2012年10月25日木曜日

腕時計 ドラマ 金儲け (モンスターズに出てくる時計に思う)

新天地は元腕時計マニアです。そもそも証券マンというのは、稼ぎが良くなると時計を買い、さらには高い車を買い、さらにひどくなると豪華マンションを買います。こいつらが調子に乗り過ぎる頃に相場は終わります。
一生に時計に使ったお金を足していけば911くらいは買えるでしょう。(昔はよかった)
なのでもう、高い時計を買うことは自己禁にしてますが・・・。代わりにGショックとかはついつい欲しくなってしまう。

さて、TBSのドラマ、モンスターズを見ました。ジャニーズ系の演技には賛否両論みたいですが、プロットとかはよくできてて面白いですね。全話見てしまいそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画面の切り方、シーンの進め方、いろんな特徴がありますが、「腕時計を見せる」ことで登場人物の「属性」を示す演出も。腕時計ってその人の収入とか価値観とかを示すアイテムです。

香取慎吾演じる主人公の腕時計には「合理性」を感じさせるような。デジタルの時計で正確性を示している。
-----------------------------------------------------------------------------


一方山Pの腕時計はフランクミューラーかな。↑写真(ロングアイランドベガス?だとしたら渋すぎるチョイスだが。)見立てが当たっているとすれば、フランクミュラーという高い時計を簡単に買うことができ、しかもフランクミューラーの中でもわざと形が長方形のロングアイランド。(新天地注、僕もそうだけどわざわざフランクミューラーを買う人はブランドの特徴である「樽型」を買う。)多分これを買う人は初めてのフランクミューラーじゃあないでしょう。そんな「わざわざ地味」な外見。でも中身は実は知る人ぞ知る、「ベガス」。

「ベガス」というモデルは見かけは普通の時計、でも実はネジのところのボタンを押すと文字盤の中で機械式のルーレットが回るという、手作りで機械式の超絶技巧が施されている。ルーレットの動力は時計を動かしているネジから共用するという複雑な仕掛け。(クロノグラフ=ストップウォッチ、の応用ではありますね)。ルーレットのスタートボタンも「竜頭」のところの同軸に組み込まれた「シングルボタン」、素晴らしく工作精度や複雑な設計が要求される、まさに芸術品です。
しかもそんな「小宇宙」が隠されているとは誰も知らない。キャバクラで自慢話でもしなければ。

けれど実生活には全く役に立たないという超自己満足な機能w。おまけに壊れやすくて18金で傷がつきやすい、本来はハレの日のとっておきのアイテム、でも完全なフォーマルな場所はダメという「特別な場所」と「人」を選ぶ時計。僕が普段つけてたら、時計屋さんの親父は「これは普段使う時計じゃあないから」って怒りますよ、多分。

それでもそんな時計をあえて普段使いできるという生活環境。そういうのを表現したいんだろうなと。

ヴェガスって言う時計はドラマの中でお金持ちの象徴として出てくることが多い時計かも。でもロングアイランドのタイプのベガスは初めてじゃあないかなあ??それほどドラマを見たことはないけれどw

もう死ぬまで(自腹では)高い時計は買わないと決めたから(実は数年前、人生最後にすると決めて買った超高価腕時計はベガスとどっちにするか迷って迷ってカルティエのシングルボタンクロノグラフ世界に200個しか無いのだ、にした)ベガスに物欲はわかないけれど、主人公(香取慎吾)の腕時計は欲しいなあ。あれ、どこの何だろう?カシオ系かなあ?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(裏話)僕は暇だった一時期、「ドラマに出てくる腕時計」っていうホームページを作って小遣い稼ぎをしようとしたことがある。ドラマに出てくる腕時計を写真付きで紹介してうんちくをつけてページビューを稼ぎ、そこに時計店のリンク(アフェリエイトとか広告)を貼り付けて広告収入を得ようかと。

というのも一時期、キムタクがすでに生産終了していたロレックスのエクスプローラー1をドラマ内でつけたところ、30万円くらいのエクスプローラー1が100万円くらいで売買されるバブルになったことがあった。(ITバブルの頃の話)もちろん、世界中のエクスプローラ-1が日本に持ってこられてすぐにバブル終了したけどね。ドラマに影響されて腕時計を買う人は結構いるんだなあと。その時、いち早く紹介すればカネになるんじゃあないかと思ったわけ。
なにせ高級時計は単価が高いから、間違ってリンク先で買い物してくれればすごい収入になるんじゃあないかとw

良いアイデアだと思ったんだけど、すでに似たようなページが有ることに気がついてやめた。
それにドラマだと旬も短いからなあ。もう少しアイデアを発展させれば金稼ぎになる気もするが。。暇な人、お試しあれ。

そのうち、新天地がそういうページを作り始めたら、本当にカネに困ったんだと思ってくれれば・・(っていうかそんなエネルギーがあるなら行政書士の仕事さがしたほうが何十倍儲かるはずだが。でも小遣いも欲しいな)

2012年10月24日水曜日

70才さらにはSAS

少し前、首都高速で税関職員がのる車がトラックに追突され、税関職員が死亡する事故があったのを覚えているだろうか?犯罪捜査にも絡む税関職員だけにネット上では「誰かに消された(事故を装って)」なんて憶測まで流れたが、トラックの運転手の居眠りだったように思われた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて「犯人」が70歳のトラック運転手だったこともあり、そんな高齢者に運転させるなよ、ってな声もあった。お仕事させるなよ、と。しかしながら、70歳を超えるような運転手は珍しいか?と聞かれると、実はそれほど珍しいことではなくなってきている。特にここ最近は。

というのも最近の交通行政のお陰で、免許を持っている人が減った上に、更にそこから大型免許を自分で取る人間がいない。運送会社としても高卒の免許を持っていない子をとってわざわざ免許を取らしてあげて長期に雇うという余裕がなくなっている。昔なら、トラックの運転手になれば高給取りになれたが、今はそれほどでもない。
結果運送会社はドライバーの中途採用に頼らざるをえない。更には運賃の下落が給料の下落に繋がっており、60歳で老後の資金が溜まっているから引退する、なんてことも叶わなくなってきた。賃金の低下、人手不足。これからも運転手の高齢化はどんどん進む。人が足りないなら若い人をどんどん雇ってやりたいけどできない。余裕が無い。

ほら、陸運ストロングセルでしょ(実際、頭は痛い)

更に今回、運転手がSAS=睡眠時無呼吸症候群であることが判明した。最近、話題に登ることが多くなったこの病気、寝ている間に舌が気道を塞いで無呼吸になるという「病気」。病気というと一部の特殊な人がかかる少数の話、と思われがちだが、実は人口の4%がこの症状があるとされる。男性に多く、太った人には更に多い。つまりトラックドライバーは有病率が4%よりもかなり高いとも言われている。

これが居眠り運転の原因らしいのだ。おそらく居眠り原因の結構なパーセンテージを締めるこの病気、現状では寝て入るあいだ、鼻とかから酸素を送り込む機械をつけて寝る対症療法しか治療方法はない(根治することもない)一生呼吸器使うことになるのだ。これから社会問題化する過程で自分たちもお金と時間をかけて対策していくしか無いよなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いびきがうるさいと言われる人(僕もそうですが)。ダイエットは必要だしw専門の外来もあるので診察を受けて見ることもお勧めです。SASは死につながることもある怖い病気らしいです。いや、ほんとに。

2012年10月22日月曜日

ニックス

競馬の世界では、「この血統との相性が良い」とかこの血統とは相性が悪いなんてケースも存在する。

完全には解明できているわけではないが、競馬界にはこの「成績が良くなる組み合わせ」をニックスと呼ぶ。例えばノーザンダンサー系にはヘイロー系が合う、などと世界的に知られた、融通の聞く組み合わせもあれば、この父親はこの母の父(をもつ牝馬)と合う、という、とてもローカルでピンポイントな組み合わせもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま飛ぶ鳥を落とすのは父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンという組み合わせ。
メジロマックイーンは現役時代は最強馬として君臨。三大連続の天皇賞制覇、兄も菊花賞馬という日本を代表するステイヤー血統。しかも降着になったものの2000mの天皇賞秋をぶっちぎりで一着入線とスピードも備えていた。期待されて種牡馬になったものの子供の成績は振るわず、種牡馬としては失敗に終わった(かに見えた)。後継の種馬は残さず、数少ない牝馬が「種牝馬」として残った。

ステイゴールドは数多いサンデーサイレンスの子供の中では抜群の成績を上げたわけではない。体格も小さく、父親がサンデーサイレンスでなければ種馬になれたかどうか?こちらもあまり期待されずに種馬としての第二の馬生を歩み始めた。

ところが。一頭の馬が現れる。三冠馬オルフェーヴル。父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンのこの馬は抜群のスタミナと底知れぬスピードを発揮。凱旋門賞さえ手にどどきそうな活躍を見せた。そして今年はゴールドシップが皐月賞と菊花賞を制覇。それほどメジャーではない種馬と完全にマイナーな母の父からこれだけの活躍馬が出ればもはやこれは偶然とは言えまい。

ステイゴールドは種付け料が600万円と二倍に急騰。メジロマックイーンの牝馬はもともと数が少ない上に、種牝馬として牧場に残った馬は更に少ない。そこで引退したあと乗馬になっていたような牝馬まで急遽種牝馬として「現役復帰」させるケースまで出てきた。なにせこの組み合わせなら「高く売れる」のは間違いない。今まで高確率で「走る」ケースが相次いでいるから。

二匹目のどじょうならぬ、三頭目のクラシックホースは出てくるか?そして一度は死に絶えたに見えた日本土着のメジロマックイーンの血は後世に残るのか?あるいは世界に影響力を及ぼしたりして。