2012年3月16日金曜日

IXY3 多分これがコンパクトデジカメの生きる道

今年はオリンピックイヤー。実はオリンピックイヤーと言うのはカメラメーカーの主力一眼レフがバカスカ出てくる一年でもあります。オリンピック会場に現れるカメラマンが持っているカメラを見ればその後数年のカメラメーカーの勢いを見れば、その後のシェアも予測できるというくらい。僕が鮮明に覚えているのはソウルオリンピック。あの時望遠レンズがいっせいに「白」=キャノンになったあと、その後十数年続くキャノンの黄金時代が到来したのです。あの頃のキャノンの望遠レンズは解像力、AFの速度ともに群を抜いていたんですな。

今年もニコンとキャノンが新フラッグシップを出すなどなかなか力が入ってます。まあ、昔と比べて製品サイクルが短くなったのでオリンピックイヤー云々と言う話はだいぶなくなったのかもしれませんが

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてそんな新製品ラッシュも一息ついたわけですが新天地がなるほどと思ったのがキャノンのコンパクトカメラのIXY3.写真ではわかりにくいのですが金属のボディーにアルマイト加工がなされ「物としての所有感」をくすぐるでき。ものすごくコンパクトなボディーに12倍の高倍率ズーム。裏面照射型C-MOS(ソニー製?)を使用、手ぶれ補正つきで暗いところでも綺麗に写る。その他高度な顔認証など機能を詰め込んでいます。値段は30000円超くらいか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今のコンパクトデジカメはスマートフォンの猛烈な圧迫を受けていますが、このカメラなら「スマートフォンとは別に買う理由がある」のです。小さくて邪魔にならない、高級感がありどんな場所で取り出しても場違いではなく(結婚式で携帯電話で写真じゃあ少し場違いでしょ)。物としての高級感があるということは長く使えるということでもあり。暗い場所での適性と、12倍の光学高倍率ズームはスマホでは綺麗に撮ることのできない悪条件でも写真を撮ることを可能にしてくれるはず。


それでいて価格は「少し高め」の3万円。高級感や小ささ薄さというデザインの付加価値で価格競争から逃れようという売り手の意図も感じます。屈折光学系やイメージサークルの小ささ(いつかまた詳しく書きます。このカメラひじょうに面白い?光学系なのです)から、すばらしい描写性能というわけではないでしょう。しかし持ち歩くには億劫な一眼レフが逃すであろうシャッターチャンスを毎日持ち歩けるという「性能」がカバーしてくれることもあるでしょう。シャッターを押せなければ(その場に持ち合わせていなければ)写真がそもそも撮れないのですから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このカメラ、デジタルコンパクトカメラが生き残る方向性を見せたカメラかもしれません。最初は奥さんに勧めようかと思ってたのですが、見てたら自分が心底欲しくなったw
如何しようかなあ。今貧乏だし。(車貯金中なのです)

2012年3月13日火曜日

スマートフォンを落としたら?

スマートフォンをわざと落として、拾った人が如何するか試そうという実験がアメリカでシマンテックの手で行われたそうです。

結果は約半分の人が落とし主を探そうとしたそうです。
しかし約半数の人が「パスワード」というファイルをあけようとし、あるいはリモートでアクセスを試みたそうな。携帯電話はいまや個人情報の塊ですが、それを持ち歩くことが如何に危険かという話ではありますね。金融口座にはロックかけても、電話帳にロックなんかかけないもんまあ。

日本のゲームはクソ

日本のゲームはクソと発言したクリエーターの話が話題に

グリーを空売りしている僕がいうのもなんですが、日本のゲームメーカーにはもっとがんばって欲しい。ほんの15年前までは日本のゲームだって凄かったはずなんです。どこでどう間違ってこんなになってしまったのか???

ゲームメーカーに力が戻れば、ハードメーカーだって大きな顔もできるし経済に与える影響だって少なからずあるはずなのです。

2012年3月12日月曜日

日本代表同僚対決。結果は韓国代表の判定勝ち?w

ドイツで大活躍するサッカー日本代表のドルトムント香川選手。ところで、ドイツのサッカーチームは日本の選手の獲得に積極的なことで知られてまして、日本選手同士の対決も増えています。
今週末はトップ下という攻撃の要の位置で起用された香川選手に対し、同じく日本代表のアウクスブルクのDF細貝選手徹底したマンマークにつくなんていう一昔前なら「夢の」対決が行われました。

ドルトムントの香川選手が攻撃の要になるのはもちろんですが、逆にアウクスブルクの監督は香川の手の内をしっている日本代表DF細貝選手をマンツーマンでぶつけることで相手の攻撃の芽を摘み取ろうというわけです。普段の守備体系を崩してでもボールの基点となる香川選手をつぶそうと。

結果は監督の指示通り、香川選手に密着マークを敢行した細貝選手の勝ち。しつこいマークを受けてまったく活躍できなかった香川選手は途中交代となってしまいました。アウクスブルクとしては作戦大当たりです。 細貝選手はこの完璧な守備が評価されドイツキッカー誌にこの試合のマンオブザマッチに選出され、週間ベストイレブンにも選出されました。
試合自体は結局引き分けに終わったんですけどね。


さて、この日本人同士が注目された試合を韓国のマスコミが報道するとどうなるかと言うと・・・

「韓日自尊心対決は韓国の判定勝ち!香川は屈辱の途中交代!」

???????? なんじゃそりゃ。
-----------------------------------------------
要するに細貝選手が所属するアウクスブルクには韓国代表のクジャルチョルというディフェンスの選手がいるんです。昨日は(マークマンは細貝選手でしたけど)DFとして香川選手に仕事をさせなかったので(試合は引き分けでしたけど)韓国の「判定」勝ちと言うわけですw だれがどう判定したのか突っ込みどころ満載ですが・・・。

いい加減、このストーカー体質なんとかならんのかなあ。あ、もちろん韓国マスコミは大活躍した細貝選手には一切触れず。日本人選手が活躍した都合の悪いことは書かないのがお約束です。