2018年4月17日火曜日

車の性能とは。作り安さと、走行性能と。

車の話と趣味の話。

この前「トマホーク」というラジコンカーを組み立てた話をしました。
1983年に発売されたこのラジコンカーは、その後の高性能ラジコンカーの嚆矢となったんです。

そのラジコンカーが2014年に復刻されました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たんなる復刻版ではなくて「作りやすく」設計され直してるんですよね。

ナイロンバンドで止めてたところもねじどめできるようになっていたり、ボディも簡単に止められるようになっていたり。

直接、走行性能に関わる設計変更ではありません。
でも「組み立てやすい」っていう形で設計をわざわざ考えて作ってます。

例えば、ネジを回すのにある部品があるとじゃまになって作りにくい。
そういうのを回避するようにねじを配置したり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よく言われるのは、日本車の場合、作りやすくするために部品に穴を開けたりして設計されます。そういう作り安さが、「コスト」に繋がり、あるいは分解整備する時に安く直せたり。

一方、そういう穴とか作りやすい構造がドイツ御三家との走行性能、官能の差につながるという人もいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ性能云々は置いといて。作りやすいから安定して車を生産できる。
製造ラインとかの設計も考えて車が設計される。それがノウハウ。トヨタの強さもそんなところからできてるんでしょう。

一方テスラの話
理想を掲げてフルオートメーションを目指したけど、結局は歩留まり悪化で会社が潰れるかどうかの瀬戸際に。

作り安さとか、そういう設計の観点がごっそり抜け落ちてたんだ。ラジコンカーメーカーでさえ考えてる視点が抜けてた。夢の車を夢の方式で作る時に現実的な視点が。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もしも、テスラが頭を下げてトヨタに作り方を乞うていたらここまで酷いことにならなかった気がする。トヨタは結構ノウハウ出すみたいだから。
BMWやマツダやスバルと上手くいってるのもそういうことでしょう。

でももうトヨタはテスラを買うことはあるまい。ムダに高いから。
テスラをかうならヨーロッパ人(含むルノー)のような気がします。

2018年4月16日月曜日

ちょっと笑った。移植、異色


内閣支持率の低下はある程度織り込み済みとみるが。シリアの影響は一時的か。

内閣支持率は下落。日本テレビの20パーセント台の数字は「総辞職へのカウントダウン」のイメージか。
放送法改定の話以来、テレビの論調は変わってきているようにも・・・。
マーケットはある程度織り込み済みと考えるけど、外人には売り材料と見えるだろうね。

「ネット世論」だけ見るとwまだ安倍人気は落ちてないけど、そろそろ「まだ安倍支持なの>だっせー」という雰囲気も見えるのがネット掲示板か。
-------------------------------------
シリアは大規模ミサイル攻撃とは言え、所詮巡航ミサイルによる「人の居ないところへの攻撃」がメイン。アメリカやイギリス、フランスVSロシアの構図だが、お互いに「自制」した攻撃ということだろう
。新天地にて、ども書いたがロシアはある程度の空域の防空を担当してたがこんかいその空域では撃墜は発生しなかった模様。アメリカ軍はロシアの地域を避けて巡航ミサイルを這わせることに成功しつつ、ロシアとの対決を避けた。

一方、日本では巡航ミサイル信者も多いけど、所詮巡航ミサイルの破壊力なんてたかが知れてる。精密攻撃はお手の物だが、「再起不能にする」ほどの破壊力はない。

半日もしないうちに悪影響は織り込まれると考えるが・・・。

今週は21000を下回るのか、23000を超えていくのか?そういう端境期のポイントの相場。
ちょっと方向感はわかりにくくなってる。

2018年4月15日日曜日

日高!

桜花賞と皐月賞が終了。

今年は異変あり。
日高で生産された馬が勝ったこと。
そして桜花賞も皐月賞も三着までにディープインパクト産駒が入らなかった事
代わってオルフェーブルとロードカナロアという新種牡馬が勝ち馬を送り込んだ。

この世代も高額の競りはディープインパクト産駒に集中していたわけで名だたる良血馬をさしおいて新種牡馬が勝ち馬を出したことは、いよいよ種牡馬も世代交代の時期が来ているのかもしれないね。
そしてやや劣勢だった日高の馬産が盛り返してきたことは一極集中が進んできた日本のサラブレッド生産が健全な方向で発展することにも繋がると思う。


2018年4月14日土曜日

輸出を睨んで進化。新型新幹線。注目はSiCパワーデバイスでしょうね。新幹線における意義と電動車における意義と。

それほどニュースになってませんが、先月3月10日にJRが新しい新幹線を発表しています。

 
 
上従来型の700A.下新型の700S。ちなみにSは最高という意味のシュープリームから来てるとか。
 
写真ではわかりにくいですね。わかりにくいので話題になりにくいか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただし、外形も空力の進化を図ってわずかながら変更があるし、動力系などはほぼ100%新設計とか。先頭部分の「エラ」はポルシェみたいに「エッヂ」を立てています。これは「最後尾」になった時に発生する空気の渦のために最後尾車両が揺れやすくなるのを防ぐためとか。おもしろい発想ですね。
 
また「緊急用」のリチウムイオン電池を搭載。万が一トンネル内で停電してもトンネルから自走で脱出出来るように考えられているそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番大きなのはいわゆるSiC半導体を初めて全面採用したパワーデバイス(まあ簡単に言うと新幹線のモーターを制御する装置)を採用したこと。ここ重要。投資家にとっては「おお、その時代が来たか」ってな話です。
 
SiC半導体は、シリコンだけで作られるSi半導体と違い、シリコンとカーバイド(炭素ですね)で構成される化合物半導体です。
あ、SiCと行ったらロームとかルネサスとか条件反射で社名浮かばないと駄目でっせ。
 
この半導体の特徴は、シリコンに比べて高温で作動可能、少ない面積(小さな体積)でOK、高速に作動、低オン抵抗、高耐圧などパワー系半導体として使うには良いことづくめ。勿論コストとかに問題もあるわけですが。。。
 
この半導体を使ったコントローラーを採用してきたのです。
そのため、新幹線を走らせるユニットとしては20パーセントあまり小型軽量化
 
その事自身も大きいのですが、これによって「四両だけでも走れます」という小編成、標準化が進んだというのです。というのも、従来の新幹線の駆動系ユニットは大きかったため、それぞれのパートを複数の車両に分担させることが必要でした。そのため8両とか以上の組み合わせでないと走れ無かったのです。
しかし新型のユニットは小型化されたため、多くの部分を一両づつに搭載。「ユニット」として先頭車両2両を含む4両があれば走行できます。4両や8両、12両16両など柔軟な車両編成を組むことが出来る標準化セットになっているのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは輸出を考えた際に、非常に大きな武器になりえます。中国や欧州勢はまだ実現していない。新型半導体とそれを上手く使った例と言えるでしょう。中国はこの辺を自力で開発しないといけない。いわゆる独自技術に注目ですね(棒読み)
 
また、パワー系半導体の小型軽量化によって、さらなる装備の搭載が可能になりました。
上述したリチウム電池の搭載による非常電源の確保。さらに新型700Sでは全席にAC電源が設置されるそうな。これもパワー系半導体小型化の恩恵(間接的にですが)と言えるでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今回は電車でのお話。当然、自動車の世界でも同じようにSiC半導体によるモーター制御が覇権争いの要素として注目されるでしょうね。いままでは(数年前までか)SiCと言えばローム、ってなイメージでしたがこれからは沢山の会社が参入してくるでしょう。トヨタなんかは自前での開発してます。
 
また個人的な発想では、自動化運転が進んでいくと「高速化」(素早い反応という意味でも)や低コスト化の要請で、頭脳を司るCPU部分と電気をコントロールするパワーコントローラーの部分を一つのチップセット、あるいは一つのチップの中に作り込む、のような部品ができていくような気もします。そうなるとインテル級の能力が無いと駄目かもなあ、とか半導体会社の合従連衡のきっかけになったりするかもなあ、とか妄想が膨らむのです。
 
なにはともあれ「SiC」って言葉覚えておいてください。機会があればぜひ深くネットで検索される事をおすすめします。電動化社会において必ずポイントになるキーデバイス、技術の一つだと思ってます
 

2018年4月13日金曜日

ロシアが誇るS400とは?

S400とはロシアの現時点では最新鋭の長距離迎撃地対空ミサイルシステム。

ロシアではトリウームフ(大勝利)という名前でよばれるが、西側ではNATOのコードネーム「グラウラー」として知られる。


専用のトレーラーにミサイル本体を載せて異動する仕組み。アメリカのパトリオット(パックスリー)などと比較されることも多いがこちらはミサイルにバリエーションも多く最大射程の長いタイプもあり、幅広い面積を守備するという考え方だろう。最大射程の長いタイプはパトリオットの2倍の射程距離があるとも・・。
いろんなシガラミで、パックスリーのように弾道弾を迎撃する能力は限定的ですが、航空機やじゅんこうみさいるに対してはかなりの高性能を誇ると言われています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このミサイルなら、トマホークの迎撃は十分に可能。
ましてや相手がミサイルを発射するのわかってる状態ならなおさら。

シリアのミサイル攻撃にアメリカが踏み切りにくい一因がこの「盾」にあることは明らかです。

ミサイル100発うちました、でも撃墜されましたではアメリカもメンツ立てれないからなあ。

和歌山とか三重県の南の方ではあんまり納豆食べません

掲示板で「納豆」の話が出てました。

僕が生まれた松阪や育った亀山では普通に納豆食べます。
しかし、三重県でも「荷坂峠」を超えて南側、紀伊長島とか尾鷲の方は三重県ですが、和歌山県に文化が近く、かなり納豆食べません。スーパーとかにも品揃えが驚くほど無いんです。食べないから売ってない。

なんで紀伊長島の当たりから和歌山のぶんかけんかというと、地理的環境と江戸時代ここから南が「紀州藩」だったから。

三重県はわりかし山が多い県ですが、紀伊長島は「荷坂峠」とよばれる山が海までせり出しているところに囲まれているのです。。。そこから南に向かっていわゆる熊野古道があり和歌山に続いているというわけ。

いまの「荷坂峠」も初代紀州藩主の徳川頼宣が整備したとされ、それ以前は荷物をもって山を超えることさえできなかった、だから「荷物をもって超えれる整備された峠」ということで荷坂峠となったといわれています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
母はそんな紀伊長島の生まれ。祖父は材木屋さんでした。そんな祖父の家によく遊びに行くわけですが、祖父はいつも卵ごはん。ぼくらは納豆とかだったり。話をきくと祖父母とも「納豆は食べない」んだそう。むかしから納豆なんか売ってないもの。最近はスーパーできたから納豆も売ってるけどねーですと。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我が家はそんなわけで、父親が子どもたちの分も納豆かき混ぜてくれました。
でも母は納豆食べず。今もあんまり食べないんじゃないかな。

文化ってのは面白いよなあ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
父(理科の先生)が言うには、もともと和歌山は醤油産業が盛んでした。
そのため、納豆を作ることによって納豆菌が醤油に悪さすることを経験的に知っていて、納豆を作らなかったんじゃないか?という説があるそうです。

もっともさらに父に言わすと、納豆菌の仕組みとかが科学的に証明されたのは後年なので、その節はかなり眉唾もの。
やはり荷坂峠に代表されるような「地理的障壁」のせいで食文化としての納豆が和歌山地方にはいってくるのが阻害されたんではないか?というのが父の見立でありました。

なるほど、理科の先生らしい解釈だな。と子供心に思ったことを覚えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
近年では、和歌山の中高年の女性が特に「骨折しやすい」事が知られています。
この辺はかなり科学的に納豆の消費と関連がありそうな気はしますね。


ジム通いと言う名の通院

政治家は限界まで病気を隠す。これが昔からの習わし。

安倍総理は月二回のホテルのジム通いを欠かさないそうな。健康に気を使っておられる。


というのは建前で、公然の秘密としてこの時に医師団の精密検査を受けているというのが定説になっている。持病の大腸炎は薬で抑えているけどストレスは大敵。
日本で一番ストレスの貯まる仕事の人なわけで・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本人は続けたくても病気がそれを許さない、という可能性も高くなってるでしょうね。

虞や虞や 汝を奈何せん。四面楚歌と裸の王様

むかし中国で楚漢戦争というのがありました。

ちゅう国を統一した始皇帝でしたがその後死亡。圧政もあり各地から武将たちが立ち上がり秦を倒します。

その時、残ったのが項羽と劉邦。英雄は並び立たず彼らは添加を二分した戦いを起こします。これが楚漢戦争です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無類の強さを誇った楚の項羽ですが、劉邦に「はめられた」結果、有名な「垓下の戦い」に敗れることになります。

漢軍に包囲された項羽ですが、ある時敵陣から自分の祖国の楚の歌が聞こえてくるのを耳にします。項羽はこう思ったのです。ああ、その人間も多くが漢軍に寝返ったのか。私の先ももう長くはない、と。これがいわゆる「四面楚歌」の故事ですね。

項羽は妾の虞をはじめ側近を集めて「最後の宴」を催します。この時に読んだとされる歌が有名な垓下の歌になります。

自分の力は山をも動かすほど。自分の気迫はこの世を覆い尽くせるほどだ。
しかし、時勢が自分には向かなくなった。愛馬でさえ思うようには動いてくれない。
馬さえ言うことをきかない今、この自分でさえいくさをどうすることもできない。
(いや、そんなことはどうでもいい)虞よ、おまえをどうしたらいいのだろうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じつは、楚歌が聞こえてきたのは劉邦軍の策略だったなんて話もあります。味方が寝返ったと思わせることで項羽軍の士気をおとそうとおもったのですね。ある意味勘違いだったと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本題。どこかの首相はまだやる気いっぱいのようです。自軍からも「おかしい」という声が上がっているようですがまったく気にする素振りはなく、奥さんをどうこうする心配も無いようです。

汝を如何せん、なんて思うようならとっくに辞めてるでしょうが。。

このままでは「四面楚歌」となるのも時間の問題のように思えます。
産経や読売はすでに手のひらを返し始めましたからね。一緒に沈んでたまるか!!

という楚歌にも思えます。

2018年4月12日木曜日

クビが危ない?消えゆく協力会社w

個人的にクビが危ないw

転職先探すかなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おもな取引先の課長さんが来社。

なんでも、いままで直接仕事をくれてたのが秋から別の会社をかまします。と
物流改革なんだとさ。

って聞こえはいいけど

「もう、あんたらの生死は知らない」ってことね。義理人情終了。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1会社の発注元を探す
2新しい就職先を探す

さあどっち???w迷うなよw

こまったなあ。

2018年4月11日水曜日

原油と言ったらアメリカ。大豆と言ったらブラジル。

ここを読んでる人はアラフォーくらいの人が多いでしょうか。

学生時代に学んだことが当然ながらいまは違うことも多いですね。

例えば原油生産。昔は世界一はサウジアラビアでしたが、いまはアメリカが世界一。
で。

大豆の生産世界一は昔はアメリカでしたが、いまはブラジルが世界一なんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブラジルが大豆に力を入れだしてから実は40年余りしか立ってないことはあまり知られていませんね。そしてそれが日本と大きな関わりがあることももっと知られてないでしょう。

事の発端は石油ショックに遡ります。穀物の不作や旧ソ連の買い付け等によって穀物の値段は上昇局面にありました。ニクソン政権はアメリカ国内のインフレ対策のため、突如大豆の輸出を禁止(エンバーゴといいます)。例えば日本向け輸出についてはすでにけいやくずみであっても50%を強制キャンセルさせるという「強烈」なものでした。

日本政府の働きかけで一部は制限が緩んだものの、当時大豆の輸出市場の8割を占めていたアメリカが友好国に対しても「禁輸」するという自体は日本にとって衝撃的なものでした。

今でも国内で「食料自給率」なんて話が出てくるのは、このときの強烈な記憶も大きな要因でしょう。逆に農協を生き延びさせた事件でもあるでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本政府も遅まきながら対策を打つことにします。アメリカ一辺倒ではなく、調達先を広げようというわけです。
目をつけたのがブラジル。
1974年に田中角栄首相が協力計画を発表し79年から着々と事業を進めていきます。
セラードと言う「不毛地帯」に大量の円借款と日本の技術を導入し大規模な灌漑施設を建設します。
熱帯サバンナ地域に属するこの土地はかなり強い酸性の土壌で大規模な土壌改良が必要でした。高濃度のアルミを含む地盤は、かなり困難な改良を必要としたそうです。
この事業は大きな成功を収め、ブラジルでは「緑の革命」とも言われているそうな。
いまでは見渡す限りの大豆畑に。着々と生産地域を広げたブラジルはこうして2014年には世界最大の大豆生産国になったというわけ。また近年では大豆のみならずとうもろこしや綿花、コーヒーなどの生産量も伸びているそうな。


アメリカは短期的な利益(国内のインフレ抑制)を求めた結果、長期的にはライバルとなる穀物輸出国を生み出したというわけです。

問題はそんだけ貢献したブラジルの大豆の最大の輸出先が中国(というわけで恩恵を受けるのは実は中国w)ということでしょうかね。
今回、米中対立の過程で、中国の実需筋はブラジルからの大量買い付けに動きました。
アメリカの穀物メジャーも結局はブラジル大豆を扱うことで巨額の利益をえていますし、日本はこの点「商売がドヘタ」だったと言えるでしょう。

2018年4月9日月曜日

マシンセッティング。「レーキ角」と得意な分野。

トロロッソホンダが望外の4位入賞。

これはトロ・ロッソの車が今回のコースに「合っていた」ことも要因のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えばホイールベース(前のタイヤと後ろのタイヤの距離)を長くすると直進安定性は増しますが、コーナーの性能は落ちやすい(曲がりにくい)一方ホイールベースを短くするとコーナーは曲がりやすいが直進安定性にかけやすくなる。

直線の長いコースが得意な車やコーナーが多いコースが得意な車が出てくるわけです。もちろん車の設計者はできるだけ欠点を出さないように、良い点を伸ばすように設計しますが・・・。どうしても得意不得意は出てきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホンダは絶対的なパワーユニットの馬力がほかのチームより劣っていると言われており、直線番長なコースでは不利でしょう。パワーの差が出にくい中低速サーキットのほうが差が出にくい。

一方トロロッソが今回明らかにしたのは「トロロッソは平坦な路面では早いが、路面が荒れているとタイムを落としやすい」ということ。

トロロッソは去年に比べて「レーキ角を立てる」設計にしてきたそうな。何じゃそれ?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
普通車と言うのは前後の車高を同じにして地面と平行に設計します。今年トロロッソが去年と設計を変えてきた「レーキ角を立てる」というのは車のフロントの車高をリアの車高より落とすことで車全体を「前傾気味」にすること。

こうすることで車体上面を流れる空気が車体を地面に押し付ける効果が増え全体的にグリップが稼げます。ただし、投影面積が増えることで車全体の空気抵抗が増えます。
さらにグランドエフェクト効果と言って、車体下を流れる空気が車体を地面に吸い付ける効果があるのですが。リアの車高が上がり気味になると車体下の空気が「逃げやすくなり」グランドエフェクト効果が少なくなるケースもあります。この結果リアのグリップが低くなり、ウイングの角度を立てる必要も出てくることもあります(さらに空気抵抗は増える)。去年のマクラーレンもそんな部分が合ったようです。なかなか扱いも難しいセッティングになります。

さらにフロントを低くすることで「あれた路面ではフロントの動き(上下動)が増えることで車のピッチング(上を向いたり下をむいたりする)が増え、空力性能が設計通り発揮できない」場面が増えるのです。車体が上を向くとグリップが減る。車体下を向くと空気抵抗が増える。さらに前後のグリップバランスも崩れるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初戦のメルボルンはサーキットの路面が「バンピー」(あれている)のためトロロッソには不向きだったようです。しかしバーレーンは路面が比較的平らだったためもともとの空力設計が生かされたと。さらに二戦目からは空気抵抗を低減するパーツを持ち込んで改良しており、どうやらこれの効果も大きかったよう。(ホンダのパワーユニットは他社に比べるとパワーが出ないと言われているにも関わらず、最高速度でほとんど遜色が無かった。おそらく空気抵抗の少なさで他のチームに勝っているのでしょう)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現状、トロロッソ-ホンダにとっては望外の4位入賞でしょう。
今後様々(不得意な路面もある)なコースで安定して結果を出せるのか。さらに他のチームも空力を改善してくる局面でトロロッソホンダもタイムを伸ばせるのか???

懸念は多いですが去年は懸念するスタートラインにさえ立っていなかったですからねw
やっと、でも望外の4位。しかしそれは未だ優勝でも表彰台でも無いわけです。
もっと上を狙える位置までようやく来ました。頑張って欲しいですね。

2018年4月7日土曜日

NYは急落も(まだ)ペナント内の動きが続く。が「審判の時」は近づいているようにも思える

6日のNYはパウエルFRB議長の発言を巡って「インフレ」と「利上げは思ったよりハイペース?」との思惑が広がり下げが大きくなった。発言の原文を読んでないけど、この辺の解釈はなんとでもなるところで、ややこじつけというか売りの口実に利用されたかも。

どっちにせよ、景気は拡大するから、とFRBが言っても「じゃあ金利上がるんでしょ」というタイトロープの上を渡っていることを再確認したということでしょう。これがずっと景気拡大を続けてきた代償というか帰結というか。永遠にはインフレ無き景気拡大は存在しないし、その間株価がずっと上昇してきた以上、どこかで調整局面が発生せざるをえない。それが来週なのかそうではないのかというお話。

そんなふうに新天地は考えます(ポジショントーク)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NYのチャート(日足。クリックで拡大)

昨日(6日)は値幅が出てますが、それでも高値からの下げのトレンドラインと、急落時の安値との間で作られた三角持ち合いの中にいます。どっちに放れるんでしょうね、というのが当然気になる所。

しつこいですが新天地は売り屋です。売りだけはうまいな、と先輩に褒められたことがあります。その他は全く駄目という話ではありますがw褒めてくれた先輩はかなりのトップディーラーです。

新天地が此処を下に放れる、と考えている理由を羅列しておきます。

○NYは9年間上昇してきた。リーマンショックのまえも9年上昇。サイクル論からは9年に強い意味があるように思われる

○高値圏からの値幅を伴った下落があったこと。トレンド転換時の特徴である

○上昇中は上げにしても下げにしても日中の値幅はそれほど大きくなかった。高値をつけた後の三角持ち合いの期間に入ってから、日中の値幅が明らかに拡大していること。これは下げへのトレンド変換時にオク見られる特徴であること。

○客観的に見て、景気拡大をしながら低金利を続けることが困難になってきたように思われること。

○トランプ政権の経済運営にかなりの拙速さ、稚拙さが見られること

○アメリカのハイテク株に「仮の需要」や将来性を折り込みすぎていると思うこと。(データセンターや暗号通貨のマイニング関連需要は本来の需要ではないと思う)

アマゾンなどネット関連の企業に急成長のほころびが見られること。一斉に成長したからちょうどみんな一斉に「成長痛」に襲われつつあるように新天地が思うこと。

などなどです

逆にみんなが「空売り」してるとなると買い戻しで戻る場面もあるでしょうけど、これで新高値をとってくるんならしょうがない。そこは諦めよう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まだ数日間この当たりの値段で煮詰まるかも知れません。
一方、悪材料が顕在化するなら来週すぐにでもにもかなり大きな下げが来る可能性はあります。(勿論、レンジを上に放れるなら大きな上昇の可能性もありますよね)

ここで「売れ」とか微塵も言わないけど、せめてこのページを読んでいるマニアックな人達には「下げた後でチャートを見てみたら、下げる理由が揃ってるじゃん」ということだけ伝えておきます。あとは皆様のご判断(自己責任。死語だなこれ)ということになろうかと。

自称、チャート活用者としては、ブログの書き手は「預言者でありたい」。
当たったら褒めてください。儲かったら寄付でもしてくださいw

2018年4月6日金曜日

アルミとカーボンと。単純比較はできないが。。。

単純比較はできない話なんだが・・・

むかし、1991年、マクラーレンが「F1」という車を出した。

鬼才ゴードン・マーレイが設計したこの車はホンダの初代NSXの影響も強く受けていたと言われる。(ゴードン・マーレイ自身がNSXを所有していた)
何より、一億円の値段がついているのだが「赤字」だったという。

商業的にも失敗に終わった幻の名車だが、いま中古市場に出てくれば、新車価格で手に入れることはできない。。(なお、この車の市販第一号車の予約者は「アイルトン・セナ」だったが、残念ながら納車を迎えることなく事故で死亡している)

シャーシはカーボンコンポジット。一部をのぞき、徹底して構造用金属を嫌って作られている。またシャーシが作られた工場はもともとフェラーリのF1シャーシを制作していたこともある工場を居抜きで買った。安全性にもさいだ威厳の配慮を行い、排気管さえクラッシャブルゾーンとする徹底ぶり(この辺はF1設計と同じ)
空調は30秒で空気を全取っ替えする設計になっており、温度関係は極めて快適。カーオーディオはケンウッドが採用されたが製品設計には「グラム単位」のオーダーが来たという。(もちろん、当時ケンウッドも利益度外視で受けてるらしい)

この車、壊れて直すと新車(1億円)なみにおかねがかかると言われている。カーボンはそれだけカネがかかる。しかしミスタービーンは二度の大破事故にも関わらず、大怪我を免れた。(まあそのたびに一億円ずつ修理費払ってるんだがw)またテスト中に200キロオーバーの速度で「空を飛んでバラバラに壊れた」がテストドライバーは軽症で済んだとか・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、テスラXは軽量化のためにアルミを選んだ。
アルミはカーボンに比べれば重くて強度で負ける。しかし安い。現実的にはこういう選択肢もありなんだろう。しかしアルミは強度という面では問題もある。ジュースのアルミ缶を思い浮かべて欲しい

グニャってなるのだ。

事故で粉々に壊れたテスラXの写真を見ると、テストではOKでも、なんか一線を超えると粉々になってしまうような脆さがあるんじゃないかと。少なくともいまの高級車でこういう壊れ方をするのを見たこと無いんだよね。自分が買ったり、他人に勧めたりは絶対できないよね

いい加減、IRは利権だってゲロしろよw

新天地はIRに反対です。だって、どうせ利権の温床になるだけだから。

ちょっと韓国とかに目をやれば、カジノの汚い面も見えてくる話。
なぜいまさら?という感じがしないでもない。あまりにも利権が絡みすぎるんだ。

いま、国会が「空転している」なかでIR通すのに必死になってる政治家の顔と利権やさんの顔。
若干汚さが目につくお話です。

自衛隊のせいで、IR通すのが先延ばしになるな。。。
利権関係者に隠蔽関係者が消されないことを祈りますw

グダグダになることはあっても「解決」は無いんと違うかな

アメリカの関税実施で幕をあけた貿易紛争。

中国の報復「案」発表で急激に下げた後、あくまで案であってまだ交渉の余地はあるとして反発してきたのが昨日までの動き。本当に交渉次第、しかも交渉がまとまるならバンザイでしょう。

ただ、アメリカにそこまでの主導力はないし、まとめるつもりも実は無いんじゃないか?と思わんではない。
というのも、トランプ陣営が関税を打ち出した段階でそこまで後々を考えて関税を出してきていない気がするんだよね。ほんとうならもっと事前に色々やってから、国際世論を味方に引き込んでやるような駆け引き。それを全くせずに「思いつきで出してきたように見える」のが気にかかる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
思いつきで和解するんじゃねーか?と言われると反論できませんが・・

結局、僕の第一シナリオは「グダグダになる」かな。
上手く言えないんだけど。

NYは戻りを試すもののまだトレンドは下向き

NY日足


NYは戻したものの、まだ下降トレンドラインの下にあるのは変わりなく

明日明後日このトレンドラインまで戻るならば再度売りを試す展開かな。
たとえ抜けたとしても最高値更新してどんどん上がっていく環境にあるとも思えないしなあ。

そんな所。一喜一憂したり、ここでさらに書い直したりする局面ではないと新天地は考えています。

はてさて。

2018年4月5日木曜日

シビリアン・コントロールなんて死語なんだろうな

防衛庁で「日誌隠し」。稲田元長官には報告されなかったと。

結局、部下からしたら「まずいものが見つかったら上司がヒステリー起こすし、隠しておこう」ってなったのかもしれん。

そのうち「戦闘起こったけど、隠しておこう」とか「ミサイル無くしたけど隠して略」なんてこともおこるんだろう。

今更だが緩みきってるなあ防衛省。
抜本的な見直しが必要かもね

NY,踏みとどまる。ただし、弱気に変更なし。早く崩れろ。

NYは中国の報復制裁案をうけて500ドルを超える下げを魅せるも「まだ決定ではなく交渉に移る」との若干楽観的な味方から買い戻しが優勢に。結局プラスでひけた。チャート的には「下値」での支持を一旦は確認したことになる。

NYチャート



ただし、高値から伸びるダウントレンドを上方にブレークしたわけではなく、急落後の安値が参加者に下値メドとしていしきされただけとも言える。
初歩的なチャート解説になるが、この三角形を下に再び1000ドルクラスの下げもありうるテクニカルな場面と見ています。昨日一昨日の安いところを買うのは一つの見識ですが、時間とともにリスクは上がるし、上値が抑えられることも考えられます。あと10営業日くらい、その間に下に抜けてくれないか???そんなイメージで見ています。

勿論、上から抑えるトレンドラインを上に抜けて「レンジ相場入り」する可能性も考えて、空売りにはトレンドラインに沿ったストップロスをかけておくのも有効でしょう。

さて、一休みでんなーNYの空売りの方は・・・。

2018年4月4日水曜日

NYはまさに分水嶺

中国の腐ったクマ野郎が対米貿易制裁関税を示唆。まだ具体的な日時は発表してないので脅しの範囲内だが金額規模、航空機などの品目を見ればなかなか気合が入った対抗措置と言えるだろう。

売り方しんてんちとしては、まあたまには役に立つかなこのデブが、といった感じ。
まあそれくらいしか存在価値は無いわけだがw
ーーーーーーーーー
アメリカではVIXが24超え。ダウ先は500ドルを超えるさげ。
昨日の反発を帳消しにしてさらにすこしさげてきた。

この水準、あと数百ドルでまた安値更新になるところ。
昨日のインテル安とか主力株さげの追い風も期待できるし、これで1000ドル安とかに成れば完全にダウの下げトレンド確定で良いと思う。

この水準で再度はんぱつできるかどうか?
分水嶺に我々は立っています。

ひょっとして
リーマンクラスの激震が来ないかあ。

妄想抱きつつショートを抱える新天地なのですた。

来い、暴落。カモンクラッシュ。


2018年3月31日土曜日

この壊れ方は無いよな、テスラを急落させてる一因

テスラ株が急落中です。

勿論、一番の要因は予約金を受け取っておきながらまともに生産できていないモデル3の問題でしょう。

しかしここに来て「モデルX」の事故が波紋を広げています

その写真がこちら。

 
死亡事故なんだけど「クラッシャブルゾーン」(わざと壊れてエネルギーを熱に変えて乗員を守る部分)が壊れるというより「無くなって」おり、乗員がもろ衝突時に激しく損傷したであろう写真。
 
これだけの高級車がこんな壊れ方をするなんて?という衝撃的な写真です。
加えてモデルXは自動運転を一部実現しており、そこに問題があった可能性も否定できません。
 
テスラは「秘密主義」で事故の詳細を全く明かしていないことも投資家の不信を買っています。
 
 
余談
ドイツの車やボルボの車は安全性で高く評価されてきた。
というのも彼らは高速道路などでの事故の知見を多く持ち、公的なクラッシュ試験よりも高い速度エネルギーの事故、あるいはオフセット衝突(一部分にネルギーが集中する事故)などに対応してクルマを作るなどしてきた。まず、車の設計にあたっては高い優先順位で衝突安全に対する設計があり、次に乗り心地や運動性能、空力等に設計が移って行く。あるいは「作りやすさ」などの設計に。
 
対してモデルXについては、公的な試験に対応する強度とかクラッシャブルゾーンを採点限度は備えていたのかも知れないが、ちょっと条件が厳しくなったところでパッシブな面で安全保全ができなかったのではないか?
 
テスラが状況を言わないので憶測になるけど、テスラにはそういう公的試験を超えた事故に対応する設計が無いのかもしれんね。本来、大きなエンジンがない電気自動車はこと、フロントのクラッシャブルゾーンの設計には有利なはずなんだが。つぶれにくい大きなエンジンをフロントに置く必要がないから。
(勿論、重いバッテリーがあるから燃えたら危険とか重い分衝突エネルギー大きいとかハンデもある。重量軽減のためにシャーシー自体は分軽く作ろうとする設計者のハンデもあろう。軽量化のために強度面では劣る(面もある)アルミを使わざるをえない設計上のハンデもあるね。あるいはコストも。経験の無さも)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ある部分でテスラと「タッカー」がすごく被るんだよね。
まあ、タッカーの株価がビッグスリーを抜くなんてことは無かったけどねw
 
あるいは 
ギャンが好きだったスチュードベーカーとか。
 
「いい車だった」んだけどね。
 
って未来に言われる車になるかもね
 

2018年3月30日金曜日

貴乃花親方は喧嘩をしすぎたんだよ

このまえの寄り合いで、二所ノ関一門を代表する形で貴乃花親方を「糾弾」する形になったのが元安芸乃島の高田川親方。

高田川親方はご存し、元藤島部屋(現在は貴乃花部屋)出身の力士で、貴乃花の先輩に当たる。
その高田川親方と貴乃花親方は絶縁状態というか多分口も聞かない状態だろう。
なんでそんなことになったかと言えば。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もともと引退あと、藤島部屋付きの親方になって同じ部屋で所属してた。

しかし次第に部屋運営や稽古の考え方、諸々の精神的な反発などから両者は険悪に。

まず、高田川親方の引退相撲に弟弟子だった貴乃花が出席拒否。
さらに高田川親方に対して部屋への出勤停止mさらに出入り禁止を言い渡した。

仕方なく高田川親方はどこの一門にも所属していなかった千田川部屋への移籍を希望するのだが、貴乃花親方は「移籍の書類」一切への署名を拒否。
ここに至って高田川親方は「そこまでするならいっそ破門してほしい」とまで問題はこじれた。

結局、本来移籍に必要な親方の印鑑は押してもらえず。代わりにすでにがんで病床に伏していた11台二子山親方(貴乃花親方の父)に印鑑を押してもらい特例で移籍を認められた。。。

(余談。最近ようやく高田川部屋から複数の関取が出てきて、部屋も好調のよう。一度、一緒にお寿司を食べる機会があったのだが、この時にこんな事言ってた。
「部屋の価値ってのは関取の数で決まる面もあるんですよ。だから手っ取り早く学生横綱とか外国人力士をスカウトする部屋も多いんです。でも自分は下から叩き上げの力士を育てたいですね」

ってなことでいまだ大学生出身の力士とか外国籍の力士は所属してないみたいですね。
この辺はたもとを分かった貴乃花親方と似てて「ガチンコ路線」といいましょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
独立系の親方になった後、二所ノ関一門に入った経緯の中には明らかに貴乃花一門に対抗する気持ちもあったと思うんだよね。

それが今回、ブーメランのように帰ってきた。
高田川親方も取材で答えた以上の気持ちがあったような・・・。そんな気はします。

2018年3月29日木曜日

結局、人。富士写真を追っかけてきて、今回良かった。

新天地はカメラマニアです。カメラ大好き。カメラにまつわる株取引でも結構利益を上げてきました。

2000年頃の話。アサヒカメラ?だったかなを読んでた僕は、その中の記事でこんなのを読んだ記憶があります。CCDやC-MOSの進化は目をみはる物があります。10年立てばデジカメがフイルムカメラを駆逐するんじゃないでしょうか?現像する手間や設備がいらない上に、将来はデータとして瞬時に世界中におくることができるようになるから。特にジャーナリズムの世界では急速にフィルムは駆逐される云々

今となっては「当たり前」に思われる記事ですが、当時まだまだかなり荒い画質のデジカメしかなく、カメラも大きく、高い時代。まだデジカメがフイルムを駆逐する、とは言い切れない時代でした
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし富士フイルムの経営陣はすでに2000年には「このままではフィルムはなくなる」と考えていたのです。全力で新事業、しかもそれはフイルムで培ったナノテクなどで裏打ちされた高度なモノ、を立ち上げてことごとく成功させたのです。

これが数年遅れていれば富士フイルムだって経営危機に巻き込まれていたかも。
「さすがの会社だ」と僕の頭にインプットされました

そしてある一節を思い出します。ギャンが100年前に言ったセリフ

「デュポンの関連会社を買え」

つまり、デュポンが見込んだような会社なら技術力かあるし、デュポン本隊が商売を助けてくれる。株は成長しやすいと言うわけです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
富士フィルムがJーTECを連結子会社にしたときからずーっとこの会社を追いかけてきました。
それは「富士フィルムが見込んだ会社」だから。そしてこの会社なら親会社自身が動いてビジネスを広げると確信してたから。

今日出てきたIRはまさに新天地が期待していた事。
シナジー効果をもたらすよう、親会社が動いて利益を増やしてくれます。
(富士フィルムだって保有する株が上がれば大きなプラスです)

自分の味方は正しかった、と自慢しておきます。

幸福とともに株価は止まるわけですがw新天地はまだ幸福じゃないよ(*^^*)
2000は通過点だ(まあこうやって調子に乗ると株価は止まるけどね)

大相場期待ということで。

自慢話(長い)のコーナーでした。

でも極端な話、こうやって陽線立てた銘柄の初動買ってけば、相場観とか会社の知識とか経済のこととかバランスシート知らなくても勝てるって話もあります。

そのはなしはまた今度、

病院でやること

むかし姉が足を骨折して、夫婦で医者通いしてたことがあった。

夫婦ふたりしてお医者さんに向かって「この機械いくら?」「どんな仕組み?」と聞きまくり、二人して「ああ、これやったらうちでも作れるね」

ってどんな患者やw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たぶん、遠くない未来、音響メーカー製の医療機器が出てくるでしょ

「だって富士フイルムだって作れるんだよ。フィルムの会社なのに(実話)」

高田川親方が怒るサイドなのはわかる。

新天地の義父は、高田川親方と親しいです。現役時代からよく知ってますね。
部屋を建設した時は縁あって仮設材を会社で運んだこともあります。

安芸乃島は引退後、部屋付きの親方になったのだが、独立する際に貴乃花親方ともめて、破門するしないのそうどうになった事がある。

ずっと独立系の親方として部屋を経営してたのもそのせいでしょう。(いまは二所ノ関一門)


そりゃ、怒りたくもなるよなあ、

2018年3月28日水曜日

安倍しか居ない、っていうんなら結局売りなんだよね。

証人喚問は「逃げ切った」

でもこれで「逃げ切り勝ち」とは僕は思わない。結局特捜部にバトンが移っただけ。
これで特捜部がいろんな事見つけたらもう混乱では済まないよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安倍首相の代わりはいないんだ!という人がいるけど、じゃあ安倍さんがなんかあったら日本終ってことだよね。

変わりの居ない組織の株価がどうなるか?カルビーの昨日の日中足見るがよろし。

代わりが居ないってことは「終わりのリスク」を常にかかえこんでいるって事。
変わりがないから辞められません、って思っているなら思い過ごしか傲慢にすぎるかそんなところなんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
差し控える、ことで自分の身は守った。

しかし肝心の「役所のモラル」とか信頼は粉々に砕け散った。
あそこまで酷いことをして自首しないってどうなんよ、ということ。

あれを北村弁護士は「是」としていたけど、それは刑事弁護の観点からでしょ。
モラルという面からは「否」というしかない。

差し控える権利はある。しかし権利を行使することで信頼は永遠に失われた。
そんな状態でまだ政権運営続けていくの?それを許していいの?こんなやつが
適材適所だったの?

そういうお話。いずれ株価はそれを折り込みに行く。天網恢恢疎にして漏らさず。
あるいは誰かのマネをするなら「天が知る地が知る人が知る」。

225は「安倍存続」と判断したように見えるが

27日の相場は大幅反発。自己不在の中、配当の再投資や安いから買ってみるとか日銀出動とかあったようだ。証人喚問で「政治家の改竄への関与」が否定されたことでこれ以上問題拡大は無い、と判断した面もあろう。

新天地はまだ総辞職リスクは残っていると考える。

本来なら、自民党内で安倍おろしが吹き荒れるような案件だからだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というわけで、リバウンド狙いで結構225を買ってきたけどそろそろ「まさか」に備えて225ロングは減らし気味に。逆に上がった時はしっかりショートを作る意識をもって。

繰り返しになるけどドカーンと上がった時に買わされる、ドドーンと下がった時に売らされる、というアホな局面だけは避けたい。

確実に「これはとれる」と思ったところをスパンスパンととっていきたい。
相場の上下動が増えるのは、長らくの上昇相場が終わり、下げに向かう局面ではよく見られる、とギャンは言っているのだから。

2018年3月27日火曜日

チャートだけで買うw

新天地はギャン信者です。

ギャンと言えばギャンアングルのように非常にテクニカルなものあるいはギャンのカーディナルマップのように数秘術というかオカルティックな物が有名です。
あるいは、研究者によっては占星術こそギャンの真髄という人も・・・。(ギャンはもともと農作物の先物出身なんで、星回りによる豊作凶作を研究してたんやね。サイクル的な考えも農作物相場から生み出されたと言えましょう)


一方、放れにつけ、という至極当たり前な話こそ大事なんだろうな、と思わされることも多くあります。特に1920年台までの著書では「下値や上値が切り上がる」ことを相場の強さの証明としていますし、トライアングルから新高値をとってくる所、出来高が増加するところを相場のキモとしてそこで相場に入れ、とも書いている

さて自慢話


7774J-TECの月足
出来高を伴い、陽線を一本立てた。

ここに至るまで4年ほどのもみ合いを続け、株は僕のような「この株上がるだろう、抱え込んじゃえ」と思っている人間に買い集められたのだ。

ここに来て、ジェイス(培養皮膚)の売上などが伸びてる。ジェイスは当初大やけどの治療(緊急を要するような救命用途)に使われてきたんだが、これは培養しても患者が死んじゃって、利益が出なかった。これが「死なない患者」向けに使われるなどして利益率が上がってきたんだ。

新天地が重視してるのが富士写真がバックについてること。
ちゃんとした技術さえあれば、「市場を開拓する」ことに長けた親会社がなんとかしてくれるだろうと。
それは2000年からの写真フィルム全滅危機において証明されてるし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この陽線が立つ前に「抱え込んだ」ことが勝因アル。なので当分下がっても我慢できる。
上手く行けば3000円とか4000円まで。。。。まあ夢ですけどね。

10000株もってればこれだけで億り人になれるかもよ(壮大なハッタリ)

あー、ポジショントークなので今更買ってソンだしても責任は取りませぬ1200円位のときから推奨してた銘柄なので(*^^*)
あとはどれだけ外人とか機関投資家が乗ってくるかだけ。
本当に上がるには出来高が必要。本業もライセンス料とか入ってくるようになればねえ

2018年3月26日月曜日

我が家の桜はまだ八分かなあ


我が家の桜
まだまだ満開には至らず
春は遠からじ、ですが。。。

2018年3月25日日曜日

鉄の値段が下がる件

アメリカが鉄鋼の制裁関税を発動。みんな鉄をつくってるとこ困るなあ、と思っただろう。

ところが案外日本の製鉄業は競争力があるので、シームレスパイプなんかは関税かけられたって輸出できる、困らないなんて話が出てる。

困るのは中国でしょ、アメリカに輸出できないから。と.

それは当たってるが当たってない。
じゃあ、中国はアメリカに輸出できないからどうするか?
簡単に高炉は止めあれないんである。

作り続けなくては行けないしm、どっかに売りつけなくてはいけない。

簡単だ。日本を含むアジアに安く売るんだ。
日本国内の鉄鋼製品の値段は間違いなく下がる。
ウチも持ってる敷鉄板とかリース料も下がるし、製品の価値も下がる。

仮設リース業界、ストロングセル。
資産価値が下がるだろう分だけでも空売りする価値あるだろう。

そしてそれを運ぶ我が社にも利益が減るように跳ね返ってくるでしょうね。

こういうとこまで気がついてる人はどこまで居るか。
おそらく仮設の会社の経営陣でもまだそこまで思い至って無いと思う。

鉄の値段が急落してから、ああそうかって気がつく、に3000点かける(*^_^*)

2018年3月24日土曜日

ワスプとF35Bが切り開く「軽空母新時代」

アメリカ軍が「強襲揚陸艦」ワスプにF35Bを離発着させる訓練をはじめて報道陣に公開しました。
それほど大きくは取り上げられていないニュースかもですが、軍事的には結構大きな話だと新天地は思っています。

いままで、「空母」と言える物を運用できる国はアメリカ、ロシア、中国くらいになっていました。というのも現代の能力をもった戦闘機は非常に大型で、その船を飛ばすためには大型の船と何らかのカタパルトが必要だったのが、不要になったのです。

ロシアも中国も持ってない機動力の有る軽空母。
これはゲームチェンジャーといっても良いんじゃないかな。

ざまあみろと(*^_^*)

三角持ち合いは完全に下に放れて、自称「売り屋」とチャーチストの面目は保ったが。



NYダウのチャート(日足)。クリックで拡大

三角持ち合いからの「下放れ」、流石に下に放れたと言い切っていいでしょう。ブログに「予想」したとおりの動き。結局、いろんな材料を織り込んで下がったけど「売られるべき位置」まであがっていたということなんだとおもう。株価を崖の上から突き飛ばしたのはトランプだけど、株価が崖の上に立ってたってことね。

目先は、前回急落時のザラ場安値が下値メド。また、これを切っていくようならさらなる下げもあり得るかもだが下げのスピードが早いので当然買い戻しでリバウンドを交えながらということになるんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ほぼ見立通りの下げ、自分もショートポジションもっててまだ手放してない。売り屋としてはここで儲けなければしょうがない。それにブログで書いたとおりに100%動いたんだからまあ「株式投資日記」のブログの書き手としては良かったか・・・。

ところで、いつも思うんだが、相場が上がっている時に相場を「当てる」と明らかにページビューが伸びる。(過去に書いた銘柄が急進したときとかも一緒)

でも「ブログで相場が下がることを当てても閲覧数は伸びない」んだよなあw

いっつも思うんだけど不思議。
下げだって当てれば儲かるし(あるいは損失を限定できるし)有用なネタだと思うんだが・・・。


株式新聞とかがいつも強気の理由はこれなんだろうな。弱気を当てても部数につながらないんだ。多分。昔の武者さんは弱気だけで稼いでたんだからその点すごい人だったと思える今日このごろ。

2018年3月23日金曜日

NYダウの三角持ち合いは下放れが確定かなあ。。。(まだ半信半疑)


NYダウ日足。700ドルとちょっと下げたのでほぼこれで三角持ち合いの下へのブレークは揺るぎない。と思いたいが相場なんで絶対はないけどね。

あとは前回の下げの安値とか最後の上昇に入ったまえの「押し目」が23000円じゃなかった23000ドルの少し上にあるのでここでリバウンドするかどうか、とかかな。

新天地はダウに関してはショート作ってあるのでこのまま放って置くでいいや。
戻りは売り、だと僕は思っています。アメリカ人馬鹿だから絶対は無いけどねw

2018年3月20日火曜日

さて、三角持ち合いのNYダウは下に「放れる」のか?

NYダウ日足。

三角持ち合いが日柄的に完全に煮詰まった状態の仲、フェースブックを不正に利用して情報をトランプ陣営の委託先が抜き出した、なんて話が出てます。
NYダウは大きく売られました


見ていただいてわかるように、三角持ち合いのサポートラインを下抜きました。
チャートの教科書通りならこのまま下向きのトレンドで結構値幅が出るということに。
ただ、全体から見れば300ドル程度の値幅ですのでまだ「だまし」であるケースも考えられるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上手く行けば4000ドル程度の値幅が抜けると思ってショートしてます。
うまくいきますように(^^)

池田議員w

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E4%BD%B3%E9%9A%86

池田 佳隆(いけだ よしたか、1966年6月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

  • 憲法改正に賛成[13]
  • 女性宮家の創設に反対[13]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[14]
  • 集団的自衛権の行使に賛成[15]
  • 軽減税率の導入に賛成[15]
  • アベノミクスを評価する[15]
  • 村山談話・河野談話を見直すべきだ[15]
  • ヘイトスピーチの法規制に賛成[15]
  • 「道徳教育をすすめる有識者の会」に賛同[16]

  • という典型的な日本会議w
    典型的な安倍チルドレン。魔の三回生。

    まあ頑張れや(^^)/