2011年12月24日土曜日

山種美術館

休みの日は、奥様の希望で広尾の「山種美術館」へ。

というのも、いまベストオブ山種美術館というわけで、コレクションの中でも重要文化財に指定されているような「大物」ばかりを集めた展示がされているのです。その前半が25日までと言うことであわてて見に行きました。

古くから相場を張っている人はご存知、山種証券やヤマタネの創始者、山崎種二は今で言うなら相場の神様でしたが、2.26事件での米相場の大暴落や戦後の高度成長での上昇相場で巨万の富を得ました。彼は横山大観などの日本画の巨匠たちのパトロンとなり、多数の名作をコレクションします。

そして大観らのアドバイスにしたがい、その貴重なコレクションを一般にも見てもらうために美術館を作ったというわけです。なんでも初の日本画専門の美術館だったとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまでコレクションにのめり込んだのは、初めて買った絵が「贋作」だったからとか。そのため、その初めて買った作品の本物と同年代の古い日本画を収集するようになったんだそうです。その後、恵まれない絵描きさんにも援助を行い、何人もの大家を晩成させました。

失敗を糧にする、ってのが相場屋さんの大きな資質のひとつなのかもしれませんね。

なかんずく、重文の猫の絵、まるで3Dのような、すばらしい絵でありました。あれは欲しい。
いくらお金積んでも買えないけどさ。

2011年12月20日火曜日

村八分

日本には、村八分という話がある。国際社会で言えば経済制裁みたいなもんで、葬式と災害援助を除いては近所付き合いをしない、と言うものだ。

俗説では、10の行事のうち、上記二つだけは除外するから村八分と。
(ただしこれは俗説で、ぼくの大学時代の国文学の教授によれば「はじく」がなまって八部になったというのが正しいそうだが)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
孤立を深める北朝鮮。海外からの弔問を断ったようだが、何れ喪が明ければ「弔問外交」も行われよう。葬式のときだけは付き合いOKなのだ。

そのときの流れを一応見ておこう。

一月は夢を買う月

いまはもう、ネット売買、ネット情報だけだから昔ほどはそんなことは無いけれど。

昔はといっても10年ほど前までは、証券会社もほとんど対人だったし、証券新聞とかも人とのつながりでできていた。たとえば証券新聞みたいなひとが証券会社にやってきてどんな株がいいと思います?みたいな話を株式部長とか情報部の部長と話す。そんな話が広がっていって「あの株はいいらしいよ」みたいな話になってひとつの相場になったりするんだが・・・。

正月はそういう相場がおきやすい。バイオであったり、ナノテクであったり、代替発電であったり。。テーマ性を見つけて(やや現実には目をそむけて)相場を起こしやすいのだ。
出来高100位に突然飛び込んでくるような銘柄に敏感になっておこう。一月は特に。

2011年12月19日月曜日

カーボン関連

日機装

東レがカーボンそのものなら、日機装はカーボンを製品にする機械を作ります。
いままでは小さなものが多かったけれど、日機装のは飛行機の羽とかまで作れる大きなもの。

これだけの機械を作れるのはなかなか無いわけで。まあ買っといていいでしょうよと。

無責任に紹介しておこう。

韓国、このままつぶれてくれても良いけど

これで。

南北ともつぶれてくれれば、日本経済には間違いなくプラスなんですけどね(おひ

御父さんの旅行先がなくなるのは痛いが。

最初不安感で売られても株にはプラス。ミサイルが飛んできても数発なら誤射だ。
地震原発のほうがよっぽど怖い。特需期待で日本株には回が集まるんだが。。。

哀悼










金正日氏死去発表(お昼休み中に発表。ただし、10時にはすでに噂として出てた。)

なお、韓国からの報道によると、17日の土曜にはすでに死んでたらしいですな。死んでもすぐに発表しないのが北らしい。あらかじめ、如何するかまでは決めてなかったか。

後学のためにチャート載せておきましょう。

合掌

プロ野球は時代を映す鏡ではあるけれど

さてしつこいですが新天地は横浜ベイスターズのファンです。これからも続くかどうかは疑問ですが。というか最近は野球なんて見ないですもんね。

しかし、株屋(元)としてはやはりかんがいがあります。野球球団を持つ会社と言うのはやっぱり世の中を代表する業種。毎年何十億円も宣伝広告費に費やせる会社は勢いが無いと。TBSがそのお金を支えきれないということと怪しいwゲーム会社がその役割を果たそうということ。まさに時代を映しているんだなあと。

しかし、DeNAが今後何年もその負担に耐えれるとは思えないのだけれど。これだけ儲かる市場、ほんとうに競争が行われるならあっという間に寡占が崩れるような気がしてならないのだ

IQもしくはシグネット

義父にふぐをご馳走になった。いやあうまい。。。

ってな話の中でこんな話が出た。ベンツ売るからな。。こんど○○(うちと付き合いのある自動車屋さんの人)が来るから話しとけ(奥さんに向かって)

そう、義父は車が好きなのだが(まあ運送会社の元社長さんですからね)、今まではベンツの5.5リッターほどの排気量がある大きなクーペに乗っていた。しかし、仕事の一線も引いたし、維持費も高いから(保険料だけでビックリする値段になる。なにせオプションも含めると正価で2000万円を越える車だから。排気量もでかいから保険の掛け率も高くなる)。今のマンションの駐車場はぎりぎりの大きさで出し入れも面倒くさいみたいだし、何より遠くで暮らしていた義父の母親がなくなったから、車ではるばる見舞いに行くことがなくなったのもあるのかなあ、と。

奥さんは言う。
でも足がなくなったら困るでしょう。普段どうするんです?

おとうさんはいう。
車があると歩かなくなるからダメだ。車なしでも良いんだ。

いやいや、それじゃあ不便では?

おとうさんはいった。
「凄い小さな車でも買うか。トヨタからなんとかいう車が出てるだろ」

僕はいった。ああ、IQですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
車好きでない人に説明するとIQってのはこういう車






二人乗りに見えるが車検では4人乗れる車。全長3Mしかない不思議な車である。実は僕も少し欲しかったりするのだが・・・。






しかし、お金持っているカーマニアならこれを買って欲しい。









「アストンマーチン」のシグネットである。


え?おんなじ車じゃねーかって?そうもともとは同じ車。いったん日本で製造されたIQは舟で海をわたりアストンマーチンの工場へ運ばれる。しかーし。そこでIQは内外装がすべてはずされ内装はアストンマーチンの熟練工が手作業で仕上げる総革張りの内装に仕立てられ、エクステリアは天井板以外は専用の物に総とっかえ。そしてこれまた手作業で何重にも塗料が吹き付けられる。(もちろん受注生産によるオーダーメイドだ)。
駆動系やサスペンションに変更は無いものの専用のホイール、タイヤが奢られ、オーナーの快適性のために防音材が手作業で張りなおされて静粛性は大幅にアップしているとか。

もちろん内外装ともにフルオーダーで可能でありとあらゆるオプションにこたえてくれるそうな。

問題は、その価格。一番素の状態で490万円。ちょっとオプションを加えるだけで簡単に50万円100万円値段が上がっていく。まあたとえば、内装に使われる皮の量は、2000万円以上する普通のアストンマーチンと同じ。人件費とか考えれば仕方が無いんだろうけれど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小さな車を使いたいけれど(都会では駐車スペースの問題は切実な問題なのだ)軽自動車やあるいは素のIQでは気後れするという人に。この車なら丁重な扱いを受けることができるでしょう。 そもそもこの車に500万円以上突っ込む人は、この車以外にもっと高い車に普段は乗っていますよ、ということでもありますからね。いつもピカピカにして乗り回してみたいものです。

おまけ
シグネット製作風景の動画記事
ぼくはこの作業風景をみて「あーアストンマーチンも欲しいかも」と思ったりしましたw
車なんて椅子が良くて乗り心地がよくて最低限のパワーがあればよいはずではあるんですけれど。