2018年4月28日土曜日

グラスVSスペシャル。有馬の死闘



スペシャルウィーク死す。僕的には1999年の有馬記念が印象に残ります。
とにかく豪華な出走メンバー。グラスワンダーにテイエムオペラオー。ナリタトップロード。名牝ファレノプシス。ステイゴールド。その他シンボリインディとかメジロブライトとか。年度代表馬とか殿堂入りするような馬が沢山出ていた戦いでした。

グラスワンダーが抜け出す。大外では直線に向いてスペシャルの武豊がステッキを抜きます。
まるで刀を抜くように大きなアクション。ジョッキーの見せ場。

こうやって最後まで足を貯めに貯めた3番の武豊スペシャルウィークが鬼気迫る足でつっこんでくるのです。ゴール前、上半身を投げ出すように体を前に出す武豊とスペシャルウィーク。

スタンドに帰ってくる際、グラスの的場は「負けたかな」という表情。対するスペシャルウィーク武豊は勝利を確信したかのようなガッツポーズも見せます。。僅差となった勝敗は写真判定になりました。しかし長い長い判定の結果は・・・・。


レース後の武豊の「ウソだろ・・・」はとても印象に残ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このレース、競馬の神様、大川慶次郎が最後に「予想した」レースでもありました。

テレビの中継中、井崎さんに有馬記念の勝ち馬予想を聞かれた大川さんは勝った馬を見事的中させます。
ただ、大川さんはレースを見ることなく、病死されています。。。

もっとも僅差となった有馬記念でした。

2018年4月27日金曜日

亀山の田舎にも、ネットな右翼の自民党の方がw

亀山市議のTさんさんのブログが一部で大受け

なんでも「国民の敵」をリアルに自分の公式ブログで公言されたんですな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
亀山市の「へんぼうじ」といえば、ほんとーに田舎です。新天地の実家も田舎ですがそれと同等かさらに人が少ない・・。(ちなみに、辺法寺へんぼうじとはお寺の名前が地名になったんですね。亀山には長明寺などそういう名前が複数ある)


というような田舎、平和な街でこんな過激な表現を顔出ししてする人がいるとは・・・。


自民党もタガが外れてるよなあ。こんな表現してマイナスになることはあってもプラスにはならないのに。一票でも多く取る、それが自民党の強さだったのにね。
まあこの市議さんは1000票もとれば当選できるんで余裕なのでしょう。少々暴言はいても当落に影響なしなのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみにTさん、後援会の人と金銭トラブル抱えてて民事で係争中。。
普通なら市議会で問題になるはずだけど、亀山市では問題にならんようだ。

客観的に見たら結構悪質な・・ゲフンゲフン。

そういうわが田舎(*^^*)。

ヒュンダイ自動車、低迷を乗り切れるか。

ヒュンダイ自動車は26日、1-3月の業績を発表。

ある程度は悪いことは予想されていたことだが、売上高22兆4366億ウォン(約2兆2500億円)、営業利益6813億ウォン、当期純利益7316億ウォンと発表。前年同期比それぞれ4.0%減、45.5%減、48.0%減。

純利益の減少は予想を超えていて、株価はズルズル下げ、-4.57%の下げとなった。
(最も、ここ数週間戻り歩調だったので、その分の値段を失ったとも言えるんだが)

それでも2013年の高値に比べれば、今の株価はその60%の水準に低迷している。これだけ世界的な株価上昇が進んだ中での低迷だけに目立つ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヒュンダイは結局「三重苦」を抱えての経営になっている。ウオン高、労使対立(スト)そして中国市場でのアゲインスト。

トランプ大統領になってからは、ウオンを安く誘導するような行動は全くできないし、ガンのように巣食う貴族労組は左翼政権の発足もあり全く勢いを失わない。さらに中国でシェアを落としたまま回復の糸口すらつかめていないのが現状。

さらに、実はアメリカ市場でも10%程度売上を落としており、商品、ブランドに陰りが見られるのかも知れない。自動運転とか、出遅れた感もあるしねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局、一番はSUVの販売台数増加についていけなかったことが最も深刻な影響を与えたのかも知れない。自称世界初の量産燃料電池車とか発売したけど販売台数としては微々たるものなわけでパワーソースの開発も問題になってくるか・・。

昨日の「駄目でした」会見の中では、「中国以外は伸びてきてるんです」「今年後半以降、新型SUVにとか高級車の販売を計画してます」ってんで巻き返しを打ち出しています。

アメリカ市場でのテコ入れ、中国市場でのSUVの販売。そして労組。これがうまくいかないと海運と同じように斜陽化していく可能性はありますね。まさか潰れないとは思うけれど・・・。

2018年4月26日木曜日

バトミントンとお金に思う

バトミントンの話、いろいろ思うことがある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話はぜんぜん違うが、学校のクラブ活動の話を思い出す。

父はバスケの活動やってて、結構偉い人だった。
しかし、活動費は結構持ち出しのことも多い。じぶんの学校の活動で出かけるときも自前の車。好きじゃなきゃやってられんと。勿論学校からもお金は出るが、差し入れのアイスクリームなんて買ってもお金は出ないw

一方。

結構偉い人でもあったので、備品の発注とかの権限あった。
なんで有名スポーツ用品メーカーの社長さんとかが遊びに来ることもあった。

が、当然公務員なんで絶対に金品のやり取りは不可!
冗談抜きで、子供にお菓子持ってきても駄目!ってな話だった。その辺、僕と違ってw父親は頑なまでにガードが硬かった。せいぜい、カレンダーとかもらうくらいだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全国的なニュースになった話だが・・・。ある高校の先生。父親のもと同僚、僕の家にも何度か飲みに来たことのある野球部監督の先生がいた。ある有名なプロ選手を送り出したり、甲子園で強豪高校を破るなど、公立高校の先生でありながら結果を残した、ものすごく指導力がある先生だった。あの長島さんが直々に高校までその選手を見に行き、良い指導をされてる、と褒めて帰ったなんて逸話もあった。それこそ、高給で私立高校から引き抜きがくるような実績のある先生。

その先生だが、悲劇的な最後を迎えてしまった。父母から部活動の活動費を集めていたのだが、その口座が個人名義で「横領したんじゃないか」っていう話が出てたという。

父曰く、かれは絶対そういう事をする人間ではなく、むしろ活動にあたっては持ち出しになるような実情があったという。しかしきちんと経理をしていなかったためにあらぬ疑いがかかり、結局自殺してしまったと・・・。学校の先生だから教育とか指導はできたんだけどそういうお金の管理の仕方が上手くなかったんだろうねって。

お金の勘定はきちんと綺麗にするのは勿論、疑いがかからないようにきちんと出入りをはっきりさせないといけないよな、父がこう言ってたのを思い出す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バトミントン。おそらく運営資金と賞金の管理でこう言う管理がきちんとできていなかったのかな?なんて思う。
一方の話だけを聞いて「監督けしからん」というのはちょっと酷なような気がするのだ。
勿論実際の所どうなのかは全くわからないけどね。

暴行罪とあおり運転

最近、煽り運転で「暴行罪」での逮捕や摘発が話題になっています。

「暴行」というと直接手で殴る、足で蹴るようなイメージですよね。それがなぜ車で煽っただけで「暴行罪」になるのか。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
犯罪が成立するためには、まず法律で「構成要件」というのを示し、その構成要件に該当するような行為、あるいは不作為(何もしないこと、)が必要です。(さらに違法性や責任の有無が問題になります。が省略)法律を見てみましょう。

刑法第208条
暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

刑法208条はこう記しています。
じゃあ「暴行ってなんなのよ」ってのが法律問題になるわけです。

日本では「暴行とは人の身体に向けた有形力の行使」というのが通説、判例です。つまり直接的になぐったりしなくても刑法で言う「暴行」になりうるというわけです。


これをあおり運転にも解釈を合わせたのが最近の警察の動きというわけ。煽ったりする行為は有形力の行使だと言うわけですね。

煽り運転は絶対ダメ!社会的責任を大きく問われることになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ

有形力の反意語は「無形力」
無形力には音波などが含まれます。

はしか

新天地は合計3度ほど死にかけたことがあります。

もともと病弱で、姉などは「弟は大人になる前に死んでしまう」と思ってたらしい。幼稚園に上がるまでの5年ほどのあいだ、三分の一以上病院通いか入院してたらしいです。
本来なら幼稚園には三年間通うのですが、最初の年少さんに当たる期間、ずっと入院してる有様で幼稚園にも保育園にも入れなかったそうな。ようやくまともに生活できるめどが立ったため、それで幼稚園は中途入園で梅村幼稚園という中京大学系の付属幼稚園に無理やり?入園しています。この辺もいま思うと祖父の政治力だったんでしょうが。。。

その「はしか」で死にかけたのがもっとも深刻でした。40度を遥かに超える高熱。なんでもはしかが発症してしまうと、対症療法しか打つ手は無いそうです。日赤病院に担ぎ込まれた新天地。担当の先生は両親にこういったそうです。「今夜が山場です。家族の方は今日中に呼んでください」。

50%以上の確率で死ぬなあ、というくらいの重症だったそうですが、悪運強く生き残りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんでもちょっと風邪気味だったのに人通りのおおいうところに連れ出したのが原因だったとか。
こればっかりは仕方ない話なんですが。

さて、普通、はしかは二回予防接種を受けます。

でもいっかいしかうけて居ない人、あるいは受けていてもすでに効力がない人なんて人もいます。
できれば再接種をお医者さんにそうだんした方が良いと思われます。

最近沖縄や愛知で発病が確認されています。
ひょっとすると結構な規模で感染する可能性も。

とくに
「老人や子供と接触する」ひとはその人たちに感染させないためにも。

また、社会全体としてもはしかを大流行させないためにも。

ちいさいお子さんをお持ちの方は、少しでもリスクを避けるために接種を受けたほうが良いと思います。本当に僕みたいに「死にかける」(もしくは本当に死ぬ)可能性のある病気です。

(勿論、接種にともなうリスクもごく小さいながらあるのも事実です。事前に確認をお願いします)