2015年1月10日土曜日

ロッテ内紛???。役に立たない豆知識

ロッテで御家騒動。株には関係ないけど(日本で上場してないからね)かんたんに背景を。

ロッテの創業者、重光武雄氏(現会長、韓国名: 辛格浩)は1922年韓国に生まれる。戦中に日本に渡り、早稲田実業を卒業。1948年にロッテを創業した当時はポマードとか石鹸とかの整髪関係の商品を作ってたとか。その後アメリカ軍が持ち込んだチューインガムを見て「これは流行る」と考えた彼は50年代にガムを販売する。グリーンガムなど現在も売られる定番商品の大ヒットで大手製菓メーカーとなった。

その後、1965年の日韓国交正常化を受けて、韓国に「韓国ロッテ」を設立。韓国ロッテは製菓ではなくホテル業や免税店、遊園地事業などを中心に拡大。いまや4兆円規模の巨大企業となった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2007年に「ロッテホールディングス」を設立。韓国ロッテと日本ロッテをHDが監督するような体制となった。

そして従来は、日本のロッテを創業者長男である重光宏之ロッテグループ副会長が、韓国のロッテを男の重光昭夫同副会長兼千葉ロッテ球団オーナー代行が次ぐものと見られていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ややこしいのは、複雑な持ち株関係を創業者と息子二人、そしてグループ会社同士で絡み合っていることがあげられる。

韓国ロッテは日本のロッテの10倍を大きく超える売上がある。一方で資本関係としては韓国ロッテグループは日本のグループの下に位置する面もある。

(余談。韓国ロッテは韓国企業グループの中でももっとも複雑な株式持ち合い、循環出資を行っていたが、昨年8月の循環出資禁止法の趣旨にそって持ち合いを解消する方向になっている)

日本のロッテの中核は製菓事業だが、韓国ロッテにもロッテ製菓という会社があり、韓国に上場している。そして、韓国ロッテの株式持ち合い構造の中核をなしてきた(上述)のがこの韓国のロッテ製菓。(あくまで日本のお菓子を作っているロッテとは別の会社)

というのも、韓国ロッテの事実上の持株会社的なロッテショッピングの株式を、韓国のロッテ製菓は7%保有する。複雑な持ち株関係の中の最上位的な会社になるのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで、この韓国のロッテ製菓は、日本ではお菓子を売らないことで日本のロッテと住み分けを図ってきた。その代わり日本のロッテは韓国で当然お菓子を売らない。さらに東南アジアにおいては韓国のロッテ製菓が販売する(日本のロッテは売らない)、そんな住み分けを図ってきた。

ところが昨年春、こんな動きが起こる。日本ロッテ(ロッテホールディングスの100%子会社)のボス長男の重光宏之ロッテグループ副会長が市場を通じて韓国のロッテ製菓の株買い増しに動いたのだ。
買い増しの結果、ロッテ製菓の持株比率において長男と次男の持ち株比率が近似することになった。

さらに昨年8月、長男様(日本ロッテ側)は「韓国ロッテ製菓が進出している東南アジアの市場を日本ロッテも積極的に攻略する」と発言。7月には、タイのチョコレート工場の竣工式で、「日本で生まれたロッテのお菓子を海外に進出させるこ」とも。これは正面切っての兄弟喧嘩開始の合図とも言えた。

最近、カルビーやその他もろもろ、日本市場のお菓子売上減少を見込んでアジアに出て行くお菓子メーカーは多い。日本のロッテがアジアに出て行きたいという気持ちはもちろん分かるわけだが、弟(韓国ロッテ側)からしたら「テメー、仁義はないのかよ」ということになる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして昨年の年末、突然長男の重光宏之氏が多くの会社の役職から離れることが発表される。ロッテの副会長からも解任された。ついで金曜日にはホールディングスの副会長からも追放。

解任の理由は発表されておらず、グループ内の権力闘争において次男側が長男に勝利したものとみられる。おってその内容は明らかになっていくんだろう。今現在、長男の解任を決定できる実力者は会長しかいないと見られているが。。。

ただし、ロッテ副会長の座を追われたとはいえ、宏之氏は以前多数のロッテの関係株式を保有する。まだ巻き返しの余地はあるのかもしれんね。
他人のお家騒動はおもしろいはな。。。

2015年1月9日金曜日

まあ、いつものトライアングルのお話

トライアングルフォーメーションなんて言うらしい.
上値を抑えられているが、下値が切り上がるチャート、上値の抵抗を抜けていくと大きく上昇する(事が多い)

ヤマシナ(5955)
まあ60円ぐらいを上値の抵抗にして下値を切り上げてきたのがわかる。ここに来て上値の抵抗をつっかけたのが年初の動き。どーんと抜けてくれないかなあ?家電各社の国内生産会期の報道もあったし、というのが新天地が買った理由。
さてどうなることやら。上がるんなら60円を大きくは下抜けない。下に行くようなら考えなおそう。

2015年1月8日木曜日

連想ゲームのコーナー久々にわらしべ日記。ヤマシナ(5955)

年初から、家電メーカーや自動車メーカーが国内生産回帰の動きを強めているとの報道が有りました。皆さんはどんなふうに考えましたか?僕は家電商品の国内生産回帰というキーワードからすぐに一つのぼろかぶの名前が浮かびました。僕の脳みそは昔の職業病で、ニュースを聞いたら銘柄名が「ピコーン」という音とともに思い浮かぶ仕様になっています。

早い話が、いわゆるひとつの連想ゲームです。
引き出しをがさごそ色々開けてみると「あった!」そんな感じ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
閑話休題

昨日、思わぬ?あぶく銭が入ったので、そのお金で「わらしべ勝負」に行きます。

わらしべ勝負とはどうせ元々あぶく銭だから、ハイリスクに突っ込んで倍々ゲームを狙う禁断のワザです(大げさ)

第一弾は東証二部、マニアなら名前は聞いたことがあるでしょう、ヤマシナ(5955)です。



この会社、コッテコテのボロ株(仕手株の残骸ともいう)ですが、最近やたら上がってきたのです。
VTホールディング(一応上場会社)傘下で黒字なので潰れにくそう、というのが唯一の買根拠w

冗談(でもないか)はさておき。

冒頭の話に戻ります。ここは「家電や車向けにネジを作ってる会社」なんです。家電の国内回帰が強まれば、当然ネジも売れます(売れてほしい。いや売れるといいな)。

実に単純な(でもバカにはできない)連想ゲームです。



それともう一つ。ここは「カーボン(CFRP)」関連なんです。カーボンは金属と違って溶接ができないんですが(接着か一体成型してしまうのが現状)、カーボン社会の到来?を睨んで「CFRP用タッピングビス」なんて開発しています。いずれ自動車がカーボン化されていく中でそんな製品も評価される時が来るかなと。

(カーボンの将来性買うなら帝人買っとけよ、というのは別に置いといて)

もっとも、利益倍増!とか言ったところで一株利益数円の会社なんでw理屈は後からでもなんとでも。

昔の名前で一相場?に期待して買ってみましょうか。
ボロ株、≒コール・オプションの最たるものだと思います。

さて、どうなりますことやら。
とりあえず、今日からスタートします。

古野電気 出来高無いんで参考に。。

潜水艦の話もしたんで、こんな銘柄のお話。

古野電気6814です。

以前、プロジェクトXに登場したことのあるこの銘柄、田舎の一電器店に過ぎなかったこの銘柄が世界の古野になったのは「世界初の魚群探知機開発」のお陰です。

何度も何度も失敗を繰り返して実用化された魚群探知機は、今や世界の常識になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というわけで魚群探知機、韓国では海難救助船にソナーとして採用されるくらいですw
この会社も軍需産業としての性格が有ります。
自衛隊向けのゴタゴタで損を計上する可能性があります。去年の10月には下方修正でストップ安をくらい、怒りの声も浴びました。

しかし、ここは海外販売比率高いんですよね。
今の円安が続くなら、会社の売上予想はかなり保守的と思われます。潜水艦の輸出話も出てるくらいですし、軍事用部品の売上増加がオンすればもう少し株価は買われてもいいかな?と


いかんせん小型株で、出来高も少ないんで推奨するには気がひけるんですが。。。
押し目は買ってもおもしろいかなと。

メディア工◯

奥さんは占い師です。(新天地の周りには、ほんと、いろんな人がいるよなあ)

先日、メディア工◯から、占いの仕事しませんか?とれんらくがあったそうな。

この株名前は聞いたことがあるような気がしたっけど、上場しとるとは知らんかった。

株価見てると、昨年までの新興市場銘柄人気にも乗って結構な上昇局面があったのね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奥さんにまで声が掛かるということは業容拡大中なんだろう。
案外面白いかもね。

これもいわゆる「搾取ビジネス」のような気がするけどねw

2015年1月7日水曜日

初心に帰って軍事関連銘柄を思い出しておくか

トルコの戦車開発への参加、オーストラリアの潜水艦開発計画参加。
どれもこれも安倍政権以前にはあり得なかった話。
普通の国であることと軍事産業への政策配慮は表裏一体と言える。
一石二鳥の政策なんである。経済成長を伴い日本の発言力もあがる。

そんな、今までにはない追い風が吹くのだから、軍需関連株が賑わうのはとうぜんだろう。ここはイロハのイだが、軍需関連株を思い出しておこう。
案外これが、当面のテーマのような気がするから。

石川製作所6208

豊和工業6203

東京計器7721

重松、興研

細谷火工4274

そのほか、アームとか日本航空電子とか 大穴でナブテスコとか。。

アビオニクス、まだやる気満々だし。


まさか三菱重工までやるとかはないよね。。。
ーーーーーーーーー
話はころっと変わる。
今や携帯電話でさえ、写真を撮ろうとすると、人間の顔にピントがあう。
顔認識は日本企業も得意分野だ。

この技術、ちょっと考えれば実は軍事技術そのものであることに気がつく。
認識するということは武器誘導の第一歩。それが数千円の部品で実現できる日本の会社の底力。

こんな細かい分野にまで軍需振興は光を当てることになるかもしれないね。





特許

新天地はよく、走らない良血馬と言われます。
親とか兄弟とか叔父さんとか従兄弟とかが、みんないい会社とか法曹、弁理士とかやってるのに、僕はさっぱりだからです。

叔父、従兄弟、姉が弁理士ってのも珍しい家系かもしれませんね。
叔父の特許事務所は自動車関係の知的財産やってる人なら知らない人はモグリだとかw。
メインの取引先、トヨタだというのが自慢。
ーーーーーーーーーー
そこに勤める従兄弟の口癖は、自分は事務所潰れても失業保険でない、だったけど、そんな従兄弟の失業危機?が発生。
トヨタが燃料電池の特許の使用を期限つきながら解放した。
じゃあ、その分野いちいち特許とった意味ないじゃん、って。。。

もちろん、特許をとってなければ他の人が抑えてしまう可能性があるわけで、特許を押さえた上でみんなに解放するってことに意味があるんだろうが。。
ーーーーーーーーーーーーーー
しかしながら、自動車会社にとってみればおいそれとはトヨタの方式に乗るのは難しいだろう。下手にトヨタの企画に乗れば、トヨタに命運を握られる可能性はある。
むしろ周辺のインフラ企業や部品メーカーにとって有難い話なのかもね。

所変われば

中国で日産と中国の合弁会社が作ってるシルフィが販売好調なんだそうな。

シルフィ。
昔はブルーバ―ドシルフィなまえで売られていたが、現在はシルフィの名前で販売される。北米ではセントラ、一部市場ではパルサーという名前がつくことも。

全長4615mm幅1760mm,エンジン排気量は1.6リッターから1.8リッター(すべて加給機なし)
カローラなんかよりは大きいけれど、Cセグとしては高いモデルではない、と。

しかしながら1700mmを超えているサイズでわかるように今までの日本市場を見ていたのを改めてアジアなどの海外向けに商品性を練り直したことでで中国では大ヒットになっているそうな。月間2万台を超える販売ということでまさにドル箱になりつつある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本ではこのクラスはハイブリッド車が強く、あまり普通のセダンは売れない。

しかし中国市場では「更に上級のモデルに通じるデザイン」
自動洗浄ライトや様々な室内の装飾等、が一個上のクラスの性能を実現しながら値段が安い、ということがポイントになって販売を伸ばしているという。見栄も大事な中国人の消費者心理をついた車なんですな。確かに絶対的なパワーとか燃費はないけど、黙って仕事をモクモクこなすそんな車。
故障が少ないなどの評判も後押ししてるそうな

日本では全然売れないのだけれど。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本では軽自動車などでもスライドドアの車が増えた。狭い駐車場などではたしかにスライドドアは便利。子供が勢い良くドアを開けて相手に傷をつけたりすることもない。

ところが雑誌でマツダの中の人が言ってるのを読んだのだが、アメリカではスライドドアの人気が減っているという。スライドドア付きの車は「いかにも子供がいる所帯染みた車」として敬遠されるんだそうな。いつまでも若く独立していたい、そんなアメリカの心理がスライドドアを敬遠する、と。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

確かに、リバウンドの時間が短かったのが気になる(そうな)

NYダウの日足を見てると、年末までのリバウンド局面って10営業日にみたないんだね。

確かに個々何年かの上昇局面では下がったり上がったりはあったけど、一度上昇に転じれば20日程度の上昇はあった。
今回の年初の下げは「少ないリバウンド日数」の後の大きな下げということでやっぱり今までよりも警戒すべきなのかもしれない。

そんなことを知り合いが書いてた。
上手い人なので参考に。

命の値段、2万円。ファンドマネージャー殺害犯人は息子。

ニューヨークの富裕層が住む地域で、ヘッジファンド設立者が息子に射殺される事件が発生した。

父親は70歳。高校はブッシュ親子と同じ。プリンストン大学、ハーバードの大学院を卒業後証券会社勤務やヘッジファンドで運用に携わった後、バイオに特化したヘッジファンドを自ら立ち上げた。
ファンドの運用資産は250億円。長年の金融街での労働で蓄えた金融資産が15億円、さらに10億円の別荘を保有していたとの報道も。

犯人の息子は30才。父と同じプリンストン大学を卒業したものの、就職せず。ひたすら社交パーティに勤しみ、浪費が多かったそうな。
父親からは600ドルの小遣いと2400ドルの家賃をもらって暮らしていた。しかし働かない事に業を煮やした父親は「今度からお小遣いを600ドルから400ドルに減らす」と通告。
なんとこれに逆上した息子は銃で父親を射殺したというのだ。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もらう方はそれが当たり前になっちゃうんだろうな。
父親としては親心だったのかもしれんがそれが仇になった。

なまじ親が金持ってるから(将来自分のお金になると思ったからか)働く意欲をなくしたのか。
息子は射殺した後、父親が自殺したように見せかける偽装工作まで行ってたようでなかなか計画的なような。

15億持ってても2万円で殺される。しかも息子に。
考えさせられるお話ではありました。

韓国でタバコの大幅増税開始。「一本タバコ」「禁煙外来」に人集まる。

おとなり韓国のパク政権。ドラスティックな面と優柔不断な面を併せ持つといった印象です。そのパク政権が喫煙の害を減らす目玉政策として、1月1日からたばこ税の大幅増税をスタートさせました。

増税前、税(タバコ消費税、地方教育税などが課されていた)込み一箱2500ウォン(日本円で270円位かな)だったたばこを値上げするとともに新たに特別消費税など(一箱で60円強)を加えて一箱4500ウォン(約480円位か)に値上げしました。喫煙に関しては寛容だった韓国ですが、先進国並みに喫煙率を下げることと、増税での収入増を睨んでいます。

4500ウォンの内、税金など国に入るお金は3320ウォン。90%近くが税金などということになりますか。担当部署によれば、将来的にはOECDの平均的な価格(現在のレート換算で700円位)まで持って行くことで十分な喫煙率抑制効果が得られると考えているそうな。

今のレートで換算すれば、韓国国内のほうが日本国内よりもタバコの値段が「高く」なったということになります。韓国と日本の所得水準を考えると、日本で言えば600円から700円位に値上げされた、そんなイメージですかね。
さらに韓国政府(保健福祉部)はタバコの「物価スライド制」を導入することを決めています。物価上昇分を勘案してたばこを値上げできるという制度です。その他、コンビニなどタバコ専売店以外でのタバコ広告の禁止、パッケージに警告写真を載せる義務を課すなどなかなか強い施策になっています。

少し古い資料になりますが韓国の成人男性の喫煙率は45%弱とされています。主要先進国では現在これが30%を切っていますので韓国としては2020年にこの水準まで下げたい意向とか。タバコの販売量を5年で三分の二に減らすことを目標にしてるわけでなかなかドラスティックでは有ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おもしろいのは保守系紙がこの増税に比較的肯定的なのに対して、ハンギョレなど左派系の新聞が「庶民増税」として批判的なことですかね。
左派系としては保守政権の施策は「坊主憎けりゃ袈裟までにくい」なんでしょうかw

韓国では低所得者層(下から4分の1)の喫煙率が55%を超えるのに対し、高所得者層(上から4分の1)では45%にとどまるとされています。どうしてもたばこ増税は「逆進課税」になると言うんですね。当然、所得に占めるタバコの消費額の比率も低所得者のほうが高い。。。。

まあ、タバコ吸うのは個人の勝手なんだからといえばそれまでの話ですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いきなり価格が倍近くになったわけで困るひとが続出しております。煙草を減らすかやめるかするしか無いわけで。。

調査によれば喫煙者の三分の二が今回禁煙を目指すと回答。ある禁煙クリニックでは去年の12月の新規患者は、一昨年の12月の8倍を超えたとか。押すな押すなですね。都市部ほどこの傾向は強いとか。

更にタバコの販売では「一本タバコ」が話題に。
禁煙を始めてみたものの、どうしても我慢ができなかった人などに対して、一本ずつタバコをバラ売りするっていうんですw

販売店にとっては一本でも買ってくれる方が嬉しいというわけだんですが。。なかなか難しい物が有ります。

2015年1月6日火曜日

WTI50ドル割れ

WTI過去10年のチャート
前回のリーマン・ショックの時は約7ヶ月に渡って下げ、40ドルを割り込むとリバウンド狙いの買いが入るようになり、下ヒゲをつけて、アメリカの金融緩和観測とともにリバウンドに転じました。今回はまだ下げは六ヶ月目。最悪、来月辺りまで下げて40ドル割れも・・・というシナリオでしょうか。
さすがに昨日割ってきた50ドルをここから大きくは下げていかないと考えているんですが・・・

岩崎通信のおまけ

さて、ボロ株マニアの岩崎通信豆知識のコーナー。

株屋の間の略称は「いわつう」。ただ、岩崎通信といったほうが間違いないか。(岩通、ということで岩崎電気との間違いを避ける意味があるんだろうけど、今はネットの時代だからなあ)
その、岩崎電気(6924)と関連会社と間違う人がいるが、資本関係はない別の会社。
実は創業者が兄弟なんだとさ(うろ覚え)

6704、というコードナンバーでわかるように、NECや富士通と同じ「旧電電ファミリー」の会社。NTTとは伝統的に結びつきが強かった。いまは昔ほどそういう意識はないと思われる。旧みどり会に所属する歴史の古い「名門」企業ではある

国学院久我山は岩崎通信の創業者が設立に大きく関わっていることで知られる。(岩崎通信の本社は久我山に工場と共にある)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
となかなか名門企業なのですが、利益が少ないことで株価は機関投資家が手を出しにくい100円割れで放置されてきました。
しかし昨日池上が急上昇したのにつられて?出来高を伴って急伸しています。
輸出比率が高いこと、「防衛機器関連」の側面があることを評価したとも考えられますね。

元々機関投資家が持ちにくい株であるだけに、株価が上がると機関投資家が買ってくる可能性あるかなと。130円を越してくると大きな相場がある可能性を考えておきます。

NYダウ、調整かトレンド変換か。 狼が来たぞーのコーナー

何度目だナウシカ、じゃなかった今度こそ天井?(とも最近は感じなくなってきたかw)のコーナー

NYダウの日足です
年末年初から大きく下げていますが、10月辺りの下げ日数や下げ幅よりはまだ小さい
更に11月あたりの安値を下回ったわけではない。ただの「調整」と見ることはまだ可能です。もしも17000とか16000を割り込むような下げが続くなら、考えざるを得ないですけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかしながら、ちょっと考えこんでしまいますよね。新天地が低位株ばっかりにしたのもこういう警戒感から。

そしてダウが昨日も下げたのは新天地が先物ショートを買い戻したから

そうさ、どうせ僕のせいなのさ(開き直り)

防衛関連、なのかなあ

日本政府が自衛隊向けに「地対地」ミサイルの自主開発を決定した模様。

前にも書いたと思うけど、日本は「防衛」のための装備を持つけど、攻撃するものは持たないよ、というのがたてまえだった。

戦車のことを「特車」と称する、あるいは攻撃機(空から地上の敵を攻撃する飛行機)のことを「支援戦闘機」とするのもこうした「言い訳」による。

なのでイージス艦を買ったとしてもトマホークのような攻撃ミサイルは搭載しない。あくまで防衛装備は買うが攻撃装備は買わない、それが今まで自衛隊が自ら課してきた制約だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それが安倍政権で完全に変わりつつある。武器の輸出の事実上解禁に続き、今度はそういう禁じ手とされてきた武器の保有、開発を行う動きが明らかになってきた。
安倍政権にとっては「普通の国」の実現及び「武器産業の振興(輸出も含めて)」という一石二鳥の政策。安倍政権の「今まで使ってなかった能力を使い切る」という発想と「普通の国」という発想からすれば当然の帰結ではあるんだよな

この際、その政策の是非は論じない。大事なのは、「おや、防衛関連に政策という追い風が吹き始めたな」ということを皆共有しだしたということだろう。

昨日の池上や岩崎の買われ方はそんな感じがする。まるで政権に近い人間が「今度はこれがテーマだよ」と言っているみたいな(妄想)

安倍政権になってから、確かに政策に関わる銘柄は皆上げてきた(例外はカジノくらいか)。建設株の上げだって元を正せば安倍政権のおかげだろう。

今度は防衛関連株何だと思いたいw池上とかはまだ続くんじゃないだろうか?

NYが変調なのは気になるが、この関連銘柄がはピックアップしておく。
三菱重工じゃ重すぎるとは思うが。。逆に重工が上がるならそれはそれで全員参加で楽しそうだけどさ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地対地ミサイルがあれば「島を占領する」ことの意味を大幅に低下させることができる。

例えば尖閣を誰かが占領しても、ピンポイントで大量のミサイルを降らせますよ、という意思表示をしておけば、なかなか命がけで占領してくることはかんがえにくい。

竹島だって(以下自粛

2015年1月5日月曜日

30年ぶんの月足を見よう。池上通信の場合 おまけで岩崎

池上通信の月足、30年分です。大昔は高かったけど今はさっぱり。でもよく見ると、下値はジリジリ上げてる。僕がPCの中に入れてる監視銘柄の一つ。今日、いきなり出来高が出来ました。いきなり上昇しました。目をつぶって買いに行きました。売ってませんw

こういうふうに長らくヨコバイだった銘柄が突如立ち上がる。それは「事情通」による「アキュミュレーション」のあと、事情通が知ってた買い材料が出てくるか、もしくは買い占めてる奴の開始掛けだとギャンはいいます。

こういう値動きしてるんだな、ずっと観察しておいて、「放れ」を買いに行けと。(これが初期のギャンの戦略の中心と言ってもいいでしょう。彼がチャートリーディングで得た結論といえるかも知れません。

有名なギャンアングルやカーディナルスクエアはこの考えの後に出てきたものなのです。

なんで上げたかしらんけど、もっと上がれw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通信機器が円安で儲かる。防衛銘柄としても注目だそうで。

それなら同業系の株も上がるはずだよな
岩崎(6704)の日中足

池上が買われたの見てから買ついても十分間に合ってたんですな、岩崎。
これに気が付かんボロ株マニアの自分に腹立つ。

月足10年分

2012年ころを底、起点にしてトライアングルを形成しているような気がします2013年の高値をこのまま抜いていくようなら意外高の可能性を秘めます。
 
なにせ、安倍政権になってから「政策に売りなし」政策で取り上げられた株は必ず上がってきました。今回も「防衛銘柄の輸出促進」が安倍政権の政策である以上(しかも2期目以降Soleがつよまる気配が濃厚だし)「隠れ防衛銘柄」が値を飛ばす可能性は十分かなと。建設株くらいの値動きになってくれるといいんやけどなあ(自信はあるけど、粘着されるのでこのへんで)


チャート。5805。

今日は昭和電線Hの話です。でもこれは昭和電線にかかわらず、チャートというものに対する僕の見方です。自分はギャンの著作に影響を受けたと思ってますが、そんなこと言ってるのは新天地だけだ、と言われるかもしれません。

新天地は月足集を眺めている時に、上の昭和電線みたいな株(値動き)を探していることが有ります。何年もあるいは数十年前に相場があって、その後はずっと下がってきていて、いまそれが「下げ止まった?」そんな株。そういう株はなかなか動きを見せませんが、下値を切り上げ始めると大きな上昇を見せることが有ります。

ギャンによればそういう株こそ「アキュムレーション」(株の買い集め)が起こっている銘柄だ、というわけです。

ギャンの著作によれば「事情通」が何かを理由に買い支えてるんですと。
我々はそれが何かわからなくとも、チャートの動きから推察できる。

で前の相場が遠ければ遠いほど、相場になりやすい。下げ終わったばっかの株は上昇に転じるには時間が掛かるしエネルギーが少ない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はるか昔に相場を作った銘柄。巨視的に、こういう銘柄をウォッチし続ける。なぜ買われるかを探る。ない頭を捻る。

そして出来高を伴い直近の高値をつけてくるときに本来は飛び乗る(出来高を伴っている時に順張りするのが短期プレーヤー、ディーラーとかデイトレーダーの戦略になる)。
僕は暇なので安いからという理由で塩漬けしてるけど。。。。

そんな話。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
できれば増資をしていない銘柄がよい。下がりながら増資する銘柄はあんまり上がらん。
毎日見てる必要はないけど、二週間に一回くらいは巡回するように。
ずっと見てたのに乗り遅れた、なんてバカバカしいから

軽さ

スズキがアルトのターボを出す。

このモデル、なかなか気合が入っていて、いわゆる昔のワークスを彷彿させる。モデル名も「RS」とレーシングスポーツとも受け取れる。
加えてこの車、軽自動車としても慰霊の軽さである600キロ台で出てくるものと思われる。ターボや車体補強がプラスして、最大限重くなっても700キロ台だろう

一方でホンダもS660という「軽自動車のスポーツカー」を出してくる。お正月から販売店向け資料がネットに流出して話題になっているが、こちらは850キロの「重さ」。これはすでに販売されているN-ONEと大差ない。スポーツカーでありながら、「速くない」のだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホンダからすれば、わざわざ少量しか出ない軽自動車のミッドシップ後輪駆動車を作っても、軽量化には限界がある。スピードよりも乗り味を味わって、ということだろうが、やっぱり並んでよーいどんしてアルトに負けるとなると悔しいだろう。。。

もっとも、今の軽自動車のターボエンジンは、「自主規制」64馬力におさえているだけで、実は少しいじれば100馬力ぐらいは絞り出せるという話もある。実際、海外にはエンジンを積み替えるか、ターボエンジンの自主規制を外した「S1000」が用意されたという噂も聞く。。

どうせ優遇税制も外されて行くのだ。(あるいは白ナンバーで売りだしたっていいじゃない、この際)重さが軽くできないのなら、エンジンパワーをひねり出して「ダウンサイジング」とのたまうくらいのことはやってほしいなあ。

CVT、パワーアップに耐えられる仕様になっているなら、アフターパーツで何とかするけど、そこまではしてないだろうから。チョと残念。


新天地は「ロードスター」ほしい病にかかりつつ有りますw

AIBOの修理の記事に思う

産経新聞にも出てたけど、ソニーが修理を打ち切ったアイボの修理に携わる元社員出身の修理会社のひとの話を聞くに考えさせられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔コンプティークかなんかに乗ってた話(SF)だが、ロボットのゴキブリか何かを壊させると、まるで本物の生き物を壊したような気持ちになってしまう、そんな話。

単なる機械に過ぎないはずなのに、生き物に似せられたそれが壊れるとき、生き物が死んでしまったのと似た、あるいは同じ感情が芽生えるのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ましてや精巧に作られたロボットが壊れたら「飼い主」の気持ちは如何ばかりか。

今後、さらにペットや介護のロボットは数を増やしていく。爆発的に増えるかもしれない。
その寿命を限りなく伸ばしてあげる「義務」をメーカーは持つべきだ。

経営者が変わってしまったからアイボを捨てるような企業にはそれは望むべくもないんだろう。
これからロボットを送り出すメーカーはその覚悟があるだろうか。