2013年11月16日土曜日

あたってるやん

一部週刊誌が「韓国は交渉もできない愚かな国」と首相が言ったと報じたことで韓国の与野党が反発。日本に来ていた韓国の国会議員は昼食会をキャンセルしたとか。

でもそれって「交渉もできない」ってことを認めたことになるんではw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本政府は「そんなこと言うはずがない」と公式に否定。そりゃ、たとえ言ったとしても「ハイ言いました」とは口が裂けても言えないわな。

週刊誌側は「韓国が釣れた」と大喜びしてるんでは?報道されたことで売上も伸びることでしょう。w

これだけ「嫌韓がカネになる」時代が来るとはね。新天地にて、は株のページのはずですが、何故か韓国がらみのネタの閲覧数も結構多い。それだけ韓国関連ニュースをわざわざ検索して閲覧する人が増えたということなんでしょう。昔は北朝鮮をネガティブに捉えることが日本人の「感情」を満たしたけれど(一種のストレス解消みたいなもんでしょう)、いまはそのパートを韓国がやっている、というわけです。

昔ニクソンが思ったように「北も南も一緒」そう考え始めた人間が増えているんですかね。(僕もそうですが)

証券業とガラスと高炉

新天地は割かしガラスとか証券株、鉄鋼株が好きです。この業種、ちょっとした共通点が有ります。

各々の会社にももちろんよるのですが、ある一定の固定のコストの割合が大きく、ある損益分岐点を下に切ると赤字がどかっと出ますが、もしも売上がその分岐点を超えてくるとバカスカ利益になるのです。証券会社は約定システムとかの設備投資、管理費が大きく、鉄鋼は高炉(一度火を入れたら何年も入れっぱなし)、ガラスもメインの工場は一度稼働を始めたらずっと稼働させています。売上がある一定水準を超えるとガンガン利益が出てくる構造なのです。

つまりさえない時に買って、その分岐点を超えてくるところで大きな利益が出てくると。変化率が大きいので株価的にも変化率が高くなると。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なので株価がさえない新日鉄と板ガラを買ったというわけ。新日鉄は合併後のコストカットの進み具合を見て、そして板ガラもそろそろ黒字転換が近づいたと見て。もう少し景気が持ってくれればリターンは大きいと考えているのですが・・・。最近動かなくて申し訳ないですね。

2013年11月15日金曜日

目の開発進む

日本でもようやく自動ブレーキあるいは自動運転システムの開発に前のめりになってきた。
法的規制のあるうちに欧米企業が日本を置き去りにしたことを悔いている政府がようやく重い腰を上げtからだろう。

潤沢にお金を投入できるトヨタ辺なら2,3年である程度は追いつけるかもしれん。逆に言えば日本勢は少なくとも2,3年のハンデを背負っているとも言える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、その肝となるセンサー「目」。スバルのアイサイトがステレオカメラとその画像解析を柱にしているのに対し、他者はレーザーあるいはレーダーを使っている。実はそれぞれ一長一短があるのだが、今後は複数、あるいは全部を組み合わせてシステムを組んでいくことになるんだろう。

この手の技術は軍事転用される種類のもので例えばミサイルに物を判別する能力があるのは今や有名な話だが、将来的には自動運転で敵地に乗り込み、障害物や敵の攻撃を避けつつ敵を攻撃するなんてものも出てくんでしょうね。

この辺り、富士通が動き出しましたね。株価にすぐ効く材料ではないですが技術力には定評があるだけに「救世主」になる可能性有りです。

2013年11月14日木曜日

日韓の論点

さて、日韓の揉め事は続きます。論点を一応整理しておきましょうか。(新天地にて、は韓国ウオッチのサイトです)

1日韓には領土紛争がある。韓国側は否定。日本から見れば竹島は日本固有の領土だが、韓国から見れば元々韓国領土なのを日韓併合に伴い日本領にされてしまった。それを取り戻しただけ。(なので元々紛争は存在しないのに日本が言いがかりをつけている、と)

2国家間の賠償問題は1965年の日韓基本条約で解決済みだが、対個人の請求権は消滅していない(韓国の最高裁判所判例。従軍慰安婦および強制労働については日本政府あるいは企業に賠償責任があるとの考え方)

。これに対し韓国政府はいまは(強制労働の判例について)態度を保留。日本の政府は当然「すべての請求権は消滅済み」との立場。

3従軍慰安婦については謝罪し、個別に日本政府が賠償しろというのが韓国政府の立場。日本政府はすでに謝罪したし、賠償義務はないとの立場。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日韓基本条約は日本が当時のお金で無償援助3億ドル、借款2億ドル、、民間借款3億ドルを提供。日本が韓国に残した資産はすべて韓国のものであることを認めた上で、日韓併合条約の失効の確認、朝鮮半島における唯一の正統政府が韓国であることを確認。更に双方が1945年以前の請求権について放棄することになったと明記されています。

(あくまで協力金を払ったのであって「賠償金」ではないというのが双方の考え。協力金とは関係なく、「請求権を放棄しましょう」というのが条約の基本的な考え方だそうです)

さて、ここで問題になってくるのがいわゆる戦争犯罪についての賠償です。もしも日本が戦争犯罪を行ったのだとしたら、その賠償は消えていないのではないか?というのは日本の法学者でも認める人はいるようです。

従軍慰安婦の賠償問題についてはなかなか揉めそうな気はしますね。従軍慰安婦については「戦争犯罪」という考え方も確かに存在し、且つ戦争犯罪だとするなら日韓基本条約では解消されていないよいう考え方は成立しうるからです。かなり無理があるとは思いますが。

一方で強制労働問題については韓国の最高裁判決は相当苦しい気がしますがどうでしょうか。でも韓国の民法には「相手が日本なら日本の負け」と書いてあるという噂もありますしw

最近では韓国の朝鮮日報など「強制労働について新たに個別に賠償を求める立場は国際的に理解されない」と主張する「良識的?」論調も見られますが、あくまで少数派。韓国は自分に不都合な意見は抹殺されがちなのでこのままヒートアップした状況は続くもんだと思われます。

2013年11月13日水曜日

安倍首相、トルコで韓日場外戦勝利!韓国赤っ恥???

トルコといえば、親日国のイメージがつよい国ですが、韓国とも結構強い結びつきがあるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてそのトルコ、次期主力戦車を海外の技術を導入しながら自国生産及び技術の習得を行うことを目指しています。更にはサウジアラビアがその戦車の購入を打診するなど将来的には輸出を行うことまで考えています。なかなか野心的です。

そのトルコ、今度日本に対して、主力戦車のエンジンを中心にしたパワーパック(駆動系)の技術共同開発を申し込んできました。日本は今の政権で武器輸出規制を緩める方向ですのでモデルケースとしても十分有益でしょう。ミサイルとか銃器そのものではなく、エンジンなので精神的(国内的)に抵抗が少ないという面も有りますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてこの話。実は日韓場外乱闘でして、日本にとっては大勝利!韓国にとっては武器市場における過去最大級の赤っ恥と言えましょう。関係者ははらわたが煮えくり返る思い、もしくは心から情けない思いをしていると思います。なにせ、国を上げて全力で売り込んできた市場で、あとからちょっと来た不倶戴天の敵の日本に油揚げをさらわれた挙句、韓国は「失格」の烙印を押された格好ですから。

そもそも、トルコの次期戦車はエンジンも含めて、韓国が開発したK2戦車を技術パートナーとして開発される予定でした。K2戦車は韓国の独自開発が謳い文句で国産化率は90%以上を達成。2012年には生産開始予定だったのです。ところが韓国がゼロから自主開発を行っていたK2戦車のパワーパックはいつまでたっても完成せず。K2戦車自身は2011年の初号機完成でそのまま配備のはずでした。ところがエンジンにまず欠陥が見つかります。更にエンジンを外国製のものに載せ替えてテストを継続したところ今度はトランスミッションにも欠陥が見つかったのです。

開発期間を延長して完成を目指していますが、開発遅れによる戦力空白を懸念した韓国国防省はプライドを捨てて初期生産100台分について海外からのパワーパック購入を決定。更には当初600台生産予定だった生産台数も200台に減らされるなど、悲運の戦車になりつつ有ります。

で、開発遅れに業を煮やしたトルコ政府は韓国政府に対して技術協力契約の一部破棄を通告。依りにもよって、エンジンの開発パートナーに日本を選んだ、そういうわけです。

韓国としては、ジエット練習機兼軽攻撃機であるT50の輸出と並んで韓国防衛産業の輸出の両輪として力を入れてきたK2ですが、これでほぼ輸出の息の根を止められたと見ていいでしょう。大事な時に動けない戦車なんて誰も欲しくないですからw
忌々しい日本!!(そしておそらく将来も邪魔してくるであろう日本)
安倍首相が勧める官民一体のビジネスモデルは、韓国も同じスタイル。これからもガチンコでぶつかる場面あ増えるでしょうね。そして日本はそこで勝ち続ける必用があるのです。

2013年11月12日火曜日

ザックス、ショーワ、「ケイレツ」の崩壊へ

さてオデッセイの話の続き。
(オデッセイはもともと「走りのいい」ミニバンだったが、新モデルでは超低床、天井高UP!で広さも追求した。さらに今まで走りを良くするためにダブルウイッシュボーンという「体積」を使うが高性能なサスペンションだったが、それでは広さが追求できないため、フロントはストラット、リヤはトーションビームという体積は小さいけれど、理論的には性能が落ちるサスペンションを採用してきた。そのままでは性能が落ちる(ハンドリングとか乗り心地とか)のでダンパーを変えることにした。ダンパーを高性能にすることで車全体の性能を維持しようとしたわけです。


ホンダは従前は関係の深いショーワのダンパーを使ってきました。しかし今度のオデッセイではドイツの会社のザックス社の韓国工場謹製の入力感応型ダンパーを採用してきました。ダンパー単体では従前のものよりもお金もかかっていますし(高級車にも使われるもののようです)性能も上がっていると言えましょう。

日産なども一部使っている韓国ザックスのダンパー、これはなかなか乗り心地が良いと評判なのです。いい変えれば、株の世界で言えば「日本のメーカーはザックスに対して性能で負けている」と言ってもいいかと思います。ショーワの製品ではホンダが求める性能を満たせなかったと。

ダンパーに関する限り、日本メーカーは相当頑張らないと消えていくかもしれませんね。日本のメーカーも「乗り心地こそ日本車の欠点」と思い出したフシが有ります。

インフィニティ スカイライン登場

日産自動車は新しいスカイラインを国内発表。

この車、すでにアメリカではインフィニティQ50として発売されている車。アメリカでは日産チャンネルとは別に「インフィニティ」チャンネルとして高級車ばかりを販売する販売網を持っている日産だが、そこで売る車だ。つまりアメリカでは「レクサス」などと競合する車になる。

その車、日産は日本ではインフィニティという販売網を作っていないため、普通に日産のディーラーで売ることにした。ただし販売名は「インフィニティ・スカイライン」。


わかりやすくトヨタに置き換えるなら、「レクサスGS」を「レクサス クラウン」みたいな名前をつけて「トヨタ」の店で売る、そんな感じかな。値段も大きく上げてきました。しかし、レクサスの対抗車という車格から見れば「安め」のプライス。このへんも中間的な位置づけですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いっその事、スカイラインの名前捨てて(スカイラインの名前が残るのは日本のみ)インフィニティQ50で売ればよかったとも思えるのだが、この判断はどう出るのか・・・。もはや「スカイラインではないよね」という車格も含めて。

さてプロダクトとしての注目点はハイブリッドの投入と「ステアリングバイワイヤ」。前にも書きましたが、この車、ハンドルとフロントタイヤは機械的にはつながっていません。「ハンドルは単なるスイッチ」でハンドルから入力された電気信号がサーボモーターを動かし、前輪が切れるしくみ。逆にタイヤが路面から受ける反力(ロードインフォメーションとかいいますね)は前輪軸に取り付けられたセンサーからハンドルのサーボモーターに伝わりハンドルを通して「バーチャルリアリティ」として運転者に伝わる、と。

この構造の良い点は車の速度や姿勢変化などに対応したセンサーが最適な前輪(又は後輪も)舵角を生み出すコンピューター制御に向いていること。副次的には前輪とタイヤを機械的に切り離すことで
前輪の細かな振動がハンドルに伝わることをカットすることで長時間の運転などでの疲労感を大幅にカットすること。

もちろん故障したら危ない(ハンドル操作ができなくなるわけだから)やんけとか、燃費には?とかいう見方もありますが、いま現状でもほとんどがパワステ付きになってて、(そこからハンドルと前輪の機械的接続を抜いたと考えても)その経験上もほとんど危険は無視出来る安全性が確保されているんだとか。飛行機の世界がそうであったように、車の世界でもおそらくはハンドリングバイワイヤが一般的になっていくのかなあ?と思います。この技術は「全自動運転」には欠かせないと言ってもいい技術ですしね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてこの車に採用されているセンサーとサーボモーター、どこのか調べておかないとねえ。

またぐんくつの音がwサッカー新ユニフォームは旭日旗をイメージ?

最近、韓国では「旭日旗を戦犯旗」っとしてアピールする活動が盛んです。旭日旗はナチスのハーケンクロイツと同じだというわけです。

この前のオリンピックでも体操選手の模様が旭日旗を連想させるとして強い抗議を行いましたが無視されました

そんな中、新しいサッカー日本代表ユニフォームが発表されました。注目されるのは背中の一本線(円陣を組むと背中の線がつながる)ですが、韓国的には胸の放射状に広がる11本の線。円陣を組んだ選手たちがピッチに散っていくさまをイメージしているんだそうです。


 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも旭日旗というのは今でも自衛隊が公式に採用してますし、「戦犯旗」であるというのは無理があります。
 
そして韓国がスポーツシーンで旭日旗云々と言い出したのはあのモンキーの猿マネパフォーマンスや独島は韓国のものパフォーマンスで世界的にバッシングを受けた際に「日本ちゃんだって悪いことしてるのに」とまるで幼稚園児の言い訳のように言い始めたという経緯があります。もはや自分が始めた旭日旗たたきに自分自身が酔っちゃってるんですな。
 
日本としては「韓国のキチガイ具合」をアピールする良いチャンス。もっともっと旭日旗模様をいろんなユニフォームにw

韓国が嫌われる?理由を考える

中国対韓国?のサッカーアジアチャンピオンズリーグが終了。

決勝戦は韓国と中国で一試合づつ行われ、二試合の合計得点は双方同じだったものの、敵チームの本拠地でより多くの得点をした中国チームの勝ちとなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もしもこれが日本対中国なら日本は「勝った中国チームを褒める」と思うんですよね。それが礼儀とされているからです。実際今回の中国チームは勝利に値する強さを見せました。

ところが。。。

韓国の「マスコミ」(ネットの意見じゃないですよ、マスコミがです)の論調は、「一試合一発勝負なら韓国のほうが有利だったのに」とか、「中国のチームは金で集めたチーム」(監督はWC優勝監督のリッピ。外人選手3人の年俸だけで数十億円、中国選手も半数が代表経験者)とか。。。「(寒いソウルから)蒸し暑い中国に移動して体力を消耗した。ずっと中国で調整できた敵チームに有利だった」とか「交通渋滞がひどすぎてコンディションを維持できなかった」とかw

あるいは試合は同点なのに、不可解な規定のために負けた(二試合合わせて同点でも「アウェイゴール」(敵地での得点))に差がある場合は延長戦を行わないでアウェイゴールの多い方の勝ち)。なのでこの負けは受け入れがたいとか。。。(苦笑)

更には「試合後は韓国の選手がサポーターに頭を下げているのに、中国の選手は相手選手を無視して喜び合った。選手としての成熟度は韓国が上」とか「電光掲示板に「韓国準優勝おめでとう」と表示された。失礼だ!!」とかほとんど言いがかりのような論調さえ有ります(繰り返しますがちゃんとした新聞記事です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分たちに自尊心を抱くのはいいと思うんですよね。しかしそこに至る思考回路に相手へのリスペクトが足りない。相手がいるということを考えない。

そして厄介なことにそのことを指摘してあげる「友人」がいない。なぜなら、韓国では自分の「悪口」を言う人間は嫌われるからです。忠告してくれる外国人よりも「韓国は素晴らしい」とおべっかを使う外国人の方は半万倍好かれるからです。


日本でも相当嫌韓環状が広がっています。韓国のマスコミがこんな「些細なこと」に気がつくのはいつのことなんでしょうねえ。韓国と国際試合をすると後味が悪い。みんなが気がつき始めたこんな些細な事に。

2013年11月11日月曜日

占いの結果

奥さんは占い師です。(最近はやってませんが、某所で実際にお金をとって活動していたことが有ります)

最近、また熱心に勉強しています。
そこで奥さんに占ってもらいました。なにを?仕事についてと「浮気について」w

浮気した場合としない場合。どうなるかをタロットカードで占ってもらった結果・・・・。

浮気をすると「土台が崩れる」おそれがあるんだそうです。占い師(奥さん)いわく、浮気相手に会社とか家まで乗り込まれたりするんじゃないの?もっともうちに来たら私=奥さんが追い返すけどね。あるいは浮気相手にお金をつぎ込んで経済的に破綻するとかかもね。

止めはしないよ。失敗を選択するのもその人の自由だから。

だそうな。浮気はやめておこうw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
浮気をしない選択肢の方は「自由」なんだそうな。浮気しないほうがのびのび人生を送れる、とかいう。。奥さんいわく、例えば妄想するだけなら自由っていう話でしょうと。キャバクラ行って楽しくやってる分くらいならいいんじゃない?と。その代わり、私今月誕生日なんだ!とか言われたら気をつけろよと・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「占い3件、時間と指名料、相談料含めて15000円になります」(結構長時間の占いとアドバイスでした)とのことですが、近くのラーメン屋のレバニラ炒めで我慢してもらおう。



その後。夜中に奥さんに言われた。なにがあっても私があなたを支えるから。。

奥さんにそこまで言わせるようじゃあ、僕もまだまだだな。方向性というか「これでやっていく」というそれこそ土台を固めないと。

「日本の悪口を言いふらす」国に対してどういう対応をするべきか。

新天地は基本リベラリストです。これはまあそういうもんですからしょうがない。

なので安倍首相のように右派的な言動には?と思っていました。そういう言動は結果的には損では?とも思っていました。


しかしながら。。。最近の韓国の対応を見ていると、もはや相手にすまいというか、積極的に貶めてもいいんじゃないかと思う。というのも主にアメリカで日本の評判を下げる行為を積極的に官民で行っているからだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも独島の専有と「日本の不当な干渉」という話の宣伝から始まった対米工作。最近では何故かアメリカに「従軍慰安婦の像」を建て、明らかに誇大な日本の悪行を並べ立て、戦後賠償の話を都合良く行い大声で日本の悪口を並べ立てる。

今までは日本に対して恫喝すれば日本が折れてくれたが、「謝罪疲れ」した日本が全く反応しなくなったと見るや、「日本はアメリカの犬だから飼い主のアメリカから攻めよう」というわけですな。最近ではヨーロッパとの首脳外交でもひたすら無関係のはずの日本を引き合いに出し、悪口を言いまくる作戦。

日本の感覚ではそんな阿呆な、と思う話も、一方的に話を聞かされる人間は「そっかー、日本ってそんなに悪い国だったのか」と影響されてしまうのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本も声をあげるべきなんでしょう。遅まきながら動画で竹島主張を始めたのは悪いことでは有りますまい。官民を上げて韓国の矛盾を世界に向けて発信すべき時かもしれません。あるいは今こそ韓国企業を叩き潰すべく行動すべき時かもしれませんね。

デスブログ、デスゴール

このブログでも何度か取り上げたけど東原さんのブログ「ひがしはらですがなにか」。

このひがしはら「です」がなにか。というですに引っ掛けてデスブログとも言われる。


ひがしはらさんは一時競馬の予想コーナーを持っていたのだが、たとえグリグリの一番人気を押してもその馬が負ける、ということから騎手から冗談交じりで本命にしないで、と言われだしたことから始まり、更にはそのブログで登場したものに不振や不幸が襲うということで話題になった。もちろんこじつけが多いのも確かだが。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっくんの件、死亡した日まで予言していた?となると確かに背中がぞぞぞとならないではない。

まあこじつけではあるんだが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、ジュビロ磐田の前田選手のデスゴール伝説。2007年から始まったこの伝説。前田選手がリーグ戦でその年の初ゴールを決めた相手は必ず二部に転落するという伝説。これも偶然だろうと言われていたが、「優勝候補」だったガンバ大阪(遠藤選手など日本代表を複数抱えていた)がその餌食になるともはや偶然では説明できない物がありました。

6年続いたこの伝説も今年で終止符。今年、前田選手が初ゴールした相手は浦和でした(初ゴールが決まった瞬間、球場にはなんとも言えない沈黙が流れたのを覚えていますw)。しかし浦和は優勝争いの真っ最中。デスゴールの効果はついえたようです。。。

ところで、映画版デスノートの作中では、デスノートを使った人間はそのかわりに天国にも地獄にもいけなくなる、という設定がありました(この辺、漫画とは微妙に解釈が違う)

一方サッカーの世界でデスゴールを放ち続けたジュビロ磐田ですが、このデスゴールがついえた今年、自らが二部降格という地獄にハマり込んでしまいました。不思議なめぐり合わせでは有りますね。

2013年11月10日日曜日

自動運転に舵をきる。

阿部総理大臣が自動運転車に登場
これは、法的規制を取っ払うから、今から、一生懸命開発しろっていうサインでしょう。今まではお役所は手放し運転を認めてこなかった。これを転換するよと。

要するに日本メーカーは下手すると欧州メーカーにくらべて10年遅れている。今から全力でおいかけなさいと。政府は邪魔しないから。阿部総理大臣、いいお仕事です。