2017年12月16日土曜日

ひとには立場が有る。あるんだが・・・。

自分の父親は、高校の先生としてはかなり出世した。県の校長会の会長や副会長にこそなれなかったが、ナンバー3まで上り詰めた(県の高校のバスケットボール協会の会長とか、県の地学学会の会長とかもやってた)。お寺と兼業でやってたんだからよく考えると子供から見てもびっくりな働きぶりであった。というか頭おかしいw)

さておき。
三重県は日教組系の三教祖という組織が強いことで知られる。おそらく全国でも有数の組織率だ。20年前なら90%を超えてたんじゃないかな。父もそうだった。

学校の先生にも出世競争というのがあって、早い人では40を超えた辺りから「出世コース」に乗っていく。自分の父親も42歳で学校の現場から離れ「管理職」になった。直属の部下こそ居ないものの民間で言う課長や部長扱い。そうするとそのまま労働組合からも外れることになる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと前まで、熱心に組合活動もやらされてたのに4月1日の異動をもっていきなり対峙する側に回るんである。こんときに父が言ってたのをすごく思いだす。

「人にはそれぞれ立場がある」

あたらえられた役割がある以上、それに従って仕事しないと。
でも相手にも立場がある。だから、面倒くさいとおもう交渉相手でもまず「ご苦労様です」、と相手を思いやる気持ちから始めないと。


組合の要求なんで管理者側からすれば「飲めない」要求も多い。でもそれも要求する側からしたら飲んでほしいんだと。それを理解してからしか交渉は始まらないと。頭ごなしの「そんなの飲めない」では「飲めない」という主張さえ始まらない、と

逆に自分が組合活動をしていたことと、管理職の立場で活動していることは正反対のこともあるけどそれは矛盾しないんだ、と。人には立場があるんだと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相撲協会の姿を見ると「ああ、人には全て立場があるんだな」と。

こうなってくると立場とかしがらみがない中立の人間を連れてこないと、もうどうしようもないかもね。協会という本来中立の立場の人間が被害者側を攻撃している今の構図では問題解決は進まない。裁判所が「被害者、お前も悪いから罰則な」なんてありえないでしょう

ありえないけど、相撲協会ではそれが起こっている。
検事経験者とか連れてきても、その検事経験者が協会と一緒になって
ことを進めているんだもの。救いようないよなあ。立場がうつれば中立でなくなってしまうんだろうが、立場はある。でもあなたの役割はそれですか?と。

秋霜烈日のモットーがないてるよ。

2017年12月11日月曜日

レインボウキッチン再訪


レインボウキッチン行ってきました

相変わらずおいしい(^^)/
団子坂の途中のお店。

たまごq。結構好き(^ ^)
そしてダブルチーズバーガー♪( ´θ`)ノ
手前。奥は奥様のベーコンバーガー(^ ^)
至福の時なのです。