2016年3月26日土曜日

おかね

この前、奥さんが体調壊した。
わけわからんことを言ってたんだが、奥さんが言うには、「私が死んだら貴方に○○円残るから」

いや、そんなことより奥さんが長生きしてくれたほうがいいに決まってる。
そのお金は奥さんが使い切ってしかるべきお金だよね。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地は貧乏ですが、奥さんとか親とか、姉はお金持ちです。

でもそんなカネ相続する機会なんて無ければいいに決まってる。
一億だろうが十億だろうが・・・・・。


ふとそんなことを思う今日このごろ。

てか働け、新天地、なのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おかげさまで奥さんは回復基調です。
猫に物理的に金縛りされながら生活していますw

カーボンの現在地

新天地はしつこくカーボンの未来をときます。固くて強くて軽いから。

じゃあなんで普及しないか?
コストがかかるからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すでにコストが度外視できる分野ではカーボンが主流になっています。

20万円以上するような自転車の世界。
100万円以上するようなボート競技のボート。
何万円もするラケットやクラブ。みんなカーボンです。


コストが度外視できる戦闘機の素材として採用され始め、何億円もする航空機では燃費改善などのためにカーボンが使われだしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
F1の世界でもカーボンは常識。メインモノコックシャーシはもちろん、いろんな部品がカーボンで出来ています。

そして。カーボンのいいところは(金属と違って)ひたすら丈夫にするだけではなく、わざと強度を落としたり強度を変えたりできるんです。

 
それを証明したのが下の動画。
 


普通なら即死クラスの大事故ですが車はメインモノコックだけを残してバラバラに。

え?カーボンって丈夫じゃないの?
丈夫だけど、わざと強度を落としてある部分を作ってあるんです。しかもヨワすぎないように。

クラッシュにはエネルギーが伴います。車を「わざと壊れて、しかも壊れることでエネルギーを消費し」ドライバーの生存空間のモノコックはとにかく丈夫に作ります。
こうすることで大事故でもドライバーは生還できるというわけ。

車がカーボンで作られるようになれば、車内の事故死や大怪我は減ると思います。

その意味で「安全は金で買える」

大怪我したあとではいくらお金をかけても取り戻せないこともあるでしょう。
しかし「カーボン」にお金をかければケガや命の危機を避けることができるんです。

え、そんなのF1みたいな特殊な車だからだろうって?乗用車でそんなことは不可能か?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マクラーレンF1という名車があります。
すでに20年以上前の幻の名車。いまでは数億円出しても買えないとか。

この車F1という名前の通り、マクラーレンがF1を作るような技術でロードカーを作ればこうなるという車でした。設計は鬼才ゴードン・マーレイ。
 
マクラーレンやゴードン・マーレイは当時出ていた初代のNSXに大きな影響を受けたと言われています。エンジンもホンダに供給してもらう計画もあったとか(結局BMWが特別にエンジンを提供しました)。
 
で、マクラーレンF1も世界中をテストドライブしたそうな。NSXのように日常でも使えるようにと。
砂漠のどまんなかで時速200㌔でふっ飛ばしてる最中に車がゴロンゴロンと大回転するようなクラッシュを起こしたそうです。車は激しく壊れ全損。
 
しかしながら乗ってたテストドライバーはかすり傷ですんだ。
頑丈な居住スペースとクラッシュで壊れるように作りこんだカーボンの車体が見事に運転手を守ったというわけ。普通の車だったら???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今はまだ1000万円以上するような車しかカーボンモノコックの車はありません。
 
しかしようやくそこまで「降りて」来ました。
500万円、400万円の車がカーボンで作られる、そんなニュースがあと5年ほどで聞こえてくると考えています。
 
 

プリウスPHVに見る「株のネタ」

販売好調な4代目プリウスですが、その兄弟車である「プリウスPHV]も発表になっています。

PHVとは今更ですが、「充電できる」ハイブリッド車。新型のプリウスPHVとは公称値で60kmほど電池だけで走ることができるそうです。近所の買い物や近場の通勤ならほぼ電池だけで走ることが出来てエコというわけ。遠出するときや高速域ではガソリンの力も借ります。

兄弟車ですが、コストをかけれる分(値段高いってことね)普通のプリウスとは内外装を変えてきています。

例えば後ろ姿。

デザインも全然違いますが、この「バックドア」の部分。
トヨタブランドの量産車としてはおそらく初めて「カーボン」でできています。

新天地が10年位前から主張してやまない、自動車の「脱金属、カーボン化」がようやく、ようやく浸透し始めている部分です。

で、内装。

 
 
「テスラ」じゃないですよ。れっきとしたトヨタの内装。
 
ごめん、貼り間違えた。これがテスラ(アメリカの電気自動車ね)
 
 
 
プリウスpHV がこっち

11インチの大型液晶が共通です。
数年経つとこれが有機ELに取って代わるかなあ。

特徴的な大型表示装置。
テスラが初めてやったこの方式がどこまで受け入れられるかですが、新天地は将来はこれが主流になると考えています。同じことは航空機の世界でも起こりました。さまざまなアナログ計器が、ディスプレイ装置にとってかわられたのです 。

フライバイワイヤが10年、20年たって自動車の世界でもアクセルやブレーキ、ついにはハンドルの世界まで降りてきたように、計器類も飛行機の後を追ってこういう表示装置が主流になると新天地は考えます。

自動運転(運転補助)が盛んになればそのインフォメーションを表示する大型表示装置の需要も高まると思うしね。


当然、パナソニックや日立、ソニー当たりまではこの辺を狙っているでしょう。

ただ、そのへんの会社にとっては「一部分」の変化に過ぎず業績のインパクトは比較的少ないか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カーボンは自動車への進出がとにかく「世界を変える」。本格的に導入がすすむことでその株価は新しい位置に変わっていく。

そんでもって車載の表示装置。
新天地的には双葉電子を相変わらず推しておきます。

携帯電話の失速で売られてきましたが、ここは携帯電話依存から脱却すべく、自動車向けタッチパネルや表示装置に力を入れています。

世の中、テスラやプリウスPHVみたいな表示装置が「流行る」なら双葉電子フル生産なんてことが頭に浮かぶ。。。(妄想爆発中)

2016年3月25日金曜日

未来なんて見えない

奥さんに「明電舎まだ上がるの?」って聞かれた。

上がる、と答えかけて。。。よく考えたらそんなこと断言できるわけないやんw
未来なんて一秒先だって100%はないんだよな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔飲み会で。。。
あれはリーマンショックの直前だったか。ある不動産関連の子に。ああ、不動産大変だよね。ミニバブルピークだからここで稼いどかないと。。。って言ったら怪訝な顔された。何だこいつと思われたかもしれん。

未来なんて読めない。未来は過去の繰り返しだが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奥さんが明電舎1000株買い注文出してた。奥さんが持ってる株は上がる。
占い師最強なのだ。

2016年3月24日木曜日

連想ゲーム。勝間さんが嫌いな話。

新天地は頭痛薬といえばロキソニンではなく、カロナールを使います。
きょう、ロキソニンの副作用がニュースになってましたが、そういうのもふくめてカロナールのほうが腎臓諸々に易しいのかなと。

カロナール買い!と思いますが残念ながら非上場会社の扱いなんで株は買えないんだな。
ユニゾン・キャピタルが持ってる会社。

ユニゾンといえば木曽さん。インサイダー疑惑で調査が入った翌日自殺するという痛ましい事件がありました。木曽さんといえば勝間さんのお友達。

そう、一般の人には最年少公認会計士合格とか、最近では安倍さんの神輿担ぎに参画とか色々有名な勝間和代さん。カツマーなんて言葉が生まれたっけ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、ふと驚いたんだが、勝間さんがJPモルガンでITな銘柄の証券アナリストやってたの知らない人が多いのね。あんな事件を起こしたのに。。。

楽天、JPM。これで思い出すだろうか。
2006年、楽天がJPモルガンの株価目標大幅下げレポートに噛み付いたあの事件。

あー、あれねと想い出す人は多いと思う。

JPMは「レポート取り下げ」という異例の対応に出ます。

あの格下げやったのが勝間さん。これ、株やる人でも以外に知らないんだね。勝間さんはこの頃手当たり次第にIT銘柄の株価目標を下げ、世の中に恐怖を撒き散らしたのです。(JPMは売りの手数料で相当稼いだことでしょうよ)

知らない人が多いことにびっくりした。

さてはて勝間さんの中では武勇伝なのか黒歴史なのか。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2006年の出来事だから、もう10年前になるのか。
JPMがレポートを取り下げたために楽天が急反発して悲喜こもごもだったのを覚えている人もいる一方、そんなのしらねーよという若い参加者も増えたってことね。

(楽天がモルガン・スタンレーのアナリストを出禁にしたのとはまた別の話ね)

この事件のあと、嫌気を刺したのか勝間さんはJPMを退社。独立されます。
その後、本を書くとそれらがみんな10万部超えのスマッシュヒット。
こうして世の中の寵児として名前が知れていくのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地は勝間さんちょっと嫌い。
それは同類項の匂いを感じるからかもね。もちろんあっちのほうが数億倍知性があるのは認めるけどね(*^^*)

タクマの思い出

新天地の母親は仕手株が大好きです。

1987年ころ、タクマという株の仕手戦で相当儲けました。100万円くらいでしょうか.いや、もっとだったかな。
バブルって怖いですね(母が読んでた投資顧問のメイン推奨株だったのだ。その投資顧問は
年間10万円以上かかる投資顧問でしたが、僕の父親の父親に出資してもらった恩があるとかで潰れるまで毎月タダで情報くれてたんですな。)

いま、そのタクマは生まれ変わった優良な株になっています。

30年前500円以下の株だったタクマは、仕手戦で数週間で2000円まで暴騰します。
(がそのあと急落したりするんですが、、、。

いまはごみ処理やバイオマスなどの環境企業として立派になってます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
年初来高値をこうしんして来ました。2000円つけても驚かない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この株の仕手戦についてはいずれ書こうかなあ。とは思います。
死人が何人か(推測ですけどね)出てる話なんであんまりですが。。。

30年前は、ヤクザと知りながら大手都銀が堂々と何百億円もお金を融通してみんなで甘い汁をすおうとしてたんです。
いまはコンプライアンスなんて言ってやーさん絡みはタブーですけどね。

2016年3月22日火曜日

デジタルコクピット。双葉電子

昔のドラマとかで飛行機を見ると「計器盤」手な感じがする

こんな感じ。アナログな針がいっぱいついてたのが20年位前の飛行機だった。

今は・・・。全電子式のMFD(Multi Function Display)といって一枚、あるいは数枚の液晶に様々な表示を剳せる方法に変わっている。

これが飛行機の話。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えば自動車、テスラ。


こんな風に大型画面、あるいは速度計も液晶(あるいは有機EL)になってる。
多分、遠からずこれが「普通」になる。。。飛行機から針なアナログ計器が消えたように、いずれ自動車もそうなるというのが僕の考え。「タイムマシーン戦略」です。

孫正義はいいました。アメリカで起きたことは数か月から数年たって日本でも起こる。まるでタイムマシーンで未来を見てきたように振る舞って経営できる(ので成功した)。

飛行機で起きたことはいずれ自動車でも起きる。
これが僕の「自動車版のタイムマシーン投機」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じゃあそこまで予想したとして、なんの株を買う?

双葉電子としておきます。
ラジコンマニアには「プロポ」の会社として有名ですが(ラジコンの操縦機のことを「プロポ」といいます。KOや三和、双葉電子が世界的メーカーです)、いま力を入れてるのが車載タッチパネルや有機EL。

株はけいたい電話向けの急減で売られましたが、いずれこの車載部品がこの会社を急変させると僕は見ています。

もともと5000円位の実力ある株。下ったところで拾っておきたいですね。

明電舎。今度こそ?

新天地にて、では数年前から「自動車のエンジンはモーターに置き換わる」と書いてきました。
アメリカやヨーロッパの厳しい排ガス、あるいはCO2規制を考えれば、いずれ排気ガスが「出ない」(ことにできる)モーターがでてこざるを得ないと思うからです。

世の中には様々な方式の次世代自動車が名乗りをあげています。

電気自動車、燃料電池車。あるいはPHEV(充電できるハイブリッド)。
これらはメインのエネルギー発生装置こそ異なるかもですが、いずれにせよ大小いずれかの「バッテリー」を積み、駆動には「モーター」を使います。ここは間違いない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この前、ニッサンは電気自動車リーフのマイナーチェンジでさらに航続距離が伸びたものを出してきています。フル充電で160㌔程度、実際に走れるようです。これなら相当なところまで行ける。
2016年は電気自動車の台数が更に大きく伸びるのでは?

またヨーロッパでは三菱のアウトランダーのPHEVがタクシーなどで台数を伸ばしているといいます。
三菱はこの線で台数を伸ばそうとしているようです。

いよいよ、いよいよ関連業界に本当の利益が上がる日が来たと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相場は相変わらず不安定ですが、実は電気自動車関連として日新電機とか高値をとってきています。
また、僕が以前から推してる明電舎のチャート、30年月足を見て欲しい。
ここは三菱向けに駆動用モーターを供給。
また動力計測装置も。

そもそも発電系装置が好調なところに「新たな柱」として電気自動車関連がオンしてくるイメージ。
バブルの時は仕手化して値段を飛ばした実績もあります(時価総額が1000億円内外で「軽い」んです。大きな株主こそいないものの浮動株が比較的少ないのも値段を上げやすい要因になると思います)
下値を切り上げバブル崩壊のあとの高値レンジにつっかけてきています。
出来高が欲しいところですが、此処を抜けていくと・・・・

長期チャートは綺麗です。700円、1000円あるいは・・・・とハッタリかましておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日新電機みたいな上がり方をしてくれるといいんですけどね

気のせいか物凄く似てるでしょ。
自称チャーチストとしては歴史的相場を作る銘柄は月足でこういう形をしていると信じています。

明電舎、2009年の600円どころを抜けてこれるかどうか?
新天地の真価が問われるところでしょうか(かなり大げさ。でもこれでダメなら「しょうがない」。あある材料を感じてて、チャートも僕の知識では上がる。)

2016年3月20日日曜日

電気自動車関連が高値を取り出した

あんまりニュースになってないが、今年はモーターで動く車が普及きに入っていくんだと。

プリウス、ヒュンダイのアイオニック。
日産は電気自動車否定派を首にしてリーフの拡大を図るだろう。
三菱もヨーロッパでPHEVを拡販している。

LG,パナソニックの電池が拡大し、モーターも拡大続く。
この相場でも電池とモーターの一角が高値を取り出した。

高値更新は迷わず買いでつく。
押したら買い押したら買いで。

新天地にて、でも何回かおした銘柄、
明電舎とか日新電とか。高値はどんどん買い進めていきたい。