2011年10月27日木曜日

植物カメラ

といっても。別にカメラが種から生えてくるわけではない・・・・・・・・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何度も取り上げたことがある「赤瀬川源平」氏の著作、カメラが欲しいのなかにでてくる話。赤瀬川氏があるカメラメーカーを尋ねたときの話。試作品のカメラがある。しかし試作品といっても電子部品までは作りこまれていまい。ボディーや光学系は作られているのだが、電気系統はカメラボディーからコードが何本も外に伸び、そのコードが外部のコンピューターにつながる形になっている。

カメラ単独では作動できず、そとのコンピューターを動かして初めてカメラが作動する。
外のコンピューターとつながっているコードがまるで「植物人間」の入院状態みたい。というわけで「植物カメラ」だと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いまのスマートフォンもまさにそのようなものなんだよね。有線ではないけれど、見えない携帯回線でつながった先のクラウドに生命線がある。単独では真価を発揮し得ない。
サーバーで処理を行うアップルのSiriなんてのはその際たるものかもしれないね。そこには今のところ携帯キャリアの存在意義が少ない。キャリアはただ「コード」(=携帯回線)を提供しているだけだ。・・・。

ソニーや東芝、松下に富士通クラスなら、アップルやグーグルがやっていることの一部くらいはできるのではないか?敵は大きいけどね。あるいはドコモやソフトバンク、KDDIにもその野望はあるか。ドコモは一時imodeという器で覇権を取りかけたんだが。
まずはできるできないは問わない。やる意思が有るか無いか。あるのなら大きな株価変動要因になりうると思うんだが。それは円高だろうが円安だろうができることなのだから。

日経新聞は説明責任を果たす義務がある。

今回のオリンパスの「事件」。法的に立件されるかどうかは別にして、純粋に投資家としてみた場合、旧経営陣は万死に値する。こんな言い方は許されないのは100も承知だが、のうのうと生きていられることに驚くくらい。故意かだまされたかはしらないが、どぶに捨てて毀損したお金は数百億円なのだ。 (あるいはもっと??)

Jブリッジはもともと反社会的な存在(言い切る。責任はとらん)。そんなところにお金を突っ込んだということはどういうことか?僕でもわかる話だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてそんなオリンパスについて、日経新聞は具体的な報道をしない。取材能力が無いのか?どうやらそうではない。と言うのも一部の日経系の電子版では前社長の退任時にドロドロの一部を報道したようなのだ。(僕は見て無いけれど)

じゃあ何でかと言うと、オリンパスは当然大口の広告スポンサーだし、なんと日経新聞からはオリンパスに社外取締役が入ってる。こいつらが口止めしてるといわれても・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日経新聞は日ごろからガバナンスを声高に叫んでいる。ならば今こそ日経新聞はなぜこの件について口をつぐんできたのか。記事を書ける人間に対して圧力がかかることがなかったのか。
公器として解明し読者に説明する義務があると思う。説明する気が無いのなら、もはや存在意義はないと思うのは僕だけだろうか?この件で世界中から笑われていることをお忘れなく。マスコミの矜持って一体どこに・・・。

ソウル市長選、野党=若年層が制す

韓国は大統領選挙を控えています。そしてその「前哨戦」として昨日、ソウル市長選挙が行われました。

日本では東京都知事選はほとんど国政選挙とは関係無いのですが、韓国のソウルといえば東京以上の重要都市。日本で言えば東京神奈川千葉埼玉が一緒になってそれが軍事的最前線にあるわけですから与野党ともに「落とせない」選挙なわけです。

与党は「非主流派」ながら国民的人気が高く、次期大統領最有力候補といわれるパクグンフェ女史が陣頭指揮をとりました。現在の大統領とは犬猿の中のパクグンフェ女史は他人の応援にでるのは約3年ぶりということに。彼女にとっても「大統領」への大きな一戦というわけです。

一方野党側は「統一推薦候補」として「無所属」のパク・ウォンスン候補を応援。さらには現在はソウル大学融合科学技術大学院長という公務員でありながら、次期大統領の左派系有力候補の最右翼として浮上したアンチョルス氏が投票直前に野党系候補者のパクウォンスン支持を表明。本来公務員であるアン氏の政治的行動は賛否ありましたが大きな影響力を与えたことは否めません
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、韓国の政治ですが左右対決は若者と非若者という対決構図でもあります。
今の大統領は右派ですが、経済的には開放、国際競争路線です。WON安誘導を行い、輸出重視。一方ではさまざまな交渉で関税を引き下げる。そのため、一部の大企業(というかサムソンLG現代です)は高収益ですが、そうでない企業は競争に敗れ経営不振になることもおおくなっています。

このため、満足な職に就けない、特に若年層にとっては右派政権に対する不満が強くなってきていました。左派系となる野党はこれをうまく掬い取る形で党政挽回を図ってきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらには韓国でも「無党派」層の拡大があげられます。今回のソウル市選挙でも野党系候補のパクウォンスン氏は「無所属」を強調。アンチョルス氏が次期大統領候補として人気が高いのも「非政党人」であるからと言う面が高いといわれています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果。選挙は野党系候補が完勝。与党系のパクグンフェ女史にとっては「完全な向かい風」となってしまいました。ただパク女史から言わせれば「主流派」の協力があればもっといい勝負になっていたはず。ここまで非協力的ならばいっそのこと与党を割って保守系新党を目指すのでは?という見方もあります。

他方。勝った野党も再編の思惑はくすぶります。もともと左派系野党といってもその政治信条は日本でいえば中道から社民党の左派系くらいまでの幅があります。特に強い影響力を見せた「現在は無所属」のアンチョルス氏も大統領選挙を考えれば「自分の政党を持ちたい」と考えるのは自明のこと。おそらく新党立ち上げとともに野党系国会議員のガラガラポンも起こるでしょう。このときにお互いがどれだけの票を取り合うのか?今後の韓国の行方を左右します。

前のノムヒョン大統領のときに米韓関係が最悪になった一方で中韓関係は強くなりました(いわゆるバランサー論です)。韓日関係もかなり悪化し尾を引きずっています。一方で現在の右派政権によって米韓関係は蜜月状態。日本ともそれなりに現実的な関係を保っています。他方では対北強硬路線をとり、中国とも比較的ドライな距離感を保っています。

為替政策で言えばおそらく左派政権になれば現在のような極端なWON安政策を採らないのではないのかなあ?と言う感じで見ています。

日本にとってはどっちが言いかと言うと。。。。w

2011年10月26日水曜日

オリンパスが暴落した理由

オリンパスが暴落した理由。


いろいろ言われていますが、僕はこれが一番なのかなあと思います。

証拠画像を上げておきますね。


見つらいですが、投稿者に注目して欲しい。



それにしてもゴールドマン、凄いよなあ。どれだけの客を逃がしたのだろう(逃がしたの意味は皆様にお任せします)

オワコンなのは

オリンパスの件。世界中でトップ扱いで報道されている。まあ、日本の評判に止めを刺すのに十分なニュースだったね。


それにしてももっと「終わっている」のは日経新聞か。いまだまともな記事を載せれず。この前の合併の飛ばし記事といい、投資家的には「もはや購読する価値は無い」と改めて思い出させてくれる事件及び報道姿勢でした。

日経新聞よんで投資家なんてやってた日にゃア、勝てる相場も勝てないな。。いつの間にこんなにひどい媒体になってしまったんだろう???

2011年10月25日火曜日

泥棒

奥さんからメールが来た

「泥棒が入ったよ」


僕、あわてて電話する。
「何をとられたの」

奥さん
「羊羹が無い」


「わはははは」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いやあ朝こばらが空いたんだよな。うまかったのだ。

日本料理でへこむ

最近、日米関係よりも密接な米韓関係。ところが韓国の大統領が訪米した際、へこむ事件があったそうです。

それは晩餐会で和食が出たんですねw。ご丁寧に和牛とか書いてあったとか。韓国の一部マスコミでは外交的非礼とまで書き出す始末。

韓国を相手にすると面倒くさいです・・・。


日本人が接待されて韓国料理が出たり、中華料理が出たところで誰も文句を言いませんが・・。外交的非礼、などと言いがかりをつけることが相手に対する侮辱だということがわからないんですなあ。
------------------------------------------------
この裏には「韓国文化を世界化しよう(そうして自尊心を満たそう)」といういじましい心理があります。日本や中国は世界的に知られているのに何でウリは。。。と言うわけなんですな。
こういう難癖つける態度がそれを阻んでいるということに気がつくのにどれだけ時間がかかることか。

韓国、世界化するにはもっともっと努力しないと。いまのままではね。。そりゃあおいしい料理もあるけどさ。

物は無いんだけど買わない

さて最近、仮設用建設資材の一部には品薄感があります。敷き鉄板なんか、枚数が多くなるといっぺんにそろわなかったり。

じゃあ仮設資材の商社が資材を積極的に買い込むかって言うとそうでもない。みんな先行き不安なんだな。これでは鉄鋼メーカーはまだまだつらいなあ

2011年10月24日月曜日

世界でもっとも売れるカメラは?

世界で最も売れたカメラはフジ写真の「うつるんです」、という答えはさておき、今後世界でもっとも売れるであろうデジカメは「アイフォン4S」であろう事はもはや疑いない。この携帯電話のカメラ、静止画も動画も凄く良くとれる(もちろん一定の恵まれた条件ということだが)世界中でアップされだした画像や動画を見るとこれが携帯電話で撮った写真?と思うものが凄くたくさんある。

ソニー製の裏面照射型C-MOS恐るべしだし、アップルのチューニングも効いているのだろう。
その意味では次にでてくるエクスペリアに搭載されるカメラは相当いいのでしょうアイフォーン4Sが800万画素に対してエクスペリア次期機種は900万画素という話ですし、より暗い場所でもノイズが少ないという噂です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カメラ専業メーカー、厳冬の時代かも。タムロンとかは今後さらにきついかもね。

義父が衣替えするにあたって、着なくなった服(義父はおしゃれで高所得者です)をボクにくれるというので手伝いに。

ブランドの上着を中心に正価にしておそらく数十万円分くらいの服をかっぱらってきましたw。しかし・・・・


某有名ブランドの生地を使ったオーダーメイドのワイシャツだけでざっと100着はあった。あれだけで高級車がラクに1台は買えたな。
奥さんが冗談でバザー開くかって言ってたけれどw。さもありなん。

スズキが売られる可能性

スズキはヨーロッパで好調だが、なんと言ってもインドでの強さが際立つ。今の株価もそのインドでの利益あってのものだとぼくは思う。

ところで、この地域ではさっぱりだった現代がインド向けに新しい車を出してきた。今回は相当力を入れるらしい。
ーーーーーーーーーーー
最近の現代の勢いは当たるべからざるものがある。この本気度が本当なら、スズキにとってはかなりの困難が予想されるが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーー
新天地理論
絶対的な商品や高い市場シェアがある地域を持つ会社は、逆にデメリットにもなりうる(そこを失えば株価のプレミアムが剥げ落ちる)。

当たるかどうかはわからんけどね。経営陣の腕前が試されます。

ドコモの本気と「従量」制

ドコモのLTEサービス、クロッシーが音声端末でも始まる。LTEって言うのは平たくいうとFOMAとかの上位に位置する通信規格で同じ電波資源を使えばより大容量、より高速な通信ができる。飽和状態が近づきつつある日本の携帯電話の電波状態だが、LTEはそれを幾分かは緩和してくれるだろう。このため、ドコモは積極的にLTEの普及をすすめることにしている。多額の設備投資を前倒しすることでLTEの電波範囲を急速に広げているのだ。


さて、ドコモはLTE(クロッシー)対応の携帯電話を発表するとともに新しい携帯電話の料金体制を出してきた。一定額を払うことでドコモの携帯電話への電話が24時間無料になったり、テザリングをしてもその料金上限が従来に比べてかなり安かったり。つまり「ヘビーユーザー」はどんどんLTE契約にしてね(そうすればドコモとしては電波状況の逼迫が緩和される)ということ。


じゃあLTE契約がばら色かと言うといくつかはデメリットもあって月間8Gを越えると通信速度に大幅な制限がかかり、それを解除するためには追加料金が必要に。いまのところFOMAではそういう制限は無いので自分のパケット通信の総量を確認してから契約を考えたほうがいいかも。そのほか、無料通信を含んだ電話契約がなくなっている?などの点も・・。

定額で使えるパケットに上限を設けることで、事実上「一部従量制料金」を導入したという言い方もできるでしょう。いままで「完全定額」がほぼ前提といえた日本の携帯料金制度が変わりつつあります。(ただし一定期間はこの制度は適用されません。今後変更される可能性もあるでしょう)。ドコモのビジネスモデルも変わっていくひとつの大きなきっかけではあるでしょう。これは投資家としては頭に入れておくべきファクターだと僕は思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドコモとしてはLTEへの移行政策が相当「本気」であることがこの記事でもわかります.

あたらしいクロッシー端末に買い換えなくても、「メリットの多い」クロッシー契約に切り替えることができるというのです。つまり、ドコモへの携帯電話が多い人や、テザリングを使いたいと考えている人にとっては携帯電話を買い換えなくても(今の携帯を使おうが、LTEに対応しない携帯に買い換えようが)手数料を払ってクロッシー契約に切り替えることで月々の支払いを少なくできる可能性が高いのです。

(パケットのトラフィック軽減につながる)LTE端末への買い替えを行わなくても、クロッシー契約を結べることで毎月の通信料金が下がるなら、ドコモにとっては痛手のはずです(大幅な減収要因になる可能性だってあります。だから?この件についてはまだ積極的には報道されてません)。それでもこういうことをすれば、次に端末を買うときはLTE端末を買うという流れができるんじゃないか?減収と言うデメリットを勘案してもあらゆる方法でLTE普及を進めたい。そんなドコモの本気さが伝わってきます。

アイフォン4Sという、「電波混雑」という副作用の強いドーピング薬を選んだソフトバンクとauにとってはドコモとの電波政策の差が見て取れるといいますか。(auとソフトバンクは公共無線LANの積極活用などでなんとかしようとしてますが) 。アイフォンは絶対的にパケット消費量を増やしますからね。


いつからクロッシー契約ができるかとかその手数料、条件などについては念のため主催者発表の
じゃなかったドコモにお問い合わせくださいませ。契約の変更は自己責任で。そしてお金が節約できたら新天地に感謝するように(おひ

タイかトルコへの義捐金にお回しくださいませ。