2012年2月9日木曜日

サイン

新天地は文系です。

父は高校の理科の教員(定年後は某私立大学で講師もしておりました)、母は公文式で子供に算数を教え、(高校数学まで教えてました)、姉は大手電気メーカーの社内弁理士、曽祖父の兄弟にいたっては京大で物理かなんかの教授をしていたとかという恵まれないDNAのせいか、算数がまったくの苦手なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まではそれですごせて来ました。証券会社にいるときは算数なぞできなくてもコンピューターが勝手に数字を計算してくれ、運送会社にいてもエクセルさえあればなんとかやっていけます。しかーし。

行政書士にも色々ありますが、新天地がやっていこうとしているのは車関係の行政書士です。とくにトレーラー関係の。

車検証を出したりするにはそれなりに数字がわからないとダメなんですな。ブレーキがどうとか。って言うほど難しくないんですがサイン(数学の)くらいはわからないと提出する数字が導き出せない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、サインって何だっけ(おーひ)と  


もう少し勉強しておけばよかった。当時、こんなもん知らなくても将来実生活ではなんら困らんわい、とおもってた20数年前の僕、お前のせいで20数年後の僕はとても困っております・・・。

2012年2月8日水曜日

シールド工法

シールド工法と言うのは、「もぐら」みたいな工法。大型の円形のドリルを前方につけた円筒状の機械を使う。ドリルが回転しながら地下を機械が進む。土は自動的に機械の後方に送られ、それを外に排出。穴には順次コンクリートの壁が張られていきトンネルができていく。

他の開削工法(地上から穴をほって土留めを使って構造物を作り、最後に「蓋をして」トンネルを作るなどに比べてお金は凄くかかるけれど、開削工法が使えない現場(地下鉄工事や海中トンネルもそうだね)ではこの方法しかない。日本の大手ゼネコンはシールド工法では世界トップレベルにある。今でも。

その工法で信じがたい事故がおきた。事前に十分な調査もしているはずだし、十分に注意して施工しているはずなのだが。。。

投資家としては鹿島にはもう一度直接の原因の究明と、組織としてどこか間違っていないか、チェックしてもらいたい。「下請け頼み」になっていないか、懸念するのだ。ゼネコン全般に言える話だけどね。
技術力がすでに無いなら、今のゼネコンの株価は高すぎるよなあ。

2012年2月6日月曜日

信用取引

グリーって空売りできるん?ときかれたので

松井とかならできます。