2014年5月3日土曜日

素人

ネットで売り推奨?したら「どうみてもあなたは素人ですね」と言われた。

これでも10年以上ディーラーで食ってたんですけど、とははずかしくて言えんかったw


まあ、僕より上手い人はごまんと居るわけで、そう言う人から見れば僕は素人なんだろう。

その後その人は僕の別の書き込みをみてこう書いてた。

引けで空売りして終値とか操作するのはダメじゃなかったでしたっけ?」

こんな素人に素人呼ばわりされるとは

とほほ

脱力

IEのセキュリティの話

とりあえず、朝いちばんに会社に出てネットをサファリでみてなんとかの設定をオフにしとけば大丈夫とか言うのをオフにして対策。会社には4台pcがあるので順番に。

さて、会社の人たちの会話。
ヤフー使ったらあかんのだって。Googleから検索すればいいらしいよ。と言いながらIEを何のためらいもなく使ってた。もちろん、アドミ二の僕が臨時対策しといたから社内のPCは大丈夫なんだが。

いっぱんのひとは、IEを使うのをやめてGoogleのChromeなど他のブラウザを使ってくださいと言われても、ああヤフーの検索を使うのやめて、Google検索使えばいいのねくらいしか思わないのねと。

対策パッチが出てもみなさん、もちろんWindowsupdateのやり方なんて知らないので昨日の朝、僕が黙ってやっておきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな話を奥さんにしたら、最新機種のiPadを手にしながら奥さんは言いました。
ねえこのiPadはどうすればいいの?

僕は
サファ。。そこまで言いかけてやめました。

日本中でこんな会話と脱力感が拡大生産されたんだろうなあ。

2014年5月2日金曜日

紙一重、では有る

昔々。
今はどうだか知らないが。

騎乗中のペナルティとしての年間騎乗停止回数の最多記録は3回。記録保持者は二人が並んでタイ記録。

誰かって?
武豊騎手と岡部幸雄騎手(当時)だった。東西のトップジョッキーのある意味「勲章」だったのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり騎乗停止と言うのはファインプレーと紙一重で有ることも間違いない。常にギリギリのところを狙っているからこそ接触等が起こる可能性は増える。

いまはなあ。どうなんだろうね。

2014年5月1日木曜日

株価のイメージ

前にも書いたけど。。

会社に入りたての頃、先輩のディーラーの横について取引を学んだのだが、こんなことを言われたことが有る。

新天地、株価っていうのは水面に浮かぶ発泡スチロールみたいなもんだ。水面から無理やりつまみ上げてもすぐに下に落ちる。手で沈めてみても放せばすぐに水面まで浮き上がる。

だから急騰や急落した時は誰かが「無理やりつまみ上げたのか、むりやり水面下に沈めたのか」あるいは水面そのものの高さが変わったのかすぐに見極められるようにと。


最初に聞いた時は何のことやらさっぱりだったけど、今は何となく分かるような気がする。

ノンバンクの急騰急落をみててふと思い出した。アコムの水面はまだ350より上にあると信じてますが。。

後藤騎手

新天地はカメラマニアです。

競馬好きでカメラマニアな新天地は、大学2年生の時に株で一儲けして生まれて初めての一眼レフカメラと望遠レンズ、さらにエクステンダーという更に大きく映る部品を買い込み競馬場に出かけます。まだ結構寒い春の日でした。(あまりにも写真機材を抱えていたために、マスコミの人に間違われるハプニングもw)

まだ人も少ない午前のレース、勝って意気揚々とウイナーズサークルに引き上げてくる馬とジョッキーをカメラに収めます。心なしか軽くガッツポーズを作ってくれたまだ無名の騎手こそ後藤ジョッキーでした。その姿はかっこよく、しかも僕に向かってポーズしてくれた「ファンサービス」にすっかり惚れてしまった僕はいろいろ問題がありながらも「贔屓」の騎手とします。

後藤騎手が乗ってるから、という理由だけで馬券も買い、買ったり負けたり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
彼が大怪我を負った時、ああ、これで引退だな、と思いましたがまさに不死鳥のごとく復帰し、最近では勝率も上がりつつ有りまさに第二の全盛期を迎えるか?と思われたところに今回の落馬と骨折です。

ファンとしては一日も速い騎乗復帰を祈りつつ、体は大事にしてね、とフクザツな心境であります。

それだけに二度の落馬の加害者になった騎手にはもう一度反省していただきたい。最近、無茶が減ったなあ、と思えてきただけに。

船の事故まとめ

結局。韓国の沈没事故は複合要因で起きたことが明らかになったが、そもそもどの要因が単独でも事故が発生するような重大なものばかり。むしろ今まで「なんで事故が起きなかったのか不思議」というものになった。

1韓国ではそれまで「船齢」が20年となるような船は使えなくなるような法令があった。しかし、この規制のため、韓国の中古船は中古で売る際に海外から買い叩かれるという話があったそこで韓国政府は、船齢30年までは使用を認めましょう、と。これで中古船を買い叩かれることが少なくなれば中小の海運会社が助かると。

ところが、この規制は当初の思惑とは別の副作用を生む。今回の船のように、日本など海外で20 年近く使われてきた中古船を安く買ってきてそれを改装して使うことが大幅に増えたのだ。そもそも造船韓国として有名だが、旅客船は不得意で余り作っていないということも大きい。

2改装するのはいいが、乗員増を狙って上屋を増築。重心が上がり重さも増えて不安定さがました。

3増築に伴い、貨物の最大積載量は減らされた。しかし無視された。無視するどころかそもそもの増築前の法定積載量を上回る過積載状態だった。

4過積載だと、喫水線が下がるため(船がより沈む)出航前の検査で止められる可能性がある。そこで本来船の最下部のタンクに積めておくべきバラスト水を積まなかった。こうすると喫水線は保たれるが、船の下部にオモリがなくなるので重心が高くなり倒れやすくなる。(起き上がりこぼしの、下のオモリを抜いて、頭にオモリを貼り付けた状態を想像してほしい。押したらどうなるかは自明の理だ)

5積載していた荷物をきちんと固定していなかった。日本では固定装置の装着が義務付けられているが、この会社ではただのロープでしか固定していなかった。(普通は最低限、鉄で出来たワイヤーロープと絞め機で固定する)。あるいは固定さえされていなかったという証言も有る。このため荷崩れがおきて船を傾けた。

6全速力で航行中にカジを切った。(そもそもきちんとバラスト水を積んでいれば出ない速度だったとも言われている)また、カジは故障中だったという記録があり、意図した以上にカジが切られた可能性も指摘される

7船が傾いたにも関わらず乗客を甲板に上げなかった。これについては船長の不作為が指摘されるが、そもそも事故の通報を受けた当局が船長などに乗客を甲板に上げるように指示を出すべきだったともされる。

8救助にあたった海警の隊員が沈没船に乗り移ることをせず、船内把握ができなかった(十分に時間はあった)。日本だったら間違いなく船に乗り移り、残りの乗客がどうなっているか確認作業を行う。あるいは船員はどうしたかの把握を行うが、そういう基本的な行為さえできなかった(訓練不足だろう)。こんかい、韓国の海警はただひとりとして海にとびこむことさえしなかったとして非難を浴びている。

エトセトラエトセトラ。なんでこんないい加減なことを見逃してきたかと言えば単純に監査機能が機能していな方からだろう。仕事をしていない公務員がたくさん居ると。この裏には汚職があったのかそれとも能力がなかったのか。それは今後の捜査で明らかになるんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いままで「日本ではありえない」とされてきたようなこういう話。しかし今後政府にお金がなくなっていけば監視の目は緩み日本もそうなっていく可能性は十分にある。運送会社も含めて改めて自己を省みる時かもね。

2014年4月30日水曜日

オリックスが強い

株じゃなくて野球のオリックスが強い。

オリックスグループといえば「野球と証券だけは赤字でも許される」ってな話があったが証券は数年前に売られる。やっぱり赤字は許さないというのがオリックスグループの強さなんだろう

(野球と証券はもともとオーナーが趣味ではじめたからという説がある)

その野球のオリックス。今年は強い。というのも今年はオリックス創立50週年ということで優勝を言明されていたんだそうな。やる気になれば出来るんだなという活躍ぶり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オリックスといえばワンマン経営から脱皮を図りなんとか軌道に乗りるつつある。案外株価も・・・。

まあすぐに乗る気はないけれど。
しかしわずか数年10分の一以下になったり10倍になったり
こういう株の売りと買いを当てれば資産は大きくなるんだよね。

来るべき大下落相場ではそういう株を狙おう。
(なんで潰れかけた会社がこうまで戻るかといえば、この会社にはそれなりの組織と人がいるから。もちろん潰れかけた時に潰れてしまえば仕方のない話だが「潰れなければ上がる」)

キズナ、と言いたいところだけれど

天皇賞までわずか。一番人気はキズナだろうか。

ただ気になるのがやはりこの馬の血統的背景だろう。
父ディープインパクトは三冠プラス春の天皇賞勝ち馬だから2000mから3200mの適正があったということになるが、実は産駒は3000m以上のレースに勝ったことがない。もちろん3000以上のレースがすくないという話もあるが、桜花賞や安田記念初め1600mのG1含む重賞を勝ちまくっている現状から見ると長距離を得意とする馬が圧倒的に少ない。

さらに母の父はストームキャット。ストームキャットといえば北米で種牡馬成績1位になったことが有ると思うが(うろ覚え)ノーザンダンサー系としては最も得意距離が短い部類の種馬。正直3200mに向くかというと難しいかなと。

こじつけになるけど、キズナの姉ファレノプシス(父ブライアンズタイム)は桜花賞を勝つなど本質的にはマイルから2000mの馬だった。母系は距離が持つ感じもないなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあダービーも買ってる、スタミナのいる凱旋門賞でそれなりに好走している馬を捕まえて距離が持たないというのはどうかとも思うが、負けるとしたらスタミナ不足で末脚不発というパターンかな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地、密かに大穴狙いでタニノエポレットに注目してます。父ダンスインザダークはディープと対照的に典型的なステイヤータイプの種牡馬(というか、短い距離で走ってくれないので人気が落ちてしまった)。母父はジェネラス。母はダービー馬タニノギムレットの半きょうだいです。(良血ですね)。
本人の競走成績も万葉ステークス勝ちなど明らかに「長距離専門」というタイプ。息のつかせないきつい流れになってくれれば自慢のスタミナで馬券に絡んでくれるんじゃないかと前から密かにマークしているんですが(なにせ3走前の万葉ステークスの勝ち方が良かったので・・・)

↓動画はその万葉ステークス長いので早送りして御覧くださいw

2014年4月29日火曜日

騎乗停止

競馬はある意味では格闘技だ。

一般の人には信じがたいかもしれないが、騎手たちは限界ギリギリのトップスピードにおいて馬を左右に動かしてブロックをかけたり、自分に有利なように競争を行う。

例えば日本に来ている外人ジョッキーや武豊の騎乗を見ていればまずライバル馬の進路を「閉めて」からスパートを掛けたりするところが見れると思う

だからといってラフプレーとそういうプレーとは違う。外人ジョッキーが「上手い」と言われるのはブロックをかけたりしながらもギリギリのところで事故にならない範囲でやってるからだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後藤騎手が落馬事故で再度長期休養を強いられた。事故の原因になった騎手は前回の落馬事故の原因にもなっている。しかも明らかに騎乗停止が多い。要するに「ラフプレー」の常連なのだ。

これを許していてはまた事故は起こる。ラフプレーと正当なブロックとは違う。

調教師も馬主も彼に騎乗を依頼することを考えなおすべきだ。勝てればいいのか?それは違うはずだ。もはやそれはスポーツではない。

日産、「リンク」24時間耐久レースに参戦

去年ルマンに姿を見せた日産だが、今年はニュルブルクリンク24時間耐久レースに「GTR」を出してくるという。

ふーん?というニュースかも知れないが、これは日産的には大きいだろう。というのもカルロス・ゴーン初め日産はレースに出ることに余り積極的ではなかった。そんなものにお金かけてどうすんの?という雰囲気がありありだった。

いっぽうでトヨタといえば社長自らがレースに出てくるなど「スポーツ」を全面に出してきていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日産にだってモータースポーツ好きがいたはずで何らかの会社の政治バランスが崩れたりこの前の大きな人事異動で会社の勢力図が変わったのかもしれないね

新天地はこういう「金にならないもの」に積極的に関わりだすときは(競走馬買ったりじゃなければ)会社の勢いを感じるものとして評価したい。日産もより良い方向に向いているのかもね。トヨタがもっと良い車を標榜しているのと同じように


ニュルブルクリンク24はルマン24時間よりもより市販車に近い車で行われるレース。ブランドイメージ構築のためにも日本勢はもっと打って出るべきなのだ。最近日本が苦手としている欧州で勝つためにも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドライバーラインナップにはお馴染みミハエル・クルム(伊達公子の旦那さん)とかなかなかの「速い」ところを出してきました。日産本気です。

昔、今

自分が株を始めた頃、まだバブルが来ず「円高不況」というものが市場を覆っていた。

その時に初めて僕が目にした「バイオ相場」が藤沢薬品の暴騰だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
藤沢が筑波山の山の土から取ってきた最近が今まで知られていなかった画期的な薬になりうるっていうんである。

株価は上がりに上がった。当時まだ世界の一流国に比べれば遅れていた日本の製薬会社が発表した世界でも類を見ない薬効。とうじ、実用化するには十年かかると言われたが数年で臨床投入され今でも世界中で使われる。

でもそこまでだった。続く画期的なクスリが出てこない。規模が小さすぎる。お金が最もトオ必要なのだ

薬は何年もかけて、莫大なお金をかけて開発される。今の世界では藤沢(いまはアステラスだが)のような規模ではそういう大型の薬を開発するのが困難になってきた。今後も買収合戦は続く。おそらく日本の製薬会社の相対的な地盤沈下はこれからも続くんであろう。残念だけれども

子役人気ナンバーワン

日本でも数年前のこども店長とかさいきんでは星蘭ちゃんとかいろいろ出てきてる。

ところで今、韓国で最も有名な子役はある意味「日系」のサランちゃん。(両親の国籍が日本人。本人はいまは二重国籍かも知れません)

ちなみにサランとは「愛」という意味だそうで、日本ならさしずめ「愛ちゃん」でしょうか。

だれ?っていう人が多いと思うがご存知韓国から帰化した元柔道選手(いまは格闘家かな)の秋山成勲(韓国名・秋成勲、チュ・ソンフン)とモデルSIHOとの娘さんといえばわかりやすいか。

秋山さんは韓国のほうが知名度が高く、娘と一緒にバラエティに出演したところ両親譲りの容貌が評判になりCMや番組に引っ張りだこに。特に父親譲り?の豪快な食べっぷりを評価した食品メーカーから次々にCMオファーが届いているという。一本数百万円~一千万円超のギャラですでに10社を超えるスポンサーを獲得したというから世界一稼ぐ乳幼児の一人といえるかもしれませんね。

はあ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140428-00000004-jct-bus_all&pos=3

こんな記事。

そもそもなにが本当でなにが嘘だったんだろうね。

2014年4月28日月曜日

VWAPオーダー。

世の中には「VWAP」というものがあって、今日出来高の何%上限に何株売りたいんだけど。VWAPプラマイ何%で。ってなオーダーが存在する。

そういうのの「でかい」オーダーが入っていると相場のインパクトが大きい。日計り商いするときはそういうオーダーの気配を感じ取れば有利になる。どうやって?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えば寄り前。まとまった額の指値注文。(売り注文だったら)なぜか指値でまとまった金額が下の方に刺してある。いくらまでなら売っていいよという注文の場合は成り行きでは出せないんでそういう指値注文のはからい売になったりする。

あるいは成り行きの売り買い。5万株の買い注文が来ているところに10万株の売り。このまま推移を見守る。すると10万株に買い注文が増えると今度は20万株の売り。このように寄り付きの注文の一方が増えるとそれに比例するように反対の成行注文が増える時がある。こういう時もVWAPオーダーの存在の傍証になる。

VWAPに勝とうと思うと、リスク分散のためにより付きである程度の量をさばくことが必要になる。その為どうしても場の成行注文の量に合わせて自分の成行注文を増やしていく形になる。その様子を観察することで「ああ今日はVWAPで計らい注文が入っているな」と想像するわけです。

今日のアコムがまさにこのケース。まとまった指し値売り注文が散見され、買い注文が入るたびに比例して売り注文が増えていく。100万株以上売り切った機関投資家がいると推察します。

なのでこういう場合は「ああ、よった後この大口投資家の売り注文で下げる場合がありうるな、と思いながら値段とその瞬間瞬間のVWAPを眺めます。売り手はVWAPに勝ちたいわけですから、VWAPよりもしたの方まで売り込まれたら買い手に回る。どこで下げが止まるのか見ながら。ここぞと見込んだ値段で買い込む。

いくら売りが来ていると言っても無限に下げるわけではないのです。需給が均衡するところでは下げ止まるし、特の今日のアコムのように一見下げ材料が出てるけど、そこは買うべきところと考えたのですからVWAPを下回って売り込まれたところ、そこは怖いけど腹をくくって買い込むところでした。

そして今度は上昇に転じます。いちど上昇に転じ出すとVWAPに勝つようにプログラムしているウリは少しウリが引っ込むのです。でするする戻して今度は売買値段がVWAPを上回るような値段になってしまう。今日のアコムで言うとVWAPが390円台なのに値段が400円に達した局面。今度は手控えていたはからいのウリが再開する場面。VWAPより上で売ればいいと考えるプレーヤーですから。相場観かまわずウリが再開します。そこを見越して日ばかりなら逃げるべきだった。そんな感じなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ディーラーは日々こんなことを考えています。麻雀なら相手の捨て牌をみて相手の戦略を考えますが、株なら板の動き方をみて大口プレーヤーの動向を察知し、それより先にたちまわろうというわけでつ

血筋

奥さんのお父さんは亭主関白だったところが有るそうな。

むかし奥さんが子供の頃、奥さんが二階にいてお父さんが一階で一人でテレビを見ていたそうな。

お父さんがいった「おおい◯◯(奥さんのこと)テレビのチャンネル変えてくれ」

二階から呼び出されたそうなw

昔はリモコンなかったんですな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時はながれ
奥さんと僕がテレビを見てました。猫に蹴飛ばされたかテレビのリモコンがゆかに落ちていました。
リモコンはどちらかと言うと奥さんよりに有るおくさんが少し立ち上がれば取れる状態です。

奥さんが言いました
「新ちゃん。TVチャンネル変えてよ」

血は争えないのだろうかと思うのです。「奥さん、そういうところ有るよね」と僕が言うと

奥さんは笑って無言でした。自覚症状は有るようです。

しつこくポジショントークのコーナー

アコム「やっちまった」

金曜日の引け後発表されたアコムの3月期の業績見込みは従来の会社予想はもちろん、かなり保守的と思われていた四季報予想をも大きく下回るものでした。(従来の会社予想が一株利益25.21円、四季報予想が12.4円。金曜発表の会社発表の予想が6.77円)「ネガティブサプライズ」と言ってもいいでしょう。直前に強気見通しを出していたクレディのアナリストはうーんと思っているかもしれません。もちろんそのアナリストは今回の「下方修正」の可能性を指摘していましたが)

本業の儲け的には四季報予想とほぼ同じくらい。むしろ健闘したと言えます。問題は利息返還損失引当金を454億円繰り入れたというところ。以前の会社の利益予想がほとんど引当金を見込まない数字。四季報の予想がある程度引当金を考慮した数字(営業収益はほぼ四季報予想にそってますかね)。そして今回の会社予想は「おおっ」ってなくらい引当金を繰り入れてきた数字です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、これの評価です。もちろん数字が予想よりも悪いわけですからおそらく売り材料にされるでしょうそれは間違いない。ニューヨークも安かったし。

この数字をどう考えるかです。
過払い請求は当然時効があります。これはその客が該当する金融機関に最後の返済を行ってから10年とされています(判例)。ここが厄介なのですが大昔に過払いをしたケースでもその会社から再び借りて返してをおこなうとそれがあたかもリボルビング払いと同じようにみなされて返還請求の消滅時効が中断していくというのが判例の考え。それでいまだズルズルと過払い返還が続くということになっています。過払いをした時から10年ではないことには注意が必要ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、それにしても「永遠に」過払い請求が続くわけではありません。今回の下方修正は世間一般が思っているよりも会社側は「時効にかからない過払いの額がまだ残る」と踏んだ結果と言えます。一方で「一時的な減益要因」と言えなくもありません。これが将来にわたって続き続けるものでもなさそうだからです。

アコムについては大きく下げる場面が今週有るかも知れません。数字が悪かったのは事実です。でもそこは黙って買うべきです(ここがポジショントークなのが説得力ないかもしれませんが。)今後いわゆる「総量規制」(年収規制)と金利規制が緩和されれば金貸しには絶対的に有利です。(ハイパーインフレが来なければですが)

基本的に難平しない新天地ですが今回だけは強気です。機関投資家が持っていない銘柄。しかし上がりだせば買わざるをえない銘柄。げんに昔は(コンプラが問題にされる前は)機関投資家もノンバンクはいっぱい抱えていたのです。法律改正の動きが出てきた以上、ノンバンクは「買うべきセクター」という考えに変更はありませぬ。安いならむしろ歓迎するところです。

なにせすでに武富士を始めとした過去のライバルがいない「寡占」市場。そして銀行傘下(コンプライアンスが向上している)という強みが有る、おそらく金利緩和も銀行傘下の会社に有利に働くようにしてくるはずですから。

目標株価

多分、冗談だと思うけれど「目標株価が低すぎる」というお叱りを頂いた。

自己矛盾になるが「目標株価」というのはそれ自体矛盾でも有る。だって例えば1000円目標!という株、1000円になったらじゃあ誰が買うんだよと。それ以上上がらんのに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一応、新天地なりの根拠というか、過去の経験から「これくらいになるのが妥当じゃないかな」と考えて投資するし、まあ他超オーバーかもしれんけど目標株価は掲げます。

でもそれを低すぎると言われてもなあ。。結局は価格は市場が決めるんで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オマケ
いま結構PERが10倍切るような株が散見される。ここで放置されているのは理由は2つ。

マーケットが間違っているか、マーケットが「この利益は将来にわたっては維持できない」と考えていてそれが正しいか。

維持できる、あるいは利益が拡大できるという株にはお金を突っ込む価値がある。
そこが今の相場の肝かもしれんね。

逆にPERが30とか50とかになっている銘柄の取捨は慎重に行わないといけないというのはすでに述べたとおり。なぜなら金融が(アメリカで)縮小しているからだ。そこは忘れてはいけない。

2014年4月27日日曜日

今度は山火事

夜を徹して救助作業を行う海難事故。

今度のネタは。。。。

救助作業に使う照明弾を韓国軍が誤射。
近くの山に直撃。山火事を起こしてしまったそうです。


もう、わざとなのか。