2012年9月14日金曜日

韓国死亡のお知らせ


大型で「猛烈」な台風16号(サンバ)が・・・

今の予想図通り(太平洋高気圧が日本に居座る)だとすると韓国直撃の可能性大。もちろん日本の被害もかなりのものになるけれど。

今度こそかなりの人的経済的被害が予測されます。サムソン、ヒュンダイ、まとめて沈め(精神的売り方なので)

ワクワク

10年  (てんぷら小野)

前から奥さんに「あなたは美味しいお店に言ったことがある話はしても、そこに連れて行ってくれない」

とは言われてました。まあ、中央区より西は出かけるのが億劫という話もあって。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奥さんが天ぷら食べたいというリクエストにお答えして、八丁堀の天ぷら屋さん、「小野」に行って来ました。八丁堀近辺といえば穴子は世界一と言われたみかわとか、「激戦区」ではあります。でも天ぷらといえば僕には「小野」。
ここは新天地の思い出のお店。というのも、生まれてはじめて会社を移るとき、上司に会社をやめることを打ち明けた場所だったのです。
「大事な話がある」と打ち明けたところ上司がおそらく事情を察して「天ぷらでも食いに行くか」と誘ってくれたところ。
歩合ディラーとして生きていくことにした分水嶺の地。あの時その上司が「そこまで思いつめているんなら、今の会社で歩合ディラーやればいいやん。俺が社長に話しつけてやるから」という慰留に正直心惹かれながら「来月でやめさせてください」と言った場所。今でもはっきりおもいだし・・・、いやあんまりそうでもないかw。何食べたかまでは思い出さないもんな。


味もさることながら雑居ビルの三階(エレベーター無し)という隠れ家的な雰囲気がいいんですね。近辺にお勤めの証券マンなら知っているお店かもしれません。
上司いわく、ボウ4大証券の株式部でも接待に使っていたというお店。昨日も外人さん連れの商社マン、ぼう有名外資系電機メーカーの役員とセレブなお客様ばかりでした。


10年ぶりに再訪したところ、当時仕切っていた先代はおらず、英語ペラペラの二代目が夜を任されておりました。10年の月日の長さを気付かされる瞬間。「10年たっても変わらない」と思わされたお店の内装も聞けば脱煙装置を新調するなど大きく変わったそうで。ほんと、あれから10年たったのか、と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初めて連れてこられた時、連れてきてくれた大先輩は「日本一上手い天ぷらを食わせてやる」でした。
日本一うまいかどうかはさておき、昨日もいろいろ変わり種をいただきました。とうもろこしとお餅の天ぷら、ここでしか出てきますまい。ホワイトコーン甘くてうまかった。うん。

旬にこだわってネタを変えるところは先代譲り。お話を聞いていると、秋の季節が本格化する頃にもう一度来なければwと。また店主が本当に英語ペラペラなので外人さん連れてくるのも良いでしょう。日本でしか食べない旨いものを食べさせてもらえます。
接待、デート、大切な人の記念日に、特別な日のお店かも。


難点は、10席ほどのちいさなお店(店主が一人で切り盛りするにはあれが限界でしょう)で加えて店主が言ってましたが、いろんな所に出張であげに出かけたり、素材を買い付けに出かけるので(特に夜は)予約は必須なところ。こだわる天ぷら屋さんはみんなそうですが、夜はお客を回転させないんでしょう。10名まで限定。(すごく早く来て帰った客がいましたが、「今日は満席」にしたままでした。)
雑居ビルの三階でエレベーターがないのでお年寄りを連れていくには気が引けますか。それと(これは素材料ですが)夜はお任せのみ、値段はサービス料にお酒をいれて一人15000円を超えます。(お昼は2000円位かのコースがあります。先代もお昼はいるそうで)。値段だけの価値はもちろんあると思いますけど、毎週行ってたら破産してしまうw。

アノ近辺で美味しい天ぷらを食べたいと思った方はぜひ予約のお電話を。多少混んでも構わないという人はお昼のランチに並んでみるのも良いかもしれません。場所はすずらん通り、エンパイアビルのところを一方通行に逆らって南西に進み小さな十字路をひとつ超えたところ右手側の雑居ビル、小さな看板が出ています。

2012年9月12日水曜日

ソニー、RX-1を投入へ

ソニーはデジカメを作る会社です。もともとコンパクトカメラを作って来ましたが、一眼レフについてはミノルタのカメラ部門を買収してやってきました。つまり、同じカメラでも一眼とコンパクトではまるでべつの会社のように別々に作って来ました。

ソニーはしかも世界的なC-MOSメーカーでありながらセクショナリズム的なものもあるのかそのデバイス開発力を生かしきれてないところも・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてそんなうまくいってない?コンパクト部門。画期的なカメラを出してきます。

「RX-1」です。



コンパクトカメラとは言え、いまのデジカメの常識から言えばコンパクトでは無い大きさです。

なぜか?いわゆるフルサイズといわれる大きなC-MOSを採用。そして大きな露光面に比例して大きくならざるを得ないレンズ、それをF=2とやはり大きさが必要となる大口径として来ました。レンズは「カールツァィス・ゾナー」を謳います。
光学設計としてあまりにも有名な「ゾナー」レンズは構造上、一番後ろのレンズと露光面の距離を短くしないといけないので一眼レフ、あるいはレンズ交換式カメラでは広角レンズとしては使いづらい(あるいは使えない)のですがレンズを交換しなくてよいこのカメラでは問題なく採用できます。そしてレンズを固定できるため、その組み付け精度はレンズ交換式のそれをはるかに超えてミクロン単位で組み付けられているそうです。

もうこれはおそらく超がつく高性能なカメラであることは疑いありません。それをできる限り小さく、軽くしてきました。デザインも高級感あふれるものです。プロがサブとして仕事に使うような。(アラーキーならメインで使うような)。スナップ写真家にとってはもちろんメインウエポンになる機材。

ぼくのような「カメラがほしい」(決してそれが人生に不可欠ではないけれどw)人間にとっては嫁さんを質に入れてでも欲しいカメラでしょう。

アメリカでの予想価格が2800ドルほど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これが爆発的に売れる、とは思いません。でもこのカメラがそこそこ売れることで、2年、3年後には僕らもこういう高性能なカメラを手に入れるようになれるんでしょう。デバイスは大量生産によって値下がりしますからね。

投資家としてはこういうカメラを出せるソニーには敬意を払っておきましょうか。
それともこんなもの開発してないでもっと儲かる商品出せよ、としておきましょうか。

新天地としては出してきた方にプラス評価、とします。

反韓国報道が続くのは日本政府のため、という思考回路

最近の韓国大統領はじめとする「反日活動のエスカレート」。アメリカなどから見たら同盟国同士で何やってんの?ましてや経済問題で忙しいこの時期に、という風に映ります。当たり前ですな。

アメリカからしたら、選挙はある、経済が怪しい、中東問題でそれどころではないってところに中国があるのに、そこに輪をかけて日韓で揉めだしたらエネルギーのさきようがなくなる。腹ただしいわけです。もちろん日本に対してもですが。

こういう空気を反映してニューズウィークのアジア版を嚆矢に、エコノミスト誌やディプロマット誌もほぼ韓国が悪い(大統領は任期終が近づくと反日になる)ってな論調で記事を書きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで批判記事が続くと、日本ならば「おや?ウリが悪いニカ」と思うわけですが韓国だとこうなります。

「全部日本の陰謀ニダ!」

かれらに適切な助言を与えることなんて不可能なんでし。
言論の自由さえない国ですからね。

2012年9月10日月曜日

カエル座り


うちのりんくん(♂生後半年ノルゥエージャンフォレストキャット)ですが寝方に特徴があります。

後ろ足をまるでカエルのように開いてぺたんこになって寝るのです。
猫って体やらかいけどさあ。。

ハンバーガーのお店シリーズ1千駄木レインボーキッチン

新天地の好きなハンバーガーのお店シリーズ第一弾。千駄木にあるレインボーキッチンです。

日曜日に行って来ました。我が家ではアノ方面にでると根津神社近くの和菓子屋さんと並んで定番になりつつあります。

場所は千駄木。団子坂の交差点から団子坂上の交差点に向かって坂道の左側を登って行くと坂の途中にあります。東京三菱の向かい側、入り口は少しわかりにくいか。

場所柄、おしゃれな雰囲気ですが、入りづらいということもなく気楽に食べに行けます。デートによし、家族連れで来るのもよし。もちろん、一人で来てお腹いっぱいになるのもいいんでしょう。お酒は頼んだこと無いけどいろいろおいてあるみたいです。

ここは東京一美味しいという人がいるほど(以前食べに来た時に、隣の客がデート相手?にうんちくでそう言ってた)のハンバーガー屋さん。個人的にはチーズバーガーおすすめ。ピクルスも好きです。別途頼みましょうw。


ここはハンバーガーも美味しいし、ピクルスも美味しいし、サラダも僕の好みの味付け。野菜の味もグッドです。


写真はダブルチーズバーガー。ポテト付き。ポテトはこういうふうに切れる機械があるんでしょうか。あるいは切った状態のものを仕入れているのか。肉汁あふれるパテ、レタスなど野菜の塩梅、もちろんバンズも美味い。ケチャップマスタードなしでも上手いと思いますがそのへんはお好みで。

こんなお店が家の近くにあればなあ。毎週行くけどなあ。(太るだろうけどなあ)

谷根千と言えばカメラ好きの人にとってもなかなかの「聖地」ですが、訪れた際はぜひ食べにいってみてください。というか、この店目当てに出かける価値があるお店。難点は車を停める場所が少ない(コインパーキングは向かいにあるけどいつも満車。談合坂上を超えたところまで行けば台数止められるコインパーキングが何箇所かありますが。)地下鉄千駄木の駅からは歩いて数分です。来週は根津神社のお祭もあるそうですね・・・。