2016年5月14日土曜日

でじゃぶ

新天地は子供の頃から株やってました。趣味、株式投資だったんですな。経験だけは長い。

バブル崩壊、覚えてます。89年の12月29日。株式新聞の論調は「間違いなく40000円超え」だったかなあ。(間違いだったわけですがw)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でもって、店頭平均は同じく12月に天井うったかというと、そうじゃないんだなこれが。
90年の7月に店頭平均は天井を打っています。

先物主導で動いた225に対して、少ない金額で値が飛ぶ新興市場は一番最後に投機的なお金が入ってきて鋭いシャープトップを描いて下落に転じたのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
225が弱いのに、そーせいとかで盛り上がっている今の新興市場を見ると、その時の既視感が蘇りますね。ちょっと注意喚起しておきます。

NYダウ暴落しる!(ポジショントークのコーナー)

NYダウのベアの上場投信というのがありまして、ダウが高くなった時に買い込みました。
そう、ダウ、急落しる、というわけです。



(最近、なぜ新天地は「しろ」ではなくて「しる」と書くんですかという問い合わせを受けたので。。
語源はこの写真)
2000年代は遠くなったなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短期的にチャートを見ると(クリックで拡大。日足3ヶ月分)

 


17500ドルのところが変則的なヘッドアンドショルダーズのネックラインになっています。
此処を下に抜けると16000ドル程度までの調整があるんじゃないか?
そういう読みでNYのダウの「ショートポジション」をとったというわけです。今年4ヶ月で稼いだ種銭でかなりガッツリと。外れたら今年の利益パー。


さらに言えば、16000ドルの下値支持線はNYダウの「トリプルトップ」のネックラインでもあります。(あくまでこの前の戻りが天井ラインだったとして)

もう少し大きく見てみましょうか。(週足。クリックで拡大)



16000ドルまで新天地の読み通りに下げて、もしも、さらにそこをぶちぬいて下げていくならリーマンショック以来の調整相場になる可能性もあります。毎月ディーラーがクビになっていく下げ相場。今、はやっている銘柄たちは数年後100円とか倒産とかしたりする相場。
(第一中央汽船が1000円とかしてたんだ、確か当時。この前潰れたけど)

ファンド会社がオフィスごとなくなる相場。

夢が広がりますね。^_^

もちろん、利上げが続く(続かざるを得ない)というよみ。
あるいは大統領選挙は絶対マイナス影響という読みもあります。

今週は17500ドルを大きく下回ることはありませんでした。
此処が一旦支持線になるのか、下抜いてダウントレンドに入るのか。

結構微妙な位置にいると僕は考えています(あくまで僕の思い込みです)


----------------------------------------------------------------------------------
どれ位歴史的な位置にいるか、改めて思い起こしておきましょう
NYダウ月足10年分
 

 
我々はNYダウ史上最長の上昇相場にいることは忘れてはいけません。
不謹慎ですが、九州の人のようです。ずーっと大きな地震がなかったから、「九州は大地震とは無縁」と思ってしまったんですね。だから対応できなかった面も大きい。
 
すっと上げが続いたんで「コレクション」が続くことがあることを忘れてしまったかのようだ。わずか8年前の記憶なんですが。
 
もちろん今回、このまま下げに入るとは限らない。来週から下げる、今まで上げ続けてきたから、というのは、明日地震が起こる。最近地震なかったから、と言ってるのと同義。それだけでは確定はできない。
 
しかしながら、過去の記録を見れば、これ以上の上昇が続いたことは見当たらないと行ってもいい。確率論的にレアケースなんだな。加えて、利上げに入っていること、原油安資源安、中国不安定など下げ要因も相変わらず多い。スマホの低調など、変調も増えてきた。PCの出荷の落ち込みもキツイ。
 
まあ実は2015年からおんなじこと言ってるわけですが、今回こそ。
 
NY、暴落しる!!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、このブログは新天地の勝手な心境を述べたもので、その的中を保証するものではありません。当たってたら、後で自慢するために書いているものです。
 
なるほど!と思ってブログ通りにやってみて大怪我してもダーレも責任とりません。
苦情も無視します。念のため。
 
ブログを無視して損すると「ほら見ろ」、というかもしれませんがw
 
 

2016年5月12日木曜日

ポジショントークだけどNYは弱いように見える


NYダウ週足。何本か上髭が並ぶ。出来高は少なくなっているので「ウリに押された」というより「買い上がる力がない」かな。
いずれにせよ最高値近辺でやや売り優勢になっているように僕個人は思ってる。
1000ドルほどの下げが1ヶ月からそれくらいで起こってもと思ってる。

最悪(最良?)二度にわたって形成された「ネックラインを下にぶちぬく」長期の下落トレンドの可能性も・・・。

ポジショントークなんだけどね(こら)

おまけ。ルネサスエレクトロニクスの人事は買い。と僕は勝手におもってる。

カルソニックカンセイという会社がある。モータースポーツを見る人ならレースでは「カルソニックGTR」とかを走らせているので名前を聞くだろう。モータースポーツでは「日産ワークス」扱いになる。日産向けが8割、空調や計器類を担当とか四季報などには書いてあるね。日産の中核子会社の一つと言ってもいいかもしれん。


リーマン・ショックのあと、カルソニックは倒産するんじゃないかと思うくらい株価が低迷してた。その時にカルソニックを救ったのが、呉文精さん。

自動車業界としては異色の経歴を持つ彼は元興銀マン。2000年当時の金融大合併の時に興銀を退職すると、GEキャピタルジャパンに入社。そしてその関連会社の自動車リース会社の社長になって自動車業界に縁を持つ。このへんで「経営のプロ」として名前がしられるようになったんだそーな。

その手腕に目をつけたのが日産グループだったというわけ。カルソニックの社長に迎え入れられると車分野の知識は素人と言いながら海外生産移管や海外の取引先との取引開拓に成功。「国際化」を見事に成し遂げました。こうして5年で彼は見事にカルソニックカンセイの経営を立て直します。一時期1000円まで株価を戻したのは彼の功績が大きいとも言えるでしょう。


その功績を持って、2013年に日産は本体の役員待遇で呉氏を日産本体に登用することにします。
しかしここで動いたのが日本電産の永野氏でした。

すでに人事が発表されていたのを、スカウトして「後継者含み」で直々に日本電産に迎い入れたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。永野さんにとっては「思ったほど業績が上がらなかった」のでしょう。結局呉氏は代表取締役副社長まで務めた日本電産を去ることになります。ほんの二年ほどのことでした。

で、彼を社長に迎い入れたのはルネサスエレクトロニクスというわけ。もちろんカルソニック時代にすすめた海外開拓や生産拠点の統廃合などの優れた経営感覚を買ったのでしょう。さらには今後力を入れていく「車載」分野に詳しく、自動車各社にも知古が多い呉氏の人脈も期待できる。

そういえば、売却を検討しているとはいえ、大株主の官民ファンド、産業革新機構のトップを務めるのは、元日産ゴーンの「番頭」志賀社長だったか。この辺のツテでルネサスに来たのかな、とも思います。

呉次期社長がカルソニックでやったことがルネサスで再現されるなら、相当株価上がると思います。ルネサスがこの人事を発表した時から、僕はこの銘柄のチャートを毎日欠かさず見てます。まだ買ってないけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱自動車が迎えるべきは本当は彼のような人材だったんじゃないかな?そんな風に思います。(あるいは産業革新機構の志賀社長みたいな)

もちろん、カリスマ経営者、プロ経営者がいつも成功できるとは限らないですけどね。

マックから行った人の退任や、セコムの会長社長のクビを見ると「経営って難しいなあ」と思ったりもします。

だからこそ、経営低迷してる会社が有能と言われる人を雇った時は、これは?と思うんですけどね僕が持ってるアツギあたりも有能な新社長を迎い入れて欲しい(トホホ)

2016年5月10日火曜日

宇部興産が上がったんで調子に乗ってヒラノテクシードで夢を見る^_^/

新天地、この前里帰りしてました。

そしたら、姉夫婦も里帰りしてたんですな。
姉夫婦はどっかの会社の知的財産に居ます。誘拐したら何億とか何十億のいやもっとか、のものが頭に入っているんでしょう。

姉と旦那はそれぞれの上司に「これは奥さんにも(旦那にも)言うな」という機密を抱えて仕事してるんだってさ。迂闊に夫婦で仕事の話をできない夫婦。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株の話になりました。

流石にインサイダーになる話は絶対してくれませんがw一般論なお話は聞けました。勉強になる。

でこんなこと言ってた。

液晶や有機ELの塗布関連の装置って実はリチウム電池製造に使う装置の塗布装置と原理一緒なんだよね。特許も重なるんだってなお話。だから有機ELやってるところは大体電池関連でもあるんだよーなんてお話。

でヒラノテクシードなお話。

奈良の小さな会社です。二部の銘柄。戦前からある会社なんですな。

ここは有機EL向け機械もリチウム電池製造向けも手がけます。
おまけに燃料電池関連までw

仕手化するためだけに商品を選んだような会社です。

PER12.4倍ほどと利益がまだまだですが、PBRは0.6倍でその意味では下値不安少ない。
信用買い残が重いし、出来高全然ないのが困ったもんなのですがw

大化けしてくれないかなあ。コソッと見ています。

宇部興産が上がるんならこっちだって。。

NYは下向きでしょ。これで上がったら仕方がない。諦める


NYダウ週足。変則的トリプルトップのようにも見える。

丁半博打で上か下か聞かれたら、新天地は「下と思う」かな。

買ポジ多すぎには気をつけたい。
バイオ株、そーせいとか騒いでるけどそれは主力銘柄、ソフトバンクとか自動車株とかそういう大型株をあげるエネルギーが無いことの裏返しでもあるんだよね、経験則から行くと。

まあ、ダブルスコープ買ってなかった段階でダメなんですけどね

リチウム電池、色んな株があるけど、こんな株もあります。

ダブルスコープ

あんだけ「車載用でリチウム電池」って騒いでるのに「専業」の株を買ってないとは。
とほほです。

しかーし。諦めるのはまだ早い。
この株、たいしゃくめいがらなんです。

どっかで大天井つけるはずですから、そんときは空売りでとってやるw
一応、ウオッチしておきましょうか。

それにしても見事な上昇ですね。

データセクション



データセクションチャート
結構上がったでしょ。もうこっからは完全に理不尽なあげですけどねwそこまで買うかっていう感じ。

まあ上がる推奨株もあるんですよ、捏造じゃないよシリーズでしたw

2016年5月9日月曜日

おさらい。次の携帯電話トレンド

まあ、もう織り込まれてる話ですが


カメラはステレオカメラのようなものが一般的に。(さあどこが供給するんでしょうね)

アイフォーンは7か7Sで前後ガラス製。ゴリラガラスを抜くものは?

メモリ搭載大幅アップで動画に対応。この手のメモリが出荷大幅増でしょう。メモリつくてるところより検査装置かな。

ハイレゾ再生が一般化。ソフト作ってる所まで恩恵あるかも。果てさて。

有機ELで曲面、あるいは「四角くない」ディスプレイが登場。
四角い一枚物、という「常識」が再度ひっくり返るかもね。
化学株の一角はすでに物色されてますが、有機ELの本命というほどの人気かはまだしてない。
バイオや人工知能のあとは再度この辺りの人気が来るような。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんなところですかね。

アドバンあたりに恩恵こないかなあ、とかおもってるんですが果たして。
(メモリのテスター需要見込んでです)

獣医さんに感謝

奥さんの献身的なお世話で誕生推定30日を過ぎたくうすけですが、実は生命の危機を乗り越えています。

どうやら飲んだミルクが肺に入って炎症を起こし、さらにミルクを飲めないようになってしまったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数時間おきにミルクをあげないと死んでしまうような子供です。それなのに全くミルクを飲んでくれず。奥さんが慌てて獣医さんに駆け込みました。

レントゲンを取ってもらって、肺に影があると。おそらく誤嚥(食道、胃にいくものが肺に入ってしまう)でしょうねと。抗生物質を投与します。あとは体力が持つかどうかです。幸い、ある程度は大きくなっていますし、肺の炎症も肺の全部がやられているわけではないようです。と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お医者さんが出してきたのが、注射器とカテーテル。これでミルクを上げてくださいと。

仔猫は血管が細すぎて点滴できません。
栄養と水分を経口で与えなくてはいけません。しかし、誤嚥の影響で自力ではミルク飲めず。
そこでカテーテルを口から胃まで突っ込んで注射器でミルクを少しづつ送ろうというわけです。

全部奥さんがやってくれました。二時間おきに起きては少しミルクを作ってカテーテル飲み込ませて注射器で注入。ほんと頭上がらない。

おかげさまで少し体重少ないし、足腰弱い気はするけど、30日で380グラム位まで成長。

獣医さんのさすがの見立てと的確な処置に感謝します。
あのまま手を打ててなかったら死んでたかも、です。

そんでもって奥さんの献身的な活躍にも。。。。

似てなくもないこともない

我が家のくうすけ。

色のせいもあるんでしょうが、パット見犬ですw

白黒のブチって犬のイメージ強いんですよねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話は変わって、競馬界、特に日本の競馬に革命を起こしたのが種牡馬「サンデーサイレンス」です。
アメリカで三冠レースを二勝。二着一回。さらにブリーダーズカップクラシック優勝。しかもその相手は「サンデーサイレンスさえ居なければ100%三冠馬だった」と言わしめた「セクレタリアトの再来」イージーゴアでした。

なんども書きましたが、ライバルイージーゴアが良血の塊で均整の取れた非常に美しい馬だったのに対してサンデーサイレンスは母系に活躍馬が全く見当たらず、父親も後継に恵まれなかったという血統背景。更には見栄えのしない体もあってアメリカでは全然種馬として引き合いがなかったのです。

しかしこの馬に惚れ込んでいた吉田善哉氏がオーナーに直談判してサンデーサイレンスを買い取り日本に輸入。結果として「サンデーの血が入っていない馬はダービーに出れない」とさえ言われるほど日本で血を広めました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
額の模様が特徴的です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて話が長くなりました。
 
くうすけです

似てない?


似てないかw

 

2016年5月8日日曜日

今日もお休みなさい

くうすけ、完全に良くなりました。
奥さんとお医者さんに感謝。

380グラムまで増えて一安心。

今日はもう眠りにつくようです。
お休みなさい。