2011年7月9日土曜日

新規公開 買い 売り



新天地は昔、新規公開株を手がけていたことがある。値動きが激しいからチャンスがおおかったのだ。今は昔ほどはやってないけれど。






さて、一般の人に「新規公開株って儲かるの?」と聞かれることがある。






ボクは「(そういう風に聞く人がやっても)絶対に儲からない」と答える。矛盾しているようだが真実だ。






最近、少し値段を戻しているMIX○の株価を見てみよう。

明らかに「高いなあ」とおもった値段で生まれて一度押した後、凄い上昇を見せたかとおもったらやっぱり低迷。これ、MIX○でさえこうなのだ。他の会社ではもっと下げるのが多いことに気がつくはず。嘘だとおもったら新規公開した株の株価チャートを片っ端から見てみればよい・・


色々書くつもりだったけれどまた後日






8008 車番 意味

以前、車番(車のナンバー)について日記に書いたことがあったら、最近なぜかそういう検索が増えた。車番+意味という検索で新天地にて、が引っかかるらしいのだ。あるいは銘柄コードの検索なのかもとおもいつつ。
新天地にて、で車番の意味を検索されてもなあw

というわけでそういうサイトのリンクを張っておきます。

問い合わせがおおいのが55と8008.55はいわゆる「やのつく自営業」の人にも人気ですが、松井と同じという理由もあるそうな。8008は知らない人が多いみたいだけれど、縁結び(恋人募集中?)ってな意味も・・・。

うちも数十台車を持ってるから、なんだいか「被る」車がある。見分けがつきにくくて面倒くさいのだ。なので新車を買うときは被らないことを目的にして希望のナンバーを選んだりするのであった。

2011年7月8日金曜日

ページランク 努力 ?????

グーグルはブラウザの組み込み機能ととして「ページランク」というのを公開しています。0から10までのランク付けで、0は測定不能、10に向かうにしたがって重要なサイトという判定。なんでも4以上になるとまあ人気があるというかそういう判定。日本では10というサイトはひとつしかないんだとか。

ページランクのアドインを入れたくない人でもここで調べられます


相互リンクをお願いしたりするとランクは上がっていくそうです。いろんなサイトからリンクを張ってもらえるサイトが重要度が高いという判定(アルゴリズム)なんですね。
新天地にて、も皆様がリンクを張っていただいているおかげでページランク2ということになっております。

さてそんなことすっかり忘れておりました。(ページランクなんてまあ意味のないものですからね)昨日までは。何気なく自分のサイトの掲示板を見てみたらページランクが「4」になっているのです。

?????。そもそも相互リンクはトップページでお願いしているし、掲示板のアクセス数が増えた気配もない。ましてやリンクはされてないみたいだしなあ(グーグルの解析機能による)
掲示板だから更新頻度が高いから?というほど更新はされてないし。なぞが深まるのであった。

トップページのランクが「4」になったというならそれなりになんだかうれしいんですけどね。

ダウンサイジング 必要な部品 受益者は?

車シリーズもいい加減飽きてきましたが、一応メインテーマになる可能性の大きい話なんでもう少しだけ。 ながくやっている人には当たり前の話だとおもいますが、株をそれほどやりこんでいない人にはまあ役に立つ話だとおもいます。長いですがボクの「ノウハウの一部」です。くだらない、とおもう話かも知れませんが、まあボクはこんなんで10数年ディーラーやってましたw。


とにかく大きいのはヨーロッパの燃費規制。(これが「原因」です

これをクリアできないとしゃれにならないということでいろんな自動車がダウンサイジングを図ってきました。当初トヨタのIQやスマートなど「特別な小さな車を売る」ことで何とかしようとするのかとおもってました。しかしVWなどが選択したのは「車の大きさは維持」「エンジンを小排気量化、直噴化、ターボ(あるいはスーパーチャージャー)化」「ディーゼルの新規開発」「セミATの採用」などでした。もちろん、いわゆるプレミアムコンパクトと呼ばれる車が流行しているように、一回り小さい車に顧客を呼び込むことも忘れてはいません。小さな車に力を入れれば、利益率は落ちますが、だからといって新型車を投入しなければ他社に客を奪われてしまいます。それならば小さくても利益が出るように装備などを充実させた車を売ればいいというわけです。アウディのA1などが爆発的に売れたとか言うのもこの文法なのでしょう。アルファのMITOやFIATの新型500なんかもまた然り。(こいつらがみんな新型のAT採用グレードがあるのも示唆的です。 (これが「結果」です


翻って日本車はハイブリットの方向でがんばってきましたが、CR-Zがヨーロッパで苦戦するなど苦しい戦いです。燃費だけで見れば非ハイブリッドの新型車がCR-Zに見劣りしない場合も多いんですね。これがまあプリウスなら流石に燃費の差は大きいわけですが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヨーロッパ勢は行き着くところまで内燃機関の限界まで来たかもしれません。ここからはハイブリッドの法に力を入れてこざるを得ないのは事実。しかしエンジン単独の効率なら日本勢を半周以上離した可能性があります。ここは日本勢の大きなマイナス材料。一方で日本勢はまだまだ改良余地を残して戦っているという好意的な味方をするアナリストもいます。(メリルジャパンだったかの中の人です)。つまりここからの開発しだいで大きな差がつくだろうというわけです。日欧間でも、あるいは日日間でもです。

一方で何度も書いたように電気自動車の時代はすぐそこに来ているのか???という可能性も。あとはほんと、航続距離だけ・・・。まあこの話は別の話。その時代がこないという前提で進みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原因と結果があって、じゃあ何の株を買おうかなという話になります。ここからは分析と連想ゲームです。

ボクがおもうには結局はデバイス開発力かなと。さっきあげたキーワードではエンジンの直噴パーツ。ターボ関連。デュアルクラッチのセミオートマ、などなど。

さらに軽量化するために高性能な鋼板の採用、以前からしつこく言っているようにカーボンパーツの採用。車の小型化が進むと「乗り心地」という面での設計のハンデあり。それを埋めるには高性能のサスペンション(特にダンパーか)、遮音材。エンジンのマウント関係。シートも今後注目を集めるんじゃあないかと・・・。

さらに低燃費のために「油圧」パーツがどんどん駆逐されていますね。常にエンジンに負担をかける油圧パーツは廃す。その代わり大きなバッテリーを積み電装品で対応。バッテリーの発電はブレーキ使用時に発電機を回してエネルギーを回収することでエンジンの負担を軽減する。そうすれば「ダウンサイジング」したエンジンのパワーを有効に使えるし、燃費もよくなるというわけです。(この辺はハイブリッドカーの発想も同じですね)
電動パワステの採用はもちろん、エンジン周りのカムとかまで電動かが進んでいます。昔なら「マブチ買え」ですんだけれどいまはどこなのかなあ。もちろん、もろもろの低電力の電装品=低燃費につながります。LED、低電力のエアコン、パワーウインドウその他もろもろ。FET駆動装置とかコアレスモーターとか・・・インバーターとかも。 バッテリーだって。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ってなパーツ群で「抜群の競争力があり」「今後の業績へのインパクトがアル」「今はまだ株価が安いw」かぶが見つかれば簡単なんですが・・・。

こういうことを新天地は日々考えてます。皆様の株取引のヒントになったでしょうか?
こと車に限らず、株の売買なんてこんなもんです。この繰り返し。いいところをつかめばドカンと儲かる。個人はこれしかないとおもうんですよね。

あとは株価に影響を与える「原因と結果」をどこから探してくるか。
僕の場合は単純に物欲が沸いた商品の専門誌、あるいは今ならネットで検索しまくって情報を得ます。興味を持ったものなら集中して知識を得やすいし、「得意分野」でもあるわけですし。
または単純に日経新聞を毎日隅から隅まで読むのも大事なこと。それこそニュートンなどの科学雑誌にも常に材料は落ちていたりします。そこからは発想力ですね。
とにかく「原因があって(今とは違う)結果が発生する」。世の中の大きな流れを見つけること。そしてそこから利益を受ける会社、不利益を得る会社を探してくる。さらに理想を言えばその利益が会社の規模に対して大きい会社でかついまだ株価が安い会社。をさがす。本当は利益になんてならなくても「テーマ」せいがあれば上昇したりします。気分だけで上がったり、テーマ性をでっち上げたりする比重が高ければそれは材料株なり仕手株などと呼ばれたりするわけです。

みんなより早く気がつかなければいけないけれど、あんまり早く気がついても上がるまでは時間がかかるしw。この辺は実戦の繰り返しでしょう。


なるほどなあ、とおもっていただければそれこそ僕がネットの片隅で細々と書いている意義があったというものなのです。

2011年7月6日水曜日

カメラの代わりに買ったもの

新天地は小遣い制です。(給料はお小遣いを残して奥さんに渡します。もっとも大半を奥さんが貯金してくれているんですが。よい奥様です)

なのでそんなに大きな買い物はできませぬ。去年とんでもなく高い自転車を買ったこともありますし(汗
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カメラなど買ってしまいそうな今日この頃だったのですが、先日あるメールが届きました。


それは・・・

「お問い合わせいただいていた「ゴパン」入荷いたしました。ご注文はお早めに」

そう。自家製パンを作ることを趣味とする奥様。ゴパンが発表されたときから「ほしい。買って」といっていたのです。しかしご存知の通り人気集中で予約受付さえ停止していた人気商品。今年に入ってまた受付を再開したという話を聞き、某販売店の「入荷したらお知らせします」メールを登録しておいたのでし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
約5万円。ここで使ってしまうと、明らかに「カメラが買えなくなる」。メールを無視しようかという考えも一瞬(いや5分くらいかw)よぎりましたが、ずっと楽しみにしていた奥様の顔が思い起こされます。
喜んでくれるならいいや。少々の逡巡はありましたがポチってしまいました。

当分、我が家では奥様の得意なパンが食べられるものとおもいます。

当分、ペンタックスQはお預けかなあ。
(いや、ご飯に塩体制で何とか買えないだろうかw)

2011年7月5日火曜日

立場 権威 上下

口は災いの元。閣僚の首が飛んだ。

人のことはいえないけど気をつけないと。。。

ヨーロッパ 佳境 過去の例

ユーロ圏のごたごたは格下げするのしないのってナところで落ち着くんでしょうか。南米危機のときの値動きが参考になるのかなあとおもいながら過去のチャートなどをひっくり返しているところです。

株、下がらんなあ・・・。

2011年7月4日月曜日

トラック運転手 結婚 警察官

元警官のトラック運転手が、韓国籍の奥さんを殺してバラバラにしてつかまったらしい。

なぜ?というか元警部補なのに・・・・・。



どうやら、奥さんがもともと不法滞在なのを知ってて、結婚したために事実上退職に追い込まれたんですな。そこまでしてなぜに・・・・。

人生の闇は深い・・・。

円高 ウォン高 さてどっち?

新天地は円安と読んで相場を張っています。ぜんぜん動かないですね。

しかーし。8月にはソウルに行くのだ。すでに羽田⇒ソウルのビジネスの切符が・・・(はい、義父にたかりました)。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜか新天地が海外に行くときはいつも円安なんだよね。一ドル140円のときにハワイに行ったり、1円7ウォンのときにソウルに出かけたり。
今回こそは大幅ウォン安で旅行にいけますように・・・。

名前 名前 名前

ペンタックスといえばリコーによる買収が決まった。で、リコーといえば名機GRシリーズ。GRといえば森山大道という超有名なカメラマンである。GRを買えば、森山さんみたいな凄い写真を撮れる、と勘違いして買ってしまう人も多いのではないだろうか?ボクがそうだw

最近、嘘か本当かこんな話がネットで流れてる。かのレディガガが撮影を森山サイドにオファーしたところ、断ったらしいのだ。おそらく、世界中のカメラマンが今もっとも取りたいであろう被写体からの申し出を・・・。


凄いんだか、知らなかっただけなのか?(事の真偽は定かではありません)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カメラほしい。年末まで我慢かなあ。

経理のKさんにボーナスでなかったことにしてもらってちょろまかすか(新天地さんちはおこずかい制です。)

2011年7月3日日曜日

サイズ、画質、カメラの質



買収で揺れ動くペンタックス。ホヤからリコーに「嫁入り」することが決定したわけだが、今度は心からカメラ事業がほしい会社にもらわれた(最初にペンタックスを買収したHOYAはペンタの医療分野などだけがほしかった)だけにまずは一安心。レンズ交換式カメラは数十年にわたってその規格が存在するであろうという前提で買いますからね。


さてペンタックスといえば、話題を集めているのが新型レンズ交換式カメラのQシリーズ。いわゆる「ミラーレスカメラ」なのですが写真のとおり、レンズ交換式のデジカメとしてはダントツの世界最小最軽量です。どれくらい小さいかというと、フットプリントサイズがスマートフォンより小さいくらい。リコーだとGRシリーズにすこし厚みがかかった感じでしょうか?まさにポケットに入ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜこんなに小さくなったかというと、カメラの「フィルム」に当たるデジカメの受光部をコンパクトデジカメが使用する小さいサイズのものを採用したから。そのため光学設計が小さいサイズで済み、電気系も小さくなりました。バッテリーも小さくてすみますし。もちろんミラーレスなので光学系がさらに小さく設計できるということもあります。


一方で、これだけ「豆粒」みたいなC-MOS(ちなみにソニー製の裏面照射タイプ)を採用することで画質面での大きなハンデを抱えることになります。同じ解像度のカメラならC-MOSのサイズが大きければ大きいほど画質をよくすることが可能になるからです。ノイズや暗いところでの撮影、コントラストや明暗差の再現などです。コンパクトカメラではなく、レンズ交換式カメラを使いたいという人(僕もです)はこの画質のよさに引かれるわけで、このカメラに文句を言う人はその点にけちをつけるんでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でもおそらく新天地はこのカメラ、買ってしまいそうです。っていうか、みんな買えってw


このカメラ「ずっしり軽い」。日本が生きてくためのカメラ、傑作のカメラだと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このカメラ、とにかく小さくて軽い。24時間持ち歩けるカメラです。

え?そんなのコンパクトカメラでもできるし、携帯電話でもできるだろうって?。でもこのQは操作性は「一眼レフ」などと同じ。自分がとりたい設定にすぐに操作できる。画角の決定、ズームリングや露出の決定がすぐにかえれる。これはコンパクトカメラやましてや携帯では絶対無理。じゃあ一眼カメラを持ち歩けって言えば、それは大きいから無理。


精密に作りこまれた外装や機械部。電機メーカーではなく、カメラメーカーだからこそできる「本物の玩具」なのです。


いわばカメラを毎日持ち歩いて大量に写真をとらせてくれるという「人生を変えてくれるカメラ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

じゃあそんないいカメラならほかのメーカーが作れるんじゃあ?でもこれをできる技術力があるのがペンタであり、日本のメーカー(だけ)なのです。おそらくこのカメラの肝はソニー製の新型裏面照射型C-MOS。画期的な高感度で知られるこのデバイスのおかげで超小型サイズのC-MOSを採用しながら低ノイズを実現していると思われます。さらに小さなサイズの光学系を作るというのは、実は大きなサイズのそれを作るよりはるかに精密作業が要求されるのです。これこそ「ペンタだからできた」ということでしょう。


そのほか、小さなC-MOSを採用することによって小さくても明るい光学設計を可能とし、でも被写界震度が浅く取れない(「ボケる」写真が取れない)点を画像処理で電気的に対応。さらにボディー内に手振れ補正機能を搭載して暗いところでも写真がとれる。

たとえば飲み会などでフラッシュを使わずに写真を撮る、そんな場面でもぶれないきれいな写真を撮ることができるでしょう。


質感もよし。これを買わないで何を買うんだ、そんな感じですが。。。


今お金がない(泣き


理由はまた後ほど。