2014年12月27日土曜日

今年もお世話になりました、かな

今年もお世話になりました。
10月にすごい含み益を抱えておきながら、そのまま逆行って去年の利益と同じ額だけ大損コクという個人的には波乱の一年でしたが、チタン株と小野薬品のおかげで税金払える身分にいられそうです。


そんきり大事ですね。
今年もこのブログで出た広告収入は寄付に回しました。

場末のブログですが、 皆様の閲覧のおかげでささやかながら善行が出来ました。厚く御礼申し上げます。

良いお年を。

動いてる株、動いてない株。

某所で罵られた。「こんな動いてない株買うなんて馬鹿じゃないか」(「5805」のこと)

動いてない株はずっと動かねーよ。こんな株買ってもしょうがねーよ。



それは真実でも有り、真実ではない。というのも株にはステージがある、何度も何度も言うけど。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株というのはもちろん、最終的には金、利益を生むかどうかで値段は決まる。

しかしそういう面もさることながら、需給によって相場にステージがあるのだ。これはギャンが指摘するように、アキュムレーション(株の買い集め)とディストリビューション(株の売り払い)によって起こる。

そうでない株ももちろんあるが今回はそういう株は考えないでおく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ものすごく閑散でひとがいない株をのぞいて、株価というのは安いところでは値動きが少なく、出来高も少ない。高くなってくると人気を呼び出来高が増え、値幅も大きくなる。

一般には値幅が少ない安いところで株価は買い集められ長期保有者が多くなる高くなり派手な動き出来高を伴い、保有者は短期の人間が多くなる(株はこの間に売り逃げられる)

ディーラーやデイトレーダーは当然そういう出来高が多く値動きが大きい株をやればいい。というかやらないと日銭は稼げない。昭和電線なんか買ってる場合じゃないんである。
(僕がディーラーになって一番初めに習ったのは「立会銘柄の出来高十位と売買代金10位を毎日調べてその中から今日やる銘柄を選んでおけ、でした)

出来高が多ければ、自分の売買が相場に与える影響が少なく、日ばかりでも逃げやすく、間違ってもブラウン運動に紛れて逃げやすいからねと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、何倍にもなる株を狙うなら、「動かない銘柄をじっと見ている」というのも作戦の内(複数ある選択肢の一つ)です。
時間を味方にできるのが個人投資家最大の利点だと僕は思っています。職業プレーヤーは、毎日とか毎月とか毎年稼がないと首になりますが、個人は「死なない限り」(だから健康で若いというのはプレーヤーにとっては大きな武器です。年取るとそれだけ「ハンデ」を抱えるのです)、大損して退場しない限り「儲けなきゃ首」という圧力を受けることなくプレーできます。

動かない株では何が起きうるのか?
低位で動かない株がもしも変身を遂げるのなら、それに気がついた人間が「黙って」株を買い集めます。できるだけ静かに。。。。(これがアキュムレーションです)
安いからたくさん買えます。安いから上がった時の倍率が高くなります。仕手筋とか長期の投機家はそういう株を黙って買い集めるのです。

5805はまさに買い集めが進んだ、あるいは進んでいる低位株だと僕は思ってます。
たらふく買い込んだら、そろそろ上がる理由を買い込んだ人間たちが吹聴します。
(電線4社しか超電導のコイルまともに作れないよ)という隠し持ってた材料を大声で話しだすわけです。
今まで収益トントンだった株が、一株利益10.円越してくるよー(多分)とかね。。。、

僕も大きく買ったので大きく騒ぐことにします。

 

狼が来るぞ―!!!


2014年12月26日金曜日

昭和電線のおまけ。「熱で発電する」

電線株といえば、超電導。超電導といえばビスマスなんちゃらとかそういう素材を研究するお仕事でした。

昭和電線もそう言うので色々開発してきたようですが、そういう分野から生まれる技術に「熱電変換素子」ってのが有ります。
株式新聞の記事にもちらっと書いてあったけど、この株を仕手化させようと考えている人(がいるとしたらw)このへんも材料にしてくるんでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これはブログに書いてなかったかな。
昭和電線は東京理科大学の教授と共同で「熱電素子」の研究開発をやってます。

元々、うちの近所でもないか、昭和電線の三重工場の中には600度以上の高温から電力を回収する熱電力発電の実験を大昔からやってるそうな。

昭和電線が東京理科大学と共同で進めている熱電素子はそれとは異なり、300度から600度の間くらいの「中温域」と言われる温度で効率よく発電するシリサイド系と言われる素子の開発。

この中温域と言われる温度帯は鉄鋼工場から車から発電所からとにかく膨大な熱が生まれていて、当然それは回収されることなく無駄に放出されています。ならばその中温域で熱エネルギーを回収して発電しようというのが昭和電線が進めているシリサイド系の熱電変換素子。

例えば車のエンジンって、いま最高効率のエンジンでも40パーセント位しかエネルギーを上手く使えておらず、熱としてエネルギーが失われます。
でもその熱を回収してハイブリッドの電源に使えたら???

今の「ハイブリッド」は自動車の運動エネルギーを回収するものしか実用化されていません。しかし一部の自動車メーカーはこの素子に因る熱エネルギー回収の研究を進めているようです。

あるいは製鉄所の炉からでる熱を回収できたら?発電所で無駄に出る熱を回収できたら???
夢の熱リサイクルなわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ言うは易し、行うは難し。なかなか難しいんですけどね。

現状ではもちろん、発電所に取って代わるようなものではありません。
しかし、エネルギ効率の向上を支えるという面で10年20年くらい後に一般化する技術ですかね。
業績に与える影響は軽微かもしれないけど、いわゆる「飯の種」にはなっていくでしょう。将来。

そして業績に与える影響は軽微だろうけど、一度仕手化させた時には材料のひとつくらいにはなるでしょうねw

共同研究はまだ二年足らずですが、業界的にはなかなか注目されているんだそうな

メタンハイドレートの開発というか調査は進むが。。。

メタンハイドレートの試掘というか採集に成功した記事あり。ただし現状では「油田」になるような密集は確認されていないし、仮に密集しているところが見つかったところで採掘技術はない。

自分のいとこ(理系、弁理士)は「無理なんじゃねーの」って言ってたことがあったっけ。


まあでもシェールガスもそんなこといいながら半世紀をへて実用化されたわけで。
最初に開発しようとした人はとっくに死んだ後に日の目を見たわけ。

メタンハイドレートも僕らが死んだ何十年もあとに実用化されるのかもね。
僕らが株で恩恵に預かることは無いかねー。

スズキのアルトという車。軽自動車であり、軽自動車を越えて行く技術が実現したプロダクトであり。

年末に「スズキ」から「アルト」が発売になった。株価に与える影響はどうかと思うけど、自動車業界的には、非常に注目される1台でしょう。なかなか「特徴のある」プロダクトです。そう、プロダクトとして注目されます。

話題はデザイン、燃費、価格、重量、そして来年出てくる「ターボ」車の設定かな。
とにかく全く新しいプラットフォームに全く新しいデザイン。これらが上述の注目点を作り上げています。

まずはデザイン
フロントライトに象徴される「レトロ」がデザインテーマ。CMにはベッキーを起用。どうやら「メガネ」を意識した模様。最近のツートンカラーブームを反映して、リアドアを塗り分けるモデルも有ります。これはVWのパク・・いやいやw.
 

全高が高い、いわゆる「トールモデル」ではなく、高さを抑えた「セダンモデル」となっています。高さは、従来モデルよりも低く作られていて、デザインの見栄えと空力性能を良くすることに貢献しています。低さによっては重心も下がり、軽く作れ、空気抵抗も少ないのです。
もちろん、空間は小さくなりますが、それが嫌な人には他にモデルが有るでしょ?という割り切りですね。こういう車があってもいいでしょという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このモデルが注目されるのはその燃費。一番燃費が良いモデルはJC08モードで37kmと出てきました。しかもこれは「燃費スペシャル」というわけではない車。ホンダやトヨタの一番燃費の良い車は「燃費スペシャル」(モード燃費を良くするためにガソリンタンク容量を減らすなどの小細工した車)と肩を並べてきたということは、少なくともモード燃費競争では事実上トップにたったといえるのかなと。
 
話半分というのがこの手の燃費モデルですが、100万円を切る定価の車が、200万円クラスのハイブリッドや高性能ディーゼルエンジン並みの燃費で走るんだからスゴイでしょ、です。
 
 
そして「飛び道具なし」でこの驚くべき燃費を生み出しているのが「軽量化」。650キロという車重は、安全基準がゆるゆるだった昔なら驚く数字では無いですが、エアバッグとか、安全基準を満たす構造とかを考えて作ればこれはやっぱり驚く数字。ここまで来たのかという軽さです。
(従来比60キロ、約一割の軽量化になります)
 
それも高価なカーボンとかアルミを使って軽量化されたのではなく、一般化してきたハイテン鋼の使用と、車体の形状を工夫することで軽量化がなされたというから、技術の進歩の凄さを感じます。(ボディーパネルに占めるハイテン鋼と超ハイテン鋼の使用比率が62%に達するそうな)
部分部分で「樹脂化」したことも軽量化につながっている模様。
 
具体的にはプラットフォームをなめらかな形状にし、前後方向の部材を極力一体化、これによって補強材の数が減り、鋼板も薄くできるのだとか(言うのは簡単ですけど、研究の賜物ですな)
これによって軽量化しながら、ねじり剛性などはむしろ旧来より向上してるんだとか。
 
(余談だけど、こういうふうに部材が減ると、結果的に製品のコストも下がる効果があるそうな)
 
更には「軽量化」が進んだことで、以前のモデルよりも加速性能、制動性能も上がっています。軽さは全てにおいて正義なのです。これだけ軽いと非ターボ車でもそこそこの加速が可能でしょう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、スズキは昔「ワークス」というモデルを持っていました。軽自動車ながら高性能なエンジンを積んで飛んで行くというホットなモデル。
時代のせいか、そういう熱いモデルをカタログから失ってしまっていたのです。
 
アルトには来年、ターボモデルが設定されます。
 

 
軽量、高剛性、低重心、優れた空力性能。そんな車に最新の軽ターボエンジンを載せたら・・・。
ある意味では究極のダウンサイジングカーなのかもしれませんね。
 
ネーミングは知らされてませんが「ワークス」モデルの再来という期待はできます。
値段は安いけど実はスゴイ加速力。そんなモデルも若年層の車需要拡大には必要だと思うんですよね。
 
なお、スズキは一部のグレードに軽乗用車としてははじめて自慢のセミオートマ「AGS」を投入してきました(技術自体は発表済みのもの。)
簡単にいえば従来の構造のマニュアルトランスミッションを電動油圧装置を使って機械的に自動で変速操作させるもの。マニュアルミッションの変速を機械というかロボットが運転者の代わりに自動でやってくれるミッション。
 
普通のATやCVTに比べてダイレクトに駆動系がつながるのでドライバビリティに優れ、VWなどの方式と違ってクリープもあるので車庫入れとか渋滞時も楽。夢の様なミッションの一つです。運転手は従来のオートマのような感覚で運転しつつ、普通のオートマよりもダイレクトな変速ができるという。。
これもターボ導入の際には「走りが楽しい」モデル実現にはいいかもですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これだけの技術があるのですから、軽のスポーツカー、あるいはリッターカーのスポーツカーさえ作ることは可能に思われますが・・・。
 
スズキはカプチーノ以来、「スポーツカー」がないんですがこれいかに。
スイフト・スポーツの後継車もこれらの技術で作れば、相当スゴイのが出てきそうですが・・・
 
 


世の中には

サッカーの裏ワザを188も真面目?に解説した本があるらしい

中国のネットで話題になっているという話がどっかのサイトで報道されて話題になってたw

株の裏技もあるけど、最近は取り締まりも厳しくなったから、裏ワザじゃなくて捕まってしまうからな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寄り付き直前に注文を取り消して自分に有利に初値を約定させるとか、引け注文で引け値を作るとか。

最近では引け値を条件に場外で売買する契約を結んでおいて、引け直前に買い上がりまくって利益を得てたファンドが見せしめで捕まってたな。

ほんの10数年前まではVWAPも一般的でなくて引け値基準で大口取引する例も多かったから、こういう無茶な買い方が横行してたんだけれども・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分の知り合いだった(今は生死不明)仕手やさんは、利食いに入るときに、信用買い建玉を現引きしつつ、本当は利食い売りなのだけどわざと信用新規売りを入れて信用倍率を改善させながら(最後に渡し株してしまう)逃げるっていうワザを見せてくれたことがある。(最初から現物持たないのはグループ全体の持ち株を会社側にも悟られたくない面もあるんだよね、とか言ってた。まあ大体仕手やさんは会社ともグルの場合が多いんだが。中◯鉱のときとかもそうだったか・・・。)

あんまり意味はないそうだがw(じゃあやるなよっていうのは、無しね)

細かい裏技があるのだ。以前書いた、誰が契約したのかわからないプリペイド携帯電話っていうのもある意味「株の裏ワザ」かもね。

2014年12月25日木曜日

ミクシイ、ストロングセル。理由はないw形だけ。

ミクシイのチャートです。ドカドカ上がって高値をつけて、レンジ相場だったんですが今週、レンジを下抜けました。今日は個人投資家の売買を集めてリバウンド。しかし僕はここは売りの急所だった気がします。

また故郷に帰っていくのではないかな?そんな気がするんです。

なんで下がるかって?地球に住む人々は、魂を重力に引かれて飛ぶことができないからさ。

byクワトロ・バジーナ。

株なんか買ってる場合じゃなかったかw

韓国でも最近、日本の戦隊物が人気なんだそうな。

朝鮮日報韓国版によると「パワーレンジャー」(日本での放映はキョウリュウジャー)に出てくるキョウリュウジンのおもちゃが大人気。8000円で売られているそのおもちゃはネットで20万ウォン(約25000円位?)を超える高値で売られているとか

まあクリスマス特有の現象だったんだろうが、こんなことならおもちゃ売り場で買い占めて韓国のネットで売りまくればよかったなw

パワーレンジャー、アジア拡販作戦は悪く無いと思う。
さて株価はどうですかねえ。

韓国、世界最高額のマグロ漁船を建造していたことが明らかに。

2012年に進水した、韓国最新鋭の救助艦(沈没した船や故障した潜水艦から人員を救助する船)の「統営」。この日記にも書きましたが、最新鋭の記述の粋を結集して作られた韓国自慢の艦艇(160億円相当、建設当時)でした。

ところが前に日記に書いたと思いますが、その最新鋭の船に付いているソナー(水中の船の位置を探る装置。音波探知機)が最新どころか、40年前の韓国軍水準の性能であることがわかったのです。なんでも2000万円相当の機材を、なぜか?故意に要求性能を下げて合格。しかも入札によらず特定業者に払われた購入金額は4億1千万円。4億弱のお金が闇に消えたのです・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国監査院が行った監査で明らかになったこの問題、さらなるオチが待っていました。
そもそも40年前水準のソナーなんて中古にせよ、現存するものなのか?誰がどうやって作ったの?調べていくうちに。。。


購入されたソナーは「軍用低性能ソナー」と思われていましたが、実は「民生用のマグロ用の魚群探知機」だったのですw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんなアホなことになったのにはいろんな事情があるようです。

元々、この船には別の会社のソナーが取り付けられることになっていました。ところが、性能を確認した韓国海軍は「要求書に合致しない」としてこのソナーの搭載を拒否。このままでは船の納品が大幅に遅れることになってしまったのです。本来なら昨年の9月に引き渡しが行われる計画が「未完成」のまま時が過ぎて行きました。

そこに発生したのが例のフェリー沈没事故。進水から2年たっても戦力投入されない救助艦と韓国海軍に非難の声がよせられました。本来なら一番に駆けつけるべき巨額をかけた最新鋭艦が、役立たずではそりゃ避難されますわな。

困った軍用品ブローカーは、韓国海軍の許可を受けた上で「仮に」別の製品を取り付けて引き渡すことにします。ブローカーが選んだのがノルウェー製の電子機器。
個々の会社のHPによればこの機器は
>「SH90 魚群探知機 高解像度、高周波数」という表記とともに、ソナーの画面があり、「北海でのツナ(マグロ、カツオ類)の群れを捕らえた様子。方向や深さ、群れの速さもよくわかる」
んだそうですw魚群探知機としては最新鋭だったんですな・・・

韓国軍としては、とりあえず引き渡しできることが最優先だったのでしょう。見かけは最新ですし飾っておくには困らない。「そのうち取り替えよう」と思ったのか、取り替える気はなかったのかは疑問ですがw

最新鋭の飛行機を買ったらミサイルを必要数の半分以下しか買う金がなくなる国。
最新鋭の船を買ったらソナーが調達できない国。
2つしか無い発電機がない船で、片方が壊れたけどもう片方があるからいいや、とそのまま航海に出た挙句、間違ってその一つしか無い発電機の区画に注水してしまう国。
プライドをかけて自力で戦車を作ったらエンジンがまともに作れなかったでござる、の国。
自走砲の計算機が壊れてて、狙ったところに玉が飛んでいかない国
船に取り付けた防空機関砲が、プログラム通りに作動すると甲板を砲撃してしまうことがわかった船を運用する国
戦闘機が溝に落ちる国

皆忘れていますが、この国「戦争中」なんです。休戦してるだけで・・・・・。

皆で車を取り囲んでも、脅迫罪にはなりません。ただし韓国保守団体に限るw

産経新聞の中の人が裁判所から出てくる際に、韓国保守団体wに囲まれて車が動けなくなり、生卵を投げつけられた事件。韓国の警察は生卵をぶつけたことに対する器物損壊については三人について器物損壊の容疑で送検。しかし他のメンバーによる「監禁」「脅迫」については「容疑なし」との意見をつけて書類を検察に送付しました。

なんでも周りに人がいたから助けを求められる状態だった(ので監禁には当たらない)5分と短く脅迫には当たらない、だそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
噂を記事にしただけで名誉毀損とかになるのに皆で車を取り囲んで卵を投げるなどの実力行使に出ても「無罪」それが韓国クオリティ。

日本の右翼が木の杭をおいて行っただけでも脅迫罪に問われるのにねw

2014年12月24日水曜日

アツギの豆知識

証券マン豆知識


アツギ(旧厚木ナイロン)本社は厚木市ではなく、海老名市(相模川を挟んで厚木市の対岸)にある。


社名を海老名ではなくアツギにしたのは創業当時はまだ海老名市ができておらず、厚木基地があるお隣の厚木市が有名だったため、社名に厚木の名前を冠した。

(東京ネズミーランドみたいなもんか)

今でも本社は厚木にあると思い込んでいる人が多いらしい。
云々。

韓国の検察があざといのは、日韓対立のせいという仮説w

韓国の検察は本当にあざとい。

政権のためにしっぽを振る。それを心ある人達から非難されると、今度はわかりやすく「民衆の敵」となった大韓航空副社長を逮捕してみせる。

まるで、「自分たちのため」に行動してるんでないかと。これが人事を強く行政府に握られた検察という権力の末路だと思う。日本だって安倍人事を見てたら(NHKとかね)将来そういう風になる可能性は排除はできんよね。他山の石だろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の検察も批判はされるけど、今はここまで色んな物におもねることはない(と思う)

秋霜烈日のバッジは伊達ではないし、やっぱりそれなりに矜持があるんだと思う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日韓の仲が悪くなかった頃は韓国検察からも日本の検察と交流があったんではなかろうか(政府全体に交流があったと思う)

それが今はないんだろう。韓国の検察も人をみてれば自分がいかにおかしいかわかると思うが

ヒュンダイ自動車、H(のパクリ)からN(Mのパクリ?)へ

現代(ヒュンダイ)自動車がBMWから副社長をヘッドハンティングして少し話題に。

ヘッドハントされたのはBMWの高性能LINEである「M」シリーズの開発指揮を7年間務めたアルバート・ビアマン氏。「感性」を求める顧客に対してヒュンダイ内部の人材では対応出来ないと考えてBMWから引き抜いたという。

トヨタの社長は「もっといい車を」と言い続けてるけど、ヒュンダイはそれを外部人材導入でやろうということなんでしょう。ヒュンダイは高級車部門において、安全性や信頼性ではすでに日本車並みに評価されてきたけど、やっぱり「官能性」というめんでは日本車と同じく、ドイツ御三家には及ばない。

ならばそれを作ってきた人間を、と言うのは当然の策か。本来なら日本メーカーがやるべき方法かも知れないが。。。ヒュンダイはデザインにおいて外部の血を導入することで高い評価を得てきました。官能性も高めてくるとなると、心穏やかではいられますまい。いい手です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヒュンダイは、トヨタのような「レクサス」ブランドを作る(販売チャンネルを立ち上げる)んではなく、BMWの「M」のような高性能ブランドを同一販売チャンネル内で売る作戦を取るようです。その名も「N」。

どこまでパクリかと思いますが、作戦としては悪く有りますまい。

Hのマークのパクリとやゆされたヒュンダイですが、台数を求める段階から、「利益」を求めるステージに入るようです。これは無視できない動き。超注目です。
今度は「M」のパクリでは有りますけどね。

アツギストロングバイで。

年が変わります。NISAの枠で何買おう?という人も多いでしょうか。
せっかくだから株価倍増の夢がある(低位株w)を買おうという人も多いでしょうか。

というわけで候補をいくつか考えたのですが、ちょっと変わり種を書いておきます。

アツギ、(3529)です。旧社名は厚木ナイロン、ご存知パンストの会社です

環境は円安ということで為替差益を受ける一方、原材料の仕入れではマイナスということで四季報なども余りいい見通しを建てていません。国内需要も頭打ち、成長産業ではないもんね。

ただ、韓国ウォッチャーついでに中国関連掲示板も翻訳ソフトを通して巡回する新天地が最近気がついたのは、「アツギブランド」が中国人に認知され始めたという事。中国は所得が上がってきました。どうやら女性のおしゃれも日本の高度成長期並みに拡大する?という雰囲気が有ります。

日本に行ったら紙おむつ、という中国人旅行者の行動パターンは最近普通に知られるようになってきましたが、どうやらそれらの購入品の中に「アツギのパンスト」(伝染しにくいから)というのが加わってきたようなのです。これ、まだ投資家の中には織り込んでない話でしょ???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
過去10年のチャート
業績不振が続いたお陰でジリジリ下げた株価は2012年を大底にジリジリ下値を切り上げています。上値は120円位に強い抵抗線あり。いわゆるトライアングルっぽいなー~とかな思います。できれば押し目を拾いたいところですが、チャートは上下に抜けるだろう最終局面に近づいていまして、ここで120円を越えて行くと中長期の上昇に入った可能性がある、そんな足ですかね。
一相場来れば240円の戻り挑戦の可能性あり。


もう一つ、実はアツギ、「不動産」持ってんだよね。(不動産収入結構ある)
それをはやしてバブルの時に一相場やってるんだよね~(ああ、またおっさんなのがバレル)

僕が仕手やさんならこそこそ買い集めて一相場作るよな、と去年から思ってみてた。原油高かったから手が出なかったけど、原油安なら、タイヤが買われたのと同じでパンスト株が買われたっていいじゃない、という話。

現状は一株利益少ないから株価安いけど、財務は悪く無いからすぐには絶対に潰れない。だとすればボロ株コール・オプション説を唱える僕からすると、大化け狙いで買い込むならこのへんかなと。

繰り返すけど、大化けの条件は中国向けの潜在需要が顕在化すること。(僕はある程度蓋然性高いとふんでる。そしてまだそれは皆に知られていない。
さらにもう一段暴騰するなら土地持ち銘柄の面が皆に知られること、かな。そして僕みたいなアホの資金が流入すること。

なんにせよまだ皆ノーマークでしょ。でも「昔の名前で出ています」です下値の不安が少ない今ならNISAでちょこっと買う銘柄の候補によいでしょうと。

今は出来高薄い株。こそっと安いところをちょっとずつ沈めましょうか。サイズはそんなに大きくない株(時価総額で200億ちょいしか無い)。万が一、出来高が急に増える場面があれば文句なくドコドコ買うべきです。

自信度はマグニチュード7くらい、としておきましょうか。



2014年12月23日火曜日

やっぱり寝る

また明日

今起きた

今起きた。
モデル代よこせ。
スイス銀行の口座に、、、、


石油がリバウンドするんなら、商社株だよな

商社、冴えなかったのは住友商事に代表されるように石油権益を吸った金で掴んだ可能性があるから。

石油が戻るなら、出遅れて商社が戻る可能性は考えておくか。

特例なのか嚆矢なのか

ヤフーのトップ記事にも出てきたけど、中国政府は胡錦濤前主席の元側近の令計画氏が失脚した模様。
令計画氏は胡錦濤前主席の側近中の側近だった。いわゆる共青団派、リベラルな派閥の属する。
息子がフェラーリをぶっ飛ばして交通事故を起こして同乗の女性共々死亡したとされる事件を責められ統一戦線部長に降格させられたとはいえ、現役バリバリの高官。

ちゅうもくされるのは、今まで粛清されてきた、江沢民派の引退した人間ではなく、胡錦濤派の人間でしかも隠退した人間ではなくまだ現役の高官であるということ。

今までは胡錦濤派と習近平派が協力しつつ江沢民派を追い出す共同戦線を張っていた感があった。今度の失脚は今までとは構図が違う。習近平派というどちらかといえばより強硬な左派勢力が、目障りな胡錦濤派という
リベラルな勢力を汚職追放の名の下にガチンコで追い出しにかかったと見ることができる。場合によっては血で血を洗う抗争になる期待もあるかもね。

意外に派手な騒ぎ、極端に言えば内戦だってきたいできるかもね。

どこで落とし所を見つけるか、だけど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まとめ

今までの構図

江沢民(会社で言えば名誉会長)派バーサス胡錦濤(同じく会長)派+習近平(同現社長)派

みたいな構図だったのが、

江沢民一派は落ちぶれた、と見た習近平派が、今までは呉越同舟で手を結んでいた胡錦濤派閥に牙を向いた、と。

しかもターゲットは現役。もちろん、息子にフェラーリ買わせるくらいだから、それなりの悪いことをしていたんだろうが、露骨に側近を狙い撃ちにしてきた感あり。胡錦濤はクリーンさを売りにしてきたんだから、ダメージは小さくない、と。

胡錦濤に喧嘩を売るくらい習近平がチカラをつけたと見るのか、はたまた習近平が逆襲するのか???
三つ巴の権力闘争は新たなステージに入ったことだけは間違いないでしょう。
なんかやるなら今がチャンスだったりして。

ご利用ありがとうございます

猫ってなんで段ボール箱好きなんでしょうね

2014年12月22日月曜日

出来高を増やしながら下げ続けて向きが変わるとき

掲示板でも話題になってた5007コスモ石油
チャート日足
石油価格の下落で売られてきました。そして週末に業界再編の話が出てきて月曜日は出来高を伴って窓をあけて更に買われています。イナゴが飛び交ってる。


こういう時、あまりにも急上昇したからカラ売り、というのは間違いです。
天変地異でもない限り先週の安値を近々割ることはないでしょう。

下がりきるところまで下がっておいたところに、好材料が出た形。今ここに売り向かうのは無理なんです。空売りしてた人はアキラメロンと。トレンドが大きく変わった可能性あり。押したら買い、かなあ。

先週かってた人は見事でしたね。リバウンドする気配は確かに有りました。今から見ればですが。

先週空売りしてた人。それは自己責任ですね。

三空形成でひとまず高値警戒になるか?

225の現物は綺麗に窓を開けて値幅の伴った反発。急落した後の急反発で、それほど出来高はないことが気になる(のでガンガン強気には買いにくい)。

今日も高く始まって終わるようだとある種「三空」的な過熱感を見せることになります。

年末だし、長いポジションを取るのは気が引けます。ちょっとポジションを軽くしておくところですかねー。試しに空売りしたくなるのが悪いところかなw18000円というのは何度も言うけど分水嶺になりそうです

2014年12月21日日曜日

パククネ大統領の支持率40パーセント割れ。

お隣、韓国パククネ大統領の支持率が40パーセントを割ってきました。
調査機関によってその数字はバラツキがありますが、先週韓国ギャラップの調査でも支持率が37パーセントと出てきており40パーセントを割れたと思われます。

韓国の大統領は直接選挙で選ばれ任期5年、再選なし。
権力は強大で罷免されることはほぼありませんが、再任されないので最後にはレイムダックになっていくのが常。任期最初が一番高いのが常で。

上がったり下がったりしながら徐々に下がってくのですが、韓国の大統領の支持率の分岐点と言われるのが40パーセント。韓国ではコンクリート支持率と言われるのがこの水準。ここを割らない間は支持率がリバウンドするのですが、一度割ってしまうと再度40を超えてくることは少ないのです。

今のパククネ大統領の特徴は保守層、韓国では60歳を超えるような高齢層の支持率が非常に高い。一方で民主化以降に生まれたような30歳以下の若年層はどちらかというとリベラルな意識が高く、パク大統領の支持率は低い。

そんな中、春のフェリー沈没事故が起こります。支持率が下げトレンドを確定すると、野党は「影の実力者」疑惑を追及。決定的だったのはいわゆる文書漏洩疑惑。真偽ははっきりしないですが、影の実力者バーサス大統領の実弟という権力闘争が明るみに出たことで保守層の支持も下落が止まらなくなって来たのです。

さて支持率が下がる中で、唯一60パーセントを超えるのが外交項目。
アメリカにへりくだらず、日本に対しては強硬で中国とも仲良くする。北朝鮮には妥協しないという自立的な外交が韓国人の自尊心をくすぐるんですね。
唯一高い支持項目だけに、対日要求が激化することはあっても軟化することは考え辛いですね。