2011年9月24日土曜日

おみあげ

実家のお寺でイベントがある。こんど帰るのだが奥さんが行った

お世話になった人がいるんだからお土産くらい買って帰ったら。
この辺の気配りはほんと、ありがたいと思うのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でもひとつ笑い話を思い出した。数年前、奥さんと一緒に三重に里帰りしたときのことである。


奥さんが僕に言った。百貨店の地下でお土産かって帰りましょう。

そうだねということで東京駅の地下の食品売り場をみて廻る。奥さんが指差した。「お肉でも買って帰る?」みると「朝日屋」と書いてある。あのう、三重に帰るのに松阪肉買って帰ってどうするの?w

奥さんはさらに言った。じゃあ貝の佃煮とかは?日持ちするし。

さらに目をやると今度は「貝新」と書いてある。だから三重に帰るのに「桑名の名産」買ってどうするんです・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
わざとかと思ったもんなあ。


ちなみに、亀山駅では要予約ですが日本で唯一(というか世界でも唯一だろうなあ)のお茶漬けの駅弁があります。この駅弁が亀山のお茶と貝新の時雨を使ったなかなかの物。将来、リニアでも通らない限り(あるいは電車を間違わない限り)亀山駅を利用する人はなかなかいないと思いますが、万が一亀山駅を利用されることがありましたら話の種に是非どうぞ。三重2大駅弁(後一個はあらたけの牛肉弁当)なのです

相場見通し

あまりにもやりにくい相場なので相場のことをここ数ヶ月w書いてなかった。


要するにトレンドは「まだ」下向き。それも嵐の真っ最中か、あるいはまだ本降りが来ていないらしい。

ただし、怖いのはそれに慣れきってしまうこと。もし反転したら一気に勝負をかけたい。
それにはもっと出来高を伴う大嵐が来るか、あるいは今よりももっと出来高が少なくなってにもかかわらず相場がじりじりと横ばいから下値を切り上げるようなときを待たねばなるまい。


何度も言うようにそのときのために何の株をかうのか複数ピックアップしておくこと。

今もってる株は?いまさらじたばたしても仕方ありますまい。僕は放っておく。
もちろん、「理屈が合う」損きりラインを決めておくことは重要だけれども。
その辺は各自チャートなり、指標なりを研究して決めるしかないんでしょう。自分自身のリスク許容度とかもありますしね。

「まだ」そのときではない。そのときが来週なのか来年なのかはようわからん。
ボクはそこを確認してから勝負に出たいですね。

韓国車の衝撃

日本では現在、韓国の車をほとんど見ることができない。
世界的には驚異的に伸張する現代などの韓国車だが、残念ながら日本での売り上げはまったくといっていいほどダメ。

が注目の韓国車が輸入される。それはシボレーキャプティバ。うん?シボレーってアメリカ車だろって?これシボレーの韓国工場で作ったやつを日本にもってくるのだ。

そしてこの車、すこぶる評判がよい。まだ実際に乗ったことは無いけれど、おーほしいなあと思わせるスタイリングに内装。これど言われるように乗り心地もいいのならばなあ。自分が使うには残念ながら背が高すぎて打ちの車庫には入らないのだが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これからも韓国工場で作られた「アメ車」あるいはルノーサムソンの工場で作った日産車とかが入ってくる可能性は大きいでしょうね。九州で作るより安上がりだもの。

2011年9月21日水曜日

病んでるなあ

ボクが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
うちには老齢の猫が三人いる。ミロは糖尿を患っているのだが、インシュリンのお陰でまあ年寄り猫として暮らしている。ほかの二人、コロとまあこは健康そうだった。

ところが、最近ころの様子がおかしい。奥さんが病院に連れて行ったところ、ガンの疑いがあるそうだ。10何年も奥さんと一緒に生きてきた猫。当然、奥さんの落ち込みようは半端ではなく、何とか声をかけてあげたかったのだが・・。

奥さんにしてみれば、どうやらそんなボクもウザいらしい。どうしようもないなあボク。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あかしやさんまが「俺は結婚に向かない」といっていたけれど、ボクもどうやら結婚には向いていなかったらしい。そんなことを考える3回目の結婚記念日なのでした。

本当に何もかも捨てて旅に出たくなるときがある。独身のころは「会社辞めてやる」ですんだけれど(実際何回か会社やめたしなあ)今回はそうもいかんのかなあ。。

奥さんに生活費かえして今の職場の引き継ぎやって新しい食い扶持とすむとこ探すとなると・・なかなか時間かかるなあ。

いやいや。

2011年9月19日月曜日

仕事環境をどのように持ち歩くか

少し前の話になるが、取引先の商社の人と、鋼材を搬入する現場の事務所に特殊車両の通行許可申請の通行経路の打ち合わせに行った。

大きな現場でその建設会社以外の建設会社には納入したことがあり、すでに特殊車両の通行許可を得ている現場。しかし、納入現場のゲートの位置が変わるから3者で打ち合わせして新しく申請しなおしという話。

あらかじめ申請データをプリントアウトし、さらに周辺の「特殊車両交差点番号」をくまなく打ち出して打ち合わせに向かった。(いろんな通行経路を言われても「それならこういう風に申請しましょう」というためである)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ、何とか話はついたのだが、こういうときはインターネットにつながるノートパソコンを持ち歩いたほうが説得力はぜんぜん大きいよなあ、と強く感じたしだい。ここのコースがこうなって、オンラインで申請するとこうなんですよ、と実際に見せるのと見せないのでは向こうの理解度や信頼度が大きく違う。
スマートフォンでは特殊車両の許可申請の関連ソフトは動かしてプレゼンできないし、僕の今もっている「タイプP」では小さすぎて複数人に見せるにはつらい。
このお仕事のプレゼンということを考えると少し重くなってもいいから、高性能の、ある程度大画面のPCが有効なのかなあ。どうせ車での移動が多くなるのだからウルトラライトである必要はないし。普段の作業をするときは外付けの大画面液晶やキーボードなどをつなげてデスクトップ環境で使えばいいしね。VAIOのZシリーズとかなると。高性能ノートPC。高いよなああ。。。経費で落ちるけど、まずは経費稼ぐだけの仕事を取ってこないと・・。働け、僕。