2014年6月6日金曜日

セルビア

セルビアは旧ユーゴの国です。

よく知られているのは、旧ユーゴの国で分離後独立した国。どちらかと言うと分裂の「悪者」のように扱われる国ですが、そんなことはありません。民族紛争の「犠牲者」でもある国です。

新天地にとっては大好きなグランパスエイトに所属し監督も務めた「ピクシー」ことドラガン・ストイコビッチ氏の祖国として親しみがあります。本来平和を愛する国だそうですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そのセルビアにおいて数千億円規模という未曾有の水害が起こっています。決して豊ではないセルビア。そのセルビアで数千億という規模の災害ですからこれはもうそれこそ東北の大地震規模の惨事と言ってもいいでしょう。

さてそのセルビア。日本に対して友好的で(これはセルビアが悪者のように扱われた中で日本が経済援助を行ったことも理由らしいですが)3.11の時にいち早く多額の寄付を行ってくれたそうです。遠く遠く離れた人口の多くない、所得も年間数十万円という国から2億円近いお金が送られたそうです。対して国難とも言える水害に対して日本からはまだまだ十分なお返しができていないよう。
今こそ、自分たちもセルビアの再度の効きに対して支援すべき時なのかもしれません

寄付のページをはっておきます。 日本にとって大事な大事な親日国の苦難に皆様からの温かい気持ちが届きますように。

新天地もわずかながら5月分のトレードで稼いだお金を全部寄付させてもらいました。あくどく稼いだお金かもしれんけど海の向こうで役に立ち、わずかながらでもセルビアに幸あることを。

妄想。日本のお菓子メーカーは宝の山か

この前、「おやつカンパニー」(非上場)がカーラーライルかどっかに買収された。ぼくはこれを見てなるほどなーと思った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地は「さすがに高くなりすぎだろう」とおもってカルビーを売りと見てますが、カルビーが上場以降バカスカ上昇したのは経営の専門家をトップに招いて大胆な改革を行ったから。もともとものすごく強いブランドネームがありながら「会社の経営を良くする能力」が少しかけていた(逆に言えば専門家を一人連れてくるだけで驚くほど企業価値が上昇した)ポテンシャルが日本のお菓子メーカーには有る。カルビーがこれからアジア中心に海外に出かけていけば、ひょっとするともっとでかくなるんじゃないか?そう言う予想からPER20倍を超えるような値段がついているのでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たとえばおやつカンパニー。ベビースタラーメンなどは知名度は高いですがいつも食べるかというとそうでもないでしょう。知名度からすればもっと売上が伸びてもっと工場稼働率を上げてもっと利益を伸ばせるはず。そう、カルビーが成し遂げたことがおやつカンパニーでもできる、そう考えても不思議ではないのかなと。

知名度がありながら低PBR,PERで放置されているいくつかの菓子メーカーは今後もこういうファンドの米州対象になるんではないかな?カルビーの大成功はそういうことを示唆しているような気がします。妄想ですが。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もっともっと妄想すると

先日、伊勢に有る「赤福」の社長が会長に退き母親が社長になる「お家騒動」がありました。完全妄想でなんの根拠もないですが新天地が思ったのは「ひょっとして、首になった社長あたりが投資ファンドの経営参加を模索していた?」と。というのも新しく社長になった母親が「家族経営に戻る」みたいなことを言ってたから。ひょっとするこtこの発言は外からお金が入ってくることを認めないという趣旨だったのかと。赤福くらいの知名度があれば全国展開してもっと売上を伸ばそうと考えるのは確かにありえるし、そのお金を外から直接とうしとして呼び込んだらどうか?そう考えるのは僕だって思いつく話ですからね。

新しい四季報でそんなことを考えながら食品メーカーの株を見てみるのも面白いのかもしれません。

韓国KBSの社長解任決議成立。解任は大統領の判断へ。

韓国のテレビ局KBSは国会が選んだ委員で構成される経営委員会に社長の解任を決議する権限が有ります。(現在は与党推薦の7名、野党推薦の4名で構成)

「報道に対して政権サイドから圧力を受けてそれに従った」とされる韓国の「国営」テレビ局KBSの社長に対する解任決議が賛成多数で可決しました。なお決議は先週から上がっていましたが、決議そのものあるいは投票結果が統一地方選挙に影響をあたえるという判断から決議は選挙の終了を待って行われたのです。

法律的には社長の任免権は大統領にあり、大統領が拒否することも法律上は可能です。(決議自体には法的拘束力がないということになるのかな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以前も書きましたが、KBSは国営ですがCM放送が普通に流れ、しかも国民は直接受信料を払うことはありません(実際には電気料金の中から一定額がKBSに入る仕組み)。日本のNHKとはそのへんが違います。
韓国の場合、例えば新聞が昔から保守の三紙(朝鮮、中央、東亜)とハンギョレ(進歩系。朝日と赤旗の間の子のような感じ。ブレることはない)になっているのにたいして、テレビ局は社長の任免権や電波の免許などを人質に時の政権が強い影響力を行使してきたのは公然の秘密でもありました。進歩系の大統領誕生以降、政権交代が実現するようになってから選挙の毎に放送トップが変わることは不思議ではなかったのです。


ただ、今回は「海難事故に対して政府批判を抑えろ」とか「パク大統領の良いニュースを、ニュースのトップに持ってこい」とか具体的な支指があったとの爆弾発言や、疑惑が報じられた時に社長がだんまりを決め込んだことで労働組合が強硬姿勢になるなど対応の不味さも自体を悪化させた感じがします。海難事故の件はいま韓国で最も「タブー」な案件ですから

大統領としては解任を認めれば「圧力を認めた」事になり、万が一逆に解任を認めないとするとストライキが広がる可能性など政権に更なるダメージを受ける可能性もあります。なかなか苦渋の決断を迫られそうです

ざまあみ  為政者というのは大変ですね。

鄭夢準の夢は敗れたか

韓国の統一地方選挙。結局野党側が議席数を増やしたものの、与党も仁川など重要な広域行政区を奪ったことで「負けたけれども善戦した」という評価になりつつ有るようです。しかし、今まで防戦一方だった進歩系である野党が客船沈没事件をきっかけに攻勢に出たのも事実。来季の大統領選挙に向けて有利になったと考えられます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の選挙において最大のトピックは保守系与党の実力者鄭夢準(ちょんもんじゅん)氏のソウル市長選挙出馬と落選でしょうか。

日本で例えるなら、(仮に)まだ若くて(30年位前の)しかも莫大な財産を持っていて人気も高い石原慎太郎が自民党に復党して数年立ち、実力者になった上で、次の総理大臣を目指してあえて国政を離れて東京都知事に立候補したところ、政権与党が災害対応に失敗し、更には自分の家族が失言して都知事選挙で負けてしまった(あくまで例えるならですよ)、そんなイメージ。

選挙で勝っても必ずしもプラスにならないと見られたこの選挙。結局身内の発言(韓国国民のレベルも低いウンヌン)に足を引っ張られました。(選挙対策を考えるなら、少なくとも選挙前は家族や身の回りの関係者の発言は徹底的に封じ込めておくのが鉄則。こんなもん三重県の田舎のどぶ板選挙でも常識です。人の心は選挙において同情心と批判の気持ちで大きく揺れ動く。危機管理の徹底の甘さでしょう)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
幸い、金もありますし全国レベルで考えれば集票力がゼロになったわけではありません。大きなダメージですが、まだ次の選挙までは巻き返しの時間は残っています。公職につかないことで、選挙運動に当てられる時間が増えたと前向きに解釈して捲土重来を目指すことには成るんでしょうね。

2014年6月5日木曜日

直前には手頃な相手とやるべし

これ、以前にも書いた。

自分の父親はバスケの部活で全国大会にもでたことが有る指導者だった。体育の先生でもない指導者が(しかもスポーツ推薦のない公立の進学校で)全国大会に出ることは珍しく、今みたいにバスケがそれなりに人気がある時代ならもっと有名人になってたかもなんて話をしてた。理科の先生だけあって戦術家で、オールコートプレスのゾーンディフェンスなんていう当時アメリカの大学で流行ってた戦術をいち早く使ったのが自慢だったという。

父は坊主をやりながら理科の先生と部活の「三刀流」をこなし、最後は校長会でもナンバー3くらいまで上がったやり手だった。もしも学校の先生だけやってたら校長会のトップにしてただろうとは人事の人の弁。

ああ、新天地は不肖の息子なのだ(高い値段で買われてきたのに全く走らない良血馬のようだととよく言われる。姉とか従兄弟は優秀なんだが・・・)

さておき、父はこんなことを言ってた(父は僕が教職を取るもんだと思ってた時期があったのだ)

もしも(先生になって)体育系の部活動をやるときは、チームを作り始めた時はとにかく強いチームと練習試合をやらせてもらえ。レベルアップを図るのは強いところをみて参考にするのが速い。それで本番の大会直前には自分より格下のチームと練習して、今まで練習してきたことを試して欠点を潰せ。

これが鉄則だというのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サッカーの日本代表チーム、まさにこれを地で行ってる。これは今回のワールドカップの特徴だと思う。ちゃんと強いチームと数カ月前までに対戦を済ませて経験を積み、大会の直前には格下相手にシステムの確認。ザッケローニやいまのサッカー協会は基本に忠実なんやね。

直前にドイツとやってピークが来てしまったり、韓国とやって負けて自信をなくしたりなんていうのは愚の骨頂なのだ。

いろんなことに応用が効く事例なんだと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
難しい株もやるべき。ソフトバンクのようにディーラーが群がってくるような銘柄は個人が常に勝つのは実は難しい面もある。しかしそういう主力株も手がけないと「腕が上がらない面もある」。

しかしそういう銘柄ばっかりやってても勝てない時もある。そういう時は、素直な銘柄でじっくり時間をかけて勝ちに行くことも大切なんだと思う。ようはバランスですね。

ふとそんなことを思った新天地でありました
(なお、新天地はこれ以上うまくならない(才能がない)ので基本的には弱い相手からかすめ取るのを生業にしてます。パニック売やパニック買いなど、弱り目に祟り目の人間にトドメをサスのが得意技です)

コーエイテクモの野望。「無双シリーズ」アニメ化でヒット狙う???

さて、新天地はテレビゲームを買ってもらえない家で育ちました。

テレビゲームはダメだけどPCならOKというよくわからない理屈でトミーの迷機、ぴゅう太を皮切りに8801mk2FRとか歴代の9801を買いました(株で稼いで・・・)

それは「大戦略」と信長の野望(あるいは三国志)をやりたかったというのが原動力でも有りました。
世の中の子どもたちがファミコン系ゲームに夢中になっている時に新天地は「やっぱり斎藤道三だよなあ」とかわけのわからないことを言いながら毎日ゲームに勤しんでいたのです。

(ちなみに生まれて初めて純粋なテレビゲームを所有したのは大学一年生の時。某電気会社に務める姉が子会社のために毎日12時まで残業して働いたことのご褒美に子会社の偉い人が姉にプレゼントしてくれた再初期ロットのゲーム機でした。発売日の前日に我が家に届いたそのゲーム機。嬉しかったなあ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ってな信長の野望。元々はPC向け(しかも国内向けが中心)のゲーム機だけに売上規模はそれほどでもありませんでした。いま、光栄はテクモとくっつき、「無双シリーズ」で食いつないでいます。この前はJRAとコラボしてましたね。

オンラインに軸足を移してようやく経営を立て直してきたわけですが、今度は「無双シリーズ」をアニメにして複数メディアで売りだそうっていうんですwすでに真田幸村の話が公開されてますね。今後どこまで展開できるかw

そうどっかで聞いた話。「妖怪ウオッチ」が大成功を収めたあの子供を騙してお金を巻き上げる作戦です(こら)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあそう何匹もドジョウがいるとも思えませんが、もしもヒットしたら短期的な変化率はかなりのものに成るのかなと。個人的には好きな株なんで、アニメの人気次第という注釈がつきますが一応ウォッチ銘柄に入れておきましょうか
すでに結構な値上がりはしてます。周辺のゲーム関連が賑わってる追い風も有るでしょうね。押し目買い吹き値売りが理想かな。出来高も少ないんで。1200を割るようなら買いたいかなあ。

225のチャート

 

 
改めて22のチャート。戻ってきたとゆうことは、下に行くためには少なくとも日柄が足りなかったということだろう。かと言って新しく高値をとる理由が思いつかないが。。。
サイクル時に、高値から高値までの日柄を考えてもう数週間はこのへんで(14000から15000を超えた辺りのレンジ)で上下動するのかなあ?くらいの気持ちです。

そりゃ、こっから18000とか目指してくれれば楽だけどそれはあまりにも自己都合な考え方かなあと。

6月も相変わらず自信なさげな新天地でありました。

偽計の計ワロタw

偽計とは古代孫子が編み出したとされる計略。あるいは計略を用いて人を欺くこと。現代でも偽計業務妨害罪など法律用語としても用法を残す。

孫氏は誰も居ない無人の山や林に自軍の旗を建て、少人数の部隊にドラを叩かせ奇声を上げ、更には焚き火の人建ててそこに部隊がいると見せかける策を編み出した。敵に自軍の数を悟らせず、あるいは大軍がいると怯えさせ、更には敵の集中攻撃を防ぎ、あるいはこちらの陽動部隊の出処をわかりにくくする計略だったのである。(偽兵っていうらしい)一石数鳥の作戦で中国だけでなく日本でも数々用いられるポピュラーな戦略になった。(楠木正成とか山本勘助なんか有名ですね)

さて。

R25のこんな記事

軍師ってのはすごいな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なおこれを株の世界でやると「見せ玉」って言って捕まります。実刑も有る重い罪なのでやらないように

2014年6月4日水曜日

トライアングルチャート。かも アコム。

ああ、またポジショントーク
アコムのチャートです。
トライアングルっぽいですね。
上を抜けていけば100円とか2,300円くらいの上昇が短期にあっても良いのかもしれません。
抜けていけばですが。

政策(ノンバンクに対する規制緩和)が勝つか、過払い泥沼(思ったよりも時効による消滅が少ない。以前描いたように「最後に借りてから」時効が発生するケースが予想より多い)が勝つか。どっちかですw

重心より後ろの球をシュートできるってすごいよなあ

本番前のテストマッチでサッカー日本代表勝利。

2点目になった香川選手。いろいろすごいけど、やっぱりシュート。
自分の足元に来たボール。走りこみながら、ボールは自分の重心より後ろに来た。理屈から考えてこのボールをコントロールして蹴飛ばすのはかなり難しいはずなんだが、やりこなす。世界中のサッカー選手でもアノボールを上手くミート出来る選手はそう何人もいないんではないだろうか?

僕が見ただけでも香川選手はアノような蹴りにくいボールを何度も決めている。パスを出す側からすればそれだけ「許容範囲が広い」わけでより挑戦的にパスを出せるし決まる確率も高まる。

ぜひ本番でもああやって決めてほしいものです。

逆Kの法則。日本代表好調に???

投資家なら知っておくべきアノマリー。それはKの法則です。


韓国に係るとろくなことがありません。逆に韓国に蔑まれたり非難されたりすると運気が上昇します。安部首相が首相になれたのも、大阪市長が府知事まで上り詰めたのも韓国が極右政治家というレッテルをはって非難したから運気が回ってきたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国の教授が「日本のユニフォームは戦犯国旗をイメージ」というわけのわからないいちゃもんをつけてきてから日本は好調維持。このまま頑張って欲しいところですね。

ワールドカップ予選の仕返し?イランが一時韓国大統領搭乗機の通過拒否。

韓国のオバサン大統領が災難に。なんでもイラン領空を正規の手続きをとって通過しようとしたところイランの航空当局に一時足止めを食らったというのです。

もうすぐワールドカップ本線。昨年、最終予選でおおもめの騒ぎや舌戦をくる広げた両国だけにその仕返しという噂もw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伝えられる嘘か本当かわからない顛末はこんな感じ

イラン当局
「おい、そこの飛行機。お前はなんだ?」

韓国大統領機
「エアフォースワン(俗にアメリカ大統領が搭乗している飛行機。転じて大統領機のいみで使ったらあしい)」

イラン当局
「なに?エアフォース(空軍機)?誰が他国の空域とおって良いって言ってるんだよ?」


嘘か真かよく出来ていない笑い話のようですが本当かもと思うのが韓国クオリティだからなあ。。

2014年6月3日火曜日

日機装(6376)まとめ

透析の関連事業が中国日本で拡大続く(今)

航空機のカーボン部品の拡大(ボーイングだけでなくエアバスもカーボン機体の生産開始へ)(今)

LNGの開発とアメリカからの輸入が急拡大すると思われるがLNGの輸送関連の製品に強い。(数年後)

カーボンナノチューブ技術があって電極などの部品の伸び期待(未来。10年位)

燃料電池車に使う燃料タンクに日機装の技術機体(高圧で水素を貯蔵するタンクはカーボン製なのだ)(これも10年位かな)

【業績】   売上高    営業利益    経常利益    純利益    1株益(円)   1株配(円)
連11. 3 83,143      5,398            4,658          2,684         33.9                12
連12. 3 90,137 6,580 6,370 3,317 42.5 12
連13. 3 103,670 7,481 8,945 6,897 89.4 14
連14. 3予 114,000 8,500 9,000 5,500 71.3 16
連15. 3予 120,000 9,300 9,300 5,800 75.2 16

四季報の数字。売上は10年度に比べて15年度は11年度の1.5倍。一株利益は倍。
何度もいうようですがこの売上の数字にはLNGの急速な伸びや航空宇宙でのカーボン製品の拡大、水素燃料電池車の普及による燃料タンクの急拡大その他もろもろのこれから「夢が現実化する」数字は全く入っておりませぬ。拡大が続く会社の予想75円にPER20倍かけてもいくらなんでしょ???と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
騙されたと思って押し目を買っておけばwこういう株はソフトバンクの空売りとかと違って毎日あるいは毎週バタバタ取引して利益を生むたぐいなもんではありません。ここぞと思うところで買い込んであとhがグッと我慢で仕舞いこんでおく。日銭は入りませぬ。しかし大きく儲けるのはこういう株が歴史転換点に立って大化けしていく局面。いまがその時なんだと。

たとえ半値になったって手放しちゃいけない銘柄。
もしも100万円分捨ててもいいと思うなら、数百株押し目を現物で買って寝かしておけばいい。
数年掛かるかもしれんけど、この値段の株じゃなくなると考えていますです。

日機装の話はこれでおしまい。下がっても忘れるし、すごく上がったら後で自慢するんで褒めてくださいw下がっても全く責任はおいません。

(ああ、死ぬほど儲かったら寄付でもしてください)

しつこいですがポジショントークでした
(欠点があってね。この株出来高が少ないんだよね。株も小さい。まだ機関投資家がバカスカ買ってくる株ではない。もっともっと値上がりしていって時価総額が増えれば別だろうけれど。)

この株はとにかく「未来を見据えて」タネを常に撒いてきた。そこがリストラに追われてなんの収益源もなくしてしまった他の日本の会社と違うところ。複数の分野で「当てつつ有る」のは偶然ではない。ただし今まではそのことを全く市場が評価してこなかった。そして一株利益もいまはこれだけしかないからね。しかしこの数年不思議なくらい売上高が伸び続けていることを見逃しちゃあいかんのだろうね。大化けしつつ有るっていうのはこういう銘柄と信じます。



おまけ。中国における人口透析について

日機装、カーボンで未来は稼ぐのは分かった、じゃあ足元は?と聞かれると人工透析関連の中国でのビジネス展開がオンしてくるものと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人工透析というのは、腎臓の機能が低下した人が受ける医療。腎臓は一種のこし器みたいなもので、年々機能が低下していきますが、自然に機能が回復することはありません。したがって各種の病気や高血圧で腎臓の機能が低下すると人工透析を受けるか、腎臓の移植を受けないと死んでしまうんだそうです。人工透析というのは腎臓の代わりに体外に血を出して、大きな機械で血液を「こして(綺麗にして)」体内に戻す治療。

さて、その透析の技術のお陰で、腎臓が悪い人でも長く生きれる様になりました。しかし透析というのは生きている限り継続的に受けなければいけません。(週三回程度になることも)そして毎回お金がかかります。設備が大規模でけいぞくして結構な料金がかかる。

そう、透析でたくさんの患者が長生きできるようになりました。透析がなければすぐに死んでしまう重度の腎臓の機能低下でも最近の透析技術の発達で透析を受けだしてから30年以上ピンピン生きている例も普通になってきています。一方で「透析を受けれるのは先進国やそれに準じる経済力のある国の患者だけ」なのです。がんとかと違って「治療法がないから寿命が伸ばせない」ことはありません。単純に透析代が払えるか否か?がクランケの寿命を決定します。お金で寿命が買えるといえば語弊は有りますがそういう面があります。

さて。今まで透析が受けられない国だったけど、急速に透析患者が増えることが予想されている国が有ります。中国です。高齢化の進行と生活習慣病の増加(金が入るとどうしてもね)。そして所得の増加が著しい中国では、今後数年から10数年の間に結構な勢いで透析を受ける患者が増加していくものと思われます。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで中国には透析の機械を作る会社がありますが、現在では海外製の輸入が一般的。しかし 山東威高などが頑張って売上を伸ばそうとしています。そして山東が協業を本格的に始めたのが
日機装というわけ。日本では独占的な技術力を誇る日機装ですから遠からず(というか今現在も)
利益をオンしてくると考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

繰り返しになりますが、四季報見込みは今現在の事業の数字。いままで撒いてきたタネが発芽するのは
まだ全然数字に反映されてないっす。まだそのことに気がついていない投資家が多数。
この株は技術力はあるけど・・・とされてきた株。その株がようやっと数字を上げ始めているのかなと。

時価総額でこの株が2兆3兆になっても不思議じゃないと思ってるんですけどね。
あるいはどっかの会社がここを買い付けしたって全然驚かない。

というポジショントークでしたw

日機装の続き 30年の時を超えて

ちょうど10年前新天地はネットでこんな発言をしてました。当時おそらくネットでも一番の有名人だった個人投資家の一人、Jcoffeeさんのホームページ(現在は閉鎖されたためミラーサイト)

ここの2004/6/17の記事に非常に高い確率で上昇するチャートのってな記事が出てきます。要するにトライアングルについてのチャート考察。トライアングルを書いた後、新値を取ってくるところ(あるいは新値を取るんじゃないかと確信している時の押し目)は買うべきだというお

この時東洋ゴムが話題になってますね

↑トライアングルのイメージ

そして。そのトライアングルが長期に渡る場合、日足よりも週足、週足よりも月足でみてトライアングルを形成した場合、より大きな相場が期待できる(これはギャンの話。ギャンがこれを書いたのはいまから100年以上前。何年も取れなかった過去の高値は当然抵抗線になるけれど、それを抜けてくると大きな上昇の可能性が高くなる。そういうチャートを探せと。

 

日機装の過去30年のチャートです。トライアングルではありませんが、1500辺りから抵抗線が横たわっているのがわかります。今回の上昇でも2度跳ね返されました。しかし下値を切り上げながら再度トライしていくように思えます。

気のせいか東洋ゴムの日足チャートに似てるような気がしませんか?w。もしも抜けていけばですが。

理由?LNG輸送船関連の独占的技術やカーボン製タンクなどの製品拡大の見込みからです。
航空機関連でも強さを発揮してます。

1500を出来高ともなって大きく抜いていくなら「大相場」になる可能性を秘めた足といえるでしょう。そうなったら機関投資家も買わざるを得なくなるから。

押し目を買うこと。そして1500円を抜けていくかどうかに注目すること。抜けていけば1600なんて一瞬の通過点です。今時価総額で1000億円強。2兆や3兆円でも不思議ではないと大ぼらを吹いておきます。(ほらを吹くときはこれくらい大きく吹かないとお客さん乗ってこないよ)

2014年6月2日月曜日

NHKは死んだ

さっき車の中でNHKラジオを聞いていた。

ニュースでは5月の百貨店売上の減少が4月よりも少なくなったことで、消費税増税のショックから回復しつつある云々というネタを伝えていた。それ歩聞いた僕は何の深い考えもせずに、ああ、NHKだから政権におもねってよいしょネタを流してるんだなと。

僕でさえこう思うのだ。もっと敏感な人間はすでにNHKにニュースとしての価値を見ていないだろう。

NHKは死んだ。報道が死ぬということは全くそういうことだ。NHKの職員に
韓国MBSの職員のような根性があるだろうか?
NHKは死んだ。アナウンサーがなにほ読みあげようと言霊は死んでいる。生き返ることはあるまい

複数の顔を持つ会社 日機装

さて、今週のポジショントークのコーナーは大和証券の占い師様が新規にカバー開始、各付け2で目標株価1600。日経かなんかで報道されて今日は高いです。

昔からこの会社は透析に使う部品で有名ですが、面白いことにカーボンを中心に様々な分野に展開し、幾つかは独占的な地位を占めています。そしてそれらがいよいよ鉄に変わってドカドカ販売量を増やすフェーズに入りつつあります。二つどころか複数の顔を持つ会社。新天地と同じくカーボンに力を入れた会社。カーボンという次の産業革命の先頭を走る会社です。

技術力はありましたが、まだ大量にうれるではなかった。
しかし、数年後に向かって、今の四季報の数字が笑えるくらいの売上が上がると


大和のアナリストの根拠数字はそれに比べれば
小さいかなと。
続きはまたあとで。

完璧な選択、それぞれの運不運

ダービーはワン・アンド・オンリーの完勝。騎手の思い切った判断、しかもそれが完璧にハマった。直線に入って「自分の前に馬はいない」と判断してから下を向き、体を縮めて馬にできるだけ負担をかけない体制にして追って追っておいまくった姿に芸術さえ感じた。

昨日の東京競馬場は先週までの仮柵を外したコースから、一つ外側に仮柵を張り出し最内が走りやすい馬場、しかしパンパンの良馬場ではないということで後方からの追い込みにかける馬には不利な馬場状態。それはメインレース前の数レースでの前残りが続いたレースでも明らかだった。先行馬がガラガラ崩れるような悪い馬場ではないが、後ろから33秒台の猛烈な高速レースにもならない馬場。

しかも逃げ馬が直前に回避。結果とした1,2着の馬と武豊のトーセンスターダムは「自分が逃げる形になったとしても、前に行かないと勝てない」と判断してスタートから加速。前目のポジションを取る「賭け」にでた。有力馬3頭が同じことを考えていたこと、そして結果前に行った2頭が残り、後ろから勝負した馬が勝負できなかったことから騎手のファインプレーといえるだろう。


買った馬はしかし、目標とすべき2着馬が自分の目の前に位置づけするという幸運に恵まれた。もちろん速くないペースで後ろの馬に乗り上げられながら最後まで我慢した。しかしスタートが内枠でロスがなかったことも大きかっただろう。再度レースをやり直したらどっちが勝ってたかは微妙な実力差だったと思う。

今回は競馬の神様が引退間近の名伯楽にご褒美を授けたかなと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イチオシのメイショウラグーンは6着。一瞬見せ場もあったけど実力と今日の後ろからでは届かない馬場ではあそこまでが精一杯か。前から競馬してくれればと思うけど、そこでダッシュ力がないのもまだ力がつききっていないからなんだろう。今後に期待します。

2014年6月1日日曜日

青天の霹靂

という題名の映画をみる。これ、意外にと言ってはなんだが良かった。

ラスト近くのシークエンスにゴッドファーザーの影響を見るのはマニアックだろうか。
世界中でいろんな映画が影響を受けるという意味でやっぱりゴッドファーザーという映画はすごいなと。コッポラの凄さが改めてわかるのねと。