2011年9月17日土曜日

移民

新天地は江戸川区に住んでいます。江戸川区は10数年前からインドの人がたくさん住んでいます。なのでカレー屋とかも多いですね。なぜそうなったかというと、インド系移民のパイオニアみたいな人が江戸川区に移民してきて、その人を頼って移民してくる人がいたりしたせいなのだそうです。

インドというとゼロを発見したようにもともと数学の素養が高く、プログラマーとかも多いとか。こういう移民を呼び込むようにすれば日本の経済も活性化するはずなんだよなあ。とか思ったり。政府がんばれ。とか書いていてふと気がついた。


新天地の職業は???

行政書士だったw。入管関連の書類作成も立派なお仕事なんだよね。江戸川区で開業していてこれをやらない手は無いんだけれど。。。インド語(ヒンズー語)、どこに行ったら教えてもらえるんでしょう?w


行政書士の資格って、案外便利なものかも試練。食うにはなんか主力業務が必要だけどさ。

2011年9月13日火曜日

夢 現実 食っていくということ

このタイトル、前にも使ったか・・・。





かりかという芸人さんがコンビを解散して、一人は引退するのだという。





でその顛末について、有名放送作家の鈴木おさむという人がブログを書いている。
詳しくは中を読んでねということだけれど、いろいろ考えさせられました。
才能があるだけでも成功はできない。食っていくのは大変なのだと。

まあ、ディーラーで夢破れた?ボクからみるとほんと納得できる話ではあります。

たとえば同じディーラーでも本当にうまい人は全力を出さなくてもまあ首にならないであろう250万円くらいはコンスタントに稼げます。でもぼくはいつも「ああ、今月はダメかもなという時との戦いでした。それが2,3回続くと首が寒くなる。だからいつも全力疾走していないといけなかったわけです。

夢を職業にすると、本当に楽しいわけですが(いや、今から思うと本当に楽しかった。いい商売だよなあ)その分「成功できない」というリスクも負う。ひとりで生きていくならそれでもいいけれど。家族がいるとつらい選択になるよなあ。

そして。「友人が夢をあきらめたときにかけて上げる言葉は?」という話。考えさせられるものがあります。さらに。さすが有名作家さん。文章が上手いよなあ。





詳しくはリンク先を読んでもらうとして、

2011年9月12日月曜日

自民党にはがんばって欲しいです

大臣辞めた。自民党は嬉々として責任追及に全力を尽くすらしい。

そりゃ、追求するのは必要だろう。だけどそれしかやってないように見えるのは気のせいなのだろうか?

株価が新安値をとってきて円高が過去最高を更新しているときに、責任を取って辞めた人の責任論を「全力で」(しかも明らかにしめた!と笑っている顔をしながら)追求するだけが責任ある政治家の行動なんだろうか?

どう考えても次は与党になるのだろうから、もう少しやるべきことを考えて欲しいなあと。
じゃないと株価が上がらない。

お見舞い

おくさんの父方のおばあさん(もうすぐ90歳)が少し体調を崩して入院しているということで、義父さんと奥さんとボクとの三人で茨城までお見舞いに行くことになった。

車で行くから、ってんで義父さんが運転。

無事茨城到着。病院へ。

おばあさんは再婚していて、そのだんなさんが泊り込みで看病しているそうな。(奥さんにとっては義理の祖父ということですな)だんなさんはまだ70台でそこそこしっかりはしてる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でそのだんなさんがようこそ来てくれましたってんでお茶を出してくれた。それだけで十分、のはずだったんだが・・・。

それを見ていたおばあさんは言った。「あなたはほんと、気が利かないんだから。冷たいものとかちゃんと用意しておきなさいよ。来るのわかっているんだから。病院にいると(あなた自身が)お客さんだと思っているから」


ああ、この気配りと気の強さw。義父さんをして一代で会社を作らせたDNAを見た!。そしてこの感じ奥さんにそっくり(汗。血は争えん。思わず噴出しそうになった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数十年後、病院で「あなたは本当に気が利かないんだから」と怒られている自分の姿が目にうかぶのでした。


いやほんと。どんな会社でもそうだけれど、出世する人ってのはとにかく廻りに気を配れる人ではあるよなあ。。つくづくそう思う新天地ではありました。