2016年10月8日土曜日

何度も書くけど、写真だけど「写真」じゃないんだ。

フォトグラフを「写真」と撮訳した人間、天才だと思います。真実を写す。なるほど。でもね。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな写真が話題になりました。
 
豊洲新市場の地下の写真。「柱が曲がったように」見えます。これを報道2001が「柱が傾いている」と報道しました。写真が趣味な人間なら「何バカなこと行ってるねん。収差で曲がって映ってるだけ」と思うでしょう。
 
テレビですから本職のカメラマンがいるわけです。カメラマンなら収差なんて知り尽くしているはず。そこからもツッコミ入らなかったのか???
 
百歩譲って「いやいや、収差だとは思うけど。まずは目で確かめないとな」と取材しようと思うでしょう。観測してはじめてそのデータは使えるのです。ユーチューブで見た画像だけでテレビで報道するなんて。「あり得ない」。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず、2001のスタッフが収差であることが分かりきった話を「歪曲」して報道したことが何より驚き。それを止めれないチェック体制も。それで報道なのかとw
コストカットは質の低下につながる。フジテレビは、市場の地下よりもまず自分の足元を見つめ直すときかもね。外注してるから?それともフジテレビの報道に知識を持った人がすでにいなくなった???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何度も書きますが、高性能なカメラレンズは大きくて重い、高い。
 
映像を写すレンズは複数のレンズを組み合わせて作られますが、それには様々な
収差が発生します。色が滲んだり(光の周波数は色によって違うため)形が歪んだり。それをレンズで補うにはスーパーコンピューターを駆使した複雑な光学設計と精密な制作過程が必要だったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
え?じゃあ携帯電話のカメラはどうしてるんだよ?あんな小さくて軽くて値段も安いだろうが?
 
幾つか秘密があるんです。
 
一つは普通のデジカメなどに比べてイメージサークル(銀塩写真で言えばフィルムに当たる)が極めて小さいこと。これが小さいためにレンズも小さく出来るんです。
 
一つはもちろん設計製作の進化。
 
そして最も大きいファクターの一つが「電子修正をかけるから」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実はいまの小型カメラのレンズの光学設計はかなり楽になっています。
ある程度色が滲んだり、形が歪んで写ってもいいのです。
 
ある種の小型デジタルカメラでは、「修正された」JPEG映像だけでなく、修正される前の生データをパソコン上などでみることが出来るカメラがあります。見たらびっくりするでしょう。
まるで魚眼レンズ並みに歪んだ画像が映ってますから。それを電子的に「見られる程度までまっすぐに戻して」僕らは「写真」として見ているんです。
 
カメラ側には予め「これだけ歪みます」というデータが入っています。歪んで映ったデータをカメラ側で「まっすぐ」に戻して液晶や出力データに「まっすぐになった映像」を出力するのです。
 
もっともそれにも限度はありますが、極めつけの精密さが必要でもない限り、それでいいのです。
本当はどんなカメラの写真も精密にみれば歪んでいるんです。気がついてないだけで。それが大きいか小さいかはカメラのレンズやシステムがどれだけ歪みを許容するか、と言う話です。
歪みゼロを追求すればやっぱり重くなったり大きくなったり、高くなったり色の設計に影響が出たり、カメラのレスポンスが悪くなったり何かしら失うものがあるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だから升目や柱などを写すと修正しきれないこともあります。(特に画像の周辺部で)。いくら高性能の演算装置がついたデジカメとは言え、あまりにも複雑な修正計算式は作るのも大変だし、その計算を一々カメラでやってたら「かったるいレスポンス」のカメラになってしまう。
いかに「収差の修正を適当なところで切り上げるか」これも現代の小型デジカメ(携帯やタブレットのカメラ含む)の設計者の腕の見せ所かもしれません。
 
今回の写真はそういう「どうしても曲がって写ってしまうカメラで撮られた曲がった写真」
です。そんなこと僕だってすぐに思い至るお話。
 
そもそもここまで曲がってたら、写真写した本人たちが気がつくでしょうがw目で見てるんだから。 
 
 
繰り返します
 
写真は「真実をうつしてない」   こともある。カメラレンズによる「錯覚」です。
 
 
それくらいの知識というか良識を持って仕事してもらいたいもんです。
笑われるから。

2016年10月5日水曜日

種付けのいたずら

ヤフーの競馬ニュースに「トウカイローマン」と武豊の記事が出てた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名馬誕生の裏によくあるのは、種付けのいたずら。本当は「違う父親」を種付けしようと思ってたんだけど何らかの理由でその父親を種付けしたら名馬が生まれてしまった、と言う話。

この前書いたけど、例えばサイレンススズカの母親は、その年、種付けしたけどうまく行かず、じゃあトニービンを種付けしようと思ったけどすでにその年の種付け件は売り切れ。
仕方ない、まだ「売れ残ってる」(!)サンデーサイレンスを種付けしようか(当時はまだ主年度産駒が出走前で、サンデーの評価はトニービンより下だったのだ)。そして生まれたのがサイレンススズカだった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話はトウカイローマンに戻る。

オークスを制したトウカイローマン。この血統は母馬を遡るとヒサトモというダービーを勝った牝馬に遡る。トウカイローマンの馬主、内村さんは、たまたまヒサトモの血を引くトウカイクインという馬を購入して走らせる。するとトウカイクインは6勝を上げる大活躍。
トウカイクインの血統に興味をもった内村氏は、その牝系の先祖が数少ない牝馬の日本ダービー勝ち馬であることを知り、またその血統がほとんど残っていないことを知る。ト

当時まだ新進の馬主だった内村氏は、当時「絶滅寸前だった」ヒサトモの血は必ず蘇るという信念でこの牝系を大事にし、自ら牝馬に当時の一番優秀と思われる種馬を交配させて自らが所有し走らせることにした。トウカイクインは引退後繁殖牝馬として内村氏がお金をだして子供を生むことになる。

内村氏の「直感」は当たる。トウカイクインの孫、トウカイローマンがオークスを勝ったのだ。
自分が選んだ血統でクラシックを勝つというのは馬主冥利に尽きるだろう。トウカイローマンはその後も現役を続けるが、当時は牝馬の重賞も少なく(たしか古馬牝馬の重賞は4つだけ、みんなG3)重賞を勝てずにいた。

同年に現れたのが七冠馬、シンボリルドルフだった。当時日本の競馬史上最強と言われたシンボリルドルフ。この馬が引退して種馬のシンジケートが組まれると、内村氏もその権利を購入する。内村氏の中には「同じ年のダービー馬とオークス馬の夢の組み合わせ」があった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし。
オークスのあと重賞を勝てなかったトウカイローマンに転機が訪れる。
春、新潟大賞典で2着に入ったのだ。
本来ならこのレースで引退しシンボリルドルフを種付けする予定だった。しかし「まだ現役で行ける」と現役続行が決定。ルドルフの種付け権が浮いてしまう。

内村さんは、しょうがない、のでルドルフをトウカイローマンの半妹、トウカイナチュラルに種付けすることになる。長浜牧場で生まれたその子はルドルフ=皇帝の子供だから「ハマノテイオー」という幼名を授かる。

その子はナスに棒を刺したようなひょろ長の馬体で全然活躍しそうに思えなかったという。たくさん生まれたルドルフの初年度産駒はもっと血統のいい馬も多くそれほど注目されていたわけではなかった。
ところが、そのバネは凄まじく、牧場の柵を助走なしに飛び越えて行くほどだったと。

その姿をみた松元調教師は「ダービーの日付を確認」すると日程を逆算。デビュー戦(からダービーまでの出走レース)を決めたと言う。あえて重賞を使わず、馬の力を信じてダービーを狙うために。

ハマノテイオーは競走馬名を「トウカイテイオー」と改めデビューすることになる。


2016年10月4日火曜日

盧武鉉政権と安倍政権

安倍総理や腰巾着の産経新聞は韓国の故盧武鉉大統領が大嫌いでしょう。

親北的であり、日本に敵意を持ち、云々。今も毀誉褒貶の多い大統領です。任期後、金銭スキャンダルで自殺するという悲劇的な最後を遂げました。大統領にならなければ人生を全うできたかもですが。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前も書きましたが盧武鉉元大統領は政治的には左派ですが、経済政策ではなかなか合理的な人でもありました。日本で言うところの金融ビッグバンを進め、韓国の株式市場や為替市場の国際化をおこなった功績もあります。ある種の部分では日本市場も見習うべきところがあります。

そんな素晴らしい大統領ですが、結果としていまの左派系野党が分裂していくきっかけを作った張本人でもありました。

旧民主党を割ってでて少数与党「ウリ党」を結成。これは純化政策であり一瞬はうまく行ったように見えましたが結局は「信者」しか残らず、選挙で惨敗。長い長いレームダックを強いられたのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今の安倍政権は同じ匂いがしますね
高い支持率を背景に「文句言わないやつ」しかまわりに残らない。
気がついたら・・・

まあ知ったこっちゃないですが。

「加藤の乱」がおこるのかそれともどっかから別の勢力が台頭するのか。

「1月の衆議院選挙」は既定路線です。逆算してスケジュールが動いていく中で政権が5年後どう変わっていくのか見極めていこう、そんな感じですかね。

韓国ウオッチャーになるとひねくれます。

今年もノーベル賞の季節。

普通の日本人はだんだん「また今年も受賞したな、嬉しい」でしょうか。
よく考えると、僕らは何も努力してない、他人様の受賞を嬉しいと思うのはおかしい気がするんですが・・。何はともあれおめでとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株が絡んでくると「クソ、今年も京大の教授にこなかったか(小野薬ホルダー)」なんてゲスな話位になってきます。来年こそは。。(こらw)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国ウォッチャーになるとこれがまた「日本人がノーベル賞」とってくれて嬉しい。

え?普通の反応だろうって?

若干違います。

「日本人がノーベル賞取ったことで「キー、チョッパリ(豚の足のこと。足袋から連想する日本人の蔑称)がまた金の力でノーベル賞とった」って火病起こすのが見れるのが嬉しい」

ですw


今年はどんなとんでも意見が飛び出すのか。韓国の定点観測の視点なのです。