2011年8月10日水曜日

ショックなことその2

ただいま夫婦冷戦中。まあ原因はボクが部屋を片付けていなかったことなどもろもろなのだが。


最近ふと感じるに、どうやら本質的には自分は必要とされていないような気がする。
自分なりにやってきたことを否定されたから。
それがショックなことそのに。

必要とされていないならここにいてもしょうがないような。

突然、このブログが閉鎖されたら、どっか旅立ったとおもってくらはい。
更新されなくなったら、死んじゃったんでしょう。

2011年8月8日月曜日

ちょっとショックだったこと

奥様がこの前冗談でこういった。もしも私が貧乏だったらあなたは私と結婚した???








そりゃあ、もしも奥さんがものすごい負債をサラ金で抱えていたなら考え込むけど、別にお金が目当てで結婚したわけでは・・・(まあ、無職収入無しのボクがプロポーズしたのに、よく結婚したよなあというのはもちろんある)





でも奥さんは言うのだ。あなたは基本的に楽なほう楽なほうをを選ぶ人だから。。。








そこは当たっているから、反論できんのだ。でもなあ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


もしも奥さんが普通の人だったら?まちがいなく「一緒に三重にかえろ」って言ったとはおもう。


帰ればお寺の後を継げばいいのだから。








アリバイではないけれど。もしもボクが実家を継ぐんだったら、土地家屋現金(ついでにぼろ株その他の有価証券w)その他、1億近い相続をすることになる。でもボクは結婚を決めたとき、後を継がないんだから、ということで相続を放棄することを両親に伝えた。もしも後を継いでくれる人がいるなら、そのままもらってもらえばいいとおもうから。





お金であなたを選んだわけではないよ、奥様。。(ハートマーク


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おまけ。両親は帰ってくるならクラウンでも何でも車買ってやるから、といった。三重では最高級車は今でもクラウンなのですね。。。教頭先生が乗っていいのはマークXまでとかあるのかなあ???


父もクラウンを買ったのは校長になったときでした。