2012年3月31日土曜日

また、郊外型銘柄の空売りでもするか

5年くらい前だっけ、ガソリンが値上がりしたとき。
ラウンドワンとか、その手の「郊外型店舗」の決算が出るたびのぼかすか売られることがあった。
まだ僕がディーラーやってたときだから結構前の話だが。何年だっけ?

今回も同じ構図。ガソリン高い⇒みんなで郊外店に出る事が減る⇒業績悪化⇒決算で売られる。

今回はあのときの経験があるからある程度先回り売りされる可能性が高いけれど、銘柄を探しておいて決算勝負する価値はあるかもしんない。

2012年3月30日金曜日

テレビ局、口は災いの元?2題

新天地はわりかしテレビっ子です。一日3時間以上テレビ見るもんね。
深夜番組を録画しては日曜日に見ためする。最近、自分の中で「マツコ」比率が高い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「いかり新党」は番組開始以来、ほぼ欠かさず見てる。あの力の抜けた感じが好き。できるだけお金はかけないで、でもスタッフはなかなか力が入っている。もと日テレの夏目あなも好評なんだそうな。やっぱりもともとはエース候補といわれただけのことはある(上から目線)

彼女は投資家なら知っているように、イーガーディアン(マザーズだったっけ?)の創業者一族であったことでも知られるお嬢様。(たしか6000円以上高値つけたから、そのときの自分名義の持ち株だけで億を越えたはず。今は安いけどね。)

で、不幸な事件で番組をおろされ、上司や同僚、あるいはある役員から罵声を浴びたり、いじめを受けたりしたと報じられた。で、結局会社を辞めてフリーになった。人気とかお金持ちだとかでやっかみもあったんだろう。
で、フリーになって一本目の深夜番組で高視聴率をたたき出す。いまやいわゆる「潜在視聴率」は7%を越えるという屈指のタレントさんなんだそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここに来て日テレも「頭を下げて」夏目アナに出演交渉を行った。そのためか関係ないか、日テレは某アナウンス室部長も暴言はいた役員も「左遷」してるのね。まさに立場大逆転。口は災いの元。

自分より下の人間だからといって不用意な発言をすると一生を棒に振るわけです・・・。
しかも日テレは結局交渉決裂。決裂する交渉のために?左遷された人たちの立場はw。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MXの5時に夢中もマツコが出てますね、というか、マツコがここまでテレビに露出するようになったのはMXがきっかけだったか。


そこには僕も奥さんも大好きなさいばらりえこが出演してました。ところがこの前の放送で放送禁止用語を口走ってしまい、首になったとか。これはその放送を見たMXの上の人が激怒して本人にもかなり強い調子で首を宣告したんだそうです。

しかーし。これで激怒したのが某整形病院。この院長はさいばらの大親友で5時に夢中のメインスポンサー。番組がまだ全然知られる前からスポンサーを務め、番組にも手弁当で参加してました。西原を下ろすなら、スポンサーも下りるというわけです。(MXには金輪際金を出さないとか)

この不況の時代、あれだけのスポンサーを失うのはMXにしてはそこそこいたいはず。もともとは下ネタOKの番組で少しイレギュラーな発言があったとしても次から修正できた範囲のことのように思えました。ただ、その場の怒りで現場を知らずに首宣告したんでしょうが、番組のスポンサーの背景を少しでも知っていればこんなことは起こらなかったはず・・・。やっぱり口は災いの元なのです。

2012年3月29日木曜日

サムソン電子はどこまでいくのか

さて、日本のメーカーが苦しんでいる一方、韓国サムソン電子の株が天井知らずの上昇を続けています。どこまでも上がるのか?

はい、懸命な皆様はわかりますね。永遠に上がり続ける株は「絶対に」ありません。キッパリ。

ソニー、富士通、松下、シャープ。どれもこれも何度も生まれ変わっては上昇を続けましたがやっぱりたれました。どこでたれるのかわからないのがなんですがw。そろそろ天井をつけるのかなあ、と。今年中くらいか???

2012年3月28日水曜日

自動車メーカーが電池メーカーを目指す

トヨタとBMWの電池部門での提携。

新天地は自動車と言うのは将来、自動車メーカー主導で作るのではなく、デンソーのような主要サプライヤーが格となる部品を供給し、あたかも今のPCショップが作るショップPCのように部品を寄せ集めて作るようになると思っていました。この考えを完全に捨てたわけではないですが、ここ最近の高度な自動車(燃費然り、走りしかり)を見ていると、やっぱり自動車メーカー自身の開発の実力と言うのがまだまだ大事なのかなと。たとえばトヨタの86のような車はヒュンダイではまだ作れないわけで。

さて、自動車メーカーは電気自動車において電池を作るメーカーに供給を頼んでいる現状ですが、いまだに価格と性能に満足していないということなんでしょう。各社、自力での開発に一斉に走り出しました。結果どうなるか判断しかねはしますが、電池メーカーにとってはあまり良いニュースではないでしょうね。それもかなり悪いニュースだと思います。

一方、日本のメーカーにとっては欧米メーカーと仲良くしていくのは悪い話ではないはず。たとえばトヨタはスバルと組んでとりあえず86という結果を出しました。「ああ、トヨタと組めば利益がある」と思われればよいのです。ソニーやサムソンのように「あそこと組んでもね(メリットないよなあ)」と思われたらだれも付き合ってはくれますまい。

2012年3月27日火曜日

カメラ預かった。

同僚の御父さんの遺品。カメラがあるというので見せてもらったのだが、いやあ凄い逸品ぞろい。ゼンザブロニカとか、。。。

中古でうってくれと言う話なのでカメラやさんめぐりをするか、ヤフオクいくか。如何しようかなあ。

収入、利益、不特定のユーザー

新天地は経営者ではありませんが経営側の人間です。と言うのも勤めている運送会社は奥さんの御父さんが創業した会社だからです。

なので素人ですが、運転手さんの側に偉そうに言わなければいけないこともあります。僕が偉いわけではありませんが、誰かが言わなければいけないことを、言うポジションにいるわけです。

みんな言うことはある程度きいてくれます。でもそれは給料をもらうからだと思うわけです。つまり会社なんて利益を上げて、給料を払えなければ誰も言うことは効いてくれないし、そのためには利益を上げて何ぼ。上場会社ならなおさらでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地はグリーを空売りしてるのでつぶれろ、とか言いますが(おい)グリーが多くの収益を求めていまのソーシャルゲームのシステムを作り上げ、巨額の利益を求めたこと自体は全否定されるべきではないでしょう。変化の激しい業界で手を抜くことは敗北を意味するのだから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
収益を追求すれば、もともといたお客さんを逃すことになるとは思いますけどね。
ぼくの新天地にて、だって広告だらけになったらユーザー減るとおもいますもんw

そういう「本からいるユーザーを切り捨てるような急展開」というのはどうしても批判を浴びる方向性だと思うんですよね。それも度が過ぎれば株価に影響を与えていくのだと僕は思います。

グリーはそういう域まで行ってしまった感はあります。サービスを守るために利益を上げなければいけない。しかしそれを追い求めすぎて利益追求のソーシャルゲームだけが肥大化した。
それは悪いことではないと思うのですが、あまりにも社会的批判が大きくなると 。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たとえば、「ガチャ」の前に展開されたに「アバタービジネス」と言うのは、おそらく韓国でヒットしたものをアイデアとしていただいたんでしょう。しかし、新天地のように韓国の新聞に目を通している人間なら(おそらくグリーの経営陣だってそれくらいは知っているだろうけれど)韓国ではPCサービス上のアバターの大流行の影で何十万円もアバター購入する子供の問題が社会問題化して訴訟などになっていたり、政府が介入するような事態になっていることも知っていました。

僕は日本でも近いうちにそうなると思いましたが(それは日記に書いたとおり)アイテム購入に関していよいよ公的規制が入りそうな雲行きです。当然織り込んで株価も下げました。外国のアイデアを頂戴したグリーの成長はある意味孫正義の言うところの「タイムマシン経営」であり、僕の空売りは「逆タイムマシン投機」だったのかもしれません。