2017年3月30日木曜日

競馬の「クラシックレース」と牝馬ファンディーナの野望

今日はあまり競馬に興味のない人に向けたブログ。


競馬のクラシックレース、というのを聞いたことがあるでしょうか?

日本では5つのレースが「クラシックレース」と呼ばれます。

皐月賞(中山競馬場2000m) 日本ダービー(東京優駿が正式名称。東京競馬場2400m)菊花賞(京都競馬場、3000m)。これが牡馬も牝馬も出れるクラシックレース。合わせて「三冠競争」などとも言われます。
更に「牝馬限定」の 桜花賞(京都競馬場1600m) オークス(優駿牝馬が正式名称。東京競馬場2400m)。

この5つのレースが日本の「クラシックレース」です。

牝馬と牡馬なら、牝馬のほうが弱い。(ただし斤量は2キロ差あってその分ハンデはある)
なので普通牝馬は皐月賞やダービー、菊花賞には出てこない。かわりに桜花賞やオークスに出たほうが勝つ確率高い。
また牡馬は種馬になった時にクラシックに勝ってると当然種付け料の上昇が大きい。
何百頭に種付けすることになる種馬ならその影響は凄く大きい
しかし牝馬が年一頭しか産めず生涯に渡って埋める仔馬はせいぜい十頭。
ムリをして勝ちに行く利益は相対的にものすごく小さくなる。皐月賞やダービーよりも牝馬限定の桜花賞やオークスを目指すほうが現実的です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これらのクラシックレースは「世代ごと」のレース、です。3歳の馬しか出ることが出来ません。一生に一度のチャンス。馬は4歳や5歳の時が一番強い。例えばダービーよりもジャパンカップや有馬記念のほうが出てくる馬の強さは上です。でも競馬界最高の「名誉」はダービーを頂点としたクラシックレース。

武豊が言ってましたが、海外に行っても必ず「お前はダービーに勝ってるのか?」と聞かれると。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基本的に牡馬と牝馬のレースを整備し、3歳限定世代ごとのチャンピオンを決めるレースが行われるにはわけがあります。これらは「優秀な種馬、あるいは種牝馬」を選定する、という意味も強いのです。

というのも競馬馬は2歳の夏から競馬が始まり、6~8歳くらいにはほとんどのうまが引退します。

2歳位に強い馬というのは「早生まれ」や「早熟」の馬の場合もあります。必ずしも「親」になってから優秀とは限らないのです。

一方、4歳5歳はサラブレッドの全盛期でもありますが、「後天的」なトレーニングの成果の差もある。これまた親としての成績に繋がりにくい面もある。
また、4歳以降に「強く」なる馬は「晩成」血統すぎる可能性もあります。

デビューをして成績が振るわなかった場合、本当はその子供が晩成で活躍できるのか、ただの外れなのか時間(そしてその間のコスト)がかかる。今のような経済状態では「優秀ではない」んです。そういう晩成の遺伝は。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経験則的にも、3歳の春、そして2000mや2400mで行われる競争に勝てるということが遺伝的に「スピードとスタミナを兼ね備えた」馬を選ぶことに繋がるというわけ。このころ強い馬は早熟でもなければ晩成でもない。もっとも遺伝子を選別するのにふさわしい時期と距離のレースなのです。

遺伝子を選ぶ、という趣旨は徹底していて、皐月賞もダービーも菊花賞も「せん馬=去勢した馬」は出走することが出来ません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、デビュー時から新天地にて、一押しの牝馬、ファンディーナが「皐月賞」に出てくると見られます。



デビューが送れたファンディーナは前走でフラワーカップに出走、圧勝しました。
しかしフラワーカップから桜花賞は中2週。やや感覚が短い。(フラワーカップ勝ち馬は近年では桜花賞に出てこない)
そう言うこともあって、フラワーカップと同じ競馬場で行われる皐月賞に出てくるんでしょう。
実はファンディーナ、デビューが1月と遅いのですが、牝馬ながら「ダービー」の二次受付に登録しています。今年のダービーの二次受付に登録した牝馬は、ソウルスターリングとレーヌミノル、ファンディーナのわずか3頭だけ。この馬の関係者がどれだけこの馬に期待していたかわかるエピソードです。

自身のスケールの大きい力、そして今年は牡馬のレベルが去年ほどは高くない(去年の牡馬のレベルはとんでもなく高かった。おそらく上位5頭くらいの馬のどれかが今年のクラシックレースに出たら三冠取れたのではないか?と思うくらい)

そんなこともあって「チャレンジ」してくるのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本ダービーをウォッカが制したときはかなり話題になりました。
長い日本ダービーの中でも史上3頭目、実に64年ぶりの快挙でした。そのウォッカも皐月賞ではなく、桜花賞を選んでいます(結果は2着)

皐月賞を勝った牝馬を探すと1948年まで遡らなければなりません。(ヒデヒカリ)。戦後の混乱期、競馬が今みたいに近代化されていない時代の話。
近年、いわゆる「グレード制」(G1やG2、G3などのレースの格付け)が整備されていこうだと、しゅっそうした馬さえ限られます。過去30年で2頭だけ。ダンスダンスダンスとバウンスシャッセだけ!

皐月賞には1月の2時登録をしていないということなので、「追加登録料」200万円!をJRAに支払って出走することになります。それだけ「勝算あり」ということなんでしょう。

数多の女傑でさえチャレンジすることのなかった皐月賞出走。しかしファンディーナなら勝つことも出来るんじゃないか?そう思わせるだけの強さがこの馬にはあります。

調教師はこのまえポロッとこぼしました。「この馬がすごい馬なのはもうバレちゃいましたからね」
こそっとダービーに登録しておいた事。そこかしこにこの馬の凄さを示すエピソードが落ちています

此処を勝ってさらにダービーもなんてことになったら感動して泣いてしまいそうですが・・・。

2017年3月29日水曜日

225まだレンジの中なんだよね(´・ω・`)

 
 
 
クリックで拡大
 
225、よく見ると膣はレンジの中でもみ合ってるだけとも言うw
 
ただ、一部のチャーチストが何故か主張してた「下値が切り上がってるので上に抜けていく」というトラタヌ理論はあっけなく崩れたwそれがこの前の下げの意味。
 
今度は25日移動平均などが上値を押さえる。これに抵抗できずに下げていくのかどうか(頼む下げてくれw)
 
今回僕は19500円より上で売ってるので、そこを抜いてドドーンと挙げない限り売り継続。
抜けたら考えよう。
 
注目は円相場、それと石油価格だろうかねえ。あともちろん、金融株には上げ下げする意味があるはず。金融株が指数を先導するもちろん充分に可能性もあるでしょう。


韓国サッカー、シリアに1-0も薄氷の勝利。シリアは決定力不足とゴールポストに泣く

韓国もワールドカップ予選を戦っています。
中国に負けるも、なんとか二位を守ります。昨日はホームのソウル「ワールドカップ競技場」でシリアと対戦。

韓国は普段4-2-3-1で戦うのですが、シュティーリケは作戦を変えます。
4-1-4-1にフォーメーションを変更。いわゆる前からプレスをかけ、圧迫する戦術に。高い位置でボールを奪って速攻で攻めようというわけです。

これが当たります。
エースソンフンミンが出場停止から復帰しベストメンバーで戦う韓国は前半4分に先制点!

CKからソンフンミンが中にボールを放り込むと、ボールの取り合いに。
混戦から元アウクスブルク、現江蘇蘇寧のDF,ホンジョンホが左足でゴールを奪う。

その後も韓国がボールを支配し、前半は韓国が安定した戦いを見せた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。。。シュティーリケは前半も半分を過ぎた頃からいつもの4-2-3-1にフォーメーションを戻したのですが。。。これが大外れw皮肉にも得意なはずの戦術が相手に付け入るスキを与えます。後半になると後のないシリアが徐々にチャンスを作り出す。韓国もキ・ソンヨンからビルドアップするのですが得点には至らず。



シリアに問題があるとすればあまりにもシュートの精度を欠いたことでしょう。決定的チャンスは何度もありましたが枠を捉えることが出来ません。

後半ロスタイムには3回ほどチャンスを迎えるも最後はゴールポストに当たり万事休す。韓国が試合内容はともかく「一息つける」勝ち点3を奪って2位を死守しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦術面で???が出ますし相変わらずセットプレーからしか点が入らない。
でも勝ち点3は大きいですね。あとは苦手のアウェイで取りこぼさずに行けるか?

その辺が分かれ目になりそうです

2017年3月28日火曜日

韓国、大統領選挙。オオトリ、民主党予備選挙スタート。今週は「スーパーウィーク」。ムン・ジェイン、大勝で緒戦を飾る。

5月9日に投票が行われる韓国の大統領選挙。
短い日程の中でそれぞれの政党が候補者の党内予備選を行います。このため今週は各党の候補者が決まる「スーパーウィーク」そんな表現をする韓国メディアが多いようです。

主要政党のなかで最後に、野党第一党の「共に民主党」の候補者予備選挙が始まりました。各地で予備選挙を行い、合計票数で候補者が決まります。

まずは伝統的に左派系政党の「お膝元」である全羅道(チョルラド)で。ここの結果が大きな影響をもたらすと思われます。(全羅道は金大中の出身地で、現在の共に民主党につながる平和民主党結党時以来の支持基盤となっている。また軍事政権下で起こった「光州事件」の舞台となるなどもともと進取、革新的な風土でも知られる)

結果。60%の大きな支持を得てムン・ジェインが緒戦を飾りました。やや現実的な路線を取る安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事、韓国のトランプことイ・ジェミンは残りの票をそれぞれ20パーセントづつ分け合いました。

このため、ともに民主党の予備選挙ではよほどのことがない限りムン・ジェインの勝利はうごかないものとみられます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このままでは本選挙でもムン・ジェインの一人勝ち、そんな流れでしょう。9年ぶりの革新政権樹立の可能性が高くなっています
ムン・ジェイン。もともと進歩派の弁護士。学生時代学生運動で逮捕された経験あり。盧武鉉大統領と協同で弁護士事務所を作っていた縁で政界入り。前回の大統領選挙では本戦で朴槿恵に破れており、二度目の挑戦になる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一応、「最後の大逆転」に動いている人たちもいます。

中道、保守連合です。

一応、各政党も自前の候補者選びを行ってはいます。


中道政党である国民の党。党の実質的創始者で前代表安哲秀(アンチョルス)氏が事前の予想を大きく上回る圧勝ぶりで「党の候補」として選ばれそう。
写真は安哲秀氏。もとソフト会社創業者という異例の経歴の持ち主。髪型が特徴的ですw


旧セヌリ党の「パク派」が結成した「新韓国党」は洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道知事が党の候補者になる勢い。
ホンジョンピュ。汚職の疑いで一審で実刑判決を受けながら、今年2月の控訴審で逆転無罪。セヌリ党の前身であるハンナラ党の代表を努めたこともあります。「強いリーダシップ」を自称する保守系を代表する政治家の一人。



セヌリ党から「非パク」が離脱して結成された「正しい政党」(正義党)では「経済通」の劉承旼(ユ・スンミン)議員が優勢です。

ユスンミン。もともと、当時ハンナラ党代表だった「朴槿恵」からの「三顧の礼」で党代表秘書室長になった経緯があります。韓国きっての経済通としてそれほど評価されているというわけです。
一時は「朴槿恵の男」として政治的に懐刀として活躍していたのです。
ただ彼は「言うべきことを言う」スタイル。結果、10年に渡る蜜月の後、占い師と取り巻きの人との仲違いや朴槿恵の政策運営に反旗を翻し口汚く罵り合う関係に。
2015年、セヌリ党の院内代表を努めていた時に朴槿恵に「首にされ」亀裂は決定的に。
結局「非パク」になってしまった経緯があります。



で、この「保守中道」の三党が「統一候補」を立てて「非ムン・ジェイン」で本戦を戦うのではないか?という見方があるのです。実際にそれぞれの党の人間が秘密裏の接触を重ねているようです。韓国では過去にも選挙協力が行われた例もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一発逆転の候補者が現れるのか?それともムン・ジェインが押し切って「お笑い地獄」が幕を開けるのか?
注目です。

個人的にはムン・ジェインで「国が壊れていく」のを対岸からニヤニヤウォッチしたいんですけどね。
予言できる未来。占わなくてもいい未来。

2017年3月25日土曜日

テスラの評価別れる

今日ネット見てたら、テスラについていろいろ。。


1個は「テスラ見直した」という自動車評論家国沢さんのブログ。
いままで国沢氏はどちらかと言うとテスラに否定的な意見を書くことも多かった。
その国沢さんが「見直した、日産(リーフ)もうかうかしてると危ない」と書いている。

自動車会社からのヘッドハンティングなどもうまく行ってるんだろう。これはいい見方。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方でテスラ、実は初期不良多いとか、新しい安いくるまが出てきたら今の故障率じゃあ評判ガタ落ちだろ?と言う声も。

この辺、ちょっと注目してみたいですね。

韓国、シュティーリケ更迭論と、協会の責任を問う声と。

韓国サッカーは中国にまさかの敗戦。韓国は2位を守ったものの、一位通過はほぼ不可能。むしろかなり危なくなってきたとさえ言えるでしょうね。日本よりも深刻です。

いままで対中国線では圧倒的な勝率を誇っており、国際ランキングからも必勝で望んだ中国戦。
しかし中国の監督のリッピ監督は韓国を徹底研究。

韓国が前からのプレスに弱いことを探り当てると前半から積極的にプレスディフェンスを仕掛けてきました。もちろん韓国はポゼッションでは有利に立ったものの全線へのボールの供給先を徹底的に潰されてチャンスを作る回数を大きく減らされました。

更に中国は難しい攻撃はやめて(そう、中国には創造的な選手はいないから、そうなる)徹底的に韓国DFの裏、スペースをつく「縦ポン」サッカーを展開。これは直接点にはつながりませんでしたが、裏に弱いという欠点をつかれた韓国を困らせるには充分でした。

結局CKからヘディングで1点を奪った中国の勝ち。点を奪った後のゲームコントロールもよく決まりました。

韓国国内では「負けたのは監督の差」「シュティーリケ更迭しる」って声がネットに溢れています。
たしかにリッピの作戦はうまくハマりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、中国と韓国の差は監督の個人的能力というより「チーム体制」の差と言う声も上がっています。

リッピ監督は中国のクラブチームも指揮しましたが、その時に連れて行った腹心のコーチたちを代表にも連れてきています。また中国人スタッフでながくリッピに従っている人もいます。こういう「チームリッピ」がうまく稼働しているから戦術変更がうまく出来てるんだと。

一方で韓国代表チームは監督以外は韓国人が多い。そんでもって入れ替わりも結構多い。いくらシュティーリケが優れた戦術を用意しても、それが韓国代表選手にうまく浸透していないんではないか?というのです。

こうなってくると監督というより韓国代表をつくる韓国サッカー協会に責任があることになりますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なにが正しいのははよくわかりません。何にせよ次のシリア戦は背水の陣。
ここでまさかの連敗を食らうようだと、二位もかなり危なくなってくるでしょうね

水曜日のカンパネじゃなかったミサイル発射と失敗の裏で。

水曜日。北朝鮮はミサイルを発射したものの空中で爆発。失敗しました。

最近、慣れっこになってきていて「ふーん」なニュースですが、その後色々報道されてますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国の複数の軍関係者の話として韓国中央日報は「液体燃料をつかうムスダン」ミサイルだったと報道。北は固体燃料を使う「北極星2」も打ち上げており、液体固体両方のミサイル開発を進めているとみられる。

ムスダンと見られるミサイルは去年8発撃って、成功は一発だけ。今回失敗したことでさらに成功率を下げました。他のミサイルがかなり高い成功率を見せていることと対比して「ムスダンミサイルは開発中止も」と見られていましたが、北はまだムスダンの開発を諦めていないようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、今回ムスダンの発射が失敗したのは、アメリカが無人機などを使ってエネルギー、電磁波攻撃を仕掛けて成功したからと報道。

それ、なんて東スポ?な報道ですがこれを大真面目に流したのがNYタイムズ。
どこまで本気でどこまで本当なんだかわからんけど、本当ならミサイルを撃墜するより角もたたないいい方法かもね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このミサイル発射について、韓日は韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基いて電話で情報を交換。去年競艇をむすんでからようやく有用な情報交換が行われたようです。

大統領が変わったらこの協定も破棄されそうですけどね。w

2017年3月24日金曜日

機動部隊を作るには。カネがかかるんだw

昨日、海上自衛隊4隻目となる大型ヘリ空母、「かが」が就役しました。これから訓練を重ねてせんりょくかしていくものと見られます。

さて、4席の大型ヘリ空母(海上自衛隊はあくまで「護衛艦」と自称)のうち、今週就役した「かが」およびその一番艦である「いずも」はヘリ空母としてはとても大型の船です。全長250mほど、基準排水量は20000トン近い船。


写真は「いずも」。大型のヘリコプターが5機同時に発着艦が可能。オスプレイも離発着できます。

海自では最大の戦闘艦であり、これと同規模の「軽空母」がハリヤーなどの短距離離陸機を使って空母として運用されています。日本は「憲法解釈上、攻撃型空母は持てない」と言ってますが、「じゃあ守備型空母なら持てるやろw」と。。。

改装すれば、F35Bという最新鋭の短距離離陸/垂直着陸機を8機から12機程度載せられるんじゃないか?そういう形状、船の大きさなんです。また、武装面では徹底して軽装備。逆に言うと将来、空母として運用する気満々?(空母は他の船に守ってもらう。女王バチみたいなもんですな)とも。

中国が過剰に反応しているように、誰がどう見たって「将来、その気になれば軽空母にできるもんね」という船であります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
軍事マニアとしては、ぜひ(軽)空母をを持ってもらいたい。中国に対抗するために!と思います。
産経新聞のように「中国見たか、これがにほんの実力だ!!」みたいなアホな見出しにこころ踊る人も居ます。

では。いずもを空母として使うとしていくら掛かるのか?
(あくまで最低限の話です)

まずは肝心の艦載機F35B飛行機だけで130億円くらいかなあ(一機)
最低8機は必要。予備も合わせれば13機としますか。13✕130億円⇛1690億円。
武器も買いましょうか。数百億円になるでしょうね。

ああ、空中給油機が必要ですね。
オスプレイを改良したのが最低2機。1機だと故障したら洒落にならん。(ちなみに日本は空中給油機を4機しかもってません)
これが100億円くらい。✕2でまあ200億円か。3機なら300億円。

早期警戒機も必要ですねこれもオスプレイ改造。最低2。おなじく200億円

機体だけで2000億円以上楽にします。

それだったら普通にF35Aを買って陸に配備したほうがwww買うもの他にもあるもんな。

結論。
日本が「空母」を運用するにはよっぽど軍事予算が増えないとムリ。
いまのところ「いつでも空母もてるんやで!!」という国家の威信というか、中国に対するハッタリというのがもっとも意味のある武器といえるでしょうね\(^o^)/

くっそう、けもフレ相場、乗れんかった、空売りもしてない

さてマニアっくな話ですが、世の中の片隅では「けもフレ」相場というのが行われていました。

知らない人も多いかと思いますが「けものフレンズ」とはKADOKAWAが仕掛けたメディアミックス作品。
ゲームとかアニメとか雑誌とか、「メディアミックス」でコンテンツを創出して売り出そうというお得意の作戦で生み出されたコンテンツです。

キャラデザインにはケロロ軍曹で知られる吉崎観音を起用。
発案、プロデューサーはKADOKAWAコミックスの編集長梶井斉。(たぶん、将来的にはこの人がKADOKAWAのトップになっていくんだろうね。と個人的には思います。むかしコンプティークとかゲームおたくむけ雑誌の編集長をやってた角川歴彦氏的なポジションなんでしょうか)

面白いのは「まず知的財産権を創出しよう」という、KADOKAWAの生臭いw発想からスタートしたこと。ある意味では角川らしいんでしょうかw(もちろん、公開企業なんだから将来に渡る儲け話を作るのは全く悪い話ではない)
ポケモンや妖怪ウオッチのようにまずゲームありきのコンテンツではなく、まずけものフレンズというコンテンツ、世界観があってそれから水平にメディアミックス展開していった、というわけです。ある意味力づくでコンテンツをひねり出そうという無理があるw

まずはゲーム、雑誌、ラジオなどで展開し、今年テレビアニメで登場しました。

どんなの?
こんなのです。

なにもいいますまいw。人間が動物っぽいのではなく、あくまで「動物」でも外見が人間っぽいのがコンセプトだそうです。ここはぶれない。

そして。マニアックながらオタク層を中心に大きな商売を作り出しつつあるようです。
アニメの視聴率はそこまで高くないようですが、この手のアニメ視聴者は「大きな子供」w
お金たくさん払いますからね~。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連銘柄は、仕掛けたKADOKAWA。最初にゲームを出したネクソン(現在は終了)。アプリのアエリア。KADOKAWAと協業のオルトプラス。

みーんな年末から乱舞したのよね。。。まったく触れなかった。トホホ。


まあしかし。実力以上に買われました。特にKADOKAWA以外は完全にバブル。
空売りできるならリスク高いけどカラ売ってみたいけどなあ

 
アエリア(3758)とか空売りハマったら気持ちいいやろなあ(あ、流動株も少ないし、初心者手出し無用です。お前に言われたくないかw)

土曜日はドバイワールドカップデー。アロゲートの強さを見逃さぬように。

いよいよ競馬シーズンも世界的に春のG1シーズンに入ります。
幕開けになるのが「ドバイワールドカップデー」

ドバイワールドカップをメインレースに様々なレースに世界からトップホース、トップジョッキーが顔を合わせます。

今年の注目はメインレース、ワールドカップに出走するアメリカのアロゲート。
デビューが遅く、アメリカ三冠に間に合わず。さらにデビュー戦も三着と破れます。
しかし2戦目に初勝利を飾ると、そこから6連勝!6連勝のうちにはG1レース三連勝を含むのですがこの3勝で一気にダート現役ナンバーワンの称号をえたのです。

まずG1トラバーズステークス。(このレースの別名は人呼んで「真夏のダービー」。アメリカのダート三冠レースを終えた優秀な3歳馬が全米から集まる歴史、格式とも非常に高いレースです。三冠レースの勝ち馬の参戦も毎年のこと。)
ここでは全く人気薄で13頭立ての8番人気。一番人気はアメリカ三冠の一角、プリークネスステークス勝ち馬であるエグジャザイレーター。

ところがアロゲートは人気薄をあざ笑うかのように二着に13馬身というとんでもない大差をつけてG1をぶっこ抜いて見せたのです。


勢いに乗るとアロゲートはアメリカ最大のレースの一つであるブリーダーズカップクラシックに参戦。ここには3歳時にアメリカ二冠、当時6連勝中のカリフォルニアクロームが居ました。
(新天地注。カリフォルニアクロームはケンタッキーダービーを勝った馬ですが、その年に芝のG1レースハリウッドダービーG1にも勝利しています。実はケンタッキーダービーに勝った馬が芝のG1レースに勝ったのは史上2頭しか居ません。もう一頭は競馬の史上最強の一頭である「セクレタリアト」カリフォルニアクロームの能力の高さを示すエピソードです)

さて。前評判でも二頭のマッチレースだろうというのが見立て。オッズはカリフォルニアクロームが一番人気、アロゲートが二番人気。


カリフォルニアクロームがスピードに物を言わせて自ら逃げを打つとアロゲートは2,3番手を追走します。4コーナーからはもう2頭とも相手しか意識しない、と言った感じで二頭が抜け出します。
卓越した二頭の壮絶な叩き合いに他の馬は全くついていけず。
三着以下に10馬身以上の大差をつける歴史に残る名勝負になりました。
4コーナー終盤、カリフォルニアクロームの主戦ジョッキー、エスピノーザはしきりに後ろを振り返り、アロゲートが迫ってくることを確認し、馬にゴーサイン。逃げ切り体制に入ります。直線半ばでは一旦両者の差が広がりカリフォルニアクローム逃げ切ったか?と思われたところからさらにアロゲートがギアアップ。かっての全米ナンバー1騎手にしていまや50歳となった鉄人マイク・スミスのムチがうなります。名手同士の迫力ある叩き合い。最後、きっちり半馬身競り落としたアロゲートが勝利!
 
去年のアメリカベストレースと言われた(おそらくブリーダーズカップ史上でも5指にはいるか)レースをもぎ取ったのです。
アメリカ年度代表馬こそカリフォルニアクロームに譲ったものの(カリフォルニアクロームはドバイワールドカップを制したこと、また一年を通して重賞戦線で6連勝したことを評価された)、フリーハンデではアロゲートが世界一位を獲得。「ダート世界一」の称号を手にしたのです。

さらに今年から新設された世界最高勝金額(総賞金1200万ドル!ただし出走するためには出走枠を100万ドルで購入する必要あり。出走枠は転売可能)のレースペガサスワールドカップG1に出走。これも難なく勝ちました。再戦となったカリフォルニアクロームは引退レースですが残念ながらいいところなく9着止まり。このまま種牡馬になります。

まさに乗りに乗ってるアロゲート。数々の名馬に乗ってきたマイク・スミスをして「競馬のレブロン・ジェームス」と称した馬。一見の価値ありです。(新天地注。スミス騎手はざっとあげただけでもルアー、ホーリーブル、スカイビューティー、チエロキーラン、ティッカネン、スキップアウェイ、ゼニヤッタ、アンブライドルドゾング(アロゲートの父でもあります)など歴史的名馬でG1を勝っています。その彼をして最強クラスの強さだと)

このレースにはラニ、アウォーディーが兄弟で参戦するのも話題。さらに東京大賞典の勝ち馬アポロケンタッキー、今年のフェブラリーS勝ち馬ゴールドドリームの参戦もあります。
なんとか馬券に絡んでくれるといいですね。

おまけ
アロゲートはアンブライドルズソングが残した最晩年の産駒になります。(2013年に20歳で死亡)
いわゆるファピアノ系の主流となった「アンブライドルド(アンブライドルズソング)」系ですがアロゲートが種馬になればさらに枝を残していくことになるでしょうね。

韓国、敵地中国でまさかの敗戦。THAAD問題が尾を引いた???

日本はなんとか勝ちましたが、別のグループで(A組)予想外の混戦に苦しむのが韓国。

最初、グループ首位での突破は確実と思われていましたが、現在2位。昨日は敵地中国の長沙賀竜スタジアムで中国戦に。

中国は現在白星なしのグループ最下位。立て直しのため、「名将」として名高いリッピ監督(監督としてワールドカップ優勝、チャンピオンズリーク優勝、トヨタカップ勝利)を新監督に迎えています。


一方韓国は一敗を喫しておりグループ二位。ここはどうしても勝ちたい試合。
しかしながらエースストライカーのソンフンミン(トットナム)を累積警告で欠きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試合はリッピ監督で戦術を大きく変えた中国が主導権を握ります。

高い位置から積極的にプレスをかけてボールを奪いにかかると、韓国はボール回しに苦しみます。さらに中国は徹底して韓国DFの裏にボールを通す攻撃を選択。有利に戦いを進めます。

するとCKのチャンスに中国が1点を先取。リードすると中国は1点を守るサッカーを展開。
結局韓国は点を取り返すことが出来ずまさかの敗戦。中国は二次リーグ初勝利となりました。

韓国メディアによれば韓国のフル代表が中国国内で中国代表に負けるのは史上初だとか。
「歴史的敗北」と見出しをだしたメディアもあります

リッピ監督は得意のプレス戦術をうまく使って勝利。まさにリッピマジックと言ったところでしょうか。
韓国はソンフンミン不在が響いて得点力不足。ただ、今回はプレスディフェンスに対応できない戦略的な失敗もあったからソンフンミンが居たとしてどうだったか???

三位ウズベキスタンの結果次第では韓国の三位転落もあり得たのですが、三位ウズベキスタンは0-0で迎えたロスタイムに痛恨のPK献上。これを決められて敗戦。かろうじて韓国がグループ2位にとどまりました。ただウズベキスタンに勝ったシリアが勝ち点8。どこが勝ち抜けてもおかしくない混戦になってしまっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試合に微妙な影響を与えたのが韓国内に配備され始めたTHAADミサイルシステムの微妙な影響でしょうか?

中国は公安警察を観客席に動員するなど混乱防止に勤めました。
しかしなかなかあい国的ムードwも高まっていたようで韓国はふいんき(なぜかry)に飲まれちゃったかもしれないですね。

まだリーグ戦2位ですが、もう負けられない状況になってしまったのも確かでしょう。
韓国も苦しい戦いが続きます。

2017年3月22日水曜日

大きく下ったように思うが、実はレンジの下限まで下げただけとも言う。ここからが勝負どころかもね。

225週足(クリックで拡大)


一日の下げとしては「まあまあ」な下げだけど、週足で見るなら実は高いところからレンジの下限に来ただけとも言う。

この19000円どころを下に離れればある程度の下げトレンドが数ヶ月続くと思うんだけどね。

16000円位まで下げてくれるといいのになあ

逆に言えばショートカバーなりなんなりでまたフラフラと19700円位までもどる可能性もあるのかな
20000円取っていくような上昇は全く想定してないけどね。
戻ったら売る。しぶとく19000を守るなら一旦戻るでしょう。

ただ、スタンスとしては売りでいきます。ここ買ったところでやっぱり下だった、なら目も当てられんw

下げの始まりだといいなあ

NY,ナスダック急落
クリックで拡大

トランプ相場の中では一番の下げ。
普通ならトレンド一旦終了のサイン。出来高の多さがいわゆる処分ウリが多く出たことの証左です。

移動平均も割ってきましたしね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただアメリカ人は馬鹿だからこっから買い戻してくる場面も多いでしょうけどね。

新天地的には18500ドルくらいまでの下げは最低限欲しいところですがw

もう少し様子を見ながら慎重に「空売りポジション」もったまま我慢するところなのかな





え?まだロング持ってる?
知らんがなw下がるって言っただろうが。信じるものは救われる。

2017年3月21日火曜日

ソフトバンクと225。瀬をはやみ。

  瀬を早(はや)み 岩にせかるる 滝川(たきがは)の
   われても末(すゑ)に 逢はむとぞ思ふ

             崇徳院(77番)


早い流れの川が、岩によって流れが分かれてしまった。
しかし結局はまた同じ流れに戻っていく。
別れた恋人ともまたいつか会えると。。。(新天地訳。文系だけど古文は苦手)


崇徳院と言う人は、天皇になれたものの傀儡で、鳥羽上皇に天皇を辞めさせられてしまいます。いわゆる「院政」の時代。
鳥羽上皇が死ぬと、もう俺にきつく言うやつはいなくなった、俺の息子を天皇にするぜ!ってなことになりますが、現職の後白河天皇も自分の息子を天皇にしたい。

崇徳院は源為朝(弓で有名な人ね)などを頼って兵を起こすものの、後白河天皇は平清盛や源義朝(頼朝の父)などを擁し、これを打ち破った。(保元の乱)

崇徳院は流され、失意のうちになくなったという。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局こういう流れから平氏を始めとする武家の発言力が強くなり、平安時代は後の鎌倉時代に続いていくことになります。
(保元の乱のあと、平治の乱が起こり、平氏は源氏に勝利した形になる。そして貴族から平氏に実権が移っていく)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて
9984ソフトバンクのチャートです
クリックで拡大。
日足は移動平均線の下に下り、今日の陰線でレンジを下の方に抜けそうな。ちょっと弱いなーって感じがしますね

一方225(現物日足)
こっちは
まだ移動平均の上にいるし、このままなら「瀬をはやみ」って感じで2つの価格は「割れていく」ようにも見えます。


といいつつ結局はクソフトバンクも225も末に「下の方で」会わんとぞ思ふ。願望だけど


シンザンを超える馬。チョウカイキャロルを超える馬。1ファンの勝手な妄想。

新天地は一度だけ北海道に行ったことがあります。主な目的はオグリキャップを見に行くことでした。北海道には色んな所にサラブレッドの牧場があるのですが、浦河と言うところも競馬馬の生産が行われている地域です。

そこに「谷川牧場」があります。とうじ見た感じで従業員さんが50人弱くらいだったかな。社台ファームなどと比べると規模は小さめ。「中規模」といった感じでしょうか?

谷川牧場も訪問しました。お目当てはシンザンの銅像。シンザンは種牡馬引退後、谷川牧場で余生を過ごしなくなったのです。お墓は見れませんが、記念に立つ銅像を見せてもらいました。


当時対応してくれた人はものすごく気さくで、そう、東京から来たの。遠くからいらっしゃい、と暖かく対応していただいたのを思い出します。(観光牧場ではないので、馬の生産育成の本業の仕事の合間にお邪魔して見せてもらってるわけです。感謝)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その決して大きくはない谷川牧場が送り出したのがファンディーナ。

谷川牧場といえばオークス馬チョウカイキャロルでも知られます。
でもこの馬はそれ以上の馬だと外野で勝手に確信してます。

映像を見ているだけでこの馬には底知れない強さ、魅力を感じるのです。
普通の馬ではありえない走り、高く前足をあげものすごく大きなストライド、そして一気にトップスピードに乗った時の驚異的な加速、レースを終えた時のケロッとした顔。

父ディープインパクトを超えるんじゃないか、社会的にも牧場に魂が眠るシンザンを超えて行くんじゃないか?それくらい強い馬じゃないか?そうであって欲しい。

ファンディーナにはそんな思いを勝手に抱いてしまうのです。

二番手につけて直線抜け出す「ビワハヤヒデ」のような強さをこれからもG1レースで発揮してほしいですね。ダービーだって勝てるんじゃないか?
新天地はほんとーに勝手にそう思うのです。

とにかく怪我さえなければ。あまりにも強すぎる体は、体にムリを強いることにもなりますからね。

2017年3月20日月曜日

ファンディーナ、圧勝。三連勝でクラシックに向かう

去年は、クラシック戦線はおとこ馬が超ハイレベルでした。
おそらく、去年の上位馬5頭位までの馬が今年産まれていたら、三冠取れたんじゃないか?
それくらいハイレベルでした。

今年は逆に目立って強い馬がまだいません。

反対に牝馬は10年に1度の馬が二頭出現したと思います。
名門藤沢厩舎が送り出すソウルスターリングと今日フラワーカップを圧勝したファンディーナです。将来的には男馬に混じってG1で戦うものと。。

ソウルスターリングは怪物フランケルの初年度産駒。
史上最強の馬の一頭に数えられるフランケルの産駒の中でも1番強いんじゃないかと。
父親ゆずりの強い心肺能力と絶対的スピードにものを言わせてレースをねじ伏せてきました。

あまりクラシック戦線に縁が無い名伯楽藤沢調教師ですが、ジュビナイルフィリーズ、チューリップ賞と桜花賞の王道路線を選んできました。
チュウリップ賞ではハイペースをらくらく追走、直線であっさり抜け出しました。
テン(スタート)よし、中好し(追走)、終いよし(最後のラストスパート)。
まさにすべてをハイレベルで取り揃えた馬と言えます。

ーーーーーーーーーーーーー
一方、今年デビューとデビューが遅れたファンディーナは普通有力馬が通らない裏街道を行きます。理由は色々あるようですが、デビューが遅れたために、クラシックの王道路線に乗らない道を進みます。

デビュー戦を逃げて衝撃の9馬身勝ちで全国に名を轟かせると、二戦目は将来をにらんで二番手追走。
すると逃げ馬は超スローペースに持ち込みます。直線を向いてもセーフティリード。まんまと填められたかと思った位置からトップスピードに乗ります。
ギリギリ届くか?とおもったけど実際は直線半ばであっさり捉えます。
全力を見せること無く二連勝。

このレース、ファンディーナに対する逸話が一つあります。
デビュー戦手綱を握った岩田騎手ですが、二戦目を川田騎手に譲っています。
というのもこの日、エイシンバッケンでG1フェブラリーステークスの騎乗依頼が来ていたからです。エイシンバッケンも上り馬。岩田騎手はチャンスはあると思っていました(結果4着)
それでも岩田騎手は直前までG1の騎乗依頼を断ってたかが3歳の500万下のレースに乗ろうかどうか悩みに悩んだといいます。結局、次からはまた岩田騎手が手綱をとる確約をえてようやく府中に向かうことにしたのでした。岩田騎手がこの馬をG1の一つや2つは取れる馬、それ以上であると考えている証拠とも言えましょう

そして今日。(3月20日)
1800mと距離が長く、かつローテが苦しくなるため「裏街道」フラワーカップに出てきました。
今日も二番手追走すると持ったまま、馬の勢いだけで先頭に立ちます。もう抜け出す時のストライドが全然違う。しかもその大きなストライドのままピッチだけが上がっていく。
結局持ったまま後ろを引き離すと直線は流して5馬身差。強さを見せつけました。

岩田騎手は、直線入って後ろの馬が追ってこないことを(いや来れないw)のをターフビジョンでちらっと確認するとそうそうに馬を抑えにかかって彼女も流して走っています。
それでも差は開いていく。残酷なばかりの絶対スピード。


さて、注目はこの二頭どっちが強いのか?そして二頭は牝馬クラシック戦線を進むのか?
あるいはウォッカのようにダービーに回るんじゃないか?
今年のメンバーならこの二頭にもチャンスは十分じゃないかと。
藤沢調教師ですがダービーなど男馬のクラシックには縁が無かったことでも知られます。

悲願のダービーを取るために社台ファームがダービーに向かわせるかもね。

ファンディーナもここから桜花賞に向かうより、一週遅い皐月賞に向かう方が勝算あるかも。馬場も経験したしね。
---------------------------------------------------------------------
さて。ファンディーナの速さを作り出しているのが大きな馬体であることは間違いありません。
ボルトが速いのが長い足を使ったストライド走法にあるのと同じ。

ただしこれだけ大きな馬体は仕上がるのに時間がかかり、しかも慎重にしないと怪我のリスクも大きい。
デビューが今年になったのも、フラワーカップに使ってきたのも仕上げの難しさによるものでしょう。
「桜花賞に向かう」とすぐ宣言しないのも、一戦一戦馬と相談しながら慎重に仕上げている証拠。

このまま皐月賞に向かうとか、桜花賞、皐月賞をパスしてステップレースを使ってオークスやダービーを目指す可能性もあります。

日本はアジアで一番重要な同盟で、韓国はパートナー。ティラーソン発言韓国で 波紋

大阪のほら吹きおっさんの陰で、日本ではあまり報道されなかったティラーソンの日中韓訪問。

韓国としては、アメリカの主要閣僚の訪韓でしっかりコネクションを作りたいところでした。ところが日本では夕食会を開いたのに韓国では開かれず。
統一省長官と国会議長が会談を断られるなど「冷たい仕打ち」を受けました。

さらにティラーソンは夕食会はそもそも韓国側から提案無かったと、しれっと暴露。

暗にそもそも韓国側の接待の手はずの不備だろうと。
こっちのせいにすんなや、韓国側が自分でケツを拭けと。
ーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも韓米関係は、盧武鉉元大統領の対米自主路線のお陰でガラガラ崩れました。
それを後任の保守系大統領李明博が何とか謝り倒して元の同盟に戻した経緯があります。

盧武鉉は戦時作戦権といって、有事の際は韓国軍がアメリカの指揮の下にはいることになっている仕組みを変えることをアメリカに要求。交戦時は韓国軍が自ら戦闘指揮を執ると。
実現する手はずでした。

しかし李明博政権はこれを実質的に棚上げし軍事的にアメリカとの関係を維持することにしたのです。


ところが同じ保守系大統領のパククネ前大統領は、中国よりの外交を展開。
やや米国との距離をとりました。
さらにアメリカは対北朝鮮、対中関係における重要性から、日米韓の連携強化を模索したにも関わらず、慰安婦問題で日本と距離を置き続けました。

結果。

ティラーソンはこう言いました。

日本はアジアで最も重要な同盟国(our most important ally in the region)。韓国はパートナー(an important partner)。取りようによっては、韓国はいくつかあるおつきあいしてる国のうちの一つにすぎないよ、ともとれます。
もちろん、文章の前後で「日本をより優遇したことはない」とも話して入るんですが・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ティラーソンは深い意味を考えないでなんとなく言っただけかもしれません。
しかし、国防の多くを在韓米軍に頼る韓国にとても大きな一言です。

朝鮮戦争やベトナム戦争を共に血を流して戦った血盟の同盟ではもはやない。
ただのパートナーですよ、と。

次の大統領しだいではさらに関係性が弱まることもある。、変化しうる関係だと。


韓国の保守系言論は非常に重く捉えています。
進歩系のマスコミは全く報道しないけどねw

日本にとっても他人事ではないけどね。
アメリカは、というかトランプは、気に入らなければ手を引く。
いままでの関係なんて知らん顔。
そういう本音がにじみ出ちゃった、発言なんだと深読み出来る気がするんです。

2017年3月18日土曜日

ぼくがかんがえたきたちょうせんくうばくけいかく

さて、トランプ大統領の怖いところは「今までの常識が通用しない」ということではないでしょうか?


彼なら今年中に北に軍事行動をとってもおかしくないと僕はおもうんですよね。

といっても流石に地上軍を派遣する(昔の湾岸戦争やイラク戦争のように)勇気はないでしょう。やるなら、核開発施設やミサイルサイトに対する空爆、ミサイル攻撃、あるいは大昔カダフィを狙ったようにキムさん本人を直接狙うか???

カダフィを狙ったときはF111を使いましたが、今はありません。さらにあのときは同盟国イギリスの空港を使いました。今回、韓国と日本は「政治的に使えない」でしょう。

おそらく長距離をマッハに近い速度で飛べるB1Bを使うんでは無いかと。これならグワムから直接攻撃できて、北朝鮮のスパイ(日韓にいるでしょ)にも見つかりにくい
さらに大量に爆弾やミサイルを積み込めて(60トンくらい)速やかに戦闘を行える。精密攻撃が出来る点ではトマホークも有用ですが、火薬量を考えるならB1Bのほうが大量の火薬を精密に落とせる。


また戦術攻撃機であるF15Eなどを日本から飛ばすよりガム島から直接足を伸ばせる長距離爆撃機のほうがいいでしょうと。政治的に在日米軍は使えないんです。

やるなら新月肉眼で見えにくい日。うるさくなるだろう左翼政権が発足する韓国酋長選挙の前に???


3月28日、4月26日か???

あるいは「奇襲をするなら日曜日」

いずれせよ選挙までもうあんまり日がないな



妄想のコーナーでした。


万が一そんなこと起こったらびっくりするけどなあw

ティラーソン、韓国に来たんだけれど・・・。

ティラーソン国務長官が韓国、日本を訪問。

したのはいいのだけれど・・・。

尹炳世(ユンビョンセ)外交部長官とは会談したものの「夕食会」をお断り。
更には洪容杓(ホンヨンピョ)統一相に至っては会談を断られたw

もちろん、もうすぐ大統領選挙で、政権を去る人々と話してもしょがない、と言う面もあるでしょう。

しかし、次に政権を取るであろう野党出身の国会議長も面会お断り。


あんた何しに韓国行ったんだw

別途訪問した日本では夕食会をこなしただけに「アメリカがいま韓国に対して感じている親近感の度合い」を如実に表してしまった「事件」となりました。

アメリカ、本当に韓国を無視して空爆するかもね。選挙の前に。

なんで空は青いのか。

ふと、知り合いのブログを見てたら、甥っ子に「なんで空は青いの?黄色とかじゃいけないの」

って聞かれたなんて話を書いてた。知り合いはなんでだろうねーって応えたそうだが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ぼくんちの場合はこんなだった

僕(5歳位)なんで空は青いの?

父(高校の地学の先生)
「それはなあ、大気が青い光と緑の光を散乱させるからや」(一字一句こう答えた)


僕「???????」


父「散乱っていうのはウンタラカンタラ、地球の大気には窒素が多くて云々、だから二酸化炭素が多い火星の空はあーだこーだ以下延々続く」

僕(くどいけど5歳位) 飽きる。 泣き出す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕が文系に進んだのは教育に問題があったんではないか?

ふと思う。ごめん、父w

宵の明星 

明けの明星、宵の明星と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

明星とは「金星」のことをいいます。金星は太陽にも地球にも近く、「見える」ときはとても明るい星です。しかし、金星は地球よりも内側の軌道を回る「内惑星」なので夜中とかは見えません。

図でわかるように、金星が太陽の向こう側にない時、太陽と地球の間に入りすぎていない時、かつ地球で「日が沈んだ後の短い時間」「日が昇る前の短い時間」だけ観測することが出来ます。

これを指して昔の人は「明けの明星」「宵の明星」と呼んだのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてチャートにも「宵の明星」と呼ばれるチャートパターンがあります。

こんなの
長い上昇が続いた後の、大きめの陽線。窓を明けて始まるも十字足や短い足が出現。その後窓を明けて下向きの陰線が出るパターン。
要するに3日(あるいは三週、三ヶ月、年足なら3年)かけて上髭を作ったようなもんだと。
高値圏で現れれば要注意となるチャートパターン。「売り屋」である僕に何度も勝たしてくれたパターンの一つです(あ、これだけで売っちゃ駄目ですよ。他の事ごとを合わせて勘案してくださいね)

さてこんなチャート(クリックで拡大)

月足です。今月は3月、まだ半分ですがもしこのまま終わったとしましょう。窓を明けた十字足が浮かびますね。そしてもしも4月来月、窓を明けて下げて始まって、陰線を形作るようなら?
あまりにもきれいな宵の明星示現ということになりそうです。そう言えば出来高も多くて過熱感も見受けられますね。

これ、おわかりの方はすぐ見てわかったでしょう。(え?わからない?正直勉強が足りん)
NYにダウの月足です。このまま今月小動きに終わって、来月窓を明けてマイナススタートだったりしたら必ず「宵の明星」って言葉を思い出してくださいね。

実戦で覚えるほうが、先々役に立つでしょうしね。

改めておさらい。韓国大統領選挙で起こりうる事

韓国では5月9日に大統領選挙が行われます。
現在、世論調査で一歩、というか10歩ぐらいリードするのが野党第一党「共に民主党」前代表、ムン・ジェイン氏。彼の支持率はいま33%ほど。二位のアンヒジョン忠清南道知事が18%(アンヒジョンも共に民主党所属です。
二人合わせて50%を超える支持率で、党内での予備選挙の勝者がほぼ大統領になれるとみていいでしょう。残り少ない時間を考えればムン・ジェインはかなり大統領に近いといえます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何度も書きましたが、ムン・ジェインはもと進歩派の弁護士。64歳。

学生時代から民主化運動に携わり、逮捕歴もあります(当時は韓国は軍事独裁政権だった。要するに北と同じようなクズだった)。大学卒業後、難関の司法試験に合格。弁護士に。
その後弁護士だった盧武鉉とであい、共同事務所を立ち上げます。ノムヒョンが大統領選挙に出て大統領に当選したことで彼も政治の世界に。
前回の大統領選挙にも出馬しましたが、パククネ大統領に破れる。色々あって党の代表を辞任するも、パククネ大統領の占い師スキャンダルで反射利益をえて、いま世論調査でトップの位置にいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて彼の政治スタンスを説明するなら「親北」「米国と対等にモノをいいたい」「克日」といったところでしょうか。

対北朝鮮に対しては、直接対話もありうるとし、「当選すれば直ちに開城工業団地と金剛山観光を再開する」とも。
アメリカに対しては対米自主派と言っていいでしょう。
ノムヒョン成犬時、当時の与党民主党はノムヒョンを中心とする「対米自主」と伝統的な「韓米同名重視」派にわかれ党が分裂するきっかけになった経緯があります。
中国からの反発が強いサードミサイルシステムにも消極的。アメリカが北に圧力をかけるにも反対するかもしれません。
また日本に対しては慰安婦合意の破棄、再交渉をやりたいと。また日韓軍事協定GSOMIAも破棄。

その他「財閥を懲らしめる」「公務員を増やして雇用増加」「兵役を18ヶ月に短縮」などなど。
ポピュリズムの見本市ですね。

一部の人が懸念するように「対馬はもともと韓国領土」くらいは言い出すことは「覚悟」しておきましょう。笑死しないようにねw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これで韓国の株価が上がるようなら、韓国すげーよってなことになるけれど。

財閥には逆風吹くんだから、LGやサムソン、現代自動車などがどかっと売られることがあるでしょ。あるいは銀行の一つや2つ潰れても驚かない。
ものすごく下ったなら長期的視点で韓国の優良株を拾うのもありかな?と思ってます
まだ下ってないけどねw

これだけのことが就任後一気に「実行に移される」可能性があります。

2017年3月17日金曜日

夢の「空母」共演?海自「いずも」東シナ海出動で、中国海軍は「遼寧」で対抗か。

日本政府及び自衛隊は最新鋭「護衛艦」(笑)いずもを5月から3ヶ月間、南シナ海およびインド洋に派遣することにしました。

問題は「いずも」(自称護衛艦)の形、性質にあります。


全長248m、満載排水量27000トン。そう、いずもはぱっと見は「軽空母」そのものなんです。

世界にはいずもと同じ位の大きさの船で船でハリアーなど短距離離陸型の固定翼機を運用出来る軽空母があります。
例えばイタリアの「カブール」
大きさ排水量ともほぼ同じ。強襲揚陸艇的な使われ方も出来ますが、スキージャンプ設置からも分かる通り「軽空母」として作られています。

いずもは現状ではヘリコプターしか載せられませんが、その大きさ、構造からしてお金をかけて改修(スキージャンプを設置し、甲板をジェット熱に耐えれるように。管制塔機能も必要になるでしょう)すれば充分軽空母になれる図体なのです。
例えばF35Bをアメリカから買ってきたら10機程度搭載して立派な軽空母として運用出来ると。

もちろん、現在はヘリコプター専用の船ですし、短距離離着陸機を載せるとなると、スキージャンプ構造を前部につくり、飛行機を管制する設備を備えなければなりません。運用する人の育成
だってあります。F35Bそのものだってものすごく高いし、それらを運用するランニングコストだってものすごく高い。さらに「攻撃型」
いま日本の防衛費でそんな高い買い物はできないと、現実的には思います。

しかしながら。「仮想敵国」(C国)にとって見れば?

金さえかければ「空母」になる船です。それが訓練とは言え自国の近くをウロウロされて訓練されたら?面白いはずはありません。そう「いつでも空母に出来るよ」という大きさ、形そのものがこの船のある意味大きな武器かもしれませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国海軍はこの時期に遼寧を南シナ海及びインド洋で活動させることにしたようです。


「空母」が来るなら「空母」で対抗w

訓練の影で海軍同士のホコリをかけた「仮想マッチアップ」実現というわけです。

いずもと遼寧、現状では「空母の形をした張子の虎」なんですけどね(^^)

奢る平氏は久しからず、なんて言葉韓国にはないんやろなあ。共に民主党議員、すでに政権を取ったつもり?

韓国では5月9日に大統領選挙が行われます。

いまの世論調査では、かなリのリードを保つ左派系の野党「共に民主党」前代表、ムン・ジェイン氏の勝利が濃厚な雰囲気。
今まで辛酸を舐めてきた共に民主党だけに「我が世の春」を謳歌しようとしています。

(もともと、左派系政党である旧民主党は盧武鉉大統領を擁して政権を取ったものの、盧武鉉大統領の独断専行もあり、弾劾裁判などを経て盧武鉉大統領時代に分裂。旧民主党内のノムヒョン派は新党「ウリ党」を造って少数与党となり、旧民主党は「下野」。
左派系政党はその後離合集散を繰り返し、民主党は選挙での惨敗など「存亡の危機」もありましたが、パククネ大統領の自爆で息を吹き返しました。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話題になったのが一昨日15日の、共に民主党の国会議員姜昌一(カン・チャンイル)氏の国会での質疑。

朝鮮日報などによれば

「今の外交部(日本の外務省に相当)にも、長官(日本で言う外務大臣)と考え方が違う(=左派系、親北)の人がいる。どうせ政権が変わるのだからもうそういう人たちで政権移行チームを作るべきだ」

「長官と考えが同じと言うなら、外交部次官も即辞めるべきだ」

「外交部を解散しますか?」

「検察はうまくやる。検察は改編する。(要するに保守系の検察官や野党の取締に関わった検察官に報復人事する)」



カンチョンイル議員はベテラン、重鎮ではありますが、民主党の中では「非主流派」。
ムン・ジェインと苦楽をともにしてきた、というひとでもありません。ただ、民主党にいる、そういう人です。

その彼がここまで驕り高ぶっています。確かに8年ぶりに与党の座が帰ってきます。その間、民主党は分裂、併合、歴史的惨敗などを繰り返し野に下った辛さを味わってきました。
気持ちは「数ミリくらい」分からないでもありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかしながら、まだ選挙も終わってないのに、すでに自分が天下を取ったような不遜な言い回し。
しかも、大統領本人ならともかく、党の非主流派の議員です。
(いや大統領候補や側近なら逆にそんなアホな態度は取らないか。失策だけが怖い時期だから)

ムン・ジェインが大統領になった暁には、ムン・ジェイン本人のメチャメチャぶりもさておき、共に民主党の末端の議員までが無茶苦茶しそうでとても楽しみです(^^)/

リアルで「失われる5年間」。

5年後には在韓米軍いなくなってるかもねー。いまからたくさんの出来事を目にすることになります。

お楽しみに。5年に渡るOINK,(オンリーインコリア)劇場の開幕です。

壮絶なことになるでしょう。大統領制だけに、とてもひどいことになっても、今回みたいに弾劾裁判が開かれなければ、よほどのことがない限り5年災厄が続く(^^)/~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと株の話をすると、おそらく株価は低迷します

LGや現代自動車、サムソン関連の銘柄が暴落することがあったら、ギャンブルだと思って買ってみるチャンスかもね。10年単位の長いギャンブルになるけれど。

2017年3月16日木曜日

気になること

新天地は誤字が多いと言われます。


それでも、社名についてはものすごく気を使います。
株式部とか商品部とか、売買審査部とかにいたので、伝票とか会社名を書く機会が多く、あとでSECとか検査が来た時に見られるとこっぱづかしい、と先輩に常々言われていたこともあるでしょう。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
建設関係の運送をやってると、有名企業の工場とかの建設や修理にモノを運ぶことも多い。現場名が○○株式会社、なんとか工場とか、あるわけです。


今月、ブリヂストン、フジフイルム、三菱電機、本田技研に運ぶ依頼がありました。

「ブリジストン」「フジフィルム」「三菱電器」「ホンダ」


伝票書いたやつ、まとめてみんな前に出ろw
怒られるぞ、発注した会社の人に。まあこういうの実際には目にしないと思うけどな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ

やっぱり、スーパーゼネコンと言われる現場の発注オーダーを見ると
ちゃんと株式会社○○、とか丁寧に書かれ一時一句間違いない。
これが正直、ゼネコンの規模がちいさくなっていくとややいい加減というか厳密さがなくなっていく気がする。

もちろん、それが施工の差に直接つながるわけではないけど、

歯の治療

歯の治療跡を見れば本人確認ができるそうだが、僕なんか一発だろうねw

ブリッヂは入ってるは、宝石が歯の台座になってるは。古今の保険外治療の見本市みたいになってる。(小さい頃はかかりつけのお医者さんが某大学の教授で、治療や矯正その他もろもろ、当時日本に入ったばかりの治療の見本市になってたのだw学会発表の写真に使われたこともあるとか)

その頃の感覚があるので、独身時代、「儲かってる頃」は歯の治療に数十万円かかるのは当たり前だと思ってた。保険治療じゃ長持ちしないって(^^)

最近はみんな保険治療で治してもらってる。
歯医者さんいわく、10年前と比べてもいい材料がいっぱい出てきたんで、ムリに保険外にしなくても、と・・・。というか、一生モノ、の残り時間が昔に比べて減った、というのもあるだろう。


もしも僕が冬山かどこかで死んでしまって、遺体が氷漬けとかになって未来に発見されたりしたら。。
きっと未来の法医学者たちは、この人は若い頃はものすごく贅沢な暮らしをしていたが、何らかの理由で落ちぶれて所得が減ったと推察される、とか勝手に思うんだろうなあwと

記録によれば、2008年にリーマンショックという不景気があり、この遺体もその犠牲となって没落した人物だろうか?とかw


死んだら火葬にしてもらえる状態で死のう。。痕跡残らないようにw

2017年3月15日水曜日

再度、ヒンデンブルクオーメンについて(祈るNY暴落日記)

先日、ヒンデンブルクオーメンが出た、と言うお話を掲示板で雪だるまさんがされていたので、少し書いておきます。

ヒンデンブルクオーメン、とはNY市場の株価が急落する予兆、テクニカルサインです。
ヒンデンブルクオーメン、の通り名のほうが世界的に有名ですが、僕らのように古くからのチャート信者(本家バブルの頃からのチャーチスト、テクニシャン)にとっては「サドベリの弱気サイン」(サドベリーブルアンドベアーとかいうらしい)として知られます。

ああ、サドべりの弱気ね、というと通っぽく見られるかもしれません(ウソです)

諸説あるのですが、とある物理学者(ジムさんとかミカさんとか。)が考えついたとか言われていますが本当のところは定かではないようです。都市伝説っぽく言われるのは出自がよくわからんところにもあるんですな。

日興の吉野さん(テクニカルアナリストの偉い人)、大和の木野内さん(テクニカルアナリスト)が紹介して話題になることが多い気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヒンデンブルグとはナチスドイツの誇った大型飛行船。


1937年にニュージャージー州に着陸時、静電気からの発火と見られる火が水素に燃え移り爆発炎上、大惨事となった。(なんでヘリウム使ってなかったかというと、ナチスが経済制裁でヘリウムが禁輸されていたからとか)

またオーメン、とは映画の題名ではなく「悪い予兆」とかいう感じでしょうか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実はヒンデンブルクオーメン、ややとらえ方が違うようで諸説もあるようなのですが、ネットなどでの多数決を勘案すると条件はこんな感じ

1 NY市場全銘柄のうち、52週高値銘柄、及び52週安値銘柄がそれぞれ全銘柄の2.2%を超える。
(2.8%がもともとの基準だったと言う人もいます。ただ2.2%という方がうまく説明できるようです)

2 いわゆるマクラレンオシレーターがマイナス

3 NYSE指数が10週前(50日とする人もいます)を上回っている。移動平均を用いる人もいますし単純に50日前の終値を取る人もいます。

4 52週高値銘柄総数が52週安値銘柄の2倍を超えない

これらの条件が同一日にみたされるのを「ヒンデンブルグ・オーメン」が出た、と言います。
個人ではいちいち調べるのも面倒なのですが、ネット証券の一部情報提供サイトとかでは「ヒンデンブルグ・オーメンが出た」と情報提供するさいとなんかもあるみたいですね。


ヒンデンブルクオーメンの「有効期限」はサイン示現後30営業日。またその間にオシレーターがプラスになると効力が失われるとも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、様々なチャートの多くと同様「科学的根拠」はやや乏しい。
ぼくなりにかんがえると一定期間の上昇が続いて、人々の気持ちがつよ気に傾いてしまっている、
にも関わらず安値銘柄が一定数以上現れるのは株の需給として、供給が上回る兆しである、そんな感じかな。

絶対下がると言うわけではありませんが、過去の急落局面のおおくでこのサインが出てたのもまた事実。
最近では2013年5月の日経平均1100円安の前の4月にヒンデンブルグ・オーメンがでてて、日本を巻き込んで世界的な下落を起こしやがったことが思い出されますかね(^^)

(2013年4月15日にヒンデンブルグ・オーメンが示現。5月23日に東京市場の日経225は1143円安。一日の値動きは実に1400円、当日の出来高及び売買代金は当時の東証の最高記録。20年に一度と言われた値動きになった)

まああと30日ほど要注意の日が続くというわけです。ワクワク(新天地はいま結構NYショートしてますw)

2017年3月14日火曜日

シガラミ、ザックス、テイン

車にはサスペンションという装置が必ずついています。
衝撃緩衝装置ともいいます。

車はサスペンション(サス)でタイヤを「動かす」ことで乗り心地を確保し、安定性を高め、スピードを出す事ができるのです。


これはわかりやすくするためにラジコンカーのフロントサスペンションの写真。
上下のサスペンションアームがタイヤ(とそれがくっつくハブ)とシャーシをくっつけています。
そしてこのサスペンションに「オイルダンパー」とコイルバネがついているのがわかるでしょうか?

オイルダンパー、コイルスプリングはこんな感じ
実車もラジコンもこんな構造になっています。

コイルバネはわかりやすい。押したら伸びてタイヤを戻す。では「オイルダンパー」はどういう構造になっているのか?
コイルスプリングは縮むと押し返します。
これに対してオイルダンパーは縮むときもオイルが抵抗になって縮むのを抑えようとしますし、伸びるときもオイルが抵抗になって伸びるのを抑えようとします。

コイルバネだけだと、サスペンションが上下動した後、車はバネの伸び縮みでボヨンボヨン跳ねてしまいます。しかしオイルダンパーが伸び側の作動を制限することで、揺れが収まるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、このダンパー、国産自動車メーカーは永らくショーワ等の国内メーカー製の部品を使ってきました。
一方で、ビルシュタイン、とかザックス、あるいはバイク乗りならオーリンズとかいうメーカーの名前を聞いたことがあるでしょうか?
これらのメーカーのダンパーは国産に比べると高い製品が多く、例えばスバルのスペシャルモデルなんかは「ビルシュタイン」採用、というのがウリ文句になっています。
それだけ高性能というわけ。

一方で多くの国産車がショーワやKYBを使ってきました。
そこには系列的シガラミとか、いっぺんに数を調達できる、共同開発に乗ってもらいやすい(地政学的に)などの利点もあったわけです。

しかし、数年前から流れが変わってきています。

「ザックス」を標準採用する動きです。
今、話題のトヨタのC-HR
これ、開発主査がニュルンベルクリンクで乗り込んだ、というように走りにも力をいれた車。
この車が採用したのがザックス。乗り心地を良くするため、コーナーリング性能をあげるため。

C-HRは車台をプリウスなどと同じものから造っているのですが、ザックスの分、プリウスよりも乗り心地良いんじゃないか?と評されているのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、同じトヨタ、86(スバルBRZも)が去年大きなマイナーチェンジを行いました。
この時某国産メーカーはダンパーを大幅改良して納入。
もともと評判は良い方でしたが、更に良くなった(乗り心地も良くなった)と高評価でした。
しかし、それでもスバルとトヨタが一番上のモデルに設定したのは「ザックス」。
以前まで販売店オプション設定だったダンパーを上級グレード等の標準装備としたのです。

国産メーカーには悪いけど「現状ではザックスのほうが上」という冷酷な宣言とも思いますね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんななか、昨日、テインがストップ高。
テインというのはOEMやアフターマーケットにおける自社ブランド製品を中心に高性能ダンパーなどを手がける会社。
やや「走り屋」とかネガティブなめで見られがちなアフターマーケットですが、テインの場合は他社のサスより防錆にコストをかけるなど、乗り心地や走りに加えて安全性とか高級感とかにもこだわって成長してきました。

自動車は電動化することによってコモデティ化が進むと思っていました。
部品さえかき集めれば誰でも作れると。

しかしながら考えを変えました。「作れる会社が限られる高級製品もある」
官能性をささえる部品は「作れる会社は限られる」

逆に言えば「足らない」会社は淘汰されていく。

テインのストップ高は、むしろ多くの日本製のサスメーカーへの注意喚起に思えてならん。

2017年3月10日金曜日

第二次朝鮮戦争になったら建設株???

戦争になったら短期間で決着つくと思う。韓国でも復興特需が。。。(真面目な話です。)

SBIでは手数料高いけど、韓国株買える。
戦争になって暴落して、チャンスが有るなら韓国の建設株買ってみたい(マジです)

一応口座開いてあるので研究中。
何建設がいいのかな。。。。

あと、九州の方の工場に朝鮮特需がある可能性。
この辺も有事に備えてリサーチしておこう。

役に立たないとは思うがすべからく準備しておくのが投機家だ。

2017年3月9日木曜日

NYダウは最高値更新から5日連続安。原油はキツイ下げ。歴史的な下げに入った可能性あり、です。

ダウ69ドルの下げ。

キャタピラー、シェブロン、エクソンが今日の悪者、かな。
つまりインフラ整備期待バブルの終了と、原油安が今日の下げ要因と言えるでしょう。

個人的にはやっとリーマンショックの高値まで戻って上値抵抗にあうシスコ、先週週足上髭のアメックス、この辺が下げトレンドに転じることがNYダウ天井の決定打になるのかなと。

またNYのダウは極めて小幅な値動きが続くけど、これで5日連続のマイナス。
この半年では5日安ってのはなかったんじゃないかなあ???
長く上昇トレンドが続いた株が、3日連続で下げるなら相場はなにかおかしいんだ、ってのはギャンの言うところでもあります。

NYダウ一年分チャート
 
雷は聞こえるし、ポツポツ雨も当たってきたか?そんなところかと。
100%絶対はないけどね(^^)
 


また、よく指摘される通り、原油が再び弱い感じなのも下げ材料です。
今日は原油急落と言っていいでしょう。5.55%もの下げ。OPECの協調減産で高い価格レンジを維持してきたけどこれでレンジ下限を破るかも、な下げでした。かなり注目されますね。
WTIの50ドルは心理的にもマジノ線と言えるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ショートしろとまではいいません。
ただあまりにも危険な匂いはします。

これでも強気で行く?僕は知らんけどね。

(新天地は基本売り屋です。いつもウリウリ言ってるというのは否定しませんw
ただし、偶にピンポイントで大きな下落で儲けて帰ってきます。お前は空売りだけは上手い、と褒められたこともあります。買うのが下手だってことでもありますがw)

投資は自己責任で・・・。このブログは積極的に売買を推奨するものではありません。

当たった後褒めてもらって自己陶酔に浸るためのブログです。為念。

2017年3月7日火曜日

現役最古の軍艦?インドのヴィラート引退。

現役としては「世界最古」とも言われるインドの空母ヴィラートが退役。(旧ハーミス)


「彼女」は空母としてはもちろん世界最古。おそらくまともに動いていた軍艦すべての中でも世界最古級です。

もともとはイギリスで作られた空母で、ハーミーズと言いました。
なんと起工は1944年。そう、第二次世界大戦の最中という古参の軍艦なのです。
彼女は本来、最古参になるどころか、進水前にスクラップになるかもわからない船でした。
しかしいろいろな要素が彼女の数奇な人生をつくっていくことになります。


イギリスは日本との海戦や日米が繰り広げた空母戦(真珠湾の奇襲や、ミッドウェー海戦、その後のアメリカ軍の圧倒的な勝利など)の戦訓から、空母の建造を進めます。
なんどか書きましたが、大和クラスの大型戦艦でさえ主砲の射程は50キロ。しかし飛行機なら
数百キロ遠くから攻撃できる。時代は戦艦ではなくなっていたのです。

そこで生まれたのが「ハーミーズ」を含む「セントー級」空母建造計画でした。
全長は200m、排水量は3万トン弱と現代の基準から言えばいわゆる「軽空母」に属する船ですが、これを8隻作ることでイギリス海軍の航空戦力を維持しようというわけです。

しかし。欧州の戦局は英米有利に進みます。もはや「イギリスに空母は必要ないんじゃないか?」
と思われる中でセントー級ハーミスの建造が1944年に始まるのです。
結局イギリスはセントー級8隻の計画を大幅縮小することに決めます。

まず4隻の建造がキャンセル。そして終戦。ハーミーズも終戦と同時に建造が一時ストップしてしまいます。建造が始まった船台の上で長らく晒されていました。あるいはこのままスクラップになっていたかもしれません。

が、1953年、造船台においておいてもじゃまになる、ということで船体部分の建造が進められ「進水」。その後も遅々として建造は進みませんでしたが東西冷戦などもあり1959年ようやく就役するのです。実に建造開始から15年という異例の長さとなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、もともとプロペラ機の時代に設計された船。時代はジェット機に変わっていたのですが、ジェット機を運用するためには船が小さく、またアメリカのように「蒸気カタパルト」の技術を持たないイギリスにとってはまともな戦力としてはあまり期待できない、そんな船でした。イギリスは当初の固定翼機の空母としての使用ではなく、ヘリコプターなどと組み合わせて強襲揚陸艇としてハーミーズを運用します。高いお金をかけて作ったのに実力は発揮されない。
無用の長物になるのか?


しかしハーミースの一生を大きく永らえさせる飛行機が登場します。
「垂直、短距離離着陸機」ハリアーです。

イギリスとしてはこれを艦載機として使用しない手はありません。
ハリアーはエンジンを下向きに可変させて噴射することで垂直に上昇できます。
しかしそれでは効率が悪い。燃料消費が多すぎるし積載量もへる。
垂直離陸ではなく短距離離陸にすればどうか?
そこでハリアーのエンジンを斜め下、後方に向けて噴射、そして船の先端に「スキージャンプ」と呼ばれる「坂、ジャンプ台」をとりつけることで 200メートルと短い全長のハーミーズでもハリアーが離陸できるようにしたのです。(着艦するときはストンと垂直に着艦できる)

これによってハーミスは軽空母として蘇りました。有用な防空力、攻撃力を保つことが出来る、と。イギリスはその後ハリアー運用に特化した「インビンシブル」クラスの軽空母の建造に着手。ハーミスはインビンシブルクラスの就役をまって81年にも引退することになる。

はずでした。

ここでさらに彼女の寿命を延ばす事態が発生します。

そう、80年台から始まったフォークランド(マルビナス)をめぐるイギリスとアルゼンチンとの緊張激化、そしていわゆるフォークランド紛争の発生です。

イギリス軍は就役したばかりの軽空母インビンシブル、そして引退するはずだったハーミーズにシーハリアーを搭載して戦地に向かわせます。
ハーミーズはイギリス艦隊の旗艦となる栄誉に浴します。

イギリス軍がハーミースとインビンシブルに乗せていったハリアーは総計で28機だったと言われています。
初の実戦投入となったハリアーは、アルゼンチン空軍と対戦すると空対空戦闘では23機を撃墜、一方で空対空戦闘による被撃墜はゼロ。「黒死病」とまで恐れられる一方的な戦果をあげたのです。フォークランド紛争でイギリスが勝つことが出来た大きなファクターとなったのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、ハリアー搭載軽空母は注目を集めます。
ハーミーズはインドに売られ、インドはハリアーも購入。インドの艦隊防空の主戦力として21世紀まで生き延びます。
そして2017年の今年まで生き延びてきたというわけです。

さすがにこんな長寿命の軍艦はもう現れないかもしれないですね。
おばあちゃん、お疲れ様でした。

2017年3月4日土曜日

やばい、矢場い、bad、good.

どっかの学校で「ヤバイ」を使わないように指導がはいったそうな。

ヤバイ、ということばどういう意味で使うだろうか???

本来は、危険、たかまずい、と言う意味で使われる「ヤバイ」だが、最近では「良い」と言う意味でも使われる。おそらくだが、アメリカの黒人のスラングである「bad」が良い、とても良いという風に使われるんに影響されたのかもね。
あるいはヤバイくらい素晴らしい、の「くらいすばらしい」が省略されて「ヤバイ」がいいふうに使われるようになったのかも。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この前ラジオで言ってたのですが、(諸説はあるそうな)ヤバイ、と言うのは江戸時代からある言葉。「矢場い」という言葉なのだそうな。

江戸時代には「矢場」という施設がありました。
もともとは寺社に許されたお金稼ぎの手段(賭場に通じるな)で、店が提供する弓を10本いくらかで買い、それを的に当てると景品などがもらえる仕組み。

最初はそういう単純な遊戯施設だったんだが、次第に酒を提供したり、女の人が侍るようになり、春を売るようになっていく。
矢場の女はそういう人だから、転じて「矢場い」という言い回しが出来ていっぱんに危険な状態、まずい状態をさす形容詞として「やばい」が広まり、ここ10数年でその意味が変わっていった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いみが変わって真反対になるケースってのはなくはない。

「なかなか」という言葉は現代では「良い」いみで使われるが、古語に於いては「中途半端」として使われた。時代とともに意味が変わっていくというのはなくはない話だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただし、言葉にはやはり「下品」なものも存在する。つかわなければ良いというのは確かだが、子供の頃に覚えた言葉が口をつくことは多かろう。
その子の未来を考えるならば、「禁止する」ってのも正しい教育なのかもね。

2017年3月3日金曜日

NYの日足。これでまだ上がってくんなら、そりゃ市場が間違ってるんだwショートした僕は悪くないw

さてNYは連日驚異的なスピードであげて、最高値を更新してきました。
で、今日はキャタピラーが利食い売りに押されて(去年の年初に底うってから、50%は上昇したところだから)さげたこともあって、100ドルほどの下げに転じてます。

NYの日足

史上最高値圏で、窓を明けて陽線を立てました。そして今日はその窓を開けた高値圏で同じような値幅の陰線。これ、相場の危険信号の一つでしょう
2日分の足を合成して見れば
こういう足を書いたのと同じことになるからです。
窓を明けて(しかも史上最高値付近で)この足が出たら嫌ですね。

もちろん、まだ数日は最高値を更新する可能性もあると思っています。
例えば明日からもみ合いが続いた後のこういう展開

上か??と見せかけてショートカバーだったのねっていうやつ。
こういう陽線が立ったら、完全に売り場かと・・・。

とにかくNYが注目すべき場所にいるのだと売り屋は思っています。
ひょっとすると売りの急所であると。。。

指数を売るか、先行して下げを手動するだろう株。
こういうところを狙って空売りしたいですね

2017年3月2日木曜日

さてフルスイングで空売りするよー

オオカミがきたのコーナー

今度こそ天井だろ!!!!
と思い込みまずは富士通ゼネラルあたりかと。

NYもベア投信でもかうか。
あと225先物ショートで。。

ウリウリウリ

あがったらまーけっとがまちがっとる
僕は悪くない。

2017年3月1日水曜日

黄金期か徒花か。今年の東京モーターショーは日本車は発売前提のスポーツモデルが揃い踏み?

2017年は東京モーターショーがあります。ちらほら聞こえてくる噂によれば、今年はスポーツモデル、それもプロトタイプではなく市販を前提としたかなり現実味の高いモデルが顔を揃えそうです。

トヨタは、BMWと共同開発となる「スープラ」の発売前提モデルを発表か。
(写真はヨーロッパで撮影された新型スープラ開発モデルと言われる偽装された車。一部ではBMWとの合同テストも行われたという)

さらにこのモデルや86の下のモデルとなる車で、前回の東京モーターショーで発表されたS-FRのこれまた発売バージョンが発表されるとも。
トヨタは86でスポーツモデルを復活させ、その上に「スープラ」、下に「S-FR(仮称)」を並べることで上中下とスポーツモデルをラインナップさせる。
北米である程度販売が見込めるスープラはともかく、なかなか数が出なくて、安価(少なくとも86よりかなり安くないと辻褄合わん)S-FR。しかもトヨタは現在そのクラスの後輪駆動システムをもっていない中でわざわざこの車を造ってくるというのはトヨタのモリゾー社長の心意気そのものかもしれないね。
噂ではデザインをある程度変えた上で17年度中にも発売の可能性ありと。
FRはいいけど、ロードスターや86ではまだ高い、というところに焦点を当ててきているといえるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホンダはNSXを発売したわけですが御存知の通り2300万円のプライスタグ。おいそれと買える車ではありません。またS660は事実上国内専売モデル。海外では事実上「スポーツモデルを売ってない」ともいえますね。シビックタイプRもありますがFFモデル。スポーツカーなら後輪も駆動しないとね、と
そこで噂されるのが「ベイビーNSX」とも「S2000」ともいわれるミッドシップ?の後輪駆動モデル。
シビックタイプRで使われるホンダ自慢の2000ccのターボエンジンを初代NSXのように横置きミッドシップに搭載した2シーターモデル。価格的にも初代NSXの800万円もしくはその少し下くらいになるんでは?とも言われます。本当に発売されるなら、僕は欲しいですねえ。。。株で儲けないとw
300馬力出てミッドシップモデルとくれば、初代NSXとスペック的には似ていることになりますが。。
当時よりエンジン性能もタイヤ性能とかサスペンション性能が上がっているのでその上を実現することも可能でしょう。
3D画像はホンダがアメリカの特許庁に提出したレンダリング。次期「S2000」と噂が流れる由来になった画像の一つです。
またホンダは昨年一部の国で「ZSX」の商標を押さえた事が知られています。
Nを90度回転させると「Z」になるということで、NSXと連想しやすい3文字。
ひょっとすると新型は「ZSX」という名前を持つのかもしれません。

またあくまで希望的観測ですが、S660の横幅を拡大し、(S660は比較的簡単に外側パネルを交換できる構造になっており、もともと横幅拡大をしやすく設計されていると言われる。極端な話、サスペンションアームを長くしてタイヤを交換、あとはボディ外板を交換するだけで実現されるとも。)あたらしい1000ccターボエンジンを搭載した「S1000」を発表するんじゃないかなあ??ともいわれています。
個人的には可能性は低いと思うけれど。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱自動車に聞こえてくるのは、「GTO」復活の噂。
日産の子会社になったことで日産のプラットフォーム、「フェアレディZ」の車台を使ってイメージモデルともなる2シーターもしくは2+2のクーペモデルを出すんじゃないか?という観測です。
これはゴーンが日産に入った時に、コストカットを徹底する一方で、フェアレディZやスカイラインクーペ、そして「GTR」の開発にゴーサインを出したことの連想でもあるようです。
イメージリーダーを作ること、また開発陣のモチベーションアップのためにもこういう車を作ったほうがいい、というのがゴーンの考え方だという話でしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日産は「シルビア後継」とも「スカイラインの再来」ともいわれるIDxの市販前提モデルを出すのでは?との噂。小型車の後輪駆動プラットフォームを持たない日産がこの手のスポーツモデルの新型を出すのはコスト的に厳しい(これはトヨタのS-FRも一緒)と思われるが、日産としてもスポーツモデルを持ちたいという意欲はあるわけで・・・。

写真は過去に発表されたコンセプトモデルIDx。ただしこのサイズだと衝突安全基準の達成が厳しいか???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その他「市販前提ではない」もののマツダは引き続きロータリーエンジン搭載モデルのコンセプトを出してくるでしょう。
スズキは、鈴木会長が発売に否定的なものの「次期型カプチーノ」を開発中との根強い期待あり。スバルからは次期型WRXの・ようなものが出るとかでないとか。

なんにせよ、今年の東京モーターショーにはたくさんのスポーツモデルが登場することは間違いありません。リーマンショックから8年経ってようやく此処まで戻ってこれたともいえます。
一方で1989年、日本車最高のビンテージイヤーがバブル崩壊の徒花になってしまったように、このモーターショーこそ世界経済の頂点の徒花かもしれんけどね。

競馬の世界では歴史的名馬の誕生が不況を呼ぶという格言があります。長い好景気に支えられていい馬が出来る頃に景気が悪くなるという事なんでしょうね。
スポーツカーが出来るにも、会社の方針が固まり、開発期間を経てよにでてくる頃には好景気は終わりに近づいている、そんな空気を感じないでもありません。