2012年12月8日土曜日

じこに思う


中央道の事故のあと「無駄な道路建設はやめて、メンテナンスにもっとお金をかけるべき」という声が大きくなっているようだ。橋下さんなんかはそんなことを行っているように思う

たしかにそうなんだが・・・。とくにネクスコの責任はあると

でもそれはさておき「中央道が一本しか無い」というリスクが語られていないことが残念だ。
東北地震でも、「4号線と6号線」という2本のバックアップ体制があることでかろうじて流通を維持できた。今回、中央道が使えなくなることで代替の高速道路が無いことで危機的な流通危機を起こしている。

本来「第二中央道」を備えておくことこそリスク管理のはずなのだが。(もちろん、だからといってメンテにお金を回せないのは問題だけれど。それとこれとは話が別のはずなのだ)

無駄な公共投資をなくすことと一切合切公共投資をなくすことは根本的に違う。それを分からない(緻密に勉強しない)政治家のなんと多いことよ。

理想論を掲げる政治家は要らない。具体策を勉強する政治家が欲しい。 耳障りのいいことを話すのではなく、現状を緻密に分析できる能力ある人間こそ選挙で選ばれるべきなのだろう。

2012年12月6日木曜日

新党新天地を立ち上げるとするならば

世の中は選挙モードです。みんないろいろやってますね。

新天地は選挙の大変さを聞いているので(祖父がある代議士の後援会会長だったことがある)絶対に選挙に関わりたくありませんが、もしも100億円くらい道に落ちていて、政治でもやるか、と思い立ったらこんなんでしょうか。

名付けて「ぼくがかんがえたしんとうこうやく」

将来をかんがえたちょうきてき国家戦略
教育の拡充。学力の向上
子供一人あたりの先生の数を増やす。学習時間の拡大をはかる。

移民の受け入れ拡大
経済拡大のために若年層、高学歴、専門技術持った人間を中心とした永住権制度の拡充をはかる。年間10万人の移民増を目標とする。

金融特区の設立
豊洲地区に株式、商品、その他金融の新しい取引所を統合移転設置すると共に周辺を金融特区とし、金融業者にたいして30%程度の税制インセンティブを与える。香港や上海などの業務機能を移した会社には該当業務について10年間の免税措置を与える。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局、少子高齢化と教育水準の低下こそが景気低迷や財政収支悪化の原因であり、これを解決するしか無いと思うんですよね。そして金融業者さえ呼び込んでくればお金はなんとか回っていく。
移民は抵抗感が多い政策でしょうが、日本においてはすでに出生率の低下が激しく、これを向上させたところでそもそも子供を埋める年齢の女性の人口自体がすでに小さくなっている。もはやお母さんたちにもっと産んでよ子ども手当出すから、で人口ピラミッドが改善できる時期を通り過ぎてしまっている。

地方の田舎では高齢化が進んでいる。それは外から人がやって来ないからだ。老人ばかりの国には行きたくないだろう。課税負担も大きい。日本全体(というか東京含めた都市部も)いずれそうなる。いまならまだ移民にとって魅力的な日本でいられる。少なくとも明日より今日のほうが日本は若い。20だい30台の若い移民を積極的に受け入れる政策こそ、20年後の日本のために必要な政策だと思うのだ。

2012年12月5日水曜日

12月23日、NHKスペシャル日本国債に何が起きているのか(仮)

NHKスペシャルで日本国債を取り上げるようです。

NHKスペシャルは決定的な流れを作ることがあるので要注目。というか21日に国債のポジションをオーバーナイトするのはやめたほうが良いかもしれません。(金曜日にそれを意識した値動きがあるかも、と妄想しているくらいです)

何はともあれ日本市場のプレーヤーは必見。すでに日本国債バブル崩壊の前夜なのかもしれません。若かりし頃、日経平均40000円が崩壊することになる、あの時の師走と同じにおいがするのは僕だけでしょうか(僕も年取ったなあ)


それが株にどう影響するのかは各自で考えてちょ。

と占い師は書いておきます。あたったら褒めて。外れたら忘れて。

2012年12月4日火曜日

日本国債売という誘惑

またぞろ「日本売り」というか国債売り、という論調が出てきた。実際、何人もの人間が日本国債の売りを行なってきたが、そのたびに上昇に転じたものだ。いまも国債先物は高値圏にある。

しかし、ついに日本は安倍首相という切り札をきろうとしている。どう見ても無謀な彼の政策が実行に移されれば、国債急落は免れない(ように見えてしまう)

まあ、今までそんな事言ってみんな踏まされてきたんだが・・・。

でもいつかはその日は来るよ。僕が知り合いには絶対国債を買わさないのはそういうことだ。

2012年12月3日月曜日

トンネル事故。残念だが統計としての事故は今後も増える

中央道の痛ましい事故。長距離の輸送が少ない自分の会社の車も月に数回は利用する大動脈だ。人生で1000回単位でとおっているよという運転手だっているだろう。

今まで日本ではこんな事故はそうはなかった。しかしこれからはありうる。なぜなら道路にカネがかけれないからだ。自分たちはそういう時代、そういう所に住んでいる。そういうことなのだ。

それにしても・・。ネクスコ、どうすんだよ。。。。高いお金払って通行してるのだけどなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カネがあれば安全は実現できる。日本は特に道路においてカネが致命的になくなっていく。そこでどれだけの安全を確保できるか?今回の選挙では争点になっていないけれど、実はすでに深刻な問題が表面化しつつある・・・。

だから運送ストロングセル(しつこい)

僕はこの分野で頑張っていかにゃあイカンのだ。奥さんに約束しちゃったから。

アップル沼

新天地はiPadを買いました。これがなかなか便利なのです。思ったよりも役に立つ。電子書籍もバンバン入るし、ネットブラウジングもなかなか快適です。しかも軽いから自分としては持ち運べる。より軽いのがいい人はiPadミニでも十分でしょう。

新天地はいまこう考え始めています。こんなに便利なものなら、携帯電話もiPhone5に変えようか???操作性も統一できるし・・・。まさにアップルの思う壺なのです。こえーなアップル沼。