2018年12月12日水曜日

日立造船。これはひどいけど、実は最後の下げは「美味しい」

日立造船月足。クリックで拡大
 
10年という長い年月(株式併合など修正済み)で長らく400円のレンジ下限を保ってきました。しかしそれをついに割れてしまった、と
 
基本、新天地は「高値をつけたあと、二番天井や三番天井からの下げを狙う」ことを空売りの基本戦略にしています。
 
しかしもう一個、得意技があります。それは超低位株の「最後の下げを狙う」というややハイリスクながら、リターンが大きくなる空売りです。セリングクライマックスみたいにみんなが投げてくるところを売ろうというわけです。
 
最近のJDIの下げのように、低位株だと「株数がはれる」。加えて値段は小さいけど「変化率は大きい」。上手く下げを捉えられれば大きな利益を得られるのです。もちろんちょっと戻ると怪我する可能性もありますがw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日立造船のように10年も破られなかったレンジ下限を下抜けるとき、400円を割っていくとき、本来なら黙って1000株でも5000株でも10000株でも黙って空売りすべきだったのです。
 
あーあ。。。もう350円まで来ちゃった。
 
でも戻るところもあるでしょう。5円でも10円でも戻ったところは売りを試す価値があると僕は思っています。こういう株に対して月足もちゃんと見ておくべきなんですよね。
 
どっかでセリングクライマックスがあるんと違うかな。だいぶ勢いついてきた。

2018年12月5日水曜日

アンリツは押し目買いかなあ、シャープはまだ下がりそう。

新天地にて、を相互リンクして頂いてる先に三郎さんという有名な方がいます。

昔イギリスでファンドマネージャーをされてた頃は安定した成績を収めるとともに、日産とか複数の銘柄をストップ高させるなどw影響力の大きな人でした。

最近では小野薬をかなり安いときから推奨してたりして話題に。
大昔、掲示板で知り合った縁で相互リンクさせてもらってます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三郎さんが去年から言ってた銘柄の一つがアンリツ。PERは割高だけどここはいわゆる「5G」の本命ということで人気化しています。

これ先月くらいまで僕は空売りしてたんだけどもう下がらなくなってきた。
今日だってまだまだしっかり。これ数日くらい下がるかもだけど、その下がったところは買ってみる価値がありそうです。

来年、「値がさ株」になるのを祈って安いところをボーナスで買うのはありかもです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シャープは完全に「切れちゃった」
安値模索と見ます。ちょっとだけだけど空売りしてみた。

下がりますように。

2018年12月2日日曜日

家庭用プリンタビジネスと替刃カミソリとそのビジネスの終焉。

昨日、セイコーエプソンがSMBC日興証券のアナリストの目標株価大幅引き下げを食らって売られました(2200円⇛1600円)。この一因になったと思うのがプリンター部門の不調です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて話はすごく飛びます

この話は以前リンク先の三郎さんが書いていたものですが、「替え刃カミソリ」のビジネスモデルです。ジレットの創業者ジレットさんは「消耗品こそ売れ続ける」と考えます。しかもただしょうもうひんなだけでは 他社もついづいしてくる。

そこで考えたのが持ち手と消耗品である薄い替刃がついた商品を比較的安価(赤字でもいい)で発売し、代わりに替刃をたくさん売って儲けるという戦略です。これはビジネスの勉強の世界では「替刃モデル」というそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界にはこのモデルを真似たビジネスがあります
携帯電話もそうでしょう。本体は安く変えますが通話料で元を取られる。
電動歯ブラシもそう。ゲーム機ビジネスもそう。ハードは赤字でもソフトが売れればライセンス料や自社ソフトの利益でもとが取れるのです。ネスレのコーヒーマシーンもそうですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エプソンもプリンターでこのビジネスモデルに乗っかかり、カラープリンタなどで大儲けしてきました。やすい株だったエプソンがこんなに高くなった一因と言えるでしょう。

しかしその大儲けのモデルが壊れつつあります。
いまプリンターは「大容量インク」モデルが売れ筋。消費者が印刷コストに敏感になってきて、インクの売上で利益を得るのが難しくなってきているのです。
セイコーエプソンの蹉跌にはそんな背景もあるでしょうね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年11月29日木曜日

初代プレステ。僕の家に初めて来たテレビゲーム。

新天地の親はファミコンを買ってくれませんでした。
遊びまくるに決まってるという読みです。正解。

かわりに父は仕事でPC9801を使っていました。新天地はマリオを遊ぶ代わりに信長の野望で遊ぶ子供になっていきますw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なので新天地の家には大学生になるまで「テレビゲーム」というものがありませんでした。ゲームの株を買うことは何回かあったけどw・・・。

そして僕が大学生になった頃、姉が某音響メーカーに就職します。姉は働きながら弁理士試験の勉強もしてたので超過酷な生活を送っていました。がそんな新人の姉の帰りが更に遅くなるお仕事が発生します。
今度出るゲーム機のお仕事が回ってきたと。

発売まえの一番忙しいときは、毎日毎日12時帰りだったですね。社会人とはこんなに過酷なものかとガクブル。姉はその後試験勉強してから寝てましたから尋常じゃなかった。よく過労死しなかったな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何回も書いた話だけど。

12月3日。姉が満面の笑みで家に早く帰ってきた。「見てみてみて!!!」
プレステの紙袋に入った箱。「保証書の入ってない」プレステ。それは売るために作られたのではないプレステでした。

「「仕事頑張ってくれてありがとう」っていってSCEの偉い人がくれた」

リッジレーサーとミストも一緒に梱包されてました。
その日は夜中まで二人でリッジレーサー走らせました。「CD-ROMの裏が黒いのは・・・」って自分が関与した仕事などなどいろんな話をしながら。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
復刻版のプレステが発売されます。
20年前の興奮を思い出して買ってみようかな。リッジレーサー、懐かしいなあ。

2018年11月25日日曜日

住友商事、空売りできる気がしてきた。

新天地は何度か書きましたが、不毛地帯という小説を見て、総合商社か相場を張る人かに進みたいと考えました。結果株のディーラーになるのですが。。。

いまでも携帯電話の番号の一部をある商社にするほど気に入っていますw。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて2000年位に潰れかけた総合商社ですが、資源価格の高騰、貴金属価格の高騰などで息を吹き返したのはご存知と通りです。

で、最近新聞報道などによると、石油が安いんだとか。当然関連商社も売られるでしょうね。
総合商社、伊藤忠、双日、三井物産、三菱商事、住友商事などなど見てみると住友商事が一番売りのタイミングかな?と。

チャート。住友商事週足

トリプルトップをつけた後、ネックラインを割り込み、少し反発してみたものの再び下落トレンドに入りつつあるようにも見えます。
とりあえず月曜日は寄り付きから空売りしてみます。

というかチャーチストなら先週すでに仕掛けてないと。ちょっと出遅れてるよね。

新天地の「原油が下がったんだから商社沈め!!!が当たるかどうか。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。

2018年11月24日土曜日

ヤフー。掲示板テクストリーム、株などを除いて廃止。しかしすでに荒廃

ヤフーはいろんな赤字事業を廃止しています。
掲示板のテキストリームも赤字だったようで、まだ書き込みが活発な株式などを除いて廃止される事になりました。

かろうじて存続がきまった株の掲示板ですが、最近掲示板には投資顧問業者やアフェリエイト狙いのページのリンクを書き込んだり、その書き込んだスレッドに思わせぶりに(その情報有益ですね、とか)書き込んでクリックを誘発する書き込みで溢れています。

おそらく、今まではそれなりに人員を割いて書き込みを消したり、何らかの方法でブロックしたりしてたと思われます。
しかし、テキストリーム事業の縮小を発表下辺りから、とにかくこの手の迷惑書き込みが増えました。人員をリストラして対応できないのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まさにヤフーが株価下落してるのはこんなところかもしれません。

逆に、ヤフーはこういったサービスを切り落として、違う会社に脱皮しようとしている、と好意的に捉えることができるのかもしれません。面白いところです。
(光通信が携帯電話販売から脱皮したように、です)

掲示板がおそらく使えなくなることはとにかく残念です。
しかし株価という面ではひょっとすると面白くなるのかも、とか思いながら見ています。

まあ株を買うなら250円とかまでさがったところで行きたいですかね。

2018年11月22日木曜日

ゴーン逮捕は「クーデター?」。フランス政府のルノー日産合併思惑と議決権行使制限(会社法308条1項)

1999年、経営不振というか倒産の危機に陥った日産はフランスルノーとの資本提携に踏み切ります。ルノーは現在日産の株43.4%を保有する大株主。とても大きな議決権を持っています

一方、日産はルノーの株式の15%を保有しています。これも経営権を握るほどではないですが大きな株数ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて救済から20年弱。潰れかけた日産はリストラで利益を取り戻しました。一方、ルノーは往時の輝きを失い、むしろ「日産に頼らざるを得ない」状況にあります。将来的な電動化でも日産に遅れを取っているのです。

さらに、ルノーの株数の15%を保有するのがフランス政府。フランス政府は昨年、5%分のルノー株を1500億円で売却し、ルノーの支配権が弱まりました。しかし今年動きが2つありました。
まず、日産がゴーンを通じて「フランス政府が保有するルノー株」の買い取りを提案(観測です)。しかしこれは不調に終わった模様。逆にフランス政府は3年以上保有している株式については議決権が2倍になるというわけのわからない法律を成立させます。相対的に議決権が増えたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フランス政府は議決権諸々を合わせてルノーの実質的な保有者とも言えるでしょう。そのルノーは日産についての議決権を40%握ってる。数や政治力にもとずいて「日産と合併してルノーの価値を上げる」と考えてもおかしくない。フランス政府のめいを受けてそれを可能立場にいるのがゴーンだった、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて日産がルノーの支配を防ぐには方法があります。「ルノーの株を25%以上保有する」ことなのです。

どういうことか?日本の会社法の308条1項にはこんな項目があります
株主(株式会社がその総株主の議決権の四分の一以上を有することその他の事由を通じて株式会社がその経営を実質的に支配することが可能な関係にあるものとして法務省令で定める株主を除く。)は、株主総会において、その有する株式一株につき一個の議決権を有する。ただし、単元株式数を定款で定めている場合には、一単元の株式につき一個の議決権を有する。

例えば、A社の株を持っているB社という会社があるとします。もしもB社がA社の支配下にある会社だとすると、議決においてA社の経営陣の意見が反映されてしまうことになりますよね。こうなるとA社の株を持っている他の株主には不利益です。なのでそういう支配下にある会社が持つA社の議決権を制限してしまおうというわけ。そして具体的に、A社がB社の株を四分の一以上、すなわち25%以上保有するときは、たとえB社がA社の株を持っていてもその議決権を制限します、というのがこの法律。(真面目にここはよくテストに出ます)

日産はこれを逆手に取ればいいのです。数千億円かかりますが、ルノーの株をあと10%買い足し。すれば日産はルノーの株を25%保有するのでルノーが日産に対して持つ議決権が日本の会社法で制限されることになります。フランス政府がルノーを支配して「合併!!」っていっても議決権が制限されればこれはできなくなる。

実際に25%保有することがなくても「いざとなったら株かって議決権制限するよ」っていうだけでも大きな武器になりうるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そしてこれの障害になりうるのがゴーンだったのでは?
というのが新天地の勝手な観測。ゴーンがいれば多額のお金でルノーの株を買うことを反対するに決まってますからね。この手が使えなくなる。最悪ルノーと合併されてしまう。
これを防ぐためのクーデター。クーデターさえ遂行すれば、この手を使って日産は独立を守れる算段がある、というわけです。

2018年11月10日土曜日

利益率が高い銘柄はえてして空売り銘柄になりうる。

新天地は様々な銘柄を空売りします。売り屋だからです。

東海カーボンとかSUBARUをから売りしたり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東海カーボンの掲示板には「PER樹」と言われるPER原理主義者がいますし、SUBARUの掲示板には「配当利回り原理主義者」がいます。

じゃあ売りが間違いなのか?そうは思いません。むしろ「利益がある、配当がある」から高く値段が維持され、そしてその利益や配当が続かなければ売られると考えるのです。
優良企業は優良で無くなるとき最も下げ余地が大きいと言えるでしょうね。決して安心安全ではないんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、そういう銘柄で「最近急速に利益を拡大している銘柄」で「株価が急激に上がり」、なおかつその利益が今後維持できないんではないか?と考えられる銘柄こそ、売り屋に最も狙われる銘柄なのです。

なぜならそういう銘柄は利益を頼りに買われています。純資産とかより時価総額が大きい。
利益を失うことで売られる余地が大きいのです。

さらに急速に買われた銘柄はどっかで無理してます。フル操業であったり、工場を拡大したり。
そして無理が株価に反映される。

利益が維持できなくなるという理由は様々です
東海カーボンの場合は、電極の供給体制があまりに寡占されていて値上がりが激しかったこと。
逆に言えば少し供給が増えたり需要が減ったりしたら価格が急落すると思われます。
おそらく後発企業が雨後の筍のように出てくるんじゃないか?
資本市場とはそういうもんです。

SUBARUの場合は不祥事。そして経営見直しのために多くなお金とマンパワーが必要。
さらに信じられないことに経営陣がまったく?危機感を持っていない。
「たかがこれくらい」と思ってるフシがある。最も機関投資家が嫌うパターン。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
単に「大きな」利益の数字を見るのではなく、それが何によってもたらされているのか?
今後も続くのか?

売り屋の視点には大事なことだと思っています

2018年11月9日金曜日

ステラケミファ。韓国マニアなら取れてた下げ

ステラケミファという会社があります。
この会社、フッ化水素酸などの製造で有名。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日、一部報道で「日本政府が韓国に対する嫌がらせwとして半導体製造に使われるこれらの製品のあかんこくへの輸出に制限をかけた、というニュースが流れたのです


これ、すでに僕らのような韓国マニアは昨日の昼の段階で知ってました。
翻訳機を使えば、韓国語のニュースを読めますからね。
日本の一部マニア向けまとめニュースにも昨日の段階で出てた話。

これがレコードチャイナによって今日の朝日本語で流れたというわけ

ステラケミファ日足


そう、貸借銘柄では無いんですが、ハイパー売りなどを使えば空売りできる銘柄。
寄り付き売ってれば。。。

昨日のスバルを空売りしなかった件に引き続き、僕のバカw

韓国ウォッチは趣味ですが、趣味だって頭をひねればとても大きな手がかりになる。
そんな反省を込めて日中足を乗せておきます。

スバル、堕つ。

余談ですが、戦争をするとき、戦いに勝てる戦力の強さも大事ですが「補給」も大事です。
戦線を拡大しすぎると補給が追いつかず、結局全滅することも。
あるいは急拡大することで、指揮官が不足したり。。。

会社経営も一緒です。急に数をおいすぎると、管理が追いつかず思わぬ不具合を出したり質が低下したり。10年ほど前、トヨタが陥ったやつ。トヨタは一度生産数を抑えて足腰を見直す羽目になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてSUBARU(7270)です。
チャート

ちょっと解説
スバルは長らく低迷してきました。しかしトヨタと資本提携し、軽自動車の生産から撤退。さらにプラットフォームを共通化し経費を削減しながら、レガシーをほぼ北米専用とするなどアメリカ市場に注力。ハイブリッドや電動を当面諦め水平対向エンジンと4WDを」押し出してアメリカで大成功を収めたのです
株価も大幅上昇しました。

しかしここに来て「ツケが回ってきた」。不正検査問題に相次ぐリコール。
生産台数の急拡大に会社組織が追いついてなかったんだろうね。
トヨタは立て直せたけど、SUBARUは無理、と判断されたのが今のチャートだと思う。

ダブルトップを形成したときに出来たネックラインを明確に下抜け。
アメリカ株高で株価が戻ったときとか、空売りでイケルと思う。

最近僕がよく言う言葉だが「故郷に帰っていく」んだろう
っていうか昨日の寄り付き絶対に売るべきだったんだ。見逃した。僕のアホ。

2018年11月8日木曜日

東海カーボン、売り目線に変更なし

東海カーボンについて、中長期で故郷に帰るという考えには全く変更無いですね。
新高値をとることはほぼ無い、あったとしてもその近辺で下がると。

ガンガン上がったから買い方はいま超強気でしょうw相場なんてそんな物
でも実はまだ2000えんとりかえせていないんですよね。

指数も高いですし、「好決算」を材料に買い進めることもあるでしょう。

先輩の言葉を借りるなら「下がると思ってる株が買われたら喜べ」ってことになります。

2000円とか越えてくるなら、また売りを考えていけばいい。
1530円から2200円のレンジに入ったと考えればいい。いずれそのレンジを下に抜ける株というコンセプトに全く変更なし。

レンジの高いところで売ってけば(空売りです)いい、との考えです。

久々に食べ物!室町のチートという「肉バル」。

日本橋室町にある仏蘭西肉食堂CHEATというお店で夕ご飯。

奥さんのおごりでした\(^o^)/
ここ、お値段リーズナブルでお肉好きにはたまらんです

いろんなものを少しずつ食べれる盛り合わせあり、メインディッシュもおいしい!
ちょっと空いてる感じだったのですがこの美味しさこの値段ならもっと混んでていいはず。
まだ知る人ぞ知るお店、なのかなあ。

強力おすすめです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
室町界隈は老舗とか高級なお店、あるいはこのお店のように味とか考えたらとってもリーズナブルなお店とかが混在してます。実は食べるという意味ではなかなか深い、穴場的なスポットかも。

近くには「納豆そば」で言う名な利休庵もありますね。

NY大幅高も、状況は変わってないんだが。

選挙後は高い?のためか、アメリカ大幅高

トランプ大統領が民主党に協力を呼びかけたことも、議会との対立を嫌っていたマーケットに交換されたようだ。

ただし。、、
売りだと思ってる色眼鏡はあると思うが、金利高などインフレ懸念が引いたわけではない。
またおそらくマティスなど現実路線の閣僚の首を切っていくのも近い将来あるはず。
政策は返って先鋭化し、問題がまた起こりそうな気はするんだけどね。


方針としては戻りは売り。新高値とってきたらちょっと考え込む。
ただこの騒ぎ?がまだ続くのかちょっと見極めたいかな。儲けに行こうというより「損を出したくない」が本音。もっとクリアーになってからでも利益は得られると判断する。

 
 
24000から26300くらいのレンジ相場になってしまったのかねえ???
ちょっと残念。

2018年11月6日火曜日

グラフテックの株価ね

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/EAF?ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

グラフテックの株価。アル意味では先行指標であり、遅行指標であり。
面白いね

2018年11月4日日曜日

買いたい株が下がったら喜べよ、の話

これも先輩の話

先輩の横で取引してて、買った株にドカンと売りが来て、僕が「あっ」て言ったら、先輩が半笑いでこっち見ながら言った言葉。

「買ってる株にでっかい売り来たんだろ。おまえ、今日は上がると思って買ってるんだろ。じゃあ喜べよ」

「おれもその銘柄間違いじゃないと思うぞ。俺は今の売り買ったけど」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先輩は49000株買向かい(当時50単位買うと買った会社名が情報端末とかに流れるので、自己は49単位で買いに行く人も多かった)、きれいに売りさばくとこまで見せてくれた。

逆に言うと、どかっと売られたときに慌てないくらいの銘柄で売買しろと。
お前みたいに売られたよどうしようとか思ってたら勝てねーよと。

この考え方もものすごく影響を受けた。
勝負はザラバじゃなく、引け後に結構決まってるんだなあと

楽しい株と利益を狙う株。日銭を稼ぐ株と大きく稼ぐ株。

10年位前まで10年ほど自己売買というお仕事をしてました。まあものすごく稼ぐ人だったら今でもそのお仕事をしていたと思います。胃は痛いけど超絶楽しいお仕事だったからです。

いまは行政書士なんかしてます。察してくださいw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
師匠が、かなり優秀な方でした。

そんな師匠が僕に言ったことがあります。いくつか。

☆お前の商い見てると「楽しんでやってるだけにしか見えない」。もっと銘柄調べろ。自己は遊びじゃないんだ。

銘柄にこだわり過ぎだと言うんです。確かに銘柄探してくるのがうまいと思うときはあるけど、いちどその銘柄を初めたらそればっか。遊びじゃねーんだと。

☆楽しくなくても大きくぶれて出来高多い株あるだろ、と。そういう株をもっと食らいついて利益出せよ、と。そういう主力株で取れないやつは一般的には自己に向かない。
主力株やらない自己で生き残ってるのはよほど自分の武器がある人間だけ。もちろん武器を鍛えるのは大事だけど、お前はそれ以前の問題。

☆おまえは結局「大ぶり」すぎるんだよ。最終日が近づくと帳尻合わせようと大きく張るだろ。それじゃ単なる博打だよ続かない。

まあ最終的には続かなかったと言えるw。
師匠は細かく小銭を稼ぐのもお前には必要って言ってましたね。そのバックボーンの上でフルスイングするときは自信の絶対あるときだけにしろと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果、僕的には「売り屋」になった。銘柄探す時間が短いし、「どこまで下がるか」わかりやすい。
得意技を見つけたわけです。「ウリだけはうまいな」言われました。(買いは下手という話です)
これは人それぞれでしょう。

僕の知ってる人ではとにかく新興市場が得意な自己もいたし、半導体専門な人もいました。
あるいは仕手株ばっかりなおじさんとかw

大体、株やってる個人の方は「楽しんでやって」て「大ぶりしてる」人ばっかりだと思います。
それでプラマイぜろなら御の字でしょう。
でもたまには視点を変えてみては?
と思ったりもします。

携帯の料金を値下げするとやっぱり携帯部品メーカーには痛手。

新天地はソフトバンク空売りしてて、幸い携帯電話の引き下げはプラスに働きました。
一回買い戻して三度目の空売り。またなんか悪材料でないかな・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、料金引き下げのはなしが出ました。料金引き下げは単純にキャリアにマイナス材料だと思います。

あるいは、キャリアから工事を請け負うような会社にもマイナスかなあ。

そして当たり前ですが意外に影響受けるのが、携帯端末を作ってる会社と携帯端末に部品を供給してる部品会社でしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイフォンは書くキャリアに値引き販売とかさせて儲けてきました。その原資になってたのは「高い毎月の料金」だった面もあるわけです。このへんが削られると高い端末を今までのような頻度で買い替えさせる「エコシステム」は崩れていく。

結果、安い端末のシェアが高まる。あるいは端末買い替えのスパンは伸びる方向になるでしょう。
部品会社の業績にはボディブローのように効いてくるでしょうね。

2018年10月21日日曜日

おさらい。なんでアメリカ株が天井と考えているか。

くどいようですが、新天地はアメリカ株が下がると思ってます。
もちろん、アメリカが下がれば、日本を含めて世界的な株安になると思います。

理由はいくつかあります。というのも、今のアメリカの株高は、ある意味芸術的な綱渡り
の上で成り立っています。
さらにトランプ大統領はその狭い許容範囲の中、様々な政策を打ち、予想外の反応、反動にも対処しなければなりません。

ごく簡単に言えば、アメリカは景気拡大が続き過ぎてインフレになる恐れが高まっています。
去年大減税をやったのでなおさらです。
過度なインフレになるなると結局経済は収縮してしまうでしょう。
一方、インフレを防ぐには金利を上げるのが一番です。FRBはリーマンショックの対策で下げた金利を徐々に上げています。しかし、金利を上げすぎれば一株利益の減少をもたらし、やっぱり株は下がります。また債権利回りの上昇で株の魅力が相対的に減少すればやっぱり株価は下がる。

さらに付け加えると、金利高でドルがアメリカに回帰すれば、新興国の景気が急速に悪化する懸念があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この綱渡りの破綻がもうすぐ来るというのが僕の考え。
そしてこの綱渡りの間にものすごく儲けたのがいわゆるFAANGと呼ばれる会社です。
彼らは端的に言えば、ネットを使うことで多くの仕事をリアル経済から奪い多くの利益を世界からかすめ取りました。その分、株価も上昇。すでに将来の利益まで織り込んだ価格になっていると考えます。

あるいは日本で言えば、世界株投信みたいなソフトバンク、PS4関連事業でようやく生態系を構築できたソニーなんかも株高の背景はFAANGと同じような物と思います。
僕がソニーやソフトバンクを推してきた理由の一つでもあります。

すでにナスダックは天井を付けた可能性ありと思ってます。
次の戻りが売りのポイント。ナスダックそのものを売るか、あるいは同質性を重視してソフトバンクやソニーを売りに行こう。

それが今の僕のコンセプトになります。
他にもいろいろあるけど、今高い株を売りたいよねw


2018年10月17日水曜日

NY500ドル高。おそらくこれが最後の逃げ場。そして空売りの急所。

NYは好決算とかヘルスケアへの買いとかで大幅高。
ネットフリックスにしきんがむかうなどナスダックも急上昇となりました。


NYダウ日足。クリックで拡大。

おそらく、大天井、変則のダブルトップからの急落、そして買い戻しからの反発。
ギャンも書いてますが「空売りの急所」です。株持ってるんならここで売ってキャッシュポジションを作るところです。

何回かブログや掲示板にも書きました。「大天井を当てるのは楽しいけど、利益を追求するなら大天井を当てようと立ち回るより、大天井をつけたあとの(大天井に比べれば比較的)わかりやすい2番天井や3番天井を空売りすべきだ」

比較的わかりやすい。そしてギャンも書いてますが、ここを2番天井と考えて空売りするなら、この前の最高値を「ストップロス」に使えるのです。

高値更新するなら2番天井でもないし、大天井でも無いですからね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地にて、の見解としては今日新規に買いから入るのをとめておきます。

今日「買い戻す」というならとめませんが「500ドル高の可能性は十分わかってたでしょ」とだけ書いておきます。

下げの主役はPERが高い、理想買いされてきた銘柄だと思ってます。
アメリカのFANGとかFAANGとか言われる銘柄群です

グーグルとかアップルとかネットフリックスとか。
これらの銘柄は今まで小売などが担ってきたパート(役割)をネット回線を使って根こそぎ奪うことに成功しました。新しい形態です。それも世界から役割を奪ってきました。

があまりにも高くなりすぎた。低金利で余ったお金が少ない銘柄にリスクをとって集中したんですね。しかし金利上昇で「未来の成長」とお金のコストの見合いが取れなくなりつつある。

何ショックと名付けられるかはわからない。でもそういう下げがいよいよくると思っています。

この今日のブログはすごい価値があると思って書いています。
相場が強烈に下がる前に読んだ人には・・・。

2018年10月13日土曜日

NPC6255。今更太陽電池だし怖いところだけど、新高値とってきたら相場になりそう。(ポジショントークです)

NPC。

おっさんにしかわからない言葉ですが、普通NPCと言えば「ノンプレーヤーキャラクター」のこと。
ロールプレイングゲームでゲームを遊ぶ人間以外が操作するキャラクターの総称です。

わかりにくいかw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ当然(新天地にて、は株のブログです)、ここで扱うNPCはノンプレーヤーキャラクターじゃなくて社名。

もともと真空パッケージの会社なんですが、最近では太陽電池のメーカーですかね。。

とにかく、チャートがいい。


なんでこんなことが起こっているかと言うと、昨年、外国人と機関投資家の所有比率が9%だったのが1年で24%に拡大。この間の上昇は長期保有目的の腰の入った回だったことがわかります。

そして昨日の買いで450円どころの「高値の節目」を伺ってきました。

今まで、業績不調だったのが嘘のような回復ぶり。このままかいふくがつづくなら「大相場も」と思って買ってます。
値動き荒いので1000株だけでも「楽しめる」でしょうw

相場環境が悪いのだけが問題なんだけど。。。できれば押し目は買いたい。

450円カイ、となったらものすごく飛んでいく可能性を秘めた株です。
ただし難易度は高め。ふらされる値幅も大きい株です。

2018年10月10日水曜日

金利が上がると高PER銘柄から売られる

当たり前の話だし、説明すると長くなる。

いやそれを書くのがブログだろって?

とにかく、金利が上がると、まずPERの高いような銘柄から売られる。
これ、必須知識です。

新天地がナスダック100売ってるのもこれがおおきな理由の一つ。

いままで、FANGのような株が上がったのは金利が低かった為もあると言い換えられるかもしれんね。

金利上昇とネット関連の売り。
暴落が起こるとしたら、これがキーワードになると思う。

2018年10月9日火曜日

AIやロボが労働するなら、人間は何から収入を得るのか?人間が収入を得ないなら、AIは誰から収入を得るのか。

AI,ロボが人から仕事を奪うという。これはもう避けられないことなんだろう。

行政書士なんて100%AIに置き換えられるかもねw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてそこからが実は深い「資本主義的問題」が発生するわけだ。

先日、NHKでも爆笑問題、孫正義なんかで番組やってた。
マネーワールド。。このシリーズ、すごくおもしろいです。わかりやすく作ってある。



AIがロボットが人に変わって労働するなら、今まで労働者だった人は当然仕事を失う。
そして収入も失う。

じゃあ経済は回っていかなくなるよね、という矛盾。
AIやロボットを所有する人に富は集中する。しかし経済は回っていかなくなる。

今まで、資本主義は生産を拡大しながら、矛盾をかかえながらも労働者に富をある程度分配し曲がりなりにも回転して来た。
しかし、労働を奪うことで「経済は回らなくなるんじゃないか?」

という実に単純なパラドックスも発生する。
全力でAI競争に乗り出さなければいけないこともわかるが、我々は同時にAIが繁茂する世界において、「どうやってより多くの人間に富を「再分配するのか」」という今まで直面しなかった課題にむきあわなければならないだろう。というお話。



これは僕たち株の投資家にとっても他人事ではない。
AIの成長の行き着く先は実はひょっとするとEPSの極端な減少であるかもしれないのだ。
なんでそうなるのかっていう話。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NHKの番組面白かった。
NHKスペシャル マネー・ワールド~資本主義の未来~(2)仕事がなくなる!?
再放送は10月11日 朝2時34分

見てない方はぜひ録画して。
投資家なら絶対に頭に入れておくべき知識だと思います。

あ、再放送、マネー・ワールド~資本主義の未来~(1)お金が消える!?
も面白かった
同じく10月11日の午前1時45分から
こっちも録画しておいて(*^^*)


2018年10月5日金曜日

ナスダック、売屋はつられてしまう足なんです。暴落祈願じゃなかった注意報ということで。

ナスダック週足

木曜までのナスダックの週足です(クリックで拡大)。高値圏でのきれいな包足の陰線になっています。

日足で見ても
 
ストーンと落ちた感じ。まだトレンドは変わっていないようには思いますが、さりとて、これで金曜も大きく下がるようなら結構な値幅の調整、もしくはトレンドが大きく変わる可能性があります。
 
昨日は長め陰線が出ての出来高増加ですから、明確に(少なくとも昨日は)売り圧力が高まったと言えるでしょう。相場転換のきっかけとして米国債の利回り上昇も株価の下げをサポートするか。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ狼が来るぞー
 
のたぐいです。
しかしこのナスダックの売られ方は「そそる」売られ方(´・ω・`)。
先行してナスダックの金融株なんかも売られてきましたから、遅行してナスダック総合指数やナスダック100が調整してもいいんじゃないかな。
 
もしも今日NY、ナスダックが暴落したら、木曜の下げは「前震」だったと言うことになるでしょうね。
 
新天地は儲けるよりもこうゆう「予言」を当てたいw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当にお金を稼ぐなら、メイントレンドが明確に変わったのを確認して勝負すればいい。
 
あるいは数日続いた急落のリバウンドを取りに行くとか。
 
トレンドが変わるのを当てると「すげー」ですがコンスタントに儲けるのにはあんまり役には立たないw

今更ながら、キーワードは「イールドスプレッド」=アメリカ国債と米国株の利回りの差が株に売りを呼ぶ。

アメリカ株はナスダック、NYダウともに少し強めに下げました。


(NYダウ日足。クリックで拡大。サイドのアイランドリバース、上髭に続いての陰線。引けにかけて戻したものの、出来高がやや増えており、4日は売りがかなり優勢だったことが垣間見えます)


(こっちは米国国債10年の利回り。今年に入ってから利回りは上昇(債券価格は下落)。株にとっての警戒水準と言われてきた3%を超えた状態が続いてきましたが、今週ついに3.2%の水準に達しました)

株の下げの理由は明らかに金利上昇への警戒感。
これは銀行セクターが買われた一方でPERが高めの「成長銘柄」などが売られたこととも一致します。景気が良くなれば一株利益が上昇して株価が上がります。しかし景気が良くなれば金利も上昇するのでこの辺痛し痒しですな。

債権の金利(利回り)が上昇すれば、株の利回りとの競争で株の相対的な競争力が弱まります。すると株に売りが出る。株が下がるというわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
俗にイールドスプレッドといいます。ある商品と商品の間の利回りの差のことです。

今回ぼくらが話題にするのは株と国債の利回りの差(=スプレッド)ということになりますね。
いまのようにアメリカ国債の利回りが上昇すると、相対的にイールドスプレッドは株から見ると「悪化」(言い回しが難しいな)し株価について相対的な魅力が薄れます。
すると昨日みたいに株が売られるというわけです。

アメリカの国債で現在の状況が続くようだとイールドスプレッドの観点からアメリカ株(おそらくつられて日本株も)に売り圧力が来る。そう思っておけばまあよろしいかと。


金利、注目すべき局面が続くと思います。

2018年10月4日木曜日

ナスダック日足。ダブルトップか新高値を取るのか?



ナスダック日足。クリックで拡大。

8月下旬につけた高値まで戻してきたけど、高値をどんどん抜いて上がるような値動きにはならなかった。やはりいわゆるFANGがさらに高値をとってこないとこの辺はまだ抜けないか。

ダブルトップ的な値動きに見えないことも無いけど明確に高値をつけたとも言い切れない。
様子見かなあ。ただし急落の恐れはあるので注意は必要かと。出来高がやや増えたのに陰線というのは売り圧力を示してるとは言えるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日足全体で見てもゆるーく放物線かかっているようにも思えます。

売り圧力はありますね。
しかしドドーンと下げるほどには至っていない。

2018年10月3日水曜日

お知らせ。トップページ変更のおねがい。(ヤフージオシティーズ終了)とお詫び。

さて、いつも新天地にて、をご覧になっていただきありがとうございます。

新天地という名前を使うようになって16年となりました。新天地にて、もおそらくそれくらいになるかとおもいます。

初めてサイトを持ったとき以来、トップページはヤフーの提供する「ジオシティーズ」を使ってきました。
しかし、残念ながら、時代の流れもあり、ジオシティーズが3月にサービスを終了すると発表がありました。そのため、3月以降は現在のトップページを使用できなくなります。

新天地にてはトップページはジオシティーズを使っていますが、メインコンテンツであるブログはグーグルが提供する「ブロガー」、掲示板は「したらば」を使用しています。
そのため、お気に入りに登録されている方で、ジオシティーズのページを登録されている方は、ブロガーの方に登録を変更していただくようお願いします。

(暇があれば、新しいトップページを作るかもしれません。その時はこのブログでご案内いたします)

ふと考えているのは、ブログをメルマガに変えようかなあ、とか。
真面目に?株の話だけにして有料にしようかとかw(小遣い稼ごうとする)
掲示板は残るので・・・。


また、長らく相互リンクを頂いておるのですが、連絡ができないケースがあると思います。
このブログを持ってお詫びとさせて下さい。できるだけ対処はしたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお一部で好評いただいた(証券新聞だったかで紹介していただいたことがある)「用語集」については編集が面倒くさいこともあり、そのまま消滅することになるかと思います。
ご理解くださいませ。

暇な方はまだ存続しているトップページから見ることができます。最後に見てやって下さい。

2018年9月28日金曜日

NYダウ続き。トレンドライン上の分水嶺で足踏み.ドル円はボックス上限?


NYダウ日足(クリックで拡大)
高値つけたあと窓を開けて3連続の陰線。「三羽烏」とも言えないがそれっぽいチャートのあと、昨日は小休止。

下値を結ぶトレンドラインを引っ張るとわかるようにここで反発するのかあるいは下に抜けると中長期のトレンド転換の可能性あり、と。
昨日夜のNYは途中まで「戻る雰囲気」だったんだけど後場こし折れ感あり。結論は今夜以降に持ち越しになりました。

ちょっと注視したい場面だと売り屋の僕は思っています。

中国問題が佳境に入ってきたからですね
あれ、死者が出ない戦争なんですよ。(いや不況で死ぬ人もいるかもだが)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドル円(クリックで拡大)
ドル利上げもあってキャリートレード効果?で円安進行。ここのところのドルの上限となってきた115円近辺を試す動きか。
ここもいつ反転してもおかしくない領域には入ってきたんだが、目先は円安の勢いが衰えてはいない、そんな感じかな

(アメリカの利上げに打ち止め感が出てきた、っていう見方が広がると、円高に向かうきっかけになるんじゃないかな。アメリカのインフレ進行なんて話が円高のきっかけになる可能性も)


2018年9月25日火曜日

NYはアイランドリバーサル(ミニサイズだけど)

NYダウ日足


昨日ギャップダウンして始まって下げたことで、NYダウの日足はいわゆるアイランドリバーサル、(離れ小島とでも意訳しようか)のチャートを作った。

これ高値圏で出るときは相場が反転して下落するサインの一つ。
ただしものすごい過熱感のある出来高ではなく、島も小さいのでたんなるノイズの可能性も多々あるが(*^^*)

ここで空売りとは言い切れないが、結構警戒すべき日足でしょう。

(なお金曜日に出来高で来てるのはNYのSQのため。)

三ヶ月で24000くらいまで調整あると言いのになあw

2018年9月21日金曜日

なるほどと思ったこと

ラジオを聞いてたら、ある経済評論家の人がこんなこと言ってた。

アメリカに比べて、日本はリーマンショックに対してまだ立ち直りが立ち遅れてる。
それは株価の指数と言うよりも。。。

アメリカの時価総額上位銘柄を見ると、10年前と今とでは結構入れ替わりがある。
ビッグデータ企業の成長は例えばリーマンショックによって金融業界を追い出された金融工学を使える人間たちが「より儲かる仕事」を探して生み出した新しい仕事だと。

それに比べて日本の時価総額上位銘柄の移り変わりは非常に少ない。新陳代謝が遅いんですな。日本の場合は「雇用を守る」制度が充実してるけど、それがその分新しい産業の創出や成長を阻害してる面もあるんじゃないかと。

なるへそなのだ。

2018年9月14日金曜日

ガーラ初動だと思いたいw

新天地投資顧問(設立前、仮称)の推奨銘柄、ガーラが今日「ぴく」って来てます。

スピンなんちゃらとかいうゲームが今季に始まると良いな、という思惑です。
最近Eスポーツとか流行ってますしね。


週足包足からの長めの陽線。
上がると良いけど、こっから上の買いを推奨するわけではありませんw

330円位で書いたかったな。というところ。
すげー上がったら、褒めて下さい(*^^*)/

だれたら、忘れて下さい。
新天地、我ながらいいとこ見つけたなあ、とは思ってます。

アルベルト、まだ沈まないけど今度は週足が抱き線。

AI銘柄、アルベルト3906のチャートです

強いねーとしか言えませんが週足は「最後の抱き線」の可能性のあるところかな。

信用銘柄なので通常の空売りは出来ませんがハイパー売りとかは出来ます。

まあ二番天井確信してからやるべき銘柄ではありますが。。。

先週の日足5本、今週は週足包足とローソク的にはトレンド転換を示すものも出てきてまして。


下がれ!と思ってますw。

2018年9月6日木曜日

高値での陰線5本 アルベルト、沈め!!!!!。(売り屋のとても醜悪な念)

三羽烏とかいって陰線3本並んだところは売り、というようなチャートの見方があります。

ところで、それよりも陰線が並ぶケースがあります。

高値圏で短い陰線が5本連続で並ぶ。
酒田五法では陰線5本と呼ぶらしい。

高値圏で売り勢力が勝ってくるが買いの勢いも残るため、毎日陰線ながら横ばいの値動きが続くというわけ。これが「高値圏」で出たら天井のサインというわけだが、正直実戦の場で生で見たこと記憶になかった。
この足が示現すると遠からず我慢できなくなった買い方が投げに転じ相場は下落する、と酒田五法では記される。


ALBERT (3906)



クリックで拡大
十分に高値圏にあるこの株。今日はちょっと下に来たけど、大陽線のあと陰線5本。
生でリアルタイムでこんなに陰線五本なんて!!!とっても貴重なものを見ている気がする。

これ、「ハイパー売り」しか出来ないんだけど、日ばかりで空売りすることは可能。

大怪我覚悟で行ってきます。

書き込みが止まったら大やけどして死んだんだと思って下さいw

脳内では明日の下落率トップでヤフーの掲示板の書き込み1位まで想定。
AIバブル相場の終わりを告げる暴落になると期待しています。

2018年9月2日日曜日

2018年9月1日土曜日

シェイクツリーのワイルドアウト

墨田区にあるシェイクツリーというハンバーガー屋さんに奥さんの奢りで行って来ました。
僕は普通にベーコンチーズバーガーを食べたのですが、奥さんが頼んだのがこのお店のスペシャリテ、ワイルドアウトというハンバーガー。
見て貰えば分かるとおり、バンズ〔パン〕でパテ〔ハンバーグ〕や野菜などの具材を挟むのではなくて、バンズに見立てたパテで具材を挟むという非常にトリッキーなハンバーガー。
見た目は奇抜ですがとにかく計算され尽くしたハンバーガー。もはや究極の一品と言って良いかと思います。

美味い、肉汁どばーっと、もうドーパミンでまくりです(^^)
駅から少し離れていますがいつ行ってもお客さんで一杯の名店。
騙されたと思って是非一度食べてみてください。
いままでのハンバーガーに対する概念が変わるかも、

2018年8月23日木曜日

兜町は今日も静かでありました。

某所で工事現場にトレーラーを誘導する仕事。
いろんな仕事があるでしょ。

帰り、久々に夜の取引所の前を通った。思わず写真撮ってしまったがピンボケだなw

新天地は10数年前この近辺に住んでたので仕事終わると三時すぎから酔っぱらい、そしてこの辺を歩いて家に帰ってたのだ。
夜の取引所を見ると青春を思い出す。
ちなみにこっちがわは立ち会い所があった方のフロア。
この玄関から入るとすぐ立ち会い所、いまの電光掲示板がクルクル回ってるフロアになる。2回にはベルならすところ。

こっちの入り口とは反対側が高いビルになっててそちらがオフィス。まあ立ち会いフロアの所は本当に無駄なスペースですw
建物ぶっ壊して新しいビル建てたほうが経済的だろうけど。

取引を司るメインコンピュータはこの地下深くにあると言われています。地震が来てもまず大丈夫。万が一に備えたサブセットが上野と、関東地方のどっかに用意されてると聞いたことがありますがそれはまあ都市伝説でしょう。

明日も平和な一日でありますように。