2016年10月1日土曜日

芦部的憲法論と改憲

新天地は芦部教授の授業を受けたことはありませんが、憲法の授業は芦部教授の教え子の教授から単位をもらいました。教科書は国家と法1。(当時は「憲法」という教科書はまだ出ていなかった)

なので強く、その影響を受けています。

真面目に司法試験合格するつもりだった新天地は、憲法の成績だけは良く、教授に「憲法だけだったら試験受かる」と褒められたことがあります。
(他はダメダメ、といういみでもありますが w)

芦部教授というのはアメリカ的な発想と、どちらかと言えばリベラルな発想、そして結構現実的というか「いや理想論じゃなくて自分たちがここはこうだ、と決めていこう」という非常に意欲的でもあった人だと僕は勝手に解釈しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
幾つかポイントがあるんですが(僕の主観がまじります)

例えば人権の制限。
憲法では人権は公共の福祉によって制限を受ける、とされています。

当然保守的な考えから行けば「公共の福祉」という御旗によれば人権を制限できる、なんでもしたい、という発想が出てきます。(これも一理はあります)

これに対して芦部教授が打ち出して広く影響を与えた考え方が

「自由国家的公共の福祉と社会国家的公共の福祉の二つの側面があるとの内在的制約説」

です。(ここ、テストに出るよ。首相が芦部を知らない、でも公共の福祉による制約を増やした憲法改正をしたい、というのを聞いて「アホか」とおもうのはここなんです。)

人権を制限する「公共の福祉」には「2つの側面がある」(ので制限にも2つの側面があるわけです。こうきょうの福祉だからと言ってなんでも制限できるわけではないよ、と言う考えですね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
言い換えると(ここ、テストに出ます)経済的自由に比して精神的自由の優位性を認める二重の基準論、ということになります。

精神的自由は経済的自由に対してより守られる、とも言えるかもしれません

僕独自に考える勝手な例で言えば
「ヌード」を考えましょうか

表現の自由という観点からいけば「ヌード」を発表する自由もよりそんちょうされるべきなのかなと。
これがしかし「広告」目的で発表されるとなるとそれは「経済的自由」である側面を持つ。

純粋に「芸術目的」な作品と「広告目的」の作品では「精神的自由」と「経済的自由」の
2つの側面において制約の度合いが変わってくるべきだろうと。

こういう考えを日本で広めたのが芦部教授ということになります(異論は認めない)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
翻って為政者の立場から行けば「精神だろうが経済だろが、公共の福祉で何でも人権を制限できる方がやりやすい」。二重の基準?なにそれ食べれるの?ってな話になります。

改憲(という名前のフリーハンド)が欲しい安倍政権にとっては勉強する価値さえないのかもしれませんが。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改憲論議は盛り上がるでしょう。

俺にはわからん、と言う人はぜひ書店で芦部教授の「遺作」である「憲法」を読んでみてください。

「内在的制約論」と「法創造機能」(裁判所の判例が一種の法律として機能するという考え方)、国会が「社会的代表である」と言う考え方。いまでは当たり前になっているこれらの考え方を日本でかためたのが芦部教授の「偉大」な功績。

これが基礎になって今の(改憲が行われていない2016年の)憲法体系が動いているんだということを是非考えて貰いたいのです。

いまからこの憲法がどう変わっていくのかはわからない。でも戦後もたらされた「押し付けられた」憲法と学者がどう向き合ってきたのかが一冊にまとめられた本なのです。
難しい本ですけどね。そりゃ。でも世界中探してもこれよりいい憲法の教科書はありません。
きっぱり。

知らないでも総理大臣にはなれますし、改憲を発議できますがw

おべんちゃら野郎しかいなくなった組織の末路

国会でのスタンディングオベーション話題になった。

新天地は法律的にはリベラリストなので三権というのは緊張感をもって分立すべきだと考えている。
国会が首班を指名する議院内閣制を取るとは言え、本来行政と立法はなれ合ってしまったら意味ないのだ。

どっかの裸の王様は「まるでどっかの国のようだ」と言われて侮辱された、と怒っているようだが勘違いされておられる。

侮辱された、んではなく「おまえら馬鹿だ」と嘲笑されたんだw。

安倍首相、三権分立ってものをわかってないんじゃないか?
「立ち上がって拍手」が悪いんじゃなくて、行政という権力が立法府の人間に「拍手を要求した」ことが馬鹿にされてるんだ。
首相本人が頼んだか頼んでないかが問題じゃない
首相サイドが頼んだことが問題なんだ。

多分それが首相本人は本当に全くわかってない。

例えば北朝鮮だって「キムさん」本人が直接拍手を要求するわけがない。
段取りするのは下々の人間だ。しかしそれを「キムなんとかさん本人は議会に拍手を要求なんかしていない」と主張したら笑われるだろう。全てはそういうことだ。

それを首相に諌める人間は首相のまわりには一人もいない。それは首相がそういう人間を遠ざけてきたから。本人の問題だ。

侮辱っていうのは不当に辱められた、ってことなんだろうが、バカにされて笑われてるんだ。
指差して笑われているのに「なにがおかしい」って怒ってるんだ。本人は本当に何がおかしいのかわかってないんだろうね。「おかしいですよ」って諌めてくれる友人がいないからw

マンセーした本人たちは安倍首相におべっかを使って安倍首相も気持ちよくなったんだろうが世界中に向けてオナニー公開したようなもんだ。こんな俺達かっこいい!!っていう「ぼくがかんがえたりそうのこっかいえんぜつ」(小6)みたいな。

自分たちは気持ち良くなったかもしれんが周りからは笑われる罠。

どこかの国とはどこの国だっ!
って怒っているようだが
北朝鮮だ!

ってはっきり言ってあげないと(^^♪。いや、首相は悪くないですよ!と言う人間と、首相、やっぱりこれはまずいですよ、と直言してくれる人。どっちが正しい友達、部下なのか知らないんだな。
優秀な学校出てるんだから、それくらい教えてくれるはずなんだが・・。

批判ををすべて排除して、耳に心地よいことを言うだけの人間を近くに寄せるとこうなる。
ーーーーーーー
おべんちゃら野郎を放置すれば自民党も長くない
自民党は政権が長く続いているのは民進党がダメだからってのを忘れたんじゃないか。
ちゃんとした対抗馬が出てきたら自民党に票を入れる価値があんのか忘れてる。緊張感を忘れて増長してるようにしか見えない。

人を切るのは結構。敵対勢力を蹴落とすのは古今東西有効な方法だ。
しかしおべんちゃらを使って足を引っ張る人間を重用してたら組織はほんと持たない。

株価は「安倍政権がまだ続く」ということで値を保ってる。続かないなら波乱のベクトルになる。

韓国ウォッチャーとしてはまるで「盧武鉉政権の末期」を見るようだ。
イエスマンしか残さなかった盧武鉉政権がどうなったか?人は歴史に学ぶべくだと思うんだが・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけ

株も一緒
人はついつい自分のポジションを正当化してくれる人間の言うことだけを聞きたがる。
貴方の株は上がるよ!って言う人の声だけ集めたがるんだ。

常に自分と反対のことにも耳を傾ける。
そうして人は上達していく。

2016年9月26日月曜日

凱旋門賞は「ポストポンドVSマカヒキ」の様相も

いよいよ、屈指の大レースであるフランスの凱旋門賞が来月2日に行われます。

日本からはダービー馬、マカヒキが参戦。

競馬ファンならご存知でしょうが、マカヒキの父、ディープインパクトは10年前に凱旋門賞にチャレンジするも三着入線止まり。しかも禁止薬物の使用で失格になってしまいました。
ディープインパクトが「負けた」理由は鞍上の武豊のせいにされたり、前哨戦をフランスではしらなかったことなどとされました。

また凱旋門賞は3歳馬の参戦を促すため、三歳の馬に有利な斤量(騎手と鞍の重さを足した重量)が設定されており、当時古馬だったディープには不利だったともされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マカヒキの馬主はディープ・インパクトとおなじ金子オーナー。

金子オーナーは今回の遠征に対して「こすとのわりにあわない」ともかんがえていたようですが。ゴーサインをだしました。10年前の仇をうとうと。

ディープで敗因とされたところを今回はケアしています。

早々と滞在先の厩舎(フランスで開業する日本人調教師、小林師)を確保し、万全の体制を取るとともに、前哨戦を走り競馬場を体験させました。騎手もヨーロッパのレースに慣れたルメールを起用。斤量が有利な3歳での参戦。これ以上なく条件を整えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相手は6連勝中、疑いなく現役最強の一頭、イギリスのポストポンドです。
春には日本のデュラメンテを破るなど破竹の勢いで勝ってきました。

調整過程に疑問があること、斤量が重くなる古馬であることがマイナス材料ですが、それを補って余りある戦績と破壊力のあるラストスパート。

残念ながら他の有力馬が故障などで回避が続いており、贔屓目混じりでポストポンドVSマカヒキの凱旋門賞と言う感じになってきています。

馬場は今年と来年、ロンシャン競馬場(馬場が重くて高低差がある、日本の競馬場とは異なる競馬場)からシャンティー競馬場に競馬場を移して行われます。(ロンシャンが大規模改修工事を行っているため)

マカヒキにはチャンス。日本の競馬界にとっても大きなチャンスです。