2012年5月26日土曜日

経験から学ぶのはおろか者のすることだ

佐藤工業のトンネル爆発事故。

どうやら、ガスが発生する現場で防爆仕様の電動ファンを使っていなかったことが原因のようだ。佐藤から下請けへの連絡ミスか。おそらく頼む方は「ガスが出ることぐらいわかっているよね」で発注し、受注した方は「言われてないからガスは出ないよね」で装置を置いたのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
各ゼネコンは少なからずトンネルでの爆発事故を起こしてきた。安全教育を少しでもかじったものなら、各社のトンネルでの爆発対策を必ず勉強する。他の大手ゼネコンは自分の経験を生かして二度とこのような事故を起こしてこなかった。佐藤工業も今後は二度と同じ事故を起こしはしないだろう。

しかし。経験に学ぶということは「犠牲者の上に」学ぶということだ。
「経験を起こすこと」さえ許しては行けないはずなのだ。
佐藤工業には、おそらくまだカバーしていない他社の経験があるはず。一刻の猶予も許されないはずだがはてさて。

一応、支援企業の若築とかへの影響は。。。まあないか。

電気自動車にかけるMMC

MMCっていって三菱自動車って通じる人は少なくなったなあ。僕も古い人間だ。


さて、MMC,株価はどこまで下がるのか?という感じ。100円を割り込んだ株なのでもうまともな機関投資家は持ってないでしょう。業績見通しもあんまりです。しかし・・・。

軸足をモーター駆動にかけてきたMMC。今度出るプラグインハイブリッドはトヨタのプリウスとは違い、モーターと電池をメインにし、エンジンは「電気を充電する発電機」として主に使われます。もちろん、パワーが必要なときは駆動力としても使われますが。

役割分担がプリウスとは違いますね。あくまで電気自動車が基本。なかなか前評判も良いですしあとは値段しだいかと。

「潰れなければ」この株美味しいはず。どこまで下がるかなんだが・・・。出来れば50円台まで下げてくれれば・・。10万株くらい買い込んで2,300円で売り飛ばせれば。

とらたぬでした。

2012年5月25日金曜日

マツダのディーゼルが注目される理由

さんざん書かれたことだけど、マツダのディーゼルが注目されている理由を置いとく。

フィアットなど、有力なディーゼルエンジンを持たないところはこれは欲しいだろう。あるいはホンダとかも・・。

2012年5月23日水曜日

世代交代

いま、ルックとかやってるのは40才くらいのグループ。世代交代したんだろう。

ゆっくり力を蓄えて、それぞれが自分のやりたい銘柄をゆっくり探しながら考えているんだろう。

いろいろ想像がつきないなあ。

韓国

韓国でのある暴行事件が、波紋を広げています。

まあ、だからといって韓国が危険とことさらに煽る気はありませんが、こと性犯罪に関しては日本よりも数倍韓国のほうが発生率が高いのも事実。
日本人観光客が止まるような立派なホテルなら問題ないでしょうが、そうでない宿泊施設では十分に危険があるということです。このことは頭において韓国に行く必要があるでしょうね。

先進国化している韓国ですが、まだまだそういうところも残っているのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国世論の中には従軍慰安婦問題(記念碑とか)の意趣返しで日本の外務省が動いた、ってな見方が出てます。なかなかデリケートな問題になる可能性も含んでいます。
電通とかは必死に抑えにかかるんでしょうけどね。

実は外国人観光客が韓国で性犯罪に合うケースが増えているけれど、表沙汰にはなりにくい、なんていう報道が今年のはじめだったかにあったのです。氷山の一角かもわかりませんね。

2012年5月22日火曜日

小さく産んで大きく育てる

フェイスブック、やっぱり公募価格が強気すぎたんとちゃうかなあ。あっさり公募割れ。

新規公開の絡みの仕事をやった人間なら、一回は「小さく産んで大きく育てる」なんて言葉を聞いたことがあるだろう。つまり、公募価格や初値が安めになったとしても、それよりも上場したあと上昇していったほうが結果的にはみんな(発行会社も含めて)結局は為になるんだと。

初値や公募だけが高すぎて買ったみんなが損するようだと、業界も痛むし、今後その銘柄がお金を必要とした時に買ってくれなくなったり。

やっぱり公募が高すぎたんじゃあないかなあ。フェイスブックにはこの公募価格を正当化できる業績を上げてもらいたいもんです。