2011年11月26日土曜日

貧乏な理由

うちはかなり立派な一軒家なのですが、台所だけは空調がないのです。冬寒く、夏暑い。しかも狭いので、ストーブとか置くのも少し場所がない。ネコもいるから火気を使いたくないし。
そこで新天地、奥様にダイソンのファンヒーターをプレゼントすることにしました。これ、大人気商品らしくどこに行っても売り切れしかも結構なお値段。北海道で在庫を確認しおとりよせなのさ。
これは久々に物欲を満足させる一品。昔のマッキントッシュを思い出させるですね。なんだか我が家もハイソサエティな感じが。おかげでカメラもレンズも携帯も当分変えなくなってしまいましたがw

円高、オーナー、ジンクス

今年もやってきました競馬のジャパンカップ。最近は日本のうまのレベルアップのせいで、逆に海外から有力馬が来ないことも多かったジャパンカップ。しかし今年はレコードで凱旋門賞を制した女傑、デインドリームが参戦します。

なぜこんなバリバリの一流馬がJCに来たか?それは二つ理由があります。ひとつは賞金。ヨーロッパは不況とユーロ安。なのでJCの優勝賞金はとても魅力的になってきているのです。加えてジャパンカップには優秀な外国馬を集める為のボーナス制度があります。凱旋門賞を制したデインドリームにはJCを勝つとさらに倍、ってな感じの賞金が加算されるのです。

二つ目はオーナー。デインドリームは当初たった100万円程度で競り落とされた馬であることで知られますが、凱旋門賞の前に日本最大の馬主社台グループが所有権の半分を買い取ったのです。オーナーサイドがジャパンカップを使ってくれと言うわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャパンカップと凱旋門賞を制した馬はいません。ひとつには馬場が違いすぎるからとも。力のいるフランスの馬場。硬くてスピード最優先の日本の馬場。同じ2400の競馬でもそこにはかなりの適正の違いが存在すると言われています。「凱旋門賞馬はJCでは勝てない」この有名なジンクスを打ち破ることはできるのでしょうか???


賞賛あり、と思ったから少々無理なローテーションを組んだともいえますし。。やっぱり無理なローテーにも見えますが。。

個人的には勝って欲しい。でも馬券的には「消し」かなと。

今欲しいカメラとレンズ

新天地はカメラマニア、というかレンズマニアです。と言うのも絵の才能がまったくなかった新天地。なので風景やポートレートをきれいに切り取る写真はものすごく好きで、これに秀でた機材を見るととにかく欲しくて堪らなくなるのです。

もともと、キャノン党の僕ですが、それはキャノンがEF300mmUSMというとにかくすばらしい望遠レンズをラインナップしていたから。50万円を越えるそのレンズは解像度、コントラスト、色再現あらゆる面でニコンやミノルタを頭ひとつ以上リードし、しかもオートフォーカスは超音波モーターの採用でとても静か、という傑作でした。競馬うまを写真に取りたかった僕はとにかく性能のいい望遠レンズが欲しくてこのレンズとEOSを買いこみ、以後カメラ趣味に数百万円を投じる蟻地獄に落ちていくのです・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奥さんとの同居を機にフィルムカメラ資産をすべてうっぱらった新天地。今はコレジャナイK-Xに標準ズームのみで活動しています。でもいろんなブログを見ているとすばらしい機材と言うのはどうしても目に付くもので・・・。
最近、どうしても僕の物欲を捕らえて放さないレンズがあります。それがソニーから発売されている

「Distagon T* 24mm F2 ZA SSM SAL24F20Z」です。

ディスタゴンというブランドはご存知ドイツカールツアイス社のレンズブランド。カールツアィスといえばカメラ好きならば一度は買いたい高性能レンズの代名詞。ライカがベンツならツアイスはBMWかなあ(私見)。

もっともツアイスレンズって言っても、もともとの設計はソニーだろうし製造はタムロンなんでしょうけれど。

とまれ、24mmというレンズは「超広角レンズ」という扱いになるのですが、APSサイズのカメラにつければ36mm相当という「普通の」使いやすい広角レンズになります。そして広角レンズとしては抜群のきれとか描写力、開放時のボケ、絞ったときのきりりと引き締まった表現・・・。レンズの姿かたちも「これぞ高性能レンズ」と言う雰囲気でもうマニアには堪らない。。。いかん、よだれが出てきた。 自分で使ったこと無いからわからんけれど、作例を見る限り、「はまったときの切れ味がめちゃめちゃ鋭い刃物」のようなレンズのようです。これは欲しい。


アダプターを介してNEXに取り付けると、まるでカメラがレンズのおまけになったようなたたずまい。これがまたなんだかレンズ好きをそそるのです。。。 レンズが欲しくてカメラも欲しくなるのは上述のEF300mm以来かなあ。それくらい所有欲をくすぐる。ズームレンズのほうが便利なのは知っているのですが、それでも「作品」を作らせてくれるような気になるレンズ。

各種の事情で今貧乏だからなあ。

怪物くんの歌

今日から、怪物くんの映画が。

最近、嵐ファンの我が家としては多分今日にも見にいくんである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドラマでも使われた主題歌でこんな歌詞がある。

「生まれ変わっても~♪また、キミをさがーす~♪」

僕は奥さんに言った。「生まれ変わったら、僕を探してくれる?」

奥さんは言った。みろころまあこを探した後ね。

・・・・・・。
奥さんはさらに言った。「私、来世は猫に生まれ変わるような気がするんだけどね」

僕は答えた。「なら僕が探し出して飼ってあげる」

奥さんはなお答えた「貧乏人はいや」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

来世は僕だってお金持ちかもしれないやん!!!。もっと金持ちと結婚して・・・・・・。

奥さんは呆れ嘆くのでしたw。


とりあえず株で稼ごう。今月はかなり貧乏なのだ。

確かに、課金ゲームのいかがわしさはこういうところにある

こんな記事

オンラインゲームで使用できる「最強のレアアイテム」をやく十万円で売り出したところ、瞬く間に売れてしまったという話。

常人には理解できない話ですが、ネトゲ廃人にとっては、どうしても手に入らないアイテムがたった10万円で手に入るなら・・・。と言うわけです。これは人が悪いというよりもゲームの中毒性という面からの問題でしょう。もはやネトゲは薬物や(少なくとも酒タバコのように)その他の害悪と同じ論点で政策的制約を受けるべきなのかなあと。

その意味では楽天の社長が「まった」をかけるのもわからないでは無いんですけどね。。。

コンプライアンスを気にする投資家なら、確かにその辺考えるところなのかもしれません。もっとも「タバコ会社は絶対買わない、とかあんまり聞かないですから、オンラインゲーム会社は絶対買わない、なんて会社も無いとは思いますがw。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地はネトゲ売り推奨です。たんに割高感と言うか市場飽和感があるから。あるいはアジアにうってでて、売り上げ伸ばせるなら別ですけどね。

2011年11月25日金曜日

火力発電所はフル稼働

以前にも書いたが、うちは工事用の鉄板とか基礎とかを運ぶ仕事をやります。

地震の影響で東北地方ではそういう仕事は活況を呈しているのでしょうが、うちは関東なのでそれほど影響はないかなあ、と思ったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが顕著に影響と言うか仕事が増えたのが発電所関連。火力と原子力ですね。これだけで年間数百万から一千万の売り上げが・・・。

つい先日も神奈川の火力発電所に鉄板を持ってったんですが・・・。テレビ見てたらそこが見事に爆発?火事を起こしてるねえ。多分むりやりフル稼働しているから問題がでてるんだろうなあ。。。。なんにせよけが人がいない模様で良かった。

ゆっくり休んでね、とはいえないし。

2011年11月21日月曜日

忘れた

某加茂川に日帰りで出かけたw新天地。心地よく酔っ払って帰ってきたのは良いのですが・・・。

お土産かってくるの忘れた。


福引でもらった財布とぬいぐるみと、手作りの梨のジャムで許してくれるかなあ、おくさん。。。

「あなたは本当にもう」

と嘆く顔が浮かぶ。。とほほなのでした。温泉いって温泉入ってこなかったし。