2017年2月1日水曜日

KA-52,エジプトへ輸出へ

KA-52(NATOのコードネームはホーカムB。)というヘリコプターがあります。
見ていただくと分かる通り、「二重反転ローター」という独特の構造を持っています。

普通のヘリコプターは回転翼が一つで、その回転翼の反トルクを打ち消す為に尾部に小さなローターがついています。これがないと機体がくるくる回ってしまうのです。

しかし二重反転ローターは上下の回転翼を逆方向に回すことで互いに反トルクを打ち消しあい、まっすぐ飛ぶことが出来ます。

利点としてはローターが2つになることでローターの直系を小さく出来る。
テールローターを使わなくていいので全長を短く設計できる余地がある。
運動性が高まり、高速性能も上がる。
専有面積が少なくて済む。


という利点があります。ホーカムを設計製造するロシアの「カモフ」が得意とする構造で非常に独特です。

もっとも機構が複雑で全高が高くなるなど欠点もあり、世界的には非常に珍しい形と言えるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冷戦当時、なかなかこの機体の情報がなく、西側では「(ヒューイコブラ等の)戦闘ヘリを撃墜するためのヘリ」という見方もありました。古いゲーム、「大戦略シリーズ」などでも「対ヘリヘリ」として登場しますね。

(新天地注。東西冷戦において、ヨーロッパでは、戦車の数では東側が優勢だったのです。対抗してアメリカが開発したのが対戦車ヘリ。戦車の数を増やして対抗するより、戦車を効率よく破壊できる対戦車ヘリを作ることで数の不利を補おうと。そこで旧ソ連のカモフが運動性に優れるヘリを造った。西側としては、対戦車ヘリを撃墜するのが得意なヘリを作ることで、さらに東側有利に戻るのでは?と恐れたのです)

実際はアメリカのヒューイコブラやアパッチなどと同じ対地戦闘に使うヘリだったわけですが・・・。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この機体、当初は単座(一人乗り)として設計されていました。一人で操縦士、武器のオペも操縦士が行う。
先進的な設計だったのですが、「現場」では操縦士と武器を扱う人間は別の方がいい、との意見が根強く(ヘリは地上に近いので敵にも狙われやすい。操縦士は敵を避けるためにも操縦のみに専念し、武器の発射と管制は副操縦士に任せたほうがいいとの発想)結局複座型のホーカムBを造ったという経緯があります。
またロシア国内ではより一般的なMi-28(ハボック)のほうが主力として採用され、ホーカムは少量のみが生産される「日陰」の機体でした・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし。
カモフはどうやらエジプトにホーカムを売りつけることに成功したようです。
非常に高い性能を持つと言われながら、様々な理由から商業的には成功してこなかったホーカムですが、エジプトを皮切りに海外で増殖するかもしれません。

悲劇の名機の逆襲なるか?と言うところです。

世界一早い?トランプ=gumi説

そう言えば、トランプって自称優秀な経営者だけど、非公開企業グループなんだよな。
なんでももちろん公開しないかっていうお誘いは受けるけど、「自分だけがリスクを取ればいい」という気楽さがいいらしく、公開をしてこなかったんだと。まあそれは一つの理屈。

おもうにトランプさんってのは、自分の会社を上場しなかったかわりに「トランプ本人が」大統領になることで、本人というブランドが「上場」してしまったようなものだと思うのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はなしは変わる

gumi(3903)というゲームの会社がある。

ここのしゃちょさんは上場前から勇ましく「オンラインゲームで世界一になる」と豪語。実際、海外展開に実績があった(ように少なくとも思えた)

上場(H14年12月18日)すると、PERを無視して高値をつける。もちろん、海外進出と大きな成長を期待して期待分を織り込んで株価が形成されたのだ。


んが(笑い
「事件」は翌年H15年3月5日起こった。

上場から2ヶ月半しかたたないその日にに同社は驚きの発表をする。
「連結経常益12.7億の黒字から、6億円の赤字に下方修正します」
これでも相当驚きだがさらに
「(IPOでお金集めたけど足りなくなったので)1月末日で運転資金を銀行から30億円借りました」

こうなると上場前に示された目論見書や業績見通しを元に株を買った人間は何を信じればよかったんだと。。。。もはや伝説になったgumiの「上場がゴールですた」・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上場には審査がある。が、これをくぐり抜けて上場したはずなんだな。

思うにトランプの当選はまるでgumiの上場のようだw

その意味でオンラインゲームで世界一になる=アメリカ第一主義と同じような象徴的お題目なのかもなwあのおっさん、大統領になるのが目的で、その後なにをしようとまでは考えてないんだよ。
だから任期4年、好き放題して大混乱に陥らせようとするんだと思うぞ。。

2017年1月31日火曜日

さつき保育園閉園

さて。

三重県には都会で言うようなグリグリの進学校はあんまりない。東大に行く子もいるけど、因数分解がヤバイ僕のような子もいるwという学校が県下には複数ある。そんな感じ。

まあ、僕の通っていた学校は県内では古くからあるという学校で、それなりに偉い人も出してきた。
余談。最近では「ぱいぱいでか美」を輩出して話題になった。
すごいでしょw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
普通列車しか止まらない、とある私鉄の駅から降りると細い道が一本。そこをずーっとあるいていくとくだんの高校につく。
毎日騒々しく1000人以上の高校生がw通っていく。

その高校は制服が無い。校則もない。制服がない高校は三重県でも珍しい。

ただ下駄禁止。

なぜかって言うとその昔「学生がみんなで歩く下駄の音がうるさい」という苦情が入ったからだそうだ。

百年も前から、一本道をみんなで歩いて行く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その駅から学校にいく道の途中、駅の近くににさつき保育園はあった。高校生がワラワラと駅から高校に向かうのとは逆に、小さな子どもたちが色んな方向から保育園の方に走っていく。

ある子は泣きながら。ある子は笑いながら。風で飛んでいく帽子を拾ってあげたり、落とした荷物を拾ってあげたり。僕の三年間の日常だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのさつき保育園がいきなり閉園になったという。ヤフーのトップにでててびっくりした。

子供をあづかる場所がないと言いながら、少子化でこういう施設の運営は厳しくなっていく。
その地域は「都会」ではないがそれなりに人もいる地域だ。

三重という「田舎」のおかれた厳しさを感じます。