2013年5月2日木曜日

心苦しいこと

この前、東北に行ってきた。

農業というてんでやはりまだまだ原発事故の影が。見た目はわからないんだけれども。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一時期のガスタービン発電機設置のための輸送や原発の耐震、対津波工事のしごとは減ったが、ここに来て太陽光発電のための工事や風力発電のための工事が増えてきた。フクザツな気分なのだ。人の不幸で回りまわって利益を得ているようで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ
風力発電の羽ってどうやって運ぶか知ってます?鉄鋼材で周りを挟んでポールトレーラーという伸び縮みするトレーラーで運ぶんです。

ポールトレーラー写真


写真は電信柱のようなものを運んでいます。ポールトレーラーというのは荷物自体を車輛の強度部分として使います。したがって硬くて強くてある程度の長さのものを運ぶことができます。前後をつなぐ部分(ドローバーと言います)を長くすることで長尺物を運べます。一般に自動車というのは長さを変えることはできませんし、基本的には全長12mまでとするように(道路運送車両の保安基準第二条)決められています。しかし。ポールトレーラーという「特殊車両」(ただし運転するためには大型免許とけん引免許だけで良い)については「基準緩和」という措置を長さについて受けることで伸縮を行い、かつ長尺な荷物を運ぶことができます。

ただ、風力発電の羽は強度も不足するし、一本では軽すぎて危ない(説明すると長くなるので割愛)ので一本単体では物理的に運べません。
強度と重さのある鉄鋼材でサンドイッチして一本の強度のある荷物にしてポールトレーラーで運ぶのです。(そんなの見たこと無いって?原則として全長20m以上になる長いトレーラーは夜9時から朝6時までしか通行許可が出ないのです。そもそも風力発電の羽自体、そんなに本数でないか)

ポールトレーラーというのは全長が長い荷物になると(関東だと19.9m以上)運ぶ車の車検を通すにも普通のポールトレーラーの緩和認定よりさらに厳しい緩和認定が必要になりまして、それも三ヶ月毎に緩和認定を取らなくては行けませぬ。提出する書類も技術的にも高度な計算を行わなくてはなりません。いまそんな特車許可から実輸送まで全部行えるのは日通とか一部の大手だけかねえ。力を入れてまで儲かるほど輸送量も多くないだろうし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
突然風力発電所を作りたくなったけど運ぶ方法がわからない人。手数料抜いて運べるところ紹介します(おひ)

96条という「パンドラの箱の鍵」

株にはまあ関係ない話。しかも専門家から見れば「もっと勉強してから書けよという話です」

新天地は一応行政書士(名付けて街の法律家です)
どう見ても法律家には程遠い法的知識ですけどね。行政書士なんて、車で言えば原付免許みたいなもの。弁護士は大型特殊、牽引とかフル装備と言った感じ以上でしょうかw

で、いろんな育った環境下からいわゆるリベラリストに入ります。国家なんて言うものは必要最小限で良い派です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんなアマチュアな僕でも96条改正については言いたいことがあります。

参考日本国憲法第96条
第九十六条[1] この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。
読んで字の通り。各総議員の3分の2以上(出席者の三分の二ではありません)の賛成をえなくては発議できないという非常に高いハードルです。研究者によっては事実上不可能ではないかというほどの・・・。これはこの憲法を制定した人間の「憲法を変えられてたまるか」という強い意志表示のようにも思えます。(わざと意志表示としました。意思表示ではなく)
そもそも現行憲法自身、大日本帝国憲法の立憲君主制という「本来、憲法の基幹部分として変えることができないはず」の部分を変える形で成立しています。(憲法の基幹部分は、変えられないというのが主流学説、だと思う。少なくても有力説だ)。なので今の憲法成立の根拠を、「敗戦」という名の「8月革命」という非連続性によって法的根拠を求める学説さえあります。(一応、法律家を目指していた僕はその説を取りたいですね。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改憲を考える(主に右派)人々が96条のみを先に変えてしまおう、というのは実にうまい方法です。いろんな意見がある中で反対も多い改憲案件を個別に行うのは96条のハードルのもとでは困難です。しかし、いろんな分野で改憲、あるいは加憲を唱える人はたくさんいます。その人達を抱き込めば96条の改憲要件のみを先行して変えることは不可能ではないかもしれません。

そして一度ハードルを下げてしまえば、時の為政者にどんどん都合のいいように改憲ができる可能性は広がるでしょう。たとえ今は想定できないようなどんな人間が為政者になろうとも。憲法は為政者に対する「フォーミュラ」、規制であり、それを外したいと思うのが為政者であるでしょう。自分の目的があるならそれを規制するものをのけたいと思うのはある意味当然の考えです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結論

しかし96条こそは現行憲法制定者(8月革命の実行者)たちがかけた「パンドラの箱の鍵」だと僕は考えます。箱のなかには今よりも良い物(自主制定?というちっぽけなプライド?プゲラ)が入っているように見えますが開けてみたら???

僕は「鍵は外さないほうが良い」派です。そしてそれは僕以外にもたくさんいるでしょう。総理は鍵を外したがっていますが、鍵を外したくない人間に足をすくわれないか?

そんなことは知ったことではないですが、参議院選挙の前にそうなるなら、当然株価の推移にも影響をあたえる話。参院選挙前に改憲案を出してくるなら、公明党離脱からの政局不安定化までは一応頭に入れておきますか。バブルは些細な事から弾けるものだから。リクルート事件やそういうほころびから倒壊していった物事があるように。

株価が上がったのは安倍総理が「何を置いてもまず経済」といったからという面があったはず。他にエネルギーを分散するなら「ああ、またいつもと一緒か」という話になりかねませんからね。投資家は一度熱が冷めると戻らないから。せめて五年はバブルが続いてほしいものですが。

2013年4月30日火曜日

三羽烏、のようなもの

この前、高値圏で毛抜き天井で売りの話を書いた

結果は教科書通りの下げ。ちょっとしたチャートの知識(ものすごく深く勉強しなくても、基礎を知っているということ)が自分を助けてくれる例を実戦形式で示してみた。

さて、今度は奥さんが持っている村田製作所日足。例によってミニバブルの高値圏での値動きなんだがチャートはこんな感じ。(25年4月26日まで)
 
三羽烏というチャートがあるのだがこうなるともうカラスが何匹も・・・。奥様には一回売りかもねということで半分売りに。今度は当たるかねえ。
 

「高値圏」で陰線が並ぶと三羽烏などといいまして反転の兆しであることがおおい。三羽烏がでてすぐ売りではないが、リバウンドしたら一回売るところのことが多い。今日も村田リバウンドなんでディーラーだったら空売りなんぞしてみたくなる衝動に駆られただろう。
---------------------------
と言いつつ、高値圏でこれが出てもそんなに天井示唆しないことが多い。
が、もしも週足で観測したならばそれは結構効く事が多いとおもう。
 

空母怖い

落語の世界にはまんじゅうこわいという話がある。

さて、中国では空母を二隻目、三隻目作る計画があるという。
(新天地注。空母を1席前方展開するには、3隻必要という人もいる。前線に立つ一隻、訓練する一隻、整備や修理、改装する一隻。中国が本気で空母戦略を考えるなら(単に空母を艦隊の制空権確保に使うのではなく、空母の艦載機を打撃力として展開するならという意味で)それはあと何隻も空母を建造するというのは納得の行く話だ。

アメリカでは空母を作るのに5000億円、空母の飛行機を揃えるのに5000億円という話もあった。中国のはそこまで立派なやつではないのでもっと安いだろうがそれでも毎年数千億円の空母を作っていくのは中国にも負担であろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本は「空母怖い」と唱えておくべきだ。そうすればたくさんのお金を中国は使うだろう。

信じない奥様

奥さんと結婚した頃、一度もあったことがない奥さんのお母さんが僕の夢枕に立って「奥さん(仮名)をよろしくね」って言われた。

その話を奥さんにしたら「またそんな嘘をついて」とか言って信じない。

昨日も帰り際に奥さんのおばあさんに「奥さん(仮名)をよろしくね。ゆくゆくはあなただけしかいないのだから」と言われた。

ウンウンと頷いて帰ってきた新天地だが、奥さんにそのことを話すとまたもや信じない。適当なこと言っているんでしょ、あなた、とか言うのだ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とりあえず、昨日は奥さんが寝るまで起きてた。(なんだそりゃ。)よろしくしてみた。一日坊主かもしれないが

不都合に耳を傾けよ

相場の話。

一般に株に関する情報媒体には良い話しか載らない。

なぜか?耳障りの良い情報を人は好むからだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えば買った株が下がったとする。人は「その株、下がるよ」といわれるより「その株上がるよ」と言われたほうが心地が良いし、信じたくなるのだ。それは人間の永遠の心理、真理だ。

iいやむしろ、自分の持ち株が上がっている時こそ「まだどんどん上がるよ」と言われて信じてしまうことのほうがその傾向が強いかもしれない。夢見心地で売り場を失う、みたいな。

株にかぎらず、どんな世界でもそうかもしれない。よく「イエスマンしか残っていない」なんていう組織はよくあるし、よく潰れていく。それは耳障りの良い言葉だけを選んで聞きたがるのが人間だからだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人の意見を聞くときは、常にバイアスがかかっていることを意識して聞くべし。
そもそも人の意見だけで売買して勝てることは無いのだが(理論的裏付けがあるなら別だが)

客観的に見てとんでもない話でさえも、自分がポジションを持っていると信じてしまう、それが投資家という生き物なのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あるいは政治家もそうかもしれんね。いいものしか見なくなったらその政治家の命運も危ない。諌めてくれる人間をそばに置かなくては成功は続かない。日経平均が上がっているからといい気になっていると痛い目に・・・。

首相が痛い目にあうのは知ったことではないが、こと株の上げ下げに直結するならその動向には目が離せないだろう。

ケソンをめぐるチキンゲーム

韓国の朴大統領がケソンに最後まで残っていた人員の撤退を表明。これに対し、北朝鮮は「嫌がらせ?」に数人の人間の通過許可を出さず。「人質戦術」に出る可能性は残るが・・・。

韓国側はまだケソン工業地域に電力供給を行なっており、これを切ることが最後のケソンに関するカードになるかもしれない。(現状では北朝鮮にはケソンに電力を送る発電能力も送電能力もない)電力を切れば、北朝鮮は工業団地内の中の製造装置を奪うことはできてもすぐに使い物にならなくなるというのが韓国の専門家の見方のようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北朝鮮は数十万人の人間の食い扶持となってきた収入源を失い、韓国としては数千億円の製造装置を失う。北は全世界から「投資できない国」というレッテルを貼られたが、ケソンという要衝を取り戻した。朝鮮戦争では北はケソンを通って陸上大部隊を南に入れた。そして補給の一大基地となった。

思うにケソンを「韓国に渡す」ということは「今は直接攻撃するつもりはない」という意思表示みたいなものだった。今実際に交戦するかしないかは別として「交戦はないだろう」という根拠の一つ、最後の根拠のかもしれないものを韓国は失った。恫喝する側からすればそれは大きなことなのかもしれん。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局、就任したばかりの両指導者が「俺は臆病者じゃないぜ。その証拠にケソンくらいけっ」てな鍔迫り合いが両者に得るものの少ない選択をさせたのだろう。
日本にとってはなんとも喜ばしいw。両者が数千億円分のマイナスを喰らったのだ。これは大きい。

すでに数十億円ぶんの生産がストップしたのだ。それを買うつもりだったバイヤーは「なんでこんなところに発注したんだろう」と悔やんでも悔やみきれないだろう。今頃はキャンセルと倍賞の荒らしなんでは?韓国の信用にもかなり大きな悪影響を与えたはず。

自業自得なんだから、ここは土足で入っていって反射利益を狙うべし、と。韓国なんて同盟国ではないんだから。

こんな話あんな話

義理父と奥さんと三人で、奥さんのおばあさんを訪ねて東北まで行ってきた。

おばあさんも、奥さんの親戚に当たる子どもたち、孫達も元気でまずは良かった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東北の農業はまだ放射線の影響色濃いんだね。牛を放牧して草を食べさせることはまだできないみたいな話をしてた。馬は食わないからいいらしいんだが・・・。

おばあさんには「奥さんを頼むね」と言われた。そりゃ任せてくださいと言うしか。。。責任は重大なのにゃ。

かっぱの里で知られる地方なんだが、その川で「川焼き」してた。河原に生える葦を焼き払うのだ。
あれじゃあかっぱは住むとこないなあw燃え上がる火の粉はなかなか勇壮でした。これが彼の地に春を呼ぶ合図。さくらがこれから満開を迎えてようやく田植えも始まり東北に春が来ます。

だってすっごく寒いんだもの。朝六度。でも着込んで帰ってきたらこっちは20度とかだし、調子狂うなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
車で行くかどうするかひと騒ぎしましたが、結局新幹線で行って来ました。僕が運転自信なかったから。しかしおとうさんはこういいました。

今乗っている車廃車にしたら、(新天地は奥さんが使っている会社名義の)軽自動車使え。(奥さんは)新しく個人名義で軽自動車買って近所に行くときはそれに乗っていればいいだろう。で、俺のベンツ、お前らにやるから遠くに出るときとかはベンツ使えばいいだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関東地方の高速道ですごく初心者な運転をするベンツのクーペを見かけたら、それは新天地夫妻かもしれませぬ。無駄に数百馬力を使いながらトロトロ走るベンツのクーペを・・・。

強気を通すためには

中国も日本も意地の張り合いが続く。

安倍総理の10年首脳会談なくてもいいんだ、というのは間違いではない。
ただし、それには「日本が強ければ」という前提がかけている。

結局、何をやっても許されるには国力が必要なのだ。明治維新が富国強兵を掲げたのは、屁理屈が通り、清がひどい目にあうのを見てこれでは日本などひとたまりもない、と考えた人間たちが国力を上げ、国防力を強めたことに起因する。

残念ながらアベノミクスは景気を一時的に上向かせるが、日本の国力は若年人口をもっと増やさないと上がらない。そこを安倍総理はまだ勘違いしているようだが。。。

結局は経済力だろう。経済力さえあればみんな黙る。多分朝鮮半島以外はw

あそこはもう本当に無視しつつ徹底的に叩いていくしか無い。今は最大のチャンスだ。