2014年6月21日土曜日

着せ替えられる車

ダイハツから新型のコペンが発売される。

先代のコペンはスポーツカーを持たないダイハツが念願のスポーツカーとして発売した車。経営を支えるような、大量に売れる車ではないが、日本でしか売らない、そんなマイナーカーとしてはなかなか販売台数を誇った。

今度のコペンは先代に引き続き、電動で開くハードトップを持つ小型オープンカーという世界でも類を見ない企画を実現、さらにドアを除くボディ外板をそっくり交換できるという世界でも初めてと思われる機能で話題をよんでいる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうなると腕に覚えの有るデザイナーはコペン向けボディを作って売り出す可能性も。強度はシャーシーだけで担当できるのでデザインの自由度も高いはず。「ぼくのかんがえたせかいさいこうのすぽーつかー」というのが現実的にも可能になります。鉄で作る必要はない。プラでもいいのです。あるいはカーボンで超軽量(見かけはレーシー)なんてボディも出てくるかも。

僕のふるさと亀山アタりの町工場にいけばレーシングカーの外側だけオーダーにちかい注文で作ってくれるところもあるそうだから、世界で一つだけの車を作ることだって。

ちょっとコペン欲しくなってきた。軽自動車だから維持費が安いところが魅力
一方で2人乗り、狭いから奥さんには猛反対されるだろうなあw

新天地、競馬で読みが外れる

競馬

阪神競馬の新馬戦で「ボクノナオミ」号(これが馬名なんです)が優勝。見事なもんです。


さて新天地の予想は外れました。こんな名前をつけるのはきっと「小田切」オーナー(かこオレハマッテルゼやエガオヲミセテなどを所有)だと思ったのです。しかしネットで調べたら塩澤正樹という別の方。

予想大ハズレなのです。。。

おまけ
ボクノナオミは父方母方共に祖父祖母ともにアメリカ生まれのダート血統。これはいまどき珍しいかもしれませんね。徹頭徹尾チカラ馬です。更に血統的に「面白い」のは父馬ゴールドアリュールの母の父、ヌレイエフと母親ドゥーアップの父ジェイドロバリーの掛けあわせ、いわゆるインブリードの近親交配。

というのもヌレイエフとジェイドロバリーの母馬ナンバーは父母が同じの全兄弟。競走馬の世界では、5代前までに同じ馬が入る近親交配をインブリードというのです。同じ遺伝子が父母から導入されることで優れた遺伝子を持つことができるという考え方からこういう配合がされます。しかし近親交配は遺伝病につながったり体質の弱さにつながります。そこでその悪影響を避けるために、同じ馬が血統表に並ぶように配合するのではなく、同じ遺伝子を理論上持つ兄妹馬を組み合わせることでインブリードの良い効果を狙いながら悪影響を避けようというのです。もちろん、そのためには優れた兄と同じくらい優れた全兄弟の姉や妹が繁殖として成功していないとダメですが。。ナンバーはジェイドロバリーという優れた種馬を産んだことでこの組み合わせが可能なのです。

更には別途ニジンスキーの4✕5というクロスが発生する多重クロス。優れた種馬の遺伝子を再度発言させようという強い狙いを見て取ることができます。ギャンブル職の強い配合とも言えるでしょう。

実質的にはヌレイエフの3✕3という非常に強い近親交配をもつ組み合わせながらその悪影響を避けたいというややクラシックな(いまはこういう考えがあんまり科学的ではないという感じなんですかね)血統論により生まれた配合、珍しい組み合わせと言えましょう。種付けした牧場の人が頭を悩まして出した配合でなかなかおもしろいと思いますけどね。

新天地の血統論でした。

奇跡を祈ろうではありませんか。

サッカー
勝てる試合を逆転負け。10人相手に引き分け。

本来なら2勝しててもおかしくないところが、2敗。(訂正。1敗一分けですね。)今度の試合に勝っても勝ち上がれるかは微妙。

でもまだ日本は「ついている」んです。

というのも。。最終戦の相手コロンビアはすでに予選通過が決定。予選最終戦の後中3日で決勝トーナメントに出ることが決まってます。常識的に考えれば「無理をして疲れを残したり、主力を怪我させたくない。まだ試合に出てない選手の試合勘も取り戻したい」ので1.5軍くらいの選手で試合に臨むはず。

さらに、もし日本が勝ってもコートジボワールが勝つと日本の進出はありません。しかしながらコートジボワールの相手ギリシャももし勝てば予選勝ち上がりの可能性があります。コートジボワールは「消化試合ではない」戦いを強いられるのです。その意味では日本は「ギリシャ戦勝たなくても良かった」という意味があります。ギリシャが負けていれば単純に消化試合になり、コートジボワールがろうせずに勝利する可能性もあったからです。

奇跡を

そりゃ、メンツを見たら、コロンビアの2軍相手でも日本が勝てる可能性はかなり低そうだけどさ。。。窮鼠猫を噛むという話もあるし。

旭日旗振って応援するのだ。


GK川島の言うように奇跡を信じないものに奇跡は来ない.


God helps those who help themselves.

中学で習った例文を今更ながら思い出すのでありますた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに。株の世界では奇跡を祈っても奇跡は来ません。念のため。
損がかさんだ時に一発逆転を狙って大量買しても上がらないんですなw

天皇制

天皇制は天皇が作ったものではない。

天皇という権威を利用して人を服従させるために作った制度だ。

天皇というものに対してもちろん尊敬は抱くが、てんのう以外の人が天皇制度を崇拝せよという言動を行っているのを見るとへどが出たりする。


そんな今日このごろ。

天皇を敬うことを強制する人間の衣の下には、人を自分たちの支配下に置きたいという鎧が隠れていることはお忘れなく。

まあそんなことを知らずに他人にそういう思いを強制するアホもいるけどね。そういう人間たちを増やすことも鎧を着た人間の考えることなのだと。

サムソン電子の調整つづく。

さて日本やアメリカの株は比較的好調ですがダメダメな株が韓国にあります。

我らのサムソン電子です。

サムソンの株価は1,301,000 KRWで金曜の取引を終了。金曜日の下げは1.66%と強めの下げ。さらに言うと木曜日は2.6%のさげ。2日で4%、遡れば14営業日で10%を超える下げになっています。

理由はいくつか上げられます。目立つのはやはり最高責任者イ・ゴンヒ氏がたおれたことでしょう。心臓停止まで至った彼は救急処置が間に合ったことと、サムソンが誇る最高の医療スタッフと設備のお陰で命は取り留めたもののいまだ復帰の目処は立っていませぬ。

さらに主な利益を上げるスマホ市場の競争激化。止まらないウォン高。フェリー沈没による韓国経済の停滞。あるいはMSCIが今後数年間、韓国市場を先進国指数に組み入れることを見送ったこと(韓国の外人株主に対する保有規制などのため)。悪材料はてんこ盛りでした。昨日今日の下げは「下げたから諦めて売ってきた」売りが下げを加速させた面もあるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やや下げのペースが早かったとはいえ10%ならまだ調整の範囲内でしょう。ここからサムソンが大きく崩れるかどうか?韓国株式市場の時価総額の2割だかを占める銘柄だけにその帰趨が注目されます。

以前(10年前)はサムソンの株価に日本の電機株への先行性が見られたもんですが(これ僕が発見した)、いまはそういうこともないですけどね。

韓国最大の社内恋愛?少女時代テヨンの熱愛発覚

日本では「寒流ブーム」のお陰でめっきり姿を見なくなりましたが(とは言いつつ今もコンサートのために来日中)、少女時代の「リーダー」テヨンの熱愛発覚が韓国の芸能面のトップを連日飾っています。少女時代といえば、メンバーのユナの交際が元日に発覚。更にはずっと事務所が否定してきたスヨンと俳優チョン・ギョンホの交際を今年1月に事務所がしぶしぶ認めたり、と「事務所のコントロール」が完全に聞かなくなってきていました。さらにテヨンの場合は別の理由から驚きを与えています。。。というのも・・・。

テヨンの相手は三歳年下の売りだし中のアイドルEXO(EXOは中国人4人と韓国人8人でなる男性アイドルユニット。韓国中心に活動するEXO-Kと中国中心に活動するEXOMからなる。このへんは日本のジャニーズやAKB商法の影響を受けているとも)のベッキョン。

アイドルとアイドルという組み合わせは過去にもあったわけですが、今回のケースは「同じSMエンターテイメント所属」というところが話題。比較的恋愛に厳しい大手SM傘下のアイドル同士が事務所の目をかいくぐって熱愛発覚というのだからこれはなかなか。マネージャー同士何してたんだという話です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話しによれば元々テヨンのファンだったベッキョンがまだ無名時代からレッスンなどで接点を持つうちに交際に発展したという話。お仕事の間柄から指摘な交際が始まるというのは一般の会社ではよくある話かもしれませんが、芸能界、ましてや教える側が教えられる側に手をつけちゃうとねえ。。事務所としては両者とも売上の多いタレントだけに頭がいたいでしょう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、今回のスクープキス写真を出してきたのは、韓国の「インターネットメディア」であったことも少しおもしろいですね。日本でもフライデーに代表される写真週刊誌というものが一時代を築いたわけですが、あちらの国ではすでにインターネットがゴシップの主力を担うように。日本でも週刊誌が電子媒体にかわられる日が近いのかもしれません。みんな本ではなくタブレットで読む時代に・・・・。


それにしてもベンツのオープンカーで美男美女がそとでキスしてたら目立ちますわな。まるで撮ってくれと言わんばかり。案外「隠すつもりがなかった」のかもしれません。

2014年6月20日金曜日

それでもまだ「ライン」を使いますか?

ラインといえば韓国のソフト。日本人の5000万人が使っているとも言われます。

新天地は当たり前ですが「絶対に使う気はありません」。なぜか?そんな韓国のソフト、韓国政府が傍受し放題だと思ったからです。

と思っていたら。。。本当に傍受してやがりましたw


まだラインを使いますか?まだ新規上場するラインを買おうと思ってますか???
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国に傍受されるってことは中国政府に流れるのと同じですからねw


まだ使い続けるのは情報弱者ですな

まあ携帯電話だって傍受されてるんでしょうが。。。

2014年6月19日木曜日

リバースアイランド

チャートにリバースアイランドというのが有ります

チャートの高値圏で窓を開けた上昇の後もみ合い、最後に窓を開けて下げに入るパターン
天井示唆及び強烈な調整の可能性を示唆する売り方にとっては天国の島です。

こんなの
窓をあけて天井を付けたのが過熱感の現れであり、買われすぎた反動で窓を開けて下げる。結果取り残された「離れ小島」をおいておいて株価は下げに転じる、と


さて

しつこいですがハピネットです。(石を投げるな石を)

窓を開けて史上最大の出来高を伴って最高値を付けた後、出来高の減少を伴ってもみあい。はらみながら陰線。十字足、さらに次の日下げを示唆する小幅陰線。今日は窓を開けて下げて始まったところはまさに売りの急所。力いっぱい全力で空売りすべきところでした。これhあ結果論ではなくリバースアイランド形成を予測した売りになるわけです。

おそらく明日下げて来週は戻すところもあるでしょう。でも戻したところは絶対に空売りすべきところ。僕のように空売り玉を持ってる人間は種玉をどこまで引っ張れるか。。。
理想は1200円まで下がるですが、さすがにまだ何ヶ月も掛かるでしょうかね。

日機装の三角保ち合い上放れの妄想

日機装(しつこいとかいうな)月足です。
ご覧のとおり2008年にリーマン・ショック来の安値を付けた後継続して上昇トレンドを描いています。この間ずっと売上が伸び、実質益も伸びてます。四季報の数字はそれほどでも?と思うかもしれません。でもこの利益、年間75億の設備投資を行いながらの数字。しかも中国では合弁も手がけています。いま伸び盛りなわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひと目で見てわかるように2011年の急騰をきっかけに「三角保ち合い」に入っています。持ち合いは終局に近いようです。ファンダメンタルを考えるなら上!(ポジショントークともいいますがw)

参考
三角保ち合い
 

高くなったら売ろう、安くなったら買おう、そんな人達の存在が値動きの幅を狭めていく。そしてエネルギーが溜まったところで上下どっちかに大きく放れる。これが三角持ち合い。どっちに放れるかはわからんけど、いまの状態からいけば上かなと。

抜けたら大きんだけどなあ。抜けれればね。

はらみ足。と前の高値。

ローソク足は非常に簡便な足です。誰にでも読めて(そもそも米相場において丁稚にも理解できるように考案されたと言われています)わりかし的中率が高い。それはローソク足が集団心理を示しているからだと思います。

さておき。

高値を観測する方法の一つとなるローソク足にはらみ足というのがあります。

高値圏では「陽の陰はらみ足」というのを見ましょうか。

相場の上昇が続いた後、高値圏で文字通り「陽線」を描いて次の日、あるいは次の週、次の月、次の年、(日足、週足、月足、年足)、陰線を書くのですがその陰線が前の陽線の始値と終値の間にあるようなチャートです。

某所から無断転載。この場合は日足での説明ですが、これはもちろん週足でも月足でも有効です。これが「連続して上昇が続いた後の高値圏で現れると「天井の示唆」あるいは少なくても小休止の示唆となります。
仕手株においてはわざとこういう形を作って売りを誘うという高等戦術もあるそうですがそこは無視して考えましょうか。

解説で言えば上昇が続いた後値段が上がったことで売り方の勢いが買い方を上回り相場ができなくなった状態、と言えましょうか。

大事なのは連続して上昇が続いた高値圏(できれば目に見えて出来高が増加したような活発な商いを伴った陽線の後で)で観測すれば、少なくとも買い方は利食い売りを考えるところ。新天地のような売り屋さんなら売ってみるべきところです。基本的にチャートよみは順張りのトレンドフォローの作戦が多くなります。ソッチのほうが勝率は高い。天底を当てに行くのは例外的手段。
しかし出来高の極度の増加を伴う上昇においては包み足やはらみ足の出現というのは天底を推し量ってかちその近辺でドテンを入れたりあるいは自分の身を守るという意味で非常に有意なシグナルです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しつこいですがハピネットです。もういいわと言わず、お付き合いください。そういうサイトです。
 


連続して上昇(しかも出来高を伴う)陽線の後。陽線が短くなり売り圧力を示唆。その後「陽の陰ハラミ」という足が週足でできつつあります。(木曜と金曜を残していますが)。
もしも今日明日出来高を伴って大幅上昇しなければ非常に弱い足ということに。なにせ短期間で株価が倍増以上に買われていますからね。

売るなら、前週の陽線の終値辺りをストップロスにして守りながら空売りすればいい。本当にこれが天井なら来週以降陰線を書きながら下がっていきます徐々にストップロスを下げながら下げのトレンドをフォローすればいいのです。数ヶ月にわたってジリジリ下げ今年中に1200円を割って来年中頃までには1000円位まで下がるかな。そんな感じで見ています。(下がればですが)

え?上がったら?
売り禁になるのが嫌なので両建てにしてさいど次の天井を探りましょうかw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてもう1個おまけです。
ギャンは過去の天底に注目しろと言っています。過去何年、あるいは何十年にわたって株価の天底を確認するのは意味のあることだと。その高値自身、(安値自身)が今度の相場の高値安値を決定することが有る、というのです。さらにギャンはそこから発展させて過去の高値や安値の50%とか200%などにも抵抗線や支持線となる可能性を見出しています。

難しいこと(でもないか)はギャンの解説本を読んでいただくとして、過去の高値を観察し、その値段まで来たら相場の抵抗線になる可能性を考えるのは大事なこと。さらいギャンいわく、その高値を出来高を伴って越えて行く時「大きな上昇となる可能性」があるとしています。今まで抜けなかった高値を抜いていくにはそれだけ大きな理由、エネルギーが必要だし、抜けていったということはそれだけの大きな力を持っているので大きな上昇が期待できると。

しつこいですがハピネットの長期の足です

リーマン・ショックの前に一相場作っているのですがその時の高値が1800円がらみ。月足の終値での高値が1750円位。今回も1750円に到達してきたところで一旦は上値を抑えられた形になっています。「前の高値」が今回も相場の転換点になりうるケースと言えましょう。

今回、この高値が100パー「効いた」かどうかはまだわかりませぬ。しかしながら「天井」が見えないような急上昇において、利食い売りをする一つの目安になってくれることは間違いありません。

あるいは糞!なんでこんなに上昇するんだよ!ムカつく!絶対から売りでとってやる!
と喚く生粋の売り屋さんならばここらへんで天井つけるかな?という相場に入っていく目安の一つとしても使えるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何度も書くようですが、チャートの「サイン」というのはひとつ現れたからといってそれが絶対というわけではありません。ハピネットのような小型株ならなおさら。少数のお金持ちの意見が優先されるからですw
しかしながらこのようなサインが「複数」でる。さらには出来高の増減がはっきりわかる。

そんなケースでは貴方の判断の助けになってくれるでしょう。

このまま数ヶ月にわたって下落して行ったら褒めてください。そしてギャンや本間宗久の思いを馳せてくださいな。。

(書かなくていいおまけ)
はらみ足とか「前の高値を見ろ」というのは本間の研究者やギャンの実践者にとっては「初歩の初歩」。もっともっと複雑なチャートの見方を研究する人が多く「新天地、何偉そうに語ってるの?」という人のほうが多いでしょう。

ただ、ギャンアングルを毎日書くのは面倒臭いし、信者でもない人がそんな複雑なテクニックを覚えて実用するのは無理がある面もあるでしょう。しかし今日書いたような話は覚えていればチャートをささっと操作するだけでどんな銘柄でもいつでも使えます。世界中のどんな相場ででもです。パソコンなりチャートブックなりがあれば。

そして非常に有意なのです。100パーではないですが必ず貴方の助けになるでしょう。何も知らないで相場を張るのと知っていて張るのでは大きな違いがあります。
防具を付けないで格闘技するか、防具をつけて格闘技をするか。

それくらいの違いは絶対にあります。いやそれ以上かもです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけのおまけ
こういう材料を持った株は「どこまででも上がりそう」な錯覚に陥ります。

過去数十年を考えてもたまごっちブームとかGショックブームとか今考えるとよくわからないブームが起こり株価も高騰したりしました。それらのブームでさえも永遠ではありませんでした。

妖怪が如何にすごくても、永久に関連株を上昇させることはできません。上がれば上がるほど売り方にとってもチャンス。問題は如何に読みが外れてもそこで大怪我をしないか。(ロスカットを合理的にできるか)
そこに帰結するんだと。

掲示板が強気一色でも、その人達はもはや買い込むことはありません。すでに買っているから。そこは忘れないようにしたいですね。

2014年6月18日水曜日

たしかギャンはこんなこといってたな

自分の持ち株が毎日上昇する。好材料が囃され連日高値を更新する。新聞には良いことしか書いていない。心は晴れ一点の曇もない。

相場が開くと悪い話はないのになぜか売り物が多く値を下げる。

何かがおかしいのだ。


ふと思い出した。

2014年6月17日火曜日

気迷い十字足

チャートには「十字足」というのがあります。寄り付きと終値が同じ値段(もしくは近い値段)

某所から勝手に転載。ローソク足が漢字の十に見えることから俗に十字足と言います。

さて十字足。これが「高値圏」で出ると「気迷い十字足」などと呼ばれることがあります。始値と終値が同じということは「買いと売りが均衡した」と考えるわけです。ということは相場が止まる。いままで高値圏に押し上げられてきた時に十字足が出たということは相場が変わる気迷いに入った可能性があるということで気迷い十字足。

相場が転換期にはいったことを示します。ただしこの足が出たから逆向きになるというわけではないんです。むしろこの足の次の足が重要。いきなり安くなるようなら「トレンド変換の傍証」。
逆に再度上昇するなら一旦売りが出て一休みしたけどトレンド継続というわけです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
買い方なら高値圏での十字足はそれなりに緊張する場面。如何に売るべきか考える。上がったら安心ですけど。売り方は「どこで売ろうかなあ」と考えたり、糞っあした売り気配で始まらねーかな、と妄想したりするところです。

チャート
しつこいですがハピネット

よく見ると今日も十字足。更に遡ると6月5日も十字足ですね。6月5日もその時点で十分な高値圏で十字足が出たわけですが次の日高くよりつくとそのまま上がっていきました。十字足の次の日が重要とはまさにこういうこと。
しかしながら今日の十字足はやや下ヒゲが長く、どちらかと言うと首吊り線に見えなくもありません。

下ヒゲが長い同時足は下がったところを戻すわけですから一見強いように見えますが、それでも更に上がれないことが「買戻しを使い切ったのに上がりきれなかったことを示し」つぎから崩れることが多いという足になるのです。

明日弱ければ完全に売りの急所。勝負どころになります。
新天地はすでに売った後だけどねw

トヨタ「ホバーカー」を開発へ

オートブログ日本版にこんな記事が出てました。

なんでもトヨタはタイヤを使わない「ホバーカー」を開発しているとか。
要するに空気なりその他の未知の力(そんなわけないか)を使って地面から浮いて移動する乗り物を開発するとのことです。

常識的にはエアスカートをはいたホバークラフトということになるんでしょうか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブリヂストンでも空売りするか。

2014年6月16日月曜日

ああ、派遣銘柄はやっぱり持っておくべきかもね

外人受け入れがキーワードとなれば派遣銘柄は必ずくると思う。

っっていうかすでに派遣銘柄強いけどね

アルプス技研の戻り、先週のフルキャストの強めの上昇。
何かしらの示唆が有るのかなと。

人材派遣はかなりイメージ悪化したけど、生き残ったところは残存者利益が見込めるからなあ。
ああ、こうやって見ると買いたい銘柄は結構多いね。

さてと

国際石油開発はこのまま早い上昇が続くなら今週半分くらい利食いに入る。

ペルシャ湾に空母派遣ということで場合によっては今週来週にもアメリカの空爆が入る可能性を考えておく。飛行機を使わなくてもトマホークや無人機による攻撃は可能性が出てきたんだろう。
これで石油がドカンと上がったとか言って国際石油が買われるなら「ごちそうさまと言いながら」利食いを入れたいところ


古河電工、ずっとしつこく売り続けてきた向きがあったわけだがようやく止まった可能性。相場を見ながら再度超電導相場にかけたい。昭和電線も新四季報が出た辺りからしっかり。経営底打ちを確認しつつ有るか

日機装、中国に於ける透析器のダンピング調査は気になる(多分に国内メーカー育成のための政治的思惑が有るだろうが)が中国市場の拡大見込みに変更ない。777後継機の開発も順調に決まったようにカーボン製部品の航空機への採用は止まらないと見る。数字は拡大基調が今後も続く。トヨタが今年中の燃料電池車発売を決めたことも業績には影響ないだろうが将来のプラス材料として囃す向きが出てくると信じる。出てこなけりゃ僕が何とかする(おひ)

共栄タンカーが買われるなどいわゆる低位株の一角に再び物色が来ている。局地戦になるがそういう銘柄も有るんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ノンバンクはアイフルが止まったのが懸念。ちょっと身構えておこうか。KADOKAWAは上がってしまうと買いにくい。下がってくれたほうが買いやすいんだが。。

おまけ。
三菱電機の嘘のような好調続く。四季報の16年3月の数字が出てきたけど、このまま経済混乱が拡大しなければもっと売上は伸びるかも。
もしも新高値を伺うようなら思わぬ高値の可能性を考えておく。

家電からの脱却に完全成功したモデルケースといえるかもね。

妄想のコーナー

最近、わりかししつこく書くのが日機装です。

時価総額はまだ1000億円「くらいしかありません」

ここを強く押すのは「数年から10年先を見据えてどんどん開発してきた」こと。そしていま国外に出て行っている事です。

飛行機用部品(カーボン製)はこれからどんどん需要が伸びます。世界では飛行機需要が伸びていくからです。中国では透析機器が売れます。高齢化と所得の増加が色んな意味で透析患者を増やすからです。

LNGは今後アメリカからの輸出増加が見込める。まだまだ実需はこんなもんじゃないと。

技術は有りました。しかし需要がまだ追い付いていなかったのです。数年で売上高を倍増しながら、株価はまだそれに追いついていませぬ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こっからは妄想です。

例えば音響S社。あそこはすごい赤字を垂れ流しています。数百億円とか一千億円とか。それで最近は医療機器分野にも参入を目指してるとか。。で経営する人は人材不足。

もしも僕なら数百億円出して日機装の株を過半買っちゃう(ここが妄想)。日機装にはS社が欲していて持ってない製品や販路や人が有る。それが数百億円で手にないるんですぜ。安いもんだと。

日機装に数百億突っ込んで支配下に入れて、さらにオリン◯パスとS社の技術突っ込んだらそれなりに効果あるんではないかと。。。

しつこいですが日機装にはそれだけの「買われてしまう」魅力があると思ってます。買収を防ぐためには安すぎる。

月足チャート過去30年分です(クリックで拡大)。え?すでに高値圏じゃないかって?売上が倍になってるんだから株価もそれなりに上がりましたさ。でもここのもみ合いは上場来高値を目指して上がっていくための揉みあいであって「ディストリビューションでは無い」と考えています。
チョットした中小型株ファンドが複数、新天地のように考えて買いに入ってくれば「大相場になる」可能性があると。数百億分しか浮動株無いですからね。

移民銘柄を探せ

今後「経済対策」として話題になっていくのは「移民受け入れ」ではないかと新天地は考えています。すでに出産適齢期の女性自体が減少していくことが明らかになった以上、出産率を少し向上させたくらいでは出産数が高齢化に追いつかないのは間違いないからです。

(生む機械、という発言は総スカンを喰らいましたが、表現は間違っていますが、なにもないところからこどもを生むことができない以上、政策を考える上で女性の数をカウントすることは間違っていません。そして数を埋めるために女性がすでに足りないことは明らかなのです。生む機械発言が叩かれたために、そのことから目をそむけてしまったのは非常に残念ですね)

結論から言うと若い有能な人間を海外から引っ張ってくるしか有りますまい。すでにカンガルーの国では移民政策の成功で人口増加に転じて経済を支えていると見られます。

移民政策は日本が魅力的であるうちに行う必要があります。後数十年立って経済が破綻し、年金がバカ高く消費税が20とか30%になってからでは移民なんて来てくれるはずがない。若い人が今なら日本に来たいと思う人がいるはず。その人が一生日本にいて、子供を産んで日本で育てたいと思うような環境を送球に作らなくては。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外人が来れば日本社会が崩れるという人がいますが、外人が来なければ日本が崩れることは確定しています。それがいまの人口ピラミッドが示唆する「確定された日本の未来」。子供が生まれない日本は東京都内がまるで今の田舎のように老人しかいない社会になる。その人口は今の田舎の比ではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて「移民銘柄」こそ10年にわたって高パフォーマンスを期待できる銘柄になると思っています。
問題はそれが何になるかだけどw

人材派遣?ちょと無理があるか。語学教育とか。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
行政書士的にはビジネスチャンスが広がると思うけど。行政書士も外国語ができないと食ってけない時代になるかもね。

ホンダの日でもトヨタの日でもなかった

週末は日本代表「ホンダ」の先制ゴール、ルマンはトヨタのポールポジションからの首位快走と朝まで大きな夢を見せてもらったがかなわず。準備に準備を重ねてもうまくいかないことは有る。

でもそれは最初からノーチャンスだったのとはわけが違う。納得することはできないが、また前を向いて進むしかない。

次だ、次。頑張って欲しいですね。どっちのチームも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルマンはアウディが5連覇。結果絶対的な早さはともかく、安定して2台をゴールさせた「堅牢性」が勝因となった。アウディというかヨーストがすごいのか。。。

今年はポルシェが復帰してレースを盛り上げた。来年はついに日産が満を持してルマンに帰ってくるとか(今までが嘘のようにレースに力を入れてきます)。フェラーリもエフワンをすててWECに戻ってくるという噂も。80年台の「Cカー」全盛期のような賑いが戻ってくるんでしょうか。(そこにはエフワンが「衰えていく」という流れも見て取れます。)

トヨタや日産、マツダが夢をのせて戦った黄金時代。ポルシェ956や962、ジャガーとかプジョーとかいろんな車が顔を見せた時代が。。。いまのエフワンよりも楽しい気がする。レギュレーション次第なんだろうけれど。