2014年10月11日土曜日

これだけでもiPhone6Plus買う価値があるな。

新天地、iPhone6Plus、発売日に買いました。前回持ってたスマホの性能から見ると2年半分くらいの進歩があり快適。画面も大きくなって株の注文もまずまず快適にこなせるようになったのがいいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これを買うことでまあ数万円のお金がかかるわけですが、僕は2つのソフトを入れただけで「元はとれたかな」と思ってます。

ひとつは「万歩計ソフト」の「Walker M7というソフト。iPhone6には加速度を図るチップが入っていて(あとGPSも使って移動速度を算出)それを使って歩数と消費カロリーを毎日自動的に記録してくれます。ウォーキングやジョギングでダイエットしたいと思ってる人にはかなり便利な無料ソフト。


もう一つはベタですがヤフーカーナビ。数万円クラスの持ち運び型カーナビとほぼ同等、もしくはそれ以上の検索をしてくれますね。少なくとも新天地が活動する範囲では、PND型カーナビは不要という結論です。これを車内に固定する仕組みがあれば、コトは済むかも。優秀です。

5.5インチの表示の大きさは馬鹿にできんなと。


iPhone6Plusの勧めでした。

履歴書ついでに

新天地は実質的に3度ほど首になってます。

一回は社員ディーラーやってた時に「ディ―ラーやめて営業いけ」と言われたんですな。

僕より稼いでない人いたのにwと思いましたが、お前のほうが人を騙して株買わせるのは上手そうだ、と言われた時はうーん、当たってるとは思いましたが。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんとき、某所で知り合いだった人が自分の会社でディーラー募集してたんで拾ってくれたわけです。短いような長いような契約ディーラー人生の始まりでした。

拾ってくれた人がいいました。契約ディラーってのは「ヤクザな人生だからな」。もう一生出世できないし、「ボーナス」ももらえないぞw。で、履歴書と職務経歴書は半年か毎年ごとにアップデートして作っとけ。いつ首になってもいいようにな。毎月必ず200万円以上プラスにしとけ。大きく儲かったり波があるやつよりコンスタントに儲け続けるヤツのほうがいいんだから。。。

雇ってもらってすぐに首になった時に備えろとはwトホホと思いつつ、その助言のありがたみを何度か実感することになるのでしたw。

いまは業界離れたからどんなんかしらんけど、ディーラーってどんな生活で何人位いるんでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その拾ってくれた人も今では業界から足を洗って田舎に帰ったと聞きました。
どこで何やってるんでしょうね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いきなりこんな話を書いたのは、奥さんが履歴書書くと言い出したから。

奥さん、自分の特技というか資格でもないけどそれを生かして在宅のお仕事を始めたいそうです。で、その在宅ワークの会社に履歴書持って面接行くと。

奥さんは学校出た後、すぐにお父さんの会社に入ったので、履歴書書いたことないんだそうです。僕なんかヘタすると数十通?書いたのにw

職務経歴書は書かなくていいそう。履歴書、どんな風に書くんでしょうねw
(奥さん、自分で会社も持ってます。そういう場合は職業履歴に「社長就任」とか書くべきなんだろうか(^^)

お前のせいで、決算の数字変わってくるんだぞ!!

もう時効?の話かな。

3月末の半ばも過ぎた頃、新天地は調子に乗って一時間で150万くらいふっ飛ばしたことがありました。担当の役員に呼び出し食らうと一時間位怒られました。

普段ならまだいいよ!。今月は決算だからある程度数字まとめてあるんだよ!お前みたいのが150万とかトバしてたら、決算の数字まとまらんやろが!。来年の更新(一年ごとの契約でした)考えるからな!(一応、契約は更新する予定だったけど、まだ印鑑を押してない状態の時の話です)

まあ、しょーがないなー。次探して履歴書かくかなーとお気楽に考えながらディーリングルームに戻ると、5時前にも関わらず、(その時の会社は、伝票印刷してバックオフィスに出したら帰ってよかった)心配した上司がまだ待ってました。

「どーした?首か?」

首とは言われなかったけど、契約考えなおすって言われました。


って答えると、かれは言いました。心配すんなって。おれが何とかしてやるから。

ああ、役員に掛けあってくれるのね、そう思ったのですが違いました。

次の日上司は僕の机に来ると「ちょっと端末かせ」といって先物を売っていきました。枠いっぱいw
ああ、触るなよ。大丈夫だからw

新天地は悟りました。「こいつはー」と思いましたがよほど自信が遭ったんでしょう。
しかして相場は上司の読み通り。150万円取り返してお釣りが数十万たまったところで上司が来て「あんまり欲張んなよ。不自然だから」

(すでに目一杯不自然です)

新天地は言葉の意味を悟り?黙って買い戻したのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果、色々言われましたが新天地は無事契約更新をし、時代はITバブルに入っていきます。
あの自信は一体何だったのか?今でも先輩は教えてくれませんが。。。

上手い人間は本当に上手いんだなと。そしてその時気がついたんですが、その上司、要するに普段は全力でやってなかったんですな。本当は枠いっぱい目一杯勝負できるけど、ストレス溜めたくないからかちょろちょろとしか相場はらない。稼ぎはトップクラスで負けも少ない。

あー、同しようもない腕の差があるんだなと思い知らされた出来事でもありました。

2014年10月10日金曜日

NYダウのチャート

ダウのチャート
この前も書いたけど、ダウの上げは「一直線と見せかけてよく見ると「放物線」(二次曲線)なんだよね。時間の経過とともにか、あるいは十分に上げきったからか、上昇ベクトルが一定量あるのに対して下押しベクトルが漸増し、上値を抑えてるんだろう。やがて下押しベクトルが上回ることで相場は下げに。。。この前の高値がまさにベクトル同士が均衡する「頂点だった」と僕は考えます。

あとは下げに転じるだけ。そして歴史的高値まで5年もの長きにわたって上げ続けてきたのですから、下げはそれなりにきついものになるでしょうと。

下げを緩和すべき財政出動も、金利操作も「手を打ち尽くした」現状ではこれ以上の痛みを和らげる措置は取りづらい。外を見れば中国ロシアヨーロッパ、日本、全てが危うい。新興国も資金流出にあえぐ。

ならば最悪の結果を予想するのも無理は無いんじゃない?と。。。
25週移動平均、50週移動平均、ともに今までは「サポートライン」として機能してきました。これを割っていくようなら、僕が予想する「暴落」ということになるかもしれませんね。

はてさて。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戻っても17000まで。もしも17000まで戻るようなら、ショートで大きな勝負したいですね。

レバレッジ投信、案外いいかもね

さて、新天地。下げを予測していつもなら先物を売るわけですが、資金繰りの関係もありw今回は「インバース」と言われる種類の上場投信を「買い」ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インバースというのは直訳すると「逆転」ということになりますか。株の世界でインバースといえば色々意味がありますがここで言うインバースというのは「大元の指数が上がったら、その投信の価格が下る」という意味での逆転というわけです。

細かい説明は省きますが、例えば225のインバース投信なら、(簡単に言うと)大元の指数が10%上がると、インバース投信の理論価格は10%逆に下る。(市場価格はあくまで理論価格を意識しながら参加者が売買で決定します)。

さらに僕が買ったダブルインバースという225投信は225が10%上がるとレバレッジを聞かせて20%下がる(逆もまた然り)。現物売買でありながらレバレッジをきかせて取引が行えます。(さらに信用取引でレバレッジを増やすこともできます)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先物を取引する場合と比べて良い点は
1少額の資金からできる。
2先物の口座や信用取引の口座がなくても取引できる
3損益通算が株と同時に出来る。

ですかね。敷居が低い。特に相場に張り付いていられない人にはちょうどいい感じかもしれません。

悪い点は
1コストがかかる(年0.8%ほどを投信運用会社に日割りで払う形)
2先物に比べれば流動性がはるかに低い。売買のたびに損失ロスのリスクを抱えることになる。
3その商品が元商品から導き出される理論かちから離れていく可能性が増える。過去にも連動投信でえらいことになった商品はある。

かな。
よって
1少額のお金で取引する人、あるいは複数の口座を持ってて先物ができない口座とかでショートを作りたい場合。先物や信用取引は危険なので手を出したくない人

2損益通算を意識する人(ヘッジポジションはどっちかが損失になるわけで)

3長期ではなくある程度短期でポジションを作りたい場合。(指数との連動性がなくなっていくリスクを考えたり、0.8%のコストを考えると長期保有は不利かな。)

というところですかね。
今回僕がかった225のダブルインバースなら程よくレバレッジもきいてるしそこそこ流動性もある。現物買いだけでも「ショート」なポジションを作れるという意味でもっと人気が出てもいいような気はします。世の中の人、皆が皆先物や信用取引をするわけではないですしね。特に主婦や学生さんは先物とか信用をやるべきではないと僕も思います。

現物でダブルインバース買うぶんには元金以上の損は出ないです。こっちをおすすめします。

300ドル安は下げたうちには入らないから。

繰り返すのと、新天地が予想しているのは「暴落」(もしくは急落)

300ドルはたしかにキツイ下げだけど、「暴落」には当てはまらないから。


新天地の予想が当たるのかどうかはわからん。でも予想が当たったとしたら、300ドル安なんて可愛いもんだと思うことになるでしょう。それだけは書いておきます。

それでもまだ信用買持ちますかそれともry。7営業で200ドル以上下げた日が何日あるだろう?

今までの上昇相場でそんな「おや?」と思う日足が何回あったか数えてみれば良い。
相場は明らかにおかしい。割れ目からガスが出て、カルデラ湖は白く濁っている。もちろん噴火しないかもしれん。でもそんな時にわざわざ山頂にいる必要はあるまい。テレビカメラで遠くから眺めているのが正しいと僕は考える。

正しくないと思うなら山頂に出ればいい。止はしない。

韓国。忠告をしてくれる友人がいない国。

韓国の検察が産経新聞の元ソウル支局長だったかなんかを起訴。

検察によれば、彼の記事が韓国大統領の名誉を傷つけたらしいけどw一般的に見ればどう考えても「韓国では報道されなかった記事で、国外の会社の報道関係者をいきなり出国禁止処分にして起訴する」ほうが韓国という国全体の名誉を傷つけているのは明らか。

日本も産経新聞も起訴前から抗議の声(起訴するなよ)と言ってたけど僕から見るとダチョウ倶楽部が熱湯コマーシャルに出演してた時に「絶対押すなよ、絶対押すなよ」とお約束のフリをかましてた時とダブる。起訴してくれてガッツポーズしてたんじゃないだろうか?世界に向けて「異常なのは韓国なんですよー。困ったもんですは。」という口実ができた。ここで日本が強硬姿勢を取るもよし。大人の態度を取るもよし。日本にとっては不利にはならん。産経もあれだけ名前を売れば良い宣伝だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんで韓国検察がここまで強硬かといえば、明らかに大統領府の意向があるからだろう。韓国の検察庁は相当逡巡したと言われている(起訴まで時間がかかったのは慎重をきしたからとも)。

にも関わらず起訴に踏み切ったのは大統領府の強い意向とも、あるいは意向はなかったとしてもそのチカラを恐れたからとも。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当の友人なら、「そんな馬鹿なことをすれば恥をかくからやめなさい」と忠告してくれるでしょう。だれも忠告しませんでした。なぜなら韓国には友人がいないからw

なんでそうなってしまったかというと韓国の国民性でしょう。彼らは自分たちの耳障りのいいことを言わない人間は徹底的に排除するから。「耳を貸す」っていう言葉がハングルにはないんですね、きっと。

例えば、韓国にもたくさんの外タレがいますが(日本人もいました)ちょっと韓国の悪い点を言おうもんなら「裏切り者」として徹底的にバッシングされ国外追放に。指摘されて治そうという気持ちよりも指摘されたら寄ってたかって指摘した人間を袋叩きにします。

忠告する方だって気分よく忠告するわけではありません。気が重い中で、でも友達だからあえて苦言を呈するわけです。それが「どうせあいつには何言ったって罵声しか帰ってこない。ならば距離を置いて離れてつき合うほうが楽だよね」ということになるでしょう。

本来、アメリカあたりと本当に良好な関係が築けているなら「起訴は絶対やめたほうがいいよ。恥かくのは韓国だよ」くらいの忠告はウケルと思うのです。忠告を受けて最悪の一手は打たない。それが朴槿恵政権にはできない。

一時が万事です。これからも彼の国は最悪の手を選択し続ける可能性がある。
それは頭の片隅においておくべきでしょうね。

2014年10月9日木曜日

文系理系論と対価

僕も姉も文系の人間。法学部でてる。

しかし僕は投資の仕事してたし姉は特許のお仕事なのでそれなりに理系の勉強もしてきた。(えらいよなあ)

こんな話をしたことがある。、姉いわく、日本のメーカーは一部の理系の知能に依存してて、文系の人間はそれを搾取して食ってる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあどこまで本当かわからんけど、たしかにそういう面があるかもね。開発者がいなければ会社は滅ぶ。。。

いま話題の特許の報酬というのはそういう面があるかもね。

変わらないものにも栄枯盛衰はある

新天地はよく、「自動車において内燃機関はモーターに取って代わられる」論を書きます。それはデジタルカメラにおいてフィルムがC-MOSに取って代わられたのと同じだと。

フィルムを作っていた会社は倒産か業態変更を余儀なくされ、デジタルカメラはデジタル部分の比率が高くなり旧態のカメラ会社の少なくない数がカメラから撤退していきました。そして残ったニコンやキヤノンさえ、苦しんでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
C-mosが売上を伸ばしただけでなく、それらの周辺も大きく市場を拡大したわけです。プリンターや半導体、映像をいじるソフトその他云々はデジタル化によって大きく売上を伸ばした。

一方で町の写真屋さんなんかに与えるネガティブさも半端無かった。周辺に与える影響ははかりしれんと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自動車関連で言えば「置き換えられるもの」は投資にむかん!

じゃあ置き換えられないものといえば?

いくら科学が発展しても、タイヤ、ホイール、サスペンションだけは無くならんよと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じゃこれらの会社が盤石かというとそうでもない。

タイヤは韓国や台湾の追い上げが激しい。

サスペンションは欧州に追いついてない。

ココいちにねん、それが顕著に感じられる。このへんの数字を敏感に見ていくと空売りチャンスがあるかもね。半導体の会社が消えていった雰囲気がこれらの会社にはある。1995年当時、日本の半導体会社が消え去るなんて話をしたら変人扱いされただろう。

しかし、いまに自動車部品業界にはそういう雰囲気が少なからずある。円安に隠されてるけど競争力に不安を感じるのは僕だけではないはずだが。

2014年10月8日水曜日

弱気全く変更なし。暴落起きた時に怪我しませんように

当たるかどうかはわかりません。掲示板でもお前下手くそと罵られたとこですしw

でも。首相が変わったときに「ストロングバイ」といった時と同じくらいの確信度で、今の相場は「急落の可能性が非常に強い」と思っています。

そもそも思い出してもらいたいのですが、相場が上がり始めたらその寿命は二年くらいじゃないか、と書いた記憶があります。その二年がもうすぐ来るということです。

信じるも信じないもあなた次第。僕の奥奥さんは(一応信じてポジション減らした後)「下がらないじゃん。売って損した」とか言ってました。

そのうち僕の言葉が正しかった、ということになることを期待しておきましょうか。


少なくとも過去2年間よりは「上がる確率が下がり下がる確率がました。暴落もありうる」ということは賛同してもらえるんじゃないでしょうか?じゃあ過去2年儲けた人はここは雨宿りしておくべきなんじゃないの?と。僕はそう考えます。

僕はブラックマンデーもバブル崩壊もアイティーバブル崩壊も、リーマンショックも身をもって体験してきました。人の金ですが一日200万円すっ飛ばしたことも有ります(自慢すなw)

そういう阿鼻叫喚が起こりうるとおもっています。今夜かも知れません。
ここを見てくれる人には「そういうふうに考えている人もいる」とだけは覚えていてくれれば。

絶対に下がるとはもちろんいいませんが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、ここでこんなことを叫んでも実は意味ないことなんです。親愛なる読者がこれを信じてポジションを軽くして、仮に本当に暴落したら、そのウリを買ってしまう人がいるわけで。

僕が「逃げろ」と喚いていることは誰かを助けたとしても、代わりに誰か死ぬ。
そう、僕がここで叫んでいるのは、当たったら自慢するためw

外れたら知らん。その意味では「富士山、噴火します」と言っている予言やさんと同じか、それより無意味かもしれんね。

繰り返します。損するのはその人の勝手。ただしリスクをよく考えて。信用買なんてもっての外ですぜ。

一年に一回しか仕事しない

自分の姉はどっかの会社で社内弁理士をやってます。(事務所名義でしか仕事できない行政書士と違って、弁理士は企業に所属して仕事できます。ただし、その会社の仕事しかできませんが)

夫婦で同じ会社に務めているのですが、旦那さんが冗談でこんなことを言ったことが有ります。



「姉子(仮名)はいいよなあ。年に一回しか仕事ないから」


どういうことかと聞くと、その会社の特許成立を全部調べて、年に一回その特許に関する社員の貢献度を調べて、報奨金や昇進の査定をするのが年に一回(その間は労働法違反の労働状態になるそうです)。その仕事がメインでしょ?と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそもそんな仕事が独立してできたのは例の青色LEDの訴訟が起こったから。
それ以来姉の会社でも大きな特許には数千万とかヘタすると億のお金が払われるようになったとか。

その匙加減(もちろん決済の判子を押すのは役員だが、数字を確定するのは姉の仕事らしい)って怖いよねーみたいな話をしてた。確かにその匙加減で発明者の人生変わるもんな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも姉が弁護士を目指さず弁理士をとったのは叔父が弁理士だったから。

叔父は某食器メーカーに勤めてたが、自分が社内で発明した特許の対価をほとんど受け取れず(なにせ40年以上前の話し)特許に興味を持ち、自分が弁理士になってやる、と一念発起して弁理士なった人。特許に絡むお金のさじ加減はやっぱり難しいですね。

ノリ◯ケの食器は絶対に使わん!wっていうくらいその会社きらいやもん。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いまは揺り戻しで、今後は会社に有利(特許はあくまで会社のものというか、対価はそんなに払わんでええよ)という流れが来るところ。
短期的には企業の負担が減るわけですが、いみじくもLEDの人が言ったように「日本の研究者は発明してもボーナスがちょっと増えるだけ」ということになれば優秀な人はどんどん外に出ていくだけ。

身内二人の実例を見るに考えこむのでありました。

総合医療センター

F1の事故。ドライバーは四日市の総合医療センターに運び込まれた。

海外の報道では、「田舎の場末の病院に担ぎ込まれた」というような否定的な報道があるようだが、三重県の病院としてはもっとも高度な治療が出来る病院。自分の父親が倒れた時もここに運び込んだ。おそらく、三重県で偉い人が倒れたらヘリで皆ここに運び込まれる。

いや、無事を祈る。

2014年10月5日日曜日

避難訓練。。

自治体と地区会合同の避難訓練があり参加した。
地震の際は近くの小学校が避難先なのだが、試しに避難経路確認してねという企画。さらにAEDの使い方、三角巾の使い方、タンカのつかいかたの講習など。

正直知らない事ばかりで非常に有意義だった。
これは、みんな知っておくべきですね。あとでいろんなリンクを貼っておきます。

さて、あたりまえのことだが、いざ避難するとなると
場所があまりに狭いという事実に今更ながら愕然とする。

一畳に2人がやっと。おそらく本当はもっと狭いだろう。
大事なのは耐震の自宅かもね。

そして火事を出さないということ、近所さんとの協力関係の大事さなどなど。

とにかくかんがえさせられた。

みんな、自治体の避難訓練、絶対参加すべきです。いざと言うとき生き延びる可能性を上げるためにも。