2015年8月14日金曜日

寝床はシャネルに限るにゃ



と言ったかどうかは残念ながら分かりませんが取りあえず物凄く気に入ったようです。


2015年8月12日水曜日

シエンタという商品

直接はかぶかにかんけいないかもな話ですが(え?いつも関係ないって?)

トヨタが、「ミニミニバン」である「シエンタ」を実に12年ぶりにモデルチェンジ。
シエンタというのは幅は1700mm、長さは4200mmほど。横幅は5ナンバーサイズいっぱいでこれは「中クラスミニバン」である「ヴォクシー」と同じ。しかし全長はヴォクシーよりも500mm弱も短い。

(長さはコンパクトカーの中では長めになる日産ノートより少し長いくらい)。
ここに三列シートをの載せてしまういかにも日本な車。もちろん後席ドアはスライドドアと日本的な作り。余談だが、後席スライドドアは日本では「必須」なものだが、アメリカではむしろ家庭的すぎる?のかイメージはあんまり良くなくて売れないそうな。


先代シエンタは、一度生産が打ち切りになりながら、根強い要望を受けて販売を再開した異例のモデル。今回、満を持してフルモデルチェンジとなった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目につくのはヘッドライトから印象深く引かれたライン。
個性を出すとともに、好き嫌いが出るところだが、実はオーバーハング(タイヤから前の部分)を視覚的に短く見せる効果があるという。(ぱっと見で「扱いやすい」と思ってもらえる効果を狙っている)
スライドドアの後ろ(後ろタイヤの前部分)のブラックアウトも車をより小さく見える効果があるとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、軽自動車にはなんとかカスタム、とかいろいろ出てて、それらの多くが「立派に見せる」ことを狙っているのに対して、シエンタはぎゃくのアプローチ。
要するに「ダウンサイジング」、小さな車が良い、高齢化とか女の人とか、そういう人も狙っている。かつ、デザインで男性女性、若い人みんなにターゲットを広げた実用性の高さ、そんなところも伺えます。

そう、この車、対軽自動車を強く意識していると思うんです。

いままで軽自動車が全盛でした。
しかし、軽自動車から「普通車への揺り戻し」

そんな気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トヨタはこの車輸出する気は無いようだけど、売れそうな気がするのは僕だけでしょうか。。。

2015年8月11日火曜日

とりあえず225の21000はきついかな

こうなるとねえw

一旦手仕舞う銘柄と、持つ銘柄と考えよう。

なに相場は明日以降もあるしw

韓国製自動車、中国でなりふり構わぬ値引き拡大へ

日本の車は、4-6には中国で割合好調だったんです。(むしろ増えてる)

しかし深刻なのが韓国勢。売上が落ちています。
簡単に言うと去年まで好調だったんであぐらかいてた。セダン中心に製品を投入してたところに、「SUV」ブームが来てることを読めず新製品の投入に失敗したと。

逆に日本勢は「どうやったら売れるんだ」と試行錯誤したところに新型SUVの投入がハマった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらにここに来て、中国勢の品質が良くなったことも韓国苦戦の理由。日本車よりも「安物」イメージが有る韓国車は、WON高で価格が上がった上に、バッティングする中国車の猛追を受けて急速に勢いを減らしていると。

勢い、値引きというかインセンティブを増やすしかないわけで、相当苦労しているようで、4-6で。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題は、この流れはすぐに日本車にも悪い影響をあたえるということ。欧州勢も別ではない。
かなり熾烈な値引き合戦に突入している気配がありますね。迷惑な話だ。

2015年8月10日月曜日

MMCのポジショントークのコーナー

MMC7211のチャート日足
 
4-6が悪かったんで売られたんですが、野村のアナリストは目標株価を1400円位にしているように強気変更なし。もちろんロシア、アジア、日本と懸念は残りますが最悪期は脱したと考えています。
 
ここにきて2番底をつけて日足3連続陽線と「買い方の逆襲」にも思えるローソク足。
ジリジリ上がっていってくれるといいな。
 
日本とロシアがダメなんで、期待はヨーロッパでのアウトランダーPHEVの売上と、アジアでのパジェロスポーツ及びトライトンのふんばりにかかってきます。年末1200円、来年1500円位のスパンで上がってくれるといいんですが
(相変わらずトラタヌ。根拠はあんまりありませぬw)
 
 
日本の販売法人に、VW日本の前の社長を招くくらいやってくれたら、株価簡単に倍増するのに。年間一億もかからんやろ?ぜひやって欲しい。
それくらい国内は疲弊している。これ以上悪くなりようがないけれど。

大村益次郎論

靖国神社の発案者が長州出身の大村益次郎であることはこの前書きました。

靖国神社には「軍神」大村益次郎の像があります。。。

大村はもともと「蘭学者」(オランダ語を勉強した医者)だったのですが、その語学力を買われてオランダ語から当時の最先端の兵学や兵器を学び、長州藩の軍事担当者として頭角を現します。
(当時、このように医者から軍事に転向した人物としては幕府側に立った大鳥圭介などが知られる。よくあるパターンだったのかなあ)

花神(司馬遼太郎の小説)にも描かれたように徹底したリアリストで、軍事を計算し尽くした人物だったと言われています。
当然、彼の頭のなかには「これだけの戦闘を行えば、これだけの味方が死ぬ」とか見えており、彼が「死地に赴け」といった部隊は必ず多くが戦死する。しかしそれは必ず戦局全体に必要だったとも。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
江戸城明け渡しの後、上野に「彰義隊」(旧幕臣などの私兵集団)が暗躍した際、のエピソードが面白く。

彼はわざと「何月何日に上野を攻める」と言いふらし、彰義隊を上野に立てこもらせます。攻撃日を言いふらすことで相手を一箇所に集めさせたのです。しかるのちに三方から攻めさせ、勝機と見るや、当時日本で最も火力があるとされた「アームストロング砲」で砲撃。戦意を失った彰義隊はわざと作られた逃げ道を伝ってほうほうの体で江戸から落ちていったのでした。

敵を全滅させようと思えばできたのにわざと逃げ道を作ったのは、相手が死地にいると思えば反撃が苛烈になるため。だからわざと逃げさせた。

一方では、最初からアームストロング砲を使えば、味方の兵の侵害は少なくなるかもしれないが、江戸に火事が広がる危険性が高まりすぎる。だからあえて最後までとっておいた。

その分、味方の兵には「死んでこい」というわけです。
(司馬遼太郎の小説の中では、この時の恩讐も、大村が暗殺された一員であるように描かれています)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦争とはかようにリアリズムの結晶です。味方が一人も死なない戦闘なんて(今のところは)ありえません。いろんな条件をみたすために「悪いけどお前死んできてくれ」というのが司令官の仕事。

やっぱり、戦争反対って叫んで何が悪い、とは思うんですよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で。

大村の頭の中には「ここで内戦が長引けば、日本は諸外国から隷属的扱いを受ける」

ことまであったと思われます。
速やかに内戦を自分たちの勝利で終わらせ、国民皆兵を取らなければ、他の国の植民地になってしまうかもしれない。
オランダ語を通じて世界情勢を知っていた大村は戦争を集結すること、軍備を整えることが彼の任務だと知っていたんでしょう。それは責められない。。。

自分が作った死者のために、自分が作った靖国神社。それが100年たっても揉め事の種になってるなんて、さすがの彼でも想像ついてないだろうなあ。

さてと。仕事するか。

爪を伸ばす

最近、こういう言い回ししなくなりましたよね。

株の世界で「爪を伸ばす」というのは、株価があがってきたんで(指値を上げたり、売りを引っ込めたりして)結果的に売り損なうことをいいますね。

あるいは、売り指値を上に上げることも爪を伸ばすと言います。

ディーラーなんかが「ああー爪伸ばし過ぎちゃった」と言ってたらそれは売りそこちゃったんだという自虐と捉えてください。決して爪を切るのを忘れてたわけではありません。

なお、「爪伸ばし過ぎちゃった」なんてほざいているディーラーはまだ余裕があるので、同情したりする必要はありません。適当に相槌打ってあげましょう。

本当に苦しい人はこういう軽口たたけないですからw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ディーラーにも個人投資家にも「程よく爪を遂げる板」があれば怪我しないで済むんですけどね。猫さんみたいに。

爪研ぎ中につき邪魔すんな。


こた、ときぃこ、は寝るときだけ二階の部屋で二人別々ねかせています。
色んな所に入り込んだりするのを防ぐのもあるし、先住のりんとれんにゆっくり寝れるようにするためにも。
まだ先住の兄さん猫二人にとっては、あとから来た駄々っ子二人と一緒に寝るには完全にはストレスフリーではないようなので。
 
(この部屋を「別宅」と名づけたら、奥さんに「家賃払え」と言われたんで、別宅というのは使用自粛です・・・奥さんごめんなさい。もうやりません。)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな「こたきこ部屋」には、奥さんが新しく買ってくれた猫さんトイレが有るのですが、こた、ときこ、は砂を被す加減を知らないらしく、砂をそこら中に蹴飛ばして撒き散らすのです。
(それにしても、あの砂をかける動作って誰も教えなくても自然とやるんです。遺伝子レベルで伝承されてる???生命の不思議ですよね)
 
そこで奥様のアイデアで、猫トイレを置く場所に浅いダンボールの受け皿(浅い箱状のもの)を作ることにしました。
 
ダンボール箱を解体して小学生の図画工作の要領で「受け皿になる箱」の展開図を考え、部品を作ってガムテープでペタペタ貼っつける作業をしていると・・・・

無言で遠くから嬉しそうにりんが飛んできて、巨体で有無を言わせずダンボールに乗っかります。
なかなか気が利くじゃないか新天地、といった風で僕を見ると一心不乱に爪を研ぎ始めたのでしたw
 
 
それはりんのじゃない!!でも、のけてものけても嬉しそうにダンボールの上に乗り、爪を研ぐりんくん(推定8キロ弱)

また今度別の段ボール箱あげるから、となだめすかせる(若干嘘つき)、脱力新天地でありました。
我が家の休日はこうして過ぎていきます。平和ですね。

石原産業

そんなにおすすめでもないし、上がるとは限らないんですが、石原産業。
 
 
農薬と、酸化チタンと、医薬品の会社。
農薬は新薬投入で儲かってるんですけど、酸化チタンは製品価格が下落してるのに原料は値上がり(円安もあるし)。医薬品は冴えない感じかな。
 
今年結構上がってたんだけど高いところからは2割下がってます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
業績は悪くない。このまま盛り返せばEPS20円位は出ると思うんだよね。くさっても元仕手株wやり方によっては三倍増くらいあってもいいし、下値不安はわりかし少ないのかなと。
 
上がりだしたら上がると思う。動かなきゃこのままでw
 
今日、決算あるんで思い出した。
 
 
この株、三重県に工場ある会社で、高校のOBなんかも就職してるところ。ちょっと親近感ある。祖父(父方の方)も一時期何万株か持ってたらしい。新天地に縁のあるw銘柄です。

2015年8月9日日曜日

休日満喫中


新天地と遊んでやるのも疲れたんでやすんでいるそうです。
休日だしね。ゆっくり休んでください。


ショーワの進化、アイシンの進撃

最近、自動車関連株は変調気味です。マーケットは中国株の下落と言うよりもリセッションをある程度織り込む動きに出てますね。
自動車はすでにアジアが減速、中国がつらい中アメリカ頼りが顕著なだけに不安定さが増しては居ます。

新天地はそんな中で日本の部品メーカーの一角はヨーロッパのメーカーに負けているのか?と不安な目で見てました。

しかし最近反撃の動き?も見られます。

86,BRZ。
トヨタとスバルの共同開発のこの車。
ノーマルとは別にことしそれぞれの会社がチューンした車が発売されました。

ノーマルはショーワのダンパーを使っています。
しかし、チューンした車は、トヨタがザックス、スバルはビルシュタイン。
まだ、ショーワでは足りないと。

ところで、トヨタは限定発売モデル、イエローエディションにショーワのサスペンションを使った廉価版もだしてきているのですが、このショーワ、従来の物と違うショーワ提案の改良型だとか。おそらくノーマルには来年のマイナーチェンジで採用されるのでしょうう。
これの評判がすこぶる良いんです。まだ、ザックスの方が良いとは言うもののコストの差もあるし。早晩ショーワはヨーロッパに追いつく感じがありますね。

別で。
BMWはX1をフルモデルチェンジします。
エンジンを縦置きから横置きに変えた4WD。小型高級SUVとして最も成功しているこのモデル、いよいよ発売なのですが、注目すべきはトランスミッション。
BMWは伝統的にトランスミッションはZFから単独で供給されてきたんですが、なんと。
アイシンの最新8速ATを採用してきたんです。
もちろん、その裏にはトヨタとの友好関係があるのは明らかなんでしょうが。

そそてこの新型のトランスミッションは燃費に貢献していることはもちろん、ドライバビリティも絶賛の嵐。
ヨーロッパや中国市場でシェア拡大の気配を感じますね。

ーーーーー
部品会社は当分辛そう。
しかし、何年か先、個別間の格差はひらきそうです。アイシンはちょっと注目ですね。