2017年3月4日土曜日

やばい、矢場い、bad、good.

どっかの学校で「ヤバイ」を使わないように指導がはいったそうな。

ヤバイ、ということばどういう意味で使うだろうか???

本来は、危険、たかまずい、と言う意味で使われる「ヤバイ」だが、最近では「良い」と言う意味でも使われる。おそらくだが、アメリカの黒人のスラングである「bad」が良い、とても良いという風に使われるんに影響されたのかもね。
あるいはヤバイくらい素晴らしい、の「くらいすばらしい」が省略されて「ヤバイ」がいいふうに使われるようになったのかも。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この前ラジオで言ってたのですが、(諸説はあるそうな)ヤバイ、と言うのは江戸時代からある言葉。「矢場い」という言葉なのだそうな。

江戸時代には「矢場」という施設がありました。
もともとは寺社に許されたお金稼ぎの手段(賭場に通じるな)で、店が提供する弓を10本いくらかで買い、それを的に当てると景品などがもらえる仕組み。

最初はそういう単純な遊戯施設だったんだが、次第に酒を提供したり、女の人が侍るようになり、春を売るようになっていく。
矢場の女はそういう人だから、転じて「矢場い」という言い回しが出来ていっぱんに危険な状態、まずい状態をさす形容詞として「やばい」が広まり、ここ10数年でその意味が変わっていった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いみが変わって真反対になるケースってのはなくはない。

「なかなか」という言葉は現代では「良い」いみで使われるが、古語に於いては「中途半端」として使われた。時代とともに意味が変わっていくというのはなくはない話だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただし、言葉にはやはり「下品」なものも存在する。つかわなければ良いというのは確かだが、子供の頃に覚えた言葉が口をつくことは多かろう。
その子の未来を考えるならば、「禁止する」ってのも正しい教育なのかもね。

2017年3月3日金曜日

NYの日足。これでまだ上がってくんなら、そりゃ市場が間違ってるんだwショートした僕は悪くないw

さてNYは連日驚異的なスピードであげて、最高値を更新してきました。
で、今日はキャタピラーが利食い売りに押されて(去年の年初に底うってから、50%は上昇したところだから)さげたこともあって、100ドルほどの下げに転じてます。

NYの日足

史上最高値圏で、窓を明けて陽線を立てました。そして今日はその窓を開けた高値圏で同じような値幅の陰線。これ、相場の危険信号の一つでしょう
2日分の足を合成して見れば
こういう足を書いたのと同じことになるからです。
窓を明けて(しかも史上最高値付近で)この足が出たら嫌ですね。

もちろん、まだ数日は最高値を更新する可能性もあると思っています。
例えば明日からもみ合いが続いた後のこういう展開

上か??と見せかけてショートカバーだったのねっていうやつ。
こういう陽線が立ったら、完全に売り場かと・・・。

とにかくNYが注目すべき場所にいるのだと売り屋は思っています。
ひょっとすると売りの急所であると。。。

指数を売るか、先行して下げを手動するだろう株。
こういうところを狙って空売りしたいですね

2017年3月2日木曜日

さてフルスイングで空売りするよー

オオカミがきたのコーナー

今度こそ天井だろ!!!!
と思い込みまずは富士通ゼネラルあたりかと。

NYもベア投信でもかうか。
あと225先物ショートで。。

ウリウリウリ

あがったらまーけっとがまちがっとる
僕は悪くない。

2017年3月1日水曜日

黄金期か徒花か。今年の東京モーターショーは日本車は発売前提のスポーツモデルが揃い踏み?

2017年は東京モーターショーがあります。ちらほら聞こえてくる噂によれば、今年はスポーツモデル、それもプロトタイプではなく市販を前提としたかなり現実味の高いモデルが顔を揃えそうです。

トヨタは、BMWと共同開発となる「スープラ」の発売前提モデルを発表か。
(写真はヨーロッパで撮影された新型スープラ開発モデルと言われる偽装された車。一部ではBMWとの合同テストも行われたという)

さらにこのモデルや86の下のモデルとなる車で、前回の東京モーターショーで発表されたS-FRのこれまた発売バージョンが発表されるとも。
トヨタは86でスポーツモデルを復活させ、その上に「スープラ」、下に「S-FR(仮称)」を並べることで上中下とスポーツモデルをラインナップさせる。
北米である程度販売が見込めるスープラはともかく、なかなか数が出なくて、安価(少なくとも86よりかなり安くないと辻褄合わん)S-FR。しかもトヨタは現在そのクラスの後輪駆動システムをもっていない中でわざわざこの車を造ってくるというのはトヨタのモリゾー社長の心意気そのものかもしれないね。
噂ではデザインをある程度変えた上で17年度中にも発売の可能性ありと。
FRはいいけど、ロードスターや86ではまだ高い、というところに焦点を当ててきているといえるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホンダはNSXを発売したわけですが御存知の通り2300万円のプライスタグ。おいそれと買える車ではありません。またS660は事実上国内専売モデル。海外では事実上「スポーツモデルを売ってない」ともいえますね。シビックタイプRもありますがFFモデル。スポーツカーなら後輪も駆動しないとね、と
そこで噂されるのが「ベイビーNSX」とも「S2000」ともいわれるミッドシップ?の後輪駆動モデル。
シビックタイプRで使われるホンダ自慢の2000ccのターボエンジンを初代NSXのように横置きミッドシップに搭載した2シーターモデル。価格的にも初代NSXの800万円もしくはその少し下くらいになるんでは?とも言われます。本当に発売されるなら、僕は欲しいですねえ。。。株で儲けないとw
300馬力出てミッドシップモデルとくれば、初代NSXとスペック的には似ていることになりますが。。
当時よりエンジン性能もタイヤ性能とかサスペンション性能が上がっているのでその上を実現することも可能でしょう。
3D画像はホンダがアメリカの特許庁に提出したレンダリング。次期「S2000」と噂が流れる由来になった画像の一つです。
またホンダは昨年一部の国で「ZSX」の商標を押さえた事が知られています。
Nを90度回転させると「Z」になるということで、NSXと連想しやすい3文字。
ひょっとすると新型は「ZSX」という名前を持つのかもしれません。

またあくまで希望的観測ですが、S660の横幅を拡大し、(S660は比較的簡単に外側パネルを交換できる構造になっており、もともと横幅拡大をしやすく設計されていると言われる。極端な話、サスペンションアームを長くしてタイヤを交換、あとはボディ外板を交換するだけで実現されるとも。)あたらしい1000ccターボエンジンを搭載した「S1000」を発表するんじゃないかなあ??ともいわれています。
個人的には可能性は低いと思うけれど。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱自動車に聞こえてくるのは、「GTO」復活の噂。
日産の子会社になったことで日産のプラットフォーム、「フェアレディZ」の車台を使ってイメージモデルともなる2シーターもしくは2+2のクーペモデルを出すんじゃないか?という観測です。
これはゴーンが日産に入った時に、コストカットを徹底する一方で、フェアレディZやスカイラインクーペ、そして「GTR」の開発にゴーサインを出したことの連想でもあるようです。
イメージリーダーを作ること、また開発陣のモチベーションアップのためにもこういう車を作ったほうがいい、というのがゴーンの考え方だという話でしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日産は「シルビア後継」とも「スカイラインの再来」ともいわれるIDxの市販前提モデルを出すのでは?との噂。小型車の後輪駆動プラットフォームを持たない日産がこの手のスポーツモデルの新型を出すのはコスト的に厳しい(これはトヨタのS-FRも一緒)と思われるが、日産としてもスポーツモデルを持ちたいという意欲はあるわけで・・・。

写真は過去に発表されたコンセプトモデルIDx。ただしこのサイズだと衝突安全基準の達成が厳しいか???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その他「市販前提ではない」もののマツダは引き続きロータリーエンジン搭載モデルのコンセプトを出してくるでしょう。
スズキは、鈴木会長が発売に否定的なものの「次期型カプチーノ」を開発中との根強い期待あり。スバルからは次期型WRXの・ようなものが出るとかでないとか。

なんにせよ、今年の東京モーターショーにはたくさんのスポーツモデルが登場することは間違いありません。リーマンショックから8年経ってようやく此処まで戻ってこれたともいえます。
一方で1989年、日本車最高のビンテージイヤーがバブル崩壊の徒花になってしまったように、このモーターショーこそ世界経済の頂点の徒花かもしれんけどね。

競馬の世界では歴史的名馬の誕生が不況を呼ぶという格言があります。長い好景気に支えられていい馬が出来る頃に景気が悪くなるという事なんでしょうね。
スポーツカーが出来るにも、会社の方針が固まり、開発期間を経てよにでてくる頃には好景気は終わりに近づいている、そんな空気を感じないでもありません。

2017年2月28日火曜日

日本一「速い」パトカーは???

何回か書きましたが、パトカーは世の中の高級車やスポーツカーに勝てないといけません。

三重県警がなめられっぱなしに郷をに焼いてフェアレディZを他県に先駆けて導入したなんてのも有名な話。
また、「実践の必要性」以外にもメーカーの宣伝も兼ねて?NSXなどがパトカーとして納入されたことがあります。

しかしドバイとかと違って、スーパーカーをバカスカパトカーにする訳にはいきません。
予算の都合もあるからです。
また、いわゆるスーパーカーでは実用性とかにかけます。本来は4っつドアの付いたのが良かろうと。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネットニュースになってましたが、警視庁が導入した覆面パトカー、「マークX」が日本の警察史上最速の一台ではないか?と話題に。

え?マークX?そんなのが速いの?

と考えの貴方。マークXには一般に販売されたノーマルとは別に、スーパーチャージャーを搭載した「コンプリートカー」(チューナーが生産時から関わって新車で登録する車)があるんです。(現在はカタログ落ち)

パワーこそ360馬力「しか無い」物の最大トルク50超えw
マークX(一番安い車なら250万円くらいから)なのに全部で700万円以上かかっているモデルのようです。(コンプリートカー+エアロパーツ)

都内の高速道路でマークXを見かけたら。
おとなしく速度を落としたがいいかもしれませんw

噂では260キロで逃げようとしたが追いつかれたw
という報告があるそうです。クワバラクワバラ。

2017年2月26日日曜日

土門拳賞に韓国人写真家、ヤクザ写真家のヤンスンウ氏。

日本の最高の写真賞のひとつ、土門拳賞に初の外国人写真家が選ばれました。
韓国籍のヤンスンウ氏。ヤクザ写真家の異名を取ります。

なぜ彼がヤクザ写真家と言われるのか?
それは彼が発表した写真集で韓国や新宿のヤクザな人々を被写体に選んだこと。
彼自身、やんちゃな若い時代を過ごし全身に見事な入れ墨があるそうです。

写真家になったのも数奇。
兵役(韓国では徴兵制のため男は一年半だか2年兵役がある)を終えたあと、する事がなかったヤンスンウ氏は日本に渡ります。
しかし、日本に滞在して行くためにはビザが必要。
そこでビザを取得するためもあって写真の専門学校に入るのです。

彼はまるで私小説のように、自分の周りの友人のやくざを写した青春吉日という写真集でも注目を浴びました。
半裸の入れ墨の男性。彼女?と抱き合う男性などある意味グロテスクな写真。
しかし彼と仲間たちの間にある日常そのもの。
モノクロームの絵から出てくる、一般の人にとっては、非日常的。
でも写っている彼らにとっては青春という日常そのもの。とても印象深い写真集です。
ーーーーーーーーーーーー
彼にその写真集をださせたのにはこんな出来事があったそうな。

若い頃の友人の一人が、韓国で傷害致死を起こして8年の実刑に。
彼は刑務所の中では殺人犯として一目置かれる立場だったそうです。
しかし出所したらそんな箔はなく、自殺してしまったそうです。

そして、死んだ彼を自分を含めた友人たちはすぐに忘れていく。
そのことにショックを受けたヤンスンウ氏はとにかく会う友人会う友人の写真を取り続けた。
またカメラを渡して、友人たちにいろんな写真を写して貰った。

とにかく一見にしかず。
写真に興味のある方は一度写真集を手にとって見てほしい。
僕の好きな写真家の一人です。