2014年12月13日土曜日

代車

奥さんのノートを日産のディーラーにいれた。

代車を出してくれたのだが、。。。

代車にシーマを貸してくれたらしいw

怖くて乗れないよ、それは( ´ ▽ ` )ノ

奥さん、それで買い物とかでれるのだろうか。

2014年12月12日金曜日

噂のマルデンボロ、実力の片鱗を見せつける

日産とソニーは数年前からこんな取り組みをしてます。

ソニーの自動車シュミレーションゲームとして有名なグランツーリスモ(リアルさをある程度追求した車運転ゲーム)で優秀な記録を出した人間を、ほんとうのレーサーとして育成しようという企画「GTアカデミー」です。

レーサーは小さな頃からカートなどで経験を積んだ人間が多いのですが、そういう環境に恵まれていないけど、実は才能を持った人間はいるはず、ということで才能発掘の裾野を広げたい、という思惑で始まったこの企画。予想以上に才能を世に送り出しています。

すでに何人かの人間が実際にレーサーとして日産の車でレースに出ています。2011年には出身者がルマンで表彰台にのぼるなど、期待以上
といえるのではないでしょうか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そんなGTアカデミーの中でも「スゴイ」という噂のドライバーがいます。マルデンボロ選手です。
25歳になってしまった彼ですが、来季は日産系のインパルからスーパーフォーミュラに参戦予定。

一昨日行われたテストでは、はじめて乗るシャーシ、初めて乗るサーキットにも関わらず雨天のサーキットを一人独走状態。中嶋一貴や小林可夢偉を上回るラップタイムを刻み続けたそうな。

星野監督によれば「こんなところを走っている場合ではない。早くベンツ(F1)に行ってテストドライバーやるべき。そうすれば再来年にはロズベルクより速くなってる」

だそうで。来年はそんなスゴイ選手を日本で見ることができます。うまくシートが開けば、再来年にもF1で活躍する彼が見えるかもしれませんね。

2014年12月10日水曜日

おまけ

世界的に報道されだした大韓航空社長のナッツ事件

この事件のお陰で、ある大韓航空のCMが話題を集めているそうです

というのも、CMでは話題のナッツを袋に入れたまま?トレイに載せているシーンがあるそうで。
副社長に言わせれば「内規違反」

堂々とCMで流してどうするのというわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
副社長、すべての職務から外れるものの、副社長の肩書は当面維持ということが明らかになり反発が強まっています。

更に、降ろされた乗員(パーサー)が飛行禁止の処分を受けた(会社側は否定し、パーサーは月末までショックで休暇中と発表)と伝えられ総スカン状態にあります。

まあ、まずい自体ですわなあ。

リバースアイランドと包み足

225は下落。こんなに下げるんなら、月曜の朝から下げろよ、と言いたい(下手くそです)

チャート
225日足
昨日までの高いところがいわゆる「リバースアイランド」みたいになってしまった。

窓を開けで値幅のある下げが高値圏で出てるので、相場転換してもおかしくない足ではある。

週足で見ても
 

 


戻り高値を更新してきたところで包み足っぽくなってきたのは非常によろしくないわけです。

で、改めて10年のチャートを見てみると
 


 
過去10年225月足
リーマン・ショック前の高値近辺まで来て下げるとなると、ここが重い抵抗線であることを確認することになってしまうかな。いずれにしてもあんまり気持は良くない。

今月いっぱいくらい調整するんじゃねーかな、そんな気持ちで構えるしかないかな。
ドカスカ空売りする元気はない。

先月フマされてるんでw

タカタ

一応この株は触れておきましょうか

タカタというのはホンダと親しい会社。タカタ一族の完全な同族経営。(社長はワカとか呼ばれるらしいw)エアバックやシートベルトなど安全装備の部品会社。モータースポーツ支援にも積極的でタカタNSXなど聞いたことがあるだろう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま大量リコールの主犯格になっているのが同社製エアバッグ。メキシコ工場などでの製造工程に問題が合ったらしく、特に高温多湿の使用環境で置かれた後、エアバッグが作動した際、想定以上に勢い良く「爆発」し、あたかも散弾銃のように部品を飛び散らせて乗員に怪我を負わせる可能性がある、と。

実際数例の死亡事故かアメリカやアジアで発生しており、すべてタカタ製なのが判明している。

ここまで前提
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題が大きくなったのは「どのロットに問題が合ったのか全く把握できない面が合った点」
当初問題が無いと思われたロットにも問題が発生し、底なしのリコールに発展しそうだったこと。
2000万台とか5000万台とか言われたリコール、誰が責任取るんだよみたいな。。。。


問題はエアバッグ製造ってPLとか考えたら誰もやりたがらない部品であること。タカタが無くなって、じゃあ誰が作るんだよと言われたらなかなか難しいところもありました。

タカタでさえ、問題を抱えてしまった、そういう面もあります。

だから、タカタが悪い、タカタが潰れたらいいやん、では済まない問題でもあると。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ようやく、「沼の大底」が見えた感じかな?ホンダがリコールを打ち出しました。おそらくほぼ問題のあるロットを確定しつつあるんじゃないでしょうか?

報道を相互すると世界の自動車業界全体で3000万台強、タカタの負担額が1600億円くらいかなと。

ここまで読み通りなら、おそらく株は底ついたと思う。潰れなければ盛り返すだけの実力はある会社だから。10年下からずに借金返し終えるでしょう。

潰れない自身はないけどね。潰れるのを期待して売るのはもはやギャンブルになってしまう。
(ホンダがバックに付いてるだけに、潰すのはしないんじゃないかな)

2014年12月9日火曜日

わけわからん前職

新天地は運送屋にいます。

でも運送のことはよくわからないですが、株のことはよく分かりますw

関連業種じゃないところに転職しているので驚かれたりします。
昨日も驚かれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕の知ってる人間にもいろんな人がいますね。

高校の時の物理の先生は、民間に務めた後、教職についた人でした。
原子物理学を収めた後、某防衛メーカーに勤めてたそうです。

本人は原子力発電をやりたかったそうですが、まかり間違えば「原爆」担当に回されるかも(あとで冷静に考えればそんなことはありえないそうなのですが)という考えが頭をよぎった一ヶ月後には会社をやめてしまっていたそうなw病んでいたんですね(^_^;)

一度ディーリングルームの隣に座っていた先物オプショントレーダーは前職三菱◯工の人でした。ロケット開発してたんだけど、リストラされたんで金融を目指したそうです。
まあ数学者は計算式には強かったらしく、カレンダースプレッドとか色々教えてくれました
そのカレンダースプレッドでえらいことになりかけたのですがw

その他、前職神主っていうのもいたな。ディーラー。この人は元々証券マンで、跡継いだけどやっぱり株に戻ってきた人。人生いろいろです。

協力しても恨まれるし、協力しなくても恨まれる、それが韓国クオリティ

韓国の平昌オリンピック開催問題はとにかく根深いものが有ります。

施設を作らねばオリンピックは開催できません。
しかし、今明らかなのは当初予定よりも明らかにお金がかかること。そして完成したとしてもその施設は将来大きな赤字を生み続けること。この二点です。

そんなこともわからないでオリンピック開催することにしたのかって?はい、分かってて見栄でw立候補したのです。アジアで二番目に冬季オリンピックを開催した国という名誉が欲しかったんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アジア危機の時を思い出します。

危機に至って韓国は最後の最後に日本に泣きつきました。日本は経済的な協力をして韓国の危機を抑える働きをしました。

しかし韓国の世論は「日本は最後になるまで手を貸さなかった」という捉え方をします。自分たちが短期借金を抱えて返せなくなった挙句、すぐに手をかななかったと日本を非難するのです。「助けてもらって当たり前(日本は戦犯国だから)」それが韓国クオリティ。

今回のオリンピックも、どうしようもならなくなったところで、日本が何らかの手助けをすることもあるかもしれません。しかし我々はおそらくこんなセリフを聞くことになるでしょう。

「日本は自分たち(韓国)が困っていることを早くから知っていたのに、最後まで手を貸さず、最後にやってきて美味しいところだけ持って行ってデカイ顔をする」

1万ウォン賭けてもいい。それが韓国。
---------------------------------------------------------
断ったら、断ったでファッビョーーン\<`Д´; >、/ってなるのは目に見えてるけどね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
想定ケースのその2

チョッパリ、冬季オリンピックの一部やらせて上げるニダ。代わりに東京オリンピックは共催にするニダ。もちろん「ソウルー東京」オリンピックニダね。

アーチェリーとテコンドーはソウルでやるニダ。サッカーもやってあげてもいいニダ。なんなら陸上の内、100はソウルで・・・・(以下略

ナッツリターン。透ける財閥支配への反発。

韓国を代表するフラッグキャリアな航空会社、大韓航空ですが、大韓航空は現在は物流大手である韓進グループの持ち株子会社として韓進グループの中核企業になっています。(大韓航空は元々国営会社だったのですが、長年の経営不振の後民営化されて韓進グループが「買い取った」形で傘下入りしています)。

さてそんな大韓航空、いま韓国世論の猛烈な逆風にさらされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ある日のこと。JFケネディ空港で離陸を控えた大韓航空の機内。飛行機は搭乗ゲートを離れ、滑走路脇の誘導路にいました。その時に、ファーストクラスのある女性客に、乗務員がナッツを出しました。



ところが乗務員はお皿の上に封を切らないまま、小袋のままでナッツをお客に渡したらしいのです。

これに対して客は激怒!!。乗務員に問い詰めます。袋のままでいきなりナッツを出してくるなんておかしいだろ!!どうなってるの

乗務員いわく「マニュアルどおりの対応なのですが」

客「じゃあ、マニュアルを持ってこい!!」更に激怒します。

乗務員は慌ててマニュアルの入ったタブレットを持ってきたのですが、怒られて緊張したのかどうなのか肝心の部分のマニュアルを開くことができません。

しびれを切らした女性客は、周りのお客さんが引くほどヒートアップ!。ファビョ―ンw
自分の名前をスタッフに名乗って機長に伝えさせます

「責任者(飛行機に搭乗している「事務長」)を飛行機からおろして交代させろ」

機長は命令に従い、なんと飛行機を搭乗スポットまで戻し、責任者を下ろしてしまったのです。

飛行機が一度搭乗スポットを離れて後に問題が発生して再度搭乗スポットに戻ることを「ランプリターンと航空業界では呼ぶそうです。韓国のマスコミではこの事件?を「ナッツリターン」事故と呼ぶそうな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実はこの女性客、大韓航空の副社長、チョ・ヒョンアさん(40)だったのです。韓進グループの現オーナー(会長)の長女にして韓進財閥創業者の孫。大韓航空では機内食の統括責任者。サービス全般も担当する役員だったのです。

だからまあ、きちんとサービスが出来ないスタッフに怒ることは分かります。(マニュアルでは、ファーストの客にはナッツが必要かどうか聞いた後、ほしい経営努力の一環でしょう。
しかし。。。
経営関係者が客がドン引きするくらい(しかも静かなはずのファーストクラス)で当たり構わず怒鳴り散らした上に、わざわざ飛行機をスポットまで戻して出発を遅らせたことが明らかになり(明らかになったのは労組がチクったかららしい)世論は副社長を非難する声が強くなっています。

政府は機長と副社長に対して航空法に違反していないか調査を始めるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世論の反発の理由にはもちろん、直接的に経営者が飛行機を遅らせたこと自体への反発も有ります。

しかしその裏に透けて見えるのは韓国社会では「血縁、コネ」があるものだけが出世できるというう財閥支配への不信感、そして支配者の気分次第でいきなり怒鳴りつけられ職を失いかねない不安定さへの不満です。(副社長自身はアメリカの大学を優秀な成績で卒業するなど、コネだけで出世したわけではありませんが)

韓国では財閥のワンマン経営が会社を強くしてきたのも間違いないですが、一方でこういう強いストレスに抑えられながら人々が労働させられているという鬱屈した物どもがあることもまた間違いないんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
普通の人なら、これだけの批判によって降格したりするでしょう。しかし彼女はオーナーサイドの人間。おそらくこのまま現職にとどまるものと見られます。それがまた「財閥にくし」の世論を呼ぶことになるんでしょうね。

2014年12月8日月曜日

今日の新天地にゃー



カメラ目線

長野ー平昌オリンピック???

2018年の冬季オリンピックは韓国の平昌(ピョンチャン)で行われる事になっています。

「なっています」と書いたのは、その実現性に???が灯り始めたからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも平昌オリンピックは「史上はじめて」国ではなく郡単位(日本で言えば都道府県、あるいは道州制単位かな)主催でのオリンピックとなります。

その意義は大きいのですが、国が一歩引いた形での開催のため、決定的にリーダーシップとお金が不足しているようなのです。

本来ならばすでに開会式閉会式の場所となるメインスタジアムの建設が始まっていなければいけません。(これはIOCの恒例の日程による)。しかし未だ着工されず。
さらにそり競技などの施設もまだ完成の目処が立たず。というのも開催場所の一つであるアルペンシアリゾートが赤字経営(もっと言えば潰れそう)で国営化するかしないかでもめるような状態に。それを認めちゃったら歯止め利かなくなるということで揉めに揉めてる状態で次に進まないのです。
-----------------------------------------
一部ニュースで出てきた「日本に一部競技を持っていく」という話はIOCから出てきた話。IOCはすでに韓国のオリンピック委員会を全く信用していない状態と思われます。
きちんとやらないんなら、共催、もしくは剥奪という脅しですね
もちろん韓国政府がお金を出してくれて準備が突貫で間に合えばそれでよしということなんでしょうけれど。

韓国が全世界的に失いつつある信用は巨大なものが有ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あと、残された時間は3年
。というかプレオリンピックを開催することを考えたら2年。スピードスケート会場など、いまだ着工されていない会場さえ有ります。突貫工事をすれば可能でしょうが、そうなると建設費は「時間代」こみで更に膨れ上がることに。

どっかに泣きつくか、国がお金とリーダーシップを提供して何とかしないといけない段階に入ってはイます。

日本に頭を下げては。。。いやわからんなw

2014年12月7日日曜日

折り畳み式です

折り畳み収納中です。
おこさないでくださいにゃー