2012年9月24日月曜日

チャイナフリー

結局、長期的にはチャイナフリーな会社を目指すしか無いんだよな。

投機家としては「中国」で売られた下部の売られすぎは狙いたいけどさw


中国依存はあまりにもリスクが大きい、と言うことは分かった。
もちろん、リスクをコントロールできるなら中国で商売するしか無い。
できないなら商売しない。

韓国のメーカーなんて日本市場で全く稼いでないけど、生きていけてる。
中国市場で全く稼げなくても生きて行けるさ。たぶん(他人ごと)

必要とされなくなったら出ていくしかない

中国では反日運動広がる。

残念だし、経済的損失も大きいが、日本は必要とされなくなったのだから出ていくしか無い。
松下(現パナソニック)は中国に請われて対中投資を行ったわけだが、それでも破壊の対象となった。そういうところにいても利益は生まれないだろう。

もちろん、こちらから感情的に出ていくのは問題があるかもしれない。しかし、まともなルールが無いところで戦っても勝てるわけがない。勝てるところで勝負すべき。これが答えだと思うのだ。

いざとなったら、中国の会社のブランドのOEMでもやればよさ。