2015年1月17日土曜日

少林サッカー、異変アリ

大昔、中国と日本のサッカーの強さはどっこいどっこいでした。ホンノ20数年前のことです。
今ではずいぶん差が開いた。

そう思われてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
確かに、ここ数年はクラブチームの試合では中国チームのほうが日本チームよりも強い。
もっともそれはJリーグから優秀な選手が海外に出ていく一方、お金が少なくなったJリーグのチームが外国籍選手の獲得が難しい。他方、中国チームは経済力に物を言わせて優秀な外国籍選手や外国籍監督をどかどか取ってきたから、そんなふうに言われてきました。

実際、助っ人に頼れない中国代表チームは一昨年6月にタイにに5-1で大敗するなどダメダメ路線を突っ切って来たのです。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
業をにやした中国代表チームは世界的に有名な「名将」カマチョ監督に9億円の違約金を払って契約を解除。

世界の舞台ではカマチョ監督ほどは名前を知られていないものの、リヨンでフランスリーグアン制覇の経験もあるフランス人の「戦術家」アランペランを代表監督に迎え入れました。

ペランはプロの選手経験が無く、元々学校の先生だったという異色の経歴の持ち主。しかし、1993年に設立7年目のトロワというフランスの6部のアマチュアチームの監督に就任。するとトロワはどんどん強くなり、ほぼ毎年昇格を繰り返します。
1996年にはプロチームに、1999年にはフランス一部リーグ(現在のリーグアン)まで就任からわずか6年で駆け上がりました。勢いに乗ってUEFAカップ出場権を得るなどまさに昇竜の勢いを見せたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後はリヨンでリーグアン制覇を除けば目立った戦績はありません。そのリヨンでも優勝しながらもチーム内での不和が原因で一年で解雇。
最近はカタールのオリンピック代表監督を努めたりしてますが成績は振るわず解雇されたりしていました。

中国ではその戦術的な指導力とややレベルの低いチームを育成させる能力に注目し新しい監督として獲得したというわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、新監督の実質的な大会デビューとなったアジア大会。中国は下馬評を覆してサウジアラビアを1-0で完封。ウズベキスタンには先制を許すも冷静にカウンターから2-1と逆転。交代選手が交代直後に逆転ゴールを決めるなど采配が冴え渡っています。

5バック(5人で守備を形成する)という一見超守備的な布陣(普通はこういう戦術は取らない。弱いチームの少数派な戦術)を取りながら、攻撃に入ると守備の選手が積極的に前に出て攻撃参加する柔軟性のある攻撃を展開。相手のマークを巧みに外しながらチームとして戦術的に攻撃するという高度な組織力で、今までの中国とは全く違うチームに変貌しています。

こんなことが中国チームに出来たのか?多分、そう思うくらいの見事な戦術を披露します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一向に調子の上がらない韓国や日本、そしてオーストラリアよりも、中国のサッカーのほうがおもしろいかも。いま中国と日本がやったら、中国が勝つかもね。

2015年1月16日金曜日

スイス・フランに激震。スイス中銀がいきなりフランの「上限」撤廃

さて、スイスの中央銀行が2015年1月15日、1ユーロを1.20フランに設定していた「スイスフランの上限」を撤廃すると発表しました。

(新天地注 2011年9月6日にユーロ安、スイスフラン高になって1.20フランを割り込みます。スイスの中央銀行は1.20フランを絶対の上限として「無制限のフラン売り介入」を行うと意思表示。実際に6日から7日にかけて大規模なフラン売ユーロ買い介入を行ったとみられる。)

これは三年越しで「フラン高の行き過ぎを抑制する手段」としてスイス中央銀行が行ってきた措置ですが、欧州中央銀行が国債購入を始めれば、この政策(上限維持)は継続できなくなるとして3年ごしの通貨政策を放棄したもの。
無制限に介入を行ってもファンダメンタルの違いからSフラン高を「止められない」と判断したというわけ。つまりここまで多額の介入資金をつぎ込んできたと思われるがもう続けられないから市場に対して「ごめんなさい」した形となった。

ECBは来週金融(量的)緩和などを検討する会合を予定しており、機先を制する形とはなったが・・・。
スイス中央銀行の面目は「丸つぶれ」となりました。

合わせて、市中銀行への政策金利を更に下げ(前からマイナス金利を導入中)
銀行にとっては「ふざけるな」が拡大しているとも言えますね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしてもあまりにもいきなりな政策変更。市場はまさに「激震」、通貨はもちろんスイスフランの急騰。スイスの株式市場は、銀行株や時計などの輸出関連の精密、機械株が一部銘柄が10%近い暴落。

スイスのSMI指数は一時15%近い下げを記録した後8%安程度までは戻しましたが・・・。まさに波乱の一日になりました。日本には「マイナス」の影響で返ってくるようですが・・・。
為替プレーヤーも株の参加者もたくさん死人が出たことでしょう。



為替市場の振れ幅もスゴイことになってますが、ドイツ銀の取引システム(アウトバーンというそうな)が負荷に耐えられず「ダウン」。デンマークのサクソ銀行は「ナッシング」(ごめん、取引受けられない、の時にいう言葉)を出したとか。
参加してないからわからんけど、「(一時期市場に)流動性が無くなった」と複数の参加者が証言してるようですね

アーメン。

時計精密株はスイスの自爆で恩恵を受ける?

ちょっと飛躍し過ぎか。
セイコーとか???

嘘です。

2015年1月15日木曜日

独島観光客半減。フェリー沈没事故の影響か。

竹島(韓国名独島)は現在は韓国が「不法支配」しています。(日本政府談)

で、韓国のアホなところは、この島を観光地化しているところです。船で行って返ってくるだけらしいですが。もちろん実効支配の強化と日本に対するあてつけが目的です。
民間人がいれば攻撃しにくいしw。もちろん日本が攻撃してこないことを知っててやってます。

相手が日本以外なら怖くてできないでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて船で行けるようになったのは実は最近で2005年のこと。この辺りから反日活動が顕著になってきていることも伺える話。初年はわずか4万人のお客さんだったそうですが、船着場を新造するなど政府の力添えで2013年には100万人突破まで行きました。

(新天地注。行っても本当になんにもないそうなので。と義父の韓国人の知り合いの人が言ってました。観光の人がいうのだからなんにもないんでしょう。日本人もいけなくはないけど、色んな所で色々疑われるとか。行くなら韓国人(のガイド)と一緒にいくのがいいと行ってました)


その独島観光客が急減して、観光関連業界に多大なダメージを与えているそうです。
原因はもちろん去年のフェリー沈没事故。独島観光に使われる船は割合新しい高速船などが主流なのですが、それでもやはり「船旅は避けたい」心理が働いたよう。なにせ実用で必要なわけではない路線なのであえて危険を犯すことはない、と。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もしも独島観光に行って独島付近で海難事故にあっても、まさか日本の船に助けてもらうわけにはいかんものな。
命かけてまで愛国することはないか。

原油安でロシア。次は銅下落で中国???

原油の「暴落」はロシア経済をボコボコにしました。

さて原油の下落は様々な影響力をもって他の商品市況にも悪影響を与えています。

商品ファンドからお金が逃げてる影響もありますし、原油安で鉱山の生産コストが下がって増産に動くとかいろんな思惑。そして皆で売れば怖くない的な投機の売りエトセトラ。

何にせよ銅の日足です(クリックで拡大)
下げ基調では有りましたが今週の下落は目を覆うばかり。そりゃ、日本の鉱山株もさげるわな。でも・・。もはや有名な話ですが銅の下落は中国経済に大きな悪影響を与える可能性があるんですね。(一年前も書いた話です)

銅は現在、中国が需要の40%を占めると言われています。車一台作るのに必要な銅は30キロから40キロ、これが住宅になると70キロ以上必要なんだとか。経済成長にわく中国が貪欲に供給を飲み込んできました。

さらに中国では銅は企業にとっては「担保」として広く使われてきました。普通の事業会社が運転資金を借りるのみならず、例えば銅を担保に低金利でドルや外国通貨を借りて、それを元にかえて資金運用するケースなどが普通に行われてきました。「銅によるバブル」と「銅バブル」の2つの側面があったとも言えるでしょう。

去年(2014年)の4月5月にも銅が急落する局面があって、その時も中国危機が言われたが心理的抵抗線と言われた3ドルで踏みとどまりました。危機までは至らなかったんです。

が去年の11月12月の下げで3ドルを割ると、昨日にかけてつるべ落としで下げが加速しています。ロスカットがロスカットを呼ぶ展開になってますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まだ、銅の暴落からの中国経済に対する悪影響は織り込みきっていない気がします。一般マスコミは原油の下落くらいは報じますけど、銅の下落までは報道してないですからね。

ここは見ておきましょうか。関連銘柄はまだ下げると思います。銅山の掘削機機の会社まで行くと思いますよ。
カラ売り屋としては、出遅れたのが悔やまれるかな

サムソンSDI,自動車分野本格進出の狼煙

1月はショーの季節。12日からはデトロイトでモーターショー。NSX市販型が姿を見せるなど、なかなかの盛況のようです。

ボルト(電気自動車とプラグインハイブリッド)が姿を見せるなど環境関連も目立つ展示の中でサムソンSDI(SDIは主に電池を手がけるサムソンのグループ企業。イメージとしては昔の松下電池、かな)が展示した2つの技術が注目に値します。

ひとつは満を持して登場した電気自動車、プラグインハイブリッド用の充電池。サムソンSDIによれば「走行距離が二倍になる」大容量。実走行距離で200km以上を実現することを想定しているようだ。
実際問題、片道100キロ走れて往復しても電池が残ってるなら、電池自動車でもかなりカバーできる気はする。非常に注目される技術です。

もう一つは無塗装メタリック(のプラスチック)。
どういうことかというと、プラスティックに高級感をもたせる場合に「メタリック塗装」を行うのが一般的です。しかし塗装だと、擦れて剥げてくるし、形の自由度もある程度制限があります。塗装の手間もかかる。
しかしこのプラスティックは材料自体に「メタリックな色付け」をしてあるのだそうです。元々色がついたプラスティックだから中までメタルな同じ色。ハゲる心配もないし、塗装しないでいいのでコストも引き下げられる。なかなか画期的です。
こちらはすでにフォードが採用を決めており、採用が広がるかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
電池の技術開発はかなり熾烈になってきました。パナ当たりもうかうかしてられないわけです。

2015年1月14日水曜日

タイムシフトと映像機器

大昔、民生用ビデオ販売でS社がディズニーとかから訴えられた裁判がありました。複製するのは著作権侵害だっていうのです。

S社は和解を拒み裁判を受けて立ちます。


「民生用ビデオが行うのは「複製」ではなく「タイムシフト」だ」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タイムシフトとは「時間に拘束されずにテレビ番組を見られる」という概念(S社ホームページから引用)。ビデオは複製を作る機会ではなく、だれでもが見ることのできるテレビ放送という映像を、時間をずらしていつでも見ることができるようにする機械であり、複製して映像をばらまく装置ではない、と言うんですね。

この主張は通り、裁判はS社の勝利。結果、今でも様々な録画装置が世界で購入することができます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今では24時間すべての番組を録画する装置も有ります。これなら見逃しはないわね。そんなことを思ってました。

しかし流れは更にその先に行きつつあるのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

民放が「無料で」過去一週間の人気番組をネットで一部ですが配信するようなサービスを開始したからです。元々続き物ドラマは最初の一話を逃すと見ないとか、一話見忘れたために続きを見ないとかの現象が有り、昼間にすぐに再放送してテコ入れするという手法が有りました。
こんなドラマをネット配信するのはわかります。

しかし今の「無料配信」はバラエティー番組などにも及びます。そしてそれは検索して一部抜粋で見ることもできたりします。尺も数分から一時間超えのものまで。

ここまで来ると「再放送」というよりも究極のタイムシフト、なのかもしれません。見れなかった番組は録画ではなくネットで見る。そんな時代に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ますます録画機器は売れなくなるな、そんな感慨を受けました。

そしてタイムシフトを推し進めていくと究極的にはテレビはネットの一コンテンツになるのか。そんな事実にも改めて気が付かされます。



ソメイヨシノの韓国起源説

ソメイヨシノは奈良の吉野山とは全く関係のない桜です。江戸時代に生まれたというのが有力説ですね

エドヒガンという種とオオシマザクラという種の交配で生まれた種と言われています。自然に交配されたのを偶然に発見されたとも、業者が創りだしたとも。

何にせよ接ぎ木のクローンで全国に増えたとされています。というのもソメイヨシノ同士では交配しても有効な「種」ができないのです。(ソメイヨシノと他の桜の亜種は存在します。豆知識。)

ほとんどの木が「同じクローン」なので、同じ場所では一斉に咲き一斉に散るんだとか。
ソメイヨシノ自体も短期間だけ咲き、すぐに散る形質を持っています。満開時に花だけが密生して咲く性質はエドヒガンから受け継ぎ、エドヒガンよりも花が派手なのはオオシマザクラ譲りとされています。この派手に散る姿が受けて日本全国に広まったとも、軍国主義の影響を見る、と評論する人もいます。(実際にはソメイヨシノの本数がどんどん増えたのは戦後とされています)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソメイヨシノはアメリカにも送られましたし、占領下の韓国でもたくさん植えられました。いまでもソメイヨシノは韓国各地で散見することができます。

さて、この「なんでも韓国起源」のお国柄ですから、「ソメイヨシノも韓国が起源」そんなホラも有力に存在しますw。今年に入ってからもそういう報道が一部あったようですね。

ソメイヨシノは上述の通り、オオシマザクラとエドヒガンの交配種のクローンであることがDNA鑑定などでほぼ確定しています。オオシマザクラが存在しない韓国起源であることはありえないのですが、何故か韓国起源説は根強いものがあります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実はこの韓国起源説、説の発生を一概には責めらねない事情があるのではないか?

韓国ウオッチャーは見てたりします。というのも、この説は元々はDNA鑑定が進む前に仮説として発生したもの。そして、こんなにも流布したのはある意図があったからと思われます。

先々代大統領のノムヒョン政権時代「日帝残滓」(日本占領時代の影響)から脱しようという「運動」がたくさん出ました。日本時代の建造物を建て替えたり、日本語由来の言葉を新語で置き換えたりり。
「灯籠の形が日本的だから撤去しろ」なんていうだんだん馬鹿らしい物が出始め、日本時代に測量のために埋められた杭が「韓国の命脈を止めるために風水的に日本が悪意を持って打ち込んだ杭を抜け」とか言いながら杭を抜いたとか。。

こんな流れの中で「ソメイヨシノは日本の軍国主義の象徴だから根絶やしにしろ」そんな主張が出てくるのも当然だったのです。


そんな流れの中で、ソメイヨシノを惜しむ人たちもいました。「花に罪はない」という当然の主張も反論としてなされた中で「花を護る」ためにあえて?つかれた嘘が「ソメイヨシノ韓国起源説」なのです。

実際に戦前の韓国の学者の中には済州島にも自生していたエドヒガンの一種から日本に亜種として伝わったのでは無いかと考える学者もいました(上述の通り、DNA鑑定で別種とされました)。その節をあえて持ちだして「ソメイヨシノは韓国起源だから、切るのは間違い」と主張してソメイヨシノ伐採運動を押し返したのです。おそらく「善意からでた嘘」だったものと。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウソも方便なのでしょうが、どっかで収拾しとかないと。嘘も大声で唱え続ける民族だからなあ

ハイエンドモバイルデバイス、の躍進

新天地のブログはグーグルが提供するBloggerというサービスを使っています。

このブログのいいところはグーグルが提供するサービスなので打ち切りの可能性が少ないこと、グーグルが提供するアドセンスという広告サービスが比較的簡単に仕えること、そしてアドセンスを使うとこれまた簡単に、簡易的ながら自分のブログのアクセス分析ができること、ですかね。

どの記事が人気で、あるいはどんなキーワードでブログが検索されてきたか、国ごとのアクセス数は、とかそんなことが分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その中でこんな項目があります。

パソコンからの閲覧、とかハイエンドモバイルデバイス(タブレットとスマホの合算かな)の割合を分析するサービス。
去年の年初まではパソコンからの閲覧が8割を超えていましたが、今見たらパソコンからの閲覧は3分の2を割り込んだ感じ。去年一年でもスマホやタブレットで僕のブログを見る割合は急増した、といえるかもしれません。タブレットスマホの普及は頭打ちとも言われていますが、ネットの閲覧行動の割合としてはまだまだスマホ等の利用時間、あるいは利用の形態は変化していく途中なのかも知れませぬ。携帯向け広告の伸びる余地は後もう少しはありそうですね。

2015年1月13日火曜日

トライアングルを抜けた後の押し目(わらしべ日記)

トライアングルの話を書きました
某所から勝手に拝借。ところでこのパターン、一気に上昇する場合ももちろんあるんですが、反落することもままあります。「え?それじゃあ、怖くて買えないだろ?」って?

反落するときはギャンの言葉を借りましょう。「いままで高値を抑えてきた抵抗線が今度は下値の支持線になる

これはギャンの考えの根幹をなす考えの一つ。100円なら100円で頭を抑えられてきた株が100円を超えると、今度は100円が株価の支持線になる(事が多い)

(ギャンの偉大な発見?はこの支持線と抵抗線は表裏一体という発見かもしれませんね。
だからギャンアングルとかは意味が深い。ここ抜けてたらドテンとか相場観察と、売買が直結しているという点が使いやすいと。)

上記のトライアングル上抜けから反落するとき、今度は今まで4回上値を抑えてきた価格(もしくはそのやや下)をストップロスにして買いに行けばいいということになる。あるいは乗りそこねた、上は怖くて買えないというなら、そこまで反落してくるのを待つという手もある。

買えずに上がってったら、利益も無いけど、損するリスクも負ってはいない。次にいけばいいだけだから。儲けそこねた心理的ダメージはあるけど、負けないことが相場には大事ですしね。

逆に買って、上行かない、ズルズルここのめどを下回るというなら仕方ない、損切りも考えましょう、ということになるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なにも小難しいことは言ってません。バカバカしいほど単純な話。ギャンが経験とかチャート分析(ギャンはいろんな商品の過去の値段を調べてチャートを書いて、経験則から帰納法てきに様々な理論を捻り出し・・考えついたと言われている)から導き出したコンセプトの一つです。

ヤマシナ週足
 
ヤマシナで見てみましょう。

60円近辺を上値抵抗と見れば(ひげはこの際無視しておこうかなと)60円を抜けてきたけど押すならこの60円くらいまでかね―と見てます。新天地は67から63まで買い下がってほぼお腹いっぱい。63の半分と62は買えず。
60円をどんと切ってくれば投げます。そんなイメージ

もしもわらしべ日記を読んでくれた人で、いまからヤマシナ買おうかな、と思ったなら、今の値段から60円位まで買い下がってもいいかなと。60円切ってダメダメだと思えば投げればいい。
もしもこっから急騰するなら、リスクリターンを見計らって60円を損切りにして追っかけるのも手かもですが。

30円から60円までの値幅でトライアングル作ったんだし、60-30=30、60+30=90円位は上がってくれないかね―。と。実際そこまで上がるようなら仕手化する可能性も十二分にある株です。
昔の名前で。

500円目標くらい法螺吹いておきましょうかw(行く前に絶対売るけどね)


日本回帰なら、物流だって・・・

新天地は物流関係の会社に籍をおいています。

生産の国内回帰の話を聞いて、「ネジが売れる(ヤマシナの株買う)」と連想した話は書きました。

もう一個思ったのは「ああ、物流も恩恵大きいよな」です。

トラックのみならず、運送に係るありとあらゆる人たちにPanasonicの恩恵は届くと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
物を作ったら、運ばなくてはいけません。これだけは絶対に量が拡大するんです。
いかにネット社会になろうとも、ネットでは荷物は運べないから。
証券会社や銀行など、ネットがあれば支店が要らなくなる業種とはここが違うところでしょうね、あたりまえだけど。
そして量が拡大するとおそらく利益率も上がる。。。

パナソニックの下で運んでる運送屋さんはこれから忙しくなるでしょうね。大阪方面のドライバーの求人、良くなるんとちゃうの?(冗談半分、本気半分。伝統的にパナは西で強いから)
銘柄は思いつかんけど。あとは鵜じゃなかったアナリストさんが調べるでしょう。

低位の建設株にもう一段高はあるのか。

この前も書いたけど、建設関係の運送屋をやってると、「銘柄の間の格差」が広がってないか?

と思うことがある。

例えばS水建設様にもらってる発注を見ると、驚くほど伸びが大きい。
ああ、順調に業績が伸びてるんだろうなあ、と思う。

そのほか「M井S友」建設様の伸びも良いなあ、とか。ダメなところはダメなのに良い所はどーんと伸びてるし単価もよろしい。

チャート

月足。過去10年分さっぱりだった過去10年。しかし震災とオリンピックと政権交代のお陰でまさに「離陸しようか」としているようにも思えるのです。

短期(日足)で見るとこんな感じ
 


優先株の処理を終えて財務関係が「綺麗になった」ことを囃して上げてる面もあるんだろうけれど。
とにかく「押さない」んだよね。
この会社、元々MとSが銀行再編の流れも受けてくっついた会社だけど、最初の頃はMS建設の中に、別々にM社とS社があるような感じさえ受けた。(外からの感想です)
いま10年以上経ってようやく統合効果も出始めたのかなと。

ってか、能書きの前に。140円超えてきたところで買っとけよ、という話ですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この株は押し目は買いでいいと思います。カラ売りは危険。
一方でこういうふうに放置されたままの低位株の一角は、上昇余地が未だある会社も有ります。

マンションのデベロッパー系は避けたほうがいいとは思いますが。
長谷工みたいな感じのやつは業界的に相対的に苦しいかなと。