2010年12月11日土曜日

家出のするめ

このまえ、お仕事の帰りに神保町あたりをうろついた。法律の教科書を買うためだ。

で、三省堂でこんなものが売っていた。いえでのするめだ。(脱力)
こんな記事になるくらいだから、受けているのね。

新天地は青春時代、ありがちに寺山修二の影響を受けた。家でのすすめは二冊持ってる。
なんだかもう一度読みたくなってきたな。

今ならネットをすてて町に出でよ、とでも彼は書いたのであろうか。



まあ話の種にでも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的にはその記事のリンクの記事の「みかんのむき方」も気になるなあ

出頭しない理由

なかなか出頭しない人がいるそうですが。


髪切って時間かせいででてくるとなりゃあ普通考えることは


「くすりぬいたんだろうなあ」


だよなw

幻のSQと最後の抱き線

どっちもネットで検索すると色々出てきますな。


少しお休み期間に入るようです。ほしい銘柄がある人はじっくりひきつけて買いましょう。
あくまで調整期間と見ます。中長期的な上昇はまだ続くけど、一休み、と。

2010年12月9日木曜日

韓国のジレンマ、デフコン4

アメリカ軍などは「デフコン」Defense Readiness Conditionというものを使います。いま、戦争への準備態勢がどのレベルにあるか?を示す基準のようなものです。デフコンは5段階に分けられ、完全な平時はデフコン5、核兵器の使用も認められる極度の緊張状態がデフコン1と呼ばれます(ちなみに、今までの米軍の最高デフコンはキューバ危機時のデフコン2でデフコン1は発動されたことがないとされていますが公式にはわかりません)。近年では911テロ時にデフコン3が宣言されたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカ軍のデフコンは各部隊や地域ごとに出るらしいのですが、韓国でも韓国軍がこの基準を採用しています。話がややこしいのは、デフコンと軍の統制権が絡むことなのです。

韓国は朝鮮戦争の行きがかり上、「国連軍(事実上アメリカ軍)」が駐留しています。そして韓国軍も以前は完全に国連軍指揮官の下にあったのです(作戦統制権が韓米連合司令官(アメリカ)にあった)。前政権までの脱アメリカの流れで、平時の作戦統制権は韓国に移りました。また戦時の統制権についても、ノムヒョン大統領の活躍wとアメリカの「嫌韓感情」から将来韓国に引き渡されることになっていますが、見直しが進んでいます。作戦統制権の引渡しがアメリカ軍の撤退につながるという話が出てきているからです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話が長くなりました。今の韓国では、韓国軍はデフコン4(現在)までは自分たちで行動できます。しかしデフコン3が宣言されると「戦時」となり、軍の統制権が国連軍(アメリカ軍)に移ってしまうのです。
韓国としてはデフコン3を宣言して警戒に当たるべき場面と考えたようですが、デフコン3を宣言すると勝手な行動ができなくなります。たとえば韓国が今回の砲撃事件で検討を始めた相手陣地の空爆などは韓国軍に認められた「自衛」ではなく「作戦行動」にあたると考えられ、アメリカの司令官の許可を得ないといけなくなるといわれています。

そのため、韓国は今回の砲撃に対してデフコン3の適用を見送ったようです。今の韓国のおかれた立場を象徴する話なのかもしれません
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

韓国に米国の「特使」として異例の制服組が訪れています。アメリカが公式の場ではともかく、実際に韓国軍の空爆実行を許容するのか?今後の情勢がどこまでエスカレートするのか?(あるいはアメリカがどこまで覚悟を決めたのか?)の試金石になるんでしょう。

2010年12月8日水曜日

第二次朝鮮戦争

新天地は「第二次朝鮮戦争は起こる」論者です。結構近いうちに

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
別に戦争が好きなわけではありません(ウォーゲームの類は大好きですが)。戦争は悲惨です。人間死んだらただ灰になるだけです。しかし、それと「起こってしまうこと」との予測は別問題です。

アメリカは戦争を望んでいないという人がいます。確かにそうでしょう。しかし、だからといって100%戦争を避けれるかというとそうも思えません。アメリカはいざというときのための準備を始めているように思えるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北朝鮮は駆逐艦沈没作戦や砲撃作戦を見事に成功させました。
しかしそれは自分から仕掛け、かつ反撃はほとんど考えなくてもいい、という有利な条件を使った上でのテロ攻撃みたいなものです。こちらから不意打ちをかければ有効な反撃はできますまい。

先手必勝の誘惑に駆られるんでは???

そう、思うのです。

たとえばタブレット端末で

うちは50台に満たないトラックやトレーラーで不定期、不定地に荷物を運ぶ運送屋です。

毎日、ああ、中止~とか急いで荷物持ってきてよ、なんて依頼が工事現場(商社を通してですが)から来たりします。

当然、その場所にいったことがない人間を向かわせることもありますし、現場に入るための看板を持ち合わせていないこともあります。

そんなときにタブレット端末があればどうでしょう。

地図をダウンロードしたりできればどんなところからでも配達させれます。ナビげーションがあればさらに良いでしょう。端末にGPSがついていれば指示しているほうから車がどこにいるか管理できます。さらにタブレットに「看板」を表示させれればタブレットを外側に向けるだけで看板をいくつも持っていく手間が省けますし管理も楽に・・・・


こんな機能を実現できる機械自体はあるんです。しかしいかんせん高価で導入できません。タブレットプラスソフトならコレくらいのことが安くできそうなんですが・・・

ソフト会社の人、ビジネスチャンスでっせ。ナンならアドバイスしますwその代わり安く買わせてくれ・・・。

まるで韓国だよ

とらどしさんとこに乗ってた倒産ネタ

銀行が売り飛ばした為替デリバティブで会社が吹っ飛んだらしい。僕が当該事業会社にいたら絶対買わない話だが・・。一般の人はついだまされて買ってしまうんだろうなあ。うちもガソリンデリバティブとか買ってるけど、怖いよ見てて(僕が入社前に買ってるんだけど)。社員の誰も理解しないで意味不明なヘッジかけてるんだもの。売り手のモラル(というか下手すりゃ法的責任)が問われることが増えるんでしょうね。銀行はあまりに無茶しすぎ(というか能力がないのかなあ)

銀行株には爆弾になる可能性ありです
(日本より規制のゆるい韓国ではデリバティブがらみの訴訟が今年頻発しています。なかなかの騒ぎなのです)

2010年12月7日火曜日

グーグル、アンドロイド2.3を発表

ってな記事が出ています

同時に発表されたグーグルフォンはサムソン製。日本でも売られているギャラクシーSの後継機種になります。噂ではサムソン製のデュアルコアチップをCPUに採用するなど内製度が上がっています。日本でどこまで使えるかわかりませんがいわゆるタッチ形のICカード機能もついています。逆にこの規格が世界標準なんかになったりすれば日本のお財布携帯規格が「ガラパゴス」になってしまうかも。湾曲したデザインは実用性はさておきサムソンしか作れない有機ELのなせる「わざ」ですね。

いままで、日本は「韓国製の携帯電話は日本の部品会社の部品がなければ作れない」「日本の携帯の財布機能なんかは日本のほうが優れている」なんて強がってきましたが、新型のギャラクシーを見る限りその強がりはもはや過去のものでしかありません。サムソン単独で作れるところまで(そして一部分はサムソンだけが作れるところまで)来ているという現実を見つめなければいけません。


新しいOSのパートナーに選ばれるサムソン。そしてその端末はサムソンだけが作れる独自技術品で構成されています(技術力がこの「形」を実現できているのです)。ここに日本のメーカーが付け入る隙はいまのところなさそうです。残念ながらコレがいまの彼我の差ですね。もはや日本は逆転されたどころか、追いつくのが難しいところまで離されています。やはり「ハイエンド」を作れなければ周辺のミドルレンジやローレンジも売れないよ。


でも、でも、まだまだ。がんばってほしいのです・・・・・。。。。。おそらく来年は各社の携帯電話事業にとって「最後」の年になるでしょう。撤退するかがんばるか。分水嶺です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これも何度も書いた話ですが、サムソンやLGは携帯電話を橋頭堡にして世界のマーケットを開きました。携帯電話のシェアを上げることは周辺の家電製品の売り上げシェアを引き上げることと同義なのです。それほど強い影響力があります。日本のメーカーにそれほどの覚悟があるのでしょうか???

なきゃ、日本株は売りですね。携帯電話の動向には投資家なら強い関心を持っておくべきだと僕は思いますです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに、SIMロックフリー版が日本でも年内に入手可能です
ただしアイモードメール(SPモード)などがつかえないです。69800円だとか。当然キャリアの保障もありませんし国内のお財布ケータイなどの使用もできません

おそらく来春には日本でもどこも辺りが提供するとは思いますが、早くて2月かなあ。

携帯で悩む新天地

最近なぜだか携帯電話、ほしいw

しかしいまだ「コレだ」という端末が無い。(2010年12月1日現在)

一番いいのはギャラクシーSだが、こいつは「海外仕様」なんだよな。たとえば着信ランプが無い。ワンセグとかも無い。

シャープのSH03Cはギャラクシーに比べると分厚い。東芝のT-01Cは心惹かれるけどデザインが若干。。。さらに言うと日本製端末は若干電池に不安があるか。

デザイン的に今ほしいのはシャープのタッチウッド。ただコレを買ってしまうとあと二年間スマートフォンから取り残されるという懸念が。。(数が少ないというのはとても魅力なんですが)


悩むのです。

新天地、味音痴が判明

新天地はわりとグルメです。何年か前、お金持ちだったこともwあるし、母親が料理がうまいということもあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて昨日は鮟鱇鍋でした。お中元のカタログでもらったなべだったのです。


おいしいおいしいといって食べ終わったのですが・・・。


食べ終わる間際に二人して気づきました。いまのふぐだったよねwと。通りであんきも入ってないはずだ(汗)

そう、鮟鱇鍋とふぐなべが合ったのですが鮟鱇鍋と思って食べたのがふぐなべだったんですな・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分のいい加減さに呆れる新天地でありました。

2010年12月6日月曜日

うそつきの最高の武器はただひとつの真実

この話、前にも書いたな

パタリロ!に出てきた話で、あるうそつきの魔王にまつわるエピソードがあった。その魔王は普段絶対にうそしか話さない。(うそをつくことで周りを混乱させようとしている、しかしみんなが彼をうそつきと知っているからうまくいかない、と周りからは思われている)

しかし実は彼の最大の武器はここぞのときに話す真実である。みんないつも「彼は絶対うそしか話さない」と理解しているから、彼が本当のことを話したとしても「絶対にうそだ」と決め付けてしまうというものである。

北朝鮮の「無慈悲な鉄槌を与える」なんていうせりふはみんな「ハイハイハイ、また口だけね」と思っているが、今度本当に鉄槌を与えるときの強力な武器になるだろう。みんな信用していないから十分に行動をカムフラージュする助けになってくれるからだ。

遅くても三月までにエックスデーが来ると思うが・・・。

ちょっとオッズが高い賭けですかねえ

結局、物の形を決めるのは技術だよなあ

昨日出かけた先で時間があったので、とある場所で各社のスマートフォンをいじり倒してきました。

思ったのは「来年の今頃はスマートフォン(の形をした)端末だけになるだろうなあ」ということ。タッチパネルの操作性は各社とも格段に上がっており、もう数字ボタンの必要性を感じませんでした。(一方で電源スイッチなどの物理ボタンはやっぱりあったほうが便利。数個のボタンは永遠に残るんでしょう。さらにそもそも「アンドロイド」自体がテンキーの実装を想定していないという使用上の都合もあるそうな)

液晶の大型化は止まりませんがそれでも片手でもって通話できる。ヘッドセットも安くなってきたし。いわゆるアイフォン型の一枚の薄い大きな端末、コレに世界が向いているようです。結局、デバイスの進化が必然性となって端末の形を決めているんだなあと.タッチパネルの進化や液晶の薄型化大型化。基盤の薄型化もあるでしょう。二つ折りやリボルバー型にする必要性が薄れた(そうすると厚ぼったくなってしまう)ことが一枚型の端末の大発生につながるのでしょう。


さて都合10個くらいの新型のスマートフォンをいじり倒して、総合的に一番印象に残ったのは(買ってもいいかなと思ったのは)サムソンギャラクシーS。さすがに世界で700万台売っただけのことはあり(しかも本当はもっと売りたいのだが自社生産の有機ELが間に合わなくて生産が追いつかない)、薄く軽い。ディスプレイも見やすい。贔屓目なしに、日本のメーカーは半年以上離されてますね。コレでは苦しい。ユーザビリティでまだアイフォン4のほうが先を行っているという話しもありますが、追いつくのは時間の問題でしょう。次期機種もすでに聞こえてきます。。何にも知らされないでアイフォンとギャラクシーSを渡されたら、ギャラクシーSの方が色気がある。アイフォンはさすがですし音楽プレーヤーとしての完成度も高いところが魅力ですが、情報端末としてみると以前の優位性はもはやほとんど無いんでは???アイフォン5に期待ですね(来年ですが)

東芝やシャープの端末もいいんですが、ギャラクシーのデザイン、薄さと比べてしまうと。。。先行組みのソニーのエクスペリアはもはや問題外かも。。日本の各社、努力が必要になっているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただしそれでもみんなが持っている機種を買う気はしないw。東芝あたり、もう少しデザインを何とかしてくれれば。充電スタンドがつくのも好感持てるし、仕事柄防水機能には強く惹かれます。ワンセグも確かにきれい。携帯テレビだと思って買ってもそれだけで価格だけの価値があります。惜しむらくはデザインとあと2mm薄くなってくれれば。あるいはこの厚さでももっとほしくなるデザインにならんかなあ。

シャープの3D液晶も印象的。ゲームなんかにはよさげ。次世代PSPもこんな風にならんか。

ギャラクシーには無いお財布携帯機能も日本のメーカー端末の売りにはなるでしょう。僕は使わんけど。


悩んで悩んで、購入計画の結論としては「あと半年待ち」。いまの端末でも十分すごいですがおそらく春夏機種は電池の持ちとか、「全部入り」度とか純粋に電話としての完成度が上がってくると思われます。そういう意味で今出ている機種はまだつめが甘い。僕は少し待つことにしました。
(昔なら今かって、来年また買いなおしたけど。そこまで物欲ないし、貧乏なのですw。タッチウッドも心からほしいし)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いまさらながら、部品の需給はしまるでしょうね。すでに株価にはある程度織り込んでいるとは思いますが。織り込んでいない銘柄を見つけたらこそっと買っておきましょう。

新天地追記
普通なら村田製作所です。織り込んでいると見るか、まだと見るか。
織り込んだと思うなら、織り込んでいない銘柄を必死に探すところですが・・・

村田押し目買いのほうが楽かなあ。