2012年10月12日金曜日

「逆」タイムマシン経営

「タイムマシン経営」とはもう10年以上前にソフトバンクの孫社長が唱えた話。

つまり、(ITの発展において)アメリカで起こったことは数年後に日本でも必ず起こる。(例えば古くはIBM互換PCの急伸や当時としてはADSLの発達などがそうだろうか)。だからアメリカで成功したビジネスを見て、それをすぐに日本で始めれば(闇雲に事業を始めるよりも)成功する確率が高い。まるでタイムマシンで未来を見てきたように振る舞うことができる。だから(自分の今までの成功は)「タイムマシン経営」によるものだと・・・。

あるいは日本や韓国で起こったことはその後周辺のアジアでも起こる、と。

もっとも今はアメリカや日本との「時差」は急激に収縮した。タイムマシン経営自体は今でも使われる言葉だろうが、実際にはアメリカで成功したサービスは日本では時をおかず雨後の筍のようにボコボコ生えてくるし、必ずしも皆が成功することは無いだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、その孫さんがアメリカで携帯電話事業を始めるらしい。当然巨額のキャッシュのようなものが必要になるので株は下がるだろう。しかし時価総額至上主義のソンさんがそれでもやるのだ。本人的には自信があるのではないか。

全く新たに会社を作るよりも3番手の会社をそのまま買い取って始めたほうが、ライバルは少なくなるし手っ取り早い、安くつく。時間とライバルを「ひとつ消せる」というアドバンテージ。その有利さを生かし、そして自分や周りの人材を含めた経営能力で企業の成長を促進する、と。

彼は考えたのだろう。

キャッシュが食われる等々マイナス面を勘案し天秤にかけてもいけるはず、それは日本のソフトバンクテレコムでやった方法と同じだ。すでに「ノウハウ」はあるぞと。

これは日本で起こったことを自力でアメリカで起こす、名付けるなら「逆タイムマシン経営」と呼べるのかもしれない。

ソフトバンク(社長一人でなく、会社として)の手腕やいかに。注目です。これが成功するなら、他の国でだって・・・。持続的な成長が可能となり、そしたらSBストロングバイでし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、日本で起こったことがアメリカで起こせるとは限らない。リスクとリターン、これをどう判断するかがこれからのソフトバンクの投資判断のキーになるでしょう。1兆円は決して少なくは無い。

ぼくはハゲ嫌いだから急落してもリバウンド狙いしかやらんけど。

2012年10月11日木曜日

善行

おととい、うちの事務所の敷地に一台車が入ってきた。見知らぬ老夫婦が降りてきて事務所にきた。
なんでも前を走っていたダンプが落とした鉄の切れ端が自分の車の下面に挟まって引きずってしまっている。ジャッキかタイヤの下に挟む枕木のようなものを貸してもらえないかと。
残念ながら事務所なのでそういう設備はない。しかしよく見るとそれほど複雑には挟まってはいない。鉄の棒を突っ込んで格闘すること5分ほど。無事とれた。

病院行くのに急いでいたご夫婦は大変感激されたご様子で(いや僕は全然大したことしてないんだが)出発された。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日、そのご夫婦がわざわざお礼を持ってこられて会社まで来た。しかも聞けば車で1時間はかかるご自宅から。

僕ならそこまでの事ができるだろうか?(いやこういうことをちゃんとしていくことが当たり前なのだろうが。)物腰も丁寧でこちらが恐縮してしまうほどだった。

そもそも本当に通りすがりの人なのだ。名前を聞いたわけでもないし僕は忘れすぎた出来事。それで済む話だ。出ていく時に十分に御礼の言葉をもらった。それでいいじゃんと。



見習わなけりゃいけないなあ、ほんと。自らを反省する新天地でありました。

2012年10月10日水曜日

「N-02E ONE PIECE」

docomoから漫画ワンピースと提携したスマートフォンが発売へ。
これもすごい取り合いになるんだろうけれど、欲しいなあw

って子供か!

JOJO携帯と違って日本製だし、行列にならぶか。
唯一、ディアルコアのチップってのが引っかかるけどなあ。ハイエンドで勝負すると値段が高すぎたのか。猫も杓子もアイフォンな時代。人と違う携帯電話、もちたいやん。僕だけかなあ。チタン製とかカーボンモノコックとかできないのかしらん。18金でもいいよ。(電波が届かなくなるか)