2017年4月15日土曜日

おさらい。空母打撃群とは。。投資家軍事豆知識

アメリカが空母カールビンソンを含む艦隊を朝鮮半島に向けて回向させニュースになりました。

軍事オタク的には、アメリカの空母艦隊のことを「空母打撃群」と言います。(Carrier Strike Group CSG。)

空母打撃群とはぐたいてきにはどんな艦隊でしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空母打撃群と言うからには、まず空母。アメリカは現在ニミッツ級と呼ばれる空母を10隻保有しています。この内の一隻を中心に艦隊を組みます。

空母1隻、その艦載機90機。タイコンデロガ級イージス巡洋艦一隻。アーレイバーグ級イージス駆逐艦2隻、ロサンゼルス級攻撃型原潜(主に船や潜水艦を攻撃する潜水艦)一隻、そして補給艦からなります。

え?少ないね?と思った方。ちょよっと鋭い。
昔は船の数がもっと多かったのですが、武装の質があがり、この組み合わせだけで十分な攻撃力防御力を持つのです。
もっとも少ないと行っても、この打撃群に乗り組む船員の数は役7000人!
まさに一つの軍事基地が大海を航行している、そんなイメージです。

中心になるのが原子力空母


全長333m(東京タワーと一緒)、全幅77m。最大戦速は非公表ですが時速55キロ以上と言われています。艦載機の数は90機。
空母自身は身を守る最低限の武装(短距離の対空ミサイルと対空機関銃)しか持ちません。
艦載機と「お付き」のふねにまかせているのです。

アメリカ軍の空母の特徴は「蒸気カタパルト」(アメリカしかもってません)によって同時に二機を離陸させれる、なんて面があげられます。
また昔(1990年代)は「戦闘機」(F14トムキャットなど)と「攻撃機」(A-6イントルーダー)などに分けてとうさいしなければ行けないため、「最大能力」(戦闘機の最大数、攻撃機の最大数)が限られましたが、現在は「対空戦闘、対地対艦攻撃」も両方こなせるF18が積まれているため、状況に応じて戦力を切り替えることが出来ます。(例えば最初は戦闘機仕様のF18多く使い、制空権を握ったら攻撃機仕様のF18を使うなど)

よく言われるように、飛行機90機というのは中小国一国の航空戦力に匹敵、もしくは凌駕するものになります


ファンディーナの皐月賞、いよいよ発走

デビュー戦の時からしつこくファンディーナ、ファンディーナ書いてきました。
オークスで人気になるとおもってたけど、まさか皐月賞に出てきて前々日売りながら単勝一番人気。


あすの日曜日。中山競馬場でいよいよ牡馬クラシック第一戦、皐月賞が行われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マスコミに書かれているように、皐月賞に勝った牝馬は戦後混乱期といえるような時代まで遡らないといけません。
それだけ牡馬と牝馬の間にはこの時期普通は埋まらない差があるというわけです。

しかしながら、このファンディーナという馬はそういう性別の差をうめて余りあるだけの馬だと思います。

大きな馬体、柔らかい筋肉、柔らかいフットワーク、強い心肺能力。そして騎手の言うことを素直に聞き、走ることに前向きで。欠けているピースが無い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題は「大きすぎる馬体」がもたらした調整の難しさでしょう。

足元に不安があったため、デビューが遅れ、デビューが遅れたために中3週の結構きついローテーションで此処まで来ました。年明けで4戦目。馬にとってはかなり負担がかかっていると思います。
また、本来ならば急速とトレーニングで超回復を織り交ぜながら能力アップを図りたいところですがそこまではできてない。今回の臨戦過程には疑問もあります。。

これで人気一本かぶりは解せないなあ。。。馬券は正直オススメできないですね^_^;
----------------------------------
レースは明日16日の日曜日。中山競馬場芝2000m、15:40分出走。
フジテレビとNHKで地上波中継があります。


おまけ
今回、77回の皐月賞になります。

7絡みの馬が来るんじゃないかという話もありますがw

2017年4月14日金曜日

MOAB,「核兵器を除いて最大の爆弾」をアメリカがアフガンで使用。

アメリカ株が下げた。アメリカ軍がアフガンでIS基地?に向けて米軍最大の通常兵器、MOAB(Massive Ordnance Air Blast、大規模爆風爆弾兵器)を使ったことを嫌気したという。

MOABは俗に Mother Of All Bomb と言われることもあります。それだけ強力と言うことですね。

さて、新天地にて(軍事オタク)ですから「モアブ」ってなんやねん、だけ書いておきましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モアブは「デイジーカッター」の後継爆弾です。

詳しくは明らかにされていませんが、爆弾の重さは約10トンと非常に重く、爆弾の直径も1m、長さは9mと言われる爆弾としては「巨大」なものです。
一部では「気化爆弾」などとされることもありますが違うようです。
いわゆる、エマルション爆薬と呼ばれるゲル状の炸薬が使われているとも言われますがこの辺も謎が多い。たしかなことは その爆発力。爆発実験ではきのこ雲が上がり、まるで核爆発のようだったそうな


あまりの大きさに、通常の攻撃機や爆撃機には搭載できません。
どうするかというと、大型の輸送機に、写真にもある台座(パレット)ごと積み込むのです。

例えばC-17輸送機

デカイです
戦闘車両ががつめるくらいデカイ。

こうやって積み込んでおいて、高度10000とかの高高度で、輸送機の後部ハッチを開きます
これは地上でハッチを開いた写真。空中でもこうやってハッチを開け閉め出来るようになっています。爆弾を載せていたパレットには小さなパラシュートがついていて、空気抵抗で爆弾とパレットは空中に引き出されます。
これは多分2003年の実験映像
 
このようにやや原始的な落とし方をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前の機種のデイジーカッターは爆弾そのものにパラシュートがついていて、それで減速落下していく仕組みでした。誘導装置はありませんでした。

しかしそういう大型パラシュートを使うと、風に流されて精度が低くなります。誘導もできません。
「的に当てる」ためにはどうしても低い高度から落とすことになり、爆弾を落とす飛行機が撃墜される可能性がそれだけ上がります

しかし、モアブはパレットと爆弾本体を機外に引き出すために小型のパラシュートを使うのみ。
爆弾を落とす飛行機はできるだけ対空ミサイルや砲火で落とされにくい高高度を飛行しMOABを投下します。
パレットごと機外にでたモアブは直ちにパレットと切り離され、目標めがけて落下していきます。

写真についている羽(フィン)は可動式になっており、GPS信号をうけて任意の座標に誘導され任意の高度で爆発させることが出来るというわけです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな便利なもんがあるなら、シリアで使えよ?って。

使えないんです。

何度も言うようにこの爆弾輸送機輸送機でしか投下できません。
いくら高高度を飛行しようとしても、相手が戦闘機をもっていたり、高性能の地対空ミサイルを持っているようなケースではやっぱり危険にさらされるわけです。
一方的な戦局でしか使えん。今のところは。

ロシア軍がいるシリアでは使用をためらうでしょうね。
そのてんアフガニスタンなら、敵は戦闘機も高性能地対空ミサイル車両もない。
比較的安全に使用できるというわけです。

2017年4月12日水曜日

空爆ではなく、まずはミサイル撃墜で対応?

アメリカ軍はイージス艦を含むカールビンソン空母機動部隊を韓国にとんぼ返り。

一地域に空母が2隻、それに伴うイージス艦も6隻、おそらく潜水艦も4隻以上は帯同しているものと思われます。さらに西海岸からも駆逐艦数隻を向かわせたと言われておりまさに「準戦時体制」非常に異例の事態です。

これらの艦船は、トマホークによる艦上攻撃に加えて、イージスシステムによる防空、もちろんSMミサイルによる、弾道ミサイル迎撃能力も備えます。

アメリカは、先制攻撃ではなく、「ミサイル実権のミサイルを撃墜」することをえらんだという見方が出ているようです。
たしかにこれなら「非難されにくく、北朝鮮も口実として韓国や日本、アメリカを叩く口実にしにくい」

アメリカ「打つなら打てや、早く」と言ってる状態かもですね。

2017年4月11日火曜日

「北爆」Xデーは4月26日、27日か。

妄想です。割り引いてよんでください。

来月5月9日には韓国で大統領選挙があります。
ひょっとすると親北政権が誕生するかもしれません。

アメリカとしては限定的な空爆を行うとしたら、新政権誕生前にやるのがベター。

そしてできれば「月明かりのない」新月が効果的と考える。ここで夜襲。戦争の基本中の基本ですな

北朝鮮にとっては目視が大きな武器でしょうから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今月2017年4月の新月は 26日。 月齢1なら27日。

ここがXデー候補と新天地は考えます。
カールビンソンが近海に展開する時間、西海岸から急遽朝鮮半島に向かったと言われる船団(ミサイルを発射できる船)これらもちょうどその頃には臨戦態勢になれる。

新天地にて、的には空母は「囮」でないかと見てます。
空母を見せつけておいて上陸部隊をだすか(ノリエガ将軍の時みたいにやるか)、あるいは戦略爆撃機で大量に爆弾を落とすか(失敗に終わったけどカダフィ暗殺未遂のやり方ね)どっちかかなと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先月3月には、世界に先駆けてwいち早く、新月爆撃説を流した新天地にて

ですが、韓国では「ニホンのネットでは26、27日に爆撃があるとの話が流れてる」
ってなことになってるそうです。噂の片棒をホンの少し担いだ新天地ですた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こういう噂、ドカドカ流してやればいいんですw

毎日、爆撃があるかも、と脅かし続けてやればそのうち音をあげるでしょ。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やるとしたらミサイル工場や核爆弾の研究所、ミサイル施設、飛行場がターゲットになるかな。
どさくさに紛れて暗殺を狙う可能性も

もちろん「予算」と相談しながら(これが現実)ですが。。。

こそっとプットオプションをお小遣いで買っておく価値くらいはあるかもです。

2017年4月10日月曜日

「三冠馬」、ファンディーナの強さの秘密を熱く語る

新馬戦以来、熱く語ってきた牝馬ファンディーナ。新馬戦をみて「バケモノだ」と思った新天地。
その後の二戦。二戦目はスローペースを追走して33秒のあがりで快勝。届かないかな、と思わせてゆうゆう届いて突き放しました。(京都競馬場ではこの半年間あらゆるレースを含めて33秒0のあがりを使った馬はいません)

 
3戦目は直線入り口でジョッキーが馬に軽くゴーサインを出したら勝手に独走wムチを使うことなく馬なりで5馬身差の圧勝。ジョッキーはもうムリはせず彼女にスローダウンを促し、明らかにスローダウンするのですが、何故か後続との差は開いていくwこの馬のスキップと、他の馬の全力とスピード一緒wもう馬の種類が違うんじゃないかと。
タイムはレースレコード。前日に行われた同じ距離同じコースの皐月賞トライアル、スプリングステークスの勝ちタイムと0.3しか差がありません。フラワーカップは超スローに流れてレースタイムはたったの0.3秒差。もしもフラワーカップがそこそこのペースで行われたレースだったとか、ファンディーナが後先考えずに全力で走っていたら、タイム差は簡単に逆転したでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皐月賞に挑戦、話題性もあり一番人気の可能性もありそうです。
それくらい凄い馬。最初から熱く語ってきた新天地としては、今頃ようやくこの馬のすごさに気がついたかと言う嬉しい気持ちと、もうみんなの馬になってしまって自分の手から遠くに行ってしまったようなw

。。。。。。。
この馬はおもうに、祖父のサンデーサイレンスと三代母Coup de Genie  の血を色濃く受け継いでいるのかなと。しかもこの2ついわゆる「ニックス」(相性のいい組み合わせ)らしいのです。
 

母系をたどると三代母は名種牡馬マキャベリアンの全妹という面白い血統。三代母自身もフランス最優秀2歳牝馬に選ばれた素晴らしい馬でした。

このうんちくは覚えておいてねw(マキャベリアンは種牡馬として大成功。その特徴は「特徴がない」w短距離から長距離、小型の馬から大型な馬までいろんな成功例を出した。また母の父など母方に入っても優秀でヴィクトワールピサやアサクサデンエンの母の父としても知られる)

日本では特に「サンデーサイレンス系」と母父マキャベリアンの相性がいいことで知られます。
ビクトワールピサ然り、最近ではヴェルシーナもこの組み合わせ。
ダートなアメリカ血統であるはずのサンデーとミスプロ系の組み合わせの子供が日本の軽い芝で大活躍するってのは不思議な感じはしますけどね。
 
この血とAPインディ、ピボタルが上手くマッチしてるんでしょうね。
また、インブリードとしてはヘイローが3×5、ノーザンダンサーの5×5。この辺もうまくミックスされているのでしょうか???

馬体はとにかく大きい。そして柔らかい。
高く上がる足、力強い四輪駆動のようなフォーム。競馬の歴史を変えてしまうかも知れない馬だとおもってます。それは大きな体で走るウサイン・ボルトのような。。。。

ただ唯一の懸念はこの大きすぎる馬体、強すぎるキック力でしょうね。
とうぜんそれだけ馬の体には負担がかかるし、仕上げるのも難しい。
デビューが遅れたのもその辺でしょう。そしてデビューが遅れたせいで、苦しいローテーションになってしまった。並のうまなら一休みさせて、かもしれませんが残念ながら「並の馬ではない」
ここで使ってくることがこの馬の使命。それがどう出るか。。。
ーーーーーーーー
新天地はこの馬に皐月賞、ダービーを無敗で取ってほしい。
そして菊花賞も制して牝馬による史上初の牡馬クラシック三冠馬。

それが可能な馬だと。史上最強、世界最強馬を目指せると。
とにかく皐月賞。来週伝説が始まります。リアルタイムで見れる幸せなのです。


負けるとしたら、どうしても目イチの調教ができない、馬体が減ってしまった、そんな不利が原因ということになるんでしょうね。

玉田、イエローカード食らうw

名古屋はさぬきに2-1で快勝(いや懐勝w)

この試合、名古屋復帰の玉田が復帰後初ゴール。
さらに交代出場の杉本がゴールを決めるなど、監督の采配がズバリ的中した試合でもありました。


しかーし。この試合のMOMは玉田に決定でしょう。

え?得点を決めたから。違います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


杉本が試合終了間際に得点して2-1とすると、交代でベンチに戻っていた玉田は我を忘れてベンチを飛び出します。

この時、汗で濡れたユニフォームから、トレーニングウェアに着替える途中だったのですw
そのことを忘れて飛び出した半裸の玉田には当然のごとくイエローカード(*^^*)

結構多く試合見てますけど、このパターンでのイエローカードは生まれて始めて見たw
点を決めた選手が喜びのあまり服を脱いでしまってイエローってのはあったけど、

何も関係ないベンチの選手が半裸で出てくるパターンは世界的にも珍しいのでは?????


アホか!!!と思いつつもとりあえず勝ったので良しとしましょう。
シーズン始まった時、岐阜にいいところなく引き分け、ジェフに完敗した時に「首位に立つ」なんて言ったらみんなに馬鹿にされるような名古屋でしたが、この数試合、悪いながらもなんとか勝ち続けています。(相手に恵まれてる面強いけどね)
不思議不思議。

玉田さん、次もお願いしますm(_ _)m




カールビンソン、行き先変更。急遽北朝鮮へ

アメリカが保有する原子力空母、カールビンソンが北朝鮮に向けて航行中。

カールビンソンはもともと、シンガポール近海をとおって南半球オーストラリアに向かう途中。
これを急遽取って返して北朝鮮に向かわせることにした。

日本ではあまり大きく報道されていないが、予定外の航行であり、「準戦闘態勢」といっても過言ではない。
カールビンソンには非常に高い練度の航空団を搭載している他、「お付き」の攻撃型原子力潜水艦やトマホークなども発射できるイージス艦数隻が帯同中。(駆逐艦2隻、巡洋艦1隻)
さらに物騒なことにグァムから数隻のイージス艦が合流すべく出港したとも伝えられており、「いつでも攻撃出来る体制」が整ったといえます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もっともここまでこれみよがしの行動となると、これをつかった攻撃は逆に可能性が低い気がしますけどね。

やるならグァムからB-1を飛ばして戦略爆撃しそうな気がします。

「新型空母」ジェラルド・R・フォード出港

アメリカの40年ぶりの新型空母J・R・フォードが海上公試に向けて出港しました。
試験が滞り無く進めば、いずれ世界各地にでていくことになります。

アメリカは現在ニミッツ級という原子力空母を10隻保有していますが、J・R・フォードはこれに続く次世代の空母になります。
開発費用も含めると「船だけで8000億円」なりwアメリカの動く軍事基地。

船体など基本設計をニミッツ級からうけ継ぎつつ、「新型原子炉」「オートメーションによる省人化」、「電磁カタパルトの採用」、「新型の着艦制動ワイヤー(飛行機は着艦する時に空母滑走路に張られたワイヤーに機体のフックを引っ掛けて止まる。これがノウハウの固まりで、ロシアとアメリカしか作れない。)」「発電能力3倍」「ステルス性強化」など多岐にわたる改良が施される。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在、三隻が建造(あと2隻が建造中)されており、その高額な建造費用などから製造打ち切りも
噂されたがトランプ大統領の就任で建造は順調に進むものと見られる。

2020年ころには日本近海にやってくるかもね。(最初の派遣先はアジア太平洋地域と言われています)


ひと目で分かる特徴は「艦橋(ブリッジ)」が小さいこと。
ステルス性能向上のためにブリッジが小さくされています。もちろん、そのためにはオートメーション化を進めて、ブリッジにいる人員や機材を最小限に留めるような設計によって可能になっている面もあります。

飛行機を離陸する時に使う電磁カタパルト(リニアモーター)は莫大な電力消費が有りますが新型原子炉の発電量アップでまかないます。

なお、開発遅れが懸念された電磁カタパルトはほぼ実用化が済んだ物の、新型の着艦装置が試験が進んでいないと言われています。このへんにも注目が集まりますね。

韓国大統領戦、大異変。中道系アンチョルス氏がムン・ジェインを逆転?

さておさらいです

韓国では二人続けて保守系の大統領が続きました。しかし朴槿恵大統領の知人で占い師のひとが無茶苦茶したせいで、大統領は弾劾され首に。汚職容疑で逮捕され、与党セヌリ党は分裂しました。

これを受けて、弾劾を主導したムン・ジェイン前民主党代表が圧倒的な支持を集めてきました。党の予備選でもワンサイドで圧勝。このまま大統領選本戦でも有利と見られました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが、ここに来て異変あり。
第二野党の前党首で、党の予備選を勝ち抜いたアンチョルス氏が急速に支持を増しているのです。

アンチョルス氏は55歳。韓国でもっとも偏差値が高い大学、学部の一つである「ソウル大学医学部」を1991年に卒業。ソウル大学在学中には九州大学医学部に2ヶ月ほど籍をおいたことも有るそうな。

大学卒業後は檀国大学校(私立。余談ですが朴大統領の古くからの友人の占い師の出身校でもあります)附属病院に勤務します

この時、本職の傍ら、独学で「コンピューターのアンチウイルスソフト」を開発。これが評判が良く、病院を退職して1995年にベンチャービジネスとして「アンラボ」という会社を立ち上げます。
(そもそもは自分のパソコンが「ブレイン」という最初期のコンピューターウイルスに感染しているのを発見したのがきっかけとか。これを発見駆除する仕組みをつくり、これが最初の製品となった)

この会社が成功し、2001年にはスピード上場。全国的な知名度と大きな財力を手に入れました。かれが「政治家」として支持を広げて行くのは2011年のことになります。
さらに。注目を集め始めていた彼の好感度を大きくあげる行動がありました。
ソウル大学の教授なども勤めていた彼はアンラボの持ち株の半分(150億円とも)を寄付することにします。名声を更に上げた彼は政治的リーダーとしても期待されるようになっていくのです

この年ソウル市長選挙で「有力候補の一人」とみなされたアンチョルス氏は結局選挙には出なかったものの野党民主党のパクウォンスンを支持。左派系政党がソウル市長選挙で勝つ原動力の一つになりました。

こうしていちやく、有力な政治家として注目を集めたアンチョルスは前回の大統領選挙には出馬しなかったものの、さいごまで「有力候補」の一人として注目を集めました。
大統領選挙後には2013年に国会議員に立候補して当選。
2014年には「新政治連合」という中道系の新政党を立ち上げます。さらに新政治連合は、野党第一党の「民主党」と組み中道と左派系勢力を結集「新政治民主連合」という新党を結成するに至るのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。

結局路線対立などもあり新政治民主連合は「分裂」アンチョルスが旧「新政治連合」議員を引き連れて集団離党し中道系の「国民の党」を結成。野党第二党になります。
悪いことは重なり、政治資金問題などで党首を辞任することになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、国民の党の大統領候補に選ばれます

いままで、知名度はあるものの大統領選挙においては3番手グループと見られてきました。
しかし、左派系色の強いムン・ジェインが独走してきたものの、北朝鮮の軍事挑発が続く中で「親北」のムン・ジェインを良しとしない無党派層や保守系支持層のなかで「受け皿」としての支持を集めだしたのです。このままムン・ジェインになるより。より常識的であろう安哲秀を選ぼうと。。。


新天地的には常識のある人より、親北のムン・ジェインのほうが面白いと思うのですがw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ中道ですが、日本に近しいかというかとそうでもないです。

慰安婦問題では昔から日本に「謝罪を求めて」いますし、慰安婦合意も見直しを主張しています。
なかなか厳しい交渉相手になりうるでしょう。