2011年1月29日土曜日

エジプト(のせいでの)安は買いで

エジプト関連での下げは買い対応でいいんじゃないかな。
それよりも原油の高騰のほうが痛いなあ。

まさかエジプトの民主化運動のおかげで会社の経費が圧迫されるとは

とほほ。

2011年1月28日金曜日

格下げ、来るべきものが来た

いまさらですが、日本国債格下げのニュース。

みんな、こうなるのはわかっていて借金を重ねてきたのですから、それなりの対策を打たなければいけないでしょう。借金が増えれば消費を抑える。これしかありません。で、どうするかといえば輸出なり、観光客呼ぶなり何でもしてお金を稼がなきゃあいけません。ここ数年、まるで輸出ドライブをかけることが罪悪みたいな雰囲気がありましたが、輸出もできない借金王のほうがもっと罪悪です。僕らはもっともっと努力して勉強して外国から金をふんだくらなきゃあいけないのです。


海外に投資して儲けるのも良いでしょう。それが日本が生きていける唯一の道なんだから。


間違っても現状維持ではいけない。景気が悪くなっても財政再建をしなければ。財政再建無き景気回復なんてものは砂上の楼閣にしか過ぎないのだから。

残念に思うこと

さて行政書士事務所を作るとして。

メインは特車申請だろう。これはつき10件から20件くらいあるとして4万円ふんだくるとして40満から80万の売り上げ。コレだけでは食っていけん。(それなりに経費がかかるから)

世の中の行政書士さんは自分のホームページを作って集客したりしてるんやね。
そのてん、「新天地にて」を使えばひとが集め・・・

ダメじゃん、いまさらここでは実名さらせない。まさか「新天地行政書士」なんて仮名では営業できないもんね。実名さらすにはいろいろ勝手なこと書きすぎたw
まあここまで個人が特定できること書いているのでわかっている人にはばればれなんですけどね。

ここのページ、何気に経済価値はあるんだよなあ。もったいない。

2011年1月27日木曜日

オチ

さてそのうち行政書士の登録をしなきゃあいかん。でもなかなか面倒くさいなあ。


そうだ!どっかの行政書士に頼もう!


(おひ)


半分以上まじめに思ったのであったw

2011年1月26日水曜日

サッカー

韓国ウォッチャーとしては日韓サッカー対決に触れないわけにはいけないでしょう。

日本が勝ってうれしい。行書受かったよりも。

それにしても韓国強かった。正直日本より強かったんでは。ただ、懸念されていたように右サイドバックの守備とキーパーが弱いといわれていた懸念が的中してしまいました。日本代表はよく韓国の欠点を研究していましたね。

逆にワンタッチで回るパス回しは日本の代名詞のように言われてきましたが韓国のパスも速いですねえ。
いやあいい試合でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残念(というか期待通りなのはw)試合日程のせいにする韓国のネット世論w。まあもしも日本が勝ったらこうなるだろうなあとは思いましたが。

猿真似パフォーマンスについては?

まあいかにも韓国な話ですね。語れば彼と同レベルに落ちてしまうので無視するとしましょうか。
韓国が一流国家と呼ばれないゆえんでしょう

2011年1月25日火曜日

ぱんぱかぱーん

いま、郵便受けに一通の郵便が届いてました。

行政書士研究センターからです。合否通知書ですな。


昨日、ネットで確認したところ、ぼくの番号はありませんでした。

不合格なのを見てもしょうがないのですが、行政書士の合否通知には、採点結果が載っています。マークシートは自己採点できるものの、記述式は自己採点では何点だったかわかりません。これで確認できるわけです。

どれどれと開けてみると。

合否区分に「合格」って書いてあります。


なぬ??????

得点も書いてあるので二度見で再確認。184点(合格点は300点満点で180点)。ぼくの記述の採点結果はは60点満点で40点。自己採点でどう甘めに計算しても30点か32点だなと思った僕の予想をはるかに超える高得点です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
謎が二つとけました。


ひとつ。ことしの行政書士試験は過去最高クラスの難易度という話も出てました。(合格率は3%と予想する人もいたぐらいですです。ちなみに去年は8%台)にもかかわらず昨日発表された今年度の合格率は6.6%。正直、みんなすげー賢いな、と。昨日まではそう思ってました。
要するに今年は択一式を難しくしすぎて(というか試験問題の妥当性はどうなんだというレベルでしたがw)そのままでは極端に合格者が減ってしまうため、記述の採点基準を大甘にして何とか合格率を一定の水準に持ち上げたんですな。。おかげで破れかぶれで文字数を埋めたぼくの記述の答案に40点もくれた。大学のテストだってそんなには甘く無いですぜw明らかに判例の文言を書かせる問題なのにその判例を見たことなかったんだもん(おひ)。そこで10点以上くれた計算になる。

二つ
合格発表の一覧表、見間違えたんですなw今見直したら(当たり前だが)ちゃんと合格者の所に番号載ってた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても、184点。薄氷の合格でした。
ワラントの問題とか荷札の法的効力とか証券会社に勤めたり運送会社に勤めたりしていなければまず解けなかった問題。コレを落としていれば不合格でした。これまでの回り道の人生経験が生んだ合格でした。そしておそらく奥さんが持ってきてくれたお守りの効果も。神様が僕にプレゼントしてくれた合格といっても過言ではありますまい。そして試験前の3ヶ月の間、「やっべー今年もぜんぜん勉強してないどうしよう」とあわくってあたふた勉強を始めた僕に呆れもせず、その間、家のことを何にもしない僕に文句も言わず勉強体制に付き合ってくれた奥様のおかげでしょう。


次は司法書士だな(調子乗りすぎ)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会社に登録費用とか年会費出してくれって頼もうと思ったらダメって言われた。(まあ当たり前か)
奥さんに出してもらうか(情け無いのであった・・・)

なつかしの中央自動車?


今年の4月から、運送会社のアルコール検査が義務つけられます。え?いままで義務ではなかったのって?もちろん、各社は最初の点呼時に「こいつ飲んでないよな?」という程度のチェックはしますが、機械で測定する義務はなかったのです。

わが社でも以前からアルコールチェッカーは使っていたものの厄介な問題がひとつ。出張した場合、出張先でも測定装置によるアルコールチェックが義務付けられたわけです。つまり、出張(自社の車庫から走行を始めない、事務所でスタートの点呼ができないケース)の車には必ず一台のアルコールチェッカーを供えなけらばいけません。

この点、今回の法規制の「意外な盲点」かもしれません。みんな法律の細かいところまで読まないから(僕だけか)「ああ、法律で測定器の設置が義務化されるのね」といって各営業所の分は機械を買っていると思うのですが、出張したときはそれぞれの車にポータブルの測定機械を備えてそれで計測しなければいけないことを見落としていたりするわけです。

うちの会社の場合、近距離がほとんどなので出張というケースは少ない(それでも月に何台かは泊まりの配車があるかなあ)のですが、少ないからといって法律違反をするわけにはいきません。トラック協会から補助金も出るみたいなんで安いポータブルのアルコールチェッカーをいくつか買い増しすることにしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここを見てる運送業者の人はいないと思いますが、東京都トラック協会の補助金は2月15日まででっせ。義務化は4月1日から。零細業者さんで「え?知らない?」という人はいないと思いますがいたら速攻で申し込まないと駆け込み需要でそれぞれ間に合わない可能性も。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
法律によると、とにかくアルコール呼気を検出できて音や光、あるいは数字で表示できる機械なら何でも結構(この辺、まずは導入ありきで「ゆるい法律」です。もちろん、基準を決めると機械が高価になりすぎて導入が進まない可能性とかもろもろの問題が発生するんですが)。この程度なら1万円程度の安い機械でことたります。もし、記録をプリンターとかで自動的に保存する装置が必要とか言われたら一台10万円は軽く超えますからね。(事務所に置くのはともかく。コレを車両備えるとなると会社つぶれちゃうから)

一方で法律では「機械がきちんと動作することを管理すること」も義務つけられています。
アルコールチェッカーって、半永久には使えません。センサーは結構すぐに寿命になるんです。ってことは「センサーが寿命です」っていうことが表示される機械でないとダメってことです。


ってな条件で検索すると(もちろん一番安いやつで)中央自動車のソシアックエックスってのが引っかかりました。中央自動車???知る人ぞ知る(っていうかこのページでも取り上げたことがあるwあの時は儲かった)してかぶやんけ。こんな会社がまともな?(失礼)商品を売っていたのか。。。いやいや。


かって愛したいとしの中央自動車の製品なら、ということで即決。5万円を越える売り上げを貢献してしまいました。

ところで株価はと見てみると、しまった織り込んで上がってやがる。各社、ポータブル測定器の需要は案外あるし、まだ買ってない会社もあるんだよなあ。上方修正してくるとは思うけど、それを見込んで買っているやつがいたか。この商品のいいところは定期的に保守部品の売り上げが発生するということですね。いわゆるプリンターのカートリッジビジネス(昔から言う髭剃りの替え刃ビジネスとも)と同じです。(各運送会社がまじめに部品交換をやるならという条件がつきますが)等分の期間、売り上げに貢献するでしょう。

今買いに行くのは高値つかみの可能盛大。でも値動きが良くなってくるならそれを承知で一勝負するならそれなりにおもしろいかもしれません。もともと生粋の仕手株ですからね。儲けるというより楽しむというのが主目的の売買になるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いまは一万円程度の装置でオッケーですがどうせそのうちスペック指定でこの機械じゃないとダメってな話が出てくると思います。その話が出てきたら、また銘柄研究してみる価値があるかも知れません。