2015年1月24日土曜日

ブリヂストン、「全輪駆動」の電動自転車発売

カーグラフィックに乗ってた記事だが、ブリヂストンサイクル(ブリヂストンの自転車部門)が新しい電動アシスト自転車を発売した。

アルベルトの電動自転車。この自転車、モーターが後輪の駆動をアシストするんじゃなくて、前輪にモーターがついてる。前輪はモーターが、後輪は人間が漕ぐという画期的なシステム。。。

二輪駆動なのである。。

独身時代の僕なら、200%記者発表の記事をみて自転車屋さんにオーダー入れてたなw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アルベルトは名前の通り、アルミのフレームとベルト駆動の自転車。フレームもベルト部分も錆びないんでメンテナンスフリーでものすごく長く使える。10年以上前に買ったアルベルトはいまも現役で快適に使えてる。タイヤは交換したけれど。。高いけど結局はお得という「逸品」です。

ただそのアルベルト、ベルト駆動だけにモーターアシストを普通の自転車のように行うとベルトの耐久性に問題があるんだそうな。そこで思い切ってモーターを前輪のホイールに「内蔵」してしまう形を取ったわけ。

前輪にモーターを配置することで前輪と後輪を同調させる仕組みなどが必要になるがそれは昨今の電子機器の発達で可能になったと。コストはかかるけど、性能はいいらしいです。
二輪駆動ということで雨や雪の時のグリップ向上も期待できるでしょうね。

ほしいけどw。。。

興味がある方はお近くの自転車屋さんへ。

アルベルト、自転車としての耐久性は有りますから、最初高くてもずっといい相棒でいてくれますよ。


千秋、軽自動車発言に思う

軽自動車に乗ってますが、それで引け目を感じたことはありませんね。小さくて便利でどこでも行ける相棒です。この小回りに慣れてしまうと、大きな車で知らない土地に出るのは逆に億劫だったりします。お客さん、複数人を載せるのは不便な気もしますけどね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タレントの千秋さんが「軽自動車で迎えに来る」のを批判して話題に。
彼女は上場企業の経営者だった人の娘さんで、いわゆる上流階級の人だったんだろうから軽自動車にはマイナスイメージがあるんでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我が家ももう1台車があって、遠出するときはそっちに乗ります。軽自動車は我が家ではサブ扱いなんです。でも正直、乗り心地に我慢できれば軽自動車、荷物は積めるし、どこまででも走れます。高速道路だって大丈夫。

ぼくんちよりも新しい最新軽自動車なら1台でも済む車もあるし、値段も下手なカローラとかより高いわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
千秋さんのその発言に嫌悪感を抱く声も分かります。

でも軽自動車を作る人は「そんなことは言わせねえ」。そんな車を作ることが大事なような気がします。
車体の軽量化堅固化とターボ、サスペンションの改良で軽自動車でも「ツアラー」が作れる時代になったんです。箱根を山登りするとか、特殊な環境を除けば、軽自動車でも十分。そんな時代。

これを武器に新興市場に出てけないものかと。。。

軽自動車乗りは思ったりします。ホンダ辺ならできそうなもんですが。

韓国、独自戦闘機を自主開発へ。ボーイング(F/A18Kスーパーホーネット改)が入札から離脱。

現在、韓国空軍はF15KとF-4、F5などを戦闘機として配備しています。導入したばかりのF15Kを除けばF4やF5など耐用年数ギリギリの老朽機で空を守っています。

新しい飛行機を購入するにあたって韓国では「強い戦闘機を少数」「ちょっと劣るけどそこそこの戦闘機を多数」運用する戦略を取ることにしました。これはアメリカ軍などでも採用されている合理的な戦略です。(アメリカ空軍はF15の後継に少数のF-23を配備し、F16の後継に多数のF35を導入する計画)

強い戦闘機はそりゃ強いですけどコストがかかるので数が足りなくなります。数で対応できなくなる可能性があるわけです。

そこそこの戦闘機は、数は買えますけど、本当に強い敵が現れた時に「敵わない」可能性があります。

そこで両機種をミックスして不利を補い合うわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前置きが長くなりました。韓国空軍はすでにF15Kという「戦闘攻撃機」を配備しています。この戦闘機は日本が使っているF15の最新版ですが、「地上攻撃、爆撃」を主任務にしているため、世界最高性能の「戦闘機(飛行機と戦う飛行機)」ではありません。軍事オタク的に言えば、SU27や旧式のF15寄りは空戦能力があるけど、ラファールとかユーロファイターとかF35寄りは空戦能力は下と言われています。

そこで韓国は「強い戦闘機」として日本と同じくF35の導入を決定。F35だけでは数が足りなくなるので「そこそこ」の戦闘機を2025年までに配備することを決めました。

いわゆる「KF-X」計画です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これには当初複数の会社が参入を目指していました。
ボーイング社はエアバス、大韓航空と組んで「F18」の改良型、いわゆるスーパーホーネットのさらなる改良型(アドバンスドホーネット)にエアバスの技術でステルス化を進めたもので入札に参加する意向を示します。

しかし、韓国国内には「自主開発」を目指す声が強く、加えて元々ステルス機としては開発されていないF18系ではいくら塗装や形状変更を行ってもステルス性で劣るという声が強かったのも事実。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして決定的事件が起こります。「ナッツリターン」です。

ボーイング側は大韓航空機が絡んでいることで不利になる、どうせこのまま「自主開発」の当て馬にされるなら降りてしまおう、と。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局韓国はこのまま戦闘機の自主開発に進むことに。
軽自動車しか作ったことのないところがいきなりF1に近いレーシングカーをつくろうっていうもの。

気合は評価できますが、果たして何人犠牲者が出ることやら。。。たった10年で一から最新鋭の戦闘機を作る気なわけです。アメリカでさえ数十年かけてやっと新しい飛行機が配備されるというのにね。(中国みたいに産業スパイでパクりまくるというなら別ですが)

祝第一中央汽船上昇

第一中央汽船、出来高第一位になって上昇。まあ良かった。

上昇の理由は裁判の判決。

というのも、第一船が中国の会社から借りた船が平成18年10月に鹿島で座礁。で、船を「貸した」会社は損害賠償を要求して22年6月にイギリスで裁判を起こす。一審は25年6月に判決を出して170億ドルくらいの賠償判決を第一船に命じた。

(おまけ。第一船のプレスリリースによれば、「船主」側は傭船契約によって定められた安全港、安全岸壁の提供義務を第一中央汽船が怠ったことにより契約不履行になったと訴えたと。それに対して第一船側は契約不履行は無いと主張して全面的に争ったというものです)

当然第一船はイギリスの控訴院(日本の高等裁判所に当たる)に控訴していたわけだが、昨日23日、二審の控訴院の裁判で勝訴(現地時間22日)したことを発表。損害賠償の支払い義務が無いのはもちろん、提訴された第一中央汽船の側の裁判費用も原告(船主)に負担させる完全勝利。

(業績に与える影響は精査するとのこと。すでに引当金58億円を積んでおり、それが解消されるのはもちろん、まだ積んでいない100億円くらいのお金とか、あるいは二審までの裁判費用が返ってくるし、相手の裁判費用は払わなくて良いし、金利負担もないし。それがすべてプラス要因に)

この会社、優先株を大量に発行しているのでなんともですが、単純に普通株26000万株発行済株が有ると考えるなら、1株あたり数十円の株価アップ要因になりうると

あるいは「ボロ株コール・オプション説」にそって考えるなら「倒産する日」が大幅に先に伸びたわけでそれだけでも「株価アップ」の理論的裏付けにはなりますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的には70円位はあってもいいかなあ、とは思って見てるんですがこれを決めるのは市場なのであまり期待しずぎずに見ておくことにしましょうか。

信用残がどうなったのかも気にはなります。
良い子の皆はカラ売りは避けましょう。おもちゃになるから。この株、御存知の通りリーマンショック前には仕手化して大相場作った過去も有ります。市場に出回ってる株が少ないから、釣り上げやすいんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、イギリス(ウェールズか)の裁判は三審制なので、相手が上告して「最高裁判所」に持ち込まれるとは思いますけどまあ最高裁判所ってのは「法律審」なので事実関係を争って二審の結果がひっくり返ることは可能性薄いとは思います。

わからんけどね。

2015年1月23日金曜日

航空機だよなあ

ヨーロッパ利下げでチタン株上げる。あれだけお金じゃぶじゃぶなら景気腰砕けがなくなって航空機需要が予定通り増えていくはず。。。チタン株なんだよw

予想通りだったけどなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日機装とかおもろいと思う。原油安で売られてるからね。
あそこはでっかいカーボンの部品作れるんだ。。。

ヨーロッパのQE,予想を上回る

ECBは昨日、予想通り金利据え置き、量的緩和の発動を決定。

予想と異なる?と思われるのは、量的緩和の規模が事前のマーケットの予想よりも規模が大きかったとされたことだろう。

NYで金利が下がったように、あれだけ大規模な資金供給が行われるとなると、世界的に金利は影響をうけるだろうね、。それだけ危機感が強かったということではあるんだろうが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
米国の金融株は大リストラ発表のアメックスをのぞいて軒並み強い。この辺、日本の金融株はどう受け止めるかね。
(バンカメは5%くらい上げてるね)

ヨーロッパも当然?高い。ばブってル感じはするが。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地のボロ株関連だと、欧州市場を抱える板ガラスあたりが買われるかどうか?かな。
持ってないけどソニーなんかが商い膨らむとおもしろいんだけどね。

アジアカップ

サッカー、オーストラリアと中国はケーヒルの2ゴールでオーストラリア勝利。

オーバーヘッドキックに、高い打点からのヘディングシュートと個人技でやられた感もあるが、鋼板中国の足が止まってた。スタミナ切れかもなあ。

韓国は「ベッケンバウワーが認めた男」レバークーゼン所属のソンフンミンがこちらも大活躍で勝利。必ずしも本町市ではなさそうやソンフンミンだったけど、ここに来てついにエース覚醒という感じかな。一人で試合を決めれる数少ない数少ないアジア選手だけに要注意ですねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本はUAEと対戦。特に「司令塔」アブドゥル・ラフマンは23歳だが、20歳の時にマンチェスター・シティが獲得に動くと言われた逸材(結局テストに参加したものの移籍は実現せず)。

彼をどうやって止めるかが試合の鍵になりそうですね。敵の10番に注目が集まります。
試合感覚がUAEの方が一日長いこと、若い事、熱さに慣れてること。ここが日本にとってのハンデにナリます。実力さえ発揮できれば日本のほうが勝ちそうですがはてさて。

2015年1月22日木曜日

暴論承知。自己責任論を唱える奴は味方にはならない。(ので・・・

海外で誘拐された人間に対し、ネットでは「自己責任論」が蔓延しているという。気持ちは分からないではない。

今日の話は書いている自分も暴論だと思うので、こんな考えもあるんだと思っていただければ。批判は無用でお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地は「自己責任論」を唱えるネット住人と、学校のガラスを割って悦に入るDQNとレベルは一緒だと思っています。

その心は独自性がなく(言い換えれば模倣しかできない低レベルな残念な脳みそ)自分の行為(ガラスを割ることと、人を見下す事)で自分の心を満たすことが目的という生産性のなさにあります。

自己責任論を唱える人はこのようにオツムのレベルが低く、あなたの助けにはナリません。
間違ってレベルの高い方が自己責任論を唱えていたとしましょう。レベルが高いでしょうが、このような人はあなたが窮地に至ったとしても、「自己責任だから」といって全く助けに来てくれないでしょう。

こんな理由で、自己責任論を唱える人を味方のカズに入れるのはやめておきましょう。
所詮、足しにはならない人です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
為政者からしたら捨て駒になる真っ先のタイプでしょうね。
大衆というやつです。悪い意味で。

2015年1月21日水曜日

保土ヶ谷科学買っちゃったのでのポジショントーク(自信度ゼロw)

つい条件反射で保土ヶ谷科学買っちゃったのでw

ここは業績悪いです。実質赤字かもしれません。なのに配当は出てますがw
東ソーが株の20%を持ってますが、だんだんと関係が希薄化しているそうです。いつか全株手放すかもね。

さておき、業績悪いただの化学株が時折人気化するようになったのは、ここが水素関連の研究を手がけてて、いくつかの特許を持っているから。(水素関連の特許は400を超えるそうな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日東ソーが高くなったこと、水素関連を囃して忘れた頃に買いが入る感じかな。

水素関連の本命ではないけど、やること無いときの暇つぶしくらいにはなるかもね。

マクロから見るかミクロから見るか

リンク先の三郎さんが書いてたけど(サブロウさんの意見ね)、四季報とか見てると、いま買って三割とれるんじゃないかっていう銘柄当てるのはかなり難しくなったと。

それだけ株は買われたし、業績の伸びも少し?マークがついてきたねと。

そういうのを積み上げたのが指数だとすると、相場も頭重いのかねと。
一方で量的緩和してから4月でまる二年になる。

前にも書いたけど、経験則からいけば、量的緩和が具体的に効果を上げるには2年位はかかると思われる。4月くらいから景気全体が上向く可能性は依然として残ってる。空売りするのもやりにくいのかな(そういう側面もある)

要するによくわからんという結論だがw

わからんときは手出しは最小限にしておこう。ヒットエンドランとボロ株投資だw

センサー、だったんだよなあー。

ラジコンヘリを飛ばしたことのある人、銘柄を上げろと言ったら何を上げるだろうか?

まず、プロポの双葉電子かな。そういえばヤマハが農薬散布用のヘリ作ってたっけ???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いや、そこで名前が出てくるのがキーエンスなんだよなあ。
この銘柄を推してこなかったのが悔やんでも悔やみきれん。。。

というのも。。。

キーエンス、一般消費者向け商品って無いと見せかけて実はラジコン電動ヘリとか売ってました。これについてるのがキーエンス自慢のジャイロセンサー。要するに機体の傾きを感知して機体の向きを正常に向かせ続けるという部品なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんなもん、何の役に立つかって?

無人機!無人機!!!!!

いま、ただでさえ業績よくて株価天井知らず。
ドローンとかにも使えまっせっていうだけで株価はもっと天井知らず。

こんな銘柄があったんだよなーーー。

今度相場がどかっと押したらこの株もどかっと下げるだろうから、その時に買えればいいよな

軽量化の話の続き

軽量化とボディ剛性強化の話、何回か書いた。

で、株やる視点から言えばなにが大変かというと。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
旧来の「スポット溶接機」では自動車の競争力が保てなくなる。

自動車会社は大きな設備投資を強いられるだろう。スポット溶接機の売上は(自動車向けとしては)大きく落ち込んでいくことになるだろう。(旧来の溶接機しか売ってない会社には逆風だろう)

逆に新しい世代の溶接機を売れる会社にとっては巨大な市場が期待される。
車組み立て用の接着剤を売っている会社にもそりゃ恩恵あるだろうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
逆説的だが、車体を硬くすると、走行時に地面からの揺れを「逃がす」ところがサスペンションしかなくなる。ダンパーはより高性能なものが必需になっていくだろう。
カヤバなどは色々チャレンジしているが、外国勢に伍して行けるのか?(ダンパーを変えればいいという話ではないが)

シートも競争が激しくなっていくだろう。エトセトラ。

幾つか銘柄は見えてくるかな。業績に直結するのはまだ先だろうが。

2015年1月20日火曜日

上海急落の説明

一応、株ブログなので昨日の上海の急落の理由を書いておこう。

その前にまず。
昨年末(12月9日くらい)に上海株指数が急落したのは、当局がいわゆるレポ取引に使う担保の社債について厳格化させるよう示したから。
ジャンクっぽいのまで使われてたのを優良債権だけにしたんですな。実質的な金融引き締め策です。
更には特別目的会社にもそのルールを適用。
地方政府のペーパー会社(SPC)であるそれらの会社は銀行が地方政府に融資する「隠れ蓑」となってきましたがここにもメスを入れたわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
にも関わらず相場は一度反落した後もどんどん上げていきました。業をにやした当局が続いて取った政策が「株の信用取引の規制」です。

中国証券監督管理委員会は中国の最大手「中信」と「海通」にたいして新規顧客に対する融資停止処分を通達。

昨年末に4.5兆円ほどとされていた上海市場の「信用買い残」は1月の時点で20兆円を超えたと見られ、上海株式市場は一年間で67%の上昇。完全にバブルと当局が判断したものと思われます。

中信と海通は19日は値幅制限一杯の10%安。上海指数は7.7%安。これはリーマンショックの当たり以来の下げにナリました。

おそらく信用取引については二弾三弾の規制が入るのかなと

中国の投資家はまだバブル崩壊にはそんなになれてはいないでしょう。
楽しいことになるかもねw

軽量化を支える「接着」「非スポット溶接」「ハイテン鋼」「アルミ」そして・・・

今年は、一説によれば1989年を超える「ヴィンテージイヤー」になると噂されています。

なんの?日本車のです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地震の影響とか、景気回復でなんとか開発が間に合った車。あるいは新しい技術の浸透。世間の要求経営者の意識の変化。その他もろもろのお陰で今年の新車は色んな意味で構成に名前を残すと期待されているんですな。

年初、先陣をきって現れたのがスズキのアルト。とにかくこの車軽い。下手なライバルと比べると100キロ軽い。650キログラムで他の車より100キロ軽いんです。2割近く軽い。600キロなんて言えば裸で車が走ってるようなもんですw

スーパーコンピューターを駆使したであろう設計やハイテン鋼の採用、おそらく一つ一つの部品をグラム単位で軽くしていった結果の軽量化でしょう。(この車、ヘッドライトの小ささがデザインのアクセントだが、それさえも軽量化に貢献しているという。涙ぐましい努力が軽さを作っている)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これから出てくる車は軽さが正義になる。それを実現するのが、スズキのアルトに代表される高張力鋼の採用であり、ホンダが模索するアルミと鉄の溶接であり、トヨタなどが推進する非スポット溶接であり、接着剤の使用である。

これらは軽量化のみならず、軽くなっても以前よりも捻れないとか強固な車体を作り出す。そして強固な車体は性能の良いショックアブゾーバーと組み合わされることで「良い車になる」

スズキがそうであったように、トヨタが社運をかけて新しいプラットフォームを世に問うように。これらの軽量化技術と高性能のダンパーだけが「もっといい車」を実現すると思う。

当然、関連業界にはよい影響があるはずだ。どの銘柄がいいのか調べるのは面倒臭いがw

マックバッシングの怖さ脆さ

新天地は長期に持つことも有りますが、それはボロ株が化けるんじゃないかと助平心をもった時だけです。あるいは住友電工のように長年レンジ相場を作る、本当に安定した株がレンジの下限まで来て上向きに入ったなと思った時くらいかな。

優良株を長期に持つということはやりません。なぜなら優良株というのはそこがピークの可能性が常にあるから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソニーや最近ではマクドナルドを見ると「それだけ株が下がったら、(低位株)株が潰れたのとおなじやんけ」と思ってしまったりします。

最近のマックの叩かれ具合はひどいですね。なまじもてはやされただけに叩かれだすと皆が叩きだす。まるでいじめと同じ構図です。

それの是非はおきます。問題なのは自分が持ってる株は常にこんなふうに叩かれる可能性があるということ。黙って株をじっと持っててもここから脱することはなかなか難しい。

優良株を持ってるつもりが、不良資産を抱えている、そんなことになりかねないのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
優良株にはそんな怖さ脆さがあります。こういう株を持つ時こそ常に銘柄リサーチが必要なんです。強みを失うとき。そんな時は必ず来るのですから。

そして皆があなたの持っている会社を後ろからタコ殴りにしてくる日が。。。

上海指数、今度こそ天井???

パソコン不調でチャートが貼れないのだけど

昨日の上海の下げは
半年続いた上海の上昇が「終わった」可能性を示唆する大きな下げ、陰線になった。
今度こそ上海は戻り天井かもね。

これが相場の足を引っ張る可能性は少なくない。
今更ながら上海の値動きは目を離せないですね。

相場難しくなってきたなあ。。。
正直この相場で儲ける自信全くない。

大砲死す

元中日、阪神の大豊さん死去。まだ50歳になったばかり。白血病を患っていることはテレビなどでも報道されていたが。。骨髄移植を受けて一時快方に向かっていたという話もあっただけに残念。

「当たれば飛ぶ」という迫力のある打撃を覚えている人も多いだろう。中日を代表するホームランバッターだったことだけは間違いない。

元女優の奥様を早くに失うなど、引退後はなかなか波乱の人生を送られたようだ。
日台の架け橋の一人でもあった。その果たした貢献は決して小さくなかったと思う。

偉大なる背番号55に合掌。

中国、「空母キラー」東風21Dを中朝国境に配備か。韓国の鈍さと日本の鈍さ

中国が脅威なのは軍事的な技術力の高まりにあるといえるかも。

米国や日本が懸念する中国の兵器の一つに「空母キラー」と呼ばれるミサイルの存在が有ります。これまで米国は紛争が起きると、空母(載せている飛行機は数十機で、ちょっとした国の全空軍戦力並)を中心とした艦隊を急行させ脅したり実戦参加したりしてきました。

中国はそれに対抗できる海軍力は無いけれど、「非対称戦術」としてミサイルで空母艦隊を攻撃する能力を備えつつ有ります。如何に米軍がイージス艦で対抗してもそれを上回る攻撃力のミサイルの集中攻撃を浴びせて(敵の防御力以上の攻撃を与える、飽和攻撃といいます)空母が近寄ってこれないようにするというのです。

そのミサイルが東風21D。東風21は元々1990年台に配備された地対地(地上から地上を攻撃する)ミサイルでしたが、改良が重ねられた現在は地対艦ミサイルであるD型が配備されつつ有ります。マッハ10という高速弾道弾で、しかも目標到達前に複雑に軌道をかえ、命中精度は数十メートル。核弾頭が搭載可能。かなり厄介なミサイルです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのミサイルを中国は北朝鮮との国境に配備しました。尖閣諸島を含む日本はもとより、グワム周辺まで射程に収めます日米同盟にとっては非常に厄介な兵器が厄介な場所に設置されたというべきでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国でも報道されてますが「他人ごと」扱いなんですよね。ミサイルが狙っているのは「日本」もしくはついでにアメリカ軍やろ、俺には関係ない、みたいな。。。

どう考えたって韓国に直接的間接的に大きな脅威なんですけどね。

中国とは経済的結びつきが強くなったから、中国が軍事力を韓国に使うことはない。
そんな発想なんでしょうか。なんともはや。

食ってはいけない

新天地の用語集にも書いた話だけど。。

株のQ&Aで「いくら種銭があれば株で生活できますか」という話があるけど「生活できない」が答え。そりゃ、何億もお金があれば配当収入で食っていけることも可能かもしれん。しかし東電(昔は金持ちが持つ株の筆頭だった)だって紙くず寸前まで行くのだ。株だけで、ましては売買益で食っていこうなんてのはおかしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日ヤフーの記事にも出てたけど、ユーチューバー(もはや死語か)さんたちも苦しいらしい。
というのも一回再生あたりの報酬金額が最近急速に目減りしているらしいのだ。。。

おそらく企業(スポンサー)側がユーチューブ広告の可能性に魅力を感じなくなって結果として広告費が佐賀てきているんだろうとは想像できるが。。
ユーチューブで生計を立ててる(ユーチューバーというらしいけど)にとっては死活問題だろう。
ネットの広告で食っていくということはそういう高いリスクと隣り合わせ。なかなか怖いものがある。

「好きなことで生きていく」とユーチューバーになることを勧めるユーチューブの戦略は道徳的にどうなのよ、と思わないではない。一種の悪徳宗教だよなw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログはユーチューブとは関係ないけど、グーグルからの広告収入はある。
百人から数百人のアクセスを集める。さらに読者は株に興味があるというスポンサーにとっては非常に魅力的な顧客層がいる(投資自体の広告対象だし、投資を行えるような人は比較的所得も高いし知力も相応以上にある)。

それなりに良い条件のブログだがそれでも数千円とかの広告レベルなのだ。
食っていこうなんて言うのはかなり無理がある話なんだよね。

円安とモデルチェンジとRVが日本車を後押しするも。。

韓国車のヨーロッパシェアが少しだけ落ち込んだそうな。

韓国中央日報によれば、2002年に現代起亜グループはヨーロッパでわずか2.1%しか市場シェアがなかった。しかし地道な努力で2011年に5.1%と5%の壁を突破。12ねん13年と連続して6.2%を記録。

2014年も現代自動車は0.5%、起亜が4.2%の販売増加を達成したものの市場拡大ペースには追いつかず市場シェアは6.0%に小幅落ち込んだとのこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは日本車が円安の恩恵を受けたことと(欧州では)クリーンディーゼルの車を拡充したり、全体として新車の評判が良かったことなどがあげられるだろう。

「ヨーロッパを向いて生産している」マツダは18.7%増とクリーンディーゼルを武器に躍進が続く。
日産は新しいRVなどを中心に二桁増。元々輸出が少なかった三菱自動車はアウトランダーが生産再開になったことが寄与して25%増と明るい兆しを見せてます。(年内にも発表されるであろう、RVR後継のPHEV遺憾では更によい結果になるとは思うんだけど)

一方でトヨタは2.4%増と冴えず。ハイブリッド車は「ヤリスハイブリッド」(日本では未発売。日本のビッツをハイブリッドにした車)が気を吐くもプリウスは全然ダメ。ただしレクサスは新型車投入効果で30パーセント増と少しだけ光明が見えたか、という感じ。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ディーゼル、RVは受けた一方でトヨタのハイブリッド戦略は不発。とは言えレクサスの伸長が示すように「もっといい車」路線は必ずしも間違いではないはず。新しく出てくるトヨタの次世代モジュール採用の車がどこまで頑張れるか、かな。トヨタはあえて販売台数にこだわらず工場増設を凍結してきました。この辺を変えてくるとなるとさらなる欧州増加は無くてはならないはず。
トヨタの戦略に注目が集まります。

一方、三菱のPHEVが人気なようにプラグインハイブリッドのような車はまだまだ伸びる余地はありそうです。ハイブリッドではなくプラグインハイブリッド(もしくはEV)ここは見ておきましょうか。

何にせよ欧州で全くダメだった日本勢がようやく息をふきかえしつつあるかなと