相場の不安定さというか下げトレンドは続くと予想しています。

戻りは売り対応で

NYは500ドル位の戻りか。今日は225も300円から500円程度の戻りが期待される。

じゃあ、再び上昇相場かというと、それは無いだろう。おそらく、資金はより安全な現金を志向しているからだ。ヘッジファンドなどから再度資金はでていくと考えている。

22000円から23500円位までが戻りの上限と意識している。なんなら今日から買いは手仕舞い、売りを考えていってもいいのかと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
損を抱えていたりすると、切りにくくなるだろう。しかし、今回の下げは今後数年続く可能性がある。下げのスタート場面かもしれん。一ヶ月とか数ヶ月の猶予がある可能性はある。
しかし、やはりリーマン・ショック後のような長い調整局面を意識すべきところなのだと。

繰り返すけど、ああ、戻った。買わなきゃ!という考えは捨てるように。戻ったら売り。
そしておそらく何度も訪れる500円安とか1000円安、とかで叩き売ることも避けたいかな。
下げトレンドの予想をあててもタイミングによっては買い戻させられてしまって利が乗らない、そんなケースも避けたい。

出来るなら図書館行ってリーマンショックの後の値動きを新聞等で確認するのもよかろう。
リバウンド場面で人の心がどう動いたか。下げる局面で心が折れていったのか。

リーマンショックの時、東芝とか、海運株とかはどう動いたのか?
この辺は機械株がバブルな今の相場がたどるだろう行く末を暗示している気がする。

内政干渉だといい切る大統領。その話を外に出しちゃうお付きの人々。

オリンピック開幕で、安倍首相が訪韓。韓国大統領と会談を行いました。

その会談でで安倍首相は「韓米合同軍事演習をオリンピック終了後に行うよう」要請。一方韓国の文大統領は「主権の問題。内政干渉だ」と強く反発した。


で、これ、日本側は公にしなかったやり取りだが、韓国側(大統領府)が表に出しちゃったんである。
(さらに公式には表に出ていないがムン大統領は「安倍首相がこの問題を直接取り上げるのは困る」とまで言ったらしい(朝鮮日報)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで言い返す関係になってるのもすでに「尋常ではない」。さらにここまでこじれているのを外にバラしてしまうのはもっと尋常ではない。

ムン政権の「素人さ」を物語るお話だが、日米はまだ彼を突き放すには至れないだろう。
韓国側も「まさか後ろから突き落とされはしない」とタカをくくっているのだろうね。
上朝鮮の離間さくは今の所まんまと成功しているといえるでしょう。

もう、北に併合されてしまえばいいのに(*^^*)


2018年2月10日土曜日

久々に新天地の物欲のk-ナー

久々に新天地の物欲のコーナー

今日紹介するのはソニーが出してるワイヤレスのスピーカーです。
といってもオーディオマニアが主力として使うようなピュアオーディオではないのですが、「おーこれはさすがソニー」と思うような逸品。儲かる商売では無いけどね。

スピーカーですが、最大の特徴はその「形」です。


この写真ではわかりにくいか

くらいところに置くとこんな感じ

これ、ステレオで使ってますが(少し面倒くさい)本来は一本でモノラルで使うスピーカーなんです。バッテリー内臓なので完全に「ワイヤレス」で音を鳴らすこともできます。

そう、「ガラス」を振動させて音を鳴らすスピーカーなんです。
こんなこと考えるピュアオーディオメーカーはないでしょw

北欧のおしゃれなメーカーかソニーくらい。

そしてアイデアは奇抜なんですが、そういうスピーカーでいい音を鳴らすために技術の限りをつぎ込んだというw

いい意味で「アホか」wです。

ガラス管を鳴らすことで部屋中に音場を広げようという意図ですね。


これ、話題のものすごく狭いところで使えるプロジェクターと組み合わせて使える商品。

プロジェクターは数ヶ月待ち、スピーカーもかなり品薄なようです

値段は税込みで8万円くらい。
なかなかかんたんに買えない商品ですが、スマホなどと組み合わせることでパーソナルな高級感あふれるサウンドシステムを組むことができます。

ほしいなあ、の
筆頭にあるスピーカーでした。

ソニーもこういう商品をどかすか出せば

NYのチャート。相場はついに終わったことを告げているようです。二番天井を探すところでしょうね。

さて、一応チャートをみて見ましょうか。NYの日足です


乱高下ぶりがわかります。ただ歴史的な値動きの割には「出来高思ったよりは少ないかな」
ということはまだ目先の処分売りが出きっていない可能性は残るんだろうな。売り尽くされてどんと戻ることを期待したいけど、思ったより戻らない可能性も頭に入れておきましょうということです。

一方9日の金曜日はひけにかけて買いが優勢になりました
9日のNYの日中足です
プラスでスタートした後、大きく値を消しましたが売りの勢いが止まるとショートカバーなども巻き込んで一時は約500ドル高、ひけも300ドル高でひけました。乱高下という言葉がふさわしい。流石にこれだけ下がった後ですから、今すぐ24000ドルとかで空売りするのは「割に合わない」感じがしますね。

さて、こっから「目を背けてはいけない事実」、月足です
相場は大きく見るべし。ギャンも言う「鉄則です」

リーマンショック終了後、大規模金融緩和で9年間の上昇相場を続けてきました。しかしながらその最高値近辺で出来高が目に見えて増え、しかも最高値から10%を超える下落。
「トレンド変換」を示唆するとしか言いようが無いですね。もう今までの9年のような上昇相場が続くと思うのは無理があります。一度戻るにしてもそこは「売り場と考える」のが正道だと僕は思います。

あとかロング玉を手仕舞い(僕はもう趣味玉しか持ってない)、どこで「売り」に回るか。9日の終値から短期的な戻りを祈りつつ、どこでガッチリポジションを作れるか?

「売り屋」新天地としては久々に自分のターンが来た。
そう思ってみています。

少しづつポジションを構築していくのもいいでしょうし、例えばテクニカル指標、ギャン信者ならギャンアングルとにらめっこするのもいいでしょう。
ポジションを作るとして、指数を売るか金利敏感株を売るか。
その辺も考えどころです。

とにかく戻るところで「あれ?上がるかも」とか言いながら買いつかない、暴落した日に「ああ、もう相場下がっちゃう、売らなきゃ」と売らされない。そして相場はもう「死んだ」と認識しておくこと。

この辺がこれから数十ヶ月の相場の前提条件になってくると思います。少なくとも今までみたいに「間違って買ったけど上がっちゃった」なんて相場展開ではなさそうです。
買いでとるならよほど銘柄に根拠のある株でないと。

上下朝鮮に国際大会を行う資格なし

平壌でオリンピックが始まったようだ。

本来、夏季冬季問わずオリンピックは参加国みんなのものであるべきだ。

ところが愚かにも二カ国で共同開催した某上下半島国家はミエミエの政治ショーとしてオリンピックを悪用しようとしている。まるでナチス・ドイツが開いたオリンピックのようで反吐が出ます。

自分たちが招待した日本の首相に「来るな」とか言ってしまう与党国会議員とか狂ってるとしか言いようがない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
誰も参加しない強風吹き荒れる開会式。無理やり参加した選手が体調を崩さないかそれが心配ですね。
こんなことなら、もうオリンピック止めたらいい。わりかし真面目に。

そしてこれを教訓として、オリンピックやワールドカップなど、まともな国際大会があの地域で二度と開かれないことを切に願います。

あそこは酷すぎる。死者が出ないことを願うのみですね。

2018年2月9日金曜日

スマホの次へ。パラダイムシフトはアップルかソニー、シャープ、それとも誰が?起こすのか

さて、

アップルはアイフォンXで全画面表示とか有機ELとか打ち出しましたが結局台数は目標に大きく届かず。絶好調ソニーですが、いまだエクスペリアは「ふっるいなー」というベゼルの太いデザイン。売り上げ伸びません。

ソニーのスマホ事業は「オワコン」ぽいし、アッップルでさえ、これから麻薬並みの利益率をスマホで獲得するのは難しいんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソニーの平井前社長が1月11日のインタビューでこう答えています。

長いですが全部読んで下さい

ソニーの将来戦略にとって、スマートフォンは「コミュニケーションビジネス」だと考えている。冗談半分だが、私は、「人間同士がテレパシーで意思疎通できるようになるまでは、何らかのデバイスを使うことが必要で、ネットワークも必要だ」と言っている。今はスマートフォンを使っているが、かつてはそれがフィーチャーフォンだった。その意味で、スマートフォンにもどこかでパラダイムシフトが来ると考えている。
 むしろ、その次のパラダイムシフトを作るぐらいの意気込みで、積極的にコミュニケーションビジネスには取り組んでいかないといけない。スマートフォンは、“ラストワンインチ”(ユーザーとサービスの間を埋めるための魅力的なデバイスという意味合いで、平井氏がたびたび使うキーワード)以上の近さで使っていただく商品だ。今のスマートフォンビジネスは継続して、引き続きプレイヤーでいたい。
 携帯電話会社各社とのリレーション(関係)もキープしたいし、クアルコムとのパートナーシップもキープしたい。それをやっていないと、次のパラダイムシフトがあったときに何もできない。それが、スマートフォンをコミュニケーションビジネスだと考えているということだ。
 
引用終わり、ケータイWATCHより。
 
つまり、平井前社長は「スマホの次のパラダイムシフトがくる」、スマホはもう終わるかもだが、次の商品を作るためにも、いまのスマホ事業を止められない、そう考えているわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
富士通がスマホを手放しました。富士通はコミュニケーションビジネスから降りたということでしょう。
一方、ソニーはスマホを抱えながら(お荷物です)しかし、次の「パラダイムシフト」のためにもスマホは手放せない(VAIOを手放したとしてもエクスペリアは外せないということです)と判断したと。
 
ちょっとしたインタビューかもしれませんが、投資家としては非常に興味深い意見です。
僕らはまだ想像すらできませんが、アイフォンが世界を変えたように、新しいアイデアが世界を変える。(そしてそこにおそらく莫大な利益が生じる)
 
平井さんの読みが正しいなら、そのパラダイムシフトを起こせるのはかろうじてスマホ戦線に残った会社たちのうちで、われこそはパラダイムシフトを起こそうと考える会社だけでしょう。
 
アップルは間違いなく考えてる。だってスマホはこれ以上は莫大な利益を生みそうにない。
ソニーも怪しいけどwどうやら次を考えてるよってポロッと喋ってしまったw
シャープや中国の会社も志あるところは何か考えてるだろうし、サムソンも・・・。
 
次のパラダイムシフトの兆しをどう株式投機に生かすのか。
次の大きなテーマになるんだろうな。そう感じた今日このごろです。おそらく数年先の話だろうけど、関連銘柄も巻き込んだ大きなテーマになりそうです。アンテナは広げておかないと。
 
(だれが上手いこと言えと)
 

2018年2月7日水曜日

政権ブレーンや韓国与党、安倍総理に文句(*^^*)

韓国与党の鼻息が止まらない。
どうやら「主役は自分たち」という高揚感がみなぎっているようです。

一方、アメリカや日本はそんな韓国政権に横槍を入れているようにみえるようで。

日米は「邪魔するな」という風向きのようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな中、ついに直撃弾が出てきました

丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一部長官

(なぜ南北会話が進んでいる今)
>「韓米合同軍事演習は韓米が決めることなのに、なぜ日本の首相が出てきて演習を再開すべきだとくだらない話をするのか」とした上で「文大統領は『あなたは引っ込んでいなさい』ときっぱり言う必要がある」と述べた。また「米国の前に立って、『後ろにいる兄貴がやっつけてくれる』と思い込んで前でわめいている子分だ」

(朝鮮日報より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ日本の首相が出てくるかって?
おまエラが馬鹿だからだw

そのほか
>(与党)共に民主党内でも米日に向けた強硬発言が飛び出している。イ・ソクヒョン議員は5日、自身のツイッターに「(米国の)ペンス副大統領は祭りの家にわめきに来るし、(日本の)安倍晋三首相はよその家にいらぬおせっかいをしに来るつもりだ」「(日本は)平昌五輪が終わったらすぐに韓米合同演習を始めろなどと内政干渉まで(している)」と批判した。

 ウィ・ソンゴン議員も同日の党の会議で「韓米軍事演習の場所や日時は、韓米間の協議によって決めること。日本政府があれこれ言うことではない」と反発し「これは平和に水を差す行為だ」と非難した。

日本では「悲運」の機体、アパッチ。

相場が静かなので、アパッチのお話。

墜落したアパッチ、AH64は日本では「悲運の機体」です。
様々な事情で導入が打ち切られ、絶滅していく運命。さらにその後継機種も難航が予想されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
映画、シンゴジラにも登場したAH64D「ロングボウアパッチ」は最強クラスの攻撃ヘリです。アパッチの中でも改良型である「ロングボウアパッチ」は
写真でも目立つように、回転翼の真上に取り付けられた丸い部分、これがレーダーになっていまして(名付けてロングボウレーダー。これがロングボウアパッチの語源)、これのお陰で今までの機種では対応できなかった夜間や悪天候の中でも戦闘が行えます。
 
乗員は二人乗りで前に射撃手、後ろにパイロットが乗る仕組み。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前にも書きましたが、この手の攻撃ヘリが生まれた背景には、昔の米ソ対立があります。ソ連を中止としたワルシャワ条約軍は戦車や戦闘車両の数を重視し、戦車の数を頼みに西側に侵攻する基本戦略をもっていました。戦闘車両が少ない西側は戦車の増強に踏み切るか、別の戦略をとる必要性に駆られます。
 
そこで、アメリカ軍は「攻撃専用」のヘリコプターを作ることを思いつきます。ヘリコプターに対戦車ミサイルと協力な機銃を装備して戦車を破壊する。ヘリコプターなら速度が早いので広範囲の的に対応できるし、戦車より破壊されにくいのでは?と考えたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本でも、初代戦闘ヘリ、ヒューイコブラが導入されました。自衛隊に約100機が導入され、老朽化が進む現在も50機ほどが現役です。
ヒューイコブラ。初飛行は1966年と古いこともあって、なんとなく外観も「古さ」を感じさせますよね。
ヒューイコブラの後継機として開発されたのが上述のアパッチで、さらにその改良型が「ロングボウアパッチ」(夜間戦闘とか生存性向上が図られた改良版)

さて、日本でもロングボウアパッチの導入が決まり、62機を主にライセンス生産で調達する計画が立てられました。これで「ロングボウアパッチ」が日本の戦闘ヘリの主役を務めるはずでした。ヒューイコブラの老朽化は進んでおり代替機の導入が急務だからです。

ところが

ロングボウアパッチの日本導入は9年かけて13機の調達で打ち切られてしまいます。韓国や台湾が30機以上調達したことと比べても、明らかに数が少なく、失敗と言うか問題を抱えた戦力調達です。なぜこんな失態が起きたのか????
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本が導入したモデルに対し、米軍は更に一段回アップグレードしたモデルを導入しました。
そのため、日本がライセンス生産したモデルの部品供給がおぼつかなくなる、と。加えて値段も高くなるので、予算が間に合わない、13機で導入を止めましょうよ、というのです。

(アパッチの日本での調達価格は80億円ほど。結構「お高い」のです)

シャレにならないのはライセンス契約した富士重工(現スバル)。62機買ってくれるというから、高いお金をアメリカ側に払ってライセンスの権利を買いました。ライセンス料や製造ラインの設備投資などで500億円を投資したと言われています。それがわずか13機の調達で打ち切られては大損害です。
一方国は「最初から62機必ず調達するとは言ってないよ。どの契約に書いてあるの」というふざけた立場。結局裁判になりました。何はともあれ、日本の戦闘ヘリ戦力はロングボウアパッチが13機(墜落したので12機)。これでは整備などを考えると、稼働できるのはせいぜい6、7機。一部隊作れないほどです。さらに旧式になったヒューイコブラは部品調達もままならず、「共食い整備」状態だと言われています。

ってなことが指摘されているのですが、あんまり国会で追求されることも少ないですね。

憲法で戦力が認められても「まともな戦力がない」のが日本の自衛隊でもあります。
この辺は韓国と似てますね。

2018年2月6日火曜日

曲がりなりにも上がりそうと思える株を

 
 
僕の好きな株、Jテック7774です。株価の急落でこの株の値段もだいぶ下がった。ので今日買いました。曲がりなりにも、なんとなく上昇トレンドでしょ(´・ω・`)。
 
後は信念でかえる株価どうか考えて。
 
僕はこの会社が黒字定着してきたこと、富士写真の子会社だからうまくすればTOBかかるんじゃないかって助平心(妄想)で買いました。良いかい場所だと思える、そういう信念で拾える株を買いたいですね。
 
あ、この株買おうっていうんじゃないですよ。
 
前から狙ってて、こういう時に買おうと思える株を普段から探しておく。そんなお話です。
 
下がったら、下がっただけ買ってやるw

2018年2月5日月曜日

米軍の「鼻血戦略」はおもったよりも進んでいる。(狼か来たぞではない)

このまえ、明らかになった「駐韓米国大使」内定者、チャ氏の内定取り消し。

「韓国パッシング」として捉えられていますが、やはりみのがしてはいけないのは、チャ氏がいわゆる「鼻血戦略」(全面戦争に至らない軍事攻撃、相手が鼻血を出す程度に殴るってこと)に反対していた事とそれを理由に内定取り消しになっていること。さらに韓国側は「アグレマン」(外交的に合意すること)まで出してたのに、そこまでした人事を、異例的に(外交的非礼と言っていいでしょう)取りやめたこと。此処までの非礼を出来る権限を持つ者はトランプ大統領だけでしょう。

去年、米国は軍事攻撃をしませんでした。
結局、しなかったんではなく「できなかったんだと」

なぜか。勿論難しいということも去ることながら「準備ができてなかった」んだと。
10月の大規模避難訓練など、その準備が整いつつあるのが今のアメリカ政府なのかなと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ビクトールチャの内定取り消しの後は、対話追求のティラーソンの更迭。
マティスはいまは対話にも軸足を置いてるけど、彼が「主戦論」に回ったり首になったら?

その間、米軍は様々な軍事オプションを検討しくんれんしているんだとおもいます。

狼が来るか来ないかはトランプ大統領の判断次第となるんでしょう。
おもったより軍事オプションの確率は上がっているしこれからも一定まで上がり続けるんだと。

政治経済を動かすベクトルの一つになっていくと思います。

2018年2月3日土曜日

旅がえるは江沢民復古?産経新聞w

新天地が若干ハマっているw旅かえるというアプリ



ヒットポイントという未上場の会社が開発したスマホやタブレット向けの放置系ゲームです。
ヒットポイントは数年前にねこあつめ、という放置系ゲームをスマッシュヒットさせて話題になりましたね。


産経新聞が引用してきた記事によれば旅がえるは日本では20万ダウンロードにすぎないけど、日本語版しかないこのアプリが中国で950万ダウンロードという驚異的なダウンロードを記録しているんだそうな。上場してたら、株価すごい勢いで吹っ飛んでいっただろうになあ。
残念。

日本のいろんな風景が新鮮だとか、草食系の中国の若者にハマったとかいろんな説があるそうですが、産経新聞が紹介している「珍説」が、ゲームキャラクターのカエルが江沢民ににているから、と言うもの。
若干無理があるけど.


(新天地注 江沢民にはハハ(カエル、ハマからきた造語)というあだ名で親しまれているそうな。カエル=江沢民というわけです)

ゲーム中のカエル
江沢民

にてる?にてない????
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今みたいな監視社会な時代と違って、江沢民時代はまだ少しは自由があった、と。
それを懐かしむノスタルジーがゲームのダウンロード数に現れているんじゃないか、と言うんですね。

流石にそれはむりがあるとおもうけど、そういう話が流布すると、中国当局は旅がえるを禁止するかもね笑。
江沢民時代は良かったとか言って反政府エネルギーにつながる可能性がw

それくらいのことはやりかねん。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アンドロイドやiOSなら無料でダウンロードできます。

誰もがハマる、とは言わないけど、まあ無料なのでスマホに入れておく分には困らないかな。
ゆるいーいアプリです。(*^^*)

あまのはしだてな話。

最近、ちょこっと旅かえるというゲームに嵌っています(*^^*)

カエルに旅支度をしてあげると、カエルが写真を撮ってきてくれたり、名物をもってくるというたわいないゲームではあるんですがw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日はカエルさんが天橋立(あまのはしだて)と思われる写真を撮って帰ってきました。
まだ行ったことないんだけど、こんな有名な所。日本三大なんとかだっけ?


一度は見たことあるでしょうか。いまの京都府にある、平安とかもっと昔から有名な景勝地だったそうな。

この場所、当時の京都の都からはそこそこ遠い(昔は自動車とかないからね)場所であるけど、京の人ならみんな知ってるゆうめいな場所、そんな所だったわけです。

100人一首にも詠まれてまして、僕がたった二つだけ覚えていて札をとれる歌。(もう一個は落語のねたになってる「からくれないにみずくくるとは」w)

大江山生野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この歌の作者は小式部内侍という女性で、中宮彰子に仕えた人。若くして亡くなったそうです。この人、何と言っても和泉式部日記で有名な和泉式部の娘さん。
そのことを知るとこの歌の持つメッセージが理解できます。

100人一首に選ばれる程の素晴らしい歌なのですが、驚くことにこの歌、嫌味というか質悪い言いがかりに対して即興で和歌で返したという逸話が残ります。
そしてこの歌のお陰で言いがかりをつけた人たちにそれが全くの間違いであることを見せつけたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小式部内侍は幼い頃からさすが和泉式部の娘、というほど才気あふれる女性だったそうです。その才気も買われて中宮彰子に仕えました。しかしあまりの歌の見事さに「どーせ、お母さんが代理で作ってるんじゃねーの」という噂があったそうな。代理で作ってもらった歌で中宮彰子に取り入ったり出世してるんじゃねーの?

まあやっかみとかですね。

ある時、母親の和泉式部が夫とともに丹後の国に行ってしまいました。
その時に小式部内侍はある歌会に呼ばれます。

それを聞きつけたのが歌人として有名な藤原定頼。

「お母さんいないけど、今度の歌会の短歌は作ってもらったの?、手紙来た?」といやみったらしく聞いたのです。

この時内侍が即興で返したのが「大江山~」という歌というわけ。

大江山、生野は遠いので行ったこともない。(生野と行くをかけてる)
天の橋立の地でさえ踏んでいない。(文も見ず、と踏みもしていない、とかけてる)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
藤原定頼という大家にかなり強烈な嫌味を噛まされながら、それを自分の才能で倍返しくらいに返したこの歌のエピソードものすごく好きなんですよね
内侍は25歳ほどの若さでなくなったそうですが、その歌のエピソードはこうして1000年も2000年も伝えられていく。

文章にはそういう強さがあるよね、という意味でものすごく好きな歌なのでした。

700ドル安とかは暴落じゃないから

NYで600ドルを超える下げ。

おおー暴落か?と思わないでもないが「暴落」ではない。なにせ、NYでは今や25000
ドルを超えてるんで600ドル安なんて「おや?」くらいの下げにすぎないだろうね。これをもって暴落とは言えない。


ただし、繰り返すけど史上最高値を連続更新しているような高値圏で生じた下落なので、当然「トレンド変換の兆しである可能性はある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
225は1月の上昇の「起点」である23000円まで下げてきた。此処をレンジの下限と見るなら
一回買っておくところかも。ただし、今までのようにイケイケドンドンは終わった可能性は常に考えるべし。風向きは多分変わっている。

2月の230プットを何故か結構もってる新天地としてはw、間違って下に行ってくれるならまあそれはそれでしょうがないか、とも思ってるんだが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まだもってる人はリバウンドを期待しつつ一回売っていくのが大事になるか。
何にせよちょっとややこしい局面です。

多分、正解は僕には言えん。
売れと言ったら上がる気もするし、我慢しろと言ったら下がる気もする。

ただ、今までみたいにガンガン強気で行くべきではない、それだけはわかる。
これでまた最高値を更新していくなら、僕の株の見方が根本から間違ってるんだ。
(大川慶次郎風に)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NYダウ週足

暴落ではないよ、といってもこうやってチャートにしてみるとなかなかの下げであることは見て取れる。ただし、「今の段階では」まだトレンドが崩れた、という値幅ではないことも見て取れる、

二次曲線を描いているとするならまだその上に株価は居るんだよね。25週移動平均とかよりもまだ遥かに上。24000ドルくらいまで下げたとしてもそれはまだ「トレンド変換ではない」可能性もあることはある。

ただやっぱり「上までかいすぎたよなあ。じゃあそろそろお祭り終わりかもなあ」というのが常識的な展開ではあるんだが。

地震と一緒で、時間がすぎればすぎるほど確率は上昇する。
しかしそれが今日であるかどうかはあんまり断言はできない。
ただし確率が上がっているのに対策を全くしないのはそれはそれで愚かだ。

2018年2月2日金曜日

アメリカ、北朝鮮攻撃へ布石?しれっと駐韓大使の任命白紙

アメリカの大使は政権が変わると、クビをすげ替えることが多い。
この辺は政権が変わると上級公務員がガラッと変わるアメリカの特徴ですな

日本だと「公務員」は政権変わっても報復人事とかですげ替えられることも比較的少ない。
日本を動かしているのは「官僚組織」と言われる所以でもあります。

そもそも日本では「政権交代」がすくないということもあるけど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今回のトランプ着任で日本の場合も駐日米国大使が決まるのにそこそこ時間がかかりました
それでもさすがに去年の7月末には大使が着任しています。

ところが・・・。韓国に駐在する「駐韓米国大使」は未だ1年1ヶ月も空席なのです。大統領が変わってから、有力候補が伝えられましたが・・・・。

最有力と見られていたのが「韓国系アメリカ人」ビクトール・チャ氏でした。
チャ氏は1961年生まれ。アメリカで生まれました。コロンビア大学やオックスフォード大学を卒業後、コロンビア大学大学院を終了。いろんな大学で研究員や教授を務めた後2004年にはホワイトハウス入。NSCアジア担当部長を務めたり、6カ国協議ではアメリカの次席代表の経験もあります。いわゆるアジア通、知韓派と言っていいでしょう。

小ブッシュ政権で要職にあった彼を、トランプ政権が駐韓米国大使に任命するという見方は強く、実際アメリカ側は彼の身辺調査を行い、昨年末韓国側に「アグレマン」(=相手側の同意。ウイーン条約によって、大使や特命公使を相手側に派遣する時は、相手国側の同意を得なくてはならない。また相手側は理由の提示無くこれを拒否する権利を有する)の確認まで行いました。
韓国側もこれに同意し、事実上内定したと思われたのです。

ところが。
ビクトールチャ氏はいわゆる「鼻血戦術(全面戦争にならない程度に限定的に軍事攻撃を行う)」にも反対の意見を表明。さらにチャ氏と親交の深い人物などが反トランプ運動に加担していたことなどが判明。これをうけてトランプ政権はチャ氏の任命を取りやめたのです。
アグレマンまで受けた大使人事を取り消すのは異例と言っていいでしょうね。ましてやそれなりに重要な米韓環家の重要性、1年に渡る大使不在の中でようやく決定した本命候補の「落馬」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この前の議会演説では、トランプ大統領は北朝鮮への軍事オプションについては言及せず、もっぱら核や人権問題への非難に終止しました。これはオリンピックを控えた南北対話への配慮もあったと思います。
しかしながら同時に軍事オプションに反対したビクトールチャ氏を「切った」ということは相変わらずすべてのオプションを放棄していない、そういう構えにも見られます。

オリンピック後にきな臭くなってきた気がします。

2018年1月31日水曜日

アイフォンX、生産半減へ。いい機体だが高すぎた。

アップルは、フラッグシップのスマホ、iPhoneXの生産を大幅に縮小するようです。
なんでかって言うと売れてないから。

アップルへの業績影響は勿論、アップルに部品を提供するサプライヤーにとってもかなり痛いでしょうね。本来、スマホのライバルであるサムソンもアイフォンXには有機ELなどをきょうきゅうしているとみられており、結構シャレにならないと思われます

新天地はiPhoneXのユーザーでありますが、この期待、良い端末か?と聞かれたらかなり良い端末です。画面もきれいだし、速度も早い。画面もそこそこ大きいのでブラウズもある程度快適。

ただ、やっぱり高い!それと画面ももう少し大きい端末がほしいと思うかな。

そしてこの端末を買ったときには「リセールバリュー期待できる」だったけど、ここまで人気がないと「値段はあんまり期待しないほうがいいかもね」wすこし「うーん」なのです。

アップルの殿様商売もそろそろ限界なのかねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
有機EL,確かに数年後には液晶を駆逐し、これが主流になるんでしょう。

それは90年台後半から2000年台にかけて液晶がブラウン管を駆逐していったことと重なります。
しかし、90年台後半はまだまだ液晶はメインではなかった。売上もそこそこ苦労したはずです。

それに重なるのかな、と。未来を提示した製品ではあるんだけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
てなこと書いてて、まあアップルも昔は壮大にやらかしてたし、と思ったり

 
これは1997年にアップルが発売したマッキントッシュ20周年記念モデル。通称「スパルタクス」(あるいはTAM)です。当時はまだかなり珍しかった液晶一体型のPCで、CD-ROMなどを内蔵。本体両側にはボーズ社と共同開発した内蔵ステレオスピーカー。そして右側に見える炊飯器みたいなものはこれもボーズと共同開発したウーハー。(低音はどこから聞こえたかわかりにくいので、こうやって低音だけ別のスピーカーにするというのがボーズなどが得意とする方法。俗に2.1チャンネルと言われる)
 
キーボードの一部などは手作業で革張りされるなど、こだわりにこだわった製品でした。
デザインはアップルのジョナサン・アイブのチーム。そして外部からは「インフォバー」のデザイナーで知られる深澤直人さんが関わったとか。
 
 
全世界で12000台の限定生産。12000個作ったら、金型を破壊するというウリ文句でした。
高級モデルらしく、三年間保証、無料電話相談、ピックアップサービス、そして設置も無料といういたれりつくせりなサービスまで付いてきました。
 
さぞかし売れたかって???
 
マーったく駄目でした。なぜか?
例えば日本では888000円で売り出されたからです。今なら言えるけど「アホか」
 
まだ当時はパソコンが高い時代で、安い製品でも10万円とか20万円はしてました。高いモデルだと30万円くらいもしてた。(97年当時、このモデルと同等の性能のマックで20万円くらい。液晶で別途10万円強。ボーズのスピーカーシステムで10万円弱くらいか)
 
でも・・・。それにしても90万円近いお金をそれほど超高性能でもないモデルにつぎ込める人はそうそうおらず・・・結局、ガンガン値下げしていくことに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ1
けっきょくアップルは最後には20万円くらいまで値段を下げて叩き売りましたが、それでも・・。
結局限定数の12000まで生産されなかった、ともいわれています。
しかも、ガンガン値下げして面白くないのは最初に888000円とかで買わされた購入者w
 
その怒りを鎮めるために?購入者に対してガラス製のアップルのモニュメントをつけたりしたようです
 
おまけ2
このモデル、アップルの創業者、ウォズニアック、と当時アップルに復帰したばかり(まだCEOにはついていない)のスティーブジョブズにも送られたそうです。
 
ウォズニアックはこれを大事にし、自分の書斎に置いたとか。一方ジョブズはこんなもの、と窓から投げ捨てたという話がまことしやかに語られています。デザインは気に入らなかったようですね。
 
結局、このモデルの発売すぐ後、ジョブズは暫定CEOに就任します(正式にCEOになるのは2000年)。ジョブスの最初にした仕事は20周年モデルの生産停止だったとも。。。
 
その後、マイクロソフトと電撃的に提携。マイクロソフトに新株を売ってお金を調達するとともにMacOS Xを開発しそれらにマイクロソフトオフィスを作ってもらうことに成功します。
こうしてアップルは倒産の危機を逃れ、その後の快進撃へとつながっていくのです。。
 
 
 

2018年1月29日月曜日

アステラスのスーグラ、売り上げ伸びる?

糖尿病の治療にはインシュリンが使われてきました。これはおおきな進歩だったですね。
ただ、インシュリンは注射の必要があるので、軽度の患者さんには面倒だし。。

最近は糖尿病の「飲み薬」も増えてきています。

新天地がずっと注目してるのはアステラスの「スーグラ」。いわゆるSGLT2阻害薬と言われるお薬。簡単に言うと食事でとった糖をむりやり尿に流し込んでしまおうという。
薬で糖質カットダイエットを行おう、というと語弊があるか。

現在は比較的若く(40代とか)で、病歴が短い患者に向けて投与されているようです。
面白いのは「体重減少」の「副作用」、血圧定価の副作用があること。

ある意味「痩せ薬」なんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ体重が1,2キロ落ちる、とかいう話だし筋肉も落ちる可能性があるらしいですが。。。

今度から1型糖尿病にも使われるようになるそう。
100億程度の売上だそうですが、新天地的にはもっと売上伸びても不思議ではないなあ。でもアステラスにとってはそれほど比率大きくないか、とか。。

ちょっと気になるお薬です。

2018年1月27日土曜日

ギャンは、「まともな取引所の正会員のみと取引しろ」と言った(はず)

たしか、いまから100年ほど前の著作の中で、ギャンは「まともな取引所(新興市場ではなく、NY証券取引所やシカゴ先物市場とかという意味だと思う)の正会員」と取引しなさい、と述べてます。

理由は簡単。そうでなければ顧客の財産が守られるとは言えないから。

正会員である会社は、かなり高い確率で顧客の財産を(破綻や持ち逃げとかから)守ってくれるから、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仮想通貨の不正取引のケース。

残念ながらセキュリティが駄目だったんだ。これはギャンが言うところの「まともな取引所」ではなかったということね。
今後もこういうケースは起こりうる。これが仮想通貨の怖さかもしれんね。

2018年1月20日土曜日

そういえば先週ジャカルタの証券取引所の中2階が崩落


ジャカルタの証券取引所のバルコニーみたいな中二階が崩落(15日ですな)

まあ予想通り、韓国の建設会社\(^o^)/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これに関しては、発注したビルのオーナーに全責任がある。
韓国の建設会社が立てた建築物は、よく原因なしにこわれるからだ(^_^;)

日本だったら、建設会社の存続が問われるような話になると思うが・・。

投機的実行と脆弱性

新年早々、CPUの脆弱性が明らかになった。投機的実行に対する一連のプロセスで、情報が漏れてしまうというわけです。

なんだそりゃ?一般教養として、僕なりに(まあ僕もわかってはないけど)備忘録で書いておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CPUってのは人間で言うと「頭脳」です。計算したり、判断したりするのが仕事。
基本的には二進法で動いてて、計算を繰り返します。
高性能化を図るためには「速度を早くする」というのが基本ですが、速度を単純に早くするためにはその時時の半導体製品の性能にかかっています。

(微細化とか、低電力化とかです。微細化が進むと低電力化が進んで熱も出なくなります。逆にねつが出るとそれがボトルネックになったりします)

そこで、CPUには、単純な計算スピード(CPUのクロック数)アップだけでなく、いろんな仕組みが考案され、導入されてきました。

インテルやAMDなどがこれらの仕組みを使って競争してきたのが80年台から現在に至るCPUの高性能化に貢献してきたわけです。


その一つが分岐予測と「投機実行」です。

例えば
プログラムがCPUにAという計算をしなさい、という命令を出したとします。結果、その計算結果が0ならば、Bという計算をしなさい、と。

ここでAという計算をして0という答えを出し、さらにBというという計算をしてその結果を待っているとまるまる時間がかかってしまいます。

そこで
Aという計算をした場合、0という結果が出る確率が高いよね、ということが予めわかっている場合、CPUは予めBという計算をしておくのです。
実際に0という結果が出ると、Bという計算を改めて行うのではなく、予め計算しておいた値を利用します。こうすることで実際の演算速度をあげているのです。

これを分岐予測と投機実行と言います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、予測通りAの計算結果が0になればいいのですが。実際には0では無かったとします。
その場合、Bという計算は無駄になります。なのでCPUはBというという計算や結果のデータを捨てることになります。

まあ、それはそれでしょうがない話なんですが、問題はこの「捨てるデータ」
計算を行った時に、様々なパスワードなどセキュリティも使用されたりすることがあるのですが、これもまとめて捨てられ、さらにこのデータに不正にアクセス出来る可能性が指摘されたのです。
僕の理解でざっくりいうと、これが今回騒ぎになった脆弱性の問題。

取り合えす、この辺にパッチをあてているようですがどうしても処理速度はオチてしまうでしょうね。
なかなか難しい問題です。

2018年1月17日水曜日

しつこくソニーの話。情報の意味がその株の取得値段で変わってくる

ちょっとしつこいけどソニーの話。

勿論、ソニーについて言いたいのではなくてこれは未来も繰り返すだろう話。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は結構昔から、ソニーは車載をやる、と書いてきた。中の人がプライベートな場面で自動車会社の人と名刺交換してるみたいだったからだw。

一方、自動車関係者とかアナリストとかはソニーが車に出てくるのには懐疑的だった。カーナビから撤退したこと、あるいは「ソニーは命にかかわることを避けてるんじゃない?」という見方を聞いたことがある。

しかし、今年のCESを見ればソニーが如何に自動車会社にC-MOSを売りつけたいか。あるいはまだ衣の下に隠しているようだが明らかに自動運転に出るつもりの鎧を着ている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、アナリストさんたちもようやく今のソニーの業績回復を認めた上で「今後は車載事業の成否が問われる」と言い出した。

例えばもっと株価が安い段階なら「ソニーは車に本気みたいだな。これ、結構儲かるんじゃね?」だけで買いにいける。僕みたいにアホみたいに「下がったら喜んでもっと買いに行けばいい」って書ける。

安く買って、今みたいに上がっていて含み益があるなら「車載の成否?今頃何言ってるの」と余裕をもって見ることが出来る。

一方、今の値段でソニーを買いに行くなら「確かにこの部門の成否で儲かるか損するか別れるよなあ」とより厳密に考える必要も出てくる。買値で考慮すべき情報の意味が変わってくるのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけ
僕の考えでは「確かにソニーは命にかかわるような製品は作ってこなかった。でもこれからはそうじゃないんじゃね」かな

かなり古い話になるが、その昔プレーステーションが作られた時「テレビゲームなんてソニーが作るものではない」と社内から強い反発が出たという噂もある。
まあ、高級オーディオでブランドを作ってきた人にとっては、「おもちゃ」なんてブランドを傷つけると考えたのかもね。
「売るんなら、SONYのロゴを使わせるな」ってな話まであった。だから、SCEなんて孫会社まで作って別にやらせてた。でもSCEの人間だけでは当然全部の仕事はできなかったようだ。

その話に関わった人にとってはブランドの話は大層な話だったそうな

初代プレーステーションの発売日。ある人は嬉しそうにPSの箱を抱えて帰ってきた。
SCEの中の人が、仕事のご褒美にPSをくれたのだ。

機械に弱く(おい。回線の特許は)ぼくがコンセントとテレビ接続をしてあげた。
知ってる?PSのCD-ROMの裏が黒いのはコピー対策なんだよー実は。なんて話をしながら電源を入れる。画面にSONYとやたら大きく出た。

「これを表示させるためにどれだけ苦労したか・・・。」

人には人の苦労があるんだろうな、と。
そのPS事業が会社を支えていくんだから、人の見る目なんて如何にいい加減かw
あるいは、強く反対した人の立場はw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで、いろんなことに反対してきた人も居るんだろう。それはそういう立場の人が必要だし議論の上で会社は動いていく。
しかし、「儲けるためなら、今までにない商品をやらざるを得ない」のが潰れかけた会社だと思う。
PSがソニーに大きな利益をもたらしたように、車載がソニーに大きな利益をもたらす、という予想は全く揺るぎなし。なのでNYがかなり怪しいですが、つられて下がるなら買いたい、と思ってます。

NY,最高値更新も「出会い線」。

出会い線。手相なら恋愛運?みたいな話ですが、ローソク足の話w

 
NYダウの日足です。大きく窓を開けて始まり、史上最高値26000をつけました。しかしその後は利食い売りなどに押されてほぼ昨日と変わらずの値段まで下げてます。この形良く見てくださいね。
 
これ、何度か書きましたが、ローソク足分析では「出会い線」と言いまして相場が反転する兆しを示す足なんです。
 
もちろん、この足が出たからと言ってすぐに相場が反転するとは限らない、むしろトレンド継続の場合が多い。しかし、高値を振り返って見てみると「こういう足が出てることが多い」そんな足です。
 
 
加えて、今回は短期間に上昇し、史上最高値を連日更新し、しかも昨日はいつにもまして出来高が大きかったこと。ボリンジャバンドのうえのほうをずーっと推移していること。「おかしいな」と思うには充分でしょう。
 
ちゃーんす
 
ちょっと気をつけて見るべき局面でしょうね

2018年1月16日火曜日

ソニーとオグリキャップ。それは「奇跡の復活」なのか?

最近、ソニーが復活した、とか書いてるマスコミ多いです。

今更?と思います。株価が低迷し、ソニーはシャープのように消える、と言われていた頃にすでに今くらいの数字は本来見えていたからです。

イメージセンサーだけじゃねーか、これがコケたら終わりという論調は多かったです。

しかし、「イメージセンサーは他社より楽に1年以上先行していて追いつかれるのはまだまだ時間がかかる」「作り過ぎちゃう(笑)イメージセンサーの売り込み先を開拓してる」というのは取材すればわかったはず。

内視鏡などは相当売っています。どれくらい高性能なのかは現場の医者に聞けば納得できたでしょう。今度のCESの話で明らかになったように、自動車向けは内外自動車会社とのお話が進みつつある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これらは奇跡の復活か?

ちがうようなきがするんですな。。既視感があります。わかい皆さんは「オグリキャップ」という馬を知っているでしょうか???

1980年台後期、当時バブルの真っ最中だった日本は常識破れの、地方競馬からやって来た決してエリートでないオグリキャップが並み居るエリートたちをなぎ倒す姿に酔いしれたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、そのオグリキャップも現役最後の年に歯車が狂います。

春最後のレース、宝塚記念で鞍上に若手の岡騎手(故人)を迎えます。圧倒的一番人気となったオグリでしたが、先行したオサイチジョージに3馬身半の差をつけられて宝塚記念を完敗。そしてこの後調整が上手く進まなかったオグリキャップは当初使おうと思っていた毎日王冠を調整不足でスキップ、秋の天皇賞にベテラン増沢騎手(ハイセイコーの主戦騎手として知られる)をぶっつけ本番で迎えたのです

当時三強と言われていたスーパークリークやイナリワンはいません。ヤエノムテキやメジロアルダンなどもいましたが直近は目立った活躍をしておらず、ここはオグリキャップが勝てるんじゃないか、調整不足でも・・・。そう思われて一番人気に押されます。ところが結果は天皇賞惨敗。(6着)

「オグリキャップはもう終わった」とみんなが言い出すのです。
続くジャパンカップでは人気を落として4番人気の屈辱。いままで、4歳のときのジャパンカップの三番人気以外、どんなときでも2番人気より下になったことのないオグリが、です。
結果は人気より更に下の11着。惨敗でした。

評論家は「筋肉が落ちた」「目に輝きがない」「いままでの疲れが溜まっているのだろう」と掻き立てました。ひどい人になると「有馬記念に出走させずに引退させてあげるべきだ」とか。

たしか天皇賞でオグリキャップを無印にした「競馬の神様」大川慶次郎は「この馬がこの状態で競馬を勝つのなら、私の今までの馬の見方が間違っていたとしか言いようがない」とまで。。

オグリ陣営は手を拱いていたわけではありませんでした。必死にオグリの気分転換を図り、ハードなトレーニングをし、そして最後の有馬記念。ラストランに「武豊」をたった一度きりのピンチヒッターに招いたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オグリキャップは大きく人気を落とします。4番人気でした。
僕の記憶では単勝は4番人気でしたが、枠番連勝(1着と2着を当てる)ではもっと人気が無かったと思います。みんな「オグリ」のさよなら馬券として馬券を買った。それでも4番人気だったのです。

結果は
競馬ファンなら涙なしでは見られない最後のレース。最後の直線いつの間にか現れた芦毛の馬体が先頭でレースを押し切ったのでした

評論家は言いました
「奇跡の勝利」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はたして本当に奇跡だったのでしょうか?ユタカマジック?それもあるでしょう。

でも実はオグリが調子を取り戻していた、それを評論家たちは見逃していた???そう思えるのです。結果論ですがw

今はなき吉田善哉(社台ファームを作った人。サンデーサイレンスをにほんにかってきたことでも有名)は「競馬の生産者は預言者で無くてはならない」という名言を残しました。その血統が後々活躍するか?それを当て続けなければいけないと。彼はサンデーサイレンスを10億円で買って来ました。サンデーが日本の競馬に与えた影響は数百億円規模でしょう。予言は当たり。


一方、「ソニーは終わった」と書いた人
彼らはソニーが終わった、のを見たのではなく「終わったように見えるう」業績の数字だけを見てたんだろうな。だから業績回復を奇跡のV字回復とか書く。奇跡でも何でもない。単に取材不足だったんだ。有馬記念の復調を見逃した競馬評論家と同じ。


我々も常に預言者でなければいけないんだ。数字だけを見ていては本質を見失うこともある。

2018年1月15日月曜日

他の人が知った、ということを知る。岡三マンの話。

ディーリングルームに居るディーラーには情報端末が少なくとも1つは与えられると思う。

もう10年前の話だから、いまはどうかしらないけど、僕の周辺では日経がやってる「QUICK」というサービスが人気だった。あとはブルームバーグの端末とか時事の端末とか。

QUICKがいちばん人気なのは日本のローカルなお話だろう。ただ、一番人気の端末を使うと言うことは、「トクオチ」を避けれるという面もある。みんな、QUICKで一報を知ったときにもし他の端末を使っていて、その端末がその特ダネを配信しなかったり、遅れたら??

そう考えると保守的な人間が「みんなと同じヤツ」を使いたがるのもわかる気がする。周りが使っているから、操作方法も教えてもらいやすいし。

一方、会社的に考えると、ある程度複数の情報端末を入れたほうが、会社全体として情報が遮断されないという安全対策にもなる。

もしも例えばブルームバーグだけが情報を伝えて相場が大きく動いた時、QUICKしか端末をいれてなければ「なんで相場動いてるの?」という状態になりかねない。複数の情報端末(情報ソース)を保有するにはそんな意味もある。ブルームバーグ高いけどw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ぼくは加えて幾つかの「ネット情報」を使うようにしてた。というのも速報性は勿論情報端末に分がある面も多いのだが、誰でもネットで手に入れられる情報、というのはそれがアップされた時点で「参加者がほぼ全員知った」という証明でもある。

この動きは「全員が知った上での動きなのか、それとも情報端末(有料で知れる人が限られる)での初動なのか」の判断基準になるというわけ。

いまはつぶやきが瞬時に世界を駆け巡るから、有料端末の難しい時代ではあると思うんだが。

で、岡三マンの話。
僕のページを見てるようなマニア(失礼)なら当然岡三マンのつぶやきはウォッチしてると思う。とても早く、しかも「みんなが見てる」

岡三マンのつぶやきで一報を知る、というのも使い方の一つであるし、一方で「岡三マンがつぶやいたら数万人、あるいは10万人程度の人がそのニュースを知った」ということでもある


ああ、みんなが知った上でこう動いてるんだな、という確認の意味でこういうニュースソースを見るということも特に短期の参加者には役に立つ視点だと思うんですよね

(きょうは珍しく役に立つことを書いたと思っています)

大相撲、そりゃこれからまともにやっても厳しくなるわけで

大相撲、不祥事からの回復ということで昨日は大入り満員、なんとかスタートを切った。
これからが正念場だろう


ところで、新天地の義父は某親方が入門した時以来の「支援者」の一人だった。
もっともメインのたにまちさんではないけれど。

運送会社は交通安全運動の協力とかで、警察の人とも面識ができる。
その時、ある柔道選手が警察に就職してオリンピックをも目指そうかと。
ところが、直前になって相撲界しかも大きな部屋の有名親方直々のスカウトが来て相撲取りを目指すという。「考え直して柔道を続けないか?」という説得の一角に入った所、残念ながら考えは変わらず、そのまま相撲取りになってしまったんだそうな。

ここで義父はミイラ取りがミイラになってしまったw
縁あって知り合ったんだし、関取を目指すんなら飯でも食いに行こう、ってやってるうちにその力士はあれよあれよと出世してさいごには部屋持ちの親方にまでなってしまった。さらに縁あって新しい部屋を立てるときの仮設材も運んだという・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ってなことができたのも義父がわりかし好き勝手出来る創業者的な社長だったからだろう。
今の会社の社長では流石にそんなにお金はだせないだろう。世間一般でもそうだと思う。トラック協会なんかでも
温泉に行ってゴルフ行ってなんていう会合は目に見えて人が減っていると聞く。ましてやなかなかタニマチ的なことが出来る人は減っていくかもね

これからもっと経営体制を見直さないと独立した部屋の経営ってのは更に難しくなっていく。
(というふうに投資家目線からは見える)
揉めている場合ではないと思うのだけれども。

2018年1月13日土曜日

名古屋にジョーが来た。

名古屋グランパスに「ジョー」が来た。本名ジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァ。
(ブラジル人は父と母の両方の名字を本名で名乗るので長いんだって)

ご存知元ブラジル代表フォワード。完全な世界トップではないかもしれないけど、あのブラジル代表が2014年のワールドカップ本番のときに招集したフォワード。世界的に名前が知られたこのレベルの南米人助っ人、しかも点取り屋がくるのって日韓ワールドカップの頃、あるいはJリーグ発足時のJリーグバブルの頃以来ではなかろうか?

Jリーグ史上でも最高額と言われる移籍金約15億円!トヨタ、頑張ったなあw(年俸は色々込で4億円とか)

背が高く、頭で点が取れるし、ポストプレーも出来る。じゃあ頭だけかというと足元も器用。一瞬のスピードがあり相手DFの裏も取れる。要するに万能型のトップの選手。「点取り屋」という表現がピッタリ来ると思う。勿論、一人でドリブルして一人で得点出来るかって言うとそういうタイプではないので、彼を如何に自由にさせて彼にボールを供給出来るかどうかが活躍のポイントになるのかもしれない。

2008年には40億円とも言われた巨額の移籍金でマンチェスター・シティに入団するも成績はその前評判、移籍金には全然見合わなかった。
イングランドでは不振に終わったと言っていい。その後エバートンやガラタサライでのレンタルでのプレー経験もある。

結果、2011年にブラジルリーグに復帰すると心を入れ替えたジョーはコンディションが回復しついには2013年ブラジル代表に選ばれた。コンフェデでは日本も彼に手痛い得点を食らっている。

が、ピークに達した彼のキャリアは再び急下降を魅せる。2014年母国開催のワールドカップにも招集されるも結果は残せず。さらに夜遊びが再発するとピッチでは精彩を欠き、やけ酒がさらにコンディションを崩す。奥さんには離婚され、監督のクルピ(もとセレッソ大阪監督、日本だと遅刻魔w柿谷をJ2送りにしたほど規律に厳しい)はジョーに戦力外を告げた。

UAEや中国に活躍の場を求めるもその得点力は戻らなかった。
「第二のアドリアーノ」(アドリアーノは私生活の乱れで長くは活躍できなかった)と言われた彼の輝かしい選手生活はもう終わったと・・。

もういくべき場所さえなくしたジョーはそれでも見捨てられなかった。2016年に古巣のコリンチャンス(ブラジルの名門サッカーチーム)が契約、そして元妻は彼をキリスト教の教会に連れて行った。
断酒した彼はフィジカルトレーニングで肉体改造を行う。そして2017年ブラジルリーグで得点王とMVPに輝く活躍を見せた。ブラジルでは、控えの切り札のFWとしてジョーを再度代表に呼ぶべきとの声もあるそうな

幾度も戦力外通告から不死鳥のように蘇ったFW.それがジョーという人なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな選手が何故来たのか?
一つにはコリンチャンスの財政問題。ジョーを拾ったコリンチャンスだが、クラブ経営は苦しい。30歳のジョーを高く売れるならそれも致し方ないというわけ。結果グランパスや香川の所属するドルトムントが高額の争奪戦を繰り広げることに。

ブラジル代表を望むなら、ドルトムントなどヨーロッパチームを望むべきなんでしょうが、家族の教育問題などを考えたときに日本の生活を選んだとも。また今のブラジルチームの監督はヨーロッパやブラジル以外のリーグに所属する選手も招集するスタンスなのでJリーグでも活躍すれば招集のチャンスはゼロではないと。

ブラジルリーグはヨーロッパのプレミアリーグなどにくれべればレベルは落ちるでしょう。
でもJリーグよりは高いレベルにあるのは間違いありますまい。
昨年ほどの高いパフォーマンスを発揮してくれれば、グランパスもJ2落ちを心配しなくていいんですけどね(*^^*)


そこにある利益は「移転」する。

俗に相場の格言で「国策に売りなし」ってのがある。国策に乗っかってる銘柄は上がるものだという話ですね。上がっても空売りするなと。

経済活動が行われると、それぞれの経済主体には利益、あるいは不利益が発生する。
例えば、僕も所属する運送会社も営業すれば運賃が入る。一方で営業するためには様々なコストがかかる。

もし国が「日本の運送会社はもっともっと儲けて発展させ無くてはならない」っていう国策を掲げると、それは運送会社にもたらされる利益の増大を意味する。
例えば高速道路を安くするとか、重量税安くするよーなんて言えば運送会社は喜ぶだろう。これなんかは税金とか社会資本のコスト負担が運送会社に利益として移転してきたんだ、とわかりやすい

実際の社会では、数年前から国は重量物を輸送する運送会社に対する規制を強めている。というのも交通量から言えば数%にもすぎない重量物輸送の重い車(トレーラーなどで30トンとか40トン有るような車)が道路を傷める比率が数十パーセントになるから。とくにいま国は道路や橋、トンネルの老朽化に悩まされる時代。(高度成長期に作った道路が放置すれば朽ち果ててしまう)
その為、違反車両に対する取り締まりを厳しくしている。運送会社は特殊車両の通行許可の届出や積み荷の確認などいままでより大きなコストを払っている。
これは今まで比較的負担してこなかった「道路をより保全するというコスト」が運送会社により大きく移転してきて運送会社の利益が減る実例と行っていいでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国では、仮想通貨市場に対し、法務大臣が「仮想通貨取引所の閉鎖を目標とする『仮想通貨取引禁止特別法』を準備している」と発言。大騒ぎになりました。
韓国というのは以前にも書きましたが、非常に投機的な国民性があり、例によって乱高下する仮想通貨は非常に取引が加熱しています。そこで法務大臣としてはそこに歯止めをかけたかったのでしょう。

しかしながら、仮想通貨に夢中なのは韓国では20代や30代の若者が中心。まさにムン・ジェイン政権の支持層そのものです。これらの間で批判が高まると、韓国政府は「まだ決定したものではない」と慌てて火消しに入りました。流石にいきなり取引所を閉めるのはまずいと考えたようです

(余談。日本では金融庁が監督することを条件に市場が存続されるようになるようです。良い天下り先を見つけたなw)

このケースで言えば、仮想通貨業界というところから政府が無理やり利益を剥ぎ取ろうとして(移転)、でも反発が大きいからとりあえず様子見した、そんな風に言えるかもしれません
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話はころっと変わって。

仮想通貨の話もそうですが、最近「日本では現金に依存しすぎだ」(だからキャッシュレス化に移行しなければならない)という流れを皆さん感じているでしょうか。

例えば、中国人観光客が日本に来て驚くのは「日本はまだこんなに現金を使うのか。時代遅れだな」ということらしいです。韓国だって細かいお金のやり取りもキャッシュカードやクレジットカードが多いし。
(すぐに現金出すのは日本人、と言われたことある。なにせ、韓国には日本の一万円札に相当する金額の10万ウォン札、が存在しない。高額紙幣が無くてもクレジットカード決済が一般的なので困らないんだ。)

勿論、気の早い向きはすでにキャッシュレス銘柄であそんでいるようだけど、逆の「現金社会」を支えている銘柄からの「利益移転」はまだ織り込まれていないようなきもする。

例えばATM。コンビニに有るのが当たり前だけど、これからはどんどん数が減っていくんだと。日本人はATMに「お金」(コスト)使い過ぎなんだよと。
現金を数えたりする装置もどんどん需要減っていく世の中(それはコストを削減するためのものでもあり、明らかにそうするべきだ、という人間が主導をはじめてきている)

そして。利益が移転するなら、株価も変動するわけで(*^^*)
この利益の変動額はかなり大きいと思うんですが銘柄やいかに。


2018年1月11日木曜日

今年は鯱の年になりますように

去年はJ2にオチましたが、ブラジルからきたシャビエルという贈り物によって奇跡のJ1復帰を成し遂げました。更に今年はブラジルリーグ得点王となったJを加えて「攻撃陣ならすごいです」

タイトルなんて甘い夢は見ないけど、面白いサッカーをしてくれると良いな。

というのを祈願してネットで見つけたシャビエルとジョーの動画を貼っておきます。
 
この動画のようなプレイを再びJ1の試合でバンバン見せてくれれば、そりゃ面白いと思うんですよね

もうすぐJリーグも始まる今日このごろなのです。

ディープインパクトの血がヨーロッパで花開くか。

過去、日本は競走馬の血統の墓場、と陰口を叩かれてきたことがありました。

例えば「テスコボーイ」という種牡馬(天馬、トウショウボーイなど)が成功すればその血統のたね馬を買いあさり、あるいはパーソロンが成功すればその血統を。ミルリーフ系の種牡馬が日本で成功するとその血統を買いあさり。。あと色々続く。

そして残念ながらその多くが日本で発展すること無く、後継のたね馬を残さないまま消えていったのです。パーソロンも後継種牡馬が途絶えたし、テスコボーイもなかなか風前の灯かな(バクシンオー系を残すのみか)。。また日本に導入された種牡馬の子供が海外に輸出されることも少なかったですし(日本の競走馬、とくにトップレベルの仔馬は値段がとても高いのでこれを買い付けるのも難しい面があった。また、日本の競馬場は固くてスピードが出る芝で、その競馬に向いている素軽い血統がヨーロッパに不向きとも言われてきた)

しかし。
ディープインパクトなどの活躍がようやく、ようやく流れを変えていくかもしれません。欧州の大きな馬主や生産者がとくにディープインパクトの血統に注目し導入していこうとしているからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一部のブックメーカーが現時点でイギリスダービー、さらにイギリス2000ギニー(にほんで言う皐月賞)の一番人気にしている馬がいます。

名をサクソンウォリアー。ぜひこの名前覚えておいてくださいね。
この馬は名門のクールモアスタッドが所有する馬。母親のメイビーという馬をはるばる日本にもってきてディープインパクトと交配。彼は日本で生まれ(北海道安平町だそうな)そののちアイルランドに渡り名門オブライエン厩舎(世界一の厩舎のうちの一つ)に預けられたというわけ。

そう、ディープインパクトの血をわざわざ導入するために日本に繁殖牝馬を送り込んできたのです。

デビュー戦を危なげなく勝つと、二戦目のアイルランドのG2戦もあっさり。そして2歳最後のレースではイギリスの2歳戦のG1レーシングポストトロフィーに登録。このレースには同じ厩舎に所属し「ダービー候補」と呼び名が高かった「ザペンタゴン」も登録していました。

しかし、日本でもおなじみ名手Rムーアは迷わずサクソンウォリアーを選択。はたして彼はレーシングポストトロフィーでは直線先頭に立ったところで一度はロアリングライオンという馬に並ばれてしまいます。しかしサクソンウォリアーの真価はここからでした。並びかけられて闘志に火がつくと、彼は再び二の足を使って抜き返すとそのままゴール。勝負強さも見せたのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
血統的には距離が伸びても大丈夫。おそらくこのままイギリス2000ギニーに直行しそのご英ダービーに向かいます。
日本生まれの馬がイギリスダービーを取る。そんな歴史的偉業が見られるかもしれません。
そして彼がディープの血統をヨーロッパに広めてくれたら。
血統の墓場という汚名は完全に過去のものになると思うのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー