2016年5月28日土曜日

ダービー、武豊には勝ってほしいけれど。史上最高のダービー、伝説になるかもなダービーが日曜日に府中で開催されます。

ダービー。

正直言って、今年の皐月賞の上位馬は、みんな化け物クラスです。

特に皐月賞を勝ったディーマジェスティ、上がり最速のマカヒキ、むちゃくちゃな超ハイペースで進んだリオンディーズ、三着に入線したサトノダイヤモンド。この四頭は例年なら皐月賞を圧勝できたと思います。一方、武豊のエアスピネル、この馬だって普段ならかちまけできたはずなんですが・・

エアスピネルは完成度が高く、ほぼ完璧なレースをしながら負けた、ということは、完璧ではないめちゃくちゃなレース(とても最後までスタミナ持たないペースでぶっ飛ばしていって)をして4着に入った(進路妨害で5着降着)リオンディーズを物差しにすると「壁がある」気はします。

問題は、距離の壁でしょうか。

例えばディーマジェステイはサイアーラインを見ると、ディープ、ブライアンズタイム、サドラーズウェルズとかなり重厚な血の掛けあわせ。三大母ドフザダービーはイギリス、アイルランドの両ダービーを制したジェネラスの母親でもある。あ、オースミタイクーン(武幸四郎がデビュー週にのって重賞を勝つ離れ業を見せたことでも有名)の母親でもあります。近親にはトリプティクなど欧州の活躍馬がチラホラと。
距離延長は願ったりかなったりでしょう。

一方でエアスピネルやリオンディーズは父キングカメハメハだけに距離延長がどうか。
マカヒキも厳しい流れになるダービー2400、レコード決着も予想されるハイスピード決戦で後方待機策で勝てるのか?そんな疑問が生じます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リオンディーズはおそらく二戦の負けを嫌って人気を落とすでしょう。しかし負けた前二戦は「完璧なレースをできずに負けた」レース。
そのレースを勝ったのは「追い込みがハマった」馬たち。
皐月賞で能力をすべて発揮していないのは上位陣ではこの馬だけでしょうね。適切なペースでレースをできれば本当に「一番強い馬」はこの馬だと思います。

皐月賞馬ディーマジェスティは展開がハマったし、マカヒキもあれが彼の競馬でしょう。先行したエアスピネルも完璧に立ちまわってあの位置かと。差してきたサトノダイヤモンドもそうかなと。

心情的には武に勝って欲しい。でも馬券的にはリオンディーズ◎。個人的には彼が僕の理想のサラブレッド。勝てるかどうかは2400mが持つかどうかだけ。持つんならこの馬が一番強いはず。

ほかの馬はマカヒキ、サトノダイヤモンドも強いのは認めるけれど・・・。

ほんと、今年のダービーはすごいメンバーが揃いました。ゴール前までで有力馬が揃って壮絶な叩き合いになるかもしれません。現在、サラブレッドという生き物の中でスピードの限界までに達したサラブレッドが戦うレースです。いやほんと。

これだけスピードがある馬が揃っただけに展開によっては、又馬場が悪化しなければダービーレコード、そして2分22秒台の異次元決着になる可能性もありますね。
今年、世界中探してもこれより面白くなりそうなレースは思いつかない。
競馬ファンなら生で見たい、そんなレースです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ほんと今年の世代はすごい。オグリキャップ、スーパークリーク、サッカーボーイ、ヤエノムテキなどのキラ星のようだった世代を思い出します。


おまけ
そのキラ星の世代のダービー馬、即答できますか?答えはサクラチヨノオー。朝日杯三歳ステークスを制した彼ですが、皐月賞の敗戦もあってヤエノムテキやサッカーボーイに続く3番人気でした。あんまり人気なかったんです。

買った後も「もしもオグリキャップがダービーに出れていたらオグリが勝ってた」とみんな思ってたわけで(実際三冠取れたでしょうね)勝った後も評価が低かったように思われます。

武のエアスピネルにもチヨノオーと似た匂いがあるんですよね。「距離持たないんじゃないか」「皐月賞で勝負付けは済んだ」そう言われながら実はまだ余力を隠し持っていたという・・・・。

エアスピネル、くさっても朝日杯のダントツ1番人気の馬でした。初めてまたがった時から武豊はこの馬で朝日杯とダービーを取りに行く、そう思わせたともいいます。軽視すべき馬では無いと思うんですけどね。ここまで評価を下げられる馬ではないでしょう。ダービー男武のちからにも期待したいかな。

日本ではあんまり報じられない韓国ニュースw

世界的に日本に注目集まる中での大韓航空機出火テロ(^o^)/

まあこれは世界的に報道されました。トラブル続く大韓航空機。なんかどっかで歪がでてるんだろうね。今一番乗りたくない航空会社になりつつあります。離陸前でよかったよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国外交部の必死の努力?でオバマ大統領の所感表明には「日本の被爆者」と「朝鮮人の被爆者」という文言が入りました。これはまあ誇って良いのでは?

(韓国政府外交部は事前にアメリカ政府と「緊密な」協議を行ったことを明らかにしています)

一方、一部w韓国人被爆者団体が求めていた直接の大統領との接触、謝罪と賠償要求、韓国人犠牲者の慰霊碑訪問は叶わず。日本政府の妨害でもあったんですかねえ(*^^*)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サミットに来ていた国連の潘基文事務総長はそのまま韓国に移動。表向きは国連のNGO関連会議に出席するためだがこれを額面通りに受け取る人はいない。

政治的に親しいと言われる盧信永(ノ・シンヨン)元首相と面会したうえで、票田になるとみられる韓国の南東部(保守層が多い地域)への訪問で票固めに入るのでは?との見方。

潘基文は韓国国内で人気が高い。国内政治に直接携わっていなかったため傷もない。クリーンなイメージも強い。
いっぽうで来年73歳という高齢がネックか。近年では金大中が当選時72歳だったがそれを上回ることになる。また、国内政治に携わってこなかっただけに独自の足場はない。いま大統領候補を持たない、セヌリ党の中のパク大統領派閥が押しているだけで必ずしも一枚岩ではない。。

さらには政治的基盤を持たない。ここが辛いなあ。

彼自身は公式には大統領選に出馬するとは言っていない。
しかし、「高齢だが大丈夫か?」という記者の質問に対して「ヒラリーが70才、サンダースが76才だ。自分も大丈夫」と答えてしまったw出る気満々です。

かれが韓国大統領選に明確に「出る」と今言えないの、はもちろん彼が国連職員でもあるわけで。
国連の職員は所属する国家の利益のために仕事をしてはいけない、ということになっています。
当然国内での政治活動も大幅に制限される。選挙への出馬表明はとんでもないわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サミットの「裏番組」アフリカ連合でスピーチ。ついでエチオピアの経済団体と会合。
いわゆるトップセールスですな。

この辺、サミットより経済。名より実をとったところが冷徹なトップという所。サミットを蹴ったことはさておき、経済面でのトップ外交力はなかなかのもんです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国で外資系銀行証券の撤退が話題に。
儲からない、ということなんでしょうが、韓国マーケットのシュリンクが続きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国のスリラー映画、『哭声』が公開二週間で韓国国内で500万人を動員。5月15日の日曜日には午後2時までだけで100万人が見たという話もあるほど社会現象に近い観客動員だそうです。日本でいえば1500万人動員という計算ですから、その凄さが分かるかと。

この映画、日本人俳優國村隼が「日本人」(村の外からやってきた部外者というところか)として出演。彼がキーマンになって物語は展開していくそうです。

監督は日本でも名前が知られるナ・ホンジン監督。日本で言うと「北野武」監督(アウトレイジとかのイメージ)かなあ。あるいはもっとバイオレンスな深作監督。(そういえば國村隼はアウトレイジに出てたっけ。(うろ覚え)「世界で最も妥協しない映画監督の一人」と言われるナ・ホンジン監督。撮影も過酷を極めたそうな。鬼気迫る演技が見られるようです。



日本でも流行するかもね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年5月27日金曜日

日産ルノーがスズキを買う日

あ、もちろん妄想です。

スズキってば、インドでは4割近いシェアがあります。
もしもゴーンがスズキを買えれば、グループ全体の生産は1200万台超え。

トヨタもVWも追い抜いてダントツの世界トップになれる!!
しかも小型車生産能力があり、目をみはる軽量化技術もある、
逆にスズキは次世代パワートレインを開発するには負担が重いが、日産ルノーと組めば。。。


スズキの株価、要注目としておきます


妄想の時間でした。

国技!謝罪と賠償要求炸裂(´・ω・`)

アメリカのオバマ大統領が広島を訪問します。もちろん米国大統領が広島を訪問するのは初めて。「思い切ったなあ」というのが率直な印象ですね。

これに対して、全員ではもちろん無いですが、被爆者団体は歓迎の訴え。
そりゃ、脱核兵器を訴えて大統領が訪問するんですから歓迎するでしょう。オバマさんが爆弾落としたわけでもないし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あ、歓迎しない被爆者さんがありました。
韓国人被爆者の方々です。


日本の被爆者団体や広島長崎の市長などが歓迎してお出迎えする中、直接抗議文を渡すことを目指すそうです。

わくわく。

2016年5月26日木曜日

NYしぶといけど、17700までは下げトレンドの範囲内

NY下がらんなあwまたベア投信買値に戻っちゃった。

でもまだ弱気のママ。というのもトレンドラインの上限まで戻っただけだから。
此処を破って上昇するとちょっと考えなおさないといけなくなってしまうけどね


伊勢の「な言葉」

三重県、特に松阪から南の地方では「伊勢のな言葉」と言われる方言が使われる。

代々木ゼミナールの国語の先生が大昔テレビで言ってたんだが、な、を疑問形と考えれば「疑問形で終わる」のが通常という言語は世界的に見て珍しい、とのこと。

(もちろん、「な」は間投助詞なんで、疑問形じゃねーだろというツッコミはあるんだが)

たとえば「今度遊びましょう」が伊勢の方言では「今度遊ぼな」という言い回しになる。
相手に同意を緩やかに疑問形で求める言い回しだと。

暮らしの知恵で争いを避けて合意を得ようとする言い回しなんだな。と。

(伊勢というか三重県の一部では「な」が使われるんだ。たとえば

あのな、私とあなたな、酒の見に行こうな、ってな具合。あのねではなくあのな。私と貴方で、ではなくわたしとあなたな。酒のみにいこうね、ではなくいこうな。

便利な間投助詞なのだ。

なおこれを知ってても。一円の特にはならんがw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伊勢でサミットが開かれる。

色んな意味ある合意がなされますように。


あ、個人的には経済合意に失敗して株価暴落してくれれば・・・


失敗したらなー(伊勢弁で)

2016年5月25日水曜日

フランスに衝撃走る。エイシンヒカリ、フランスG1イスパーン賞を10馬身差のぶっちぎり勝ち。

新天地が今最も好きな馬、エイシンヒカリ。年末の香港で「幻の最強馬」フリーイーグルなどを沈めたのに続いて、いまはフランス、イギリスのG1に挑戦するため武豊を鞍上にヨーロッパ遠征にでました(この時期日本に得意な1800mと2000mのG1がないため)。

さて休養明け初戦に選んだフランスのG1イスパーン賞1800m芝。例年、凱旋門賞で有名なロンシャン競馬場で行われるレースですが、今年は改修中のため、シャンティ競馬場で開催されました。(蛇足ながら、今年の凱旋門賞はシャンティで行われます。日本の馬には「有利」かもですね。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンバーはフランスダービー勝ち馬で去年の凱旋門賞の前哨戦ニエル賞も勝っているニューベイ。此処二戦は調子を落としているものの昨秋のブリーダーズカップマイル2着のモンディアリスト。パリ大賞の勝ち馬で去年ジャパンカップにも来たイラプトといったところでしょうか。

まあ、イスパーン賞自体は「G1の中のG1」というほど価値は無いですがそれでも国際G1。過去には種牡馬としても日本で活躍したクリスタルグリッターズ、キングマンボの母馬名品ミエスクなど有名馬が勝っているレースです。

そしてフランスのダービー馬が相手というわけですから、決して楽なレースではありません。
(シャンティのレースは「格が落ちる」感は否めないですけどね)

エイシンヒカリはご存知日本の現役最強「逃げ馬」。ヨーロッパではこういう「勝ちに行くために逃げる」馬は一般的ではありません。逆に「ペースメーカー」と言って勝ち負けを度外視してレースペースをあげるための逃げ馬を有力馬陣営が出すこともあります。
最近ではスミヨンやデムーロ、ウイリアムズみたいに世界のトップジョッキーが日本で騎乗するようになり、「逃げ戦法」を逆に欧米に持ち帰るようになりましたが、それでも日本のように大レースが逃げ切り勝ちで決まることは少ないといえるでしょう。

さてレース。他陣営はペースメーカーを用意せず。エイシンヒカリがハナを奪ってレースを進めると思われましたが・・・・。

先手を取ろうとしたものの、ハナを奪えず。ここで武豊は逃げた馬を先にいかせて二番手追走を選びます。逃げられないと勝てない、と思われましたが直線でうまなりで先頭に立つとあとは一人旅。重馬場が影響したとはいえフランスの競馬関係者にとっては衝撃のレースになったことは間違いありません。

去年の香港を勝った段階では「まぐれ」と思われていたエイシンヒカリですがこれで人馬ともに世界のトップレベルに伍すると宣言したようなものでしょう。

次走は予定通り6月15日のプリンス・オブ・ウェールズG1、芝2000mアスコット競馬場に向かう予定。POWは今回のレースより更に相手が強くなるのは間違いありません。春の中距離馬の最強を決めるレースと言ってもいいでしょう。女王陛下の御前開催、イギリスの競馬の祭典「ロイヤルアスコット開催」の中でも最高額の優勝賞金を誇ります。(優勝賞金75万ポンド 訂正、42万ポンド。一ポンドは約160円)

G1になったのは2000年からと比較的最近ですが、これは競馬がスピード化する中で2400mを勝つ馬よりも2000mで勝つような馬が認められるようになった世界的な流れかもしれません。
2000年以降の勝ち馬を見ても、ドバイミレニアム、ファンタスティックライト、ウィジャボード、マンヂュロ、ソーユーシンクなどそうそうたるメンバーが並びます。

ただ、去年の覇者フリーイーグルをエイシンヒカリは年末の香港で破りました。今の勢いなら「ロイヤルアスコットで日本人の馬と騎手が勝つ」というそれ何の競馬漫画?というような一昔前なら想像できなかったシーンが達成されるかもしれません。

それにしても此処最近の武豊は本当にすごい。神がかってる。まるで全盛期が蘇ってさらに競馬の神様がバックに付いたかのようだ。