2017年1月7日土曜日

10月。第二次韓国危機はくるか?

日本がスワップ協定の協議を辞めるといい出したことで今年中の日韓スワップ協定はほぼなくなったとみます。
また、韓国は2010年に米国とのスワップ協定を終了させており、今残っている大きなスワップ協定は対中スワップのみです。

問題は、韓国のサードミサイル配備問題を巡って中国と韓国の関係は冷え切っています。
このまま今年10月に期限が切れる中国とのスワップはそのまま消滅と考えてもいいかもしれません。

こうなってくると韓国は「スワップがない」丸裸の状態になってしまいます。

何かのきっかけで投機筋が韓国ウオンを売る動きから韓国危機になってしまう可能性。。。


まあ可能性は低いかもですが、「起こりうる」事態。そしてその余波は大きなものがあるでしょう。
そして今回は前回と違って日本は何も助けないでしょう。怖いですねえ

改めて、有機EL(OLED)の投資的な視点からのポイント

ソニーが有機EL、OLEDテレビに再参入すると発表しました。

液晶対プラズマは液晶の勝利でした。液晶は今度は有機ELの挑戦を受けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて豆知識。日本では有機ELと言う表現を使います。ただし、これ国際的には超少数派。
OLEDと表記することが多いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんで今更液晶を捨てて有機ELに走るのか?

1液晶に比べて薄い。
液晶はバックライトと言って何かしらを光らせて、それを液晶で遮って色や明るみを表現しています。バックライトと液晶面が必要なため「分厚い」のです。
それに対して有機ELはそれ自体が色を持って発光させれるため、液晶に比べてうすく作れます。

2液晶と違って曲面でも作れる。
その構造上、液晶ディスプレイは平面でしか作れません。
しかし自発光デバイスである有機ELはフレキシブルな面でディスプレイを作ることが出来ます。

3液晶と違って「黒」を表現できる
液晶は、まず全面的にバックライトを光らせ、それを液晶で「遮って」色や明るさを表現しています。その為「完全な黒」を表現することが難しく。あるいは「シャドウの中のシャドウ」といった暗い中での階調再現が不得意です。どれだけ液晶で遮ってもバックライトの明かりで「明るくなってしまう」と思っていただければわかるかな。
一番暗いところと明るいところの差を表して「コントラスト比」と言う言い方をするのですが、普通一番いい液晶でも1:1000くらいかな。
これに対して自発光デバイスである有機ELでは「光らない」という事ができます。コントラスト比が無限に近く広げられる(理論上は)のです。黒の表現、という点においては液晶は致命的に駄目なんですよね。それでも10年前に比べれば雲泥の差ですが。

4液晶よりもハイスピード
液晶は分子の方向を変えることで色や明るさを表現します。
そのため、どうしても応答速度に限界があるのです。
高速な画像において残像が出たり不自然に見えたりする時があるのはそのせい。
一方で有機ELは電流を変えれば輝度が瞬時に変化します。応答速度に優れるためにスポーツ等の激しい動きのある動画を自然に表示できます。

5視野角が無限
液晶は光の前に液晶という「点」をおいて表示します。そのためどうしても視野角が生じます。斜め横などから見るときれいに見えないというのはそういう構造上の欠点によるもの(バックライトと液晶を密着すればするほど視野角は広くはなる)
一方有機ELはそれ自体が色を持って発行するのでほぼ180度どこから見ても同じように見えます。

6構造が単純
バックライトと液晶が必要な液晶ディスプレイに比べると有機ELは発光体そのものだけで済むのでその分構造が単純であるともいえます。将来的には液晶よりも安く作れるという人もいるようです。(新天地の姉談)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方
コストがまだ高い。技術的に韓国LG社しかパネルの量産に成功してない(2017年1月現在)
明るいところでは液晶より劣る。面積あたりの解像度では液晶のほうが上。寿命は液晶の半分程度か。パネルの駆動技術に高い技術が必要のよう(現在、僕程度のマニアの目から見てもまともにすごいと思わせるのはパナソニックのフラッグシップ機だけ。ただし、ソニーの新型機はまだ見てません。そもそもLG自身は自分所のパネルをまともに扱えていないようですね)
またピーク輝度は液晶ほど伸ばすことが出来ません。これは有機ELの最大の欠点といえるかも。輝度が伸びないので少し暗めの部屋での使用が最も実力が発揮出来る所、と言えるでしょう


おまけ
パナソニックの有機EL機は一見の価値あり。もしも誰かテレビを一台ただでくれるというならこれを選びます。なんで同じパネルを使っているのに差が出るかというと、業界で言われているのは「プラズマディスプレイ」のテレビを作っていた時のノウハウを注ぎ込んだから、だそうな。

語弊を承知で言えば、例えばLGの有機ELテレビは、画面の端の方に行くと階調再現が落ちる。
おそらく他の回路部分から何らかのノイズを受けて、信号をうまく再現できないとか。
そういう弊害がパナソニックの新型テレビ(日本未発売)では見事に消されている。
プラズマディスプレイを2013年まで造っていたそのノウハウを活用した、と言われています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、一つ大きなうねりになるであろうポイントが「蒸着」と「印刷」という2つの生産方式です。

今現在唯一の大型パネル生産者である韓国LGは「蒸着方式」で有機ELパネルを生産しています。これは大きな真空装置の中で有機ELを基盤に蒸着させるというコストがかかる方式です。

一方日本のJOLEDや中国のメーカーなどは印刷方式という新しい方式で生産しようとしています。この方式だと真空装置がいらないので比較的低コストでパネルを作ることが出来る(かも知れない)
JOLEDなどは2017年中にパネルの出荷を始めたいようですがこれがうまく行ってコストを下げることが出来るかどうか???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて

新天地が一つだけだいじなことを書いておきます
JOLED(あるいは内外のパネルメーカーのどれか)が印刷方式での生産に成功したとしましょう。
有機ELパネルの値段はどんどん下がります。

いままでさんざん有機ELパネル関連株!とか言って買われてきた会社も「値下げ圧力を受けておもったより儲からねえ」という曲面に入って行くことも有り得る話です。

さらに

悲惨なのは「蒸着方式」で売上を伸ばしてきた会社です
少なくとも「真空装置」を造ってきた会社には注文が途絶えるでしょう。
更に蒸着方式で必要なマスク、気化させる装置、それらがいらなくなります。

もしも貴方の持ってる「有機EL関連株」がこれらに特化した会社だったら???
突然売上や利益が減る可能性があります。
印刷方式がうまくいくのかどうかよく見ながら相場を張ったほうがいいでしょうね。

もちろん、印刷方式がうまくいくようなら、関連会社の株は一段上る可能性があります。

ダメだコリア。日韓関係、完全に冬の時代へ。

日韓関係が風雲急を告げているようです。もちろんメディアでも盛んに取り上げられてるけど、これ、もっと深刻だと思う。楽しみ心配です。

韓国側は「日本の右翼向けポーズだろう」とか「加害者側が何をいうか」という捉え方をしているようですね。

韓国人はなんか勘違いをしているんでしょう。日本は「ブチ切れたら何をするかわからん」ということをわかってない。

ブチ切れて太平洋戦争を起こしたクレージーなくにだということを。
戦争は放棄しました。でも

それは戦争以外ならなんでもやる国だってことを理解してない。
いままでは韓国が起これば、日本側が譲ってきた。
もはや日本はそういう段階にないことを韓国はわかってない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国、今から約5年は政治が暗黒の時代に入ることは確定してるんです。
つぎの大統領有力候補は鳩山首相と菅直人を足して2掛けたような人w(ただし人権派弁護士)。

徹底的に叩けば、立ち直れなくすることとが出来る期間に入ります。

日本の官邸もそれをわかって動いているように見えますけどね。


今回の大使召喚と公使召喚は北朝鮮などへの経済制裁を除けば、戦後日本が取った最大級の外交的制裁です。
韓国の大使を前回召喚したのは、大統領が竹島を訪問した時。
今回は更に重い措置なわけです。日本の制裁の強度がどれほど重いか、韓国側がわからないはずがない。それにもかかわらず「日本国内向け」とか「これを気に慰安婦合意を白紙にしよう」とか脳天気に行ってる韓国与野党陣営。

次の韓国大統領は、歴史上初めて在任中一度も日本に来ないかもよw(流石に国際会議とかあるのでにほんにはくるでしょうけど)

2017年1月6日金曜日

スピーカーが箱であった理由。箱ではなくなっていく。「平面スピーカー」

新天地はオーディオマニアです。いまは猫さんたちと一緒なのでスピーカーなんて家の中に置けないですけどねwもっぱらヘッドホンで音を聞きますが。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ソニーが有機ELを使ったテレビに再参入するそうです。
この分野では韓国LGが先行していますが、キャッチアップ出来るかどうか。ソニーのテレビ部門の収益を左右するかもしれないニュースです。

といっても自分でパネルを作るのではなく、外部調達することに。LGからパネルを買ってくるんですかね。
写真を見てわかると思いますが「一枚の薄い板」。コンセプトとしてはスマホみたいなデザインですかね。
そう、このテレビ、「スピーカーユニットがついてない」じゃあどうやって音をだすのか?

「画面を使った平面スピーカー」(たぶん僕の記憶ではコンシュマー製品では世界初じゃないかな)が使われています。有機ELの発光素子の裏側にアクチュエーターを敷き詰めて面全体を使って音を発生させます。

「平面スピーカー」自体は1990年台の末頃から複数の会社によって製品化が行われました。
マニアックに言うと、面を振動させ指向性のある平面波を出す・・・(わかんないかw)という製品です。まあそういうものだと思ってください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本来スピーカーっていうのは四角い箱です。なぜだ?と思ったことありませんか?

これは音(音波)の特徴によるものなんです

クリックで拡大


スピーカーは「スピーカーユニット(磁石の付いた円錐型の膜だと思ってください)」を電気信号を使って振動させることで音を出しています。(A)
しかし、「膜」を振動させると膜は前後に音波を発生させます。すると膜の後ろには「逆位相」(うち消してしまう)音、音波が出ているのです。これではいくらがんばってもいい音は鳴りません。前後の音波が互いに回り込んで干渉するからです。

そこでひとは考えました。
スピーカーユニットを馬鹿でかい一枚の板にくっつけてみたら?(B)
板でスピーカーユニットの後ろ側の逆位相の音を遮ることで板の前側に必要な音をだすことが出来るだろうと。
これでも後ろ側の逆位相の音波はある程度遮ることは出来ます。しかしこの板はものすごく巨大なものが必要になります。理想を言えば無限に大きな板が必要なわけで。。。イメージとしては部屋の壁のようなもので初めて実用(スピーカとして)になります。

さらひとは考えます。この板を折り曲げれば、投影面積、体積的にはちいさな板で済むんじゃ??
後面開放型と言われるものです。これでぐっと小さなスピーカーが作れる(逆位相の音を遮る)ようになります。
このタイプは極めて稀ではありますが現代でも自作等によってマニアに使用されています。(C)

さてここまで来たら誰でも考えるでしょう。後ろの面を密閉して「箱」にすれば更に小さな体積で効率的に後ろ側の逆位相の音を遮ることが出来る。そうこうして現代のスピーカーができたのです。(D)

スピーカーが「箱型」なのはなぜか?
スピーカーユニットの裏側の逆位相の音を遮るため。これが正解だと思います
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うん?じゃあ平面スピーカーってのはどうなってんだって???

旧来のスピーカーがスピーカーユニットという点音源から音を出していたのに対して、面全体を使って「平面波」を板の前面にだすんです。(書いててわかりにくいなw)

スピーカーユニットのように小さな円錐型の点音源ではなくて、ある程度面積の多い膜を前後からゴム磁石で挟み込み面全体を前後に振動させて音をだす(音が出るようにゴム磁石面に穴を明けてある)。
こうすることによって焦点が無限遠にある「平らな」波、音波が平面と直角方向に発生します。
平面波ですので逆走位の音が干渉することもありません。

ソニーの新しいテレビの「新しい所」はテレビの画像面から音が出てくるところ。
(機構的には、有機ELの発光面のすぐ裏側に平面スピーカーがある)
いままでは液晶でもバックライトなどの構造物に遮られるのでこの形は取れなかった。
有機ELはバックライトなしに発光体だけで絵が作れるのでこのスタイルが取れるようになった、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてと

技術的にはすごいんです。ほほーッテな感じ。
でもじゃあそれでものすごく売れるかというとそこはまた別問題かなあw

さらに本気でホームシアターを作る人にとってはこの音をどう活かすかどうか?ってのはまた難しい問題ではあるでしょうね。外部スピーカーを使うようなマニアは結局この平面スピーカーを使わない?かもですが。


2017年1月5日木曜日

ヒカルの碁とAI

グーグルの改良型アルファーゴーが60戦無敗のテスト期間を終了したようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インターネットの囲碁といえば漫画ヒカルの碁、を思い出す人も多いのではないか。

ヒカルの碁、では主人公ヒカルに「藤原佐為」という幽霊が取り付く。

藤原佐為は平安時代の囲碁の名手だったが不幸な事件に巻き込まれ自殺。成仏できないでいる間に幽霊になったのだが、江戸時代に「本因坊秀策」に取り付いた。
本因坊秀策は幽霊である藤原佐為の指示通りに囲碁をうち名人と呼ばれるようになった。

藤原佐為は現代まで成仏することなく、再び主人公のヒカルにとりつき・・・・というお話。
2000年ころに少年ジャンプに連載され大きな話題になった。アジアを中心に海外にも愛読者は多い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初、ヒカルは藤原佐為の指示通りに囲碁を打つのだが、あまりにも強すぎて不審を抱かれてしまう。そこでヒカルは「正体がバレないネット碁なら」ということで「SAI」としてネットで碁を打つことにする。
藤原佐為は平安時代や江戸時代に活躍した棋士のため、強いが現代の洗練された定石を知らない。しかしSAIはネット語で現代の定石を覚え更に強くなっていく。
そのあまりの強さに世界中のネット碁ファンの間で話題になるが・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

漫画ではSAIは塔屋名人とネット囲碁をうち勝利する。その後藤原佐為がなぜ神は私を現代によみがえさえたのか?と自問する場面がある。
藤原佐為は「神はヒカルにこの一局を目の前で見せるため」と結論付ける。

神はヒカルの才能を目覚めさせ、塔屋名人の息子たちと切磋琢磨させることで更に最良の一手を作らせようとしているのではないか。

囲碁は一人では打てない。互いに拮抗する強い打ちて同士が切磋琢磨し「神の一手に近づいていく」のだと。
(これは僕の解釈では「漫画のメインテーマ」でもある。囲碁に限らず我々は未来に過去を繋いでいく紡ぎてであるのだと)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AIが強くなったと言っても、その強さの裏には「過去の棋譜の研究」という「禁じて」を使っているという見方もできる。その意味ではまだ「知能と呼ぶには問題ある」。人が手助けしてAIが進化している状態。AIがただ一人自ら学ぶというわけではない。

漫画の中でSAIはネットでの実戦を通じて学んだが、AI開発には過去の数え切れない人間同士の対局(棋譜)を分析してその思考回路に埋め込んでいるだろう。AIの一手は過去の人間たちの一手でもある。知能ではなく知識と言い換えてもいいだろう。

しかしながら、いちゃもんを付けたところで、その高速な演算能力と合わせて今では「個人」の能力を超えた強さを持ったことはもはや明白だろう。

ヒカルの碁のなかでは「コンピューターが人間に勝つにはあと100年かかる」という表現があるがそれから10年余りでコンピューターは囲碁において「人間を超えた」。10年かからなかったのだ。

我々の想像以上の速さでコンピューターの「思考」は向上していくんだろうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おそらく、こういうブログも過半数がAIが書く時代がやってくるような気がする。
で少ない広告料を奪い合うみたいなwもはや条件さえ与えれば原稿を書くことは不可能ではない。


例えばほかにも・・・。

恋愛ゲームだってAIが相手する。そんな味気ない時代が。。。。

出会い系サイトだって
相手はAIだけ、みたいな。。。。(もはやサクラは人間である必要さえ無いのだ)出会い系には数え切れない「棋譜」(人間同士のアホな甘いやり取り)さえ残っているだろうからねw

まあそうなると今度はネットの向こう側の話し相手がAIか人間なのか、それを判別するAIソフトが出てくるような気がするが。開発した会社の株価が急騰する光景が目に浮かぶwリアルしか信じられない時代。なにがリアルかわからない時代。もうすぐやってきます。)

韓国、左派政権の誕生が近づく

韓国で数年ぶりの左派政権の誕生が近づいています。

韓国では伝統的に保守政権が強かったわけですが、今度の朴大統領のスキャンダルで保守系与党セヌリ党が分裂。去年の上半期まで圧倒的人気を誇ったパンギムン前国連事務総長を持ってしてもかなり苦しくなってきました。
現段階での世論調査が示す結果は、たとえ野党が統一候補を立てられなくても、パンギムンでは勝てない。また野党が統一候補を立てた場合はいまの有力候補のうち誰がたってもパンギムンでは勝てない、と言うものです。
苦戦のパンギムン前国連事務総長
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま一番有力なのはムン・ジェインということでいいんでしょう。弁護士。63歳


彼は両親が朝鮮戦争の最中、今の北朝鮮地域から米軍の艦船に乗って命からがら韓国にやってきた、少し特殊な出自があります(彼自身は両親が避難してきた韓国で生まれた)。
また大学在学中に学生運動で逮捕投獄された後、出所後兵役で「特殊部隊」(空挺部隊)に配属された経験もあります。これが左派系ながらある程度保守的な人々に受け入れられる「免罪符」になってる面もあるようです。前回大統領選挙に出馬し朴大統領に破れた際もこの出自と兵役履歴をアピールしました。厳しい訓練の結果、未だに「瓦割り」が出来るほどなんだそうな。
(新天地注。韓国では兵役の義務があります。韓国のトランプ氏と言われるイジェミョン市長は兵役経験がないことが少し逆風、何ていう人もいるそうです)

彼の運命を決定づけたのが司法試験への合格と弁護士登録。
1980年に大学を卒業した後、韓国でも難関である司法試験に合格。1982年に弁護士になるのですがこの時に後に第16代韓国大統領となるノムヒョン弁護士と協同で弁護士事務所を開いたのです。

学生運動出身の弁護士らしく、盧武鉉弁護士もムン・ジェイン弁護士も人権派として活躍、有名になっていきます。釜山地方弁護士会人権委員長などの職にもついています。

そして2002年にノムヒョンが大統領選挙に立候補するとムン・ジェインが釜山地区で選挙対策責任者に就任(ムン・ジェインの活動拠点が釜山だった)。
盧武鉉大統領の当選に貢献すると論功行賞で政府の要職(大統領秘書室長、日本で言えば官房長官とかかなあ)を歴任します。

盧武鉉氏が退任後に自殺すると国葬の際の葬儀委員長を努めます。「盧武鉉の志を継ぐもの」としても認知されました。

2012年に国会議員に当選。この際、民主統合党の成立に大きな役割を果たし注目されます。
盧武鉉大統領が「排除の論理」でぶち壊した左派系野党の再結集を果たしたのです。2012年12月の大統領選挙では野党統一候補としてパク大統領に挑みましたが接戦の末破れました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで消えていくように見えたムン・ジェインですがさらなる2度の大波に襲われつつ時代は彼をいまだ見放さないようなのです。

このご、野党の新政治民主連合は2014年7月の国会議員補選で惨敗。混乱のなかで2015年2月に新政治民主連合の代表に就任します。
しかし野党は4月に再度補選で全敗。更には寄り合い所帯がたたり、アンチョルスが旧新政治連合系の議員を連れて党を出ていきます。二大政党制を実現したかに見えたのですが再度野党が分裂してしまったのです。

新政治民主連合は16年2月に「共に民主党」と党名を変えて出直すもムン・ジェインは同時に代表を辞任せざるをえませんでした。彼は2016年4月の総選挙にも出馬せず、他の候補者の応援に回ると表明します。

しかしこれが逆に彼を救うことになるのです。
------------------------------------------------
総選挙は与党セヌリ党がかなり有利と見られていました。しかし与党内は「朴派」と「非朴」の主流派、反主流派の内部の争いのお陰で充分に準備が整わなかったのです。世論調査などからくる「セヌリ党かなり有利」という奢りもあったのでしょう。

しかし蓋を明けてみれば逆に「共に民主党」は党勢を拡大。セヌリ党は少数野党に転じてしまったのです。与党は惨敗したのです。

選挙応援に徹したことでムン・ジェインは「勝利の立役者」になったのです。
------------------------------------------------------
そんな彼ですが去年再度逆風に晒されます

-韓国の宋旻淳(ソン・ミンスン)元外交通商部長官が回顧録で、2007年11月の国連北朝鮮人権決議案採決に際し、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が北朝鮮に意見を求めた後に棄権したと指摘したのです。
この時、北朝鮮にお伺いを立てた責任者がムン・ジェインだったと。

今度こそ次の大統領の目が消えたかに思われましたが、そこに来てパククネ大統領のスキャンダル。熱しやすく冷めやすい韓国国民はそんなことすーっかり忘れてしまいました。

逆に国会議員でないムン・ジェインは「身軽」だったのです。
弾劾訴追や即時退陣を求めるデモの先頭に立ってパククネ非難。
ここに至って「正義の味方」であるかのように支持率を上昇させました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ムン・ジェインは「ミサイル防衛の見直し」「慰安婦合意の見直し」「日韓軍事協定の見直し」などを打ち出しています。また去年竹島に上陸するなど領土問題でも強硬姿勢を見せるかまえ。

本当にムン・ジェインが大統領に当選し、かつ現実的な路線を取らないとすればアメリカも日本も韓国とは距離を取らざるをえない。必然的に韓国は中国にくっついていく道をとるでしょうね。
日韓関係はおそらく最悪期に入ると思われます。

早く大統領選挙行われないかなあw

2017年1月2日月曜日

くうすけ、初の初夢中?



去年生まれたくうすけは初の新年です。
新天地の布団を占領してグッスリ寝てますね。
つついても起きませんなw

猫性初の初夢を見ているんでしょうか

韓国大統領選挙、ムンジェイン前民主党代表が一歩リード。

韓国の大統領選挙は今年春に行われると言う見方が強まってきました。
現在はムンジェイン前民主党代表、潘基文前国連事務総長、イジェミン城南市長、やや離れて第二野党の前代表アンチョルスという感じ。

そもそもいまの朴大統領のスキャンダルが起きる前は幅広く支持を得られるパンギムンがリードしていました。
しかし、一連のスキャンダルで与党セヌリ党が指示を失った上に分裂。
逆に北朝鮮にお伺いを立てていた疑惑で逆風を受けていたムンジェインがまるで正義の味方のように支持を集めています。
また第二野党のアンチョルスが陰が薄くなった一方、泡沫と見られていたイジェミン城南市長が三位から浮上する気配、と言ったところでした。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弾劾訴追が一息つき、与党の分裂が決定したところで、ムンジェインが頭一つ抜け出したようです。
各種世論調査では、潘基文が支持率を落とす一方、ムンジェインが中道や左派の支持を集めています。イジェミン城南市長も健闘しているもののここに来てムンジェイン氏が手堅く支持票を固めている感じですかね。
今投票があればかなりの確率でムンジェイン氏が勝ちそう。
あと4ヶ月ほど、このリードを守り切れるか。
逆転があるなら、潘基文が新党を立ち上げるケースとかかなあ。
ーーーーーーーーーーーーー
ムンジェイン氏は慰安婦合意や日韓軍事協定の破棄、竹島問題の強硬姿勢などを打ち出しています。
間違いなく日韓関係は最悪の状態に陥るでしょう。
日米が韓国を見放す日もそう遠く無かったりして。

韓国軍、元日から爆弾投下

韓国軍のP3対潜哨戒機が、元日から身を削って笑いを取っていて話題w

韓国もお正月ですが、もちろん軍に休みはなく、海軍のP3対潜哨戒機が他国の艦船がいないかパトロール飛行をしていました。

ところが、何を思ったか、海上で搭載するすべての兵器、ハープーンミサイル二発、爆弾二発、魚雷二発、日本円に換算して6億円相当を投下してしまったんですwwww

軍用機は、緊急着陸を余儀なくされることを考慮して設計されています。ー

この時、武器を搭載しているとそれに誘爆してしまう可能性がある。

そのため、緊急着陸をするときはすべての武器を捨て、燃料をへらし安全性を高め、身軽になってから緊急着陸を試み少しでも生存可能性を上げることになっています。

だから、緊急武器投下ボタンを備えているのですが、どうやら乗員が間違ってボタンを押したんですなwww

幸い、誰もいない海の上だったから被害は出ませんでしたが、これが地上、特に都市部だったら?

投下しただけでは起爆しない設計とは言え、それ自体かなり重さがある武器です。
ビルなどに当たっていたら大惨事の可能性もあった事故。

大統領不在が末端公務員まで士気低下を招いているとしたら、かなり問題は根深いかもね。

少なくとも自衛隊では聞いたことのない笑えない笑える事故ではありました

2017年1月1日日曜日

明けましておめでとうございます。おめでたくない年になる予定ですが。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


さて、相場には噂で買え事実で売れという言葉があります。
トランプ期待で買ったなら、トランプが大統領になったら売られるのも良くあり得ること。
ましてや相場はドル高による新興国の資金逃避をまだ織り込んでない。

今年は暴落の年になる、おめでたくない年になると。


まあ、当たったら褒めて。
はずれたら忘れるように