2011年8月27日土曜日

F-05D

もうすぐ発表になるドコモの秋冬モデル。

ボクが興味を持ったのは富士通から発売される予定のF-05D。
いわゆるLTE対応のスマートフォンなのだが画面がとてもきれいなのだ!。ああ、これは欲しい。
おまけにLTEのおかげでダウンロードなんかもかなり早し。これは普通の回線速度には戻れませんなあ。。

今の段階ではどれくらい電池が持つかわからんし、チューニングもどこまで詰められるかわからんけれど、これなら買っても良いかな。11月末には発売といううわさではありますが・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これかなりいい製品だとおもうんだけどな。LTEも採用されているから長く使えそうだし。

2011年8月26日金曜日

仕手株とブーム。

以前、AKBと仕手株は一緒だと書いた。

ハンリュウも多分一緒なんだろう。

問題はして筋=テレビ局があまりにもあからさまにやりすぎることなんだろうな。

だからみんなにたたかれる。(もちろん、ある程度面白くなければ、仕手筋がどんなにがんばったって話題にならないことはわかりますけどね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じゃあばれないようにうまくやれば問題ないかというと・・・。
それはそれで「洗脳される気味悪さ」は残る。

世の中洗脳だらけだと知って行動しなければ馬鹿を見る。

2011年8月24日水曜日

暴力団、か・・・。

暴力団のからみの話。

新天地は売買審査室長などというものをやっていたことがある。おかしな動きをする口座を見つけては、まさか怪しい口座じゃあないよね、ということもあった。


一方で(もう時効だとおもうが)怪しい人と付き合いがあったこともある。先輩とのみに行って「あいつと飲んだことは口が裂けても言うなよ」といわれたこともある。あるいは先輩に「そいつとだけは縁を切れ」といわれたこともある。情報のやり取りもしなかったわけではない。凄い儲け話が転がり込んできたこともあればババを引いたことも(号泣

白といえば白。クロといえばクロ。灰色といえば灰色。

今の会社ではとりあえず組織とは関係ないけどね~。背中に絵がかいてある人はいるけれどw

夢と効用 現実 現実逃避

長い長い夢を見た。こんな夢。

ボクは実家に帰っている。するとなぜかキーがついたままの車が(他人様の車だ)。何をおもったか、僕はその車で「逃げる」ことにした。何から逃げるのか、どこに逃げようとおもったのかはわからない。

ところがそこに子供が飛び出してくる。子供は道の真ん中でお母さんに振り返る。ボクは避けきれずに凄い勢いではねてしまう。子供は死んでしまったのだろうか。

盗難車で死亡事故。ボクはさらにさらにどこか遠くに逃げることにした。高速に乗ろうとしたけど、待てよ幹線道路はオービスで写真を撮られるな。田舎道を行こう。(妙に悪知恵が働く)

次の日になった。会社から「おーい寝坊か~」という電話がかかってくる。あれ、今日は休みにしておいたはずだが?でも意を決して言うことにした。一身上の都合で辞めさせてもらいます。
伸介と違って慰留されなかったw。ああ、案外そんなもんだなと。何とかなるもんなんだよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、目が覚めた。おそらく「パトカーを盗んで逃げたニュース」とか最近「運転手教育向けに事故事例を集めたプリント」を作っていたりとか「会社辞めてどっかに逃避したいなあ(奥さんが言う所の「あなたは楽なほう楽なほうを選ぶからというやつです)」とか島田某の引退会見とかが頭に残っていてそれがあんな長い夢に再構成されたんだなと。

本当はもっともっと長い夢だった。24時間以上分の長い夢だった。目が覚めたときに
「あーあ夢でよかった」とおもった。これに比べれば現実はかなりましだと。
とりあえずそう思わせることが「悪夢」の効用なんだろうな。まあとりあえずは止めずに働けということなんだろう。

現実はあの夢よりはましか。逃避したところで今よりはましになるとも思えないからまずは現実に向き合うことにしようとおもった今朝の新天地でありました。

2011年8月22日月曜日

経済 サッカー 日韓戦ξ*`∀´>⊃アンゴール!!

すこし古い話だが、サッカーの韓日戦じゃなかった日韓戦。

ワールドカップ3次予選を前に日本で行われた親善試合。両国とも予選の前の最終チェック試合。しかしながら特に韓国にとっては「無様な戦い」はできない試合。とにかくサッカーでは日本に負けられないというのがサッカー関係者の思いだ。それはアジアで最も早くプロ組織を立ち上げ、ワールドカップ4強になり(その内容についてはさておきw)、常にアジアでリードし続けてきたという強い自負。日本に対する歴史的な思いもある。

が結果としては香川の2アンゴールなどで3-0という試合結果。試合内容も明らかに日本に圧倒され続け、反撃はしたもののそれは日本が主力選手を下げてからだったのは明白だった。昨年のワールドカップの前(まだ岡田監督だったコロ)に日本を2-0で破った韓国。1月のアジアカップでは日本が優勢に試合を進めたもののPK戦にまで持ち込む(PKで日本の勝ち)。さらに数ヶ月がたって今度の「惨敗」である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国はキャプテンの移籍問題(所属チームが2部落ちのため移籍チームを探すも高い移籍金と2年後の兵役がネックとなって買い手がつかず)や相次ぐけが人世代交代の真っ最中などいろいろ不利な点もありました。しかしそれは裏を返せば層が薄くなっていたという話。

いまだに韓国では「気力や体力では日本に勝っていたが技術力で勝負に行ったために(韓国も日本と同じで「世界に通用するために」現代的なパスサッカーを目指しています。それまでのお家芸のロングパスから体力勝負で得点を狙うサッカーを捨てようというわけです。ロングパスサッカーではアジアでは勝てても世界に取り残されるという危機感ですね)負けた、論調が多いです。
しかしよく見れば気力や体力もこの前の試合に限っては日本のほうが上。選手の総走行距離も日本のほうが上回ったようにさえ。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なにが言いたいかというと。。。
この話、まるで日本と韓国の経済の話を裏返しにしたような気がしたのです。

経済分野では日本はアジアの盟主でした。しかし。気がつけば韓国がどんどん力をつけています。ある種の分野、造船や半導体生産では明らかに抜かれたでしょう。しかし経済や産業全体としてはまだまだ韓国より上だとおもっています。

サッカーもそうでした。1990年代、勧告ははっきりと日本より強い国でした。しかし日本は10年かけてJリーグを発足させ、さらに10数年かけて子供の育成組織を作っていまの位置まで着ました。
韓国はその間「日本はミッドフィルダーの技術力は韓国に追いついたかもしれないが、フォワードがダメだから韓国には勝てない」とか日本は技術があるけど身長や体力で韓国を上回れない、など自分の優位性ばかりを見つけ、相手が常に成長し続けていることに気がつきませんでした。

韓国の監督は今回の試合前、韓国は日本と同じように中盤のパスサッカーで正面から戦いを挑む。(パスサッカーでの支配率でも)負けることは無い、と発言し、実際にそのように戦ってボコボコにされました。具体的には香川の後ろにあいたスペースにパスを通そうとして(それは実際前半20分くらいは効果がありました)戦いましたが、香川がポジションを下げてスペースを小さくすると日本が面白いようにボールを奪いだします。

一方、韓国の選手は後ろの選手と前の選手の連動がありませんでした。守備が整っていないのにボールをとりに行って抜かれたり、とられてはいけないところでドリブルをとられたりたしかに高度なパスは見られましたが、パスサッカーというのは「パス回しをしていないときから始まっている」というのがまだ身についていないんですね。早い話がレベルが低いのです。それは個々の選手というよりチーム戦術の問題のように感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なのにいまだに韓国のスポーツマスコミはパスの技術で負けたとか気力では負けていないとか言ってます。根本的に負けていることを認められないのです。このまま行けばずっと日本サッカーは韓国をリードするでしょう。

しかしそれを笑っていられるのか?経済産業において日本と韓国の立場はまるっきり逆なのでは?たとえ個々の企業は良くても政府の戦術は間違っているのでは???
そんなことを感じるのでした。