2016年10月15日土曜日

ヒュンダイ自動車のスト体質。一方でそんな会社がなぜ強い?

ヒュンダイは今労働関係が緊張しています。実に12年ぶりとなる「全面スト」を構えて一歩も譲らないのです。

そのヒュンダイ、内憂外患を抱えています。中国やアジアで売上が伸び悩み、アメリカではエンジンに絡んで無償修理などを行うことを集団訴訟で和解。

さらにはエアバックの不具合を隠して国内で黙って大規模に修理した(本来ならリコールするべき案件だった可能性)として韓国当局から検査を受けています。(結局今週告発された模様)

そんなヒュンダイ自動車を台風が襲いました。踏んだり蹴ったり。
蔚山第2工場は当初、すぐに復旧できると見られていました。
浸水は僅かだったからです。


ところが、当初の会社見込みに反して一週間もの復旧時間が必要となりました。
もちろん、水以外に泥が入り込むなどした影響もあったらしいのですが、一番大きかったのは「労組が特別労働や時間外労働を拒否したからw)

日本の感覚だったらどうでしょう。自分の職場の一大事なら、会社に残ってでも、あるいはサービス残業してでも復旧にあたるでしょうか。韓国の中でも「貴族労組」として他の国民からやっかみと皮肉を受けるヒュンダイ自動車労組。

日曜日はもちろん休み。さらの日曜日、韓国では「ハングルの日」として祝日が重なりました。この「振替休日」として月曜日も休みw
労働争議中でもあることを盾にして労組関係者が復旧作業を行わず。
更に復旧が伸びてしまったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな会社に負けてる自動車会社、どうなのよ???
って思わないでもないですけどね。

ネットの普及が、性病を蔓延させる。

その昔、エイズがアメリカで流行したとき、疫学調査の人間たちはあることに気が付きました。

エイズは幹線道路に沿って拡大していったのです。
車を使って人間は移動し、性行為や薬物使用の注射の使い回しによってエイズは拡大していきました。(ちなみにエイズは精液から感染することが多く、そのため男性同性愛者の間でまず流行しました)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それから数十年。

日本ではりん病や梅毒など、一時期は抑え込まれていた性病が静かにしかし確実に患者数を広げています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えば梅毒はいまは初期ならば治療が可能になりました
昔と違って確実に死亡する病ではありません

しかしそれが逆に防衛する気持ちを奪った面もあるでしょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いまネットでは簡単に「売春行為」が行われます

むかしは元締めがいて、そこでしか「売買」ができませんでした。素人さんが「商売」を始めようと思っても簡単には客を呼べなかったのです。

しかし今はSNS(もう古いか)だけでなくスマホアプリなどを使って簡単に客を集められます。
出会い系で「一回2万円」なんて声をかければバイト感覚で売買が成立する。
簡単に性行為が行われる。しかも不特定多数の間で。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
性病の蔓延はこういう「売買春」が地下に潜り、かつ数を増していることの傍証でもあるでしょう

実を守るためには、自分でそういう機会を避けることしかありません


関連銘柄はオカモトですな(ウソです)

(あ、性病の一部は必ずしも性交渉だけでなくかんせんすr場合があります。要注意

2016年10月14日金曜日

リンドシェーバー死す

アラフォー以上の競馬ファンには懐かしい、リンドシェーバー死す。28歳。

父親に当時の北米チャンピオン種牡馬アリダー(米国三冠全て2着)を持つリンドシェーバーはある意味「バブルが連れてきた馬」といえるかもしれない。外国産馬で当時のルールはクラシックレース(ダービーや皐月賞とか)などに出走権がなく、「将来の種馬としての価値」も見込んで輸入された馬だったと思う。

この馬が最も輝いたのが朝日杯三歳ステークス(G1)(当時は数え年で馬の年齢を数えた。いまの二歳。フューチャリティステークス。)

一番人気にこたえて抜け出すと、勝ちタイムは中山1600m良馬場で1分34秒0。これは「永らく破られないのではないか?」とまで言われた怪物マルゼンスキーのレースレコード1分34秒4を16年ぶりに破る快挙だった。この勝利がこのあと何年か続く「マルガイ」ブームの嚆矢となったのである。



レコード勝ちがどれくらい衝撃的だったか?まだ4歳(今の三歳にあたる)のこの馬の種牡馬シンジケートが総額9億円という破格の条件で組まれたのだ。(もちろん、北米で猛威を奮っていたアリダー産駒、後継種牡馬という血統的バックボーンもあっただろうが)



続くヒヤシンスステークス(当時は芝のオープン)を問題なく快勝するとリンドシェーバーは弥生賞にコマを進めた。

当時のルールで牡馬のクラシックレース(皐月賞、ダービー、菊花賞)には出場できないものの、皐月賞のトライアルレースでもある弥生賞は当時から外国産馬の出走が可能だった。

リンドシェーバー陣営としては、皐月賞と同じ競馬場、同じ距離(2000m)で行われる弥生賞を勝てば「幻の皐月賞馬」として種牡馬としての価値を更にあげられる。

そしてこのころから台頭してきた「関西馬旋風」に対抗する関東の最後の砦として関東の重賞を安々と関西馬にわたしてなるものか、というファンの気持ちもあっただろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、この時立ちはだかったのが西の三歳チャンピオンイブキマイカグラ。

最後方から直線だけで競馬する、という典型的追い込み馬のイブキマイカグラの末脚が炸裂。
リンドシェーバーを差し切ってしまったのだ。「関西馬強し」を印象つけたレースでもあった。



結局リンドシェーバーはこの弥生賞のあと調教中に骨折。すでにシンジケートが組まれていたこともあり無理をせずこのまま引退となった。(なおこの年のクラシックレースは皐月賞まで重賞レースを使わない「裏ローテーション」を無敗で進んだトーカイテイオーがイブキマイカグラも問題にせず皐月賞とダービーを圧勝。さらに関東ファンの落胆を誘うことになった)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9億円の巨額シンジケートの種牡馬としては物足りない種牡馬成績ではあったが、レインボークイーンやサイコーキララを輩出。またいかにもアメリカ血統らしくダートでそこそこ走る馬を多く出したイメージもある。日本にそれなりに影響を与えた馬であったといえますね。                                                       

朴セリ、引退。記憶に残る98年のウォーターショット

韓国のトップゴルフ選手だった朴セリが引退。年齢とケガには勝てず。

なんといっても1998年に彗星のように現れた彼女(当時20歳)はいきなり全米女子(LPGA)で優勝。そして全米女子オープンでメジャー2連勝をかけて最終日に臨んだ。

一打リードで最終18Hまできた朴セリだが、力んだのかティーショットが池に。(いわゆるラテラルウォーターハザード)

一打罰を受けてボールを陸にドロップするか、そのまま打つか?うつにしてもそのままではアドレスが取れない。池に入って打つしかないか???
迷った朴セリは、裸足になり、そのまま池に入りウォーターショット!

このホールボギーで切り抜け首位タイで最終日を終えた。
(ちなみに首位タイでならんだ相手選手シャシャリポーンはアマチュアのため、この時点で「優勝賞金」は朴セリのものでした。優勝という「名誉」が決まらなかったのです)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
規定により、優勝決定は翌日に18ホールのプレーオフが行われる。
ところが18ホールを終えても決着がつかない。

さらに規定により試合はサドンデスのプレーオフへともつれ込んだ。
両者一歩も譲らず迎えた、プレーオフ22ホール目、スタートから92ホール目にして朴セリが5mのバーディパットをねじ込み歴史的な死闘にピリオドをうったのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朴セリをみてプロゴルファーを目指したという選手はとてもたくさんいるそうな。
日本で言えば野茂とかイチローのような存在。
数々の栄光を残してトッププロが去っていきます。

2016年10月13日木曜日

都会のリソースを田舎に持ち込むのが最強?

新天地、この前遠野に行ってきました。新幹線とレンタカー使って。
で、帰りみち、新幹線まで時間があったので、新花巻駅のポケモンジムで「トレーニング」してレベル6にあげて自慢の「カビゴン」(しねんのずつき、のしかかり、CP2261)を置いてきました。

普通、都内ならどんなに頑張っても一日持ちません。みんなが崩しちゃうから。
レベル8-10にあげたって誰かが崩しちゃうんです。

ところが新幹線駅の新花巻、僕のカビゴンは月曜のPM2時位に置いておいたのに木曜のAM7時現在、まだ防衛中です。
同じ時間にジムに1600くらいのポケモンを置いてきた奥さんのは帰ってきてるんで、誰かがジム崩しにチャレンジしながら、時間がなくて最後までは崩されていないんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
田舎ではポケモンも出ないし、モンスターボールを補給する場所も少ない。したがってプレーヤーも少ないし、強いポケモンも少ない。

都会では強いポケモンも手に入るし、プレーヤーも多い。


したがって都会でたくさんポケモンを集めて、人の少ない過疎地にいってポケモンジムをみんなで占領、そうすれば長期間に渡ってジムを占領できる???

あほな経済論理を考え出す新天地でありました。

新花巻駅、たいざいする人が少ないんだな・・・・。
色々考える余地はあるな。

てかカビゴン、二度と戻ってこないんじゃあw
新花巻駅に行く機会がある貴方w
いまも新天地のカビゴンが貴方をお待ちしております(13日AM7時現在)

「女性用バイアグラ」アディー、偽薬?が国内流通か

どこぞの通販サイトが「アディー」を無許可で販売したとして捕まった。

どうやら、本物でなくて偽物らしいけどね(偽物でも、本物と同成分とかあるらしいけどw)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アディーは昨年の10月にアメリカで発売された女性向けのお薬。
現在は閉経前の女性で性欲が減退している人の性欲を改善する効果がうたわれる。

男性用の不全薬はバイアグラなど、血流を改善して男性器の機能改善を行うのがほとんどなわけだが、女性の場合はそういう薬ではなく、精神的な改善が必要と言われる。
そしてソモソモそれが可能なのかは今でも論争が大きい

アディーは初の女性向けの不全改善薬だが、残念ながらその効果はものすごく大きいものではない。かつ失神や吐き気など副作用も大きい。(アメリカでは2度も販売承認が却下された経緯がある)

日本での承認はまだ先。そして効果もそれほどは期待できない(もちろん、深刻にリビドー低下に悩む女性、カップルについては、もちろん大きな光だろうけれど)

そういうわけで、怪しい通販サイトに騙されて買わないように。
健康被害も有り得る話ですからね。

2016年10月12日水曜日

自動車電動化の追い風つづく

韓国や日本で蓄電池の開発の進化が伝えられました。
さらにヨーロッパでは遠くない将来の「化石燃料を動力源とした車の廃止」(ハイブリッド車を含む、燃料電池車を除く)が動き始めています。

新天地が何度も書いたように「少なくともエンジンが消えてモーターが取って代わる」のは確定した未来と言えるでしょう。あとは二次電池がかつのか燃料電池が勝つのか。そこだけ。

モーターに比べると電源の行方は不透明。どこの会社、あるいはどの電源に賭けるかはまだ難しいですな。
モーターもどこが勝つか?難しい。。。これはキャッチアップが必要かな。


一つ言えることは旧来のエンジンは必ず消えていく。おそらくトランスミッションも苦しい。
この手の会社はもう保有は危険かな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真フィルムを失い、フィルムメーカーが消えました。

しかしコニカも富士写真もフィルムを捨てて華麗に生き残リました。
どうゆうふうに生き残っていくのか?

見ててチャンスがあるなら投資したいですね。ここ20年余りの話になります。

悲運?の「駆逐艦」ズムウォルト

アメリカ海軍の最も新しい艦船(駆逐艦)ズムウォルトが配備されました


特徴的な形は「ステルス性能」を追求したため。
主砲二門普段はカバーに覆われています。

さて、この船、「駆逐艦」と呼ばれていますが、実は「馬鹿でかい」船です。

(普通は大きい順に「空母」⇛戦艦(いまは戦艦と称する船は現役ではいない)⇛巡洋艦⇛駆逐艦です。)

全長183m、満載排水量で15000トン!

どれくらいでかいかというと、日本のイージス艦(事実上の巡洋艦)こんごうが全長161m、排水量で9500トン。駆逐艦という自称ですが、実は巡洋艦よりもデカくて重い。世界大戦中なら正規戦艦(としてはちょっと小さいか)という大きさです。

なんでそんなに大きいか?それは主砲の発射の反動に耐えるため。
海面に浮かぶ船が大砲を打てば反作用で船が揺れます。大射程の砲を備える船はある程度の大きさが必要なんです。

カバーに覆われた「主砲」は二門。単純な「大砲」ではなく、砲弾自体がロケット砲になっていて射程距離は公称150キロmとされています。戦艦大和が45キロm程ですので「主砲」としては非常に長射程。もちろんミサイルに比べれば大幅に距離は短い(ミサイルなら最低でも500キロ、長いものなら3000キロmに及びます)
ただし、砲弾のほうが一発あたりのコストがかなり安い。またミサイルほどではないですがGPS誘導や慣性航法装置付きの砲弾は半径50mの円内に着弾させることが可能。複数撃つことでほぼ戦略的目標(空港とか地下施設とか)を破壊させることが可能。おそらく「特定の人物」を狙って主砲で殺害することも可能でしょう。速射性にも優れ一分間に10発もの発射が可能です。相手にとって狙われると防御することは不可能と言えるかもですね。(ミサイルや飛行機なら対空ミサイルで防御する可能性もありますが、砲弾はノーチャンスでしょう)

つまりはステルス性を活かして敵の海岸線に接近し、目標に対して大火力を浴びせる、そんな船。
もちろんトマホークのほうが長距離から打てる(その分安全)、飛行機からスマート爆弾を落とすほうが命中率は上がる。
しかしズムウォルトの主砲のほうが一発一発の威力は大きく(貫通弾なども使えるようになるんだろう)致命的な打撃を与える事ができる。目標に近づきさえすれば圧倒的な火力を使えるのがこの船の特徴と言えるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と良い事ずくめな船ですが、問題が。

建造費が高くなりすぎたんです。そこまで高いお金払って150キロメートル飛ばす主砲の価値があるのかという問題になります。ミサイルや空爆で代用できるならば、巨額の建造費がペイできない。

さらにはズムウォルトは高性能な主砲を備える一方で他の兵装はしょぼくなりました。応用も効かないんですね

結局アメリカ軍は数十隻の建造計画を取りやめ、わずか3隻のみを調達することにしました。
その分、現在使っているイージス巡洋艦の改良最新版を調達、更新する予定。
ズムウォルトは色んな意味で「幻の」船になってしまいました。悲劇の船と言ってもいいかもしれませんね。

無敵の船も経費削減には勝てなかった。月並みな表現ですが。

サムソン、ギャラクシ-ノート7の生産販売を中断。「設計の問題???」

韓国サムソン電子が販売した「ギャラクシーノート7」の発火問題がついに全面的な生産と販売停止につながって波紋。株価も下げています。(なお誤解を生んでますが日本国内で発売されたギャラクシーS7エッジは問題おきていません)一説によれば歳台1兆7000億円の機会損失があるとか。まあ話10分の1として1000億を大きく超える利益消失があるでしょうね。

またもうノート7は「諦めて」ノート8かS8エッヂなどの後継販売前倒しに動くのかな?と思われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ギャラクシーノート7は薄型(7.9mm)かつ大画面(5.7インチ WQHD(2,560×1,440)、ちなみにiPhone7Plusは5.5インチ、1920✕1080、ワンランク差がある)が売り。ノートの名前の通りタッチペンでも操作できるのが自慢です。

問題は「火を吹いたこと」当初からバッテリーが疑われました。バッテリーの最終製造は中国(サムソンSDI傘下)だったため、「中国が原因」とも言われましたが、どうやら原因はサムソンが調達してきた「分離膜??」というのが見立てでした。

そこでサムソンは全数を中国ATLにバッテリを生産委託して切り替えました。これで問題は解決したかに思われました。
ところが・・・。新しい中国ATLのバッテリーを搭載したギャラクシーノート7が発火する事象が発生したのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここに来て「そもそもバッテリーの設計に無理があったのでは?」という声が出てきています。
ノート7は薄型大画面が売り物。そのしわ寄せで、内蔵されるバッテリーも薄型かつ大容量が要求されます。高精細は駆動する半導体のパワー=消費電力を要求しますし、大画面はそれだけで消費電力を必要とします。

そこでサムソンは専用設計のバッテリーに「ムリな薄型化」を追求しすぎたのでは?というのです。
具体的には正極と負極を分離する「分離膜」が薄すぎたのではないか?と。
これが薄すぎたため、何らかの原因で破損し、バッテリーが火を吹いたのではと。

バッテリーの生産者を変えたにも関わらず火を吹いたことからも設計そのものが問題なんではと。

あるいは、バッテリーを変えても火を吹いたのならソモソモバッテリー以外にも不具合があったのでは?とみる専門家もいます。

例えばバッテリーの保護回路の容量が足りていないんではないか?
たとえば新しい機能が(虹彩によるセキュリティなど)が何かの拍子にバッテリーを過度に使うのではないか?など
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いずれにしてもサムソンは多額の研究費用と生産費用を突っ込んだノート7を廃棄することになります。ブランドイメージの低下もキツイしアメリカでは当然訴訟も起こるでしょう。
まだ全部のマイナスは出し尽くしてないようですね。

2016年10月11日火曜日

遠野、「あんべ」

岩手に行ってきた。

まあ子どもたちはみーんな大きくなっとりわね。
奥さんと知り合った10年まえにみんな「子供」だったのに中学生になったり大学受験してたり。
光陰矢のごとし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遠江駅の近くでジンギスカン食べる。美味しい!!

あの値段で、あの味で東京近郊にでもお店出したらすごい繁盛店になるだろうな。
もしも遠野まで行くことがあるならぜひ。

あんべ、というお店でした


ラムだけでなく、マトンも出てくるところがさすが「本場」
(ジンギスカンというと、北海道のイメージだが、市民一人あたりの羊の消費量なら遠野のほうがダントツでおおいそうな)

部位もモモ、肩ロース、肩肉から選べます。それぞれ美味しいです。
-----------------------------------------------------------------------------------
昨日まで岩手国体が開かれており、帰りの新幹線も国体に出た人がたくさん乗ってました。
僕のとなりは
ボクシングジム?の人だったですね。お疲れ様でした。

奥さんもお父さんもお疲れ様。