2013年9月14日土曜日

軍事(空母)ついでにこんなネタw

今週、日本ではオリンピック銘柄一色だったが、中国ではこんな銘柄が賑わった。

「空母」関連銘柄だ。

ちょこっと前にも書いたけど、空母というのはお金がかかる。作るのに数千億円。何千にもの人間が運用に必要。浮かぶ小さな軍事基地ともいう。作るとなれば「大規模な公共事業」ともいえるかなあ。

今現在、中国が保有している空母はロシアの経済混乱と分離独立騒ぎで捨てられた「ヴァリヤーグ」を中国がエンジンや電子機器、航空機抜きでガワだけ買ってきたもの。本来の性能が発揮されていないと言われ、「練習用」とのやゆも。オマケに故障がちでまともには使えないというのが噂です。


そんな中国海軍は「自前でまともな空母を作ればいい」という路線に変更したとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国の造船大手「中国重工」が日本円で1300億円の資金調達を市場で行うことを発表。通常なら嫌気して売られるもんですが、逆に2日連続ストップ高となりました。市場では「数万トンクラスの空母を作るドックの建造資金」という見方が強まっています。ならばその資金調達は数年でペイできるという強気の見方なんでしょう。

所変われば株変わる。ある意味日本は平和ですね。

韓国最大の軍艦、故障でw曳航中

 
韓国には「独島」と名前のついた超大型揚陸艦があります。名前の通り「日本を意識した」船と言われる独島は韓国海軍を象徴する大型艦で(旗艦では無いが、「シンボル」)メンツで作ったような船です。これだけヘリを搭載できる船は日本にもそうはありません。
 
写真は韓国の海軍の「象徴」アジア最大の揚陸艦「独島」
その名前は「日本が領有権を主張する」「竹島」の韓国名「独島」から。
一見すると「小さなヘリ空母」のようですが、船体後部から「LCAC」(戦闘車両とか歩兵を積んだ超大型のホバークラフト)を一隻もしくは二隻搭載可能。(なので強襲揚陸艦)。
本来強襲揚陸艦はもう少し小さなものなのですが、韓国は「一隻二鳥」をねらい、ヘリ空母として使うことも可能な船としてこの船を作ったのです。上陸戦闘の時は揚陸ホバークラフトを使って、揚陸艦として、海上戦闘の時は揚陸艦の代わりに対潜魚雷や対艦ミサイル、哨戒機能をつんだヘリを満載して使える用に作られていると。

「日本最大」(当時)の「おおすみ」よりも高性能!竣工当時韓国軍人は誇らしげに語ったそうな。韓国造船業にとっても「名実ともに日本の造船業を上回った」と。

もっともその名前のせいで永遠に日本に寄港することはできないでしょうがw。日本に見せびらかせない船です。


さてそんな「韓国海軍の象徴」独島ですがいま世界の軍マニアの失笑を買っています。故障で自力で動けなくなって黄海を母港まで曳航中なのです・・・。韓国海軍最大の軍艦、シンボルが、です。

というのも、発電機が火災で壊れたから。ああ、火災ならしょうがないな。不測の事態か。

いやまてよ?そんな大型船なら予備の発電機があるでしょ?ダメージコントロール(被害を受けても戦闘し続けられる準備)はどうなってるの???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実は。
独島ほどの大型艦ですから、ちゃんと発電機は4つ積んでました。ではなぜこんなお笑いが起こったか?

火災から遡ること5ヶ月前。
今年の四月、ある事件が起こっていたんだそうです。(隠されていました)
バラスト水を船に入れる途中で(独島は揚陸艦で大量のヘリや上陸艇、上陸人員を載せるため、逆に空荷にする時は船内にバラスト水を入れて水位を調整して船のバランスをとるそうな)スイッチを間違えて押してしまい、4この内の2つの発電機を水浸しにして壊したんだそうなw(その事故だって普通はありえない。間違って自爆スイッチを押しちゃったくらいのお笑いです。なぜ間違えて押しちゃうようなところにスイッチついてる???ヘタすれば「スイッチ間違って押したせいで数千億円の船が沈没する」ところでした。タイムボカンシリーズかw)

それだけでもお笑いですが、なんと「後2つあるから」故障した発電機を2つ取り外したまま、残り2つで航行してたんですな。(日本では考えつらいか)。普通は故障を直してから航海に出ます。いざ戦闘になったら危ないもの。「平和ボケ」ですな。

、残った2つで航行中、今月に発電機周辺で火災が起きた際、ひとつは丸焦げ。ひとつは消火作業で水浸し。結果全発電機を失った独島は黄海のど真ん中で浮かぶ鉄くずに。哀れ他の艦船に引っ張ってもらってとぼとぼと世界に恥を晒しながら黄海を帰路航海中です・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかも発電機の部品は海外製で、部品は今お取り寄せ中・・・。今年の4月に浸水した発電機を治すのには来年の4月までかかるそうな。まあ、アホなミスで発電機を壊したことを世界に知られたくないんで、隠してたんでしょうね。かくしたまま残りの発電機で運用してたと。

また火災で水をかぶっただけの発電機は来月中一杯は修理に時間がかかるとか。(一個、もしくは二個発電機が治った状態で船を出すのか出さないか?そこが韓国軍の考え方が出るところでしょうね)。ケンチャナヨ精神で復帰すると思います。

てか、いざ戦争になった。攻撃されて壊れた。海外製なんで直すのに数ヶ月から一年かかるってんで戦争になるのか?「敵国」ながら心配しちゃうのです。

集団的自衛権を備えると、こんな国を支えなければいけないかのうせいが。。

おまけ。
投資家としてもすこし他山の石としなければいけない点が一つあります。

韓国軍は「日本に勝ちたい」と言うわけか「一隻豪華主義」に走ったきらいが有ります。イージス艦もアメリカや日本の船よりも大きく作り「一隻あたりの戦闘力は自衛隊より上」というのが自慢。でもそういうふうに少ない船に戦力を集めすぎると、その船が壊れたらどうすんの?というリスクを常に抱えているとも言えます。

投資も似ているかもしれませんね。

仕手株 鉄建(1815)の場合

鉄建、新規売り規制が入った。佳境に入ってきている。

さて、オリンピック銘柄の中で「鉄建は特別」と書いた。要するに「オリンピック」と買われた銘柄のほとんどは、なんの準備もなされていないなかで買われた銘柄がほとんどだが、最近乱舞している銘柄の中で何銘柄かは「予め仕手化させることを狙って、静かに買い占めていたグループが存在する」ということだ。

前も書いたと思うが仕手株はある程度のサイズの銘柄である程度の流動性を盛った株を狙う。値段が安め(まあ300円以下くらいかな)で株数が1億株から3億株くらい。潰れないけど人気化しない銘柄。静かに指値を這わせ、数年かけて気づかれないように仲間内で買っていく。あるいは市場外でまとまった株を譲り受けるときもある。

この時チャートは妙に静かなサポートを受けるが上がりもしない。ただ横ばいが続く。または下値が切り上がる。ただただ買いは処女のように。

この時実はまるでゴムが伸びきるくらいまでエネルギーが蓄積されたようなものなのだ。外からはまだわからない。需給は実はぎりぎりまで絞られているから(買い占めているんでウリが出にくくなっていく)何かの拍子に買いが入るとポーンと値が飛ぶ。例えば買い占めていたグループが故意に情報を流して買わせる場合もあるし(「良い銘柄あるんだけど知ってる?と吹聴すれば買う金持ちもいるし、危険を承知で買いに行くバカじゃなくて勇気ある人もいる。あるいは僕達のように、チャート見ると誰か買い占めてないか?と疑う人間もいる)。

さて鉄建チャート。
2011年以降、よく見ると下値が切り上がっている。推測だが少なくともこのへんではすでに、未来の高騰を夢見て静かに株を集めだした人間がいるんだろう。オリンピックどうのではなくて、この株を仕手化させてやろうと思った集団が・・・。
あるいは2010辺りにはすでに活動を開始していたかもしれないね。何人かの中心メンバーがいて、それらが何人かの第一次提灯メンバーに緘口令をしきながらどんどん買わせていく。3000万から一億円くらい持っている株好きな個人を何十人か集めれば150円で1億株発行済株数がある株の浮動株の何割かを押させることは不可能ではない(この時サイズが大きすぎると株を買い占めできないし、小さすぎると儲からない。一億株から3億株くらいという理由はここにある)

静かに買い占めを行う。限界まで行くとその株はきっかけを与えて上昇するときもある。あるいは意図せず上昇するときもある。買い占めメンバーから情報が漏れて意図せず上昇を開始してしまうのだ。僕が知っているケースでは2000年頃の1491中外鉱業がそうだった。もう少し買い占めるつもりが、買い集めている人の思惑よりも先に上昇を開始してしまったのだ(噂が流れたんだな買っている奴が居るよと。僕も黙って買い込んでいた口だがw)。なにせすでに買い集めているということは枯れ草に油をまいたようなもの。自分が火を付けなくてもなにかのきっかけで燃え上がるように上昇してしまうこともある。


今回の鉄建もそうだったのではないか?オリンピックが始まる前に急上昇を始めてしまった。直近のシナリオでは、(もしも東京に決まったら)オリンピックと同時に始めるつもりが、なんかのきっかけで情報が漏れたか、気がはやったか、早めに点火したんじゃないかと。(もしもオリンピックが決まらなかったら?あるいはその時は更に株を拾い集める気だったのかもね。二段構えの作戦だったのだろう)

結果として僕を始めチャートを見ている人間に「ははーん、この株たんにオリンピック期待で買われてるんじゃんくて、だれか買い占めている奴がいたな」と気づかせることになった。もしも月曜日まで上昇させなければもっと空売りでハマる人が居たに違いない。ぼくも気が付かなかったに違いない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そこまでして買い集めた人間が居る以上、200円台まで上昇したところで「満足しないだろうな」と思ったのが僕の推理。だからこの株に関しては単純な空売りはまだやめたほうがいいと思った次第。ここまでやらかした以上500円くらいは、と本尊は思っているに違いない。と。ただしおそらく売り禁になるだろうから、その時に備えて「両建て」(新規買いと新規売りを同時に持つこと)ポジションを作っておこうと。ここが天井!と思えた時に新規売り中止では空売りできんからね。今両建てにしておいて、天井だと思ったここぞの時に買いを外して空売りポジションを持とうと。

果たして空売りは貯めた。人気も集めた。ただ「売り禁止」になるのが速すぎたか???
あとは如何に提灯を集めて値を売り逃げるかにかかっているだろう。チャートを見ながら売りに行く人間の狙いを見極めて行動することになる。

本来、空売り禁止にならないように上昇させるのが理想なのだ。踏み上げも狙えるし、なんなら、自分が売り抜けながら、最後には自分自身が売りポジションを持つことで今度は下げで利益を狙えるから(なにせ自分が買い占めていたんだから、そいつが売り抜けるタイミング≒天井。こんなわかりやすい売りタイミングは無いからね。売り禁止は思惑よりも速すぎたかもね。(もちろん、本尊自身(あるいは本尊のグループ内で役割分担を決めてグループとして)がすでに両建てのポジションを幾つか持っている可能性は否定できないがw)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あ、こういう株は本来手出し厳禁。やっていいのは170円以下くらいですでに買い仕込んでいる人が高みの見物で放りっぱなしで見ている場合だけ。楽しいけれど儲かりはしないから。だってどうしようかするのは基本的に本尊だけだもの。僕らは翻弄されるだけ。本尊だって翻弄されるだけかもしれないが・・・。

2013年9月11日水曜日

「四点天井」は(めったに)無い。

俗に三点天井(トリプルトップ)とかヘットアンドショルダーズとかいいます。
三回、同じような値段で抵抗して下がるというのがよくあるパターン。三回も抵抗すればみんな諦めて相場は下げに転じると。

じゃあ4点天井というのは無いのか?ギャンによれば「四回天井をつけるということは殆ど無い。もし4回めに再度高値まで戻ってくるとその株は新しい高値をとって上昇するからだ」

ただしまれに「四点天井」をつけるとその下げは急になるとも・・・。

さて日本郵船9101の株価

300円絡みのところ、三度つっかけて失敗。しかし今月4たびチャレンジするとここを抜いてきました。「「4点天井は無い」のですからここにチャレンジするところで買いを仕掛ける価値は有りました。
240円を下限にする変則的なトライアングルを形成したと考えるなら、上限300円、差額60円を300
に足して360円くらいまでの短期上昇があっても不思議ではないところ、押してもトライアングルの上限だった300円くらいのところで下げ止まるかな?そんなふうに見ています。今日売られた15円14円で腹いっぱい買い増し。300円切るようなら投げるし、プラスの間は放っておきます。

バルチック指数と海運株

2008年ころに相場に参加していた人なら「バルチック指数」なんてものを知っているかもしれません。しかしながら、最近相場に入った人は案外知らないんですね。少しだけ書いておきます。

先週、川船(9107)を推奨銘柄にしておきましたが、その根拠は円安、リストラの進行、そしてこのバルチック指数の強含みというわけです。(嘘つけ、野村のアナリストに便乗しただけだろ、とか言わないように)

バルチック指数とはBaltic Dry Index、俗にBDIなんて書きます、のこと。ロンドンの海運取引所が発表する海運運賃の指数です。指数といいますが、先物みたいに数値が取引されているんではなく、取引所が大手の海運ブローカーとかから「ドライカーゴ」のスポット(不定期船)運賃を聞き取り、それを指数として発表するもの。1985年の正月の値段を1000としていまいくら?みたいな数字で日本時間の夜10時(冬時間)に発表されます。

(新天地注 ドライカーゴとは鉄鉱石とか穀物とかの固形物が荷物のもの。まあ殆どの荷物はドライカーゴですね。反意語は「液体貨物」かなあ。)

定期船は予め価格を決めて予約するわけですが、不定期の船はその時その時の価格交渉で決まります。その時に参考になるのがこのバルチック指数というわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バルチック指数が注目されたのは、まさに2008年の海運バブルの時。
中国が石炭や鉄鉱石を輸入しまくり、海運価格の急上昇が起こり、指数は12000近くまで暴騰。が、リーマンショックに続く景気下落。それと「運賃がこんなにいいんならみんなで船作ろうぜ」っていう船たちが次々に完成したことによる供給過剰。つるべ落としのように指数も下がり、2008年の年末には700割れまで暴落しました。20分の1ちかい暴落だったわけです。

海運株の株価もバルチック指数に連動するように乱高下しました。凄い一株利益をだした海運株も、2009年3月決算から転げるように滑り落ちます。資本を大きく傷つけるほどの怪我をした海運各社は2010年ころにかけて多額のエクイティ・ファイナンスを行うはめになりました。


さてそんなバルチック指数ですが、各社の旧い船の廃船努力や景気の持ち直しでここんところ強含んでいます。年初に750くらいまで落ち込んだ指数は今年下値を切り上げながら強含み(というか急騰、1500を超えてきました。年初の倍です。(なにせ9月2日が1139,10日には1541前日比+63。まさに絶賛高騰中です)。連れて海運株も上昇してきています。オリンピック銘柄の影に隠れていますが、今月最も上昇しているセクターの一つが海運です。

リストラ努力を続けてきた業界に、追い風が吹く時は、株価も跳ねる。そんな読みから、秋の相場の一つになるんじゃないかな?(実際昨日も海運セクターの上げが目立った)。円安感応度の高い業界でもありますし、バルチック指数を横目に海運株を買い込んだ新天地でありました。

なにせこれだけの運賃上昇を見込まないで出した計画でもPERは10数倍、PBRで1倍を切っている会社が多いですからね。理屈から行けば上がるはず。(ポジショントークでした)

「仮設」材の悩み???

新天地も今の業界に入って初めて意識したのですが、建設業界には「重仮設」というジャンルがあります。ジェコスとか丸紅建材リースとか丸藤シートパイルとかです。(エムオーテックはメタルワンの100パー子会社化で上場廃止)。

もちろん、会社の名前は知っていましたがどんな会社化までは知りませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こういう会社のやることは、「(重)仮設材」を「リース」することです。仮設材ってなんだって?物を作る時は建築物そのものになる材料が必要なのはもちろんです。しかしそれ以外にも大量の資材が必要になります。

例えば建築機器は重いので「敷鉄板」が必要です。コンクリやアスファルトの上を機械が動くと傷だらけになりますし、むき出しの地面は雨が降ったらぐちゃぐちゃになります。安全確実に作業するためには地面に鉄板をひいて工事をしなくてはいけません。
あるいは建物の基礎を作るには地面に大きな穴を掘るわけですがそれには土が崩れてこないように鉄の「矢板」を打ち込んで壁を作ります。そしてそれを支える「山留」、「H鋼」が必要に。付随した細かいポンプ類なども有りますか。さらには穴を開けて工事をする際、そこには足場を組んで覆工板というもので仮の「地面」を作ります。例えば地下鉄工事をやっている時にその上に道路とかある場合、仮の地面みたいになっているところがあるでしょ?あれも仮設材の一つです。そのほか仮設のガードレールとか案外多岐にわたります。

矢板などは「埋殺し」といって、埋めたら永遠にうめたまま、というものもあるのでそれは買い取りになります。


しかしその他多くのこれらの資材は「あくまで仮設」です。鉄板は工事が終われば不要です。山留めだって工事が終わればその部分にちゃんとした資材が作られ仮設だったシートパイルや山留めは撤去されます。工事が終わればやっぱり不要になるわけです。

したがってこれらの材料は、建築主体が「買う」のではなく、仮設材業者から「リース(借りる)」という物になります。現場によっては数百トンから数千トン、それ以上になることも当然あるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま、東北地方が復興需要にわき、仮設材業界も「品不足」になっています。鉄板なんかは明らかに借りるのが難しくなりました。(まあそう入っても借りることはできますけどね)。

そこに来てオリンピック。今のままでは仮設材は不足することになるでしょう。え?じゃあリース外車は鉄鋼会社に注文して在庫増やせばいいじゃないかって?そうなんですが何度も書いたように「あくまで仮設材」。リースが終わったらまた帰ってきます。

復興需要やオリンピック需要、そして関東なら数年後に開通する「外環道」工事。それらの需要がまとめて終了するだろう5年後の大量の在庫リスクを抱えてまでいま仮設材の手持ちを増やすべきかどうか(あるいは抜け駆けして買い込むか?)。仮設材各社は悩んでいる(と思うのです)のです。在庫がなければこの特需を指を加えて見てるだけ。でも在庫を増やして特需が終わったらその先どうすんの???

1、2年、いきなり数字を伸ばす仮設材の会社があったら、その手持ち在庫の数字には要注目。反動が出た時はそれなりに出血すると思います。(このへんがただ作ることに徹すればいい建設セクターと違うところですかね)

建設株には「二種類」ある。(今更ながら)

もういまさらながらな話だが、いろんなネットを見ていて「あれ、これみんな知らない(というか意識してない)」という書き込みを見たので少しだけ。

「長谷工は建設株なのになんで上がりが鈍いの?」ってな書き込みあり。誰かがきちんと答えていたけれど、質問者は意味がわかってないようだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「長谷工は(マンション中心)の建築の会社。今上がっているのは土木の会社」

これが正解。つまり建設株には「建築」の会社と「土木」の会社があるんだねもちろん両方共やる会社もあるけど。建物を作る建築と道路や鉄道、港湾などを作る土木の会社ではだいぶ経路が違う。普段はあんまり意識されないけど、こういうふうに「公共事業全開」モードの時はこれだけ差が出るときもある。

土木は景気というよりも政府の公共事業支出に左右されやすい。建築は金利敏感でもあり景気敏感でもあり。(不景気の最終局面で上がり始め、景気の山寄り前くらいに天井つけるイメージかなあ)。今回は公共事業期待だから土木は上がるけど、建築にはまだダイレクトに影響が来るわけではないと。

今更ながら投資家が持っているべき基礎知識でした。

2013年9月10日火曜日

冶金工業。考察とお詫びと若干の「警告」と。

冶金工業の日足です。推奨?(いや推奨ではないな、日記に載せただけだ)してからわずか数日でこんなになってしまいました。
(100パー、タコライスさんの思惑通り。お見事でした)
今日の上髭で常識的には一旦終了。長い長い上髭です。明日マイナスで始まって陰線を描くようだと調整局面ですね。。。

さて。ココ数年の相場ならそうでした。しかしこの相場には凄まじい執念のようなものを感じるのです。日ばかりで空売りする分には怪我も少ないでしょうが、調子に乗って空売りするとまだ「上」がある気が若干するんです。繰り返します。この株の空売りの深追いはやめたほうがいいと、僕の拙い知識が言っています。

200円で「一旦終わりでしょ」とかいた僕をあざ笑うように今日も買い上げた馬鹿力。
ちょっと空売りするのは怖い気がします。それこそ1000円くらいまで持ってくつもりでやっているのかも。それが成功するとまでは言わないですが。

「やり方」に「僕が知っている人のやり口」を感じるんですね。今日までの動きが「顔見世興行」のような気が・・・・。もちろん今日でおわって次に行く「焼き畑農業」の可能性も十分ありますがw

2013年9月9日月曜日

「逆」Kの法則

ああ、新天地にて、は韓国ウオッチのサイトでした。

韓国ウォッチャーにはKの法則という有名な法則があります。韓国と組むと没落する、負けるという有名な法則です。投資家なら絶対に知っておかなければいけません。

古くは現代自動車に技術提供した三菱自動車がリコール問題で経営破綻寸前まで。最近ではサムソンと液晶合弁を行ったSONYが潰れかけたり、大韓航空と共同運行を始めたJALが潰れたりしました。伊藤博文は日韓併合に反対したのに韓国に関わったばっかりに暗殺の憂き目に・・・

元寇でモンゴルが敗れたのも、朝鮮国が作った船がボロかった(神風ではなく、かってに沈んだ?)
日本が第二次世界停戦に敗れたのも韓国が日本の一部だったからと言われており、朝鮮戦争でも、韓国がいなければ国連軍は北を粉砕できたと言われています。

かように彼の国に関わってはいけないです。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、新天地も忘れたました。逆に韓国を敵に回すと運気が上昇すると・・・。

安倍首相の今回の快進撃も韓国と緊張関係にあるからとかw
さらに「韓国が日本のオリンピック招致の足を引っ張ったおかげで、日本が圧勝できた」と韓国ウォッチャーの間ではもっぱらの評判です。あの「魚輸入禁止するで¥」という嫌がらせパフォが日本に勝利をもたらせた決定打だったのかもしれませんね

ありがたやありがたや。

当分、首脳会談とか高度の会議とかしないほうが景気回復するかもね。

納得出来ない

奥さんの口癖は「パンツ脱いだら浮気」。

よくわからんが、「分水嶺」はパンツ脱ぐか脱がないからしい。キャバクラはOKなんだが泡の出るお風呂はダメ。そんなところか。(ただし、キャバクラも指名はダメなんだって)そういえばランパブまではオッケーだったな・・・・。(こら)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、たまに言うのが「浮気したけりゃすればいいじゃん(できるんならね)」(僕が浮気できないと思っているのだな。まあそれは認めないではないがw)

そのほか・・・。
「結婚してるんだ?って言われたら、いやあ結婚してるんだけど奥さんとは上手く行ってなくてね、とか言えばいいんじゃね?」
こうもいったりする。
「浮気するんなら、若くて美人な子にしなさいね。私より不細工で年寄りとか無しね。腹立つから。」

で僕が答える。

でももしも浮気したら絶対許さないんでしょ?

奥様は更に答える
「当たり前やん。すぐ荷物まとめて出てけ」

・・・
ぽそっ

じゃあ「浮気すればいいじゃん」とか言うなよ。納得出来ない新天地でありましたw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ、
「私はあなたを食べさせてやってるけど、あなたに食べさせてもらってはいない。そんな奴でてけって言ってなにが悪い」

こう言われるとぐうのねも出ない飼いグマではありました。お金がたまったとしても「浮気貯金」の使い道は一生なさそうです。はい。

とりあえず浮気貯金改めビル建築投資。今日株が上がって「奥さんビル」の定礎代くらい稼げるといいな。(目指せ23区内にエレベーターつきの自社ビル計画wただし中古かなあ)

「生ミルキー」は不二家を救う?定番商品、新しいバリエーション。

不二家が新しい「生ミルキー」を9月に発売。ネット上などでもなかなか評判がいい。ミルキーといえば「固い」食べ物だったわけだが、いわゆる「ナマ」タイプの新商品は最近のトレンドに従って「やらかい」(ソフトキャンディろせんですな)。

東洋経済も取り上げていたけれど、これはいまの日本のお菓子のトレンド変化なのだろう。各社とも固めのアメやキャンディの売上が落ちる一方でグミなどが堅調。この辺をカバーしていくんだろうね。

コンビニ等にも積極的に売り込んでいるこの商品。不二家の救世主になるのか?
ヒットの兆しがあるということでちょっとだけ注目しておきます。

お約束


「東京改造計画」を

今回は身勝手を承知で書きたい。

日本という国は出生率が低下し、今のままでは確実に先細っていく国だ。会社で言えば、50過ぎの社員はバリバリ働いているが、ほとんど新入社員が入って来ないような。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
道路はいたんでいる。鉄道は老朽化が進み、ガス水道はいつ壊れても不思議ではなくなっていく。ここで「遷都」でもして若い都市を作れるならいいのだろうがそんなお金もない(石原都知事が指摘したこの点は正しい)


ならどうするか。エネルギーを東京に集中させてここを維持していくしか無いんでは?地方まで潤沢にお金を回すエネルギーはもはやない。

運送会社の目から見れば「幹線道路の集中補修」「外環道の整備。」「首都高のリストラとリエンジニアリング」これが求められるような気がする。

僕がそう思うんだから国土交通省も同じことを考えているはずだが。。。オリンピックでその流れは来るんだろう。これは一時的では無いんだろうね。

ただ、一方的に株価を上げ続ける効果があるとまではいわん。ただ、本来下がるはずだった株価を「下げさせない効果」は数年にわたってあると思う。道路に強い建設株については。

勝者アベ、敗者いのせ

この誘致、本当の決定打がなにだったのかは僕にはまだわかりません。

でも目に見える世界で「安倍首相のプレゼンテーションが効果を上げた」ように見え(アンダー・コントロール、と身振りを交えてシレッと言い切った度胸と、演技力、さらにあの演説のシナリオをかき、事前に特訓したスタッフの力。それはやっぱり見事だったでしょう。電通なのかどこか知りませんが、プロのお仕事だったのでは?)安倍総理の世界的な評価につながったことは間違いないでしょう。

一方で。

僕でさえチラッと噂に聞いていた「いの◯知事」の評判の悪さは一般のマスコミも伝え始めています。今回も自分のことは棚に上げ、周囲に怒鳴り散らして高まる戦意一人でをそいでいたとか。彼が都知事でなければ実はもっとワンサイドゲームだったのかもしれません。

「アンダー・コントロール」というセリフで勝利した首相。

部下の口をアンダー・コントロールしていなくて「知事の下ではあの人のために頑張ろうと思えない」と多数の部下がマスコミに語ってしまう都知事。勝者と敗者。明らかに思えます。

まああのツイッター?の言葉使いとか見てたらさもありなんと思うけどね。