2010年12月2日木曜日

sonyの見果てぬ夢、サッカーワールドカップ日本開催

日本の夢でもある「サッカーワールドカップ日本単独開催」

2002年、ほとんど開催権を手中に収めたワールドカップを日韓共同開催にされてしまった悪夢は記憶に新しいところ。この日本開催を狙ったのはサッカー協会であるのはもちろんですが、ソニーと電通のタッグチームによるものでもありました。

オリンピックがパナソニックのものであるように、ソニーも強力なコンテンツやあるいは自分のアイデンティティの一部になる大きな大会を欲していました。それがサッカーだったというわけです。会社を上げてサッカーに入れ込み、今は亡き「カテゴリーワン」を経営するなど並々ならぬ力の入れようでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回、ソニーは前回ほどの力の入れようではありませんが、社長自らプレゼンテーションに赴くなど、スポンサーとしての影響力を使いつつ最後の追い込みに入ります。いつかまたワールドカップが日本で見れますように(偽者のワールドカップが韓国で開かれたりしませんように)

2010年12月1日水曜日

辞めちゃった

以前、世間は狭いという話を書いた。

僕の祖父がやっていた木材会社で働いたことがある人が、僕が今勤めている運送会社に勤めていた。

何千何万という会社が日本にある中でものすごい偶然だと思ったものだが、その人が辞めてしまった。
(新天地の祖父は三重や和歌山、東京に支店を置く当時は三重県有数の材木屋をやっていました。もうすでに他人に渡っていますが。一方新天地は証券業界を渡り歩いた後、奥さんと知り合い、奥さんのお父さんが作った運送会社で働いています)

定年はとっくに過ぎていたのだが、その知識を買って事務所仕事をやってもらっていたのだが。。。


まだまだ教えてもらいたかったのに。ある意味、祖父が僕に残してくれた天からの配材だと思ったのになあ。素人の僕が教わることはまだまだたくさんあるのに。残念です。本当に残念です

鶏と卵?リチャードエンゲル訪韓にネットで反感。

さて準戦時体制の韓国。世界各国からマスコミが来てますが、その中にリチャードエンゲルの姿も。

彼は「戦争開始人」とのあだ名があるそうで、イラク開戦前にバクダッドからニュースを届けたりするなど常に最前線に飛び込むことで知られます。エミー賞を取るなど戦場リポーターとしては世界的に有名な人なのです。


そのため、韓国のネット上では「何しに来た」「韓国が戦場になると思っているのか」といったやけくそ気味な?個人攻撃が目に付くそうで、中央日報やそのほかのネット系マスコミなどに反応が取り上げられています。

さすがに彼が着たから戦争が起こるというのは無理がありますが、海外からの反応は「いつ韓国で戦争が起こっても仕方が無い」と言うものだということ自体にショックを受けているのかもしれませんね

2010年11月29日月曜日

時代は1回線2カードへ

ドコモからサムソン製のタブレット端末ギャラクシーが発売され好調な予約と販売らしい。ギャラクシータブには会話機能が付いている。大きな端末だがいざとなれば会話もできるのだ。

なんで?というとこれはサムソンが「一回線2端末」を想定しているから。海外では回線契約をすると1回線につき会話用端末と情報端末用に2つのSIMカードを渡す契約が普及しつつある。ひとつの回線番号で2つの端末が使えるのだ。例えばスマートフォンを使い過ぎて電池切れになったとしてもギャラクシータブを持っていればいざというときに電話として使える。というわけ。ブルートゥースのハンズフリーセットを使えば端末が大きくても会話には不自由ないですし。ギャラクシーSとギャラクシータブ双方にペアリングしておけばいいのです。

(これが日本で一般的な二台持ち=電話番号が違う、だとスマートホンの電池が切れてしまえばスマートホンの番号宛に相手から掛かってくる電話を受けることができない)

ギャラクシータブは世界戦略商品なので一回線二端末契約がない日本でもギャラクシータブには会話機能が付いているというわけなのです。日本でもやってくれないかな一回線2端末の契約。そうすればもっとスマートフォンの需要は増える。技術的には不可能ではない話なのだから。抜け駆けしたキャリアは絶対大きく勝てるのが眼に見えている話なのに

トレーラー

日本トラック協会の重量部会の担当者懇親会に出てきた。トレーラーの横転防止装置に興味があったからだ。

乗用車ではすでにスピードを出しすぎてハンドルを切ると、内側後輪のタイヤにブレーキを掛け、スロットルも自動的に閉じる方向に制御される装置が普及している。これをトレーラー(被牽引車)の乗せることで横転事故を防ごうというものだ。技術的には云々なのだが。。

すでにヨーロッパでは新車には義務付け。来年度以降はすでに使用されている台車にも搭載が義務付けられる。大きな特需が発生しそうだ。日本でも4年後をめどに新車に義務付け。以降すでに使われている車にも義務付けられるんだろうなあ。。。(政府当局が動いたのは多分に2007年の首都高速でのタンクローリー横転事故が影響しているんでしょう)

日本車両にはいい話なんだろうがwただしブレーキメーカーは海外メーカー2社とのこと。日本勢はダメですな。ポールトレーラーの新型発売のはなしもあり、台車メーカーは数年後に大きく業績回復の可能性がありますね。専業の上場会社がないのが痛いw


すぐに株価に反応する話ではないけど関連銘柄は???と考え込んだ話ではありました。

チャイナバッシングからチャイナパッシングへ

中国が緊急六カ国会談を提案したという。どう考えても飲めない話だろう。
今まで、日米韓は中国が北朝鮮に影響力を行使できる唯一の国と思って中国を尊重してきた。しかし残念ながらその気持はなく、というよりかどうも中国政府にその能力はないらしい。

日本政府が無力なのはすでに有名な話だが、中国も実はいつの間にかまともな人間がいなくなってしまっていた(というかいなかったのか)

日米韓ともに呆れているだろう。今後、中国政府を相手にしない形での動きが進むことになるのではないだろうか?中国の孤立化は進む・ただしそれは手を叩いて喜んでいられる話だけではないだろう。中国は不満を抱きそれは不確実要素として波乱をもたらすこともあるんだろう。

どんな形になるのか?現段階では軍部のクーデターとか突拍子も無いようなことしか思いつかないが。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
株はまだ強気。需給面では買い戻しの一巡は気になるがさりとてここで弱気になる理屈はまだ思いつかない。押し目は買い向かう。