2012年7月6日金曜日

こういう車に乗ってみたかったけれど



去年かな?シトロエンから限定で発売されたDS-3の特別バージョン。なにせシトロエンのラリーチーム自らがセット(レーサーたちも開発に助言)しただけのことはあり、それはそれは楽しい車らしいです。小さくてパワーもたっぷり、でも安定しているというファンカー。

残念ながらMTに左ハンドルなので一生乗ることはないんですけど。。。

こういう変わった車にも乗りたいけれど、通勤に使うには憚れるなあw

2012年7月5日木曜日

韓国、選挙の季節へ。

与党のパク女史が時期大統領選挙への出馬を表明。来年8月の予備選挙で勝てば、本戦にコマをすすめることになります。これが最後のチャンスかも知れませんね。

与党からはチョン・モンジュン(悪名高き、あのサッカー協会のどんです。日本からワールドカップ単独開催を金で奪い去った)が出馬予定とされています。与党の予備選はこの二人の一騎打ちでしょう。

でまあ、いつものことですが、選挙が近づくと現大統領のレームダックが加速します。今回もそう。しかもかわいそうなことに日本ではほとんど報じられていませんが韓国政府と目本政府による署名寸前に締結が延期となった韓日軍事情報包括保護協定問題で外交の一番のアドバイザー、金泰孝対外戦略企画官が辞任。首相も辞任要求が高まっておりいつまで持つか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても、こんな国を仲間にしなければいけない日本もかわいそうw。これじゃあ味方としては北のほうが信用できたりして。

敢闘賞!あらしろ

ツールドフランス4日目、日本人として唯一出場しているヨーロッパカー所属の新城選手が見事に敢闘賞を獲得しました。要するに、タイムとか順位は一番ではなかったけれど、そのひ一番印象てきな走りをした人を表彰する賞です。敢闘賞を送られた選手は翌日、敢闘賞ゼッケンという「特別に許された」ゼッケンをつけてレースをすることを許されます。

なにそれ?という人もいるでしょうが、これは結構すごい話なのです。ドーピング問題で落ちぶれたとはいえ、ツール・ド・フランスといえば今でも一大行事。世界三大自転車レース。フランス最大級のイベント。
ヨーロッパや北米で何千万人もの人がテレビで見る、大きな大会なのです。ここで敢闘賞を取るというのはもう「英雄」みたいなもんです。例えばF1で見せ場を作りまくったくらい以上の価値はあるのではないかと。

こういうところで活躍すれば、必ず日本人に対する感情も良化します。日本人?なにそれ?というのが変わっていくかと。
日本人だってサッカーが強いことでブラジルやアルゼンチンを少しは尊敬するでしょw。かれのやっていることの価値は経済価値にすれば何十億、何百億というものがあるとさえ言えるかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レースのしょっぱなから独力で、大きなギャンブルで「チャンスを作りに行った」新城選手。おそらく今大会中にもうあと何回か一世一代の勝負に出るでしょう。敢闘賞を獲得(それもスタート直後から何時間もテレビの中央に映り続け、スポンサー名の露出に大成功し、表彰台でもテレビで露出しました)したことである意味今大会のノルマはこなしました。本来は「アシスト選手」としてチームのダブルエースを助けるのが彼の役割(スタンドプレーは許されにくい立場)ですが、今回のご褒美にチームも「スタンドプレー」をあと何回かは許容してくれるでしょう。

ハマりさえすれば日本人にとっては夢のツール・ド・フランスのステージレース優勝も夢ではないかもしれません。彼にはそれだけのレースを作る能力と最後のスプリント力があるからです。当分寝不足です。

ダイエット(死ぬ気で)

さて新天地、腹腔鏡での手術を受けることにしました。手術自体は簡単なもので危険性は殆どゼロ。一週間くらいで退院できるらしいです。

ところが。先生曰く「太っていると感染症の可能性が高くなる。今よりも10数キロ痩せないと手術できないですよ」

手術は2月下旬。毎月2,3キロは痩せて行かないと行けない計算。必死です。

2012年7月4日水曜日

生まれて初めて知ったこと

きょう、ある事情で、会社を休んで検査を受けました。あわせて先日に行った検査の結果も聞きました。おおむね深刻な問題はなかったのですが問題が二点。

太りすぎだそうですwあと10数キロ2月までにやせないといけなくなりました。ノルマです。

そして。血液型について知らされました。「A」ですねと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぬ?

新天地、親にも言い聞かされてきたのは「あなた(新天地)の血液型はB型」というものでした。父がAB、母がOなのでAかBにしかならないわけですが、それにしても数十年間違った血液型だと思ってきたとは。。。、とほほ。確かに今まで人から輸血された経験はなかったわけだが・・。輸血に提供したこともなかったし。もしもあったらヤバイことになったかもしれん。ああ、ヘルメット(車庫内や現場内に言った時にかぶる)に書いてある「血液型」の欄、B型消してAがたにしておかないとw


念のため間違いでは?調べてもらうつもりなのですが。母親も根拠なく子供の血液型を間違えないと思うんだけどなあ。どう間違ったんだろう?

2012年7月2日月曜日

自分の葬式

新天地は家を出ています。

ふとこんな話しになりました。夫婦、お互い死んだら誰が葬式すんの?

奥さんには兄弟がいません。僕には姉がいますが姉夫婦に子供はいません。

夫婦どっちか先に死んだ方は残されたほうが葬式をやりますが、残された方は順番から行くと誰も葬式を開いてくれなさそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奥さん大丈夫。奥さんよりは一日でも長生きして葬式までは面倒見るから。ぼく?

人間死んだら塵になるのだw僕の葬式なんぞ不要なのだ。僕が死んだあと、どうなろうと知ったこっちゃない。

いろいろな利用法

実家のとおちゃんとPCが不調だというので(一緒にすな)一泊2日で三重県までかえる。

二台のうちの一台のPC、いろいろいじってみてある程度は改善されたのだが、もう7年選手。どうせならということで新しいPCを買ってあげる事にした。新天地、自分のPCだって4年選手で買い換えてないのに・・・(まあどうせネット見るだけですけどね)

東芝製の春モデルがなかなか安くなっていたのでそれを。セットアップとかデータの引越しとかまあ半日がかりですな。それでも引越しソフトが予めインストールされていたおかげもあり、楽ちんです。ウインドウズアップデートとかの待ち時間が苦痛なくらいで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、少し驚いたのは父親(僕と同じくオーディオマニア)がノートPCで「デスクトップ・ミュージック」環境を整えていたこと。あのPC音痴の父親がいろんなものにPCをつないでは使い道を模索しているらしい。もともとVAIOなのでそういう使い道としては素性のよいPCなのですが、ほんの1万円ほどのスピーカーをつなぎ、PCの前に座って聞くと、これがなかなか素晴らしい臨場感なのです。スピーカーを繋げてから、動画サイトを世界中訪ねて歩いているらしい。


多分、冷静になって聞けば「音質」はさほどではないのかもしれません。しかし、疲れた時にPCの前に座り込んで映像とともに楽しむクラシックやジャズは、下手なオーディオよりも心地よいかもしれません。
僕もそのスピーカー買うことにしようかなと。
物欲のコーナーに商品載せましたソニーのテレビサウンドバー SA-32SE1という商品なのですが強力お勧めなのです。

使うコツは物欲のコーナーにも書きましたが、スピーカーにある程度近づいて聞くこと。机の奥において椅子に座って聞く、そんなイメージでしょうか。セッティングとか気にしないで音響空間を手軽に作れることがこれのいいところですね。左右のスピーカーが一体化されているから。あとはパソコンに繋ぐだけ。結構いい音しますよ。