2013年8月24日土曜日

エイベックス下がれ!(こら)下放れの陰線タスキその2

エイベックスについて熱く語るコーナー(ポジショントークなので話半分以下で聞いてください)

まず、エイベックスの株価を俯瞰的に見てみましょうか。
過去五年のチャート。クリックで拡大

見ていただければわかるように、数年間にわたって株価は横ばいを続けてきました。なんどもなんども書いた話ですが、この裏でなにが起こっているかというと、この会社について強気の思っていた人たちに株が渡って行っているのです。(仕手株で言えば「買い集め」です)。強気に何年もホールドしようという投資家たちにです。こいつらが丹念に拾っているから株価はそれ以上は下がらずに「横ばい」を続けるのです。ギャンはこれをアキュムレーションと呼びます。この横ばいの期間がなければ株は大きく上昇することはできません。そして株が集められると、受給はタイトになり、上昇を始めます。2012年の7月、出来高が増え、上向きに転じた事がわかるでしょう。我々一般投資家がこのタイミングで年初来の高値を取ってくることなどに気がついて提灯をつけること、それがいわゆる中期投資で「トレンドにつく」(放れにつく)ということになります。ここで買ってじっと持ち越すというのがおそらく一番儲かるやり方でしょう。ギャンもそう記しています。そして一定の角度で上がり続け(この一定の角度、期間の予測分析こそがいわゆるギャンアングルなどのテクニックになります)、今月最初を迎えます。エイベックスの発表した数字は最高益。みんなそれは更に株価を上昇させると思いました。しかし・・・。

噂で買え、事実で売れ。

おそらくこの株の上昇前から株を集めていた人間(達)はここが売り場と考えていたのでしょう。好決算を買いに来るバカじゃなかった投資家たちに向かって利食い売りに入ります。8月頭から今週に向かって出来高を伴った鋭い下落。しかも信用売り残は全く増えていないこと。これらは相当まとまった株を売り払った人間の存在を示唆しています。

株価の下値を結んで描かれるトレンドラインを切ってきたこと。上昇期間中の中での最大の反落値幅を大きく超える下げ。下げに伴う出来高の急増。これだけで十分です。

僕らはこんな時こういいます「相場終わったかもね」

そう、急落したので値頃感から買いが入りますが、それはあくまで短期筋の買い。いままで一年以上もがまんしてホールドしていた人間とは違います。値幅狙いの買いですから、上がらなければ売ってくるでしょう。今までみたいな上昇が続くのはもう考えつらいのです。もちろん「手変わり」して再上昇する可能性は0ではないですが。

急落した後なので値幅を伴って戻る可能性も予想されますが、おそらくこの前の高値を抜くことは無いんでは?それなら空売りタイムです。前の高値を最後のストップロスにして売り方にまわりましょうと。一年かけて1000円までゆっくり下げていくことを予想します。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でも最高益更新見込みなんでしょって?この商売(芸能界)は水物。浜崎あゆみにエネルギーなく、濡れ手に粟の韓流利益も剥がれつつあるし、エグザイルだって永遠ではありません。そんな中での予想利益に(売り方にとっては)何の価値もないのですよ。ましてや新しいアーティスト発掘に陰りが見える中では。結局ツートップの人的要素(人材発掘能力)に負うところが大きい会社だから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて直近のチャート。

急落して今週を迎えました。週初、下に離れた陰線の後にタスキ。





これは酒田五法ではさらなる暴落の前触れとされる下落の初期に出たら「買ってはいけない足」。
需給的にかなり強い売りが出た(ので窓を明けて陰線がでる)ところを買いが一旦出尽くすので、買い支えるのが難しくなるというわけです。この後再度かぶせたり、上髭の足が出るようならウリに確信が持てるでしょう。

もちろん、ここまでの8月の下げを「下落の最初」とみるか、これだけ値幅が出たので十分に下落して調整終わりと見るかでこの足の評価は180度変わりましょう。しかし僕は俯瞰的に見てこの株は大天井をつけ、大きな下落局面に入ったと考えました。ならば8月の下げは序章だろうと。出来高も伴ってますしね。

果たしてリバウンドしたものの25週移動平均が2900円程度に待ち構えており、そこで戻りの頭を抑えます。ここで新天地は空売り。陰線のタスキは売り、を実践したわけです。するとたまたま週刊文春から経営者のスキャンダル報道が出て再度急落。新天地は一旦買い戻します。
相場は今度は週初下げ止まった2600円を意識するところで値頃感からの買いが入って反発します。

が、よく見てください。またまた「下放れの陰線にタスキ」という足を出しています。一度ならず二度までも。新天地的なチャート分析からは「これで上に行ったら仕方ないよね」というパターン。俯瞰的に見て大天井をつけたのでは?と思うチャートであることからも、ここを値幅狙いで買うのも危険が大きいでしょう。ならばここからは許容リスクを決めて売り上がろうと。2600円を再度切っていくなら今度はなかなか支持線はありませんぜ旦那、というわけなのです。

文春さん今後共よろしくお願いします。

まあ他の機関投資家がスキャンダルをどう評価するかやね。コンプラに引っかかると思えば売ってくるし、証拠がないならと思うなら静観でしょう。なにせ巨大スポンサーで、しかも芸能界に大きな影響力。テレビなどが文春に追従して報道することは「ありえない」文春がロス疑惑ばりに追求キャンペーンを打たなければたとえ事実だったとしてもこれ自体は追求されることはありえません。

御存知の通り、エイベックスは顧問に不自然なくらい警察関係OBや検察官系と深いつながりを持っています。もしも報道通りだったとしても、よほどヘマをしない限り捕まることはありません。

あとは、今頃報道を分析し終えた外人さんが、噂を信じて売るところがあれば売りに加速がつくんでしょうがw



上司と部下

奥様は会社を持っています。有限会社ですが、ちゃんと資産もある優良会社です。

そんな奥さんの会社ですが、社員はほぼ奥様だけ。何かあったら拙いしということで僕も社員になりました。

奥さんは言います。「私上司。あなた部下」

「お茶汲んでこい。24時間はたらけ」


ブラック企業なのだw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日は新天地が世界で一番美味しいと思う団子坂のレインボウキッチンでチーズバーガーを食べました。入社祝いということで奥さんがおごってくれました。おみやげにサンドイッチを買って帰りました。これも美味しいです。

(いや、外食は普段から100%奥さん持ちですが。新天地は寄生クマとも呼ばれています)

良い上司なのです。

せめて来月は、エイベ◯ク◯の松◯社長がラリってくれたお陰で儲かったお金で奥様をごちそうしたいと思います。ちゃんちゃん。
逮捕されるなら(こらこら)僕が空売りしているうちにしてくださいね。

2013年8月22日木曜日

下かねえ

新天地、この相場に大きな期待を持ってました。最低後1年半は続いてくれる。それまでに億単位で稼いで自社ビル(奥さんの名前つける)立てる。

そんな計画でしたw

でも相場少し下向きやねえ。最悪11000円くらいまでの調整というか下げも覚悟しましょうか。
売りでも取れるけど「買いは何倍にもなる」けど売りは時価よりは下がらんwせいぜい半値まで。儲けは少ないんだよね・・・。。しかも下がっちゃうと出来高少なくなって僕みたいな下手くそにはチャンスが減るし。

あーあ。

ボロ株でこの一年上った銘柄の幾つかはすでに故郷に帰る準備を進めているように思えます。いまはまだ「え?アベノミクスだから株は下がらないんでしょ?」とみんな思っているから下がらないだけかもしれん」いつだって下げる危険性があることをこの数ヶ月忘れてた。

株価とスキャンダル エイベックスのケース。(週刊文春報道)

さてエイベックスの松浦社長が大麻を使用していた(過去形)と週刊文春が報道したらしい

すでに昨日発売ということで株価にはある程度織り込んだと見るが(というかこの手の噂は結構前からあったので、文春だけが報じても影響ないかもしれない)この手の報道は会社の性格によって影響力が変わるか。

これが「まともな」(失礼)会社ならいろんなマスコミが飛びついてスキャンダルになるのかもしれないが、なにせ相手は芸能界に影響が大きい人。他の報道機関が追随するとも思えん。
なにせ巨大スポンサー様だからねwヤフートピックスでさえ出さないんだから。。。まあ文春が毎週特集で記事を組むなら単独でも影響でかいんだろうけれど。

もしも大きな影響があるとすれば逮捕とかだろうか。。。
そもそも証言以外は、証拠もなにもない話の上に、大麻は「使った」だけでは逮捕されないはず。所持の現行犯とか栽培とかでなければ。

あとは外国人投資家がコンプラの観点から売ってくるケースだが。。
「うわさ話」に過ぎない現状では判断は難しいやろなあ。。もしも売ってくるなら雪崩のようになるはずだがそれはなかろう。。かと言って買い上がるにも嫌な「材料」ではあるが

2013年8月21日水曜日

下放れ陰線に陽線のタスキ

売り屋の新天地ですが、昔先輩に教わった「ワザ」のなかで特にお気に入りナノがこの下放れる陰線に陽線がタスキがけするパターン

下げトレンドに入った時が明白だけど、下げの勢いが強くて上手く相場に入れない時。あるいは一度手仕舞って再度相場に入る時。どこで仕掛けるの?ここなんです。下放れの陰線が出る時というのはあまりに売りが強すぎて反動が出ることがままあります。安いところをぶっ叩くと一時にせよ含み損を抱えたりします。最終的に利食得ても値幅も少なくなるでしょう。

そこでこの下放れのタスキで売りを伺います。ポンと下放れして描かれた次の日(週足なら次の週)に長目の陽線が立つ。それをみて更に翌日以降の相場を見ながら売りのタイミングを図るのです。

下離れた陰線に対してタスキがけの陽線が立ちました。翌日は十字線に近い足。こそっと試しのウリを入れてみても面白いかもしれません。怖いとこなんでおすすめはしませんが。なにせ動きが速いですからねえ。

なお、これが有効なのは下げ相場の初期だけなので念のため。随分下げた後に出てくると底入れの場合もままあります。

新興国異常あり

火曜日はインドやインドネシアがきゅうらく。
これはアメリカが金融出口戦略を取ることによって、お金が出ていくだろうという読み。ただし予想よりも大きい下げだ。
この辺、日本株も織り込み切っていない可能性ある。
小松なんかも難しいかも知れん。
少し戦略を練り直し。

2013年8月19日月曜日

東電、した??

さて、古い人間(立会場にいたような人間)は東京電力のことを「電力」と呼ぶ。ビールといえばアサヒビール、銀行といえば住友銀行。こんな常識は今や通じないよなあ。

さてさてそんな東電。今日(H25年8月19日)までの日足。
三角保ち合いに入っていたところ、今日わずかながら「下に放れるか?」という気配を見せた。思わず空売りしてしまったw

今日の日中足

憶測ですが。
どっかの大口投資家か「◯◯株売っといて。ただし620円までね」といったか、もしくは計らいで受けた証券会社は前場の出来高の何%売っといてね、と言われたか。

擦れば620円で急に下げ止まった(更には620円から上を買う勢いも押し返された)理由が説明できる。明日更に売ってくるのか、売りやんだのか。そして下に放れるのかフェイントかけて騙しなのか。
下に放れるなら100円値幅取れるところだけど。

たしかに、富裕層の税金高すぎは問題ある。

どっかの社長が税金高すぎると文句を言ったらしい。

うちは富裕層ではないが、その意見には賛成する。普通の人は意識しないが、案外、簡単に海外には出ていけるのだ。こんな僕だって「香港で証券マンやらないか?」と誘われたことがあるのだから(もっともそれは向こうが僕の有り余る無駄な知識を勘違いした結果だが。すごくよく勉強していると勘違いしたんだなw)

英語ができない?そんなものなんとでもなるよとw

結局、いかなかったけれど。お金を持ってそこそこ知識がある人間なら簡単に移住できる。そんな現実を垣間見た新天地でした。お金もちは税金高すぎると思ったら海外に移っていくことは想像に難くない。あんまり税金を高くし過ぎると、「金の卵を産む鶏」(≒税金を収めてくれる金持ち)がどんどんゲージの外へ逃げ出してしまうんでないかと)今の税金は結構限界点なんじゃないかなあ。

その買い、本当に必要?

自戒を込めて

株をやっているとついつい「売ったら次の銘柄買っちゃう」というのが当たり前になってしまう。でもその買い、ホントに必要???

大体、株を売るということは高くなった時。自分の株が上がった時というのは相場全体も上がっている。そんな時に他の株を買ったら下がる確率も増える。

ノーポジションでいる時間というのも、実は大切な時間なのだ。いつもドリブルばかりしているプレーヤーは超一流にはなれない。超一流プレーヤーはパスを出したら、次のチャンスに備えてボールを持たずにどうするか戦略を練って待っている。そして絶好のチャンスに飛び出せるプレーヤーだと思うのだ。

現実をとった韓国空軍、理想をとった航空自衛隊。

韓国空軍はF-5やF16を長らく主力戦闘機としてきました。しかし日本の自衛隊のF4と同様に老朽化が進んでいます。で、次期主力戦闘/攻撃機の選定にあたってきました。予算を決めて60機の購入を計画していたところ、候補に残ったのはユーロファイターのタイフーン、F15サイレントイーグル(F15の簡易ステルスバージョン)、そして日本も導入を予定しているF35です。

で、今までなんども何度も入札をやり直したのですが、三者とも韓国が求める価格に届かず。「最後の入札にするぞ」と予告した入札ではF35が脱落、ユーロファイターとF15SEが希望価格内の応札。更に最後に来て「ユーロファイターの書類に不備があったよ」ということでF15SEに決まりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご存知のかたも多いでしょうが、F35と言うのは開発が遅れに遅れていて、導入が間に合わない可能性があります。その点、すでにF15として実績があるサイレントイーグルというのは現実的な現実的かもわかりませんね。すでにF15Kを使っている韓国空軍としてはそれなりにF15に慣れている、という良い面もあるでしょうし。

そもそも主敵であるの北朝鮮のはず(棒読み)。ステルス性なんてあんまり必要ないんでは???

サムソンはずし?ドコモの戦略

賛否両論だったドコモのツートップ戦略。客の選択肢を「絞る」というのは実は有効なやり方らしいが、サムソンをツートップに持ってきたことは「国民感情」的な面で色イロ非難もあった。

秋冬ではSONYシャープパナソニックの三機種に絞るという。いわゆるスリートップ戦略か。

ただ、スリートップの中でもどれかに絞るか?あるいはスリートップを平等に並べるかどうかは今のところ定かではない。絞るとすればエクスペリアの新型機種だろうが、その新型機種(コードネームHonami)は開発に遅れが出ているという話もある。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、ドコモはサムソンをスリートップから外した。「蜜月」と言われてきたサムソンドコモの関係から一歩引くことになる。もちろん、サムソンの春モデルの売上が悪かったことも一因だろうが、「サムソンに補助金出して日本メーカーが苦境に陥るとはどういうことだ」という一部の批判も影響したとみられる。サムソンにとって日本が全てではないとはいえそれなりに痛手だろう。

「サムソンが撤退する」可能性も無いではない。その時にドコモが魅力的な端末を揃えられるのか???ドコモの手腕も問われる。SONYを含めた各社の最後のチャンスに賭ける底力も当然問われることになる。。(SONYを除く国内各社は、次の主力機種が失敗すれば即撤退、くらいのプレッシャーの中でやっていることだろう)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の投資家としては(購買対象としての)「サムソンフリー」な銘柄に投資する、くらいの心意気を持っても良いのかもしれない。今ここでサムソンを叩けば韓国の国力は確実に落ちる。韓国の国力が落ちれば日本企業のチャンスが増えるし、(対韓国で)国防力も少なくてすむ。

ドコモの戦略を歓迎すべきだと思うし、ここは日本の端末メーカーは意地を見せてほしい。もちろん、サムソン切りして、端末の魅力が激減してドコモのシェアが落ちれば空売りするけれどw。

2013年8月18日日曜日

6912 菊水電子

石油高止まらず。ひょっとすると、電気自動車の普及が進むかもしれん。電気自動車がはやれば黒田、と言いたいところだが、視点を変えて。

充電器に目をつけましょう。ああ今更ですが、菊水電子(6912)です。

特に急速充電器の性能に定評がありまして、今後充電ステーションがひろがるなら、再度わだいになるかと。

チャートはうーん?だし出来高ぜんぜんないし。機関投資家が買う銘柄でもないんですけれど。技術力だけはまちがいない。そんな会社です。

ああ、そういう銘柄もあるんだね、そんな紹介でした。
おおきくうられるばめんがあれば、こそっとこれくしょんして見る価値ある銘柄、そんな感じでしょうか。