2016年7月9日土曜日

これから(本当に今日明日からでも)建設機械を分解、組み立てデキる人の求人が急増します。建設機械の会社にも特需アリやナシや。

日本の道路は傷んでいます。高度成長期とか何十年か前に作った道路がいま一斉に補修を必要としています。特に橋梁。

昨日ある事務所の人(業界の人なら誰でも知っている人)とお話したんですが、こんな車の話をしていました。「逆はしご車?」

普通高所作業車ってこんなんです。
車の上に人を動かすといいますか。

いま話題になってるのは逆高所作業車???

橋の上に車が行くと、アームを複雑に?曲げて自分がいる橋の下の部分にゴンドラを回して橋の下の点検をするという。
それくらい、橋の点検とかが急務に成ってるんですね。他にも「ドローン」で橋の下を点検しようっていう話が出てきています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前ふり終わり。長いな。

とにかく橋が痛む。この原因は実は一部のトレーラーによるものなんです。

総重量20トンの車が2台走るより、総重量40トンの車が1台走るほうが二倍だったか道路は痛むんだそうです。もっと重いくるまだと更に痛む。



そういうのを防ぐためトレーラーは多くの場合、通行許可が必要になります。
特殊車両通行許可というのですが、この時、車検証上で積載できる重量よりも少ない重量でしか許可が出ません。
道路にもよりますが、建設機械を運ぶような車で総重量で50トンチョイ。自重を引くと28トンから多くて32トンしか積載物を運ぶ許可がおりないんです。



いままで正直、機械を運ぶとき、これよりも多くなることがありました。本当は機械をもっと分解して軽くしなければ行けなかったんですが、今までは「ちょっと目をつぶって」重いままでも走ることがあったと。

写真のような「クローラークレーン」ならキャタピラを外し、クレーンアームを外し、「ウェイト(おもり)を完全に外しでようやく本体部分が30トンを切るか切らないか。完全にバラすのだってバラす機械が必要で・・・。めんどうくさいわけです。とうしても目をつぶって「キャタピラはついたまま」なんてこともあったようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし。

現状、取締がかなり厳しくなってきました。流れはもっと分解して軽くしてきちんとルールを守って走ろう、となっています。厳密に機械を分解して軽くして運ばないと法令にかかるよね、と。

でもね。現実問題、人もカネも(解体する)場所も足りません。いままでやってなかったことを「きちんとやろう」というのですから難しい。

でもやらないと違反でつかまる。30トンを超える重機をつかう工事現場はかなり大変なことになるかと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目に見えていることは一つ

「機械を分解する人が引っ張りだこになる」
「より分解しやすい建設機械のニーズが高まる」

機械が分解できる人たちの給料は上がらざるを得ないでしょうね。ましてやこれからオリンピック関連の工事が始まる。解体する側としては「もっと簡単に解体できる機械作れや!!」って言う流れが間違いなくあります。古い機械は取り外すの大変で、とか確実にあります。

この二点。
関連銘柄あるかなあ。。。

生まれてから2度目(三度目?)の原宿かな

奥さんが明日、原宿に用事があるそうな。車で送ることに。しらべてみると竹下通りじゃん
あんな所車でいけるんかいな、日曜日に。。。

新天地、原宿なんぞ行くのは人生で2回めか3回めかな。

今もあるかどうかしらんが、アドヴァンの入社面接にいっていらいだな。証券会社に入らなかったら公務員になるか、家関係の仕事したかったんだ。結局証券会社から内定もらったのでアドヴァンとは縁がなかったんだが。。たまに今でも壁材の営業してる夢を見ることがあるw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
都内23区でも行ったことのないというかほとんど走ったことのない町はけっこうあるよな。池袋とか全く土地勘ないし、大森とか元羽田も行ったこと無い。死ぬまでには一度探検してみるか。

2016年7月8日金曜日

UMNファーマ4585,暴騰か暴落か

新天地、UMNファーマを持ってます。って言っても最近株数めっきり減らしてまして、この株も少しだけ。この株自体、「普通なら買ってはいけない」株です。現金に困っていわゆるムービングストライクな増資を行いました。いまその売りがガンガン出てきてて株価はズルズル下ってます。みんなその売りが出てくるから怖くて買えないのです。あまつさえ、どっかの会社からは空売りも食らっているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
UMNファーマはもともと創薬ベンチャーでしたが、いまは「製薬会社」になっています。IHIと組んで大型生産設備を構えたからです(商品をアステラスが買ってくれる予定)。この設備投資が重くのしかかる。作りたい製品があるのにまだ認可が降りないw資金に困って禁断の増資に踏み切りました。株価は下がる。ずるずるずる。

この工場は、後述するワクチンあと後発薬の製造なども考えており、軌道に乗れば売上100億円というなかなかの工場です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岐阜県内に100億円をかけて作られた工場。約半々でIHIとUMNが出資。つまりUMNファーマは50億円かけて作った工場が動かせなくて泣いているわけです。このままでは資金ショートで潰れてしまうwいわゆる「継続前提に重要事象。 」という会社になっています。

じゃあ何を作ろうとしているのか?ごぞんじの方もいると思いますがワクチン、特にインフルエンザワクチンになります。え?そんなもん昔から誰でも作ってる?デンカとか有名ですよね。(新天地は一瞬デンカの子会社でバイトしたこと有る(生活に困ってるなあw)

一般的にインフルエンザワクチンといえば鶏卵から作ります。これ、正確に言うと「おやどり」を無菌状態でひなから育てる事から始めます。大元の鶏が汚染されていると大変なことになりかねないですからね。オスとメスを厳重な管理のもと育て、そこから有精卵を作ります。ここでようやくウイルス製造を始めることが出来ます。この間約半年!この玉子はそこから約半年ウイルス製造のために使えるようです。

この玉子の尿膜腔内にインフルエンザウイルス株を注入し3日かけて培養。液を取り出して精製、0不活性化しようやくワクチンができる、と。パンデミックで新しいワクチン大量生産!って思っても半年かかってしまうわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これに対し、IHIとUMNファーマの工場で作るワクチン(最終製品はアステラスが製造販売)はウイルスの遺伝子情報を昆虫細胞に注入して培養するという画期的な方法を用います。「大量生産しよう」とゴーを出してから二ヶ月で最終製品が作れます。より機動的にワクチン生産ができるというわけです。

更には鶏卵法と違ってウイルスそのものを使うわけでもありません。遺伝情報を抜き取り、バキュロウイルスといういわば「乗り物」のようなウイルスをつかって昆虫細胞に入れます。これを増殖させることで人間の免疫系に働きかけ、かつ無害のワクチンをつくることができるというわけです。

将来、めちゃめちゃ病原性の有る新型インフルエンザが現れた時でも比較的安全に培養できることもメリットの一つでしょう。(鶏卵法ではウイルスをそのまま使うのでその扱いも大変)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じゃなんでそんな画期的な技術なのに会社が潰れる勢いで株さがてるかって?
肝心の日本の国の承認が降りてない。2013年の計画では2015年にも生産開始だったんです。その許可が2016年7月7日現在おりず。こうして100億(の半分の50億円)の投資が「凍死」になっているのが現状。
我慢できずにカネに困って行使価格が変動する増資を受けたと。約30億円。
株は希薄化するし、引き受けてはどんどん売ってくるんで受給も大幅悪化。ズルズル陰線が並ぶのはそういうわけ。さらには足元もみられて「空売り」してくる奴まで出てきましたw

しかしワクチン製造さえ承認されれば年数億円からもっともっとな利益が上がることも予想できるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日8日はなんたら審議会があるとかないとか。

承認されたらばくとうするかもわかりません。上がったら、増資引き受けた奴が全部売ってくるけどねw(ストップ高を買ったりしないようにw)

逆に承認されないと暴落したりしてw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに岐阜県の工場ではちょっと前に大々的に求人募集してたけどいまは求人してないとか。

すでに人が集まったのか、集める必要がなくなったのか(こえー)


どっちでしょうね。

本当に承認されて、さらに順調に売り上げ伸びるなら(海外にワクチンを売ることだって夢じゃない)株価は5000円位行っても文句のないところか。そんなには大きな会社ではないので出来高が増えてくれば行き過ぎて大台替わりも「ありえる」でしょう。
一方で認可がまるで駄目なら紙くずになる可能性も。


ハイリスクハイリターン。夢のある会社ではあります。

ただしくれぐれも30億分の増資の売りがまだ続くこと、承認されなければ潰れる可能性のある銘柄であることはお忘れなく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会社を評価するならUMNの今の社長はトイザらス上場を成功させた実務家であること。その統治力は高く評価されている人です。
新天地の「人で買う」理論から行けば買いでしょう。

ラインの国籍?というか投資対象としては???

いよいよラインが上場するわけです。

いまだ赤字のこの会社ですが、ユーザ数が2億だとかもっとだとかというわけで注目の大型上々であることは間違いありません。20年前はどんなに有望株であっても赤字ということで上場できなかったんですが今は柔軟に上場し資金を集めることができます。金融ビックバンの果実と言えましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、このサービスを「日本の国産」というのはかなり無理があるでしょう。

僕はやっぱり「韓国の」会社だなあとは思っています。ただ、それをいっても始まりますまい。日本に本社を置いてじょうじょうしてくる以上、親会社が韓国の会社であっても日本の上場会社として投資対象として色眼鏡なしで見ていかないと、かな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただし。

新天地としてはこの会社の将来性には疑問符ありです。今の段階で
黒字化できないのはなー。と言う所。システムとしては良く出来ていますが、ここまでユーザーが増えて赤字ってことは「いつ黒字になるんだよ」っていう先が見えない。その意味で投資として考えこんでしまうんです。


もちろん上場してすぐは賑わうでしょう。でも過去のソフトバンクやヤフー株みたいに買ったら儲かる、そういう株ではないような気がします。

2016年7月5日火曜日

ジャガーとライバル

題名見て何の話か分かった人は絶対いない。

ジャガーは分かる人がいるかも知らんが。

そう、サッカーの浅野選手だ。

ーーーーーーーーーーー
サッカーファンなら知ってると思うけど、浅野選手は三重県生まれ。
都会の子供なら、どっかのサッカーユースチームに入ったりするんだろうけど、そこは三重の片田舎?

三重県の高校ではサッカーの名門と言われる四日市中央工業に入学。
そこで才能を開花してサンフレッチェ広島に入団した。


サッカーの名門と呼ばれるようになった四中工だが、ここまで有名になったのはひとえに城監督のちからによるだろう。
城監督は何人ものJリーガーを育て、小倉はグランパスの監督にまでなった。
教え子は何人もサッカーのの指導者になり、今の四中工もそういう遺産で強さを保つ。

本当に偉大な人だったと言えよう。
ーーーーーーーーーーーーーー
で、何がライバルかって?

僕の父親が勝手にライバル視してたのだw

同じ大学、同じ学部の顔見知り。
同じように高校の教員になりあっちはサッカー、父はバスケットで県大会で優勝した。
同じようにインターハイで監督になった。

何回か僕んちに飲みに来たこともある。父が四中工のすぐとなりの県の施設で働いていた時期もあった。

父は出世欲とか人を押しのけてとか全く無かった人だが、めちゃ出世した。
でもあいつに勝ちたいとか全く思ったことは無いそうだが、城監督だけには勝ちたいというか、悔しいなあ、と思ったそうな。

そんな風に思われる人に。。。

なれないよなあw